システム要件

StorebrowseユーティリティがStoreFrontとCitrix Gateway間でシームレスに動作するには、Windows向けCitrix Workspaceアプリバージョン1808以降をインストールします。Citrix Workspaceアプリバージョン1809には、少なくとも530MBのディスク空き容量と2GBのRAMが必要です。

互換性マトリックス

Storebrowseユーティリティは、以下のオペレーティングシステムと互換性があります。

オペレーティングシステム
Windows 10 32ビット版および64ビット版
Windows 8.1 32ビット版および64ビット版
Windows 7 SP1 32ビット版および64ビット版
Windows Thin PC
Windows Server 2016
Windows Server 2012 R2、StandardおよびDatacenterエディション
Windows Server 2012、StandardおよびDatacenterエディション
Windows Server 2008 R2(64ビット版)
Windows Server 2008 R2(64ビット版)

接続

Storebrowseユーティリティは、以下の接続の種類をサポートします。

  • HTTPストア
  • HTTPSストア
  • Citrix Gateway 11.0以降

注:

Storebrowseユーティリティは、HTTPストア上でコマンドラインを使用した資格情報を承認しません。

認証方法

StoreFrontサーバー

StoreFrontは、ストアにアクセスするためのさまざまな認証方法をサポートしますが、すべてが推奨されるわけではありません。セキュリティ上の理由により、ストアの作成時には一部の認証方法がデフォルトで無効になります。

  • ユーザー名とパスワード: ユーザーは、ストアにアクセスするときに、資格情報を入力でき認証されます。最初のストアの作成時に、指定ユーザー認証がデフォルトで有効になります。指定ユーザー認証は、すべてのアクセス方法でサポートされます。
  • ドメインパススルー:この場合、ユーザーはドメインに参加しているWindowsコンピューターにログオンする時に認証されるため、ストアにアクセスするときは自動的にログオンできます。このオプションを使用するには、Citrix Workspaceアプリがユーザーデバイスにインストールされているときに、パススルー認証を有効にする必要があります。ドメインパススルーを構成する方法については、「パススルー認証の構成」を参照してください。
  • HTTP基本:StorebrowseユーティリティがStoreFrontサーバーと通信するには、HTTP基本認証を有効にする必要があります。デフォルトでは、このオプションはStoreFrontサーバーで無効になっています。HTTP基本認証方式を有効にする必要があります。

Storebrowseユーティリティは、以下のいずれかの方式の認証方法をサポートします。

  • Storebrowseユーティリティに組み込みのAuthManagerを使用します。注:Storebrowseユーティリティを使用する場合、StoreFrontでHTTP基本認証方式を有効にする必要があります。これは、ユーザーがStorebrowseコマンドを使用して資格情報を提供する場合に適用されます。
  • Windows向けCitrix Workspaceに外部Authmanagerを含めることができます。

システム要件