Secure Mailの新機能

次のセクションでは、Secure Mailの最新リリースおよび以前のリリースの新機能について説明します。

ユーザー向けヘルプドキュメントについては、Citrixユーザーヘルプセンターの「Citrix Secure Mail」のページを参照してください。

注:

Android 6.xおよびiOS 11.xバージョンのSecure Hub、Secure Mail、Secure Web、Citrix Workspaceアプリのサポートは、2020年6月に廃止されます。

最新バージョンの新機能

Secure Mail 20.11.0

注:

Exchange Server 2010のサポートは、2020年10月13日に終了しました。

Secure Mail 20.10.5

Secure Mail for iOS

このリリースには、バグの修正が含まれています。

Secure Mail for Android

AndroidXライブラリのサポート。Googleの推奨事項に従って、Secure MailはAndroidXライブラリをサポートします。これは、android.supportとしてパッケージ化されたライブラリに置き換わるものです。

以前のバージョンの新機能

Secure Mail 20.10.0

このリリース以降、Secure MailではExchange Server 2019累積更新プログラム7およびExchange Server 2016累積更新プログラム18がサポートされるようになります。

Secure Mail for iOS

Secure MailからMicrosoft Teams会議に参加します。Secure Mail for iOSでは、カレンダーの出席依頼から直接Microsoft Teams(MS Teams)会議に参加できます。MS Teamsアプリがインストールされている場合、アプリが起動して会議に参加します。インストールされていない場合、MS Teamsをインストールするために、App Storeに移動するオプションが表示されます。https://teams.microsoft.com/l/meetup-join/meetinglink形式の会議の場合、アプリが開き、会議に直接参加します。

注:

管理者が[許可するURL]ポリシーに+^msteams:を含めていることを確認してください。詳しくは、「アプリ相互作用(送信URL)」を参照してください。

Secure Mail for Android

  • Secure MailからMicrosoft Teams会議に参加します。Secure Mail for Androidでは、カレンダーの招待状から直接Microsoft Teams(MS Teams)の会議に参加できます。MS Teamsアプリがインストールされている場合、アプリが起動して会議に参加します。インストールされていない場合、MS Teamsをインストールするために、Google Playに移動するオプションが表示されます。https://teams.microsoft.com/l/meetup-join/meetinglink形式の会議の場合、アプリが開き、会議に直接参加します。

    注:

    管理者が[このアプリケーションで開く]制限の例外一覧ポリシーに{action=android.intent.action.VIEW scheme=msteams package=com.microsoft.teams}を含めていることを確認してください。詳しくは、「アプリ相互作用」を参照してください。

  • Secure Mailは、Android 10に関するGoogle Playの最新のターゲットAPI要件をサポートしています。

Secure Mail 20.9.5

Secure Mail for Android

このリリースには、バグの修正が含まれています。

Secure Mail 20.9.0

Azure Government Cloud Computingのサポート。Secure Mail for iOSおよびSecure Mail for Androidは、Azure Active Directoryテナントでの先進認証(OAuth)でGovernment Cloud Computing(GCC)Highをサポートします。Secure Mailは、すべてのGCC Highサービスに対するMicrosoftの必須要件を満たす、GCC Highのエンドポイントとして登録されています。詳しくは、「Microsoft 365 GovernmentのAzure Active Directoryの新機能」を参照してください。

この変更により、認証でAzure Active DirectoryテナントのGCC Highにルーティングされます。また、管理者は、Azure Active DirectoryテナントでSecure Mailの権限を許可する必要があります。

前提条件

Azure Active Directoryのグローバル管理者が次のことを実行していることを確認します:

  • デバイスに最新バージョンのSecure Mailをダウンロードします。
  • Secure MailアプリでExchangeアカウントを構成し、すべてのユーザーがサインインできるようにAzure Active Directoryでアプリの権限を許可します。以下の画面を参照してください。

注:

これらの手順は、グローバル管理者のみが対象の1回限りの要件です。アプリにアクセスが許可されると、App Storeから簡単にアップグレードできます。

GCC High

アップグレード後

アップグレード後、更新トークンの有効期限が切れると再承認を求めるプロンプトが表示されます。ここで、Azure Active DirectoryのGCC Highにリダイレクトされます。上記のワークフローを検証して、承認要求がAzure Active DirectoryのGCC Highに送信されることを確認します。

次のいずれかの方法でワークフローを検証できます:

  • アプリ名がSecure Mail-GCC HighのSecure Mailが、Azure Active Directoryテナントのサインインページに表示されます。
  • Secure Mailログを確認して、再認証後にhttps://login.microsoftonline.us経由でリダイレクトが発生するかどうかを確認します。

Secure Mail 20.8.5

Secure Mail for Android

Secure Mail for AndroidはAndroid 11をサポートしています。

Secure Mail 20.8.0

このリリース以降、Secure MailではExchange Server 2019累積更新プログラム6およびExchange Server 2016累積更新プログラム17がサポートされるようになります。

Secure Mail for Android

Secure Mail for Androidリリースのデュアルモード(プレビュー)。モバイルアプリケーション管理(MAM)SDKは、iOSおよびAndroidプラットフォームがカバーできないMDX機能の領域で代わりに使用されます。MDXラッピングテクノロジは、2021年9月に製品終了(EOL)になる予定です。エンタープライズアプリケーションの管理を続行するには、MAM SDKを使用する必要があります。

バージョン20.8.0から、AndroidアプリがMDXおよびMAM SDKとともにリリースされ、前述のMDXのEOLに対応しています。MDXデュアルモードは、従来のMDX Toolkitから新しいMAM SDKに移行する方法を提供します。デュアルモードを使用すると、MDX Toolkit(現在はレガシMDX)を使用してアプリを管理し続けるか、新しいMAM SDKに切り替えてアプリ管理を行うことができます。

アプリ管理のためにMAM SDKに切り替えると、Citrixによりさらに変更が実装されます。管理者による操作は必要ありません。

MAM SDK(プレビュー)について詳しくは、次の記事を参照してください:

前提条件

デュアルモード機能を正常に展開するには、次の点を確認してください:

  • Citrix Endpoint Managementをバージョン10.12 RP2以降、または10.11 RP5以降に更新します。
  • モバイルアプリをバージョン20.8.0以降に更新します。
  • ポリシーファイルをバージョン20.8.0以降に更新します。
  • 組織でサードパーティ製アプリを使用している場合は、Citrix業務用モバイルアプリのMAM SDKオプションに切り替える前に、必ずサードパーティ製アプリにMAM SDKを組み込むようにしてください。すべての管理対象アプリを、一度にMAM SDKに移動する必要があります。

注:

MAM SDKは、すべてのクラウドベースのお客様向けにサポートされています。

制限事項
  • MAM SDKは、Citrix Endpoint Management展開のAndroid Enterpriseプラットフォームで公開されたアプリのみをサポートします。新しく公開されたアプリの場合、デフォルトの暗号化はプラットフォームベースの暗号化です。
  • MAM SDKはプラットフォームベースの暗号化のみをサポートし、MDX暗号化はサポートしません。
  • Citrix Endpoint Managementを更新せず、モバイルアプリのポリシーファイルがバージョン20.8.0以降で実行されている場合は、Secure Mail用にネットワークポリシーの重複エントリが作成されます。

Citrix Endpoint ManagementでSecure Mailを構成する場合、デュアルモード機能を使用すると、MDX Toolkit(現在はレガシMDX)を使用してアプリを管理し続けるか、新しいMAM SDKに切り替えてアプリ管理を行うことができます。MAM SDKはモジュール化されており、組織で使用しているMDX機能のサブセットのみを使用できるようにするため、MAM SDKに切り替えることをCitrixではお勧めします。

[MDXまたはMAM SDKポリシーコンテナ] 内のポリシー設定で次のオプションが表示されます:

  • MAM SDK
  • レガシMDX

MAM SDK

[MDXまたはMAM SDKポリシーコンテナ] ポリシーでは、オプションをレガシMDXからMAM SDKに変更することのみ可能です。MAM SDKからレガシMDXに切り替えるオプションは許可されていないため、アプリを再公開する必要があります。デフォルト値はレガシMDXです。同じデバイス上で実行されているSecure MailとSecure Webの両方に同じポリシーモードを設定してください。同じデバイス上で2つの異なるモードを実行することはできません。

Secure Mail for iOS

メールボックスの同期の最適化Secure Mail for iOSでは、メールボックスの同期機能が向上しているため、より優れたユーザーエクスペリエンスを提供できます。カレンダー連絡先がより迅速に同期されます。3週間以上経過したメールは、同期時間を短縮するために切り捨てられます。メールを開くと、完全な状態で表示できます。

Secure Mail 20.7.5

注:

Android 6.xのサポートは、2020年6月30日に終了しました。

業務用モバイルアプリの最新情報については、「最新の情報」を参照してください。

Secure Mail 20.7.0

このリリースには、バグの修正が含まれています。

Secure Mail 20.6.5

このリリースには、バグの修正が含まれています。

Secure Mail 20.6.0

このリリースには、バグの修正が含まれています。

Secure Mail 20.5.0

このリリースには、バグの修正が含まれています。

Secure Mail 20.4.5

Secure Mail for Android

このリリース以降、Secure MailではExchange Server 2019累積更新プログラム5およびExchange Server 2016累積更新プログラム16がサポートされるようになります。

Secure Mail 20.4.0

このリリース以降、Secure MailではExchange Server 2016累積更新プログラム15およびExchange Server 2013累積更新プログラム23がサポートされるようになります。

Secure Mail 20.3.0

Secure Mail for Android

連絡先でフォルダーを作成する。Secure Mail for Androidでは、メールアカウントの [連絡先] セクションでフォルダーを追加、編集、削除できます。

連絡先でのフォルダーの作成

Secure Mail for iOS

このリリースには、バグの修正が含まれています。

Secure Mail 20.2.0

Secure Mail for Android

ドラフトの最小化

Secure Mail for Androidでは、メールの作成中に下書きを最小化してアプリ内を移動できます。この機能のユーザーヘルプドキュメントについては、Citrixユーザーヘルプセンターの記事(下書きメールを最小化する)を参照してください。

Secure Mail 20.1.5

Secure Mail for iOS

このリリース以降、Secure MailではExchange Server 2019の累積更新プログラム4がサポートされるようになります。

Secure Mail for Android

  • 連絡先の双方向同期。Secure Mail for Androidでは、ローカルの連絡先一覧でSecure Mailの連絡先を作成、編集、削除できます。
  • ICSファイルのサポート。Secure Mail for Androidでは、添付ファイルとして受信したICSファイルをプレビューし、イベントとしてカレンダーにインポートできます。
  • このリリース以降、Secure MailではExchange Server 2019の累積更新プログラム4がサポートされるようになります。

Secure Mail 20.1.0

このリリース以降、Secure MailではExchange Server 2016の累積更新プログラム14がサポートされるようになります。

Secure Mail 19.12.5

Secure Mail for iOS

このリリースには、バグの修正が含まれています。

Secure Mail for Android

送信したメールを元に戻す。Secure Mail for Androidでは、送信されたメールを元に戻すことができます。[送信] をタップすると、送信されたアクションを元に戻すことができるトーストメッセージが表示されます。[元に戻す] をタップすると、送信されたアクションを取り消してメールを編集したり、宛先にメールを送信したり、添付ファイルを添付または削除したり、メールを破棄したりできます。

下書きフォルダーでの添付ファイルを同期する。Secure Mail for Androidでは、下書きフォルダーが同期されると添付ファイルも同期され、すべてのデバイスで利用できるようになります。この機能は、Exchange ActiveSyncバージョン16以降を実行しているデバイスで使用できます。

Secure Mail 19.11.5

Secure Mail for iOS

Secure Mailの連絡先の写真。Secure Mail for iOSでは、メールまたは会議への招待に宛先を追加すると、連絡先の写真が表示されます。この機能に関するユーザー向けヘルプドキュメントについては、Citrixユーザーヘルプセンターの記事「連絡先の写真の表示」を参照してください。

Secure Mail for Android

PDFファイルのアプリ内表示。Secure Mail for Androidでは、アプリ内でPDFファイルをブックマークや注釈とともに表示できます。他のMicrosoft Office添付ファイルの表示機能も強化されました。

Secure Mail for iOS 19.10.6

このリリースには、バグの修正が含まれています。

Secure Mail 19.10.5

Secure Mail for iOS

下書きを最小化する。Secure Mail for iOSでは、メールの作成中に下書きを最小化し、アプリ内を移動できます。この機能は、iOS 13以降を実行しているデバイスで使用できます。この機能に関するユーザー向けヘルプドキュメントについては、Citrixユーザーヘルプセンターの記事「下書きメールを最小化する」を参照してください。

Secure Mail for Android

このリリースには、バグの修正が含まれています。

Secure Mail 19.10.0

Office 365サーバーアドレスを定義するには、Office 365 Exchange Serverポリシーを使用します。Secure Mail for iOSおよびAndroidで、[Office 365のOAuthサポート]セクションに [Office 365 Exchange Server] というポリシーが新たに追加されました。このポリシーでは、クラウド上に存在するOffice 365メールボックスのホスト名を定義できます。このポリシーにより、政府機関向けOffice 365のサポートも有効になります。ホスト名は、 outlook.office365.comなどの単一の値です。デフォルト値はoutlook.office365.comです。

Secure Mail for iOSおよびAndroidは、暗号化管理をサポートしています。暗号化管理を使用すると、最新のデバイスプラットフォームセキュリティを使用しながら、デバイスをプラットフォームセキュリティを効果的に使用するのに十分な状態に保つことができます。暗号化管理を使用すると、ファイルシステムの暗号化がiOSまたはAndroidプラットフォームによって提供されるため、ローカルデータの暗号化の冗長性がなくなります。この機能を有効にするには、管理者は、Citrix Endpoint Managementコンソールで、暗号化の種類MDXポリシーを [コンプライアンス強制によるプラットフォームの暗号化] に設定する必要があります。

暗号化管理機能を使用するには、Citrix Endpoint Managementコンソールで、暗号化の種類ポリシーを [コンプライアンス強制によるプラットフォーム暗号化] に設定します。これにより、暗号化管理とユーザーのデバイス上の既存のすべての暗号化アプリケーションデータを、MDXではなくデバイスによって暗号化された状態にシームレスに移行できます。この移行中、アプリはワンタイムデータ移行のために一時停止します。移行が成功すると、ローカルに保存されたデータの暗号化に対する責任が、MDXからデバイスプラットフォームに移ります。MDXは引き続き、アプリが起動されるたびにデバイスのコンプライアンスをチェックします。この機能は、MDM + MAM環境とMAMのみの環境の両方で機能します。

暗号化の種類ポリシーを [コンプライアンス強制によるプラットフォーム暗号化] に設定すると、新しいポリシーが既存のMDX暗号化よりも優先されます。

Secure Mailの暗号化管理MDXポリシーについて詳しくは、以下のページの「暗号化」セクションを参照してください:

デバイスが最小コンプライアンス要件を下回ると、非準拠デバイスの動作ポリシーによって、実行する操作を次の中から選択することができます:

  • アプリを許可 - アプリが正常に動作することを許可します。
  • 警告後にアプリを許可する - アプリが最小コンプライアンス要件を満たしていないことをユーザーに警告してから、アプリの実行を許可します。これがデフォルト値です。
  • アプリを許可しない – アプリの実行を許可しません。

iOSを実行しているデバイスの場合

デバイスがiOSを実行しているデバイスの最小コンプライアンス要件を満たしているかどうかは、次の基準で決まります:

  • iOS 10 - 指定されたバージョン以上のバージョンのオペレーティングシステムをアプリで実行している。
  • デバッガーアクセス - アプリでデバッグが有効になっていない。
  • ジェイルブレイクされたデバイス - アプリがジェイルブレイクされたデバイスで実行されていない。
  • デバイスのパスコード - デバイスのパスコードがオンになっている。
  • データ共有 - アプリに対してデータ共有が有効になっていない。

Androidを実行しているデバイスの場合

デバイスがAndroidを実行しているデバイスの最小コンプライアンス要件を満たしているかどうかは、次の基準で決まります:

  • Android SDK 24(Android 7 Nougat)- 指定されたバージョン以上のバージョンのオペレーティングシステムをアプリで実行している。
  • デバッガーアクセス - アプリでデバッグが有効になっていない。
  • Root化済みデバイス - Root化済みデバイスでアプリが実行されていない。
  • デバイスのロック - デバイスのパスコードがオンになっている。
  • 暗号化された端末 - 暗号化された端末でアプリが実行されている。

Secure Mail 19.9.5

Secure Mail for iOS

ICSファイルのサポート。Secure Mail for iOSでは、添付ファイルとして受信したICSファイルをイベントとしてカレンダーにインポートできます。

Secure Mail for Android

このリリースには、バグの修正が含まれています。

Secure Mail 19.9.0

このリリース以降のSecure Mailは、次のサーバーをサポートします:

  • Exchange Server 2016累積更新プログラム13
  • IBM Lotus Notes Travelerバージョン10.0.1.0ビルド201811191126_20
  • IBM Domino Mail Serverバージョン10.0.1

Secure Mail for iOS

  • Secure Mail for iOSはiOS 13をサポートしています。
  • MIMEヘッダーでフィッシングメールを報告。Secure Mail for iOSでは、ユーザーがフィッシングメールについて報告すると、そのメールに関連した添付としてEMLファイルが生成されます。管理者はこのメールを受信し、報告されたメールに関連付けられているMIMEヘッダーを表示できます。この機能を有効にするには、管理者がCitrix Endpoint Managementコンソールで、フィッシングメールアドレスの報告ポリシーを設定し、フィッシング報告の方法を [添付ファイルで報告] に設定する必要があります。詳しくは、「添付ファイルでフィッシングメールを報告」を参照してください。
  • 応答性メールのサポート。Secure Mail for iOSは、応答性メールの配信用に最適化されています。以前は、大きな表や画像を含むメールコンテンツは正しくレンダリングされませんでした。この機能では、メールの形式やサイズにかかわらず、すべてのサポートされるデバイスでメールコンテンツがより読みやすく表示されます。
  • カレンダーイベントをドラッグアンドドロップ。Secure Mail for iOSで、既存のカレンダーイベントをドラッグアンドドロップして時間を変更できます。イベントをドラッグして、会議が開催される日の希望する時間枠、または更新する期間にドロップします。
  • 自動表示。Secure Mail for iOSでは、スレッドでメッセージを削除した後、どのメッセージに戻るかを選択できます。この機能を使用するには、[設定]>[自動表示] に移動します。次に、使用可能なオプションから希望する設定を選択します。この機能に関するユーザー向けヘルプドキュメントについては、Citrixユーザーヘルプセンターの記事「スレッドでのメールの削除と自動表示」を参照してください。
  • git pWkWebViewのサポート。Secure Mail for iOSは、WkWebViewをサポートしています。この機能により、Secure Mailのメールおよびカレンダーイベントがデバイス上でより適切にレンダリングされます。

Secure Mail for Android

このリリース以降、Secure Mail for AndroidはAndroid 6以降を実行するデバイスのみでサポートされます。

Secure Mail for Android 19.8.5

このリリースには、バグの修正が含まれています。

Secure Mail 19.8.0

Secure Mail for iOS

このリリースには、バグの修正とパフォーマンスの強化機能が含まれています。

Secure Mail for Android

  • Android Qのサポート。
  • Google Playの64ビットサポート。Secure Mail for Androidは、64ビットアーキテクチャをサポートします。
  • Secure Mail for Androidでは、プルして更新する機能のUIが改善されました。「マテリアルデザイン」ガイドラインに従って、プルして更新する機能にマイナーな改善を行いました。ハンバーガーアイコンをタップすると、画面下部に同期タイムスタンプが表示されます。

Secure Mail 19.7.5

Secure Mail for iOS

  • 下書きフォルダーの自動同期。Secure Mail for iOSでは、下書きフォルダーが自動的に同期され、下書きはすべてのデバイスで利用できます。この機能は、Exchange ActiveSync v16以降を実行している環境で使用できます。この機能に関するユーザー向けヘルプドキュメントについては、Citrixユーザーヘルプセンターの記事「下書きフォルダーの自動同期」を参照してください。

  • Secure Mail for iOSは、MDM+MAMモードでMicrosoft Intuneを使用する場合にシングルサインオンをサポートします。この機能を使用するためには、デバイスにMicrosoft Authenticatorアプリがインストールされていることを確認してください。Microsoft Authenticatorアプリのインストールについて詳しくは、_Docs.microsoft.com_の「Microsoft Authenticator アプリのダウンロードとインストール」を参照してください。

Secure Mail for Android

注:

OSをAndroid Qにアップグレードする前に、Secure Mailをバージョン19.7.5にアップグレードすることをCitrixではお勧めします。

  • Microsoft Office 365の先進認証を使用している環境でトンネリングにWeb SSOを使用するポリシー。Secure Mail for Androidで、トンネリングにWeb SSOを使用するという新しいポリシーが追加されます。このポリシーを有効にすると、OAuthトラフィックをトンネリングしてSecure Browseを通過できます。必要な操作:
    • トンネリングにWeb SSOを使用するポリシーを [オン] に設定します。
    • ネットワークアクセスポリシーで、[トンネル–Web SSO] オプションを選択します。
    • バックグラウンドサービスポリシーからOAuthに関連したホスト名を除外します。
  • Secure Mail for Androidは、MDM+MAMモードでMicrosoft Intuneを使用する場合にシングルサインオンをサポートします。この機能を使用するためには、デバイスにIntuneポータルサイトアプリがインストールされていることを確認してください。Intuneポータルサイトアプリにログイン後、資格情報を使用してSecure Mailで再認証する必要なく、MDM+MAMモードでシングルサインオンを使用できます。

Secure Mail 19.6.5

Secure Mail for iOS

Secure Mail for iOSバージョン19.6.5には、バグの修正とパフォーマンスの強化機能が含まれています。既知の問題と解決された問題については、「既知の問題と解決された問題」を参照してください。

Secure Mail for Android

  • カレンダーイベントをドラッグアンドドロップ。Secure Mail for Androidで、既存のカレンダーイベントをドラッグアンドドロップして時間を変更できます。この機能に関するユーザー向けヘルプドキュメントについては、Citrixユーザーヘルプセンターの記事「カレンダーイベントの時間を変更する」を参照してください。

  • 応答性メールのサポート。Secure Mail for Androidは、応答性メールの配信用に最適化されています。以前は、大きな表や画像を含むメールコンテンツは正しくレンダリングされませんでした。この機能では、メールの形式やサイズにかかわらず、すべてのサポートされるデバイスでメールコンテンツがより読みやすく表示されます。

  • Secure Mailの連絡先の写真。Secure Mail for Androidでは、メールまたは会議への出席依頼で受信者を追加するときに連絡先の画像を表示します。連絡先の画像は、名前の横に表示されます。同じ名前の人が複数いる場合は、メールまたは会議の出席依頼に受信者を追加するときに、画像で正しい受信者を特定できます。ローカルに保存されていない連絡先を検索するには、受信者の名前を4文字以上入力して画像を表示します。

    Secure Mailの連絡先の写真

  • カレンダーの予定リストウィジェット。Secure Mail for Androidでは、カレンダーの予定リストをウィジェットで利用できます。このウィジェットから、1週間のカレンダーで近日中のイベントを表示できます。この機能によって、カレンダーイベントを作成し、既存イベントを表示し、詳細を編集できます。[スクリーンショットを禁止] ポリシーはホーム画面に配置されたウィジェットに適用されません。ただし、[カレンダーの予定リストウィジェットを許可] ポリシーを使用してウィジェットを無効にすることはできます。

    カレンダーの予定リストウィジェット

Secure Mail 19.5.5

Secure Mail for Android

Secure Mail for Androidバージョン19.5.5には、バグの修正とパフォーマンスの強化機能が含まれています。既知の問題と解決された問題については、「既知の問題と解決された問題」を参照してください。

Secure Mail for iOS

  • Secure Mail for iOSは、MDM+MAMモードでMicrosoft Intuneを使用する場合にシングルサインオンをサポートします。この機能を使用するためには、デバイスにMicrosoft Authenticatorアプリがインストールされていることを確認してください。Microsoft Authenticatorアプリはアプリストアで入手できます。

  • Slack EMMのサポート: Slack EMMは、エンタープライズモビリティ管理(EMM)を有効にしたSlack顧客向けです。Secure Mail for iOSは、アプリケーション Slack EMMをサポートします。これによって管理者はSecure MailとSlackアプリまたはSlack EMMアプリとの統合を選択できます。

Secure Mail 19.5.0

Secure Mail for Android

フィードの管理。Secure Mail for Androidでは、フィードカードを必要に応じて整理できます。

フィードの管理

フィードにカスタムフォルダーを追加

フィードの管理について詳しくは、「フィードの管理」を参照してください。

下書きフォルダーの自動同期。Secure Mail for Androidでは、下書きフォルダーが自動的に同期され、下書きはすべてのデバイスで利用できます。この機能に関するユーザー向けヘルプドキュメント(ビデオを含む)については、Citrixユーザーヘルプセンターの記事「下書きフォルダーの自動同期」を参照してください。

Secure Mail for Android 19.4.6、19.4.5、19.3.5

これらのリリースには、バグの修正とパフォーマンスの強化機能が含まれています。

既知の問題と解決された問題については、「既知の問題と解決された問題」を参照してください。

Secure Mail 19.3.0

このリリース以降のSecure Mailは、次のサーバーをサポートします:

  • Exchange Server 2019累積更新プログラム1
  • Exchange Server 2016累積更新プログラム12
  • Exchange Server 2013累積更新プログラム22
  • Exchange Server 2010 Service Pack 3更新プログラムのロールアップ26

Secure Mailと互換性のあるサーバーの完全な一覧については、「Secure Mailの概要」を参照してください。

Secure Mail for iOS

フィードの管理。Secure Mail for iOSでは、フィードカードを必要に応じて整理できます。

注:

この機能はiPadでは使用できません。

フィードの管理

フィードにカスタムフォルダーを追加

フィードの管理について詳しくは、「フィードの管理」を参照してください。

Secure Mail for iOSおよびAndroid

内部ドメイン。外部組織に属するメール受信者を識別および編集できます。Citrix Endpoint Managementでこの機能を使用するには、[内部ドメイン] ポリシーを有効にしたことを確認してください。

メールを作成、返信、または転送するときに、外部の受信者がメーリングリストで強調表示されます。連絡先アイコンは、画面の左下に警告として表示されます。連絡先アイコンをタップすると、メーリングリストを変更できます。

外部宛先

内部ドメインについて詳しくは、「内部ドメイン」を参照してください。

人間工学に基づいた機能向上。操作ボタンが画面の上部から下部に移動され、簡単にアクセスできるようになりました。この変更は、受信トレイカレンダー連絡先の画面に適用されています。

注:

Androidを実行しているデバイスの場合は、受信トレイ画面とカレンダー画面が変更されます。

人間工学に基づいた機能向上

人間工学に基づいた機能向上について詳しくは、「人間工学に基づいた機能向上」を参照してください。

Secure Mail 19.2.0

Secure Mail for iOS

このリリースには、バグの修正とパフォーマンスの強化機能が含まれています。

既知の問題と解決された問題については、「既知の問題と解決された問題」を参照してください。

Secure Mail for Android

  • 連絡先の機能強化。Secure Mail for Androidでは、[連絡先] をタップして連絡先を選択すると、その連絡先の詳細が [連絡先] タブの下に表示されます。[組織] タブをタップすると、「マネージャー」、「直属の部下」および「同僚」など、組織階層の詳細が表示されます。画面右上の[その他]アイコンをタップすると、次のオプションが表示されます:

    • メールに添付
    • 共有
    • 削除

    [組織] タブでは、「マネージャー」、「直属の部下」、「同僚」 の右側にある[その他]アイコンをタップできます。次に、メールまたは新しいカレンダーへの招待を作成することができます。メールまたはカレンダーイベントの [宛先] フィールドに、「マネージャー」、「直属の部下」、「同僚」の詳細が自動的に入力されます。

    前提条件:

    Exchange Webサービス(EWS)がExchange Serverで有効になっていることを確認します。

    連絡先の詳細は、Active Directoryから取得した組織の詳細に基づいて表示されます。正しい連絡先の詳細を表示するには、管理者がActive Directoryで組織階層を構成していることを確認してください。

    注:

    この機能は、IBM Lotus Notesサーバーではサポートされていません。

  • ネットワークアクセスポリシー。Secure Mail for Androidでは、ネットワークアクセスMDXポリシーに [トンネル-Web SSO] という新しいオプションが追加されています。このポリシーを構成すると、内部トラフィックをセキュアブラウズおよびSecure Ticket Authority(STA)を同時に使用して柔軟にトンネリングすることができます。また、NTLM、Okta、Kerberosのようなセキュアブラウズ接続も許可できます。最初にSTAを構成するときには、サービスアドレスの個別のFQDNおよびポートをバックグラウンドネットワークサービスポリシーに追加する必要があります。[トンネル-Web SSO] オプションを構成する場合は、これらを構成する必要はありません。

Citrix Endpoint ManagementコンソールのSecure Mail for Androidでこのポリシーを構成するには:

  1. Android用の.mdxファイルをダウンロードします。詳しくは、「MDXアプリの追加」の手順を参照してください。
  2. ネットワークアクセスポリシーで、[トンネル–Web SSO] オプションをクリックします。詳しくは、「アプリのネットワークアクセス」を参照してください。

Secure Mail for iOS 19.1.6

このリリースには、バグの修正とパフォーマンスの強化機能が含まれています。

Secure Mail 19.1.5

このリリース以降のSecure Mailは、次のサーバーをサポートします:

  • Exchange Server 2016累積更新プログラム11
  • Exchange Server 2010 Service Pack 3更新プログラムのロールアップ24

Secure Mailと互換性のあるサーバーの完全な一覧については、「Secure Mailの概要」を参照してください。

Secure Mail 19.1.0

Secure Mail for iOS

  • 連絡先の機能強化。Secure Mail for iOSでは、[連絡先] をタップして連絡先を選択すると、その連絡先の詳細が [連絡先] タブの下に表示されます。[組織] タブをタップすると、「マネージャー」、「直属の部下」および「同僚」など、組織階層の詳細が表示されます。画面右上の[その他]アイコンをタップすると、次のオプションが表示されます:

    • 編集
    • VIPに追加
    • キャンセル

    [組織] タブでは、「マネージャー」「直属の部下」「同僚」 の右側にある[その他]アイコンをタップできます。この操作により、メールまたはカレンダーイベントを作成できます。メールまたは カレンダーイベントの [宛先] フィールドに、「マネージャー」、「直属の部下」、「 同僚」の詳細が自動的に入力されます。メールを作成して送信することができます。

    前提条件:

    Exchange Webサービス(EWS)がExchange Serverで有効になっていることを確認します。

    連絡先の詳細は、Active Directoryから取得した組織の詳細(Outlookの連絡先)に基づいて表示されます。正しい連絡先の詳細を表示するには、管理者がActive Directoryで組織階層を構成していることを確認してください。

    注:

    この機能は、IBM Lotus Notesサーバーではサポートされていません。

  • 会議の日時と場所をネイティブカレンダーにエクスポートします。Secure Mail for iOSでは、新しい値の [会議の時間と場所][カレンダーのエクスポート] MDXポリシーに追加されました。これによって、Secure Mailのカレンダーイベントにある会議の時間と場所を、ローカルのカレンダーにエクスポートすることができます。

  • Secure Mail for iOSは、Microsoft Enterprise Mobility + Security (EMS)/Intuneを先進認証(O365)で実行するセットアップで、リッチプッシュ通知をサポートします。

    リッチプッシュ通知機能を有効にするには、次の前提条件が満たされていることを確認してください:

    • Endpoint Managementコンソールで、[プッシュ通知] を[オン]に設定します。
    • ネットワークアクセスポリシー[制限なし] に設定します。
    • ロック画面上の通知を制御ポリシーは、[許可] または [メールの送信者またはイベントのタイトル] に設定されています。
    • [Secure Mail]>[設定]>[通知] の順に移動し、[メール通知] を有効にします。
  • Secure Mailのユーザーは、ズームアプリを使用して会議に参加できるようになりました。ズームアプリの使用に必要なポリシーの構成について詳しくは、「カレンダーからの会議への参加」を参照してください。
  • このリリースでは、iPad Pro 11インチとiPad Pro 12.9インチがサポートされます。

Secure Mail for Android

  • 添付ファイルの機能強化。Secure Mail for Androidでは、添付ファイルを簡単に表示できます。より良いエクスペリエンスを提供するために、不要な手順が削除されましたが、以前のリリースでの添付オプションが引き続き使用されています。

    Secure Mailアプリ内で添付ファイルを表示できます。Secure Mailで添付ファイルを表示できる場合は、添付ファイルが直接開きます。Secure Mailで添付ファイルを表示できない場合は、アプリの一覧が表示されます。添付ファイルを表示するために必要なアプリを選択できます。詳しくは、「添付ファイルの表示」を参照してください。

  • Secure Mailのユーザーは、ズームアプリを使用して会議に参加できるようになりました。ズームアプリの使用に必要なポリシーの構成について詳しくは、「カレンダーからの会議への参加」を参照してください。

  • 会議の日時と場所をネイティブカレンダーにエクスポートします。Secure Mail for Androidでは、[カレンダーのエクスポート] MDXポリシーの設定値に [会議の時間と場所] が追加されました。これを使用すると、Secure Mailのカレンダーイベントにある会議の時間と場所を、ネイティブカレンダーにエクスポートすることができます。

注:

Android 5.xのサポートは、2018年12月31日に終了しました。

Secure Mail 18.12.0

このリリースには、バグの修正とパフォーマンスの強化機能が含まれています。

既知の問題と解決された問題については、「既知の問題と解決された問題」を参照してください。

Secure Mail 18.11.5

Secure Mail for Android

  • ActiveSyncヘッダーでフィッシングメールを報告。Secure Mail for Androidでは、ユーザーがフィッシングメールについて報告すると、そのメールに関連した添付としてEMLファイルが生成されます。管理者はこのメールを受信し、報告されたメールに関連付けられているActiveSyncヘッダーを表示できます。

    この機能を有効にするには、管理者が [フィッシングメールアドレスの報告] ポリシーを構成し、[フィッシング報告の方法][添付ファイルで報告] に設定する必要があります。管理者は、Citrix Endpoint Managementコンソールでこれらの設定を構成します。Secure MailでMDXポリシーを構成する方法について詳しくは、「業務用モバイルアプリに対するMDXポリシー」を参照してください。

  • メールおよびカレンダーイベントの印刷。Secure Mail for Androidでは、Androidデバイスからメールとカレンダーのイベントを印刷できます。この印刷機能はAndroid印刷フレームワークを使用します。詳しくは、「メールおよびカレンダーイベントの印刷」を参照してください。

  • 差出人がマネージャーのフィード。Secure Mail for Androidでは、[フィード] 画面でマネージャーからのメールを表示できます。[メールの同期期間] 設定に基づいて、[差出人がマネージャー] フィードで最大5通のメールが表示されます。さらにマネージャーからのメールを表示するには、[すべて表示] をタップします。

    Secure Mailのマネージャーフィード

    前提条件:

    Exchange Webサービス(EWS)がExchange Serverで有効になっていることを確認します。

    Active Directoryから取得した組織の詳細(Outlookの連絡先)に基づいて、マネージャーカードが表示されます。マネージャーフィードで正しい詳細を表示するには、管理者がActive Directoryで組織階層を構成していることを確認してください。

    注:

    この機能は、IBM Lotus Notesサーバーではサポートされていません。

Secure Mail 18.11.1

重要:

次の問題は、Secure Mail for Android 18.11.1で解決されています

Secure Mail for AndroidでIBM Notes Traveler 9.0.1 SP 10に接続している場合、添付ファイル付きのメールが送信されずに送信トレイに残ります。 [CXM-58962]

Secure Mail 18.11.0

Secure Mail for Android

  • サブフォルダー通知。Secure Mail for Androidでは、メールアカウントのサブフォルダーからメール通知を受信できます。詳しくは、「サブフォルダー通知」を参照してください。

  • Secure Mail for Androidのバックグラウンドサービスの更新。Android 8.0(APIレベル26)以降を実行しているデバイスでGoogle Playのバックグラウンド実行制限の要件を満たすために、Secure Mailバックグラウンドサービスがアップグレードされました。デバイスでメールの同期と通知を中断しないためには、Firebase Cloud Messaging(FCM)サービスのプッシュ通知を有効にします。FCMベースのリッチプッシュ通知について詳しくは、「Secure Mailのプッシュ通知」を参照してください。

デバイスのSecure Mail設定で [メール通知] がオンになっていることを確認します。この更新について詳しくは、Citrix Knowledge Centerの記事を参照してください。

制限事項:

  • FCMベースのプッシュ通知を有効にしない場合、15分ごとにバックグラウンド同期が発生します。その間隔は、アプリがバックグラウンドまたはフォアグラウンドで実行されているかによって異なります。

  • ユーザーがデバイス設定でこの時間を手動で更新すると、カレンダーウィジェットの日付は自動的に更新されません。

Secure Mail for iOS

  • iOS 12.1のサポート。Secure Mail for iOSはiOSバージョン12.1をサポートします。

  • リッチプッシュ通知の失敗メッセージの強化。Secure Mail for iOSでは、通知の失敗の種類に基づいてデバイスの通知センターに適切なプッシュ通知の失敗メッセージが表示されます。詳しくは、「Secure Mail for iOSのプッシュ通知の失敗メッセージ」を参照してください。

  • 差出人がマネージャーのフィード。Secure Mail for iOSでは、[フィード] 画面でマネージャーからのメールを表示できます。[メールの同期期間] 設定に基づいて、[差出人がマネージャー] フィードで最大5通のメールが表示されます。さらにマネージャーからのメールを表示するには、[すべて表示] をタップします。

    Secure Mailのマネージャーフィード

    前提条件:

    Exchange Webサービス(EWS)がExchange Serverで有効になっていることを確認します。

    Active Directoryから取得した組織の詳細(Outlookの連絡先)に基づいて、マネージャーカードが表示されます。マネージャーフィードで正しい詳細を表示するには、管理者がActive Directoryで組織階層を構成していることを確認してください。

    注:

    この機能は、IBM Lotus Notesサーバーではサポートされていません。

Secure Mail 18.10.5

  • Secure MailのSlackとの統合(プレビュー): iOSまたはAndroidデバイスで、メールでの会話をSlackアプリで続けられるようになりました。詳しくは、「Secure MailとSlackとの統合(プレビュー)」を参照してください。

  • フィードフォルダーの機能拡張: Secure Mail for iOSでは、既存のフィードフォルダーの以下の機能が拡張されています:

    • 近日中の会議がフィードカードに最大5つ表示されます。
    • 今後24時間以内の会議はフィードカードに表示され、[今日] および [明日] のセクションに分類されます。

Secure Mail 18.10.0

  • メールとカレンダーの通知用のSecure Mail通知チャネル: Android O以降が稼働するデバイスでは、通知チャネル設定を使用して、メールやカレンダーの通知の処理方法を管理できます。この機能を使用すると、通知をカスタマイズして管理できます。詳しくは、「通知チャネル」を参照してください。

  • 転送でフィッシングメールを報告: Secure Mail for iOSでは、フィッシングメールの報告機能を使用して、フィッシングの疑いがあるメールを転送で報告することができます。不審なメッセージは、管理者がポリシーに設定するメールアドレスに転送できます。この機能を有効にするには、管理者が[フィッシングメールアドレスの報告]ポリシーを構成し、[フィッシング報告の方法][転送で報告] に設定する必要があります。この機能に関するユーザー向けヘルプドキュメントについては、Citrixユーザーヘルプセンターの記事「フィッシングメールの報告」を参照してください。

Secure Mail 18.9.0

  • 「yy.mm.version」という形式の新しいバージョン番号体系。例えば、バージョン18.9.0などです。

  • 転送でフィッシングメールを報告: Secure Mailfor Androidでは、フィッシングメールの報告機能を使用して、フィッシングの疑いがあるメールを転送で報告することができます。不審なメッセージは、管理者が設定するメールアドレスに転送できます。この機能を有効にするには、管理者が[フィッシングメールアドレスの報告]ポリシーを構成し、[フィッシング報告の方法]を [転送で報告] に設定する必要があります。この機能に関するユーザー向けヘルプドキュメントについては、Citrixユーザーヘルプセンターの記事「フィッシングメールの報告」を参照してください。

  • フィードカードの機能拡張: Secure Mail for Androidでは、既存のフィードフォルダーの以下の機能が拡張されています:

    • 自動同期されたすべてのフォルダーからの会議への出席依頼がフィードカードに表示されます。
    • 近日中の会議がフィードカードに最大5つ表示されます。
    • 近日中の会議は、現在の時刻から24時間以内に開催されるものが表示されます。これらの会議への出席依頼は [今日][明日] に分類されます。 以前のリリースには、当日中に開催される近日中の会議がフィードに表示されていました。
  • Secure Mailのカレンダーイベントのエクスポート: Secure Mail for AndroidおよびSecure Mail for iOSを使用すると、Secure Mailのカレンダーイベントをデバイスのネイティブカレンダーアプリにエクスポートできます。この機能を有効にするには、[設定] をタップして、「カレンダーイベントをエクスポート」スライダーを右にドラッグします。詳しくは、「Secure Mailのカレンダーイベントのエクスポート」を参照してください。

Secure Mail 10.8.65

  • iOS 12で利用可能: Secure Mail for iOSでは、グループ通知機能がサポートされています。この機能により、会話はメールスレッドからグループ化されます。デバイスのロック画面でグループ化された通知をすばやく確認できます。グループ通知設定は、デバイスでデフォルトで有効になっています。
  • Secure Mail for iOSでは、[下書きの保存] ボタンと [下書きの削除] ボタンが大きくなります。この機能拡張により、お客様がそれぞれのオプションを区別しやすくなります。
  • Secure Mail for iOSでは、デバイスの [設定] でSecure Mail発信者IDを有効にすることで、Secure Mailの連絡先からの着信を識別できます。これらの設定を有効にすると、着信した場合にアプリの名前が発信者ID付きでデバイスに表示されます。例えば「Secure Mail Caller ID:Joe Jay」などです。詳しくは、「Secure Mail発信者番号」を参照してください。

Secure Mail 10.8.60

  • Secure MailはAndroid Pをサポートしています。
  • Secure Mailはポーランド語での利用が可能になりました。
  • Secure Mail for iOSでは、iOSネイティブのファイルアプリからメールにファイルを添付できます。詳しくは、「iOSの機能」を参照してください。

Secure Mail 10.8.55

Secure Mailバージョン10.8.55には新機能はありません。解決された問題については、「既知の問題と解決された問題」を参照してください。

Secure Mail 10.8.50

写真の添付の機能強化。Secure Mail for iOSでは、新しく追加された [ギャラリー] アイコンをタップして写真を簡単に添付できます。[ギャラリー] アイコンをタップして、メールに添付する写真を選択します。

写真の添付の機能強化 - iOS

Secure Mailのフィード画面。Secure Mail for iOSおよびSecure Mail for Androidでは、未読メール、対応が必要な会議出席依頼、近日中の会議がすべて [フィード] 画面に表示されます。

Secure Mail 10.8.45

フォルダーの同期。Secure Mail for iOSおよびSecure Mail for Androidで [同期] アイコンをタップすると、すべてのSecure Mailコンテンツを更新できます。[同期] アイコンは、Secure Mailの[メールボックス]、[カレンダー]、[連絡先]、[添付ファイル]などのスライドアウトパネルに表示されています。[同期] アイコンをタップすると、メールボックス、カレンダー、連絡先など、自動更新が設定されているフォルダーが更新されます。[同期] アイコンの横に、前回の同期のタイムスタンプが表示されます。

写真の添付の機能強化。Secure Mail for Androidでは、新しく追加された [ギャラリー] アイコンをタップして写真を簡単に添付できます。[ギャラリー] アイコンをタップして、メールに添付する写真を選択します。

写真の添付の機能強化 - Android

Secure Mail 10.8.40

カレンダーの検索のサポート。Secure Mail for iOSのカレンダーで、イベント、出席者、または文字列を検索できます。

Secure Mail 10.8.35

Secure Mail for iOSのバージョンは10.8.36です。

  • 通知応答オプション。Secure Mail for iOSでは、会議通知に応答できます(応答オプションは[承諾]、[辞退]、[仮承諾]など)。また、メッセージ通知に応答することもできます(応答オプションは[返信]、[削除])。

    通知応答オプションの画像

  • Secure Mail for Androidの戻るボタンの強化。Secure Mail for Androidでは、デバイスの戻るボタンをタップして、フローティング操作ボタンのオプションを閉じることができます。フローティング操作ボタンが展開状態の時に、デバイスの戻るボタンをタップすると、応答オプションが折りたたまれます。これにより、メッセージまたはイベントの詳細表示に戻ります。

    Androidの戻るボタン機能強化の画像

  • Secure Mail for Androidでは、会議への出席依頼に対する応答ボタンがメールに表示されます。会議出席依頼に関するメール受信通知を受け取った時に、次のいずれかのオプションをタップして返信することができます:

    • はい
    • 仮承諾
    • いいえ

    Secure Mail for Androidの会議への出席依頼オプション

Secure Mail 10.8.25

Secure Mail for iOSは、派生資格情報としてS/MIMEをサポートするようになりました: この機能が正しく動作するようにするには、以下を行う必要があります。

  • [S/MIME証明書のソース]で[派生資格情報]を選択します。詳しくは、「iOSの派生資格情報」を参照してください。
  • Citrix Endpoint ManagementでLDAP属性クライアントプロパティを追加します。次の情報を使用します:
    • キー: SEND_LDAP_ATTRIBUTES
    • 値: userPrincipalName=${user.userprincipalname},sAMAccountNAme=${user.samaccountname},displayName=${user.displayName},mail=${user.mail}

クライアントプロパティを追加する手順については、XenMobile Serverの場合は「クライアントプロパティ」を、Endpoint Managementの場合は「クライアントプロパティ」を参照してください。

派生資格情報を使用したデバイスの登録方法について詳しくは、「派生資格情報を使用したデバイスの登録」を参照してください。

  1. Endpoint Managementコンソールで [構成]>[アプリ] の順に移動します。
  2. [Secure Mail] を選択し、[編集] をクリックします。
  3. iOSプラットフォームに表示されている[S/MIME証明書のソース]で、[派生資格情報] を選択します。

    Secure Mail for iOSの新しいナビゲーションバーの画像

Secure Mail for iOSおよびSecure Mail for Androidの外観と操作性が刷新されました: ユーザーが、よりシンプルかつ効率的に操作できるようになっています。Secure Mailのメニューボタンと操作ボタンの配置を、ナビゲーションバー形式に変更しました。ユーザーの操作性がどのように変わったかについて、以下のビデオを参照してください:

Secure MailのYouTubeビデオアイコン

次の図は、iOSデバイスの新しいナビゲーションバーを示しています。

Secure Mail for iOSの新しいナビゲーションバーの画像

次の図は、Androidデバイスの新しいナビゲーションバーを示しています。

Secure Mail for Androidの新しいナビゲーションバーの画像

変更内容:

  • グラバーハンドを廃止しました。[メール]、[カレンダー]、[連絡先]、[添付ファイル]などのSecure Mail機能は、フッタータブバーにボタンとして表示されます。次の図は、この変更内容を示しています。

    フッタータブバーの画像

    注:

    Androidデバイスでは、メールアイテムを開いた後はフッタータブバーが表示されません。たとえば、次の図に示すように、メールまたはカレンダーイベントを開くとフッタータブバーは表示されません。

    フッタータブバーのないAndroidデバイスの画像

  • [設定] メニューは、[メール]、[カレンダー]、[連絡先]、[添付ファイル]などのすべてのメニューで表示されます。[設定] に移動するには、ハンバーガーアイコンをタップし、右下の[設定]ボタンをタップします(下図参照)。

    Secure Mailの[設定]メニューの画像

  • [検索] アイコンは[検索]バーに代わるもので、[受信トレイ]、[連絡先]、[添付ファイル]の各画面に表示されます。

    [検索]アイコンの画像

  • iOSデバイスでは、メールアイテムをタップしたまま長押しすると、そのアイテムが選択されます。

  • 次の図に示すように、作成のフローティング操作ボタンをタップして新しいメールを作成できます。

    作成のフローティング操作ボタンの画像

  • 次のメニューオプションが画面の右上に表示されるようになりました:
    • 同期オプション: 右上のオーバーフローアイコンをタップし、[追加オプション]>[同期] のオプションに移動して、同期設定を変更できます。

      注:

      このオプションは、Androidデバイスでのみ表示されます。

    • [検索]アイコン: タップすると、メールを検索できます。

  • トリアージ表示アイコン: タップすると、会話をトリアージ表示できます。

  • 応答のフローティング操作ボタン: メールの表示中に、[転送]、[全員に返信]、または[返信]ボタンをタップしてメールに応答できます(下図参照)。

    応答のフローティング操作ボタンの画像

  • メールの表示中、次のメニューオプションが画面の右上に表示されます:
    • フラグ: タップすると、メールにフラグが付きます。
    • 未読にする: タップすると、メールを未読状態にできます。
    • 削除: タップすると、メールが削除されます。
    • 追加オプション: オーバーフローアイコンをタップすると、[移動]など、他の利用可能な操作が表示されます。

カレンダーの変更

  • カレンダーで、イベントのフローティング操作ボタンをタップしてイベントを作成することができます(下図参照)。

    カレンダーのフローティング操作ボタンの画像

  • 次のメニューオプションが画面の右上に表示されるようになりました:

    • 今日: タップすると、今日のイベントが表示されます。
    • 検索: タップすると、イベントを検索できます。
    • 応答のフローティング操作ボタン: イベントの表示中に、[転送]、[全員に返信]、または[返信]ボタンをタップして応答できます。

    カレンダーの応答オプションの画像

イベントを表示すると、[はい]、[仮承諾]、[いいえ]などの応答操作ボタンがイベントの詳細の下に表示されるようになりました。

連絡先の変更

  • [新しい連絡先を作成] フローティング操作ボタンをタップして、新しいメールを作成できます(下図参照)。

    [新しい連絡先を作成]の画像

  • [検索] メニューオプションは、画面の右上に表示されるようになりました。このオプションをタップすると、連絡先を検索できます。
  • 連絡先の表示中、次のメニューオプションが画面の右上に表示されます:

    Androidデバイスの場合:

    • 編集: タップすると、連絡先を編集できます。
    • 追加オプション: オーバーフローアイコンをタップすると、[メールに添付]、[共有]、[削除]など、他の利用可能な操作が表示されます。

    Androidのオーバーフローアイコンの画像

    iOSデバイスの場合:

    • 編集: タップすると、連絡先を編集できます。
    • 共有: [共有]アイコンをタップすると、[連絡先の共有]や[メールに添付]など、他の利用可能な操作が表示されます。

    iOSの共有アイコンの画像

    注:

    iOSデバイスで連絡先を削除するには、削除する連絡先を選択して [編集] をタップし、画面の下部にある [削除] をタップします(下図参照)。

    iOSデバイスの連絡先削除の画像

添付ファイルの変更

次の添付ファイルメニューオプションが画面の右上に表示されるようになりました:

  • 並べ替え: [並べ替え] アイコンをタップして適切なフィルタを選択すると、添付ファイルを並べ替えることができます。
  • 検索: タップすると、添付ファイルを検索できます。

Secure Mail 10.8.20

  • Secure Mail for iOSで、派生資格情報を使用した登録と認証がサポートされるようになりました。派生資格情報について詳しくは、「iOSの派生資格情報」を参照してください。
  • Secure Mail for iOSは、リッチプッシュ通知をサポートします。リッチ通知機能により、Secure Mailがバックグラウンドで実行されていない場合でも、受信トレイのロック画面の通知を確実に受信できます。この機能は、パスワードベースの認証セットアップとクライアントベースの認証セットアップでサポートされています。詳しくは、「リッチプッシュ通知」を参照してください。

    注:

    このリッチプッシュ通知機能をサポートするアーキテクチャが変更されたため、VIPのみのメール通知は利用できなくなりました。

  • Secure Mail for Android、Secure Mail for iOSはリッチテキスト署名をサポートするようになりました。メールの署名に画像やリンクを使用できます。詳しくは、「リッチテキスト署名」を参照してください。

Secure Mail 10.8.15

  • Secure Mail for iOSはリッチテキスト署名をサポートするようになりました。メールの署名に画像やリンクを使用できます。詳しくは、「リッチテキスト署名」を参照してください。
  • Secure MailはAndroid Enterprise(以前のAndroid for Work)をサポートします。Secure MailでAndroid Enterpriseアプリを使用することで、別の仕事用プロファイルを作成できます。詳しくは、「Secure MailのAndroid Enterprise」を参照してください。
  • Secure Mailは電子メールを表示しながら埋め込みリソースをレンダリングします。リソースが内部ネットワークにある場合(内部リンクである画像URLが記載されたメールなど)、Secure Mailは内部ネットワークに接続してコンテンツを取得しレンダリングします。
  • Secure Mailは、先進認証をサポートしています。先進認証は、ユーザー名とパスワードを使用したOAuthトークンによる認証です。Office 365の内部および外部Active Directoryフェデレーションサービス(AD FS)またはIDプロバイダー(IdP)をサポートします。
  • 添付リポジトリのパフォーマンスの強化。Attachmentsリポジトリをすばやくスクロールすることができます。

Secure Mail 10.8.10

  • 添付ファイルの印刷をサポート。Secure Mail for iOSは、メールの添付ファイルの印刷をサポートしています。
  • Microsoft Office 365の先進認証。Secure Mail for iOSは、先進認証をサポートしています。先進認証は、ユーザー名とパスワードを使用したOAuthトークンによる認証です。Office 365の外部および内部Active Directoryフェデレーションサービス(AD FS)およびIDプロバイダー(IdP)をサポートします。詳しくは、「Microsoft Office 365を使用した先進認証」を参照してください。

注:

このリリースでは、Endpoint ManagementとMicrosoft Intune/EMSとの統合で先進認証はサポートされていません。

このリリースには、AD FSが外部からアクセスできる場合の先進認証が含まれています。

Secure Mailの新機能