App Layering

新機能

Citrix は、Citrix App Layeringユーザーが利用可能になったときに、新しい機能と改善を提供します。新しいリリースでは、より便利な機能をご利用いただけます。今すぐ更新してください。

この記事では、このリリースで修正された問題とともに、新機能および拡張機能について説明します。

App Layering の最新要件とサポートされているプラットフォームについては、「 システム要件」を参照してください。

App Layering 2306 (このリリース)

このリリースには、次の新機能が含まれています。

  • ロールベースのアクセス制御が新しい App Layering UI で利用できるようになりました。App Layering ユーザーに役割を割り当てて、ユーザーがアクセスできる機能を定義できるようになりました。ロールを割り当てられたユーザーは誰でも管理コンソールにログインできます。詳細については、「 ロールの割り当て」を参照してください。

  • ELM から Windows 7 および 32 ビットのサポートを削除しました。Windows 7 ビットおよび 32 ビット OS レイヤーはすべて廃止され、ELM のいくつかのバージョンではサポートされなくなりました。Windows 7 ビットまたは 32 ビットのサポートされていない OS をまだ使用している場合は、まず ELM をバックアップしてからサポートに連絡してオプションを問い合わせない限り、この新しいバージョンにアップグレードしないでください。

  • 新しいApp Layering ツール-書き込み可能なファイルをスキャンします。ScanWriterableFilesは、ユーザーが書き込み可能なレイヤー(ユーザーレイヤーなど)にのみ存在するファイルやフォルダーを識別できるアプリケーションです。したがって、これらのファイルシステムオブジェクトは、ベースイメージや弾力的に割り当てられたレイヤーなど、他のレイヤー/ボリュームには配置されません。このタイプのファイルシステムオブジェクトを識別すると、次のような場合に役立ちます。

    • エラスティックに割り当てられたアプリケーションに影響を与えずに安全に削除できるオブジェクトの特定
    • ユーザーが直接インストールしたアプリケーションコンポーネントと、イメージや Elastic Layer によって提供されるアプリケーションコンポーネントを区別する
    • パッケージングマシンにインストールされているアプリケーションコンポーネントの識別

    詳しくは、「C:\Program Files\Unidesk\Tools\ScanWritableFiles\ReadMe.txt」を参照してください。

  • 新しいApp Layering ツール-AppRuleCompare。AppRuleCompareは、プラットフォーム層(存在する場合)を含むアプリ層間の潜在的なファイルシステムとレジストリの競合を分析します。AppRuleCompareは、アプリケーション層構造のマシン上で直接実行すると、ベースイメージに組み込まれたレイヤーに関連するAppRuleファイルと、マシンに柔軟に接続されているレイヤーに関連するAppRuleファイルを「処理」します。詳しくは、「C:\Program Files\Unidesk\Tools\AppRuleCompare\ReadMe.txt」を参照してください。

解決された問題

  • 一部のProvisioning サーバーでは、2003年以降のApp Layering エージェントを使用してファイル共有をマウントするコマンドが無期限に停止します。[ALHELP-1593]

  • ファイルまたはディレクトリが作成または名前変更されると、CFS はオブジェクトのショートネームも変更するため、予期しないディレクトリ通知が発生します。[ALHELP-1682]

  • GeneratePerfGenReCompileScript ルーチンのエラーにより、BIC が失敗しています。[UNI-89255]

  • 名前変更ロジックのバグにより、名前変更操作が失敗しています。[UNI-89256]

  • 新しいCitrix 証明書に切り替えた後、2012R2でドライバーのデジタル署名エラーが発生します。[UNI-89258]

  • 新しい vSphere コネクタ UI には、すべてのホストが表示されていません。[UNI-89314]

  • 新しく接続された仮想ディスクが VDS によって検出されません。[ALHELP-1694]

App Layering (2304)

このリリースには、次の新機能が含まれています。

  • Azure デプロイメントの登録資格情報のサポート。レガシー Azure コネクタで使用できたものと同様に、登録認証情報を使用して Azure Deployment コネクタを設定できるようになりました。詳細については、「 Azure デプロイメント」を参照してください。

  • Citrix Studioのユーザー除外ポリシーを使用して、ユーザーレイヤーにリダイレクトされないディレクトリパスを定義できるようになりました。注意すべき点がいくつかあります。

    • ユーザー除外は AlwaysOnBoot を上書きしません。
    • ユーザー除外はフルユーザーレイヤーとユーザーパーソナライゼーションレイヤー (UPL) に適用されますが、セッションホストには適用されません。セッションホストはユーザー除外を無視し、メッセージをユーザーレイヤーに追加します。
    • Logoff.txt にすべてのアクティブなユーザー除外が含まれるようになりました。
  • カスタムActive Directory (AD) 属性のサポート。ユーザーレイヤーとユーザーパーソナライゼーションレイヤー (UPL) のユーザーレイヤーパスでカスタム AD 属性を使用できるようになりました。AD 属性はハッシュで囲む必要があります (例:#sAMAccountName#)。詳細については、「 ユーザーレイヤーのデプロイ」と「 [ユーザー個人設定レイヤー](/ja-jp/citrix-virtual-apps-desktops/install-configure/user-personalization-layer.html)」を参照してください。

  • VMware vSphere コネクタ用の新しい UI。VMware vSphere コネクタに新しい UI が追加されました。詳しくは、「VMware vSphere」を参照してください。

  • パフォーマンスカウンターは、アプリレイヤーやフルユーザーレイヤーなど、どのレイヤーでも機能するようになりました。ゴールドイメージツールを OS リビジョンに合わせて更新して、イメージの起動時にパフォーマンスカウンタが正しく再構築されるようにする必要があります。OS リビジョンでは、パフォーマンスカウンターを少なくとも 1 回再構築する必要があります。ゴールドイメージを更新しているのと同じ OS リビジョンの管理者コマンドウィンドウを開き、コマンドc:\windows\system32\lodctr /rc:\windows\syswow64\lodctr \rを実行します。

  • MSMQ は、画像に含まれるどのレイヤーからでも使用できるようになりました。ゴールドイメージツールをOSリビジョンで更新して、MSMQが適切にリセットされて起動するようにする必要があります。 GenRandomQMID.log という名前の新しいログファイルが作成され、 C:\Windows\setup\scripts\kmsdir\GenRandomQMID.ps1のアクションが示されます。これにより、MSMQ はどこにインストールされたかに関係なく正しく起動できます。

解決された問題

  • プロファイルキーがないと、ユーザーレイヤーのマウントに失敗します。[UNI-88890]

  • 実行中のマシンから Elastic Layer を切断すると、CPU 使用率が急上昇するディレクトリ通知コード。[ALHELP-1614]

  • generate.pl ツールはキーHKLM\System\WPAを [ 仮想化しない ] から [ 常に仮想化] に設定したため、Windows アクティベーションキーは失われます。[ALHELP-1673]

  • フルユーザーレイヤーで実行されているFSLogixは、3回目以降のログインでログインに失敗し、プロファイルの重複やその他の問題が発生しました。[ALHELP-1672]

  • 可変キーを削除して再作成すると、クエリハンドラーが呼び出し元から画像を見ることができなくなります。[ALHELP-1648]

  • SessionHost ファイルは、一部のファイルが欠落しているためにコンフリクトが発生したり、レイヤーが機能しなくなったりすることを調査します。[ALHELP-1653]

  • 逆方向の列挙時間のパフォーマンスが向上しました。[ALHELP-1642]

  • パフォーマンスカウンターのスキャンロジックは、読み取り/共有専用読み取りモードでファイルを開き、オフにできないため、ユーザー環境で継続的に更新する必要があるファイルと競合する可能性があります。パフォーマンスカウンターのスキャンロジックは、ファイルを読み取り/共有拒否なしモードで開き、必要に応じてオフにできるようになりました。[ALHELP-1679]

  • レイヤーハイブが仮想化される前に、ユーザーのログイン前に呼び出される新しい関数が原因で、FSLogix 検索ローミングが Elastic Layer のみのイメージで正しく機能しない場合があります。[ALHELP-1669]

  • イメージをファイナライズするときに Microsoft MSMQ 機能が動作しません。[ALHELP-1641]

App Layering 2211

このリリースには、次の新機能が含まれています。

  • 新しい Azure デプロイメントコネクタ。Azure デプロイと Azure デプロイ用マシン作成の 2 つの新しい Azure コネクタが作成され、App Layering に実装されました。どちらのコネクタも政府環境 (それぞれ Azure Government と Azure Government 向けマシン作成) をサポートしています。 古い Azure コネクタと Machine Creation for Azure コネクタ (およびGovernment の対応コネクタ) は現在廃止されていますが、まだ期間限定で使用できます。詳細については、「 Azure デプロイメント」を参照してください。

  • WEM RSA キーが検出された場合、ブロックプラットフォームレイヤーがファイナライズされます。WEM RSA キーがプラットフォームレイヤーに存在する場合、Workspace Environment Management (WEM) で問題が発生します。RSA キーが検出されると、プラットフォームレイヤーをファイナライズする前にキーを削除するメッセージが表示されるようになりました。詳細については、「 プラットフォームレイヤーの作成 」をご参照ください。

  • ミス・キャッシュメカニズムが改善されました。ミス・キャッシュ・メカニズムのエントリのデフォルト値が 256 エントリから 1024 エントリに増加しました。レジストリ設定を使用してデフォルトサイズを増やした場合、この拡張機能を正しく動作させるには、カスタム設定を削除する必要があります。

  • OEMドライバーはユーザーレイヤーに残ります。OEMドライバー(プリンタードライバーなど)をユーザーレイヤーに保存できるようになり、ユーザーがログオンするたびに再インストールする必要がなくなりました。OSイメージとユーザーレイヤーの間でOEMドライバー間で発生する可能性のある名前の競合は、自動的に解決されます。アップグレード後、既存のユーザーレイヤーがスキャンされ、予期しないOEMトレースがないかどうかが確認されます。

  • Windows 10および11 22H2のサポート。Windows 10 および 11 22H2 をレイヤードイメージのオペレーティングシステムとして使用できるようになりました。詳しくは、「システム要件」を参照してください。

解決された問題

  • GAC_MSIL ファイルをレジストリ AOB リストに追加することで発生した問題を修正しました。GAC_MSIL ファイルは削除されました。[ALHELP-1612]

  • 新しいレイヤー設定 (HKLM\ Software\ Unidesk\ uLayer\ BasicAadScrubEnabled [dword]) が追加されました。これにより、Azure による Windows 10 レジストリとファイルの場所の削除を無効にできます。デフォルトでは、この設定は true に設定されています。[UNI-87854]

  • パージモードで、読み取り専用アクセスで開かれるインクルードファイルが遅延し、システムの動作が遅くなる問題を修正しました。[ALHELP-1621]

  • ファイナライズ時にC:\ProgramData\Microsoft\Crypto\RSA\MachineKeysのキーが削除されていた問題を修正しました。これで BIC にこのフォルダーが含まれるようになりました。[ALHELP-1623]

  • OS Machine Tools のアップグレード後に一部のローカルポリシーが削除されていた問題を修正しました。gposetup.cmd は追加の初期化を行い、gpt.ini ファイルを defaultgpt.ini ファイルで上書きしていました。[ALHELP-1627]

  • 新しく作成されたフォルダでアクセス制御リストが正しく順序付けられない問題を修正しました。この問題により、これらのフォルダーの一部のエントリが無効になりました。[ALHELP-1632]

App Layering 2208

このリリースには、次の新機能が含まれています。

  • ワイルドカード文字で、合成レイヤーからディレクトリを除外できるようになりました。ワイルドカード化できるディレクトリは1つだけで、1つのパスで使用できる*は1つだけです。詳細については、「 レイヤーからファイルを除外する 」を参照してください。

解決された問題

  • 2206 にアップグレードした後、エクスポートするレイヤーを選択しても保存に失敗しなくなりました。[ALHELP-1605]

  • 2206 にアップグレードした後に発生した特定のアプリの問題を修正しました。C:\Windows\Microsoft.NET\assembly\GAC_MSILディレクトリはアプリレイヤーから除外されなくなり、c:\windows\system32\wbem\repositoryディレクトリはプラットフォームレイヤーでのみ許可されます。[UNI-87356]

App Layering 2206

このリリースには、次の新機能が含まれています。

  • Microsoft Silverlightが削除されました。App Layering は MS Silverlight を必要とせず、サポートしなくなりました。詳細については、「 システム要件 」を参照してください。

  • いくつかのメニュー項目が、新しい UI の [ユーザー] タブから [システム] タブに移動されました。

    • Active Directory ユーザーとグループのロールアクセスの管理
    • ディレクトリサービスでのディレクトリジャンクションの作成、削除、編集
  • より多くの管理機能が新しいユーザーインターフェイスに変換されました。新しいインターフェイスでは、次の機能が使用できるようになりました。

    • レイヤーのインポートとエクスポート
    • システム -ユーザーレイヤーの保管場所
  • 新しいユーザーインターフェイスを完全に実装しました!上記が完了すると、新しいUIが完全に実装され、すべてのドキュメントにこれが反映されるようになりました。ドキュメント全体の多くの手順とセクションが新しいブレードワークフローで更新され、古いUIのウィザードダイアログに取って代わりました。

  • ユーザーレイヤーのカスタムファイアウォール設定。管理者は、ユーザーレイヤーでログオン時に自動的に実行されるスクリプトを作成して、ユーザーのファイアウォールオプションとルールを設定できるようになりました。スクリプトはPrivilegedLogon.cmdにあり、C:\Program Files\Unidesk\Uniservice\UserScriptsで見つかります。

解決された問題

  • フルユーザーレイヤーを有効にして弾力的に割り当てたときに nVivo がクラッシュしなくなりました。[ALHELP-1564]

  • アップグレード後に公開イメージ内のフォルダを削除できるようになりました。[ALHELP-1582]

App Layering 2204

このリリースには、次の新機能が含まれています。

  • Microsoft Office 2021のサポート。Office 2021は、Citrix App Layering で使用できるようになりました。

  • より多くの管理機能が新しいユーザーインターフェイスに変換されました。新しいインターフェイスには、Web ブラウザで一意の URL を使用してアクセスできます。アプライアンスの IP アドレスを使用して、次の URL を入力します:https://<ip_address_of_new_vm>。新しいインターフェイスでは、次の機能が使用できるようになりました。

    • 「システム」タブ-アプライアンスの管理
    • [システム] タブ-設定と構成

解決された問題

  • 読み取り専用ボリューム(Elastic app Layer)に配置されている場合でも、ディレクトリの属性を設定しても失敗しなくなりました。(ALHELP-1500)

App Layering 2202

このリリースには、次の新機能が含まれています。

  • アプリレイヤーのマスターキーファイルを強制的に削除できるようになりました。マスターキーファイルの変更により、アプリケーションレイヤーで Elastic Fit の警告が表示された場合は、レジストリ設定 DeleteMasterKeys を編集して、マスターキーファイルを強制的に削除できます。詳細については、「 アプリケーションレイヤーをエラスティックレイヤーとしてデプロイする 」をご参照ください

  • VMware Horizon View コネクタは廃止されました。このコネクタを有効にするか使用する場合、このコネクタは廃止され、将来のリリースで削除されることに注意してください。

  • より多くの管理機能が新しいユーザーインターフェイスに変換されました。新しいインターフェイスには、Web ブラウザで一意の URL を使用してアクセスできます。アプライアンスの IP アドレスを使用して、次の URL を入力します:https://<ip_address_of_new_vm>

    • 新しいインターフェイスでは、次の機能が使用できるようになりました。
      • [システム] タブ-コネクタ
      • [システム] タブ-設定と構成
      • ユーザーメニュー-アプライアンスのアップグレード

解決された問題

  • アプリケーションのインストール時に C:\windows\syswow64 と C:\windows\system32 で ACL が破損する回避策として、’manageOpenForBackup’ フラグのデフォルト設定が false から true に変更されました。(ALHELP-1327)

  • 「インデックスオプション」アプレットを使用して削除された検索場所が、正しく削除されるようになりました。(ALHELP-1493)

  • 読み取り専用ボリューム (Elastic App Layer) に配置されているディレクトリの属性の設定が失敗しなくなりました。(ALHELP-1500)

  • プロセスユーザーレイヤーのVDAからの接続が、ドメインコントローラー全体に均等に分散されるようになりました。(ALHELP-1535)

  • ユーザー個人設定レイヤーがXenDesktopに正しくインストールされるようになりました。(ALHELP-1545)

  • エンタープライズレイヤマネージャ (ELM) を 21.06 から 21.12 にアップグレードしても失敗しなくなりました。(ALHELP-1559)

  • 新しい UI で、ユーザーのセッションが適切にタイムアウトするようになりました。(UNI-85868)

App Layering 2112

このリリースでは、App Layering の新しい管理エクスペリエンスと追加バージョンの Windows のサポートが導入されています。

  • Windows の追加バージョンのサポート: App Layering 2112 以降では、次のバージョンの Windows を OS レイヤーとして使用できます。
    • Windows Server 2022
    • Windows 10 バージョン 21H2
    • Windows 11。ただし、次の注意点があります。

    警告:

    Windows 11 を OS レイヤーとしてサポートするには、App Layering アプライアンスをバージョン 2112 にアップグレードする必要があります。このバージョンでは、Optimizer Script Builder、Unattend Script Builder、SetKMS、およびゲストインストーラに対して、OS の種類を設定するために必要な更新プログラムが提供されます。ゴールドイメージのセットアップに使用する Gold Image ツールは、バージョン 2112 以降である必要があります。

  • 新しいApp Layering 管理エクスペリエンスApp Layering のこのバージョンでは、強化された新しい管理エクスペリエンスのフェーズ 1 が導入されます。新しいユーザーインターフェイスのフェーズ 1 は、App Layering アプライアンス上の既存のユーザーインターフェイスと一時的に共存します。それぞれには、Web ブラウザで一意で異なる URL を使用してアクセスできます。イメージテンプレートとレイヤ以外の管理アクティビティの一部は、まだ新しいユーザインタフェースに移植されていないことに注意してください。そのためには、元のインターフェイスを引き続き使用する必要があります。Chrome、Edge、Firefox などの最新の Web ブラウザからアプライアンスにアクセスすると、新しい管理コンソールが表示されます。Internet Explorer を使用してアプライアンスにアクセスすると、レガシー管理コンソールが表示されます。
    • アプライアンスの IP アドレスを使用して、互換性のある Web ブラウザで次の URL を入力します。

      https://<ip_address_of new_vm>

    • 新しいユーザーインターフェイスで使用できる機能は次のとおりです。
      • テンプレート管理
      • アプリケーション、プラットフォーム、OS レイヤーの管理
      • タスク管理
      • ログオン
      • Elastic Layer ユーザー割り当て
    • ブラウザサポート:
      • Microsoft Edge
      • Google Chrome
      • Mozilla Firefox

解決された問題

  • Office 365: App Layering アプライアンスのバージョン 2110 で作成されたイメージで Excel が応答しなくなることがある。(ALHELP-1537)

  • Zscaler を使用している場合、いずれかの Elastic Layer が仮想マシンにアタッチされると、ドライバーエラーが報告されます。(ALHELP-1528)

  • Office 365: ユーザーレイヤーがセッションホストにアタッチされていません。PEUPTemplate.hive のファイルロックが原因で問題が発生 (ALHELP-1525)

  • App Layering 2107:VDAで致命的な例外が発生し、ブルースクリーンがランダムに表示されることがある。(ALHELP-1436)

App Layering 2110

このリリースでは、以下がサポートされています。

  • VMware クラウド:
    • Azure
    • Amazon Web Services(AWS)
  • Citrix Provisioning コネクタで、 オフロード合成に使用するハイパーバイザーコネクタ構成を指定できるようになりました。Citrix Provisioning コネクタ構成で[ 合成をオフロード ]を選択すると、VHDXディスクフォーマット、UEFIファームウェア、セキュアブートがサポートされます。

  • Citrix Provisioning コネクタ構成で合成のオフロードが有効な場合は、イメージの公開ウィザードでvDiskにカスタムの説明を追加できます。たとえば、オフロード合成が有効になっているCitrix Provisioning コネクタを使用してイメージテンプレートを公開する場合、レイヤーイメージの公開ウィザードでコメントを追加すると、そのコメントがvDiskの説明として表示されます。オフロード合成 (Offload Compositing) が有効になっていない場合、またはコメント (Comment) フィールドを空白のままにすると、説明はデフォルトで「レイヤイメージ」になりますvDiskの説明の最大長は250文字です。これより長い場合は、切り捨てられます。

  • (高度な機能) 合成されたレイヤーから特定のファイルやフォルダーを除外して、ファイルがユーザーのデスクトップに保持されないようにできるようになりました。たとえば、デスクトップで保持すべきでないウイルス対策ソフトウェアのファイルおよびフォルダを、1 回のログインから次のログインまで除外できます。

解決された問題

  • NetApp レイヤを含むイメージが 100% の CPU 使用率で停止する問題は、NetApp の開発者と協力して修正されました。(ALHELP-1508)

  • ユーザレイヤが有効になっていて Windows が更新されると、Windows の [スタート]メニューと検索の機能が正常に動作します** 。(ALHELP-1482)

  • OSレイヤーとプラットフォームレイヤーを作成してCitrix Virtual Delivery Agent(VDA)をインストールすると、公開イメージでブルースクリーンが表示されなくなりました。(ALHELP-1485, ALHELP-1486)

  • App Layering アプライアンスをアップグレードした後の MediTech Expanse に関する問題が修正されました。(ALHELP-1494)

  • ユーザーレイヤーで Dropbox を正常にセットアップして使用できない問題が修正されました。(ALHELP-1416)

  • OS レイヤーの作成時またはバージョン追加時に Windows 検索インデックスが破損していた問題が修正されました。(ALHELP-1433, ALHELP-1453)

ラボ機能

Labsの機能は、潜在的な機能のプレビューです。機能が Labs にある間は、実稼働環境で使用しないでください。この機能が製品に含まれるという保証はなく、含まれている場合でも同じように機能するという保証はありません。

  • 別の OS レイヤーを使用するイメージで、アプリ Layer を Elastic Layer として割り当てることができます。 Elastic Layer の割り当てには、通常、割り当てられたアプリレイヤーが、アプリレイヤーの作成に使用されたのと同じ OS レイヤーを使用する必要があります。別の OS レイヤーを使用するレイヤー化されたイメージで、App Layer を Elastic Layer として割り当てることができます。

    重要:

    Elastic Layer を、その作成に使用したレイヤーとは異なる OS レイヤーで実行すると、問題が発生する可能性があります。

Labs 機能を使用するには、 システム設定で有効にします

アップグレードパス

使用している他のソフトウェアパッケージとの互換性など、最新の修正と機能については、App Layering のアップグレードを最新の状態に保つことをお勧めします

App Layering リリースの 19.x から現在にアップグレードできます。

App Layering 2107

このリリースには、次の機能強化が含まれています。

解決された問題

  • vSphere 6.7 から vSphere 7.0 アップデート 2 以降にアップグレードした後、VSAN ストレージを使用してレイヤを作成し、イメージを公開できるようになりました。(ALHELP-1410)

  • Windows 10 1909 または 20H2 にアップグレードした後、ClickOnce アプリは既存のユーザーレイヤーディスクで動作するようになりました。(ALHELP-1425)

  • コンピューター上のユーザーのサブセットに割り当てられ、そのアプリに固有の特定の Windows システムファイルを含むアプリレイヤーは、そのレイヤーに割り当てられていないユーザーに問題を引き起こすことがなくなりました。(ALHEALP-1427)

  • EL を実行しているイメージでは、OneDrive がブルースクリーンでマシンに障害が発生することなくファイルを保存するリモート管理共有を選択できます。(ALHELP-1431)

  • イメージで Elastic Layering が有効になっている場合、イメージにアプリケーションをインストールするスクリプトが期待どおりに完了するようになりました。(ALHELP-1432)

App Layering 2106

このリリースには、次の新機能が含まれています。

  • OS マシンツールの最新バージョン。今すぐ OS レイヤーを新しいツールで更新することをお勧めします。そうすれば、今後これらのツールを必要とする新機能を使用できるようになります。

解決された問題

  • プラットフォームレイヤのファイナライズ後、ブルースクリーンでマシンに障害が発生することはなくなりました。(ALHELP-1177)

  • オフロードコンポジットが有効で、 Elastic Layering ボリュームのデフォルトサイズを設定すると、パブリッシュされたすべてのイメージの書き込み可能なパーティションサイズが更新されます。(UNI-76795)

  • 画像に Elastic レイヤーを追加した後にログインすると、次のようなエラーがユーザーに表示されなくなります(ALHELP-1445)。

    「重大なエラー:スタートメニューが機能していません。次回サインインしたときに修正を試みます。」

    「Citrix App Layering-システムエラー:予期しないシステムエラーが発生しました。操作を再試行するか、テクニカルサポートに連絡してください。」

  • 弾性レイヤー上のファイルは、特定の条件下で消えて再表示されなくなりました。(ALHELP-1405)

  • Elastic レイヤーを有効にした状態で FSLogix と OneDrive を使用する場合、仮想マシンは管理者共有 (\\PCName\C$\Users) を介してユーザープロファイルフォルダーにアクセスできるようになりました。(ALHELP-1386, ALHELP-1405, ALHELP-1431)

  • アプリレイヤーにアプリをインストールすると、FSLogix プロファイルが正しく動作するようになりました。(UNI-83092)

App Layering 2104

このリリースには、次の機能強化が含まれています。

解決された問題

  • レイヤーバージョン修復データの同期が高速に実行されるようになりました。(UNI-82197、ALHELP-1385)

  • OfficeNoreeg.cmd スクリプトは、既存の値を更新するようになりました。(UNI-82088)

  • Windows 10 1909 を実行している公開イメージにアクセスすると、「ユーザープロファイルサービスはサインインに失敗しました。ユーザープロファイルをロードできません」。(ALHELP-1307)

  • Crowdstrike をインストールした後、Edge は最初の試行で起動します。(ALHELP-1404)

  • 画像が Elastic Layering と Crowdstrike の両方を実行しているときに、Chrome と Microsoft Teams が最初の試行で起動するようになりました。(ALHELP-1392)

  • ブートレベルのコンポーネントを含むファイルがあるアプリをインストールし、Crowdstrike にタグを付けると、レイヤーにバージョンを追加してもアプリが失敗しなくなりました。(ALHELP-1397)

App Layering 2102

このリリースには、次の拡張機能がサポートされています。

  • App Layering が Google Cloudで実行されるようになりました!次の操作を実行できます:
    • Google Cloud にApp Layering アプライアンスをインストールします。
    • Google Cloud および Google Cloud用のマシン作成のコネクタ構成を作成します。
    • Google Cloudでレイヤーを作成します。
    • エクスポートとインポート機能を使用して、レイヤーを別のプラットフォームから Google Cloud に移動します。
    • Google Cloud、または Google Cloud で実行されているマシン作成にレイヤードイメージをパブリッシュします。

このリリースには、 修正された問題に記載されている改善点も含まれています

解決された問題

  • エラスティックレイヤーが有効なイメージテンプレートから公開されるアプリが正常に起動するようになりました。(ALHELP-1306, ALHELP-1315, UNI-81247)

  • UEFIとCitrix Provisioningを使用してセッションホストを起動すると、ターゲットデバイスにブルースクリーンが表示されてセッションが失敗しなくなりました。(UNI-80889)

  • CEが使用可能なドライブ文字を使い果たすため、合成に失敗しなくなった(ALHELP-1286、UNI-80179)

  • パッケージマシンにアプリをインストールすると、MSIEXEC.EXE は、syswow64 コンテンツに対するアクセス許可を削除しなくなりました。(ALHELP-1327, UNI-81548)

  • WebEx をユーザーレイヤーからアンインストールしようとしてもエラー 1407 で失敗しなくなりました。(ALHELP-1339, UNI-81434)

  • Windows の [スタート] メニューにあるアプリは、ユーザーレイヤーが有効になっている場合、 ms-resource:*AppName* という名前のセクションではなく、正しいセクションに表示されます。(ALHELP-1323, UNI-81402)

  • App Layering 管理コンソールにログインしても、システムエラーが発生しなくなりました。(ALHELP-1332, UNI-81391)

  • App Layering 20.11でブルースクリーンでVDAが失敗しなくなりました。(ALHELP-1337, UNI-82008)

  • ユーザーがElastic Layeringを有効にしてVDAにログインしても、VDAが応答しなくなることがなくなりました。(ALHELP-1369, UNI-81777)

  • vSphere コネクタ用のマシンを作成すると、VMware 上の UnideskCachedDisks の下にあるファイルが削除されなくなりました。(ALHELP-1345, UNI-81662)

  • ユーザーレイヤーを割り当てたときに、Studio の[ポリシー]タブにアクセスしたときにエラーが発生しなくなりました。(ALHELP-1355, UNI-81749)

App Layering 2011

このリリースには、次の拡張機能がサポートされています。

  • Nutanix バージョン 5.18 をサポートするようになりました。

  • Windows 10 バージョン 20H2 は、App Layering バージョン 2011 以降の OS レイヤーとして使用できます。ただし、次の注意事項が適用されます。

    注意:

    以前のリリースから OS 層を Windows 10 20H2 にアップグレードする場合は、Build 19042.630 以上に直接アップグレードしてください。2020 年 11 月 16 日より前にリリースされた Windows 10 20H2 のビルドにアップグレードすると、イメージの展開の一貫性がなくなる可能性があります。たとえば、[ オフラインでジェネラライズ ] を選択したテンプレートを使用してイメージをパブリッシュすると、パブリッシュされたイメージが正しく動作しないことがあります。

解決された問題

  • Windows 10、2004のログイン回数。Windows 10 2004 の起動に 2 ~ 4 分かかることがあり、場合によっては 30 ~ 45 秒間ブラックスクリーンが含まれる問題が修正されました。(UNI-80656)
  • kmsetup スクリプトがスタートアップスクリプトフォルダに追加されません。解凍時に kmsetup.cmd スクリプトが起動スクリプトフォルダに追加されない問題が修正されました。(ALHELP-1279, UNI-80410)
  • HP UPDドライバはプリンタードライバーとして使用できません。公開イメージの一部となるアプリケーションレイヤーに HP UPD ドライバーを含めると、ドライバーをプリンタードライバーとして使用できるようになりました。ドライバがリストに表示されなかった問題は修正されました。(ALHELP-1278, UNI-80426)
  • セッションが数分間ハングします。セッションが数分間ハングしていた問題が修正されました。この問題は、App Layering 2005 にアップグレードした後に発生しました。(ALHELP-1263, UNI-80262)
  • ユーザーは、App Layering 2009 でデスクトップに再接続できません。ユーザーがデスクトップに再接続しようとしたときにブルースクリーンがランダムに発生していた問題が修正されました。(ALHELP-1317, UNI-81156)
  • 4Kディスプレイでコンソールを使用する場合、ダイアログは左上隅に表示されます。ダイアログが中央からずれて表示される問題が修正されました。(ALHELP-1309,UNI-78951, UNI-78952)

App Layering 2009

このリリースには、次の拡張機能がサポートされています。

  • Citrix Studioポリシーを構成して、ユーザーレイヤーのデフォルトのリポジトリパスとレイヤーサイズを上書きできるようになりました。
  • App Layering管理コンソールのユーザーインターフェイスが、新しいCitrixブランドイメージで更新されました。

App Layering 2008

このリリースには、次の機能と拡張機能がサポートされています。

  • Windows 10, 2004 サポート: Windows 10, 2004 がレイヤードイメージのOSとしてサポートされるようになりました。Windows 10, 2004 を使用するには、App Layering バージョン 2008 以降が必要です。このバージョンの Windows 10 に必要な変更は、以前のApp Layering リリースにはありません。

  • Citrix Hypervisor 8.2のサポート Citrix Hypervisorバージョン8.2をサポートするようになりました。

重要:

App Layering 20.8.3 には、付属のドライバーに対する重要なアップデートが含まれています。セキュアブートを使用している場合は、20.8.3 にアップグレードする必要があります。

20.8.3 インストールパッケージとアップグレードパッケージはダウンロードできます。新規インストールの場合は、アプライアンス・インストール・パッケージをダウンロードします。アップグレードの場合は、アプライアンス・アップグレード・パッケージをダウンロードします。

解決された問題

  • エラスティックレイヤーを有効にしたvSphereの仮想マシンで、Citrix Provisioningサーバーに展開した後に失敗することがなくなりました。エラスティックレイヤーを有効にしたvSphereで、Citrix Provisioningサーバーへの展開後に失敗する原因となった問題が修正されました。(ALHELP-1202、UNI-76300)
  • アプリケーションレイヤで Autodesk 2020 インストーラが失敗する原因となっていた問題が修正されました。(ALHELP-476)
  • オンデマンド同期とElastic レイヤーが有効になっている場合 、ユーザーは OneDrive ファイルを問題なく同期できるようになりました (ALHELP-468)
  • エラスティックレイヤーが有効で、アプリレイヤーが割り当てられている場合に、Chrome 拡張機能で「FAILED_TO_COPY_EXTENSION_FILE_TO_TEMP_DIRECTORY」というエラーメッセージが表示されなくなりました。(ALHELP-419)

App Layering 2005

App Layering 2005リリースには、次の機能と機能強化がサポートされています。

  • セキュリティの強化: セキュリティ強化には、暗号スイートの更新、サードパーティコンポーネントのアップグレード、ランタイム環境のアップグレードが含まれます。

  • セキュアブートサポート: ゲストドライバーは、Microsoftの WHQL プログラムを通じて認定されています。セキュアブート構成では、認定ゲストドライバーを使用できます。(UNI-74917)

  • カスタマーユーザレイヤパス: カスタムパスを使用して場所を指定したネットワーク共有に、ユーザレイヤファイルを格納できるようになりました。カスタムパスには、環境変数を含めることができます。(UNI-78291)

  • ユーザーレイヤーにサービスがあるアプリケーション: ユーザーレイヤーにインストールされたアプリケーションに Google Chrome などの Windows サービスが含まれている場合、これらのサービスはユーザーのログイン時に期待どおりに開始されます。(UNI-77660)

  • 2005 アップグレードパッケージ: App Layering 2005 アップグレードパッケージは、古いアプライアンスが自動的にダウンロードできないほど大きくなります。バージョン 1911 以前を実行している場合は、 ダウンロードサイトからパッケージを手動でダウンロードします。また、Secure HTTP(HTTPS)の管理コンソールからアップグレードを実行することをお勧めします。HTTP でアップグレードすると、ブラウザにメッセージが表示されません。その場合は、20分後にブラウザを更新します。更新しても、更新しないというメッセージにもかかわらず、問題は発生しません。アップグレードがまだ実行されている場合は、「サービス利用不可」というエラーが表示されます。」このメッセージは無視して、ログインページが表示されるまで数分おきにブラウザを更新し続けることができます。

解決された問題

  • VMware vSphere でオフロード合成を使用する場合、 閉じ角かっこの後にスペースを入れる限り、角かっこ [] で始まるレイヤ名を使用できます。たとえば、 [OS] Windows 10 という名前は機能しますが、 [OS] Windows 10 という名前は vSphere スタジオでハングし、約 40 分後にタイムアウトします。(UNI-78452)

App Layering 2003

このリリースには、次のものが含まれています。

  • 現在、次のHypervisor、Provisioning、および接続ブローカーのソフトウェアバージョンがサポートされています。

    • Citrix Hypervisor 8.1
    • Nutanix AOS 5.16
  • 管理者がデフォルトのユーザー層のサイズを大きく設定すると、次回ユーザーがログインしたときにディスクが自動的に拡張されます。

  • MS Hyper-V または VMware vSphere で OS レイヤーを作成するときに、OS マシンツールのスクリプトを使用して OS イメージをインポートできるようになりました。スクリプトは、管理コンソールとコネクタの構成を使用する代わりに、仮想マシンから OS イメージをインポートします。このスクリプトでは、コンポジットのオフロード(Offload Compositing)機能を使用して、インポートを高速化し、UEFI ベースのマシンなど、さまざまな仮想マシンを使用できます。

解決された問題

  • ゲストレイヤーサービス (ULayer) は、エンドユーザーの仮想マシンで実行されている Server サービスに依存しないように変更されました。(UNI-77242)
  • エラスティックレイヤーとして配信された場合、ユーザーがログインを試行しても、Artiva アプリケーションが失敗しなくなりました。(UNI-76487)
  • CCMExecがインストールされていない場合でも、StartCCMEXEC.cmdスクリプトがログファイルStartCCMExec.txtを継続的に拡大する原因となった問題が修正されました。修正プログラムを適用するには、20.3 用の新しい OS Machine Tools フォルダーをダウンロードし、 StartCCMEXEC.cmd ファイルを新しいバージョンに置き換えます。(UNI-77471)
  • ユーザーがユーザーレイヤーまたはエラスティックレイヤーにフォントをインストールすると、次回ログインしたときにフォントが保持されます。(UNI-63839)
  • オフロード合成を有効にしてコネクタを使用してイメージをパブリッシュすると 、8.3 ファイル名が誤って変更されることがなくなりました。(UNI-76961)
  • アプリレイヤーにバージョンを追加するときに、「ファイルが見つからないため操作に失敗しました。VMDK が見つかりませんでした。」(UNI-77702)
  • コネクタ構成でコンポジットのオフロード機能を使用するときに JSON Web トークン (JWT) が期限切れになる問題が修正されました。(UNI-76859)
  • Hyper-V コネクタは、論理サイズではなくディスクファイルのサイズを報告し、キャッシュをすぐにいっぱいにするようになりました。(UNI-76692)
  • ユーザーレイヤーでイメージを使用する場合のCitrix Studio GPOポリシーとの互換性が向上しました。(UNI-76918)

App Layering 2001

このリリースには、次のものが含まれています。

  • 現在、次のHypervisor、Provisioning、および接続ブローカーのソフトウェアバージョンがサポートされています。
    • Citrix Provisioning バージョン1912
    • Citrix Virtual Apps and Desktops バージョン7 1912
  • 以下のWindows 10バージョンが、OSレイヤーとしてサポートされるようになりました。
    • Windows 10、バージョン1909
    • Windows 10、Enterprise Virtual Desktopエディション (Azure でのみMicrosoftから入手可能)
  • VMware vSphere コネクタは、VMware 準仮想化 SCSI コントローラをサポートするようになりました。(UNI-75620)

解決された問題

  • Azure のアApp Layering アプライアンス (ELM) デプロイスクリプトでは、標準のリポジトリディスクを指す署名付き Azure URL の有効期限が延長されました。このリリースから Azure デプロイスクリプトを適宜更新してください。
  • パッケージングマシンでVDAのインストールが失敗しなくなりました。(UNI-76299)
  • 再起動時に、ユーザーレイヤーを持つレイヤー化されたイメージでスケジューラタスクが削除されなくなりました。(UNI-77084)

App Layering 1911

このリリースには、次のものが含まれています。

  • 現在、次のHypervisor、Provisioning、および接続ブローカーのソフトウェアバージョンがサポートされています。
    • XenAppおよびXenDesktop 7.15 LTSR CU5
  • VMware vSphere:
    • 新しい [合成をオフロード] オプションを使用すると、レイヤーのパッケージ化とイメージのパブリッシュにかかる時間を大幅に短縮できます。
    • シンプロビジョニングされたディスクと UEFI (Elastic Layer とユーザーレイヤーによるセキュアブートなし) オプションを選択します。
    • vSphere コネクタを使用して、レイヤーをパッケージ化し、AWS 上の VMware Cloud にイメージを公開します。

解決された問題

  • Windows 10のメジャーアップグレード後に、MBRパーティションでOSレイヤーをファイナライズする際のエラーが修正されました。(UNI-76210)
  • Microsoft System Center Configuration Manager (SCCM) との互換性が向上しました。(UNI-76198、UNI-76126、UNI-76129)
  • FsLogix が実行され、エラスティックレイヤリングが有効になっているセッションホストへの接続が失われることがなくなりました。(UNI-73793)
  • Rapid Reader 8.3 は、パッケージングマシンにインストールした後に正常に起動するようになりました。(UNI-76316)
  • IntelliJ IDEAアルティメットでは、アプリの起動時にデスクトップがフリーズしなくなりました。(UNI-76075)
  • SQL Management Studioを開き、OneDrive または SharePoint フォルダーにクエリを保存しようとすると、ブルースクリーンが表示されなくなりました。(UNI-76427)

App Layering 1910

このリリースには、次のものが含まれています。

  • 以下の新しいバージョンのHypervisor、Provisioning、および接続ブローカーソフトウェアがサポートされます。
    • Citrix Virtual Apps and Desktops バージョン7 1909
    • Citrix Provisioning バージョン1909
    • Nutanix Acropolis Hypervisor (AHV) バージョン 5.11
    • VMware Horizon View 7.9
  • Hyper-V プラットフォームでは、 オフロードコンポジットを使用してレイヤーをパッケージ化してイメージを公開し 、パフォーマンスと互換性を大幅に向上させることができます。Gen2 の VM と VHDX ディスク形式がサポートされるようになりました。

  • App Layering Agent が更新され、新しいオフロードコンポジット機能がサポートされました。展開環境でエージェントを使用する場合は、エージェント更新プログラムをインストールするすべてのサーバーにインストールすることを強くお勧めします。

  • 完全なユーザーレイヤーを使用すると、Windows 検索インデックスのパフォーマンスが向上します。

  • レイヤー化されたイメージを公開する管理者向けに、このバージョンでは検証と警告が追加され、選択したアプリレイヤーに基づいて使用するディスクサイズに関するガイダンスが表示されます。

解決された問題

  • CDFドライバレジストリエントリの削除を呼び出したPVSサポート記事が更新され、Profile Managementのトラブルシューティングの問題が修正されました。(UNI-75720)
  • Defender が正しく更新されない問題が修正されました。(UNI-74918)
  • キャッシュコネクタを使用すると、パッケージングマシンで Windows Search サービスが期待どおりに起動します。(UNI-75915)
  • Windows 1809 OS レイヤーから作成されたアプリレイヤーで Windows Defender が正常に起動するようになりました。(UNI-74997)
  • オンデマンドの同期とエラスティックレイヤーが有効になっているときに、ユーザーが OneDrive ファイルを同期できるようになりました。(UNI-74618)
  • OneDrive のオンデマンド機能で、エラスティックレイヤーが有効になっているときにファイルを正しくストリーミングできるようになりました。(UNI-73121)
  • Users\ パスに推奨される最小権限が設定されている場合、ユーザーレイヤーの修復が正常に完了するようになりました。(UNI-75552)
  • ユーザーレイヤーを有効にし、アプリレイヤーを Elastic レイヤーとして割り当てられた状態で Chrome 拡張機能をインストールすると、エラーCan not install package: FAILED_TO_COPY_EXTENSION_FILE_TO_TEMP_DIRECTORYが表示されなくなりました (UNI-75568)
  • フルユーザーレイヤーを使用する場合、Windows Search インデックスのパフォーマンスが向上しました。(UNI-73049)
  • このリリースでは、使用できるディスクサイズに関する検証と警告が追加されています。ガイダンスは、構成と選択したアプリレイヤーに基づいています。(UNI-54390)

App Layering 1908

このリリースには、これらの新機能と改善点のサポートが含まれています。

  • Windows版: Windows 10バージョン1903がOSレイヤーとしてサポートされるようになった。

  • 接続ブローカー: 次の接続ブローカソフトウェアバージョンがサポートされるようになりました。
    • VMware Horizon View 7.9
  • ユーザーレイヤーの修復: ユーザーレイヤーを手動で修復して、特定のアプリレイヤーセットからのすべてのファイルとレジストリ設定を再び表示できるようになりました。

解決された問題

  • Hyper-V コネクタの PowerShell セッションは、ファイルのコピーに 30 分以上かかると失効しなくなりました。(UNI-74283、UNI-74292)

  • ユーザーレイヤーを有効にしたときに、[システム] プロパティと [表示] プロパティが正しく開かない問題が修正されました。(UNI-74547)

  • Windows 10 OS レイヤーからストアアプリを削除しても、 [設定] や [ **画面のプロパティ ]**などの機能が誤動作しなくなりました。(UNI-74852)

  • Windows Defender 更新プログラム KB4052623 は、ユーザーレイヤー対応のユーザーに対して正常にインストールされ、動作するようになりました。(UNI-74942)

Citrixへのお問い合わせ

このリリースに関するご意見をお寄せください。

  • オンラインフォーラムを使用して、Citrix App Layering を導入しているCitrixの従業員や他の組織と直接話し合うことができます。
  • 製品の問題や質問については、サポートケースを開きます。

App Layeringについてご意見をお待ちしております。

関連情報