システム要件と互換性

要件

  • 1GB以上のRAM。
  • Microsoft Edge WebView2ランタイムバージョン92以降。

    注:

    バージョン2107以降、Microsoft Edge WebView2ランタイムインストーラーはCitrix Workspaceアプリのインストーラーとともにパッケージ化されます。Workspaceアプリのインストール時、インストーラーがMicrosoft Edge WebView2ランタイムがシステム上に存在するかどうかを確認し、必要に応じてインストールします。

    管理者以外の権限でCitrix Workspaceアプリをインストールまたはアップグレードしようとすると、インストールは失敗します。

    • Self-Service plug-inには、NET 4.6.2が必要です。これにより、Citrix Workspaceアプリのユーザーインターフェイスまたはコマンドラインからアプリとデスクトップにサブスクライブして起動することができます。詳しくは、「コマンドラインパラメーターの使用」を参照してください。 Citrix Workspaceアプリ1904以降にアップグレードまたはダウンロードする場合、必要なバージョンの.NET FrameworkがWindowsシステム上にインストールされていないと、Citrix Workspaceアプリのインストーラーによって必要なバージョンの.NET Frameworkがダウンロードおよびインストールされます。

    注:

    非管理者権限でCitrix Workspaceアプリをインストールまたはアップグレードする場合、.NET Framework 4.6.2以降がシステム上にインストールされていないと、インストールは失敗します。

  • Microsoft Visual C++再頒布可能パッケージの最新バージョン。

    注:

    CitrixではMicrosoft Visual C ++再頒布可能パッケージの最新バージョンを使用することをお勧めします。そうしないと、アップグレード中に再起動のプロンプトが表示されることがあります。

    バージョン1904以降、Microsoft Visual C++再頒布可能インストーラーはCitrix Workspaceアプリのインストーラーとともにパッケージ化されます。Citrix Workspaceアプリのインストール時、インストーラーがMicrosoft Visual C++再頒布可能パッケージがシステム上に存在するかどうかを確認し、必要に応じてインストールします。

    注:

    Microsoft Visual C++再頒布可能パッケージがインストールされていないシステムに管理者以外の権限でCitrix Workspaceアプリをインストールしようとすると、失敗することがあります。

    Microsoft Visual C++再頒布可能パッケージをインストールできるのは、管理者のみです。

    .NET FrameworkまたはMicrosoft Visual C++再頒布可能パッケージのインストールに関する問題のトラブルシューティングについては、Citrix Knowledge Centerの記事CTX250044を参照してください。

互換性マトリックス

Citrix Workspaceアプリは、現在サポートされているすべてのバージョンのCitrix Virtual Apps and Desktopsおよびシトリックス製品マトリックスの一覧にあるCitrix Gatewayのバージョンと互換性があります。

Windows向けCitrix Workspaceアプリは、以下のWindowsオペレーティングシステムと互換性があります。

注:

  • Citrix Workspaceアプリ2009.5以降では、サポートされていないオペレーティングシステムへのインストールができないようになっています。
  • Windows 7のサポートは、バージョン2006以降から停止されました。
  • Citrix Gateway End-Point Analysis Plugin(EPA)はCitrix Workspaceでサポートされています。ネイティブのCitrix Workspaceアプリでは、nFactor認証を使用する場合にのみサポートされます。詳しくは、Citrix ADCドキュメントの「nFactor認証の要素として認証前および認証後のEPAスキャンを構成」を参照してください。
オペレーティングシステム
Windows 11
Windows 10 Enterprise(32ビット版および64ビット版)。互換性のあるWindows 10のバージョンについて詳しくは、「Windows 10とWindows向けCitrix Workspaceアプリとの互換性」を参照してください。
Windows 10 Enterprise(2016 LTSB 1607、LTSC 2019)
Windows 10(IoT Enterprise*、Homeエディション**、Pro)
Windows 8.1(32ビット版、64ビット版、およびEmbeddedエディション)
Windows Server 2022
Windows Server 2019
Windows Server 2016
Windows Server 2012 R2(StandardおよびDatacenterエディション)

*Windows 10 IoT Enterprise 2015 LTSB、Windows 10 IoT Enterprise 2016 LTSB、Anniversary Update、Creators Update、Falls Creators Updateをサポート。 **ドメインパススルー認証、Desktop Lock、FastConnect API、およびドメイン参加済みWindowsマシンを必要とする構成はサポートされていません。

Windows 10とWindows向けCitrix Workspaceアプリとの互換性

Windows 10オペレーティングシステムのリリースとともに、Windowsを構築、展開、サービス展開するための新しい方法が導入されました:サービスとしてのWindows。新機能は、機能更新プログラム(1703、1709、1803などのメジャーバージョン)パッケージに含まれます。バグ修正とセキュリティ修正は、品質更新プログラムパッケージに含まれます。これらの更新プログラムはSCCMなどの既存の管理ツールを使用して展開できます。

注:

  • 半期チャネルバージョンより前にリリースされたCitrixソフトウェアバージョンのインストールはお勧めしません。
  • Windows 10バージョンがサービス終了になると、Microsoftからバージョンのサービスやサポートが提供されなくなります。シトリックスでは、製造元がサポートするオペレーティングシステムで実行する場合のみCitrixソフトウェアをサポートします。Windows 10のサービス終了について詳しくは、MicrosoftのWindowsライフサイクルファクトシートを参照してください。

次の表は、Windows 10のバージョン番号と対応する互換性のあるWindows向けCitrix Workspaceアプリのリリースを示します。

Windows 10のバージョン番号 ビルド番号 Citrix Workspaceアプリのバージョン
21H1 19043.928 2106以降
20H2 19042.508 2012以降
2004 19041.113 2006.1以降
1909 18363.418 1911以降
1903 18362.116 1909以降
1809 17763.107 1812以降
1803 17134.376 1808以降

注:

Windows 10バージョンは、前述のCitrix Workspaceアプリリリースとのみ互換性があります。たとえば、Windows 10バージョン21H1は、2106より前のリリースと互換性がありません。

空きディスクスペースの検証

次の表に、Citrix Workspaceアプリをインストールする場合の必要ディスクスペースの詳細を示します:

インストールの種類 必須ディスクスペース
新規インストール 572MB
アップグレード 350MB

Citrix Workspaceアプリは、インストールを完了するために必要なディスクスペースがあるかどうかのチェックを実行します。この検証は、新規インストールとアップグレードのどちらの場合にも実行されます。

注:

  • インストーラーがディスクスペースのチェックを実行するのは、インストールパッケージの抽出後のみです。
  • サイレントインストール時にシステムのディスクスペースが少ない場合、ダイアログは表示されませんが、エラーメッセージがCTXInstall\_TrolleyExpress-\*.logに記録されます。

接続、証明書、認証

接続

  • HTTPストア
  • HTTPSストア
  • Citrix Gateway 10.5以降

証明書

注:

Windows向けCitrix Workspaceアプリはデジタル署名されています。デジタル署名にはタイムスタンプが付けられています。したがって、証明書は有効期限が切れても有効です。

  • プライベート(自己署名)証明書
  • ルート証明書
  • ワイルドカード証明書
  • 中間証明書

プライベート(自己署名)証明書

リモートゲートウェイにプライベート証明書がインストールされている場合、Citrixリソースにアクセスするユーザーデバイスに組織の証明機関のルート証明書がインストールされている必要があります。

注:

接続時にリモートゲートウェイの証明書を検証できない場合(ローカルのキーストアにルート証明書が含まれていないため)、信頼されていない証明書の警告が表示されます。ユーザーが警告に対してそのまま続行することを選択した場合、アプリの一覧が表示されますが、アプリの起動に失敗することがあります。

ルート証明書

ドメイン参加コンピューターでは、グループポリシーオブジェクト管理用テンプレートを使用してCA証明書を配布および信頼できます。

ドメイン非参加コンピューターでは、カスタムインストールパッケージを作成して、CA証明書を配布およびインストールできます。詳しくは、システム管理者に問い合わせてください。

ワイルドカード証明書

ワイルドカード証明書は、同一ドメイン内のサーバーで使用されます。

Citrix Workspaceアプリでは、ワイルドカード証明書がサポートされています。ワイルドカード証明書は、組織のセキュリティポリシーに従って使用する必要があります。実際には、サブジェクトの別名(SAN)拡張領域内のサーバー名一覧に含まれている証明書など、ワイルドカード証明書に代わるものです。このような証明書は、私的証明機関および公的証明機関が発行します。

中間証明書

証明書チェーンに中間証明書が含まれる場合は、中間証明書をCitrix Gatewayのサーバー証明書に追加する必要があります。詳しくは、「中間証明書の構成」を参照してください。

認証

StoreFrontでの認証

  Web向けWorkspace StoreFrontサービスサイト(ネイティブ) StoreFront、Citrix Virtual Apps and Desktops(ネイティブ) Citrix GatewayからWeb向けWorkspace Citrix GatewayからStoreFrontサービスサイト(ネイティブ)
匿名 はい はい      
ドメイン はい はい はい はい* はい*
ドメインパススルー はい はい はい    
セキュリティトークン       はい* はい*
2要素認証(ドメイン+セキュリティトークン)       はい* はい*
SMS       はい* はい*
スマートカード はい はい   はい はい
ユーザー証明書       はい(Citrix Gateway Plug-in) はい(Citrix Gateway Plug-in)

*デバイスにCitrix Gateway Plug-inをインストールしている場合としない場合。

注:

Citrix Workspaceアプリは、Citrix GatewayからStoreFrontネイティブサービスを通じて2要素認証(ドメイン+セキュリティトークン)をサポートします。

証明書失効リスト

証明書失効一覧(CRL)によって、Citrix Workspaceアプリはサーバー証明書が失効していないかチェックできます。証明書のチェックを行うことにより、TLSサーバーの暗号化認証機能が強化され、ユーザーデバイスとサーバー間のTLS接続のセキュリティが向上します。

証明書失効一覧のチェック機能はさまざまな設定レベルで有効にできます。たとえば、ローカルの証明書失効一覧だけがチェックされるようにCitrix Workspaceアプリを構成したり、ローカルおよびネットワーク上の証明書失効一覧がチェックされるように構成したりできます。さらに、すべての証明書失効一覧で証明書の有効性が検証されたときのみログオンするように構成できます。

ローカルコンピューターで証明書チェックを構成する場合は、Citrix Workspaceアプリを終了します。コネクションセンターを含むすべてのCitrix Workspaceコンポーネントが停止していることを確認します。

詳しくは、「TLS」セクションを参照してください。

システム要件と互換性