Citrix CloudによるCitrix Provisioningの管理

Citrix Provisioningは、Citrix Cloudとの統合を可能にするコネクタをサポートしています。統合することで、プロビジョニングされたVDA(Virtual Delivery Agent)をCitrix Virtual Apps and Desktopsで使用できるようになります。このコネクタによってオンプレミス環境と同じ機能が使えるようになります。

重要な注意事項:

  • クラウドベースのライセンスには、オンプレミスのCitrix Virtual Apps and Desktopsライセンスを使用する必要があります。以前のCitrix Provisioningバージョン(7.18より前)を使用している場合は、Citrix ProvisioningライセンスバージョンとしてEnterpriseまたはPlatinumを使用し、さらにオンプレミスのCitrixライセンスサーバーを引き続きホストする必要があります。
  • Citrix Cloudライセンスを使用するようにCitrix Provisioningコンソールを構成します(または関連するPowerShellコマンドを使用します)。
  • Citrix ProvisioningバージョンがCitrix Cloudライセンスのスキーマをサポートしていないことを示すエラーメッセージが表示されることがあります。たとえば、Provisioning Servicesバージョン7.15を使用していて、Citrix Cloud Connectorを使用しようとすると、エラーメッセージが表示されます。

No device license is currently available for this computer

オンプレミスのCitrixライセンスサーバーで、EnterpriseまたはPlatinumバージョンのCitrix Provisioningライセンスを使用していることを確認します。

必要なもの

Citrix ProvisioningをCitrix Cloudで使用するには、次の要素が必要です:

  • Citrix CloudのCitrix Virtual Apps and Desktops Delivery Controller: Citrix Virtual Apps and Desktopsは、Citrix Provisioningオンプレミスコマンドレットのサブセットを組み込んだバージョンであるCitrix Provisioning PowerShell用スナップイン(Citrix.PVS.snapin)を作成します。このバージョンはCitrix Cloud専用に作られており、Citrix Cloud Connectorを介してオンプレミスのCitrix Provisioningと通信します。
  • オンプレミスに配置されているCitrix Cloud Connector: Cloud Connectorは、Azure Provisioning Serviceエンドポイントを公開するリレーとして機能し、Citrix Virtual Apps and Desktops Delivery Controllerとの通信を可能にします。また、Cloud Connectorには、Provisioning Servicesサーバーと通信するためにAzure Service BusをリスニングするWCF(Windows Communication Foundation)エンドポイントが組み込まれています。
  • オンプレミスに配置されたProvisioning Servicesサーバー(バージョン7.18以降である必要があります): Provisioning Servicesサーバーは、MAPIへのSOAP呼び出しを確立するときにCloud Connectorと通信します。
  • Citrix Virtual Apps and Desktops Remote PowerShell SDK: Provisioningコンソールのインストール時には、Citrix Virtual Apps and Desktops SDKもインストールされます。Citrix Virtual Apps and Desktops SDKをCitrix Virtual Apps and Desktops Remote PowerShell SDKに置き換えます。このSDKは、VDAレコードをCitrix CloudのDelivery Controllerにプッシュするために、Citrix Virtual Apps and Desktopsセットアップウィザードによって使用されます。
  • ライセンスサーバーはオンプレミスである必要がある: Citrix Provisioningによる展開の場合は、Citrixライセンスサーバーはオンプレミス環境にある必要があります。

Citrix Cloud機能を使用する場合、以下の点を考慮してください。

  • リモートのPowerShell SDKをProvisioningサーバーにインストールするには、サーバーから5つのCitrix Virtual Apps and DesktopsスナップインをアンインストールしたあとでSDKをインストールします。
  • Citrix ProvisioningコンソールをリモートPowerShell SDKとともにインストールし、プロビジョニングに使用すると、オンプレミスのCitrix Virtual Apps and Desktopsで機能しなくなります。
  • Citrix Virtual Apps and Desktopsセットアップウィザードで、コントローラーアドレスの入力を求められた場合、Citrix Cloud ConnectorのIPアドレスを入力します。

依存関係

Citrix ProvisioningおよびCitrix Cloudの使用時は、次の依存関係が存在します:

  • Citrix Studio
  • Remote Broker Provider(XaXdCloudProxy)使用のCitrix Cloud Connector
  • Citrix Virtual Apps and Desktops Remote PowerShell SDK

オンプレミス展開対Citrix Cloud展開

Citrix Provisioningを使用する従来のCitrix Virtual Apps and Desktops環境では、Citrix Virtual Apps and Desktops環境とCitrix Provisioning環境の2つの異なる要素を管理する必要があります。この環境を図で示すと次のようになります。VDAコンポーネントを加えるとより複雑な図になるため、ここでは省略しています:

Citrix Virtual Apps and DesktopsおよびCitrix Provisioning環境の図

オンプレミスのCitrix Provisioning環境では、Citrix Virtual Apps and Desktopsは拡張されています:

拡張されたCitrix Virtual Apps and Desktops環境の図

Citrix Virtual Apps and Desktops環境を拡張することで、管理されたCitrix Provisioning環境の利点はそのままに、環境を運用し管理する必要がなくなります。

Citrix Provisioningによって、Citrix CloudにあるCitrix Virtual Apps and Desktops Delivery Controllerのマシンカタログに、プロビジョニングの管理対象VDAが追加されます。このプロセスは、次の2つの方法のいずれかを使用します。

  • ProvisioningコンソールのCitrix Virtual Apps and Desktopsセットアップウィザードを使用して新しいデバイスを追加します。
  • Citrix Studioのマシンカタログ作成ウィザードを使用して既存のCitrix Provisioningデバイスをインポートします。

Citrix ProvisioningコンソールのCitrix Virtual Apps and Desktopsセットアップウィザード

Citrix Virtual Apps and Desktopsセットアップウィザードでは、Citrix Provisioningデバイスとコレクションを作成し、これらの要素を含むマシンカタログを作成できます。Citrix Virtual Apps and Desktops SDKをCitrix Virtual Apps and Desktops Remote PowerShell SDKに置き換える必要があります。このRemote PowerShell SDKは、Delivery Controllerとの通信を担当します。

Studioを使用したマシンカタログセットアップウィザード

マシンカタログセットアップウィザードでは、既存のプロビジョニング管理対象仮想マシンがCitrix Virtual Apps and Desktopsのカタログにインポートされます。このような場合は、Provisioningコンソールを使用して仮想マシンを事前に作成する必要があります。次の点を考慮してください。

  • StudioはPowerShellスナップインであるPvsPsSnapinを使用してProvisioningサーバーと通信します。PvsPsSnapinは、既存のCitrix Provisioning PowerShellスナップインであるCitrix.PVS.Snapinのサブセットです。これには、次のコマンドレットが含まれています:

  • Clear-PvsConnection

  • Get-PvsVersion

  • Get-SimplePvsADAccount

  • Get-SimplePvsCollection

  • Get-SimplePvsDevice

  • Get-SimpleDiskLocator

  • Get-SimpleDiskUpdateDevice

  • Get-SimplePvsSite

  • Get-SimplePvsUpdateTask

  • Set-PvsConnection

注:

Citrix Cloudでは、PvsPsSnapinが拡張されました。このスナップインでは、Citrix Virtual Apps and DesktopsからPvsMapiProxyPlugin(Cloud ConnectorのXaXdCloudProxyに追加された新しく作成されたプロキシ)への通信を可能にします。

通信はセキュリティで保護されたチャネルであるHTTPSポート443を介して行われ、Citrix Provisioning管理者資格情報もやりとりされます。プロキシはこれらの資格情報を使い、管理者の代理としてProvisioning Servicesサーバーに接続します。

Citrix CloudのCitrix Virtual Apps and DesktopsとCitrix Provisioning環境の接続

既存のCitrix Provisioning環境をCitrix Cloudに接続するには:

  1. Cloud Connectorを管理対象コンポーネント(リソースの場所など)に追加します。
  2. Citrix Provisioningをアップグレードし、最新のバージョンを使用する必要があります。ダウンロードページを参照してください。
  3. Citrix ProvisioningコンソールでCitrix Virtual Apps and Desktops SDKをCitrix Virtual Apps and Desktops Remote PowerShell SDKに置き換えます。

    このSDKをインストールする場合、この機能がインストールされているProvisioningコンソールは、ローカルのCitrix Virtual Apps and Desktops環境とは通信しないという点に注意してください。この機能はProvisioningサーバーにも適用されます。通信はCitrix Cloudとの間でだけ行われます。Citrix CloudのDelivery Controllerで管理されているデバイスによって仮想ディスクイメージとVDAが更新され、Delivery Controllerを使用してCitrix Virtual Apps and Desktopsに登録されます。

重要:

Citrix Virtual Apps and Desktopsサービス環境ではオンプレミスのCitrixライセンスサーバーが必要です。詳しくは、「ライセンス」を参照してください。

Citrix Cloud Connectorの追加

Citrix Provisioning環境をサービスに接続するには、Cloud Connectorを管理対象コンポーネント(リソースの場所など)に追加する必要があります。このコネクタを管理対象コンポーネントに追加する場合は、次の点を考慮してください:

  • Cloud Connectorは、ドメインに参加しているWindows 2012 R2マシンとWindows Server 2016にインストールされます。
  • サービスはCloud Connectorに直接接続しません。

Cloud Connectorを追加する手順については、「Citrix Cloud Connector」を参照してください。

Citrix Provisioningのアップグレード

Citrix CloudとCitrix Provisioningを組み合わせて使用するには、Citrix Virtual Apps and Desktopsと統合されたバージョンを使用する必要があります。最適なパフォーマンスを得るには、Citrix Provisioningバージョン7.18以降の使用をお勧めします。適切なバージョンについては、Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスダウンロードページを参照してください。

Citrix Virtual Apps and Desktops Remote PowerShell SDKの使用

ProvisioningコンソールのコンポーネントにはCitrix Virtual Apps and Desktops SDKが含まれています。このSDKをCitrix Virtual Apps and Desktops Remote PowerShell SDKに置き換える必要があります。

新しいSDKを使用するには

  1. 次のスナップインを削除して、ProvisioningコンソールからCitrix Virtual Apps and Desktops SDKをアンインストールします:
    • Citrix Broker PowerShellスナップイン
    • Citrix Configuration Logging Service PowerShellスナップイン
    • Citrix Configuration Service PowerShellスナップイン
    • Citrix Delegated Administration Service PowerShellスナップイン
    • Citrix Host Service PowerShellスナップイン
  2. [ダウンロード]ページからRemote PowerShell SDKをダウンロードします。PowerShell 3.0が事前にインストールされている必要があります。
  3. 次のコードを実行するコマンドを使用して、SDKをインストールします:CitrixPoshSdk.exe PVS=YES 詳しくは、「SDKおよびAPI」を参照してください。

    重要:

    ダウンロードしたSDKをコマンドラインからインストールし、引数「PVS=YES」を含めます。

    ライセンス契約書の図

    インストール成功メッセージの図

新しいSDKインストールを確認するには

  1. PowerShellを開きます。
  2. 次のコマンドレットを実行します:Add-PsSnapin Citrix*
  3. 次のコマンドレットを実行します:Get-BrokerServiceStatus
  4. Citrix Cloudにサインインします。

ヒント:

Get-BrokerServiceStatusコマンドレットは、Delivery ControllerがOKであることを示します。

SDK検証コマンドの図

ファイアウォールについての考慮事項

通常、ファイアウォール構成には、アップデートなしか、最小限のアップデートが必要です。以下に注意してください。

  • Provisioningコンソールでは、外部向けのSDKトラフィックにHTTPS(ポート443)が使用されます。
  • Cloud Connectorマシンでは、すべてのトラフィックはHTTPS(ポート443)経由でクラウドに送信されます。これにより、コネクタおよびコンソールがNATおよびHTTPプロキシの内側に存在できるようになります。
  • Cloud Connectorに追加された新しいCitrix Provisioningプロキシは、wsHttpメッセージセキュリティを使用して、HTTP(ポート80)通信をProvisioning Servicesサーバーに転送します。

注:

Personal vDisk機能はサポートされていません。

VDAの管理

Citrix Provisioning管理対象VDAをマシンカタログに追加するには

  • ProvisioningコンソールでCitrix Virtual Apps and Desktopsセットアップウィザードを使用するか、または、
  • Citrix Studioのマシンカタログセットアップウィザードを使用する

Citrix Virtual Apps and Desktopsセットアップウィザードを使用したVDAの追加

Citrix Virtual Apps and Desktopsセットアップウィザードでは、Citrix Provisioningデバイスとコレクションを作成し、これらの要素を含むマシンカタログを作成します。ウィザードではCitrix Virtual Apps and Desktops Controllerのアドレスを求めるプロンプトが表示されます。

  1. Cloud Connectorマシンのいずれかのアドレス(Controllerアドレスではない)を指定します。

    Citrix Virtual Apps and Desktops Controllerの図

  2. Cloud Connectorのアドレスを入力したら、[次へ] をクリックします。

    Citrix Cloud認証画面が表示され、サインイン資格情報の入力を求められます。Citrix Virtual Apps and Desktops Remote PowerShell SDKによって生成されるこのプロンプトは、Provisioningコンソールによって呼び出されます。

    Citrix Cloudサインオン画面の図

ヒント:

SDKはCitrix Cloud資格情報を使用することで、Citrix Virtual Apps and Desktopsとの通信が保護された状態でマシンカタログを設定できます。Citrix Virtual Apps and Desktopsセットアップウィザードの後の手順に変更はありません。唯一の違いは、ウィザードでRemote PowerShell SDK内のコマンドレットが最初に起動されたときに表示される、Citrix Cloudサインイン資格情報を求めるプロンプトです。

マシンカタログセットアップウィザードの使用によるVDAの追加

このCitrix Studioのウィザードにより、既存の管理対象Citrix Provisioning仮想マシンがカタログに追加されます。このシナリオでは、以前はCitrix Provisioningコンソールを使用して仮想マシンが作成されていました。

このウィザードを使用するには

  1. [Citrix Virtual Apps and Desktops]ページの [管理] タブからCitrix Studioにアクセスします。
  2. ナビゲーションペインで [マシンカタログ] を選択します。
  3. [操作] ペインで [カタログの新規作成] をクリックします。
  4. [Citrix Provisioning] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [マシン管理]画面の図

  5. [デバイスコレクション]ページで、Citrix Provisioningサーバーのアドレスを入力し、[接続] をクリックします。

    [デバイスコレクション]画面の図

  6. Citrix Provisioning管理者のログイン資格情報を入力し、[OK] をクリックします。

    [Windowsセキュリティ]画面の図

    ログイン資格情報を入力すると、StudioはCloud Connectorと通信します。その後、指定された資格情報を使用してProvisioningサーバーに要求を転送します。有効なCitrix Provisioning管理者が指定されている場合は、デバイスコレクションが表示されます。

    表示されたデバイスコレクションの図

    この認証方法は、オンプレミスのCitrix Virtual Apps and Desktops環境とCitrix CloudのCitrix Virtual Apps and Desktops環境とで唯一違いがある点です。オンプレミスの場合、Citrix StudioユーザーのIDはProvisioningサーバーに対して認証されます。このサービスモデルでは、Citrix Provisioning環境のAD(Active Directory)とは信頼関係がないAD環境でStudioが実行されるため、指定ユーザー認証が必要となります。

Studioでのエラーメッセージ

ウィザードを使用してマシンカタログを設定すると、[デバイスコレクション] 画面にCitrix Provisioningのクラウド接続の状態が表示されます。この機能が有効になっていない場合は、[クラウド機能のCitrix Provisioningが有効ではありません]というエラーメッセージが表示されます。

[クラウド機能のCitrix Provisioningが有効ではありません]エラーの図

Citrix Provisioning Cloud Connectorのトラブルシューティング

Citrix Virtual Apps and Desktopsセットアップウィザードを使用したDelivery Controller接続に関連する問題をトラブルシューティングするには、このセクションの情報を使用します。

接続を確認するには

  1. Remote PowerShell SDKがインストールされ、正しく構成されていることを確認します。次のコマンドを実行することで、Remote PowerShell SDKがインストールされていることを確認します:CitrixPoshSdk.exe PVS=YES
  2. Citrix Provisioning Servicesサーバーおよびコンソールから5つのCitrix Virtual Apps and Desktopsスナップインをアンインストールします。
  3. Cloud ConnectorがCitrix Provisioningシステム、特にサーバーとコンソールと通信できることを確認します。また、IPとFQDN、およびハイパーバイザーを使用して、Active Directoryコントローラーなどの他のリソースとの通信を確認します。
  4. Citrix ProvisioningアカウントがローカルのCitrix Provisioning OS管理者グループのメンバーでもあることを確認します。

ヒント:

リモートのPowerShell SDKをProvisioning Servicesサーバーにインストールするには、5つのCitrix Virtual Apps and Desktopsスナップインをアンインストールし、リモートのPowerShell SDKをインストールする必要があります。

Provisioning ServicesサーバーとDelivery Controllerとの接続の問題

Delivery ControllerとProvisioning Servicesサーバーとの接続の問題をトラブルシューティングするには、このセクションの情報を使用します。

接続を確認するには:

  1. リソースの場所にあるCloud Connectorが正常にインストールされていることを確認します。

  2. Cloud ConnectorがProvisioningコンソールシステムと同じVLANまたはVNETにあることを確認します。

  3. Citrix Studioで、[ゾーン] 画面にCloud Connectorが正しく表示されていることを確認します。

  4. 少なくとも1つのCloud Connectorが[接続済み]になっていることを確認します。

    a.https://citrix.cloud.comにサインインします 。 b.[リソースの場所]>[自分のリソースの場所]>[Cloud Connector] の順に選択し、少なくとも1つのCloud Connectorのステータスが緑色になっていることを確認します。

  5. Citrix CloudのCitrix Provisioningサポートが有効になっていることを確認します。顧客の構成で、Citrix Cloud管理者によってPvsSupport機能がオンになっていることを確認します。
  6. Citrix Remote Broker ProviderがCloud Connectorで稼働していることを確認します。Citrix Remote Broker Provider Serviceが実行されているかどうかを確認するには、Cloud Connectorを参照してください。

    Citrix Remote Broker Provider Serviceが実行されていることの確認の図

Machine Creation Service(MCS)ウィザード使用時の考慮事項

Citrix StudioのMCSウィザードを使用してCitrix ProvisioningデバイスをCitrix Virtual Apps and Desktopsデバイスにインポートする場合は、このセクションの情報を使用します。次のことを確認します:

  • Citrix Provisioningデバイスがコレクションに存在している。
  • すべてのターゲットデバイスが同じOUのドメインに参加している。
  • オンプレミス仮想マシンがあるハイパーバイザー環境のホストレコードがCitrix Virtual Apps and Desktopsで作成されている。
  • クライアントのドメインの前に正しいドメインが選択されている。これは、ウィザードでProvisioningサーバーに接続する前に行われている必要があります。