Storebrowseコマンドの使用方法

以下のセクションでは、Storebrowseユーティリティで使用できるコマンドについて詳しく説明します。

-a、–addstore

説明:

新しいストアを追加します。ストアの完全なURLを返します。失敗するとエラーが表示されます。

注:

Storebrowseユーティリティを使用して複数のストアを追加できます。

StoreFrontのコマンド例:

コマンド:

storebrowse.exe –U *username* -P *password* -D *domain* -a *URL of Storefront*

例:

.\storebrowse.exe –U {Username} –P {Password} –D {Domain} –a [https://my.firstexamplestore.net](https://my.firstexamplestore.net)

Citrix Gatewayのコマンド例:

コマンド:

storebrowse.exe –U *username* -P *password* -D *domain* -a *URL of CitrixGateway*

例:

.\storebrowse.exe –U {Username} –P {Password} –D {Domain} –a <https://mysecondexample.com>

/?

説明:

Storebrowseユーティリティの使用方法の詳細を提供します。

(-l)、–liststore

説明:

ユーザーが追加したストアを一覧表示します。

StoreFrontのコマンド例:

.\storebrowse.exe –l

Citrix Gatewayのコマンド例:

.\storebrowse.exe –l

(-M 0x2000 -E)

説明:

使用可能なリソースが列挙されます。

StoreFrontのコマンド例:

.\storebrowse.exe –U {Username} –P {Password} –D {Domain} –M 0x2000 –E <https://my.firstexamplestore.net/Citrix/Store/discovery>

Citrix Gatewayのコマンド例:

.\storebrowse.exe –U {Username} –P {Password} –D {Domain} –M 0x2000 –E <https://my.secondexample.net>

-q、–quicklaunch

説明:

Storebrowseユーティリティを使用して、公開アプリおよび公開デスクトップに必要なICAファイルを生成します。クイック起動オプションを使用するには、起動URLとストアURLの入力が必要です。ストアURLは、StoreFrontサーバーまたはCitrix Gateway URLのいずれかになります。ICAファイルは、%LocalAppData%\Citrix\Storebrowse\cacheディレクトリに生成されます。

以下のコマンドを実行して、公開されているすべてのアプリとデスクトップの起動URLを取得できます。

.\storebrowse –M 0X2000 –E https://myfirstexamplestore.net/Citrix/Second/discovery

以下は、一般的な起動URLの例です:

'Controller.Calculator' 'Calculator' '\' '' http://abc-sf.xyz.com/Citrix/Stress/resources/v2/Q29udHJvbGxlci5DYWxjdWxhdG9y/launch/ica

StoreFrontのコマンド例:

.\storebrowse.exe –U {Username} –P {Password}–D {Domain} –q {Launch_URL_of_published_ apps and desktops }<https://my.firstexamplestore.net/Citrix/Store/resources/v2/Q2hJkOlmNoPQrSTV9y/launch/ica> <https://my.firstexamplestore.net/Citrix/Store/discovery>

Citrix Gatewayのコマンド例:

.\storebrowse.exe –U {Username} –P {Password} –D {Domain} –q {Launch_URL_of_published_ apps and desktops} <https://my.secondexmaplestore.com>

-L、–launch

説明:

Storebrowseユーティリティを使用して、公開アプリおよび公開デスクトップに必要なICAファイルを生成します。起動オプションを使用するには、リソース名とストアURLが必要です。ストアURLは、StoreFrontサーバーまたはCitrix Gateway URLのいずれかになります。ICAファイルは、%LocalAppData%\Citrix\Storebrowse\cacheディレクトリに生成されます。

以下のコマンドを実行して、公開アプリや公開デスクトップの表示名を取得できます。

.\storebrowse –M 0X2000 –E https://myfirstexamplestore.net/Citrix/Second/discovery

以下は、このコマンドの結果です:

'Controller.Calculator' 'Calculator' '\' '' http://abc-sf.xyz.com/Citrix/Stress/resources/v2/Q29udHJvbGxlci5DYWxjdWxhdG9y/launch/ica

上記の結果で太字の名前は、起動オプションの入力パラメーターとして使用されます。

StoreFrontのコマンド例:

.\storebrowse.exe -U {Username} –P {Password} –D {Domain} –L “{Resource_Name} <https://my.firstexamplestore.net/Citrix/Store/discovery>

Citrix Gatewayのコマンド例:

<.\storebrowse.exe –U {Username} –P {Password} –D {Domain} –L {Resource_Name} https://my.secondexamplestore.com>

-S、–sessionlaunch

説明:

単一のコマンドでストアを追加し、公開リソース(アプリとデスクトップ)を列挙し、リソースを起動することができます。このオプションでは、ユーザー名、パスワード、ドメイン、起動するリソースのフレンドリ名、ストアURLの各パラメーターを指定します。ただし、ユーザーが資格情報を指定しない場合、資格情報を入力するためのAuthManagerプロンプトが表示され、リソースが起動されます。

以下のコマンドを実行して、公開アプリや公開デスクトップのリソース名を取得できます。

.\storebrowse –M 0X2000 –E https://myfirstexamplestore.net/Citrix/Second/discovery

以下は、このコマンドの結果です:

'Controller.Calculator' 'Calculator' '\' '' http://abc-sf.xyz.com/Citrix/Stress/resources/v2/Q29udHJvbGxlci5DYWxjdWxhdG9y/launch/ica

上記の結果で太字の名前は、-Sオプションの入力パラメーターとして使用されます。

StoreFrontのコマンド例:

.\storebrowse.exe -U {Username} –P {Password} –D {Domain} –S “{Friendly_Resource_Name} <https://my.firstexamplestore.net/Citrix/Store/discovery >

Citrix Gatewayのコマンド例:

.\storebrowse.exe –U {Username} –P {Password} –D {Domain} –S {Friendly_Resource_Name} <https://my.secondexamplestore.com>

-f、–filefolder

説明:

Storebrowseユーティリティを使用して、公開されたすべてのアプリおよびデスクトップの–fオプションで定義されたカスタムパスに必要なICAファイルを生成します。

起動オプションを使用するには、フォルダー名およびリソース名とストアURLの入力が必要です。ストアURLは、StoreFrontサーバーまたはCitrix Gateway URLのいずれかになります。

StoreFrontのコマンド例:

`.\storebrowse.exe –f “C:\Temp\Launch.ica” –L “Resource_Name” {Store}

Citrix Gatewayのコマンド例:

.\storebrowse.exe –f “C:\Temp\Launch.ica” –L “Resource_Name” {NSG_URL}

-t、–traceauthentication

説明:

Storebrowseユーティリティで組み込みのAuthManagerコンポーネントのログを生成します。ログは、Storebrowseユーティリティが組み込みのAuthManagerを使用している場合にのみ生成されます 。localappdata%\Citrix\Storebrowse\logsディレクトリに生成されます。

注:このオプションを、ユーザーのコマンドラインに表示される最後のパラメーターにすることはできません。

StoreFrontのコマンド例:

.\storebrowse.exe –t –U {UserName} –P {Password} –D {Domain} –a {StoreURL}

Citrix Gatewayのコマンド例:

.\storebrowse.exe –t –U {UserName} –P {Password} –D {Domain} –a {NSG_URL}

-d、–deletestore

説明:

既存のStoreFrontまたはCitrix Gatewayストアを削除します。

StoreFrontのコマンド例:

.\storebrowse.exe –d https://my.firstexamplestore.net/Citrix/Store/discovery

Citrix Gatewayのコマンド例:

.\storebrowse.exe –d https://my.secondexmaplestore.com