新機能

このリリースでは、Session Recordingがキャプチャできるイベントがさらに多様になりました。また、イベントログポリシーを一元的に構成できます。

  • ファイルの名前変更、作成、削除、移動の操作を記録できます。以前は試験段階の機能であったファイル名変更操作の記録が、完全にサポートされるようになりました。また、ファイルの作成、削除、移動操作も記録できます。ターゲットフォルダー内のすべてのファイル操作を記録し、録画にタグ付けすることができます。詳しくは、「イベントのログ」を参照してください。

  • イベントログポリシーの一元化された構成。USB大容量記憶装置デバイスの挿入やアプリケーションの起動と終了のログを記録するために各VDA上でレジストリを編集するのではなく、Session Recordingポリシーコンソールでポリシーを作成してイベントのログを記録できるようになりました。詳しくは、「イベントログポリシー」を参照してください。

Version

新機能

In this article