Citrix Workspaceアプリ

Citrix Workspaceアプリについて

Citrix Workspaceサービスによる新しいCitrix Workspaceアプリでは、使いやすいオールインワンインターフェイスから、すべてのSaaSおよびWebアプリ、ファイル、モバイルアプリ、仮想アプリおよびデスクトップにすばやくアクセスできます。Citrix Workspaceアプリを使用することで、ユーザー用のすべてのワークスペースサービスに1か所からアクセスできます。ユーザーは、埋め込み型のブラウザーやシングルサインオンなどの機能を含め、生産性を維持するために必要なすべてのアプリにシームレスかつセキュアにアクセスできます。

Citrix Workspaceアプリには、Citrix Receiverの機能とHDX、Citrix Gatewayプラグイン、Citrix Endpoint Management Secure Hubなどのシトリックスの他のクライアントテクノロジが集約され組み込まれています。また、Citrix Workspaceアプリの新しい [ファイル] タブには、Citrix Content Collaboration(ShareFileの新名称)が完全に統合されています。そのため、すべてのデータにCitrix Workspaceアプリ内でアクセスできます。Citrix Workspaceアプリ内だけでファイルをアップロードやダウンロードしたり、ファイルを開くことさえできるようになりました。

また、Citrix Workspaceアプリでは、データ損失防止、SaaSアプリへの安全なアクセス、安全なインターネット閲覧機能、高度な検索などさらに機能が強化されています。

Citrix Workspaceアプリで使用できる機能について詳しくは、Citrix Workspaceアプリの機能マトリックスを参照してください。

Citrix WorkspaceアプリでのCitrix Content Collaborationの使用について詳しくは、「Content Collaborationサービスの統合」を参照してください。

LTSRと最新リリース(CR)の違いについて詳しくは、Citrix Workspaceアプリのライフサイクルマイルストーンを参照してください。

Citrix Workspaceアプリは、以下のオペレーティングシステム向けに提供されています:

Citrix Receiver for Windowsのドキュメントについては、「Citrix Receiver」を参照してください。

機能フラグ

この記事では、機能フラグの管理と、機能フラグをサポートするさまざまなCitrix Workspaceアプリについて説明します。

機能フラグ管理

実稼働環境のCitrix Workspaceアプリで問題が発生した場合、機能が出荷された後でも、影響を受ける機能をCitrix Workspaceアプリで動的に無効にすることができます。無効化するには、機能フラグと、LaunchDarklyと呼ばれるサードパーティ製サービスを使用します。ファイアウォールまたはプロキシが送信トラフィックをブロックしている場合を除いて、LaunchDarklyへのトラフィックを有効にするために構成する必要はありません。送信トラフィックがブロックされている場合、ポリシー要件に応じて、特定のURLまたはIPアドレス経由のLaunchDarklyへのトラフィックを有効にします。

次の表で、機能フラグをサポートするさまざまなアプリと、これらのアプリで機能フラグが導入されたリリースバージョンを一覧表示します。

アプリ 機能フラグのサポート バージョン ドキュメント
Android向けCitrix Workspaceアプリ はい 10.7.5 Android向けCitrix Workspaceアプリの機能フラグ管理
Chrome OS向けCitrix Workspaceアプリ はい 1908 Chrome OS向けCitrix Workspaceアプリの機能フラグ管理
HTML5向けCitrix Workspaceアプリ はい 1908 HTML5向けCitrix Workspaceアプリの機能フラグ管理
iOS向けCitrix Workspaceアプリ はい 10.4.10 iOS向けCitrix Workspaceアプリの機能フラグ管理
Linux向けCitrix Workspaceアプリ いいえ 該当なし 該当なし
Mac向けCitrix Workspaceアプリ はい 2010 Mac向けCitrix Workspaceアプリの機能フラグ管理
Windows向けCitrix Workspaceアプリ はい 2012 Windows向けCitrix Workspaceアプリの機能フラグ管理

Citrix Receiverに関する重要なお知らせ

2018年8月、Citrix ReceiverはCitrix Workspaceアプリに置き換えられました。以前のバージョンのCitrix Receiverは今後もダウンロードいただくことができますが、Citrix Workspaceアプリの新機能と拡張機能がリリースされることになります。

Citrix Workspaceアプリは新しいCitrixクライアントで、Citrix Receiverと同様の機能を持ち、お客様の組織のCitrixインフラストラクチャと完全に後方互換性があります。Citrix Workspaceアプリでは、Citrix Receiverのすべての機能に加えて、組織のCitrix環境に応じた新しい機能を提供します。

Citrix WorkspaceアプリはCitrix Receiverテクノロジをベースに構築されており、すべてのCitrixソリューションと完全に後方互換性があります。

詳しくは、Workspaceアプリに関するFAQページを参照してください。

Citrix Workspaceアプリ