インフラストラクチャ分析

注:

インフラストラクチャ分析ダッシュボード は、現在 [プレビュー] の下にあります。

インフラストラクチャ分析とは

Citrix Analytics for Performanceインフラストラクチャ分析は、Citrix Virtual Apps and Desktops サイトの主要コンポーネントのステータスに関する洞察を提供します。

  • 複数の仮想配信エージェント(VDA)の正常性とステータスを1つのダッシュボードに表示できます。

  • 1つのサイトの分析を表示したり、すべてのサイトのVDA分析をまとめて表示したりできます。

  • 可用性、使用状況、負荷に基づいて、期間中のVDA使用率の傾向を表示できます。

このデータにより、お客様は容量管理に関するより詳細な情報に基づいた意思決定を行い、サイトの分析とリスク評価を実施できます。そのため、重大な障害を最小限に抑え、サイトの利用状況とパフォーマンスを最適化するために、事前に必要な措置を講じることができます。

たとえば、管理者は、組織のサイトを管理および監視します。すべてのサイトおよび各サイトで使用可能なVDAの合計数を表示する場合。インフラストラクチャダッシュボードを使用して、選択した期間およびサイトのデータとその傾向を表示します。

インフラストラクチャダッシュボードにアクセスする方法

インフラストラクチャダッシュボードを表示するには、次の手順に従います。

  1. Citrix Cloudにログオンし、クラウドカスタマーを選択します。

  2. [Citrix Analytics サービス]タイルで、[ 管理]をクリックします。

  3. Citrix Analytics サービスが開き、[ パフォーマンス ]タブをクリックします。

  4. インフラストラクチャー タブをクリックします。

インフラストラクチャ分析ダッシュボード

インフラストラクチャダッシュボードの使用方法

インフラストラクチャダッシュボードには、サイト全体に展開されたVDAの詳細なステータスが表示されます。

コンポーネント ]セクションには、選択した期間中の選択したサイトにおけるVDAとその障害の数とステータスの概要が表示されます。次のいずれかをクリックします。

  • マルチセッションOS VDA -サイトで利用可能なマルチセッションOS VDAのインサイトを取得します。マルチセッションOS VDAでは、複数のユーザーが同時にサーバーに接続できます。これには、WindowsサーバーOSおよびWindows 10 OS上で動作するVDAが含まれます。

  • シングルセッションOS VDA -サイトで利用可能なシングルセッションOS VDAのインサイトを取得します。シングルセッションOS VDAでは、1人のユーザーが同時にデスクトップに接続できます。

たとえば、前述の図では、 マルチセッションOS VDA の総数は149と表示されています。3つのVDAが高負荷で、6つのVDAが失敗状態、7つのVDAが未登録状態です。マルチセッションOS VDA をクリックして、詳細なインサイトを表示します。

このセクションでは、問題のあるマルチセッションまたはシングルセッションOS VDAについて説明します。この情報は、環境内のVDAの健全性を正確に追跡および評価するのに役立ちます。

VDAは、以下のパラメータに基づいて監視されます。

ロードごとのVDA

この情報は、マルチセッションOS VDAでのみ使用できます。使用可能状態のVDAの数は、負荷評価基準インデックスに基づいて分類され、すべてのサイトまたは選択した期間に連結された特定のサイトの高、中、低などの表示が可能です。

グラフには、選択した期間中、高、中、低負荷に分類された負荷評価指標に基づいてプロットされたVDAが表示されます。

一定期間にわたるVDA全体の負荷分散傾向を監視します。

VDAS(負荷別)

VDAの負荷評価基準インデックスは、セッション数、CPU数、その他の有効なインデックスの平均の 5% を加えた値など、有効になっている個々のインデックスの最大値です。負荷評価基準インデックスに基づいて、Windows Server OS マシンを配信するサーバー間の負荷管理を構成できます。詳しくは、「負荷管理のポリシー設定」を参照してください。

負荷評価基準インデックスは、次のように分類されます。

  • 高負荷:70% 以上の負荷

  • 中負荷30%から70%までの負荷

  • 低負荷:負荷が 30% 未満

負荷評価基準インデックスの計算方法については、ナレッジセンターの記事CTX202150を参照してください。

棒グラフにカーソルを合わせると、特定の時点で使用可能なVDAの詳細なステータスが表示されます。

ロードツールチップによるVDAS

使用中+使用可能なVDA

この情報は、シングルセッションOS VDAでのみ使用できます。選択した期間に、すべてのサイトまたは特定のサイトで使用中および使用可能なVDAの合計数を表示できます。使用中のVDAはアクティブなセッションを持つマシンを表し、使用可能なVDAはセッションが接続されていないマシンを表します。

使用中および使用中のVDAの傾向を一定の期間にわたって監視します。

使用中のVDAおよび使用可能

棒グラフにカーソルを合わせると、特定の時点で使用中のVDAと使用可能なVDAの分割が表示されます。

使用中のVDAと利用可能なツールチップ

使用できないVDA

この情報は、マルチセッションおよびシングルセッションOS VDAで使用できます。選択した期間に、すべてのサイトまたは特定のサイトで有効状態になっていないVDAの数を表示できます。VDAは、障害状態または未登録状態のときに使用できません。

この情報を使用して、環境内でホストされているVDAの健全性をプロアクティブに評価し、VDAの問題を修正するための適切な措置を講じます。

VDAが使用できなくなる原因は次のとおりです。

  • VDAがDelivery Controller と通信できない。

  • Broker Service は、セッション準備要求の作成中に問題が発生します。

  • VDAがセッション準備リクエストを受け付けない原因となったネットワークの問題。

  • VDAがDelivery Controller に登録しようとすると、タイムアウトが発生します。

  • セッション起動時にVDAの電源が入っていない可能性があります。

  • Delivery Controller はVDAにリクエストを送信し、エンドユーザーからの接続を準備しますが、VDAはリクエストをアクティブに拒否します。

  • Delivery Controller は、セッション起動時に、ポリシー設定やセッション情報などの必要な構成データをVDAに送信しません。

  • デリバリーグループからVDAが削除されます。

  • VDAが登録されていません。

  • VDAの電源状態は使用できません。

  • VDAで内部問題が発生している。

以下のシナリオでは、VDAが未登録状態になります。

  • VDAがCloud Connector またはDelivery Controller に接続して登録できない。

  • VDAが電源オフまたはシャットダウンされている。

未登録のVDAおよび失敗したVDAの期間中の傾向を監視します。

VDAを使用できない

棒グラフにカーソルを合わせると、特定の時点で使用できないVDAの詳細な状態が表示されます。

使用中のVDAおよび使用可能

利用可能なVDA

この情報は、マルチセッションOS VDAでのみ使用できます。選択した期間に、すべてのサイトまたは特定のサイトで利用可能なVDAの合計数を表示できます。使用可能なVDAは、現在接続しているセッションがなく、アイドル状態にある登録済みのVDAです。

この情報を使用して、未使用のVDAの数を特定し、環境全体のVDA使用率を最適化できます。

一定期間にわたって利用可能なVDAの傾向を監視します。

VDAが利用可能

棒グラフにカーソルを合わせると、特定の時点で使用可能なVDAの数が表示されます。

VDAが利用可能

メンテナンス中のVDA

この情報は、マルチセッションおよびシングルセッションOS VDAに適用されます。選択した期間に、すべてのサイトまたは特定のサイトでメンテナンスモードになっているVDAの数を表示できます。VDAがメンテナンスモードの場合、新しい接続は許可されません。

メンテナンス中のVDAの傾向をある期間にわたって監視します。

VDAのメンテナンス

棒グラフにカーソルを合わせると、その時点でメンテナンスモードになっているVDAの数が表示されます。

VDAメンテナンスツールチップ

デリバリーグループ別の表示

この情報は、マルチセッションおよびシングルセッションOS VDAで使用できます。デリバリーグループごとにグループ化されたVDAの数と、[使用不可]、[使用可能]、[メンテナンス]などの状態に基づいて分割を確認できます。

VDAメンテナンスツールチップ

このデータにより、上位5つのデリバリーグループの下位にあるVDAの全体的なステータスがVDAの数でソートされます。その他のデリバリーグループを表示 をクリックして、より多くのデータを表示します。デフォルトでは、テーブルデータは合計列に基づいてソートされます。この列には、対応するデリバリーグループのVDAの合計数が表示されます。他の列に基づいて並べ替えることができます。