Citrix Analytics for Security

Citrix Secure Private Access リスク指標

危険なウェブサイトへのアクセス

Citrix Analytics は、ユーザーがアクセスする危険なWebサイトに基づいてデータアクセスの脅威を検出し、対応するリスク指標をトリガーします。

危険な Web サイトアクセスリスク指標は 、組織内のユーザーが高い評価の悪意のある、疑わしい、または危険な Web サイトにアクセスしようとしたときに報告されます。

リスクのあるWebサイトアクセスリスク指標に関連するリスク要因は 、その他のリスク指標です。リスク要因について詳しくは、「 Citrix ユーザーリスク指標」を参照してください。

リスクの高いWebサイトアクセスのリスク指標はいつトリガーされますか?

Secure Private Access では、URL 分類データベースによって次のマークが付けられているかどうかに基づいて、Web サイトへのレピュテーションスコアの設定がサポートされます。

  • 悪意のある

  • 潜在的に危険

  • 不明

  • Normal

詳細については、 URL レピュテーションスコアを参照してください

組織内のユーザーが危険なWebサイトにアクセスしようとすると、Secure Private AccessはこれらのイベントをCitrix Analytics で報告します。Citrix Analytics は、これらすべてのイベントを監視し、ユーザーがレピュテーションスコアが3または4の少なくとも1つのWebサイト、つまり潜在的に危険なサイトまたは悪意のあるサイトにアクセスしたことを識別します。Citrix Analytics では、ユーザーのリスクスコアが増加します。リスクのあるウェブサイトアクセスリスク指標がユーザーのリスクタイムラインに追加されます

危険なウェブサイトアクセスリスク指標を分析するには?

Georgina Kalouが危険なウェブサイトにアクセスしようとしたユーザーを考えてみましょう。セキュアプライベートアクセスはこれらのイベントをCitrix Analytics に報告し、更新されたリスクスコアをGeorgina Kalouに割り当てます。Risky Webサイトアクセスリスク指標は Georgina Kalouのリスクタイムラインに追加されます。

Georgina Kalou のリスクタイムラインから、報告された Risky Web サイトアクセスリスク指標を選択できます 。イベントの理由は、イベントの時間やWebサイトなど、アップロードイベントの詳細とともに表示されます。

ユーザーの危険な Web サイトアクセスリスク指標エントリを表示するには 、[ セキュリティ] > [ユーザー] に移動し、ユーザーを選択します。

タイムラインから [危険な Web サイトアクセスリスク指標] エントリを選択すると、対応する詳細情報パネルが右側のペインに表示されます。

安全なプライベートアクセス危険な Web サイトアクセス

  • WHAT HAPPENEDセクションには 、リスク指標の簡単な概要が表示されます。これには、選択した期間中にユーザーがアクセスした危険性のある Web サイトの数が含まれます。

    プライベートアクセスのセキュリティで保護された危険なWebサイトへのアクセス

  • [ EVENT DETAILS ] セクションには、選択した期間中に発生した個々のイベントのタイムラインビジュアライゼーションが含まれます。また、各イベントに関する次の重要な情報も表示できます。

    • 時間。イベントが発生した時刻。

    • ウェブサイト。ユーザーがアクセスする危険な Web サイト。

    • カテゴリグループ。Secure Private Accessが危険なWebサイトに割り当てたカテゴリグループ。

    • カテゴリー。危険な Web サイトのセキュアプライベートアクセスで指定されたカテゴリ。

    • 評判評価。リスクのある Web サイトについて、セキュア・プライベート・アクセスによって返されるレピュテーションの評価。詳細については、 URL レピュテーションスコアを参照してください

      安全なプライベートアクセス危険な Web サイトアクセスイベントの詳細

ユーザーに適用できるアクション

ユーザーのアカウントでは、次の操作を実行できます。

  • ウォッチリストに追加する。将来の潜在的な脅威についてユーザーを監視する場合は、ウォッチリストに追加できます。

  • 管理者に通知します。ユーザーのアカウントで異常なアクティビティや疑わしいアクティビティが発生すると、すべての管理者または選択した管理者に電子メール通知が送信されます。

アクションの詳細とアクションを手動で設定する方法については、「 ポリシーとアクション」を参照してください。

アクションをユーザーに手動で適用するには、ユーザーのプロファイルに移動し、適切なリスク指標を選択します。[ アクション ]メニューからアクションを選択し、[ 適用]をクリックします。

注:

リスク指標をトリガーするデータソースに関係なく、他のデータソースに関連するアクションを適用できます。

ブラックリストに載っているURLにアクセスしようとしました

Citrix Analytics は、ユーザーがアクセスしたブラックリストに登録されたURLに基づいてデータアクセスの脅威を検出し、対応するリスク指標をトリガーします。

ブラックリストURLへのアクセスの試み ]リスク指標は、[セキュアプライベートアクセス]で構成されたブラックリストに登録されたURLにユーザーがアクセスしようとすると、Citrix Analytics で報告されます。

ブラックリストURLにアクセスしようとするリスク指標に関連するリスク要因は 、その他のリスク指標です。リスク要因について詳しくは、「 Citrix ユーザーリスク指標」を参照してください。

ブラックリストに登録された URL リスク指標へのアクセスの試みがトリガーされるのはいつですか?

Secure Private Access には、ブラックリストに登録された URL へのアクセスを制限するポリシーベースの制御を提供する URL 分類機能が含まれています。ユーザーがブラックリストに登録されたURLにアクセスしようとすると、セキュアプライベートアクセスはこのイベントをCitrix Analytics に報告します。Citrix Analytics では、ユーザーのリスクスコアが更新され、 ユーザーのリスクタイムラインにブラックリストに登録されたURLリスク指標へのアクセス試行エントリが追加されます

ブラックリストに登録されたURLリスク指標へのアクセスの試みを分析する方法は

ユーザーGeorgina Kalouが、セキュア・プライベート・アクセスで構成されたブラックリストに登録されたURLにアクセスしたとします。セキュアプライベートアクセスはこのイベントをCitrix Analytics に報告し、更新されたリスクスコアをGeorgina Kalouに割り当てます。ブラックリストに登録された URL にアクセスしようとするリスク指標が Georgina Kalou のリスクタイムラインに追加されます。

Georgina Kalouのリスクタイムラインから、報告された「 ブラックリストURLへのアクセス試み 」リスク指標を選択できます。イベントの理由は、イベントの時間、Webサイトの詳細など、イベントの詳細とともに表示されます。

ユーザの [ブラックリストへのアクセスの試行 ] エントリを表示するには、[ セキュリティ] > [ユーザ] に移動し、ユーザを選択します。

タイムラインから [ ブラックリストに載った URL リスク指標へのアクセスを試みる ] エントリを選択すると、対応する詳細情報パネルが右側のペインに表示されます。

セキュアなプライベートアクセスブラックリストに登録された URL へのアクセスを試みる

  • WHAT HAPPENEDセクションには 、リスク指標の簡単な概要が表示されます。これには、選択した期間中にユーザーがアクセスしたブラックリストに登録された URL の詳細が含まれます。

    セキュアなプライベートアクセスブラックリストに登録された URL にアクセスしようとしました何が起きたのですか

  • [ EVENT DETAILS ] セクションには、選択した期間中に発生した個々のイベントのタイムラインビジュアライゼーションが含まれます。また、各イベントに関する次の重要な情報も表示できます。

    • 時間。イベントが発生した時刻。

    • ウェブサイト。ユーザーがアクセスする危険な Web サイト。

    • カテゴリー。ブラックリストに登録された URL の [セキュアプライベートアクセス] で指定されたカテゴリ。

    • 評判評価。ブラックリストに登録された URL について、セキュアプライベートアクセスによって返されるレピュテーション評価。詳細については、 URL レピュテーションスコアを参照してください

      セキュアなプライベートアクセスブラックリストに登録された URL イベントの詳細にアクセスしようとする

ユーザーに適用できるアクション

ユーザーのアカウントでは、次の操作を実行できます。

  • ウォッチリストに追加する。将来の潜在的な脅威についてユーザーを監視する場合は、ウォッチリストに追加できます。

  • 管理者に通知します。ユーザーのアカウントで異常なアクティビティや疑わしいアクティビティが発生すると、すべての管理者または選択した管理者に電子メール通知が送信されます。

アクションの詳細とアクションを手動で設定する方法については、「 ポリシーとアクション」を参照してください。

アクションをユーザーに手動で適用するには、ユーザーのプロファイルに移動し、適切なリスク指標を選択します。[ アクション ]メニューからアクションを選択し、[ 適用]をクリックします。

注:

リスク指標をトリガーするデータソースに関係なく、他のデータソースに関連するアクションを適用できます。

異常なアップロードボリューム

Citrix Analytics は、異常なアップロードボリュームアクティビティに基づいてデータアクセスの脅威を検出し、対応するリスク指標をトリガーします。

異常なアップロードボリュームリスク指標は 、ユーザーがアプリケーションまたはWebサイトに過剰量のデータをアップロードしたときに報告されます。

異常なアップロードボリュームのリスク指標に関連するリスク要因は、その他のリスク指標です。リスク要因について詳しくは、「 Citrix ユーザーリスク指標」を参照してください。

異常なアップロードボリュームリスク指標はいつトリガーされますか?

Secure Private Access を構成して、アクセスした悪意のある、危険な、または不明な Web サイト、消費された帯域幅、危険なダウンロードやアップロードなどのユーザーアクティビティを監視できます。組織内のユーザーがアプリケーションまたはWebサイトにデータをアップロードすると、Secure Private AccessはこれらのイベントをCitrix Analytics に報告します。

Citrix Analytics これらすべてのイベントを監視し、このユーザーアクティビティがユーザーの通常の行動に反していると判断した場合、ユーザーのリスクスコアを更新します。異常なアップロードボリュームリスク指標がユーザーのリスクタイムラインに追加されます

異常なアップロードボリュームのリスク指標を分析するには?

アプリケーションやウェブサイトに過剰な量のデータをアップロードしたユーザーAdam Maxwellを考えてみましょう。セキュアプライベートアクセスはこれらのイベントをCitrix Analytics に報告し、更新されたリスクスコアをAdam Maxwellに割り当てます。異常なアップロードボリュームリスク指標が Adam Maxwell のリスクタイムラインに追加されます。

Adam Maxwell のリスクタイムラインから、 報告された異常なアップロードボリュームリスク指標を選択できます 。イベントの理由は、イベントの時間やドメインなど、イベントの詳細とともに表示されます。

異常なアップロードボリュームリスク指標を表示するには 、[ セキュリティ] > [ユーザー] に移動し、ユーザーを選択します。

タイムラインから [ 異常なアップロードボリュームのリスクインジケータ ] エントリを選択すると、対応する詳細情報パネルが右側のペインに表示されます。

セキュアプライベートアクセス異常なアップロード量

  • WHAT HAPPENEDセクションには 、選択した期間中にアップロードされたデータの量など、リスク指標の簡単な概要が表示されます。

    セキュアプライベートアクセス異常なアップロードボリューム何が起きたのですか

  • [ EVENT DETAILS ] セクションには、選択した期間中に発生した個々のデータアップロードイベントのタイムラインビジュアライゼーションが含まれます。また、各イベントに関する次の重要な情報も表示できます。

    • 時間。過剰なデータがアプリケーションまたは Web サイトにアップロードされた時刻。

    • ドメイン。ユーザーがデータをアップロードしたドメイン。

    • カテゴリー。ドメインカテゴリ。

    • アップロードサイズ。ドメインにアップロードされたデータの量。

      セキュア・プライベート・アクセスの異常なアップロード・ボリューム・イベントの詳細

ユーザーに適用できるアクション

ユーザーのアカウントでは、次の操作を実行できます。

  • ウォッチリストに追加する。将来の潜在的な脅威についてユーザーを監視する場合は、ウォッチリストに追加できます。

  • 管理者に通知します。ユーザーのアカウントで異常なアクティビティや疑わしいアクティビティが発生すると、すべての管理者または選択した管理者に電子メール通知が送信されます。

アクションの詳細とアクションを手動で設定する方法については、「 ポリシーとアクション」を参照してください。

アクションをユーザーに手動で適用するには、ユーザーのプロファイルに移動し、適切なリスク指標を選択します。[ アクション ]メニューからアクションを選択し、[ 適用]をクリックします。

注:

リスク指標をトリガーするデータソースに関係なく、他のデータソースに関連するアクションを適用できます。

過剰なデータのダウンロード

Citrix Analyticsは、ネットワーク内のユーザーがダウンロードした過剰なデータに基づいてデータアクセスの脅威を検出し、対応するリスク指標をトリガーします。

リスク指標は、組織内のユーザーがアプリケーションまたは Web サイトから過剰な量のデータをダウンロードしたときに報告されます。

過剰なデータダウンロードリスク指標はいつトリガーされますか?

Secure Private Access を構成して、アクセスした悪意のある、危険な、または不明な Web サイト、消費された帯域幅、危険なダウンロードやアップロードなどのユーザーアクティビティを監視できます。組織内のユーザーがアプリケーションまたはWebサイトからデータをダウンロードすると、Secure Private AccessはこれらのイベントをCitrix Analytics に報告します。

Citrix Analytics は、これらすべてのイベントを監視し、ユーザーアクティビティがユーザーの通常の行動に反していると判断した場合、ユーザーのリスクスコアを更新します。過剰データのダウンロードリスク指標がユーザーのリスクタイムラインに追加されます。

過剰なデータダウンロードのリスク指標に関連するリスク要因は、その他のリスク指標です。リスク要因について詳しくは、「 Citrix ユーザーリスク指標」を参照してください。

過剰なデータダウンロードのリスク指標を分析する方法は

ユーザー「Georgina Kalou」を考えてみましょう。GerginaはアプリケーションやWebサイトから過剰な量のデータをダウンロードしました。Secure Private AccessはこれらのイベントをCitrix Analytics に報告し、更新されたリスクスコアをGeorgina Kalouに割り当て、 ユーザーのリスクタイムラインに過剰なデータダウンロードリスク指標エントリを追加します

Georgina Kalouのリスクタイムラインから、 報告された過剰データのダウンロードリスク指標を選択できます 。イベントの理由は、時間やドメインの詳細など、イベントの詳細とともに表示されます。

[過剰なデータダウンロード] リスク指標を表示するには、 [セキュリティ] > [ユーザー] に移動して、ユーザーを選択します。

タイムラインから [ 過剰なデータのダウンロードリスクインジケータ ] エントリを選択すると、対応する詳細情報パネルが右側のペインに表示されます。

セキュアプライベートアクセス過度のデータダウンロード

  • WHAT HAPPENEDセクションには 、選択した期間中にダウンロードされたアップロードされたデータの量など、リスク指標の簡単な概要が表示されます。

    セキュアプライベートアクセス過剰なデータダウンロード何が起きたのですか

  • [ EVENT DETAILS ] セクションには、選択した期間中に発生した個々のデータダウンロードイベントのタイムラインビジュアライゼーションが含まれます。また、各イベントに関する次の重要な情報も表示できます。

    • 時間。過剰なデータがアプリケーションまたは Web サイトにダウンロードされた時刻。

    • ドメイン。ユーザーがデータをダウンロードしたドメイン。

    • カテゴリー。ドメインカテゴリ。

    • ダウンロードサイズ。ドメインにダウンロードされたデータの量。

      セキュアプライベートアクセス過剰なデータダウンロードイベントの詳細

ユーザーに適用できるアクション

ユーザーのアカウントでは、次の操作を実行できます。

  • ウォッチリストに追加する。将来の潜在的な脅威についてユーザーを監視する場合は、ウォッチリストに追加できます。

  • 管理者に通知します。ユーザーのアカウントで異常なアクティビティや疑わしいアクティビティが発生すると、すべての管理者または選択した管理者に電子メール通知が送信されます。

アクションの詳細とアクションを手動で設定する方法については、「 ポリシーとアクション」を参照してください。

アクションをユーザーに手動で適用するには、ユーザーのプロファイルに移動し、適切なリスク指標を選択します。[ アクション ]メニューからアクションを選択し、[ 適用]をクリックします。

注:

リスク指標をトリガーするデータソースに関係なく、他のデータソースに関連するアクションを適用できます。

Citrix Secure Private Access リスク指標