Citrix Virtual Apps and Desktops

Workspaceのハイブリッド起動のアプリ保護

Citrix Virtual Apps and Desktopsのハイブリッド起動は、ネイティブブラウザーでストアURLを入力し、ネイティブのCitrix WorkspaceアプリとそのHDXエンジンで仮想アプリおよび仮想デスクトップを起動して、Citrix Workspace for Webにサインインする場合の起動です。ハイブリッドという用語は、Citrix Workspace for WebアプリとネイティブのCitrix Workspaceアプリの組み合わせでリソースに接続して使用することを意味します。

注:

エンドポイントにネイティブのCitrix Workspaceアプリコンポーネントがインストールされていない場合、それはCitrix WorkspaceストアとHDXエンジンの両方がブラウザー内に存在するゼロインストール構成です。これはHTML5向けCitrix Workspaceアプリと呼ばれ、Citrix WorkspaceまたはCitrix StoreFrontのいずれかでホストされます。このドキュメントでは、このシナリオには対応していません。

前提条件

  • Citrix Workspace Web拡張機能をサポートするブラウザーを使用していることを確認します。
  • Workspace URLのDNSサフィックスがcloud.comであることを確認します。現在、カスタムドメインはサポートされていません。
  • Windows向けCitrix Workspaceアプリ2106以降を使用していることを確認します。

ハイブリッド起動のアプリ保護の有効化

  1. ストアを追加する前に、使用しているブラウザー用のCitrix Workspace Web拡張機能をインストールします。使用しているブラウザーに基づいて、次のいずれかのリンクをクリックします:

    拡張機能をインストールすると、Webブラウザーの拡張機能セクションに表示されます。

    ネイティブブラウザー

  2. ネイティブブラウザーからストアにサインインします。

  3. [プロファイル]>[アカウント設定]>[詳細設定] に移動します。

    [アプリおよびデスクトップの起動設定] セクションでは、Webブラウザーでアプリとデスクトップの現在の起動方法を確認できます。[Citrix Workspaceアプリの使用] をクリックします。

    ネイティブブラウザー

    Citrix Workspaceアプリを使用してリソースを起動している場合は、次のオプションが表示されます。このような場合、変更は必要ありません。

    [詳細設定]画面

  4. 保護された仮想アプリまたは仮想デスクトップを起動できるようになりました。

一般的な障害のシナリオ

起動が失敗するシナリオとその修正方法をいくつか示します。

  • 保護されたアプリケーションを起動する前に、Citrix Workspace Web拡張機能を無効にするかアンインストールすると、次のいずれかのエラーが発生します。この問題を避けるには、Citrix Workspace for Webにログインする前に拡張機能をインストールします。

    エラーの種類1

    エラーの種類2

  • 起動設定が [Webブラウザー] に設定されている場合、次のいずれかのエラーが発生します。起動設定を [Citrix Workspaceアプリの使用] に変更して、これを解決します。詳しくは、こちらのサポート記事を参照してください。

    エラーの種類3

    エラーの種類4

Workspaceのハイブリッド起動のアプリ保護