ワークスペース環境の管理

本記事では、利用者がワークスペースにアクセスして操作する方法を要約し、利用者がワークスペースにサインインしたときに表示される内容について説明します。本記事では、ワークスペースエクスペリエンスをカスタマイズするためのオプションを要約し、一般的な問題のガイダンスを提供します。

ワークスペースへのアクセス

利用者は、次の2つの方法でCitrix Workspaceにアクセスできます:

  • ブラウザーでWorkspace URLを使用して。
  • 利用者のデバイスにインストールしたCitrix Workspaceアプリで。

ブラウザーアクセス

ブラウザーを使用している場合、利用者は、Workspace URL、および最新バージョンのEdge、Chrome、Firefox、またはSafariを使用して、ワークスペースにアクセスできます。

重要:

Internet Explorerのブラウザーサポートは、2022年3月31日に終了します。この日付より前に、利用者を最新バージョンのEdge、Chrome、Firefox、またはSafariに移行することをお勧めします。

Workspace URLはデフォルトで有効になっており、通常は次の形式です:https://yourcompanyname.cloud.com。Workspace URLを構成する方法については、「Workspace URL」を参照してください。

Citrix Workspaceアプリのアクセス

ワークスペースにアクセスするには、最新バージョンのCitrix Workspaceアプリを使用することをお勧めします。

Citrix Workspaceアプリは、Citrix Receiverに代わるネイティブインストールされたアプリであり、プラットフォーム間でWorkspaceユーザーインターフェイス(UI)の一貫したユーザーエクスペリエンスを提供します。Citrix Workspaceアプリは、さまざまなオペレーティングシステム向けに提供されています。詳しくは、Citrix Workspaceアプリの製品ドキュメントを参照してください。

Citrix Receiverを使用している場合、ユーザーがWorkspace UI機能のすべてを使用できるように、Citrix Workspaceアプリへのアップグレード方法をユーザーに説明してください。プラットフォームごとのCitrix Workspaceアプリでサポートされている機能について詳しくは、「Workspaceアプリの機能マトリックス」を参照してください。

Citrix Workspaceアプリをインストールする方法については、「Citrix Workspaceアプリのダウンロード」を参照してください。

Citrix Workspaceアプリソフトウェアをインストールできないデバイスでは、HTML5互換のブラウザーからHTML5向けCitrix Workspaceアプリを使用してアクセスすることもできます。

Workspaceのユーザーインターフェイスと機能

新規顧客:ワークスペース環境を初めて使用する利用者の場合、最新バージョンのUIを利用できます。

既存顧客:以前のバージョンのCitrix Workspaceアプリを使用している場合、更新されたUIが表示されるまでに約5分かかることがあります。古いバージョンのUIが一時的に表示されることがあります。

Workspaceのホームページ

Citrix Workspace UIは、次の機能で構成されています:

シングルサインオン(SSO)

Citrix Workspaceは、別の形式の認証を必要とするセカンダリリソースへのシングルサインオン(SSO)により、シームレスなエクスペリエンスを提供します。

カードのレイアウト

アプリデスクトップファイル操作、およびアクティビティフィードは、「カード」レイアウトで表示されます。ポップアップウィンドウに詳細と操作が表示されます。

設定

利用者は、Workspace UIの右上隅にあるプロファイルアイコンを選択したときに表示されるメニューから [設定] にアクセスします。

プロファイルアイコン

利用者は、自分のプロファイルに画像をアップロードできます。プロファイル画像が設定されていない場合、画像はデフォルトで、利用者のActive Directoryの表示名に基づいたアイコンになります。

検索

UIの上部にある検索ツールを使用すると、ワークスペース内のすべてのリソースを検索でき、利用者は検索結果から直接アプリを開くことができます。検索には最低3文字が必要です。

最近とお気に入りのビュー

利用者はアプリ、デスクトップ、ファイルの [最近][お気に入り] ビューを選択できます。

[ワークスペース構成] で、利用者がこの機能を使用できるように、または使用できないように、[お気に入り] を構成できます。Citrix Workspaceの [お気に入り] 機能の有効化と無効化について詳しくは、「お気に入りを許可」を参照してください。

操作とアクティビティフィード

Citrix Workspaceでは、利用者の [アクティビティフィード] とワークスペースの [操作] カード内に、関連する通知とタスクが表示されます。利用者は、ワークスペースを離れずに、ターゲットを絞った通知に基づいて行動できます。

[操作][アクティビティフィード] の利用者エクスペリエンスについて詳しくは、「通知の利用者エクスペリエンス」を参照してください。

通知の利用者エクスペリエンス

通知機能を構成して有効にすると、利用者は、ワークスペースの [アクティビティフィード][操作] カード内で、ターゲットを絞った操作可能かつ検索可能なアラートとタスクを受け取ります。

Citrix Workspaceで通知を有効にする方法については、「ワークスペース通知のカスタマイズ」を参照してください。

Citrix Workspaceでの通知

有効にすると、利用者のワークスペースの真ん中にある [アクティビティフィード] 内に、パーソナライズされた通知が表示されます。利用者は、ワークスペースで直接、このフィードでリクエストの承認などのアイテム操作を実行できます。ワークスペースの右側にある [操作] カードを使用すると、経費の提出やカレンダーイベントの作成などの一般的なタスクにすばやくアクセスすることもできます。

UIの左側ナビゲーションにある [操作] タブには、他のシステムやイントラネットサイトへのリンクなど、マイクロアプリへのアクセス方法とともに、利用者が利用できるすべての操作が表示されます。ワークスペースの左側ナビゲーションにある [フィード] タブには、会社のお知らせやリマインダーなど、すべてのアラートが表示されます。

通知の検索

利用者は、マイクロアプリの通知と統合を検索およびフィルタリングし、検索結果から直接、通知に基づいて行動することができます。

注:

[アクティビティフィード] 検索は、米国およびEUのアカウントのWebおよびデスクトップ上のWorkspaceで使用できます。[アクティビティフィード] 検索は、公開プレビューとして提供されており、現在HIPAAに準拠していません。

利用者は、Workspace UIの上部にある検索ボックスを使用して、クエリを入力できます。

フィード検索

上部のメニューで [フィード] を選択すると、一致したすべての結果が表示されます。利用者は、[状態][ソース][操作が必要]、および [期間] で検索結果をフィルタリングすることもできます。

検索フィルター

利用者は、任意の検索結果を選択して通知を開き、詳細情報を確認したり、利用可能な操作を完了したりできます。

通知の詳細

2要素認証(オプション)

Citrix Workspaceの利用者が2要素認証を使用する前に、利用者はデバイスを登録する必要があります。登録時に、Workspaceは、利用者が認証アプリでスキャンするためのQRコードを提示します。認証アプリは、Citrix SSOなどの時間ベースのワンタイムパスワード(TOTP:Time-Based One-Time Password)標準に準拠している必要があります。

注:

登録プロセスを円滑にするために、事前にターゲットデバイスにCitrix SSOをダウンロードしてインストールすることをお勧めします。

2要素認証に登録するには、利用者に次のように案内します:

  1. ブラウザーを開き、Workspaceサインインページに移動し、[トークンをお持ちではない場合]を選択します。
  2. ユーザー名をdomain\username形式で入力するか会社のメールアドレスを入力して、[次へ] を選択します。Citrix Cloudから利用者に、一時的な確認コードが記載されたメールが送信されます。
  3. プロンプトが表示されたら、確認コードとActive Directoryアカウントのパスワードを入力し、[次へ] を選択します。

    重要:

    確認コードは、有効期間が24時間の一時トークンであり、利用者のデバイスを登録するためにのみ使用されます。利用者は、2要素認証でこのコードを使用してワークスペースにサインインしてはいけません。

  4. 認証アプリで、QRコードをスキャンするか、確認コードを手動で入力します。
  5. [完了][サインイン] を選択して登録を完了します。

登録完了後、利用者はCitrix Workspaceサインインページに戻り、認証アプリに表示されるトークンを使用して、Active Directoryの資格情報を入力できます。

2要素認証のトークンとしてサポートされているのは、登録済みデバイス上の認証アプリから生成された確認コードのみです。利用者は、登録処理中に送信された一時的なメールトークンを使用してはいけません。

ワークスペースのカスタマイズ

[ワークスペース構成] で、各ユーザーのワークスペースの利用者エクスペリエンスをカスタマイズして、組織の特定の要件を満たすことができます。

トラブルシューティング

認証方法を変更した後、ログアウトして再度ログインする

認証方法を変更した後、ログインしている利用者にエラーメッセージが表示されることがあります。これを修正するには、利用者はCitrix Workspaceからログアウトし、ブラウザーまたはCitrix Workspaceアプリを閉じて、約5分間待つ必要があります。ワークスペースが再び使用可能になると、利用者は新しい認証方法でサインインできます。

詳しくは、「認証方法の選択または変更」を参照してください。

サービスサブスクリプションを変更した後に更新する

サービスサブスクリプションを変更した場合、利用者はローカルのCitrix Workspaceアプリを手動で更新する必要がある場合があります。 Windows向けCitrix Workspaceアプリを更新するには:

  1. WindowsシステムトレイのCitrix Workspaceアイコンを右クリックし、[高度な設定]>[Citrix Workspaceをリセットする] の順に選択します。
  2. Windows向けCitrix Workspaceアプリを開き、[アカウント]>[追加] を選択します。
  3. Workspace URLを入力してから [追加] を選択します。

ブラウザーからCitrix Workspaceアプリを更新することもできます。ブラウザーから更新する場合:

  1. WindowsシステムトレイのCitrix Workspaceアイコンを右クリックし、[高度な設定]>[Citrix Workspaceをリセットする] の順に選択します。
  2. ブラウザーにWorkspace URLを入力し、サインインします。
  3. [設定]>[アカウント設定]>[詳細]>[Workspace構成のダウンロード] で、構成ファイルをダウンロードします。

これにより、ワークスペースをローカルのCitrix Workspaceアプリに追加する、拡張子が.crのファイルがダウンロードされます。

ワークスペース環境の管理