毎週 E メール通知

Citrix Analytics では、組織のITインフラストラクチャにおけるセキュリティリスクの危険性をまとめたメール通知が毎週送信されます。毎週の通知は、リスクの高いイベントとその前週の発生について認識し、情報を保持します。Citrix Analytics にサインインしなくても、注意やアクションが必要なイベントがあるかどうかを確認できます。この情報により、IT セキュリティドメインで何が起きているかについての情報が得られます。

電子メール通知を有効にする

デフォルトでは、Citrix Cloudアカウントのメール通知は無効になっています。Citrix Analytics から毎週のメールを受信するには、クラウドアカウントのメール通知を有効にします。電子メール通知を有効にする方法の詳細については、「メールで通知を受信する」を参照してください。

Citrix Analytics からのメールはいつ届きますか?

毎週火曜日、Citrix Cloudからメール通知が送信されます < donotreplynotifications@citrix.com >。

電子メール通知には、次の情報が表示されます。

  • 上位5つのリスク指標とその発生の増加。

  • リスク指標に対して実行されたアクションの数。

  • 上位5人の危険なユーザーとそのリスクスコア。

  • オンボーディングされたデータソースの数とデータソースから受信したイベント。

ローカライズされた画像

メールを受け取った後、どのようなアクションを取る必要がありますか?

セキュリティイベントのハイライトを確認したら、調査をクリックしてCitrix Analytics に移動し、セキュリティイベントに必要なアクションを適用します。

一部のデータソースで分析を有効にしていない場合は、電子メール通知によって状況が通知されます。データソースのデータ処理を有効にするよう求める次のメッセージが表示されます。

ローカライズされた画像

データ処理を有効にする ]をクリックして、Citrix Analytics のデータソースページに移動し、分析を有効にしてデータの処理を許可します。分析の有効化の詳細については、「データソースでのAnalyticsの有効化」を参照してください。

また、Citrix Analytics が先週に新しいリスク指標を見つけなかった場合にもメール通知が送信されます。

ローカライズされた画像

この通知は、次の 2 つのシナリオについて警告します。

  • データソースのデータが不足しています。

  • データソースはまだオンボーディングされていません。

そのため、Citrix Analytics はデータを処理し、ITインフラストラクチャのセキュリティに関する洞察を提供することができません。Citrix Analytics にログオンし、データソースの状態を確認します。