Storebrowseユーティリティ

Storebrowseは、クライアントとサーバー間の相互通信に使用される軽量のコマンドラインユーティリティです。StoreFront内およびCitrix Gateway内のすべての操作を認証するために使用されます。

Citrix Receiver for Windowsの古いバージョンのStorebrowseユーティリティに関するドキュメントは、Storebrowse for Citrix Receiverfor Windowsを参照してください。

Storebrowseユーティリティを使用すると、管理者は以下のような日常的な操作を自動化できます:

  • ストアを追加します。
  • 構成済みのストアから公開されたCitrix Virtual Apps and Desktopsを列挙します。
  • 公開されたCitrix Virtual Apps and Desktopsを選択して、ICAファイルを手動で生成します。
  • Storebrowseコマンドラインを使用してICAファイルを生成します。
  • 公開アプリケーションを起動します。

Storebrowseユーティリティは、Authmanagerコンポーネントに導入されました。Citrix Workspaceアプリのインストール後、StorebrowseユーティリティはAuthManagerインストールフォルダーに格納されます。

StorebrowseユーティリティがAuthmanagerコンポーネントにインストールされているかどうかは、次の方法でレジストリパスを確認してください:

管理者がCitrix Workspaceアプリをインストールする場合

   
32ビットマシン [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\AuthManager\Install]
64ビットマシン [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Citrix\AuthManager\Install]

ユーザー(管理者以外)がCitrix Workspaceアプリをインストールする場合

   
32ビットマシン [HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Citrix\AuthManager\Install]
64ビットマシン [HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\WOW6432Node\Citrix\AuthManager\Install]