Linux Virtual Delivery Agent

Rendezvous V2

Citrix Gatewayサービスを使用する場合、Rendezvousプロトコルにより、トラフィックがCitrix Cloud Connectorをバイパスして、Citrix Cloudコントロールプレーンに直接かつ安全に接続できます。

考慮すべきトラフィックには2つのタイプがあります:1)VDA登録とセッション仲介のための制御用トラフィック、2)HDXセッショントラフィック。

Rendezvous V1では、HDXセッショントラフィックがCloud Connectorをバイパスできますが、それでも、Cloud ConnectorがVDA登録とセッション仲介のためのすべての制御用トラフィックにプロキシを使用する必要があります。

シングルセッションおよびマルチセッションのLinux VDAでRendezvous V2を使用するために、標準のADドメイン参加マシンと非ドメイン参加マシンがサポートされています。ドメイン非参加マシンでは、Rendezvous V2は、HDXトラフィックと制御用トラフィックの両方がCloud Connectorをバイパスできるようにします。

要件

Rendezvous V2を使用するための要件は次のとおりです:

  • Citrix WorkspaceとCitrix Gatewayサービスを使用した環境へのアクセス。
  • コントロールプレーン:Citrix DaaS(旧称Citrix Virtual Apps and Desktopsサービス)。
  • VDAバージョン2201以降。
    • HTTPプロキシおよびSOCKS5プロキシには、バージョン2204以降が必要です。
  • CitrixポリシーでRendezvousプロトコルを有効にします。詳しくは、「Rendezvousプロトコルポリシー設定」を参照してください。
  • VDAは、すべてのサブドメインを含むhttps://*.nssvc.netにアクセスできる必要があります。この方法ですべてのサブドメインをホワイトリストに登録できない場合、代わりにhttps://*.c.nssvc.netおよびhttps://*.g.nssvc.netを使用します。詳しくは、Citrix Cloudのドキュメント(Virtual Apps and Desktopsサービス内)の「インターネット接続の要件」セクションおよびKnowledge Centerの記事CTX270584を参照してください。
  • VDAは、前述のアドレスに接続できる必要があります:
    • TCP 443では、TCP Rendezvous用。
    • UDP 443では、EDT Rendezvous用。

プロキシ構成

VDAは、Rendezvousを使用する場合、制御用トラフィックとHDXセッショントラフィックの両方のプロキシを介した接続をサポートします。どちらのタイプのトラフィックも要件と考慮事項が異なるため、慎重に確認してください。

制御用トラフィックプロキシの考慮事項

  • HTTPプロキシのみがサポートされています。
  • パケットの復号化と検査はサポートされていません。VDAとCitrix Cloudコントロールプレーンの間の制御用トラフィックが傍受、復号化、または検査されないように、例外を構成します。信頼済みの証明書が見つからない場合は、失敗します。
  • プロキシ認証はサポートされていません。
  • 制御用トラフィックのプロキシを構成するには、次のようにレジストリを編集します:

     /opt/Citrix/VDA/bin/ctxreg create -k "HKLM\Software\Citrix\VirtualDesktopAgent" -t "REG_SZ" -v "ProxySettings" -d "http://<URL or IP>:<port>" --force
     <!--NeedCopy-->
    

HDXトラフィックプロキシの考慮事項

  • HTTPおよびSOCKS5プロキシがサポートされています。
  • EDTは、SOCKS5プロキシでのみ使用できます。
  • HDXトラフィックに対してプロキシを構成するには、[Rendezvousプロキシの構成]ポリシー設定を使用します。
  • パケットの復号化と検査はサポートされていません。VDAとCitrix Cloudコントロールプレーンの間のHDXトラフィックが傍受、復号化、または検査されないように、例外を構成します。信頼済みの証明書が見つからない場合は、失敗します。
  • HTTPプロキシでは、NegotiateおよびKerberos認証プロトコルを使用して、マシンベースの認証がサポートされています。プロキシサーバーに接続するとき、Negotiate認証スキームによってKerberosプロトコルが自動的に選択されます。Kerberosは、Linux VDAでサポートされている唯一のスキームです。

    注:

    Kerberosを使用するには、プロキシサーバーのサービスプリンシパル名(SPN)を作成し、それをプロキシのActive Directoryアカウントに関連付ける必要があります。VDAは、セッションの確立時にHTTP/<proxyURL>形式のSPNを生成します。この場合、プロキシURLはRendezvousプロキシのポリシー設定から取得されます。SPNを作成しない場合、認証は失敗します。

  • SOCKS5プロキシによる認証は、現在サポートされていません。SOCKS5プロキシを使用する場合、要件で指定されているGatewayサービスアドレス宛てのトラフィックが認証をバイパスできるように、例外を構成する必要があります。
  • EDTを介したデータ転送をサポートしているのは、SOCKS5プロキシのみです。HTTPプロキシの場合、ICAのトランスポートプロトコルとしてTCPを使用します。

透過プロキシ

透過HTTPプロキシはRendezvousでサポートされています。ネットワークで透過プロキシを使用している場合、VDAで追加の構成は必要ありません。

Rendezvous V2の構成方法

以下は、ご使用の環境でRendezvousを構成するための手順です:

  1. すべての要件が満たされているか確認してください。
  2. VDAをインストールした後、次のコマンドを実行して、必要なレジストリキーを設定します:

    create -k "HKLM\Software\Citrix\VirtualDesktopAgent" -t "REG_DWORD" -v "GctRegistration" -d "0x00000001" --force
    <!--NeedCopy-->
    
  3. VDAマシンを再起動します。
  4. Citrixポリシーを作成するか、既存のポリシーを編集します:
    • Rendezvousプロトコル設定を [許可] に設定します。
    • Citrixポリシーフィルターが正しく設定されていることを確認します。このポリシーは、Rendezvousを有効にする必要があるマシンに適用されます。
    • 別のポリシーを上書きしないように、Citrixポリシーの優先度が正しいことを確認してください。

Rendezvousの検証

セッションがRendezvousプロトコルを使用しているかどうかを確認するには、ターミナルで/opt/Citrix/VDA/bin/ctxquery -f iPコマンドを実行します。

表示されるトランスポートプロトコルは、接続の種類を示しています:

  • TCP Rendezvous:TCP - TLS - CGP - ICA
  • EDT Rendezvous:UDP - DTLS - CGP - ICA
  • Cloud Connectorを介したプロキシ:TCP - PROXY - SSL - CGP - ICAまたはUDP - PROXY - DTLS - CGP - ICA

Rendezvous V2が使用されている場合、プロトコルのバージョンは2.0を表示します。

ヒント:

Rendezvousが有効でVDAがCitrix Gatewayサービスに直接到達できない場合、VDAはフォールバックしCloud Connectorを介してHDXセッションにプロキシ接続します。

Rendezvous V2