リソースの場所の作成

Citrix Cloud Japanに登録した後、リソースの場所を作成してアカウントのセットアップを続行します。

リソースの場所とは何ですか?

リソースの場所には、ユーザーにサービスを提供するために必要なリソースが含まれます。リソースの場所に含まれるリソースは、提供するサービスによって異なります。たとえば、Citrix DaaS(Virtual Apps and Desktopsサービスの新名称)を通じてアプリケーションとデスクトップを配信する場合、リソースの場所には次のものが含まれます:

  • アプリケーションとデスクトップにアクセスするユーザーを認証および承認するためのActive Directoryドメイン。
  • 配信するアプリケーションとデスクトップをホストするマシンと、それらのリソースへのアクセスに使用されるデバイスとの間の接続を管理する1つまたは複数のVirtual Delivery Agent(VDA)。
  • アプリケーションとデスクトップを提供する仮想マシンをプロビジョニングするための、Citrix XenServerやMicrosoft Azureなどのサポートされているハイパーバイザーやクラウドサービス。

デフォルトのリソースの場所

ドメインにCloud Connectorをインストールする際、Citrix Cloud Japanアカウントにリソースの場所がない場合、Citrix Cloud Japanが作成するリソースの場所がデフォルトのリソースの場所になります。アカウントに設定できるデフォルトのリソースの場所は1つだけです。必要に応じて、Citrix Cloud Japanで追加のリソースの場所を作成し、他のドメインにCloud Connectorをインストールするときにいずれかを選択できます。

または、最初にコンソールで必要なリソースの場所を作成してから、ドメインにCloud Connectorをインストールすることもできます。Cloud Connectorインストーラーは、インストール中に、必要なリソースの場所を選択するよう求めます。

タスク1:マシンの準備

  1. 要件、重要な考慮事項、サポートされているActive Directoryの機能レベル、トラブルシューティング情報については、「Citrix Cloud Connectorの要件」を確認してください。
  2. 構成要件を満たすマシンを準備します。
  3. 準備したマシンをドメインに参加させます。

タスク2:接続の確認

データセンターからインターネットへの接続に必要なのは、発信接続のためにポート443を開くことです。ただし、インターネットのプロキシサーバーまたはファイアウォールの制限がある環境で操作するには、追加の構成が必要です。

  1. 利用できるサービスの接続可能なアドレス一覧については、「接続の要件」を確認してください。
  2. ポート443(HTTPS)が発信接続用に開放されていることを確認します。
  3. クラウドサービスを運用および利用できるように、必要なアドレスに接続できることを確認してください。
  4. WebプロキシでのCloud Connectorの使用については、「Citrix Cloud Connectorのプロキシとファイアウォールの構成」を参照してください。

タスク3:Cloud Connectorのインストール

注:

Connector ApplianceはCitrix Cloud Japanでは使用できません。

Cloud Connectorのインストール時、インストールを実行するユーザーを認証し、インストーラーの権限を検証し、Cloud Connectorが提供するサービスをダウンロードして構成するために、クラウドにアクセスする必要があります。インストールは、インストールを開始するユーザーの権限で行われます。

  1. Citrix Cloud Japanメニューから [リソースの場所] を選択します。
  2. [ダウンロード] をクリックして、Cloud Connectorインストーラーをダウンロードします。
  3. インストーラーをダブルクリックします。Citrix Cloud Japanが最初の接続性チェックを実行すると、Citrix Cloud Japan管理者のユーザー名とパスワードの入力を求められます。
  4. ウィザードに従って、Cloud Connectorをインストールして構成します。インストールが完了すると、Citrix Cloud Japanは最終的な接続性チェックを実行して、Cloud ConnectorがCitrix Cloud Japanと通信できることを検証します。

インストール後、Citrix Cloud Japanの [IDおよびアクセス管理] に管理者のドメインが登録されます。

注:

  • 複数の組織アカウントの管理者である場合、Citrix Cloud JapanがCloud Connectorに関連付けるアカウントを選択するよう要求します。
  • 組織アカウントに複数のリソースの場所がすでに存在する場合、Citrix Cloud JapanがCloud Connectorに関連付けるリソースの場所を選択するよう要求します。
  • 一定期間にわたって同じCloud Connectorインストーラーで繰り返しインストールしないでください。Citrix Cloudコンソールの[リソースの場所]ページから新しいCloud Connectorをダウンロードします。

追加のリソースの場所を作成

  1. Citrix Cloud Japan管理コンソールでメニューボタンをクリックし、[リソースの場所] を選択します。
  2. [リソースの場所] をクリックして、フレンドリ名を入力します。
  3. [保存] をクリックします。Citrix Cloud Japanは、新しいリソースの場所のタイルを表示します。
  4. [Cloud Connector][ダウンロード] の順にクリックして、Cloud Connectorソフトウェアを入手します。
  5. 準備した各マシンで、インストールウィザードまたはコマンドラインインストールを使用してCloud Connectorソフトウェアをインストールします。

Cloud Connectorのインストールログ

Cloud Connectorのインストールログは%LOCALAPPDATA%\Temp\CitrixLogs\CloudServicesSetupにあります。

また、インストール後は %ProgramData%\Citrix\WorkspaceCloud\InstallLogsにもログが追加されます。

リソースの場所の作成