このリリースについて

22.5.0の新機能

Samsung DeXでのマルチディスプレイのサポート – プレビュー

Samsung DeX(Desktop eXperience)機能は、一部のハイエンドSamsungハンドヘルドデバイスで使用できます。DeX機能を使用すると、ユーザーはキーボード、マウス、モニターを接続することで、デバイスをデスクトップのようなエクスペリエンスに拡張できます。

DeX対応デバイスと外部ディスプレイを接続して、DeXプロトコルをサポートする外部ディスプレイにデスクトップセッションを拡張できます。Samsung DeX画面と外部ディスプレイにさまざまなコンテンツを拡張または表示できます。

重要:

  • この機能はSamsung DeXプラットフォームにのみ適用され、ChromeOSやその他のAndroidデバイスには適用されません。
  • この機能はCitrixデスクトップセッション専用であり、アプリセッション用ではありません。
  • 拡張アイコンは、DeX画面でのみ使用できます。DeX画面からデスクトップセッションを開始します。
  • 外部ディスプレイの解像度は、Samsung DeXデバイス、外部ディスプレイ、使用するその他のハードウェアによって異なります。

拡張モードの構成

拡張モードを有効にするには、以下を実行します:

  1. ケーブルを使用して、Samsung DeXプロトコルを搭載したデバイスを外部モニターに接続します。また、ワイヤレスモードでDeXプロトコルをサポートするSamsungモニターにSamsung DeX対応デバイスを接続することもできます。

    注:

    この設定は、USB type-c HDMIアダプターとUSB-C Dockアダプターで最適に機能します。

  2. Citrix Workspaceアプリを開き、Samsung DeX画面からデスクトップセッションを開始します。
  3. ツールバーに移動し、拡張アイコンをタップします。 拡張

    ヒント:

    画面拡張機能を削除するには、拡張アイコンをもう一度タップします。 拡張を削除

  4. ドラッグアンドドロップ機能を使用して、アプリケーションウィンドウを外部モニターに移動します。

    制限事項:

    ウィンドウを別のディスプレイにドラッグするときは、画面の端でマウスポインターを離します。マウスを使用してターゲットディスプレイからドラッグアンドドロップでウィンドウを移動します。

注:

  • ニーズに合わせてデバイス画面を回転させることができます。
  • 読みやすくするために、[Scale and layout] セクションのセッション表示設定でフォントサイズを調整します。

ディスプレイ配置の構成

ディスプレイ配置を構成するには、以下を実行します:

前提条件:

セッションを開始する前に、表示の配置を構成します。

  1. Citrix Workspaceアプリを開き、設定アイコン > [Settings] > [General] > [Display] > [Display Arrangement] に移動します。

    表示

  2. 適切なオプションを選択します。 デバイスディスプレイは、右側または左側に表示されます。

重要:

  • Samsung DeX画面がメインディスプレイです。
  • Citrix WorkspaceアプリのUIを表示できる画面は1つだけです。
  • つなげられる外部ディスプレイは1つだけです。
  • セッションを開始すると、Citrix Workspaceアプリが閉じます。

推奨事項と注意事項

  • Android向けCitrix Workspaceアプリ22.4.0では、Android 12がサポートされています。
  • HTTPベースのストアを使用している場合は、セキュアなコンテキストのために、HTTPSベースのストアに移行することをお勧めします。詳しくは、HTTPSのセクションを参照してください。

22.5.0で解決された問題

このリリースでは問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

22.5.0の既知の問題

このリリースで新しく確認された既知の問題はありません。

以前のリリース

このセクションでは、Citrix Workspaceアプリのライフサイクルマイルストーンに従ってサポートされている以前のリリースの新機能と解決された問題に関する情報を提供します。

22.4.0

新機能

このリリースは、さまざまな問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

推奨事項と注意事項

  • Android向けCitrix Workspaceアプリ22.4.0では、Android 12がサポートされています。
  • HTTPベースのストアを使用している場合は、セキュアなコンテキストのために、HTTPSベースのストアに移行することをお勧めします。詳しくは、HTTPSのセクションを参照してください。

解決された問題

このリリースでは問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

注:

製品の既存の問題については、「既知の問題」セクションを参照してください。

22.3.5

新機能

ユーザーインターフェースの変更

このリリースでは、[キーボードの同期] オプションという名称が [キーボードレイアウトの同期] に変更され、[クライアントIME] オプションがデフォルトで有効になっているため、UIから削除されました。

旧インターフェース

UIを統一

新インターフェース

UIを統一

キーボードレイアウトの同期を無効にすると、デバイスの現在の入力方法に応じて、VDA側(リモート)のIMEとクライアント側のIMEの両方が有効になります。たとえば、クライアント側のIMEが英語で、VDA側のIMEが日本語の場合、VDA側のIME(リモート)が有効になります。

キーボードレイアウトの同期が有効になっている場合は、クライアント側のIMEが優先されます。 クライアント側のIMEで入力言語を変更すると、VDA側のIMEもそれに応じて変更されます。たとえば、クライアント側のIMEを日本語に変更すると、VDA側のIMEも日本語に変更されます。同時に、セッション中はクライアントデバイス上の日本語IMEが使用されます。

WebおよびSaaSアプリ向けに強化されたシングルサインオン(SSO)エクスペリエンスのサポート [Technical Preview]

この機能により、サードパーティのIDプロバイダー(IdP)を使用しながら、内部WebアプリおよびSaaSアプリ向けのSSOの構成を簡素化できます。強化されたSSOエクスペリエンスにより、プロセス全体がいくつかのコマンドに集約されます。SSOをセットアップするためにIDプロバイダーチェーンでCitrix Secure Private Accessを構成するという、必須の前提条件がなくなります。また、Workspaceアプリと起動中の特定のWebまたはSaaSアプリの両方の認証に同じIDプロバイダーが使用される場合、ユーザーエクスペリエンスも向上します。

このPodioフォームを使用して、このTechnical Previewに登録できます。

注:

Technical Previewは、お客様が非実稼働環境または制限のある稼働環境でテストし、フィードバックを共有する機会を提供するためのものです。機能プレビューのサポートケースは受け付けられませんが、改善に関するフィードバックをお待ちしております。重要度と重大度により、フィードバックに対応する場合としない場合があります。ベータビルドは実稼働環境に展開しないことをお勧めします。

推奨事項と注意事項

  • Android向けCitrix Workspaceアプリ22.3.5では、Android 12がサポートされています。
  • HTTPベースのストアを使用している場合は、セキュアなコンテキストのために、HTTPSベースのストアに移行することをお勧めします。詳しくは、HTTPSのセクションを参照してください。

解決された問題

このリリースでは問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

注:

製品の既存の問題については、「既知の問題」セクションを参照してください。

22.3.0

新機能

Googleアシスタントの統合

毎回Citrix Workspaceアプリを起動しなくても、Googleアシスタントを操作して、アプリやデスクトップなどのリソースを起動できます。最近アクセスしたすべてのリソースは、Googleアシスタントのショートカットの下に一覧表示されます。ショートカットとして追加したいリソースを選択します。

詳しくは、「Googleアシスタントの統合」セクションを参照してください。

最新バージョンの使用

最新バージョンのCitrix Workspaceアプリを使用するのに役立つ機能が搭載されています。Citrix Workspaceアプリを起動すると、アプリ内プロンプトで最新バージョンに更新するように求められます。

詳しくは、「最新バージョンの使用」を参照してください。

推奨事項と注意事項

  • Android向けCitrix Workspaceアプリ22.3.0では、Android 12がサポートされています。
  • HTTPベースのストアを使用している場合は、セキュアなコンテキストのために、HTTPSベースのストアに移行することをお勧めします。詳しくは、HTTPSのセクションを参照してください。

解決された問題

このリリースでは問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

注:

製品の既存の問題については、「既知の問題」セクションを参照してください。

22.2.0

新機能

長押しジェスチャによる最近のアプリへのアクセス

このリリース以降、Citrix Workspaceアプリアイコンで長押しジェスチャを使用すると、最近起動した一覧からすばやくアプリやデスクトップにアクセスできます。

長押し

オンプレミスからクラウドアカウントへの移行

管理者は、エンドユーザーをオンプレミスのStoreFrontストアのURLからWorkspace URLにシームレスに移行できます。管理者は、Global App Configuration Serviceを使用して、最小限のエンドユーザー操作で移行を実行できます。

詳しくは、「オンプレミスからクラウドアカウントへの移行」を参照してください。

サービス継続性

サービス継続性により、接続プロセスに関与するコンポーネントの可用性に依存することがなくなるか、最小限に抑えられます。ユーザーは、クラウドサービスのヘルス状態に関係なく、仮想アプリと仮想デスクトップを起動できます。

詳しくは、Citrix Workspaceドキュメントの「サービス継続性」セクションを参照してください。

解決された問題

このリリースでは問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

注:

製品の既存の問題については、「既知の問題」セクションを参照してください。

21.12.0

新機能

Zebraワークステーション接続のサポート

このリリースでは、Zebraタブレットの機能(デスクトップランチャーとデスクトップモードでのエクスペリエンス)との互換性が導入されています。Androidタブレットのユーザーエクスペリエンスは、Zebra Workspace Connectorを使用してクライアントモニターにミラーリングされます。

Citrix Workspaceアプリでは、次のZebraデバイスがサポートされます:

  • EC50、EC55、ET56モバイルコンピューター
  • TC52x、
  • TC57x、
  • TC52ax、
  • TC52x-HC
  • TC52ax-HC

Zebraデバイスの管理について詳しくは、Citrix Endpoint Managementのドキュメントの「Zebra OEMConfigを使用したZebra Androidデバイスの管理」を参照してください。

推奨事項と注意事項(Android 12、HTTPS)

  • Android向けCitrix Workspaceアプリ21.11.0では、Android 12がサポートされています。
  • HTTPベースのストアを使用している場合は、セキュアなコンテキストのために、HTTPSベースのストアに移行することをお勧めします。詳しくは、HTTPSのセクションを参照してください。

解決された問題

このリリースでは問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

注:

製品の既存の問題については、「既知の問題」セクションを参照してください。

21.11.0

新機能

すべてのファイルを管理するためのアクセスを許可する

このリリースでは、アクセス許可オプション「すべてのファイルを管理するためのアクセスを許可する」が導入されました。最適なパフォーマンスを得るために、この権限を有効にすることをお勧めします。ファイルはセキュアに保たれます。 すべてのファイルを管理するためのアクセスを許可する

推奨事項と注意事項(Android 12、HTTPS)

  • Android向けCitrix Workspaceアプリ21.11.0では、Android 12がサポートされています。
  • HTTPベースのストアを使用している場合は、セキュアなコンテキストのために、HTTPSベースのストアに移行することをお勧めします。詳しくは、HTTPSのセクションを参照してください。

機能の制限事項

StoreFrontからCitrix Workspaceに移行した後、Pendoガイドの [次へ] ボタンをタップしている間、画面が一瞬点滅します。

解決された問題

  • Citrix Workspaceアプリでスマートカードを統合できません。この問題が解決されると、認証にPersonal Identity Verification(PIV)およびCommon Access Card(CAC)ベースのスマートカードを使用できるようになります。[RFANDROID-8970]

注:

製品の既存の問題については、「既知の問題」セクションを参照してください。

21.10.0

新機能

無料デモへのアクセス

モバイルデバイスでのCitrix Workspace環境の試用が簡単になりました。潜在的なユーザーや関心のある人は誰でも、Android向けCitrix Workspaceアプリの無料デモにアクセスできます。

72時間の無料トライアルをリクエストして、Citrix Workspaceアプリを試用できます。

無料デモへのアクセスをリクエストするには:

  1. Citrix Workspaceアプリのサインイン画面で [Request demo access] をタップします。 デモをリクエストする

  2. CitrixのデモへのアクセスをリクエストするWebページが表示されます。
  3. 名前、会社、住所、電話番号、市区町村、会社のメールアドレスなどの必要な情報をフィールドに入力し、次に [Submit Request] をタップします。 デモ用のメールアドレス

  4. 会社のメールアドレスに一時的なユーザー名とパスワードが送信されます。サインイン画面で一時的なユーザー名とパスワードを入力します。

これで、Citrix Workspaceアプリの72時間の無料デモアクセスが可能になりました。

推奨事項と注意事項(Android 12、HTTPS)

  • Android向けCitrix Workspaceアプリ21.10.0では、Android 12がサポートされています。
  • HTTPベースのストアを使用している場合は、セキュアなコンテキストのために、HTTPSベースのストアに移行することをお勧めします。詳しくは、HTTPSのセクションを参照してください。

解決された問題

このリリースでは問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

注:

製品の既存の問題については、「既知の問題」セクションを参照してください。

既知の問題

21.7.5の既知の問題

VDA経由のセッション中にネットワークを切断および再接続すると、クライアントの自動再接続(ACR)のダイアログボックスが表示される場合があります。[接続]をタップしてセッションを再開します。[RFANDROID-3574]

21.4.0の既知の問題

このリリースで新しく確認された既知の問題はありません。

注:

Citrix Workspaceアプリの仕事用プロファイルに登録すると、個人用プロファイルのICAファイルからChromeブラウザーを使用してセッションを起動できなくなります。ただし、Citrix Secure Webで除外リストにICAファイルのURLを追加する場合にこの問題は発生しません。

21.2.1の既知の問題

位置情報を使用するアプリを起動すると、Citrix Workspaceアプリで位置情報へのアクセスを [許可] に設定した後でも、Google Playポリシーのダイアログボックスが表示されます。この問題は、Androidバージョン9以前で発生します。[RFANDROID-7893]

20.3.0の既知の問題

  • Samsung DeXデバイスでは、[キャンセル] ボタンをクリックせずに権限ダイアログボックスを閉じると、USBデバイスのリダイレクトをキャンセルできないことがあります。[RFANDROID-5397]

20.2.0の既知の問題

  • SSL対応のVDAで、セッション画面の保持ポリシーを無効にしてセッションを起動しようとすると、起動に失敗してエラーメッセージが表示されます。[RFANDROID-5065]
  • クラウド展開においてキオスクモードで実行されているセッションでSaaSアプリを起動しようとすると、失敗することがあります。[RFANDROID-5137]
  • クライアントの再接続が機能せず、次のエラーメッセージが表示されます:

    「一般的な問題。再接続してください。」

    Citrix Gatewayの構成済みストアで、[セッション再接続] オプションがControllerで無効になっていて、[クライアントの自動再接続] オプションが有効になっている場合、再接続後に次のエラーメッセージが表示されます:

    [RFANDROID-5138]

  • [クライアントの自動再接続] ダイアログで [接続] をクリックすると、再接続に失敗します。この問題は、Citrix XenAppおよびXenDesktopバージョン7.6 CU 8に接続されたセッションで発生します。[RFANDROID-5151]

20.1.5の既知の問題

  • 複数ストアのクラウド環境では、ストアを削除してもストアの詳細は削除されない場合があります。ユーザーが [最近] タブからWorkspaceアプリを削除するまで、ストアは引き続き表示されます。[RFANDROID-5043]

機能プレビュー

機能プレビューは、お客様が非実稼働環境または制限のある稼働環境で使用し、フィードバックを共有できる機会を提供するものです。機能プレビューのサポートケースは受け付けられませんが、改善に関するフィードバックをお待ちしております。重要度と重大度により、フィードバックに対応する場合としない場合があります。

サードパーティ製品についての通知

Citrix製品には、Citrixが使用を許可され、オープンソースライセンスの下で再配布できるサードパーティのコードが含まれることがあります。顧客に広く情報を伝えるために、Citrixではオープンソース認可済みコード一覧でCitrix製品に含まれるオープンソースコードを公開します。

オープンソースライセンスコードについて詳しくは、「オープンソースライセンスコード」を参照してください。

Citrix Workspaceアプリには、次のドキュメントで定義された条件の下でライセンスが有効になったサードパーティのソフトウェアが含まれている可能性があります。

Android向けCitrix Workspaceアプリのサードパーティ製品についての通知

このリリースについて