Citrix Workspaceの概要

Citrix Workspaceは、場所とデバイスを選ばず、アプリ、デスクトップ、およびコンテンツ(リソース)へのセキュアで統合されたアクセスを可能にする、デジタルワークスペースソリューションです。これらのリソースには、Citrix DaaS、コンテンツアプリ、ローカルアプリとモバイルアプリ、SaaSアプリとWebアプリ、ブラウザーアプリなどがあります。

Citrix Workspaceの仕組み

Citrix Workspaceは、Citrix Cloudサービスを集約および統合し、1つのリソースの場所で、エンドユーザー(利用者)が使用できるすべてのリソースへの統一されたアクセスを可能にします。Citrix Workspaceのエンドユーザーは、利用者と呼ばれます。従業員は自分のワークスペースからサービスを「利用」するよう設定されるためです。

Citrix Workspaceを介して利用できるサービスの概要については、「Citrix Workspaceを介したクラウドでホストされるサービス」を参照してください。

Workspaceの仕組み

利用者は、Citrix Workspaceユーザーインターフェイス(UI)内のこれらのサービスで利用できる各リソースを、統一された完全なビューで表示できます。Citrix Workspace UIの利用者エクスペリエンスについて詳しくは、「ワークスペース環境の管理」を参照してください。

利用者は、管理者が [ワークスペース構成] で構成して有効にしたサービスに、Workspace URLを入力したブラウザー、またはCitrix Receiverに代わるCitrix Workspaceアプリを使用して、アクセスします。ユーザーがワークスペースにアクセスする方法について詳しくは、「ワークスペースアクセス」を参照してください。

利用者は、プライマリIDプロバイダーを使用して各自のワークスペースに認証します。IDプロバイダーは [IDおよびアクセス管理] で構成してから [ワークスペース構成] で有効にします。利用者は、Citrix Workspace用に購入したクラウドホストの各サービスに対して自動的に認証されます。これにより、セキュリティが向上し、使いやすくなります。Workspace認証の構成について詳しくは、「セキュアなワークスペース」を参照してください。

開始の概要

Citrix Workspaceは、Citrix Cloudコンソールでセットアップします。このコンソールには、[IDおよびアクセス管理] 管理画面と、[ワークスペース構成] というCitrix Workspace管理インターフェイスがあります。Citrix Workspaceの使用を開始するには、次のタスクを実行します。

  1. Citrix CloudコンソールでCitrix Workspaceを実装する設定にしてあることを確認します。コンソールで以下を実行します:
    • クラウドベースのサービスにオンボードする。
    • 展開チームを編成する。
    • インフラストラクチャとリソースを構成する。
  2. 以下に対し、[IDおよびアクセス管理] でIDプロバイダーとアカウントを設定します:
    • Citrix Cloud管理者。
    • Citrix Workspace利用者。
  3. 以下を含め、[ワークスペース構成] でワークスペースを構成します:
    • 外部アクセスと内部アクセス。
    • Citrix Cloudコンソールで構成したサービスをワークスペースに統合する。
    • サインイン後のワークスペースの外観と利用者エクスペリエンスをカスタマイズする。

この基本設定に加えて、その他のセキュリティ、プライバシー、および最適化のオプションを選択できます。最も一般的なものは次のとおりです:

  • Citrixフェデレーション認証サービス(FAS) を使用した、Citrix WorkspaceでのDaaSへのシングルサインオン(SSO)を構成する。通常、FASは、OktaやAzure Active Directoryなどのフェデレーション認証方法を使用している場合に採用されます。
  • マイクロアプリテンプレートを使用してワークフローを最適化し、Citrix Workspaceの [操作] および [アクティビティフィード] で、操作可能な通知を作成する。

タスクの概要と、展開を進めるときに必要となる情報については、「Citrix Workspaceの利用を開始する」を参照してください。各手順では、Citrix Cloudコンソールを使用したIDプロバイダーの構成やサービスの有効化などのタスクに関する指示を記載しています。このチュートリアルでは、展開チームを編成してインフラストラクチャとリソースを構成するのに必要となる技術情報にすばやくアクセスできるようになっています。

Citrix Workspaceを介したクラウドでホストされるサービス

利用者は、Citrix Workspaceを使用して、クラウドでホストされるサービスが提供するリソースにアクセスできます。Citrix Cloudの既存顧客は、これらのサービスをCitrix Workspaceソリューションに組み込むことで、完全なデジタルワークスペースエクスペリエンスに移行できます。

このセクションでは、使用権に応じてCitrix Workspaceで有効にできる主なクラウドホストサービスについて説明します。購入したサービスへのアクセスを構成および有効化する方法については、「Citrix Workspaceの利用を開始する」を参照してください。Citrix Workspaceの各エディションおよびその機能に関する説明については、「Citrix Workspaceの機能マトリックス」を参照してください。

Citrix DaaS

Citrix Workspaceは、Citrix DaaSへのマルチテナントのクラウドホストアクセスポイントです。Citrix DaaSをセットアップするには、「Citrix DaaS」に記載されている手順に従います。

オンプレミスのVirtual Apps and Desktopsをご利用の場合、Citrix Workspaceを介してリソースにアクセスするためのさまざまなオプションがあります。選択するオプションは、クラウドに完全に移行するか、ハイブリッドソリューションを採用するか、および外部アクセスを許可するかどうかによって異なります。これらのオプションについて詳しくは、「Citrix Workspaceを使用してDaaSを配信する」を参照してください。

セキュアなファイルアクセス、共有、およびコラボレーションのためのCitrix Content Collaboration

Citrix Content Collaborationは、Citrix Podioを搭載し、ペーパーレス文書署名用のCitrix RightSignatureアプリビルダーなどの他のオファリングとともに、Citrix ShareFileを提供します。

ShareFileの既存顧客は、Content Collaborationを使用して自分のアカウントをCitrix Cloudにリンクできます。これにより、エンドユーザーは、Workspace UIの [ファイル] タブ、またはCitrix Filesアプリを使用し、コンテンツにアクセスして共同作業を行うことができます。

Citrix WorkspaceでContent Collaborationを利用するには、以下が必要です:

  1. Content CollaborationまたはShareFileの使用権がある。
  2. 既存のShareFile使用権をリンクする、または新しいContent Collaboration使用権を有効にする。
  3. Citrix WorkspaceでContent Collaborationを有効にします。「Citrix WorkspaceにCitrix Content Collaborationを展開して有効にする」を参照してください。

このプロセスが完了すると、利用者には、Citrix Workspace UIの左側のナビゲーションに [ファイル] タブが表示されます。

正確な手順と順序は、今どのような状態で、目的とするのはどのような状態かによって異なります。

関連する手順の概要については、「Citrix WorkspaceのContent Collaborationでファイルにアクセスしてファイルを共有する」を参照してください。

SaaSアプリおよびWebアプリ、Citrix Secure Private Accessサービスで保護

Citrix Secure Private Access(以前のSecure Workspace AccessおよびAccess Control Service)は、Workspaceに統合されているWebアプリおよびSaaSアプリへのシングルサインオン(SSO)を提供します。また、このサービスでは、アクセス権限を管理し、利用者の資格情報に基づいてエンタープライズホストのWebアプリに適切なレベルのアクセスを認可するポリシーを制御できます。

Citrix Secure Private Accessサービスのメリットについて詳しくは、「技術概要:Secure Private Access」を参照してください。

Citrix Gatewayサービス

Citrix Gatewayサービス(以前のNetScaler Gateway Service)は、Citrixによって管理される完全にクラウドでホストされる環境用に、Citrix Secure Private Accessとともに使用されます。

Citrix Gatewayサービス は、高度なポリシーインフラストラクチャに基づいてワークスペースへの外部接続を提供することにより、SaaSアプリとVirtual Apps and Desktopsに統一されたエクスペリエンスを提供します。

手順に従ってCitrix Gatewayサービスをセットアップし、Workspace URLをテストして利用者と共有し、利用者のリモートアクセスを可能にします。Citrix GatewayサービスでSaaSアプリを構成する方法について詳しくは、「Support for Software as a Service Apps」を参照してください。

Citrix Secure Browserサービス

Citrix Secure Browserサービスをワークスペースに統合し、Web閲覧アクティビティを分離して、ブラウザーベースの攻撃から企業のネットワークを保護します。利用者がWorkspace URLに移動すると、他のCitrix Cloudサービスで構成されているアプリやデスクトップとともに、公開Webブラウザーが表示されます。

利用者にセキュアブラウザーへのアクセス権を付与するには、Secure Browser Serviceをセットアップしてから、テストしてWorkspace URLを利用者と共有します。

Citrix Endpoint Management

Citrix Endpoint Managementを使用すると、ID、デバイス、アプリ、データ、およびネットワークに対するセキュリティ保護が厳重な状態で、デバイスとアプリのポリシーを管理できます。Citrix Workspaceとの統合は、新規顧客か既存顧客かで異なります。Citrix WorkspaceとのEndpoint Managementの統合について詳しくは、「Citrix Workspace環境との統合」を参照してください。

Citrix Analytics

Citrix Analyticsサービスは、すべてのCitrix Workspace利用者に関する分析情報を収集して提供します。使用権に応じて、さまざまなCitrix Analyticsオファリングを利用できます。さまざまなオファリングとは、Citrix Analytics for SecurityCitrix Analytics for Performance、および Citrix Analytics(Usage) のことです。これらのサービスについて詳しくは、「Citrix Analytics」を参照してください。

マイクロアプリサービス

Citrix Workspaceは、各自のワークスペースの [アクティビティフィード] および [操作] カード内に、インテリジェント機能で各利用者をターゲティングして、関連する通知、タスク、および分析情報を生成します。

マイクロアプリサービスは、通知と最適化された操作の背後にあるメカニズムです。このサービスは、マイクロアプリ(ワークフロー)を使用して、ソースシステムと通信し、ソースシステムに書き戻します。利用者は、ワークスペースを離れずに、通知を表示して操作を実行できます。

Workspaceの [操作] および [アクティビティフィード] での利用者エクスペリエンスについて詳しくは、「ワークスペース環境の管理」を参照してください。

ターゲットを絞った通知、タスク、および分析情報を有効にしてロールアウトする方法については、「ワークスペース通知の構成とロールアウト」を参照してください。

簡単に展開できるように、統合テンプレートを選択して統合を追加することをお勧めします。すぐに使用できる統合テンプレートをCitrix Workspaceに接続する方法について詳しくは、「ワークフローの最適化」を参照してください。より高度な柔軟性を必要とするオプションのために、HTTP統合を作成できます。以前に構成した統合をインポートすれば、開発時間と作業の繰り返し分を節約することもできます。

マイクロアプリサービスの開始方法について詳しくは、「はじめに」を参照してください。

Citrix Workspaceの概要