インフラストラクチャ分析

インフラストラクチャ分析とは何ですか?

Citrix Analytics for Performance のインフラストラクチャ分析では、アプリとデスクトップサイトの主要コンポーネントのステータスに関する洞察が得られます。

  • 1 つのダッシュボードに複数のマシンの健全性とステータスを表示できます。
  • 1 つのサイトでマシンの分析を表示することも、すべてのサイトでまとまりのあるビューを取得することもできます。
  • 選択した単一セッションまたはマルチセッションOSデリバリーグループ全体の分析を表示できます。
  • 可用性とパフォーマンスに基づいて、一定期間のマシンの使用状況の傾向を表示できます。

このデータにより、お客様は容量管理に関するより詳細な情報に基づいた意思決定を行い、サイトの分析とリスク評価を実施できます。そのため、重大な障害を最小限に抑え、サイトの利用状況とパフォーマンスを最適化するために、事前に必要な措置を講じることができます。

[マシンの可用性 ] には、シングルセッションおよびマルチセッションOSマシンに関する情報が表示されます。環境全体のマシンの現在の可用性を表示できます。選択したサイトおよびデリバリーグループ全体で、使用可能な状態と使用できない状態のマシンの分布を確認できます。 マシンの集約状態も、選択した時間間隔でセッションの可用性とともにプロットされます。

マシンのパフォーマンスは 、マルチセッションOSマシンのパフォーマンスに関する情報のみを提供します。

カスタム時間選択フィルタを使用して、特定の期間におけるマシンの可用性とマシンのパフォーマンスを表示できます。

インフラストラクチャダッシュボードにアクセスする方法

インフラストラクチャダッシュボードを表示するには、次の手順を実行します。

  1. Citrix Cloud にログオンし、クラウド顧客を選択します。

  2. [Citrix Analytics サービス]タイルで、[ 管理]をクリックします。

  3. Citrix Analytics サービスが開いたら、[ パフォーマンス ]タブをクリックします。

  4. [ インフラストラクチャー ] タブをクリックします。

インフラストラクチャダッシュボードの使用方法

インフラストラクチャダッシュボードには、サイト全体に展開されたマシンの詳細なステータスが表示されます。

管理者は、組織のサイトをほとんど管理および監視していない場合、インフラストラクチャダッシュボードを使用して、すべてのサイトのデリバリーグループにわたるマシンの可用性とパフォーマンスに関する洞察を得ることができます。この情報は、インフラストラクチャの意思決定をプロアクティブに行い、ユーザーエクスペリエンスを向上させると同時に、最適な使用率とインフラストラクチャコスト削減を追跡するのに役立ちます。

現在のマシンの可用性

注:

現在のマシンの可用性はプレビュー中です

[現在のマシンの可用性] パネルには、過去 15 分間のマシンの可用性が表示されます。マシン数の分割は、[使用可能/使用不可] カテゴリの下に、状態ごとに表示されます。

このサービスは他の要因にも依存するため、マシンの可用性によってサービスの可用性が保証されるわけではないことに注意してください。この情報は、セッションを提供するプロビジョニングされたマシンの可用性を判断するのに役立ちます。

最後に認識された各マシンの状態におけるマシン数とパーセンテージが表示されます。 マシン数をクリックすると、[マシンセルフサービス]ページが開きます。このビューには、特定の状態のマシンと、過去 15 分間の各マシンの詳細が表示されます。

インフラストラクチャ分析ダッシュボード

使用可能なマシン: 選択したサイトとデリバリーグループで、過去15分間に利用可能だったマシンの割合を表示できます。使用可能なマシンは次の状態です 。

  • 使用可能 (シングルセッションマシンおよびマルチセッションマシン): これらのマシンにはアクティブなセッションがありません。マシンは正常な状態です。
  • アクティブ (シングルセッションおよびマルチセッション): この状態では、マシンには少なくとも 1 つのアクティブなセッションがあります。アクティブ状態の単一セッションOSマシンでは、新しいセッションを起動できません。マルチセッションOSマシンでは、マシンの容量に応じて新しいセッションを起動できます。

使用できないマシン: 選択したサイトとデリバリーグループで、過去15分間に利用できなかったマシンの割合を表示できます。この情報を使用して、環境全体でマシンの使用率を最適化できます。使用できないマシンは次の状態です 。

  • 未登録:マシンはブローカーサービスに登録されていません。

  • 失敗:マシンの起動に失敗しました。

  • メンテナンス:マシンはメンテナンスモードで、新しい接続は許可されていません。

[マシンの表示] をクリックすると、環境内のすべてのマシンが表示される [マシン] セルフサービスページが表示されます。詳細については、「 マシンのセルフサービス検索」を参照してください。

マシンの可用性とセッションの可用性の傾向

注:

マシンの可用性の傾向はプレビュー中です

[マシンの可用性] の傾向には、選択した期間にわたってプロットされたマシンの総状態が表示されます。マシンの状態は、[使用可能]、[アクティブ]、[メンテナンス]、[未登録]、[失敗] の中から、最も好ましくない状態の順に集約されます。

マシンの可用性の傾向

グラフ上の特定のセクションからドリルダウンして、[マシンセルフサービス]ビューで特定の状態のマシンの詳細を表示できます。[セッションの可用性] の傾向では、選択した期間にプロットするセッションを [成功]、[失敗]、[合計] から選択できます。 1 か月と 1 週間の期間のトレンドは、6 時間の精度でプロットされます。タイムナビゲーターを使用して、3 ~ 7 日間の範囲で 1 か月間のマシンとセッションの可用性の傾向を拡大できます。

タイムナビゲーターには、マシンの可用性の傾向も反映されます。これにより、使用できないマシンが多数存在する期間を特定できるため、[マシンの可用性の傾向] で必要な期間を簡単にナビゲートしてズームインできます。 マシンとセッションの可用性の傾向に関する同期ツールヒントを使用して、使用できないマシンと失敗したセッションとの相関関係を把握できます。

マシンのトラブルシューティング

登録解除されたマシンや障害が発生したマシンは、次の理由で使用できなくなる可能性があります。

  • マシンがDelivery Controller と通信できない。

  • ブローカーサービスで、セッション準備リクエストの作成中に問題が発生します。

  • マシンがセッション準備要求を受け付けない原因となったネットワークの問題。

  • マシンがDelivery Controllerに登録しようとすると、タイムアウトが発生します。

  • セッション起動のためにマシンの電源がオンになっていない可能性があります。

  • Delivery Controllerは、エンドユーザーからの接続を準備するためにマシンに要求を送信しますが、マシンは要求を積極的に拒否します。

  • Delivery Controllerは、セッションの起動時に、ポリシー設定やセッション情報などの必要な構成データをマシンに送信しません。

  • マシンがデリバリーグループから削除されます。

  • マシンは登録されていません。

  • マシンは電源を使用できない状態です。

  • マシンに内部問題が発生している。

  • マシンがCloud ConnectorまたはDelivery Controller に接続して登録できない。

  • マシンの電源がオフになっているか、シャットダウンされている。

マシン パフォーマンス

[ マシンのパフォーマンス ] パネルには、負荷に基づいてマシンの分布が表示されます。

負荷別マシン

この情報は、マルチセッションOSマシンでのみ使用できます。選択した期間、サイト、デリバリーグループの負荷評価基準指標(高、中、低など)に基づいて分類された、使用可能な状態のマシンの数を表示できます。

グラフには、選択した期間における高負荷、中負荷、低負荷のカテゴリに基づいてプロットされたマシンが表示されます。棒グラフにカーソルを合わせると、特定の時点で使用可能なマシンの詳細なステータスが表示されます。一定期間のマシン全体の負荷分散の傾向を監視できます。

マシンの負荷評価基準インデックスは、セッション数、CPU など、有効になっている個々のインデックスの最大値に、他の有効なインデックスの平均の 5% を加えた値です。負荷評価基準インデックスに基づいて、Windows Server OS マシンを配信するサーバー間で負荷管理を構成できます。詳細については、「 負荷管理ポリシーの設定」を参照してください。

機械負荷は次のように分類されます。

  • 高負荷:70% 以上荷を積みます

  • 中程度の負荷:30% から 70% 間の負荷

  • 低負荷:30%未満の負荷

負荷評価基準インデックスの計算方法については、ナレッジセンターの記事 CTX202150を参照してください。

インフラストラクチャ分析