Citrix Provisioning

Citrix CloudによるCitrix Provisioningの管理

Citrix Provisioningは、Citrix Cloudとの統合を可能にするコネクタをサポートしています。統合することで、プロビジョニングされたVDA(Virtual Delivery Agent)をCitrix DaaS(旧称Citrix Virtual Apps and Desktopsサービス)サービスで使用できるようになります。このコネクタによってオンプレミス環境と同じ機能が使えるようになります。

重要な注意事項:

  • Citrix Cloudライセンスを使用するようにCitrix Provisioningコンソールを構成します(または関連するPowerShellコマンドを使用します)。
  • Citrix ProvisioningバージョンがCitrix Cloudライセンスのスキーマをサポートしていないことを示すエラーメッセージが表示されることがあります。たとえば、Provisioning Servicesバージョン7.15を使用していて、Citrix Cloud Connectorを使用しようとすると、エラーメッセージが表示されます。

No device license is currently available for this computer<!--NeedCopy-->

Citrixライセンスサーバーで、EnterpriseまたはPlatinumバージョンのCitrix Provisioningライセンスを使用していることを確認します。

必要なもの

Citrix ProvisioningをCitrix Cloudで使用するには、次の要素が必要です:

  • Citrix CloudのCitrix Virtual Apps and Desktops Delivery Controller: Citrix Provisioningは、顧客が管理するDelivery ControllerとCitrix Cloud Delivery Controllerの両方との連携を同じCitrix Provisioningコンソールからネイティブでサポートします。
  • オンプレミスに配置されているCitrix Cloud Connector: Cloud Connectorは、Citrix Provisioningが実行されるリソースの場所を構成するためのサービスをCitrix Cloud Delivery Controllerに提供します。
  • Citrix Provisioningターゲットを実行するリソースの場所に配置されているProvisioningサーバー: このサーバーは2203以降である必要があります。
  • 顧客が管理する場所で利用可能なCitrixライセンスサーバー: これは、オンプレミスまたは顧客が管理するクラウドサブスクリプションのいずれかです。

注:

  • Citrix Provisioningコンソールを実行するシステムに、オンプレミスのCitrix Virtual Apps and Desktops PowerShell SDKまたはCitrix Virtual Apps and Desktops Remote PowerShell SDKをインストールしないでください。これは、SDKがコンソールによってインストールされ、そのバージョンがインストールされているCitrix Provisioningコンソールと互換性があるためです。
  • コンソールと同じシステムでCitrix Virtual Apps and Desktops PowerShell SDKを使用してスクリプトを実行する場合は、必要に応じてCitrix Cloudまたは顧客管理のDelivery Controllerと通信できるようにシステムを構成します。デフォルトでは、Citrix Cloudと通信します。

依存関係

Citrix ProvisioningおよびCitrix Cloudの使用時は、次の依存関係が存在します:

  • Citrix Studio
  • Citrix Cloud Connector

オンプレミス展開対Citrix Cloud展開

Citrix Provisioningは、顧客が管理するDelivery ControllerとCitrix Cloud Delivery Controllerの両方との連携を同じCitrix Provisioningコンソールからネイティブでサポートします。

Citrix Provisioningを使用する従来のCitrix Virtual Apps and Desktops環境では、Citrix Virtual Apps and Desktops環境とCitrix Provisioning環境の2つの異なる要素を管理する必要があります。この環境を図で示すと次のようになります。VDAコンポーネントを加えるとより複雑な図になるため、ここでは省略しています:

Citrix Virtual Apps and DesktopsおよびCitrix Provisioning環境の図

オンプレミスのCitrix Provisioning環境では、Citrix Virtual Apps and Desktopsは拡張されています:

拡張されたCitrix Virtual Apps and Desktops環境の図

Citrix Virtual Apps and Desktops環境を拡張することで、管理されたCitrix Provisioning環境の利点はそのままに、環境を運用し管理する必要がなくなります。

Citrix Provisioningによって、Citrix CloudにあるCitrix Virtual Apps and Desktops Delivery Controllerのマシンカタログに、プロビジョニングの管理対象VDAが追加されます。このプロセスで、ProvisioningコンソールのCitrix Virtual Apps and Desktopsインストールウィザードを使用して新しいデバイスを追加します。

Citrix ProvisioningコンソールのCitrix Virtual Apps and Desktopsインストールウィザード

Citrix Virtual Apps and Desktopsインストールウィザードでは、Citrix Provisioningデバイスとコレクションを作成し、これらの要素を含むマシンカタログを作成できます。

Citrix CloudのCitrix Virtual Apps and DesktopsとCitrix Provisioning環境の接続

Citrix Provisioningは、顧客が管理するDelivery ControllerとCitrix Cloud Delivery Controllerの両方との連携を同じCitrix Provisioningコンソールからネイティブでサポートします。

既存のCitrix Provisioning環境をCitrix Cloudに接続するには:

  1. Cloud Connectorを管理対象コンポーネント(リソースの場所など)に追加します。
  2. Citrix Provisioningのアップグレード。Citrix Provisioningサーバーは、オンプレミスの場合は1912以降、AzureでのCitrix Provisioningの場合は2203以降である必要があります。推奨バージョンは、LTSR、1912、または2203のいずれかの最新CUです。ダウンロードページを参照してください。

Citrix Cloud Connectorの追加

Citrix Provisioning環境をCitrix DaaSに接続するには、Cloud Connectorを管理対象コンポーネント(リソースの場所など)に追加する必要があります。

Cloud Connectorを追加する手順については、「Citrix Cloud Connector」を参照してください。

Citrix Provisioningのアップグレード

Citrix CloudとCitrix Provisioningを組み合わせて使用するには、Citrix Virtual Apps and Desktopsと統合されたバージョンを使用する必要があります。Citrix Provisioningサーバーは、オンプレミスの場合は1912以降、AzureでのCitrix Provisioningの場合は2203以降である必要があります。推奨バージョンは、LTSR、1912、または2203のいずれかの最新CUです。

ファイアウォールについての考慮事項

通常、ファイアウォール構成には、アップデートなしか、最小限のアップデートが必要です。以下に注意してください:

  • Provisioningコンソールでは、外部向けのSDKトラフィックにHTTPS(ポート443)が使用されます。

Cloud Connectorの接続要件について詳しくは、「Cloud Connectorの一般的なサービス接続要件」および「ファイアウォールの構成」を参照してください。

VDAの管理

Citrix Provisioning管理対象VDAをマシンカタログに追加するには:

  • Citrix ProvisioningコンソールのCitrix Virtual Apps and Desktopsインストールウィザードを使用する

Citrix Virtual Apps and Desktopsインストールウィザードを使用したVDAの追加

Citrix Virtual Apps and Desktopsインストールウィザードでは、Citrix Provisioningデバイスとコレクションを作成し、これらの要素を含むマシンカタログを作成します。

  1. [Citrix Virtual Desktops Controller] ページで、Delivery Controllerの種類を選択します。

    1. [Citrix Cloud] を選択した場合 :

      Citrix Cloud Desktop Delivery Controllerエクスポートウィザード

      1. Citrix Cloudの資格情報を入力してください。[サインイン] をクリックします。

        Citrix Cloudにサインインします。

      2. Citrix Cloudにサインインし、要求された場合は適切なCloudの顧客を選択します。

        Citrix Cloudの顧客を選択します。

    2. [顧客管理コントロールプレーン] を選択した場合は、コントローラーのホスト名またはアドレスを入力します。これにより、現在ログインしているユーザーを使用して認証されます。

      顧客管理コントロールプレーンDesktop Delivery Controllerエクスポートウィザード

トラブルシューティング

Citrix Virtual Apps and Desktopsインストールウィザードを使用したDelivery Controller接続に関連する問題をトラブルシューティングするには、このセクションの情報を使用します。

  • リソースの場所にあるCloud Connectorが正常にインストールされていることを確認します。
  • Cloud ConnectorがProvisioningコンソールシステムと同じVLANまたはVNETにあることを確認します。
  • Citrix Studioで、[ゾーン] 画面にCloud Connectorが正しく表示されていることを確認します。
  • 少なくとも1つのCloud Connectorが接続済みになっていることを確認します。Cloud Connectorの問題をトラブルシューティングするには、「トラブルシューティング」を参照してください。
  • Citrix ProvisioningコンソールがDelivery Controllerへの送信接続を行えるようにします。通信ポートについて詳しくは、「技術論文:Citrixテクノロジで使用される通信ポート」を参照してください。