Citrix WorkspaceでのDaaSの最適化

次のオプションを使用することで、DaaSのアプリとデスクトップの効率と可用性を向上させることができます:

注:

サービス継続性StoreFrontにフォールバックするを一緒に使用することはできません。組織のニーズに最適な回復性オプションを選択してください。

サイトアグリゲーション

サイトアグリゲーションを使用すると、オンプレミスのVirtual Apps and Desktops展開をワークスペースに追加して、クラウド管理のリソースとともに、利用者がこれらのリソースにアクセスできるようにすることができます。

詳しくは、「オンプレミスのVirtual Apps and Desktopsをワークスペースに集約」を参照してください。

直接ワークロード接続

直接ワークロード接続は、ネットワークの場所を使用して、Virtual Apps and Desktopsをホストする仮想マシンへの内部ルートと外部ルートを切り替えます。

直接ワークロード接続を使用すると、社内ネットワーク内のクライアントがCitrix DaaSの直接起動に切り替えられるようになります。直接起動では、クライアントとVDAとの間のHDX接続をゲートウェイ経由でプロキシする必要はありません。直接ワークロード接続には、少なくとも1つの内部のネットワークの場所が必要です。

詳しくは、「 直接ワークロード接続で接続を最適化」を参照してください。

サービス継続性

サービスの継続性により、Citrix Cloudが停止した場合でも、利用者はCitrix Workspaceアプリを介して重要なアプリやデスクトップにアクセスできます。

サービス継続性は、Citrix Workspaceアプリがインストールされているクライアントディスクに接続リースを保存します。クライアントがWorkspaceストアにアクセスすると、接続リースが定期的に更新されます。クライアントは、停止前にアクセスできていたCitrix DaaSを起動できます。詳しくは、「サービス継続性」を参照してください。

Citrixフェデレーション認証サービス(FAS)

Citrix Workspaceでは、Citrixフェデレーション認証サービス(FAS)を使用したCitrix DaaSへのシングルサインオン(SSO)がサポートされています。FASを使用すると、Azure ADやOktaなどのフェデレーションIDプロバイダーを使用する利用者は、資格情報を1回入力するだけでワークスペースにサインインできます。FASがないと、フェデレーションIDプロバイダーを使用している利用者は、Virtual Apps and Desktopsにアクセスするために資格情報を複数回入力するように求められます。

WorkspaceでFASを使用するには、次の要件があります:

  • FAS製品ドキュメントの「要件」セクションの説明に従って構成されたFASサーバー。
  • FASサーバーとCitrix Cloudとの間の接続は、FASインストーラーの [Citrix Cloudへの接続] オプションを使用して作成されます。
  • [ワークスペース構成] でFASが有効になっているオンプレミスActive DirectoryドメインとCitrix Cloudとの間の接続。

FASの実装について詳しくは、「Citrixフェデレーション認証サービスを使用したワークスペースに対するシングルサインオンの有効化」を参照してください。

Citrix WorkspaceでのDaaSの最適化