Citrix Analytics for Security(セキュリティ分析)

ネットワーク上の場所を問わず、いつでも、どのデバイスからでも作業できるため、機密性の高い企業データは、ユーザーが孤立した企業オフィスからしか作業していない場合よりも多く公開されます。悪意のあるユーザーは、攻撃の対象となる範囲が大きくなります。IT チームには、セキュリティを犠牲にすることなく、優れたユーザーエクスペリエンスを提供することが課されます。Citrix Analytics for Securityは、ユーザーのセキュリティに重点を置いてそのギャップを埋めるのに役立ちます。

セキュリティ分析とは

Citrix Analytics for Securityは、Citrix Virtual Apps and DesktopsユーザーおよびCitrix Workspace ユーザーの動作を継続的に評価し、企業の機密情報を保護するためのアクションを適用します。ネットワーク、仮想化されたアプリケーションとデスクトップ、コンテンツコラボレーションツールにわたるデータの集約と相関関係により、ユーザーのセキュリティ上の脅威に対処するための貴重な洞察とより集中的なアクションを生成できます。また、機械学習は、悪意のあるユーザーの行動を特定するための高度に予測的なアプローチをサポートします。

機能

  • Citrix 製品およびパートナー統合全体からの洞察を合理化します。「詳しくはこちら」を参照してください。

  • 使いやすいダッシュボードは、ユーザーの行動の完全なビューを提供します。「詳しくはこちら」を参照してください。

  • 機械学習とカスタマイズされたポリシーと自動化されたアクションを使用して、悪意のあるユーザーの行動を検出し、軽減します。「詳しくはこちら」を参照してください。

  • 企業ネットワークへの初回認証後にユーザーの行動を継続的に監視することで、徹底したセキュリティと優れたユーザーエクスペリエンスのバランスをとることができます。「詳しくはこちら」を参照してください。

セキュリティ分析

ダッシュボード

ユーザーまたはエンティティの動作の詳細を次のセキュリティダッシュボードで表示できます。

  • ユーザー: 組織全体のユーザー行動パターンを可視化します。

  • ユーザーアクセス: アクセスされるリスクの高いドメインの数と、ネットワーク内のユーザーがアップロードおよびダウンロードしたデータの量を要約します。

  • アプリアクセス: ネットワーク内のユーザーがアクセスするドメイン、URL、アプリの詳細を要約します。

  • リンクを共有する: 組織全体の共有リンクのパターンの詳細を要約します。

  • レポート: このページでは、オンボーディングされたデータソースから利用可能なディメンションと指標に基づいて、カスタムレポートを作成できます。

次の手順

  • システム要件: 開始する前に満たさなければならない最小要件。

  • データソース: Analyticsがサポートする製品について把握します。

  • データガバナンス: Analytics によるログの収集、保存、および保持について把握します。

  • 導入: 組織で Analytics の使用を開始する方法。

Citrix Analytics for Security(セキュリティ分析)