WorkspaceのStorebrowse

Windows向けCitrix Workspaceアプリは、セルフサービスとCitrix Workspaceアプリのオンプレミス環境にStorebrowseサポートを提供し、StorebrowseユーザーがCloudおよびWorkspaceの機能にアクセスできるようにします。

注:

  • この機能は、シングルサインオンのみでStorebrowseサポートを提供します。
  • この機能を使用するには、「システム要件と互換性」 に記載されている前提条件が利用できる必要があります。

コマンドの使用方法

以下のセクションでは、Storebrowseユーティリティで使用できるコマンドについて詳しく説明します。

注:

  • この機能は、CTX200337に記載されている他のSelf-service Plug-inもサポートします。
  • コマンドプロンプトで次のコマンドを実行できます。
  • -a "discoveryurl":コマンドラインからストアを追加します。このコマンドは、シングルサインオンが有効になっている場合に認証プロンプトを表示しません。たとえば、AADドメインは、Webビュー経由で認証が行われるデバイスに参加します。他のデバイスでは、認証プロンプトが表示されます。
    • 例:SelfService.exe storebrowse -a "https://cwawiniwstest.cloudburrito.com/citrix/store/discovery"
  • -d "discoveryurl":ストアを削除します。
    • 例:SelfService.exe storebrowse -d "https://cwawiniwstest.cloudburrito.com/citrix/store/discovery"
  • -e "discoveryurl":リソースの詳細をJSON形式でエクスポートします。このコマンドにより、resource.jsonファイルをデフォルトの場所(%LOCALAPPDATA%\citrix\selfservice)に保存します。このコマンドを実行するには、Citrix Workspaceアプリがアクティブであり、ユーザーがサインインしている必要があります。
    • 例:SelfService.exe storebrowse -e "https://cwawiniwstest.cloudburrito.com/citrix/store/discovery"

    resource.jsonをデフォルトの場所に保存しない場合は、独自のパスを指定することもできます。

    • 例:.\SelfService.exe storebrowse -e "https://cwawiniwstest.cloudburrito.com/citrix/store/discovery" "C:\Users\<username>\Documents\Fiddler2" これにより、resource.jsonファイルがC:\Users\<username>\Documents\Fiddler2に保存されます。
  • -q "FriendlyName" "discoveryurl":このコマンドを使用して、指定したリソースのクイック起動を実行します。
    • 例:SelfService.exe storebrowse -q "Excel 2016" "https://cwawiniwstest.cloudburrito.com/citrix/store/discovery"
  • -launch "launchcommandline":resources.jsonの「launchcommandline」を使用したリソースを起動します。

    注:

    • resource.jsonから「launchcommandline」をコピーします。
    • コマンドを実行する前に、resource.jsonファイルにある「launchcommandline」から「/」を削除します。
    • 例:SelfService.exe storebrowse -launch -s store0-5c3ec017 -CitrixID store0-5c3ec017@@a9a8e3ac-099d-4577-b84e-e33d0695df39.Notepad -ica "https://cwawiniwstest.cloudburrito.com/Citrix/Store/resources/v2/YTlhOGUzYWMtMDk5ZC00NTc3LWI4NGUtZTMzZDA2OTVkZjM5Lk5vdGVwYWQ-/launch/ica" -cmdline

    -launch "launchcommandline"」を実行すると、icaファイルは%LOCALAPPDATA%\citrix\selfservice\cacheディレクトリに保存されます。icaファイルをダブルクリックしてリソースを起動します。

  • -liststore:SSP(Self-service Plug-in)内に追加されたストアを一覧表示します。各ストアのstoreID、検出URLを含むストア一覧。
    • 例:SelfService.exe storebrowse -liststore

    注:

    -liststore」コマンドを実行するには、Citrix Workspaceアプリがアクティブである必要があります。

    Selfservice.exe storebrowse -liststore」コマンドにより、storedetails.jsonファイルがAppData\Local\Citrix\SelfServiceに保存されます。

WorkspaceのStorebrowse

この記事の概要