構成

Content Collaborationサービスの統合

このリリースでは、Citrix Content CollaborationサービスがCitrix Workspaceアプリに統合されました。Citrix Content Collaborationを使用すると、ドキュメントを簡単かつセキュアに交換したり、メールで大容量のドキュメントを送信したり、サードパーティへのドキュメント転送をセキュアに処理したり、コラボレーションスペースにアクセスすることができます。また、Webベースのインターフェイス、モバイルクライアント、デスクトップアプリ、Microsoft OutlookやGmailとの統合など、Citrix Content Collaborationにより、さまざまな方法で作業できます。

Citrix Content Collaboration機能には、Citrix Workspaceアプリの [ファイル] タブからアクセスできます。この [ファイル] タブは、Citrix Cloudコンソールのワークスペース構成でContent Collaborationサービスが有効になっている場合にのみ表示されます。

:オペレーティングシステムでセキュリティオプションが設定されているため、Citrix WorkspaceアプリでのCitrix Content Collaborationの統合は、Windows Server 2012およびWindows Server 2016ではサポートされていません。

次の図は、Citrix Workspaceアプリの [ファイル] タブの例です:

[ファイル]タブ

制限事項:

  • Citrix Workspaceアプリをリセットしても、Citrix Content Collaborationはログオフされません。
  • Citrix Workspaceアプリでストアを切り替えても、Citrix Content Collaborationはログオフされません。

Citrix Virtual Apps and DesktopsおよびCitrix DaaS(Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスの新名称)でホストされているリソースにユーザーがWebブラウザーでアクセスできるようにするには、StoreFrontストアを作成し、HTML5向けCitrix Workspaceアプリを有効にする必要があります。必要に応じて、Citrix Gateway、Citrix Virtual Apps、Citrix Virtual Apps and DesktopsまたはCitrix DaaSでWebSocket接続を有効にする必要もあります。また、デスクトップやアプリケーションを提供しているマシン上にオプションのコンポーネントをインストールして、ユーザーエクスペリエンスを強化できます。

マルチモニター表示

マルチモニター表示では、接続しているデスクトップまたはアプリケーションセッションのセカンダリウィンドウを作成し、作成したウィンドウをセカンダリモニターにドラッグすることができます。

デスクトップとアプリケーションの両方のセッションで、マルチモニター表示を使用できます。

マルチモニターモードに切り替えるには、ツールバーの [マルチモニター] をクリックします。これにより、解像度1024x768のセカンダリウィンドウが作成されます。また、サーバーの情報をデュアルモニターに更新します。セカンダリウィンドウをドラッグしてサイズを変更したり、一方または両方のモニターで全画面モードにすることもできます。ウィンドウのサイズを変更するたびに、サーバー上でセカンダリウィンドウの解像度が更新されます。マルチモニターモードを終了するには、セカンダリウィンドウを閉じます。

マルチモニターの画像

Citrix Workspaceは、セカンダリモニターの解像度の詳細を認識しませんが、マルチモニターモードでは、目的の解像度に合わせて柔軟にサイズを変更できます。

セッションにフォーカスするには、ツールバーの [マルチモニター] をクリックします。

この機能はデフォルトで有効になっています。

この機能を無効にするには、configuration.jsファイルを編集し、multiMonitorプロパティの値をfalseに設定します。

    'ui' : {
          'toolbar' : {
             'multiMonitor' : true
      },
<!--NeedCopy-->

Citrix Virtual Desktopsをデュアルモニターで使用する:

  1. ツールバーで [マルチモニター] をクリックします。
  2. 拡張ウィンドウが作成されます。このウィンドウを拡張モニターにドラッグします。

    画面が両方のモニターに拡張されます。

マルチモニターのパフォーマンス

HTML5向けCitrix Workspaceアプリでは、マルチモニター環境でのセッションの全体的なパフォーマンスと安定性が改善されました。以前のバージョンでは、複数のモニターでセッションが実行されていると、パフォーマンスが低下しました。

制限事項:

  • この機能は、Internet ExplorerとEdge以外のデスクトップブラウザーでサポートされています。

  • Macでは、セカンダリウィンドウがChromeの新しいタブとして開きます。このセカンダリウィンドウをセカンダリモニターに直接ドラッグしてサイズを変更すると、Chromeタスクバーにエントリが表示される一方で、ウィンドウが非表示になることがあります。

    回避策:ウィンドウを一度プライマリモニターにドラッグしてから、セカンダリモニターに戻します。

フィーチャーフラグ管理

注:

  • 機能フラグを適用すると、Citrix Workspaceアプリを2回目に起動した後、フィーチャーフラグが更新されます。 シークレットモードでも、2回目の起動後に更新が表示されます。

実稼働環境のCitrix Workspaceアプリで問題が発生した場合、機能が出荷された後でも、影響を受ける機能をCitrix Workspaceアプリで動的に無効にすることができます。無効化するには、フィーチャーフラグと、LaunchDarklyと呼ばれるサードパーティ製サービスを使用します。ファイアウォールまたはプロキシが送信トラフィックをブロックしている場合を除いて、LaunchDarklyへのトラフィックを有効にするために構成する必要はありません。送信トラフィックがブロックされている場合、ポリシー要件に応じて、特定のURLまたはIPアドレス経由のLaunchDarklyへのトラフィックを有効にします。

現時点でクラウド環境の顧客は、HTML5向けCitrix WorkspaceアプリをカスタマイズするためにStoreFrontにアクセスすることはできません。暫定的に、LaunchDarklyを利用して、ストアのURLに基づいて特定の顧客の機能をオンまたはオフにすることができます。

LaunchDarklyへのトラフィックと通信は、次の方法で有効化できます:

次のURLへのトラフィックを有効にする

  • events.launchdarkly.com
  • app.launchdarkly.com

IPアドレスの許可リストを作成する

IPアドレスの許可リストを作成する必要がある場合、現在のすべてのIPアドレス範囲については、「LaunchDarklyのパブリックIP一覧」を参照してください。この一覧を使用すると、インフラストラクチャの更新に合わせてファイアウォールの構成が自動的に更新されます。インフラストラクチャの変更の状態について詳しくは、LaunchDarkly Statusのページを参照してください。

ログを収集する方法

HTML5向けCitrix Workspaceアプリのクライアントログを収集するには:

  1. HTML5向けCitrix Workspaceアプリにログオンします。

  2. 次のように[ログファイル]ページにアクセスします:
    • HTML5向けCitrix Workspaceアプリバージョン1908以降の場合、新しいタブを開いて、siteurl/Clients/HTML5Client/src/SessionWindow.html#engineType=logに移動します。ここで、<siteurl>はWorkspace for WebサイトのURL(https://server.domain/Citrix/StoreWeb)です。
    • HTML5向けCitrix Workspaceアプリバージョン1907以前の場合、新しいタブを開いて、siteurl/Clients/HTML5Client/src/ViewLog.htmlに移動します。ここで、<siteurl>はCitrix Workspace for WebサイトのURL(https://server.domain/Citrix/StoreWeb)です。
  3. [ログファイル] ページで [ログの開始] をクリックします。 [ログの開始] ログは、現在アクティブなセッション(存在する場合)ではなく、以降のセッションの起動に対して有効になります。

  4. Citrix Workspaceアプリ仮想デスクトップにログインして仮想アプリセッションを起動し、問題を再現してログを収集します。問題を再現するために、セッションで作業を続けます。

  5. 問題が再現されたら、セッションを閉じます。

  6. HTML5向けCitrix Workspaceアプリセッションで生成されたログファイルは、ログページに表示されます。 ログファイル

  7. 矢印ボタンをクリックして、ログファイルをダウンロードして保存します。 ログファイル

注:

HTML5向けCitrix Workspaceアプリバージョン2.2以降の場合、ツールバーメニューに [ログ] が追加され、HTML5向けCitrix Workspaceアプリのログを有効にして表示できるようになりました。 ログツールバー

HTML5向けCitrix Workspaceアプリのコンソールログを収集するには:

  1. セッション実行中のWebブラウザーのタブで、デベロッパーツールを開きます。たとえば、Google Chromeブラウザーでは、デベロッパーツールは [その他のツール] オプションの下にあります。 デベロッパーツール
  2. 開発者ツールを開いて [Console] をクリックします。
  3. 右クリックして [Save as] オプションを選択し、ログ全体を保存します。 コンソール

USBリダイレクト関連の問題の場合:

USBリダイレクト関連の問題のログを収集するには:

  1. configuration.jsファイルを編集して、HTML5_CONFIGセクションに移動します。
  2. 値「moreLogs{‘usb’: true}」を追加します。この設定はStoreFrontに適用できます。 configuration.jsファイルはC:\program Files\Citrix actual path\HTML5Clientにあります。 1 . Google Chromeブラウザーで新しいタブを開き、chrome://device-logを入力してログを共有します。 デバイスログ

キーボードショートカット

Microsoft Windowsロゴキーと追加のキーボードショートカットのデフォルト設定は次のとおりです:

HTML5_CONFIG > features > keyboard > captureAllKeys

captureAllKeys属性のデフォルトはtrueです。デフォルトを変更するには、configuration.jsファイルを開き、属性をfalseに設定します。

USBデバイスリダイレクト

Chrome、Mac、Linuxオペレーティングシステムで実行されているChromeブラウザー(バージョン61以降)での汎用USBデバイスリダイレクトがサポートされています。この機能は、セキュリティで保護されたHTTPS接続経由で起動したセッションでサポートされます。この機能は、2つのUSBデバイスの同時リダイレクトをサポートします。

  1. USBデバイスのリダイレクト前提条件として、サーバーでUSBリダイレクトポリシーを有効にします。詳しくは、「サーバーでのUSBリダイレクトの有効化」を参照してください。

  2. USBデバイスをマシンに接続します。

  3. セッション内のツールバーでUSBデバイスアイコンをクリックします。

    ツールバー

  4. [USB Devices] ダイアログ ボックスで、[Add] をクリックします。

    USBの追加

    この操作を実行すると、Chromeダイアログボックスが開き、デバイスの一覧が表示されます。

    接続

    注:

    Chromeダイアログボックスに表示されるUSBデバイスは、HTML5向けCitrix Workspaceアプリで常にリダイレクトされるわけではありません。HTML5向けCitrix Workspaceアプリを介してリダイレクトできるUSBデバイスは、アプリ内のUSBデバイスダイアログボックスに表示されます。

  5. リダイレクトするデバイスを選択し、[Connect] をクリックします。リダイレクトが成功すると、[USB Devices] ダイアログボックスに戻り、デバイスが Connected として表示されます。

    解除

  6. HTML5向けCitrix WorkspaceアプリでサポートされていないUSBデバイスをリダイレクトしようとすると、次のエラーメッセージが表示されます。

    エラーメッセージ1

  7. リモートセッションからデバイスを解放するには、[Release] をクリックします。

    解除

  8. 複数のセッションを起動すると、別のセッション内で接続されているUSBデバイスは「使用中」と表示されます。デバイスを現在のセッションに転送するには、[ここで転送] をクリックします。

    ここで転送

  9. 複数のUSBデバイスをセッションにリダイレクトする場合は、[すべてのデバイスをリリース] をクリックしてデバイスをセッションから削除します。

    すべてのデバイスをリリース

  10. [リリース] をクリックせずにリダイレクトされたUSBデバイスをコンピューターから切断すると、次のエラーメッセージが表示されます。

    エラーメッセージ2

USBデバイスリダイレクト機能は、クライアントオペレーティングシステム(MacやChromeなど)がデフォルトでデバイスドライバーを読み込まないUSBデバイスにのみ適用されます。たとえば、ブラザーQL-580Nラベルプリンターにはこの機能を適用できます。

LinuxオペレーティングシステムでUSBデバイスをリダイレクトできない場合は、次のGoogle Developerのドキュメントに記載されているようにユーザーアカウントを設定し、USBデバイスを開く権限を付与してみてください:https://developers.google.com/web/fundamentals/native-hardware/build-for-webusb#linux

サーバーでのUSBリダイレクトの有効化

サーバーでUSBデバイスリダイレクトを有効にするには、次の手順を実行します:

  • ドメインコントローラーでUSBデバイスリダイレクトのポリシーを有効にします。

    USBの有効化

Citrix HTML5クライアントのUSBリダイレクトの構成

デフォルトでは、USBデバイスリダイレクトポリシーがサーバーで有効になっている場合、クライアントでUSBデバイスリダイレクト機能が有効になります。

この機能を無効にするには、configuration.jsファイルを編集してtoolbarusbの値をfalseに設定します。この設定はStoreFrontに適用されます。configuration.jsファイルは、C:\program Files\Citrix実際のパス\HTML5Clientにあります。

    'ui' : {
        'toolbar' : {
                'usb' : false
        },
    }
<!--NeedCopy-->

Chromeブラウザーの動作

  • 南京錠のアイコンをクリックすると、ブラウザーのタブに[安全な接続]ダイアログボックスが表示されます。ブラウザータブがユーザー権限を持つUSBデバイスを確認できます。複数のUSBデバイスがありますが、Citrix HTML5クライアントがリダイレクトできるデバイスのみが [ Citrix USBデバイス] ダイアログボックスに表示されます。これらのデバイスは、リモートセッション内で使用できます。

    安全な接続

  • ブラウザータブに付与されたアクセス権限を取り消す場合は、USBデバイスの横にあるxアイコンをクリックします。その結果、再読み込み ボタンが表示されます。[再読み込み] をクリックすると、セッションが終了します。変更を保存するには、セッションを再起動します。

    再読み込み

制限事項:

  • USBデバイスリダイレクト機能は、Windowsのようにクライアントオペレーティングシステムがデバイスドライバーをデフォルトで読み込むUSBデバイスには適用されません。

  • セッションにリダイレクトできるのは、USB Type Aデバイスのみです。ただし、Type AデバイスはType Cコネクタを介して接続することもできます。

  • USBハブデバイスを解除しても、接続されたUSB Type Aデバイスが解除されないことがあります。

  • HIDデバイス、大容量記憶装置デバイス、Webカメラのリダイレクトが機能しないことがあります。

  • この機能はWindows 10で動作するVDAでテスト済みで、サポートされています。

  • この機能は、最大2つのUSBデバイスで同時にテストされています。

オーバーレイセッションの期間を指定

管理者は、configuration.jsファイルで値resizeOverlayDurationを使用して、オーバーレイセッションの期間を指定できます。デフォルト値は3,500ミリ秒です。0~3,500の間で設定できます。onResizeイベントは、セッションのサイズを変更すると生成されます。この機能は、HDX SDK for HTML5で起動されたセッションでのみ使用できます。

    'ui' : {
        'resizeOverlayDuration': 3500
            }
<!--NeedCopy-->

DPIスケール

HTML5向けCitrix Workspaceアプリは、単一モニター上のアプリおよびデスクトップセッションのDPIスケールをサポートします。

HTML5向けCitrix Workspaceアプリでは、高いピクセル縦横比のモニター上でVDAの解像度を設定できます。DPIスケール機能は、アプリおよびデスクトップセッションではデフォルトで無効になっています。

HTML5向けCitrix Workspaceアプリ1908以前では、セッションツールバーで [ツールバー]>[詳細]>[基本設定]>[解像度を表示する] の順に選択してアプリおよびデスクトップセッションの解像度を設定します。VDAで正しい解像度が設定されています。

HTML5向けCitrix Workspaceアプリ1909以降の場合、セッションツールバーで [ツールバー]>[詳細]>[解像度を表示する]>[デバイスのピクセル縦横比でスケール] の順に選択して、アプリおよびデスクトップセッションの解像度を設定します。VDAで正しい解像度が設定されています。

VDAで解像度を正しく設定すると、ぼやけたテキストが鮮明に表示されます。

制限事項:

  • 高DPIスケール機能は、タッチスクリーンデバイスでは無効です。

カスタムカーソル

HTML5向けCitrix Workspaceアプリは、Microsoft Internet Explorerでカスタムカーソルをサポートするようになりました。この機能強化により、ブラウザー間で一貫した操作環境を実現します。この機能は、デフォルトで有効になっています

configuration.jsを使用してMicrosoft Internet ExplorerまたはEdgeでカスタムカーソルを無効にするには

configuration.jsファイルは、HTML5Clientフォルダーにあります。以下の手順でこのファイルを編集して、HTML5向けCitrix Workspaceアプリを構成します:

configuration.jsファイルを開き、uiの下の ‘handleMouseCursorUsingDivForIE’ の値をfalseに設定します。

‘ui’: { ‘handleMouseCursorUsingDivForIE’ : false }

カスタマーエクスペリエンス向上プログラム(CEIP)

収集データ 説明 使用目的
構成および使用状況データ Ctrixカスタマーエクスペリエンス向上プログラム(CEIP)では、HTML5向けCitrix Workspaceアプリの構成および使用状況データが収集され、CitrixおよびGoogle Analyticsに自動的に送信されます。 このデータは、Citrix Workspaceアプリの品質、信頼性、およびパフォーマンスを向上させる目的で使用させていただきます。

追加情報

Citrixは、お客様のデータをCitrixとの契約条件に従って取り扱い、Citrix Trust Centerで利用できるCitrix Services Security Exhibitにおいて指定されているとおりにお客様のデータを保護します。

また、CEIPの一環として、Google Analyticsを使用してCitrix Workspaceアプリから特定のデータを収集します。Google Analyticsのために収集されたデータのGoogleでの取り扱い方法について確認してください。

CitrixおよびGoogle AnalyticsへのCEIPデータの送信をオフにすることができます。これを行うには、次のいずれかの方法を使用します:

  • グラフィカルユーザーインターフェイスを使用してCEIPを無効にする
  • configuration.jsを使用してCEIPを無効にする

注:

  • 2006以前のバージョンでCEIPを無効にすると、インストールされているHTML5バージョンのCitrix Workspaceアプリを含む最小限の情報がアップロードされます。この最小限の情報は、顧客により使用されているさまざまなバージョンの分布状況をCitrixが把握する上で、大変に貴重です。

グラフィカルユーザーインターフェイスを使用してCEIPを無効にするには

注:

管理者かconfiguration.jsファイルで有効にした場合のみ、ユーザーはグラフィカルユーザーインターフェイスを使用してCEIP設定を変更できます。

  1. HTML5向けCitrix Workspaceアプリの起動
  2. ツールバーで [基本設定] をクリックします。
  3. [匿名の使用統計情報を送信してCitrix Workspaceの機能向上に協力する] をオフにします。

注:

変更を保存するには、セッションを再起動します。

グラフィカルユーザーインターフェイスを使用してCEIPを無効にするには

注:

管理者かconfiguration.jsファイルで有効にした場合のみ、ユーザーはグラフィカルユーザーインターフェイスを使用してCEIP設定を変更できます。

  1. HTML5向けCitrix Workspaceアプリの起動
  2. ツールバーで [基本設定] をクリックします。
  3. [匿名の使用統計情報を送信してCitrix Workspaceの機能向上に協力する] をオフにします。

注:

変更を保存するには、セッションを再起動します。

configuration.jsを使用してCEIPを無効にするには

HTML5向けCitrix Workspaceアプリでは、configuration.jsファイルはHTML5Clientフォルダーにあります。このファイルを編集してHTML5向けCitrix Workspaceアプリを構成します。

注:

  • configuration.jsファイルに変更を加える前に、Citrixではバックアップを作成することをお勧めします。
  • configuration.jsファイルを編集するには、管理者レベルの資格情報が必要です。

バージョン1905以前では、configuration.jsファイルのceipのenabled属性をfalseに設定します。

'ceip':{
    'enabled':false,
}

<!--NeedCopy-->

バージョン1906以降では、configuration.jsファイルのanalyticsのenabled属性をfalseに設定します。

'analytics':{
    'enabled':false,
}

<!--NeedCopy-->

CEIPのブロック

バージョン2007以降の場合、管理者はconfiguration.jsファイルを使用してCEIPをブロックできます。この構成は、グラフィカルユーザーインターフェイスを介して行われた構成よりも優先され、CEIPデータはCitrixに送信されません。

  • configuration.jsファイルを開いてconnectionEnabled属性を追加し、この属性をfalseに設定します:

     'analytics':{
     'connectionEnabled':false,
                 }
    
     <!--NeedCopy-->
    

選択的なH.264

configuration.jsファイルを使用して選択的なH.264を構成する

注:

  • configuration.jsファイルに変更を加える前に、Citrixではバックアップを作成することをお勧めします。
  • HTML5向けCitrix Workspaceアプリをユーザー向けに再パッケージする場合のみ、この方法を使用することをお勧めします。
  • configuration.jsファイルを編集するには、管理者レベルの資格情報が必要です。ファイルを編集した後、アプリを再パッケージして変更を保存してください。

デフォルトでは、selectiveH264はtrueに設定されています。

configuration.jsファイルは、C:\program Files\Citrix<actual path>\HTML5Clientにあります。このファイルを編集して、次のようにselectiveH264falseに変更します。

h264のスニペットの画像

PDF印刷

PDF印刷を設定するには

Citrix PDFユニバーサルプリンタードライバーによりユーザーは、ホストされているアプリケーションまたはXenAppおよびXenDesktopバージョン7.6で配信された仮想デスクトップ上で実行中のアプリケーションで開かれているドキュメントを印刷できます。ユーザーが [Citrix PDFプリンター] オプションを選択すると、ドライバーがファイルをPDFに変換して、これをローカルデバイスに転送します。その後、PDFを新しいブラウザータブで表示したり、ローカルに接続されたプリンターで印刷したりできます。

ホストされているアプリケーションまたはXenDesktop 7.6およびXenApp 7.6で配信された仮想デスクトップ上で実行中のアプリケーションで開かれているドキュメントを印刷できるようにするには、次の手順に従います。

  1. Citrix PDF Printing Feature Packをダウロードして、HTML5向けCitrix Workspaceアプリユーザーにデスクトップまたはアプリケーションを提供する各マシンにCitrix PDFユニバーサルプリンタードライバーをインストールします。プリンタードライバーをインストール後、マシンを再起動します。
  2. Citrix Studioの左側のペインで[ポリシー]ノードを選択し、新しいポリシーを作成するか、既存のポリシーを編集します。Citrix Virtual Apps and Desktopsポリシーの構成について詳しくは、「ポリシー」を参照してください。
  3. [PDFユニバーサルプリンターを自動作成する] ポリシー設定を [有効] にします。

注:

HTML5向けCitrix Workspaceアプリから起動したセッションでCitrix PDFプリンターを使用する場合は、[クライアントプリンター名] 設定をデフォルトとして設定するか、[標準のプリンター名] を選択します。古いスタイルのクライアントプリンター名を使用し、製品のXenAppおよびXenDesktopバージョンに存在する従来のプリンター名との後方互換性を維持するには、[従来のプリンター名] を選択します。このオプションは、製品の最新のCitrix Virtual Apps and DesktopsおよびCitrix DaaSバージョンで使用できます。

CSPヘッダーを追加して構成するには

ユーザー用にContent-Security-Policy(CSP)ヘッダーが追加されていない限り、PDF印刷は機能します。

CSP応答ヘッダーは、Webブラウザーがクロスサイトスクリプト攻撃を回避するために使用するポリシーの組み合わせです。

CSPヘッダーがCitrix Gatewayの書き換えポリシーに追加されている場合、PDF印刷は機能しません。

PDF印刷が機能するよう、次のように構成します:

img-src ‘self’ data: blob:

blob: このパラメーターを使用すると、印刷プレビューを読み込んだり印刷機能を続行したりできます)

強化されたPDF印刷機能

以前のリリースでは、PDFを印刷しようとすると、[続行] ダイアログが表示され、印刷を確認するメッセージが表示されました。

このリリースでは、Citrix Workspaceセッション内に [印刷] ウィンドウが表示され、[印刷] ウィンドウから直接文書を印刷することができます。

この機能強化はChromeおよびFirefoxで完全にサポートされ、デフォルトで有効になっています。この機能をChromeおよびFirefoxで無効にするには、configuration.jsファイルでsupportedBrowsersの値をfalseに設定します。configuration.jsファイルは、C:\program Files\Citrix<actual path>\HTML5Clientにあります。

この機能強化はInternet Explorer 11で部分的にサポートされ、デフォルトでは無効になっています。Internet Explorerでこの機能を有効にするには、configuraton.jsファイルでIEの値をtrueに設定します。configuration.jsファイルは、C:\program Files\Citrix<actual path>\HTML5Clientにあります。

    'pdfPrinting' : {
                  'directPrint' : {


     'supportedBrowsers':true,


                                          'IE':false
                                       }
                                     }
<!--NeedCopy-->

解像度の最適化

以前のリリースでは、Citrix PDFプリンターを使用して文書を印刷しようとすると、文書のコンテンツがぼやけて表示されることがありました。

このリリースでは、ユーザーエクスペリエンスを向上させるための最適化が導入されています。printResolutionの値は、デフォルトで150に設定されています。また、コンテンツを鮮明に表示したい場合は、必要に応じて、configuration.jsファイルでこの値を300または600に変更できます。

'pdfPrinting' : {
    'directPrint' :
        {'printResolution' :150 }

<!--NeedCopy-->

制限事項:

  • Internet Explorerでは、印刷されたPDFの内容が縮小され、ページに適合しません。
  • Internet Explorerでは、大きなファイルまたは多数のページを含むファイルを印刷すると、ブラウザーが応答を停止するか、印刷操作が断続的に失敗することがあります。
  • この機能強化は、HTML5 HDX SDKを使用して起動されたセッションではサポートされません。

印刷の[続行]ダイアログを非表示にするには

強化された印刷機能が無効になっている場合、印刷の [続行] ダイアログを非表示にしてPDFを印刷できます。

デフォルトでは、「hide」オブジェクトの「printDialog」プロパティがfalseに設定されています。

configuration.jsファイルは、C:\program Files\Citrix<actual path>\HTML5Clientにあります。

ダイアログを非表示にするには、「hide」オブジェクトの「printDialog」プロパティをtrueに設定します。

注:

  • configuration.jsファイルに変更を加える前に、Citrixではバックアップを作成することをお勧めします。
  • HTML5向けCitrix Workspaceアプリをユーザー向けに再パッケージする場合のみ、この方法を使用することをお勧めします。
  • configuration.jsファイルを編集するには、管理者レベルの資格情報が必要です。ファイルを編集した後、アプリを再パッケージして変更を保存してください。
    {


       'ui' : {


         "hide":{


            'printDialog': true


         }


       }


     }
<!--NeedCopy-->

PDF印刷の禁止

管理者は、さまざまなプラットフォームの次のブラウザーでPDF印刷を禁止できるようになりました:Internet Explorer、Google Chrome、Firefox、Safari、Microsoft Edge(Microsoft Edge Chromiumを含む)。

デフォルトでは、すべてのブラウザーでPDF印刷が許可されています。PDF印刷を禁止するには、次の手順を実行します:

  1. C:\Program Files\Citrix\Receiver StoreFront\HTML5Clientのconfiguration.jsファイルに移動します。
  2. このファイルを編集してdisableForBrowsersの値に‘ALL’を設定します。

    • 特定のブラウザーでPDF印刷を無効にするには、disableForBrowsersの値に‘MSIE’‘Chrome’‘FIREFOX’‘SAFARI’‘CHROMIUMEDGE’、または‘MSEDGE’を設定します。
    'pdfPrinting' : {
        'disableForBrowsers' : ['All']

    or

        'disableForBrowsers' : ['MSIE', 'Chrome', ‘CHROMIUMEDGE’, 'MSEDGE']

                    }

<!--NeedCopy-->

各値の意味は以下のとおりです:

  • ‘MSIE’:Internet Explorerのすべてのバージョン
  • ‘MSEDGE’: Microsoft Edgeのすべてのバージョン
  • ‘CHROMIUMEDGE’:Microsoft Edge Chromiumのすべてのバージョン
  • ‘Chrome’:Google Chromeのすべてのバージョン
  • ‘FIREFOX’:Firefoxのすべてのバージョン
  • ‘SAFARI’:Safariのすべてのバージョン

セッション画面の保持

セッション画面の保持機能を有効にすると、データを損失することなく、サーバー上のセッションがアクティブのまま保持されます。ネットワークが中断されると、セッション画面が停止するため、ユーザーにもネットワークが切断されていることがわかります。このとき、セッションウィンドウが閉じたりエラーメッセージが表示されたりする代わりに画面表示が保持され、バックグラウンドで再接続が試行されます。ネットワーク接続が回復すると、自動的にセッションでの作業を再開できるようになります。また、セッションに再接続するときに再認証用のログオン画面が表示されないため、ユーザーは即座に作業を再開できます。

注:

HTML5向けCitrix Workspaceアプリのユーザーは、サーバー側の設定を上書きできません。

セッション画面の保持機能とともに、TLS(Transport Layer Security)を使用できます。

注:

TLSは、ユーザーデバイスとCitrix Gateway間で送信されるデータのみを暗号化します。

セッション画面の保持の構成について詳しくは、Citrix Virtual Apps and Desktopsドキュメントの「セッション画面の保持のポリシー設定」を参照してください。

モビリティサポート

自動ソフトキーボードポップアップを有効にするには

この機能を有効にするには、編集可能な領域をクリックした時にソフトウェアキーボードが表示されるように、自動キーボードポリシーを構成します:

  1. DDCでCitrix Studioを開きます。
  2. [ポリシー] を選択します。
  3. [ポリシーの作成] をクリックします。
  4. [キーボードの自動表示] を検索し、[許可] を選択します。

ファイル転送

デフォルトでは、ユーザーは次のことを実行できます:

  • ローカルのダウンロードフォルダーまたは接続された周辺機器からファイルをアップロードし、Citrix Virtual Apps and DesktopsセッションまたはCitrix DaaSセッションからのデータにシームレスにアクセスできます。
  • Citrix Virtual Apps and DesktopsセッションまたはCitrix DaaSセッションからユーザーデバイスのフォルダーや周辺機器にファイルをダウンロードできます。

管理者は、Citrix Studioのポリシーを介して、ファイルの転送、アップロード、またはダウンロードを選択的に有効または無効にできます。

HTML5向けCitrix Workspaceアプリでは、Safariブラウザーを使用してMacBook上でファイルをダウンロードできます。

要件

  • 以下を含むXenAppおよびXenDesktop 7.6以降:
    • サーバーOS VDA(Windows 2008 R2またはWindows 2012 R2)上のHotfix ICATS760WX64022.msp
    • クライアントOS VDA(Windows 7またはWindows 8.1)上のHotfix ICAWS760WX86022.mspまたはICAWS760WX64022.msp
  • ファイル転送ポリシーを変更するには:Citrix Studioを実行中のマシン上のグループポリシー管理(GPM)Hotfix GPMx240WX64002.msiまたはGPMx240WX86002.msi

制限事項:

  • ユーザーが一度にアップロードまたはダウンロードできるのは、最大10ファイルまでです。
  • 最大ファイルサイズ:
    • アップロード:2147483647バイト(2GB)
    • ダウンロード:262144000バイト(250MB)

ファイル転送のポリシー

デフォルトでは、ファイル転送は有効になっています。Citrix Studioを使って、ユーザー設定のICA\ファイルリダイレクトにあるこれらのポリシーを変更します。ファイル転送のポリシーを使用する場合は、次のことについて考慮します:

  • デスクトップとクライアント間のファイル転送を許可する。Citrix Virtual Apps and DesktopsセッションまたはCitrix DaaSセッションとユーザーデバイス間でのユーザーによるファイル転送を許可または拒否します。
  • デスクトップへのファイルのアップロード。ユーザーデバイスからCitrix Virtual Apps and DesktopsセッションまたはCitrix DaaSセッションへのユーザーによるファイルのアップロードを許可または拒否します。
  • デスクトップからのファイルのダウンロード。Citrix Virtual Apps and DesktopsセッションまたはCitrix DaaSセッションからユーザーデバイスへのユーザーによるファイルのダウンロードを許可または拒否します。

クリップボード

この機能が導入される前は、Citrix Workspaceではローカルアプリケーションからそのほかのアプリケーション(Microsoft Excelなど)への形式を選択して貼り付け機能を使ったHTML形式テキストのコピーや貼り付けがサポートされていませんでした。そのため、ターゲットのアプリ(この上記の例ではMicrosoft Excel)にはHTML形式の特性が含まれませんでした。

HTML5向けCitrix Workspaceアプリは、クライアントとセッション間でプレーンテキストに加えて、HTML形式をサポートします。これは、Officeアプリやブラウザーで有用です。強化されたクリップボードはChromeおよびSafariブラウザー上でのみサポートされます。この機能では、HTMLコンテンツがコピーされ、形式が保持されます。Chromeでリンクをコピーすると、<img>タグがHTML形式で追加され、テキストだけでなく画像も適切にコピーできます。このHTML形式の機能によりプレーンテキスト以外もコピーできますが、すべてのアプリケーションで機能するわけではありません。

詳しくは、Citrix Virtual Apps and Desktopsドキュメントの「クライアントクリップボードリダイレクト」セクションを参照してください。

強化されたクリップボード機能

Windows、Mac、またはChrome OS上でブラウザーベースのHTML5向けCitrix Workspaceアプリを使用して仮想デスクトップがホストする複数のアプリケーションまたはデスクトップを起動するとき、セッションとクライアントデバイス間でテキストのコピー/貼り付けが必要な場合があります。この機能により、Ctrl+CおよびCtrl+V(WindowsまたはChromeオペレーティングシステム)、および CMD+CおよびCMD+V(Macオペレーティングシステム)のホットキーを使用して、コピー/貼り付けを実行することができます。

この機能はデフォルトで有効になっています。

FirefoxおよびEdgeブラウザーの場合、Ctrl+Cキーを押してから [確認] をクリックしてリモートセッションからローカルデバイスにテキストをコピーします。

ツールバーの [基本設定][コピーの確認ダイアログを無効にする] チェックボックスをオンにして、コピーの確認ダイアログを無効にします。オプションを再度有効にするには、チェックボックスをオフにします。

強化されたクリップボード機能を無効にするには

この機能を無効にするには、HTML5Clientフォルダー(C:\Program Files\Citrix\Receiver StoreFront\HTML5Client)のconfiguration.jsファイルを編集して、directClipboardの値をfalseに設定します。

制限事項:

  • プレーンテキストと画像はコピー/貼り付けができますが、ファイルはできません。
  • 大容量データをサポートしません。
  • Ctrlキーが押された状態で固定されることがあります。この問題は、右のCtrlキーを長く押し続けてからをCを押してテキストをコピーすると発生します。回避方法としては、右のCtrlキーを複数回クリックします。
  • 場合によっては、Google Chrome、Safari、Edge、およびFirefoxブラウザーを使用しているときにテキストをコピーする場合、コピーダイアログでもう一度クリックを求められることがあります。
  • Ctrl+cまたはCMD+CCtrl+VまたはCMD+Vキーを使用して、コピーと貼り付けを行います。場合によっては、[編集] メニューまたは右クリックメニューのオプションを使ってテキストをコピーする場合、確認ダイアログでもう一度クリックを求められることがあります。

ツールバー

ツールバーの拡張機能は、デフォルトで有効になります。

ツールバーを非表示にするには:

  1. 管理者としてログイン中に、C:\ProgramFiles\Citrix<actual path>\HTML5Clientにあるconfiguration.jsファイルにアクセスします。actual pathは実際のパスです。
  2. configuration.jsファイルで「menubar key」を検索します。
  3. configuration.jsファイルで、“menubar”:falseを設定します。

個別のアイコンを非表示にして、ツールバーに表示されないようにすることもできます。たとえば、ツールバーの [ctrl+alt+del] ボタンを非表示にするには、次の手順に従います:

  1. 管理者としてログイン中に、C:\ProgramFiles\Citrix<actual path>\HTML5Clientにあるconfiguration.jsファイルにアクセスします。actual pathは実際のパスです。
  2. configuration.jsファイルで「lock」を検索します。
  3. configuration.jsファイルで、lock:falseを設定します。

セッション共有

このセッション共有機能を使用するには、アプリケーションが同じマシン上でホストされており、ウィンドウのサイズ、色深度、暗号化などのパラメーター設定が同じシームレスウィンドウモードで構成されている必要があります。ホストされているアプリケーションを使用できる場合は、デフォルトでセッション共有が有効になっています。

アプリケーションをホストするマシン上にApp Switcherがインストールされている場合は、ウィンドウ下部にタスクバーが表示されます。タスクバーには、セッションで現在実行中のアプリケーションがすべて表示され、ユーザーはアプリケーション間を切り替えることができます。ユーザーはタスクバーを自動的に非表示にしたり、アイコンのサイズを小さくしてタスクバーの領域を最小化したりできます。

Webブラウザーのタブには、HTML5向けCitrix Workspaceアプリを操作するためのフリーツールバーが表示されます(下図)。クリップボードボタンを使用すると、ユーザーデバイス上のローカルクリップボードとWebブラウザー内に表示されているデスクトップやアプリケーションとの間でUnicodeプレーンテキストをコピーしたり貼り付けたりできます。ユーザーは標準的なWindowsショートカットキーを使用して、同じセッション内および異なるセッションのアプリケーション間で、文字、表、画像などのデータをコピーできます。また、ツールバーのボタンを使用すると、デスクトップやアプリケーションにCtrl+Alt+Delキーを送信できます。

Chrome html5ツールバーの画像

ホストされるアプリケーションまたは仮想デスクトップで実行中のアプリケーションで開いているドキュメントを印刷する場合、そのドキュメントをPDFで出力するオプションを実行できます。この場合、PDFをローカルデバイス上に転送して、そこで表示したりローカルプリンターで印刷したりできます。ユーザーがPDFを閉じると、ファイルがデバイスから削除されます。

ホストされているアプリケーションで開かれているドキュメント内のリンクをクリックするユーザーは、セッション内でホストされているブラウザーアプリケーションでURLを開くのか、またはローカルデバイスのブラウザーを使用するのかを選択できます。

強化されたアプリスイッチャーのサポート

このリリース以降、公開アプリケーションのセッションを全画面モードまたはキオスクモードで起動した場合にセッションがデスクトップタスクバーと重なって表示されません。アプリスイッチャーがセッションを非表示にしなくなりました。この機能強化は、 単一モニターモードでのみサポートされます。

HTML5ログ

HTML5向けCitrix Workspaceアプリは、ユーザーデバイスが生成したログにタイムスタンプを付けます。

問題のトラブルシューティングに役立てるため、HTML5向けCitrix Workspaceアプリセッションログを表示できます。

ログページでは、以下の機能が使用できます:

  • ログを有効にする:ログを有効にしてHMTL5ログを表示します。
  • ログを無効にする:ログを無効にしてセッションのログを停止します。
  • ログを表示する:セッションで生成されたログを表示します。
  • ログを消去する:セッションで生成されたログファイルを削除します。
  • ログファイルをダウンロードする:希望する場所にログファイルをダウンロードします。

ログページに移動してHTML5向けCitrix Workspaceアプリログを表示するには

  1. Citrix Receiver for Webサイトにログオンします。

    • HTML5向けCitrix Workspaceアプリ1908以降の場合、新しいタブを開いて、siteurl/Clients/HTML5Client/src/SessionWindow.html#engineType=logに移動します。ここで、<siteurl>はCitrix Receiver for WebサイトのURL(<http://server.domain/Citrix/StoreWeb>)です。
    • HTML5向けCitrix Workspaceアプリ1907以前の場合、新しいタブを開いて、siteurl/Clients/HTML5Client/src/ViewLog.htmlに移動します。ここで、<siteurl>はCitrix Receiver for WebサイトのURL( <http://server.domain/Citrix/StoreWeb>)です。
  2. ログインページで[ログの開始]をクリックします。
  3. Citrix Receiver for Webサイトで、HTML5向けCitrix Workspaceアプリを使ってデスクトップまたはアプリケーションにアクセスします。

HTML5向けCitrix Workspaceアプリセッションで生成されたログファイルは、ログページに表示されます。また、ログファイルをダウンロードしてより詳細に分析することもできます。

ツールバーを使用してHTML5向けCitrix Workspaceアプリログを表示するには

  1. Citrix Receiver for Webサイトにログオンします。
  2. Citrix Receiver for Webサイトで、デスクトップまたはアプリケーションにアクセスします。
  3. セッションツールバーで [ログ] をクリックします。
  4. [ログの開始] をクリックします。

オーディオ

  • オーディオをVDAバージョン2008以前で機能させるには、一時的な回避策として、次のように構成します:

    chrome.exe起動パラメーターの最後に以下を追加します:

    –disable-features=AudioServiceSandbox

  • macOSでSafariを使用している場合、セッション内でオーディオファイルを再生することはできません。

Webカメラ

Citrix Workspaceアプリは、Webカメラが組み込まれた32ビットアプリケーションと64ビットアプリケーションの両方のWebカメラの最適化をサポートします。

Webカメラリダイレクト

Webカメラリダイレクトを構成するには:

  1. configuration.js ファイルを開きます。
  2. HTML5_CONFIG > features > video > config > codecTypeの順に移動します。

    注:

    • Google ChromeおよびMicrosoft Edge Chromiumブラウザーは、ハードウェアコーデックとソフトウェアコーデックの両方を使用します。Mozilla FirefoxおよびApple Safariブラウザーは、ソフトウェアコーデックのみを使用します。
  3. codecType値を選択します:
  • 1 - SOFTWARE_CODECにフォールバックするHARDWARE_CODEC(デフォルト)
  • 2- SOFTWARE_CODECのみ
  • 3 - HARDWARE_CODECのみ

ホストからクライアントへのリダイレクト

コンテンツのリダイレクト機能では、ユーザーが特定の種類のコンテンツにアクセスするときに、公開アプリケーションを使うのか、ユーザーデバイス上のアプリケーションを使うのかを制御できます。 ホストからクライアントへのリダイレクトは、コンテンツのリダイレクト機能の一種です。この機能は、サーバーOSのVDAでのみサポートされ、デスクトップOSのVDAではサポートされません。 ホストからクライアントへのリダイレクト機能を有効にすると、URLはサーバーVDAでインターセプトされてからユーザーデバイスに送信されます。HTML5向けCitrix Workspaceアプリが、URLをセッション内で開くかローカルデバイスで開くかを選択するようにユーザーに求めるダイアログを表示します。このダイアログは、すべてのURLに対して表示されます。ホストからクライアントへのリダイレクト機能が無効な場合、URLはサーバーVDA上のWebブラウザーまたはマルチメディアプレーヤーで開きます。ホストからクライアントへのリダイレクト機能を有効な場合、ユーザーがこの機能を無効にすることはできません。

ホストからクライアントへのリダイレクトは、以前はサーバーからクライアントへのリダイレクトと呼ばれていました。

詳しくは、「一般コンテンツリダイレクト」を参照してください。

汎用クライアントIME

前提条件:

構成:

汎用クライアントIME機能は、バージョン2105の時点でデフォルトで有効になっています。管理者は、StoreFrontサーバー(%ProgramFiles%\Citrix\Receiver StoreFront\HTML5Client)のconfiguration.jsファイルを使用して機能を有効または無効にできます。

ブラウザー言語でこの機能を無効にするには、configuration.jsファイルを編集し、features.ime.mode.<languageID>を「seamlessIme」に設定します。「seamlessIme」が設定されている場合、汎用クライアントIME機能は無効になります。

configuration.js:

    var HTML5_CONFIG = {
    ...
    'features': {
        ...
        ime: {
            mode: {
                "ja": "seamlessIme",
                "zh": "seamlessIme",
                "ko": "seamlessIme"
            }
    ...
        }
    }
}

<!--NeedCopy-->

ブラウザー言語でこの機能を有効にするには、configuration.jsファイルを編集してfeatures.ime.mode.<languageID>を「ctxIme」に設定するか、modeプロパティを空({})のままにします。これはデフォルトの動作です。

configuration.js:

var HTML5_CONFIG = {
    ...
    'features': {
        ...
        ime: {
            mode: {
                "ja": "ctxIme",
                "zh": "ctxIme",
                "ko": "ctxIme"
            }
    ...
        }
    }
}

<!--NeedCopy-->

セキュリティの設定

Citrixではセキュアなストアを使用することをお勧めします。さらに、セキュアストアに対してHTTP strict transport security(HSTS)設定を有効にすることをお勧めします。

次の手順を実行して、HSTS設定を有効にします。

  1. Citrix StoreFront[ストア] で、特定のストアのリンクをクリックしてセキュリティ設定を有効にします。
  2. [Receiver for Webサイトの管理] ダイアログボックスが開きます。
  3. [構成] をクリックします。
  4. [Receiver for Webサイトの編集] ダイアログボックスが開きます。
  5. [詳細設定] タブをクリックし、[厳格な転送セキュリティを有効にする] を選択します。

セキュリティの設定

Global App Configuration Service

管理者は、Global App Configuration Serviceを使用してCitrix Workspaceアプリで起動されたセッションのユーザー設定をカスタマイズできます。以前は、管理者はこの目的でのみconfiguration.jsを使用でき、それをStoreFrontユーザーにのみ適用可能でした。

構成

Citrix Workspace向けのGlobal App Configuration Serviceを使用すると、Citrix管理者は、一元管理されたサービスによってWorkspaceサービスのURLとWorkspaceアプリの設定を配信できます。

詳しくは、「Global App Configuration Service」のドキュメントを参照してください。

メモ

  • この機能は、ワークスペースおよびHTTPSベースのストアでのみ使用できます。
  • Global App Configuration Serviceが機能するためには、ユーザーがURL「discovery.cem.cloud.us」にアクセスできることを確認してください。

エンドユーザーエクスペリエンス

言語サポート

HTML5向けCitrix Workspaceアプリがポルトガル語(ブラジル)およびイタリア語で利用できるようになりました。

Safariブラウザーを使用したファイルダウンロードのサポート

HTML5向けCitrix Workspaceアプリでは、Safariブラウザーを使用してMacBook上でファイルをダウンロードできます。

高遅延接続におけるグラフィックのネットワークスループットの向上

データの送受信に使用されるICA出力バッファのデフォルトの数を引き上げました。この変更により、高遅延接続でもネットワークのスループット性能が向上します。

Microsoft Teamsの最適化

Microsoft Teamsは、Google Chromeブラウザーでのみ音声通話、ビデオ通話、および画面共有機能をサポートしています。Google Chromeはバージョンm97以降が必要です。この機能は、オリジントライアルを有効にした後、オンプレミスアカウントでのみ使用できます。

注:

画面共有機能はデフォルトで無効になっています。有効にするには、通常はC:\Program Files\Citrix\Receiver StoreFront\HTML5ClientにあるStoreFrontのconfiguration.jsファイルを編集して、次のパスで値をtrueに設定します :

’{“features”:{“msTeamsOptimization”:{“screenSharing”:true}}}’

管理者は、次の手順に従ってHTML5でMicrosoft Teamsの最適化を有効にします:

  1. Googleアカウントにサインインします。
  2. 次のリンクを使用して、オリジントライアルに登録します :https://developer.chrome.com/origintrials/#/register_trial/3892235977954951169

    注:

    Googleアカウントがない場合は、ここで作成できます。

    登録

  3. [Web Origin] テキストボックスに、次のいずれかを入力します:

    • ストアURL。例: https://yourcompany.storefrontstoreweb.net
    • ゲートウェイURL。例: https://yourcompany.gateway.com
    • HTML5ユーザー向けのHDX SDKの場合は、カスタムのポータルURL。
  4. [Expected Usage] ドロップダウンメニューから、ニーズに合った使用量を選択します。
  5. すべての条件を読み、それぞれのチェックボックスを選択してすべての条件に同意します。
  6. [REGISTER] をクリックします。登録トークンが生成されます。

    トークン

  7. トークンをコピーします。
  8. 通常はC:\Program Files\Citrix\Receiver StoreFront\HTML5ClientにあるStoreFrontのconfiguration.jsファイルを編集して、次のパスにトークンを貼り付けます:

    {"features":{"msTeamsOptimization":{"originTrialToken":{"chrome":"\<token goes here>"}}}}

    例: msteams

  9. Microsoft Teamsアプリを起動したら、Microsoft Teamsのオーディオ、ビデオ、および画面共有機能を使用するためにカメラマイクへのアクセス権限を付与します。

    権限

    これで、Google ChromeブラウザーでHTML5版のMicrosoft Teamsを使用できます。

機能の制限事項:

  • Microsoft Teamsの最適化を使用して画面を共有すると、画面共有を示す赤い境界線が表示されません。[RFHTMCRM-6360]

この機能の既知の問題:

  • Microsoft Teamsの最適化は、マルチモニターモードではサポートされていません。[RFHTMCRM-6413]
  • Microsoft Teamsの最適化は、Google Chromeブラウザーでのみサポートされています。[RFHTMCRM-6194] [RFHTMCRM-4724]
  • Microsoft Teamsの最適化を使用する場合、画面共有機能はデフォルトで無効になっています。有効にすると、ローカルデバイスのコンテンツを共有できます。[RFHTMCRM-6156]

shimライブラリバージョンのトラブルシューティングについては、「Microsoft Teamsの最適化ログ」のセクションを参照してください。

動的緊急通報(Dynamic e911)のサポート

Citrix Workspaceアプリは、動的緊急通報をサポートしています。Microsoft Calling Plans、Operator Connect、およびDirect Routingで使用すると、次の機能が提供されます:

  • 緊急通報の構成とルーティング
  • セキュリティ担当者に通知する

通知は、VDAで実行されているMicrosoft Teamsクライアントではなく、エンドポイントで実行されているCitrix Workspaceアプリの現在の場所に基づいて、提供されます。

Ray Baum法では、911発信者の派遣可能位置情報を、適切な緊急通報受理機関(PSAP:Public Safety Answering Point)に送信することが要求されます。HTML5向けCitrix Workspaceアプリ2202以降、HDXを使用したMicrosoft Teamsの最適化はRay Baum法に準拠しています。

Microsoft Teamsの最適化におけるe911通話の場合、次のように 場所アクセスを有効にします:

場所