ユーザーによるWindows向けCitrix Workspaceアプリのインストールとアンインストール

インストールメディア、ネットワーク共有、Windowsエクスプローラー、またはコマンドラインでCitrixWorkspaceApp.exeインストーラーパッケージを手動で実行してWindows向けCitrix Workspaceアプリをインストールできます。コマンドラインでのインストールパラメーターおよびスペースの要件については、「コマンドラインパラメーターを使用したWindows向けWorkspaceの構成とインストール」を参照してください。

空きディスクスペースの検証

次の表に、Windows向けCitrix Workspaceアプリをインストールする場合の最小必要ディスクスペースの詳細を示します。

   
インストールの種類 必須ディスクスペース
新規インストール 572MB
アップグレード 350MB

Citrix Workspaceアプリは、インストールを完了できるだけの十分なディスクスペースがあるかどうかを検証するチェックを実行します。この検証は、新規インストールとアップグレードのどちらの場合にも実行されます。

新規インストール時にディスクスペースが不十分な場合は、インストールが停止し、次のダイアログが表示されます。

alt_text

Citrix Workspaceアプリのアップグレード時にディスクスペースが不十分な場合は、インストールが終了し、次のダイアログが表示されます。

alt_text

メモ

  • インストーラーがディスクスペースのチェックを実行するのは、インストールパッケージの抽出後のみです。
  • サイレントインストール時にシステムのディスクスペースが少ない場合、ダイアログは表示されませんが、エラーメッセージがCTXInstall\_TrolleyExpress-\*.logに記録されます。

Windows向けCitrix Workspaceアプリのアンインストール

コントロールパネルの[プログラムと機能](または[プログラムの追加と削除])を使ってCitrix Workspaceアプリをアンインストールできます。

メモ

Windows向けCitrix Workspaceアプリのインストールを続行する前に、Citrix HDX RTMEパッケージのアンインストールを求めるメッセージが表示されます。[OK]をクリックしてアンインストールを続行します。詳しくは、Knowledge CenterのCTX200340を参照してください。

コマンドラインインターフェイスを使用してWindows向けCitrix Workspaceアプリをアンインストールするには

ユーザーは、コマンドラインから以下のコマンドを実行してWindows向けCitrix Workspaceアプリをアンインストールすることもできます。

CitrixWorkspaceApp.exe /uninstall

ユーザーデバイスからReceiverをアンインストールした後、receiver.adm/receiver.admlまたはreceiver.admxにより作成されたレジストリキーが、HKEY_LOCAL_MACHINEおよびHKEY_LOCAL_USERの下のSoftware\Policies\Citrix\ICA Clientディレクトリに残ります。

Windows向けCitrix Workspaceアプリを再インストールする場合、これらのポリシーによって予期しない問題が発生することがあります。これらカスタムポリシーは、手作業で削除してください。

Windows向けCitrix Workspaceアプリをサイレントアンインストールするには、次のスイッチを実行します:

CitrixWorkspaceApp.exe\silent\uninstall