通知と同期

この記事では、Secure Mailの通知とメール同期の機能、および構成について説明します。

Secure Mail for iOSのアプリのバックグラウンド更新

(APNsではなく)iOSバックグラウンドアプリ更新を介して通知を提供するようにSecure Mail for iOSが構成されると、Secure Mailメール更新は次のように機能します。

  • デバイスで [設定] メニューから [Appのバックグラウンド更新] をオンにしてあり、Secure Mailがバックグラウンドで実行されている場合、メールはサーバーと同期されます。同期間隔はさまざまな要素に従って変化します。
  • Appのバックグラウンド更新機能が無効な場合、WorxMailがバックグラウンドで動作している間はメールを受信しません。
  • ユーザーがSecure Mailをバックグラウンドにすると、アプリが一時停止する前に猶予期間内で引き続き実行されます。
  • Secure Mailがフォアグラウンドで動作している間は、[Appのバックグラウンド更新] の設定にかかわらずリアルタイムでメールのアクティビティが表示されます。

Secure MailとActiveSync

Secure Mailは、ActiveSyncメッセージングプロトコルを介してExchange Serverと同期します。この機能により、ユーザーは、Outlookメール、連絡先、カレンダーイベント、自動的に生成されたメールボックス、およびユーザーが作成したフォルダーにリアルタイムでアクセスできます。

注:

ActiveSyncはExchangeパブリックフォルダーの同期をサポートしません。Exchange Server 2013では、ActiveSyncは[下書き]フォルダーと同期しません。

ユーザーの作成したフォルダーを同期するには、次の手順に従います。

iOS

  1. [設定]>[自動更新] に移動します。
  2. [自動更新][オン] にします。
  3. [オン] をタップします。すべてのメールボックスの一覧が表示されます。
  4. 同期するフォルダーをタップします。

Android

  1. メールボックス一覧に移動します。
  2. 同期するメールボックスをタップします。
  3. 右下隅にあるMoreのアイコンをタップします。
  4. [同期オプション] をタップします。
  5. [確認頻度] で、フォルダーの同期頻度を選択します。

Secure Mailでの連絡先のエクスポート

Secure Mailユーザーは、連絡先を携帯のアドレス帳と継続して同期したり、個別の連絡先を携帯のアドレス帳に1回のみエクスポートしたり、vCard添付ファイルとして連絡先を共有したりできます。

この機能を有効にするには、Endpoint ManagementコンソールでSecure Mail用の連絡先のエクスポートポリシーを [オン] に設定します。

このポリシーが [オン] になっていると、Secure Mailで次のオプションを使用できます。

  • [設定]の [ローカルの連絡先と同期する]
  • 個別の連絡先のエクスポート
  • 連絡先をvCard添付ファイルとして共有する

連絡先のエクスポートポリシーが [オフ] の場合、これらのオプションはアプリに表示されません。

ポリシーが有効な場合に、継続的にメールサーバーから携帯のアドレス帳に連絡先を同期するには、[ローカルの連絡先と同期する][オン] にする必要があります。[ローカルの連絡先と同期する][オン] の場合、ExchangeまたはSecure Mailで連絡先が更新されると、ローカルの連絡先も更新されます。

Androidの制限のため、ExchangeまたはHotmailのアカウントがローカルの連絡先に同期するように既に設定されている場合、Secure Mailで連絡先を同期することはできません。

iOSでは、デバイスでHotmailまたはExchangeが設定されていても、Secure Mailの連絡先をエクスポートして電話の連絡先と同期できます。この機能は、Endpoint Managementで、Secure Mailのネイティブ連絡先の確認を上書きするポリシーで設定します。このポリシーによって、ネイティブの連絡先アプリに構成されたExchamge/Hotmailアカウントからの連絡先の確認をSecure Mailによって上書きするかどうかが決定されます。これが [オン] の場合、ネイティブの連絡先アプリがExchange/Hotmailアカウントで構成されている場合でも、アプリによって連絡先がデバイスに同期されます。[オフ] の場合、アプリは連絡先同期のブロックを継続します。デフォルトは [オン] です。

Secure Mailの通知

次の表は、Secure Mailがフォアグラウンドまたはバックグラウンドで実行中の場合に、サポートされているモバイルデバイスに対して通知がどのように処理されるかを説明するものです。

フォアグラウンドまたはバックグラウンドでSecure Mailを実行している場合: iOSでの通知の処理 Androidでの通知の処理
フォアグラウンド Secure Mailは永続的ActiveSync接続を維持し、メールおよびカレンダーのアクティビティを同期します。 Secure Mailは永続的ActiveSync接続を維持し、メールおよびカレンダーのアクティビティを同期します。
バックグラウンド(または終了) Secure Mailは、iOSのバックグラウンドアプリ更新機能、または構成されている場合はAPNsを介して通知を受信します。 Secure Mailは永続的ActiveSync接続を維持します。

構成について詳しくは、「Secure Mail for iOSのプッシュ通知」を参照してください。

リッチプッシュ通知

Secure Mail for iOSは、リッチプッシュ通知をサポートします。リッチ通知機能により、Secure Mailがバックグラウンドで実行されていない場合でも、受信トレイのロック画面の通知を確実に受信できます。この機能は、パスワードベースの認証セットアップとクライアントベースの認証セットアップでサポートされています。

注:

この機能をサポートするアーキテクチャが変更されたため、VIPのみのメール通知は利用できなくなりました。

この機能を有効にするには、次の前提条件が満たされていることを確認してください。

  • Endpoint Managementコンソールで、プッシュ通知を [オン] に設定します。
  • ネットワークアクセスポリシーは、[制限なし] または [内部ネットワークへトンネル] に設定されています。ネットワークアクセスポリシーが [内部ネットワークへトンネル] に設定されている場合は、バックグラウンドネットワークサービスポリシーでExchange Webサービス(EWS)ホストが設定されていることを確認してください。EWSホストとActiveSyncホストが同じ場合は、ActiveSyncホストがバックグラウンドネットワークサービスポリシーで設定されていることを確認します。
  • ロック画面上の通知を制御ポリシーは、[許可] または [メールの送信者またはイベントのタイトル] に設定されています。
  • [Secure Mail]>[設定]>[通知] の順に移動し、[メール通知] を有効にします。

この機能は、次のいずれかの設定を実行している場合はサポートされていません。

  • Microsoft Office 365の先進認証(Oauth)
  • Endpoint ManagementとMicrosoft Intune/EMSとの統合によって管理されるアプリ
  • 派生資格情報を使用して登録されたデバイス

iOSデバイスに「新しいメールがあります」という通知が表示される理由

メッセージ詳細の取得に必要な指定時間である30秒以内にSecure MailがExchange Webサービス(EWS)から応答を受信しなかった場合、iOSデバイスに「新しいメールがあります」という通知が表示されます。

一般的なiOSメール通知の画像

Wi-Fiまたはデータ接続の質が低い場合に、デバイスでこの動作が発生することもあります。

EWS応答の遅延以外に、Secure Mailでは、次の場合にも「新しいメールがあります」という通知が表示されます:

  • Secure Mailがセキュアコンテナから必要な情報を読み取れない場合。この事象は通常、デバイスの再起動後、デバイスのロックを解除する前に発生します。
  • Secure MailがNetScaler GatewayまたはEWSとの接続やセキュアチャネル設定に失敗した場合。
  • 資格情報の有効期限が切れたとき、または資格情報を変更したがまだSecure Mailで更新されていないとき。次の図は、このような事象で通知がどのように表示されるかを示しています。

    メール通知メッセージの画像

  • Secure Mailが、Secure Mailからの有効な要求に対して、Exchange Serverから予期しない応答を受け取ったとき。EWS応答コードについて詳しくは、Microsoft社の開発者ドキュメントを参照してください。