App Layering

VMware vSphere

vSphere コネクタ構成には、アプライアンスが vSphere に接続するために必要な資格情報と格納場所が含まれます。vSphere コネクタを使用して、レイヤーをパッケージ化し、VMware vSphere または VMware Cloud on AWS にイメージを公開します。

はじめに

vSphere 環境を使用して、レイヤの作成、およびレイヤイメージの公開を行うことができます。各コネクタ構成は、特定の格納場所にアクセスします。

便利なシステムProvisioning のために、レイヤー化されたイメージをHypervisor 内の複数の場所に公開できます。複数のロケーションにパブリッシュするには、ロケーションごとにコネクタ設定を作成します。コネクタとコネクタ構成の詳細については、「 接続」を参照してください。

コネクタに使用する vCenter アカウントには、 App Layering アプライアンスのインストールに関する記事に記載されているのと同じ権限がデータセンターに対して付与されている必要があります

vSphere をCitrix Provisioning visioningのハイパーバイザーとして使用する場合は、Citrix Provisioning ioningでターゲットデバイスを作成するのと同じように、vSphere コネクタの設定で同じ vSphere 仮想マシンテンプレートを使用してレイヤーを作成することをお勧めします。これにより、公開イメージとターゲットデバイスのベースライン仮想マシンスペックが同じになります。

App Layeringを初めて使用する場合

App Layering を初めて使用する場合、vSphere 仮想マシンを使用してレイヤを作成する場合は、vSphere コネクタが必要です。レイヤー化されたイメージを vSphere に公開する場合は、公開場所ごとにコネクタ構成も作成できます。

レイヤーを作成し、レイヤー化されたイメージを公開するときに、コネクタ構成を選択できます。 タスクに適したコネクタ構成がまだない場合は、[コネクタ] ページの [ **コネクタ構成の追加 ] をクリックして作成できます。**

仮想コントローラ

デフォルトの LSI ロジック SAS Controller または VMware 準仮想化 SCSI Controller を使用できます。

注: Windows 7 は UEFI と互換性がないため、Windows 7 の UEFI イメージは公開できません。

デフォルトの LSI Logic SAS Controller を使用するには、Layer の仮想マシン用にコントローラーを選択し、すべての Layer が同じコントローラーを使用していることを確認してください。

VMware 準仮想SCSIController を使用するには、既存のテンプレート仮想マシンにVMware準仮想SCSIController があり、ディスクがない必要があります。

VMware 準仮想化 SCSI Controller で既存の LSI OS レイヤを使用するには

LSI Logic SAS Controller を備えた OS レイヤがあり、それを VMware 準仮想化 SCSI Controller とともに使用する場合は、次のいずれかの方法を使用できます。

  • VMware vSphere コネクタと LSI ロジック SAS VM テンプレートを使用して、OS レイヤーにバージョンを追加します。パッケージングマシンが作成されたら、以下の手順に従ってOSレイヤーを準仮想化(準仮想化)可能にします。

  • LSI OS レイヤーを持つ新しいプラットフォームレイヤーを追加し、LSI Logic SAS VM テンプレートを持つプラットフォームコネクターを追加します。パッケージングマシンが作成されたら、以下の手順に従って、プラットフォームレイヤーを準仮想化を有効にします。

選択したアプローチのパッケージングマシンが準備できたら:

  1. 仮想マシンにログインし、シャットダウンします。
  2. vSphere Web Client で、パッケージングマシンの [設定の編集] ページを開きます。
  3. [ 新規デバイス] メニューから [SCSI コントローラ] を選択し、[追加] をクリックして、新しいSCSIコントローラを追加します
  4. 追加された [ 新しい SCSI コントローラ ] セクションを展開し、[ タイプの変更 ] を [ VMware 準仮想化]に設定します。
  5. [ 新しいデバイス] メニューの [ **新しいハードディスク ] を選択し、[追加] をクリックして、 新しいハードディスクを追加します**。
  6. [新しいハードディスク] セクションを展開し、次のパラメータを設定します。
    • サイズ:1 GB
    • ディスク・プロビジョニング:シン・プロビジョニング
    • 仮想デバイス・ノード:新しいSCSI Controller デフォルト・バス
  7. [OK]をクリックします。
  8. パッケージングマシンの電源を入れ、ログインしてからシャットダウンして、準仮想化ドライバをインストールします。
  9. vSphere Web Client で、パッケージングマシンの [設定の編集] ページを開きます。
  10. この手順で前に追加したハードディスクと準仮想Controller 両方を取り外します。
  11. パッケージングマシンの電源を入れ、ログインして、[ シャットダウン] [Finalize] をクリックします。

レイヤの作成が完了したら、このレイヤを使用して、準仮想Controller を使用してイメージを作成できます。

vSphere コネクタの構成設定に必要な情報

vSphere のコネクタを構成すると、新しい構成に使用する vCenter Server、データストア、およびホストを参照できます。

重要:

フィールドでは大文字と小文字が区別されるため、手動で入力する値は vSphere のオブジェクトの大文字と小文字と一致する必要があります。一致しない場合、検証は失敗します。

  • [コネクタ構成名]-このコネクタ構成を識別して追跡するのに役立つ名前です。
  • vCenter Server-アプライアンスが統合されている vSphere サーバの名前。
  • vCenter ユーザー名-アプライアンスが vSphere に接続するために使用するアカウントのユーザー名。
  • vCenter パスワード-アプライアンスが vSphere への接続に使用するアカウントのパスワード。
  • データセンター名-App Layering アプライアンスが仮想マシンを作成および取得する vSphere データセンターの名前。
  • パッケージングキャッシュサイズ (GB) (推奨)-App Layering がレイヤーの作成時に使用するディスクキャッシュのサイズ。サイズを空白のままにするか、0に設定した場合、App Layeringはディスクキャッシュを使用しません。サイズを指定すると、App Layering はこのサイズまでのディスクキャッシュを使用してブートディスクとパッケージディスクのコピーを保持し、これらのディスクを再利用して新しいパッケージングマシンを作成します。これらの起動ディスクとパッケージ化ディスクを再利用することで、App Layer のパッケージ化にかかる時間が短縮されます。
  • 仮想マシンテンプレート -(オプション) メモリ、CPU、ビデオ設定などの VMware のハードウェア設定を使用して仮想マシンのクローンを作成する仮想マシンテンプレート。この設定では、作成される仮想マシンを構成するためのホスト、データストア、およびネットワークを指定できます。

    重要:

    VMware Cloud に公開する場合、 仮想マシンのネットワークが正常に動作するためには、(通常の VM テンプレートではなく) VMware 仮想マシンテンプレートが必要です。

    テンプレート仮想マシンを選択する場合:

    • 設定の更新を求めるプロンプトに対して [ Yes ] と答えます。ただし、 ネットワークは変更しないでください
    • 選択したテンプレートで使用する OS のバージョンが、レイヤーの構築またはレイヤー画像の公開に使用している OS のバージョンと一致していることを確認します。
    • テンプレートにはディスクが接続されておらず 、少なくとも 1 つのネットワークカードが取り付けられている必要があります。それ以外の場合、設定の検証または保存を試みるときにエラーが発生します。
  • ESXHost Name-アプライアンスが仮想マシンを作成および取得する vSphere ESX ホストの名前。
  • データストア名-アプライアンスが仮想マシンを作成および取得する vSphere データストアの名前。
  • ネットワーク名-アプライアンスが仮想マシンを作成および取得する vSphere ネットワークの名前。
  • 仮想マシンフォルダ名-アプライアンスが仮想マシンを作成および取得する vSphere フォルダの名前。
  • オフロード合成 -指定した vSphere サーバでレイヤパッケージングまたはイメージ公開プロセスを実行できるようにします。この機能により、パフォーマンスが向上し、VMDK ディスク形式と BIOS または UEFI 仮想マシンを使用できます。UEFI では、VM でセキュアブートが有効になっていれば 、セキュアブートを使用することもできます。

    重要:

    vSphere コネクタ構成を VMware Cloud および vSAN 7.0 Update 2(またはそれ以降)のデータストアで使用する場合は、[ オフロード合成 ] を選択する必要があります。

    [コンポジットをオフロード] が選択されている場合:

    • 仮想マシンテンプレートを指定しない場合 、仮想マシンはデフォルトで BIOS に設定されます。
    • BIOS または UEFI 用に構成されたテンプレートを提供する場合、作成される仮想マシンは選択したタイプになります。
    • UEFI セキュアブートを有効にして選択したテンプレートを指定した場合、作成される仮想マシンは UEFI セキュアブートになります。

    [コンポジットをオフロード] が選択されていない場合:

    • テンプレートを指定しない場合、仮想マシンはデフォルトで BIOS に設定されます。
    • BIOS 用に構成されたテンプレートを指定した場合、作成される仮想マシンは BIOS になります。
    • UEFI 用に構成されたテンプレートを提供すると、マシンの起動に失敗し、ブルースクリーンが表示されます。(UEFI にはオフロード合成が必要です)。

コネクタの vSphere クライアント管理者ロールに必要な権限

vSphere Client 管理者が必要とする VMware 権限を、 App Layering アプライアンスの権限と一致するように設定します

権限を設定したら、コネクタ構成の [ テスト ] をクリックして権限を確認します。

コネクタ構成の作成

値を入力する手順は、次のとおりです。

  • 最初の 3 つの vCenter フィールドは手動で入力する必要があります。これらのフィールドの認証情報が検証されると、ドロップダウンメニューから残りのフィールドの値を選択できます。
  • 値を手動で入力するには、クリックしてフィールドにカーソルを置き、大文字と小文字が vCenter の値と一致していることを確認します。
  • ドロップダウンリストから値を選択するには、1 回クリックしてフィールドにカーソルを置き、2 回目をクリックして使用可能な値のリストを表示します。

新しいコネクタ構成を追加するには

  1. [ コネクタ ] ページをクリックします。
  2. [ コネクタ構成の追加] をクリックします。小さなダイアログボックスが開きます。
  3. プラットフォームと、レイヤーの作成またはイメージの公開場所の [コネクタタイプ] を選択します。次に、[ 新規 ] をクリックして [コネクタの構成] ページを開きます。
  4. 構成名vCenter Server、vCenter**ユーザー名vCenter パスワードを入力します。ガイダンスについては、上記のフィールド定義を参照してください。
  5. vCenter フィールドの下にある [ 認証情報の確認 ] ボタンをクリックします。[データセンター] フィールドが有効になり、使用可能なデータセンターのリストが表示されます。
  6. データセンターを選択し、残りのドロップダウンリストを有効にします。
  7. 残りのフィールドに入力し、[ TEST ] ボタンをクリックして、App Layering が指定された資格情報を使用して指定された場所にアクセスできることを確認します。
  8. [保存] をクリックします。新しいコネクタ構成が [ コネクタ ] ページにリストされていることを確認します。

スクリプト構成(オプション、詳細機能)

コネクタ構成を作成する場合、Citrix Provisioningサーバーで使用されるのと同じエージェントであるApp Layeringエージェントを実行するWindowsマシン上で、オプションのPowerShellスクリプトを構成できます。スクリプトは、App Layering エージェントがインストールされているマシンに保存する必要があり、レイヤードイメージが正常に展開された後にのみ実行されます。

いくつかのプリセット変数は、異なるテンプレートイメージおよび異なるコネクタ構成でスクリプトを再利用できるようにするために使用できます。これらの変数には、vSphere で公開されたレイヤードイメージの一部として作成された仮想マシンを識別するために必要な情報も含まれています。

スクリプトを実行すると、パブリッシュジョブの結果に影響し、スクリプトの進行状況は表示されません。vSphere コネクタログには、実行後のスクリプトの出力が含まれます。

スクリプトの設定

これはオプションの手順であることを忘れないでください。レイヤイメージが公開されるたびにスクリプトを実行する場合は、次のセクションで説明する値を使用して次の手順を実行します。

  1. 上記の説明に従って、コネクタ設定を完了して保存します。

    注:

    [ スクリプト構成 ] ページを選択する前に、コネクタ構成設定に対する編集内容を保存 (または破棄) する必要があります。

  2. 左側の [ナビゲーション] メニューが開いていない場合は、そのメニューを選択し、[ スクリプト構成 ] をクリックして [スクリプトパス] ページを開きます。

  3. ここで説明する値を使用して必須フィールドに入力し、[ Save] をクリックします。

スクリプト設定フィールド

  • スクリプトを有効にする-残りのフィールドを有効にするには、このチェックボックスをオンにします。これにより、レイヤー化されたイメージが公開されるたびに実行されるスクリプトを入力できます。
  • Script Agent-スクリプトが配置され、スクリプトが実行されるエージェントマシン。
  • Username (オプション)- スクリプトの実行時に偽装するユーザー名 。これは、スクリプト内の操作を実行する権限を持つユーザーのコンテキストでスクリプトを確実に実行するために使用できます。
  • Password (オプション)-指定したユーザー名のパスワード。
  • Path-スクリプトファイルが存在するエージェントマシン上のフルパスとファイル名。

その他のスクリプト設定値

スクリプトが実行されると、次の変数が設定され、PowerShell スクリプトで使用できます。

コネクタタイプに適用 どのコードによって決定される値 説明
connectorCfgName すべて 共通コード これは、スクリプト構成が関連付けられているコネクタ構成の名前です。
imageName すべて 共通コード これは、レイヤードイメージの構築/公開に使用されたレイヤードイメージテンプレートの名前です。
osType すべて 共通コード 公開レイヤードイメージの OS タイプ。以下のいずれかの値を指定できます。Windows7; Windows764; Windows8; Windows864; Windows200864; Windows201264; Windows10; Windows1064
virtualInfrastructureServer すべて vSphere コネクタコード コネクタ構成で指定された vCenter サーバ。
vmName すべて vSphere コネクタコード 仮想マシンの名前。
vmId すべて vSphere コネクタコード 仮想マシンの仮想マシン ID(つまり「vm-12345」)。
vmUuid すべて vSphere コネクタコード 仮想マシンの UUID。

ユーザーなりすまし

Windows マシン上でサービスとして実行される App Layering エージェントは、ローカルシステムアカウントまたはネットワークアカウントで実行されます。これらのアカウントには、いくつかの特別な特権があるかもしれませんが、特定のコマンドを実行したり、ファイルシステム内のファイルを表示したりするときに制限されることがあります。したがって、App Layeringでは、ユーザーを「偽装する」ために使用できるドメインユーザーとパスワードを追加するオプションが提供されます。スクリプトは、そのユーザーがシステムにログオンしたかのように実行できるため、コマンドやデータにそれらのユーザー権限と権限でアクセスできるようになります。ユーザー名またはパスワードを入力しない場合、スクリプトは、サービスの実行が構成されているアカウントを使用して実行されます。

スクリプト実行ポリシー

スクリプト実行ポリシーの要件はユーザー次第です。署名されていないスクリプトを実行する場合は、実行ポリシーをより寛大なポリシーのいずれかに構成する必要があります。ただし、独自のスクリプトに署名する場合は、より制限の厳しい実行ポリシーを使用することもできます。

エラーメッセージ

パッケージングマシンの展開またはイメージの公開時に ENOTFOUD エラーが表示される場合は、vCenter サーバの FQDN の代わりに IP アドレスを使用します。

VMware vSphere