導入

Session Recordingは5つのコンポーネントから構成されます:

  • Session Recording Agent。 各VDA for Server OSまたはVDA for Desktop OSにインストールする、録画処理を有効にするコンポーネントです。これによりセッションデータが録画されます。
  • Session Recordingサーバー。 次のサービスをホストするサーバーです。
    • ブローカー:IIS 6.0以降によりホストされるWebアプリケーションです。これにより、Session Recording Playerからの検索クエリおよびファイルダウンロード要求と、Session Recordingポリシーコンソールからのポリシー管理要求が制御されます。また、Citrix Virtual Apps and Desktopsの各セッションの録画ポリシーが評価されます。
    • ストレージマネージャー:Windowsサービスです。これにより、Citrix Virtual Apps and Desktopsを実行中のSession Recordingが有効な各コンピューターから受信する、セッションの録画ファイルが管理されます。
    • 管理者ログ:Session Recordingサーバーでインストールされる、管理アクティビティを記録するためのオプションのサブコンポーネントです。ログデータはすべて、デフォルトでCitrixSessionRecordingLoggingという名前の個別のSQL Serverデータベースに格納されます。データベース名はカスタマイズすることができます。
  • Session Recording Player。 セッションのファイルを調査するユーザーが、録画を再生するためにワークステーションでアクセスするユーザーインターフェイスです。
  • Session Recordingデータベース。録画したセッションデータを格納するためのSQLデータベースを管理するコンポーネントです。このコンポーネントがインストールされていると、デフォルトでCitrixSessionRecordingという名前のデータベースが作成されます。データベース名はカスタマイズすることができます。
  • Session Recordingポリシーコンソール。 録画するセッションを指定するポリシーを作成するコンソールです。

この図はSession Recordingコンポーネントおよび各コンポーネントの関係を示しています:

この展開例では、Session Recording Agent、Session Recordingサーバー、Session Recordingデータベース、Session Recordingポリシーコンソール、およびSession Recording Playerのすべてが、セキュリティファイアウォールの内部に設置されています。Session Recording Agentは、VDA for Server OSまたはVDA for Desktop OSにインストールされます。第2のサーバーはSession Recordingポリシーコンソールをホストし、第3のサーバーはSession Recordingサーバーとして機能します。そして、第4のサーバーはSession Recordingデータベースをホストします。Session Recording Playerはワークステーションにインストールされます。ファイアウォール外部のクライアントデバイスは、Session Recording AgentがインストールされているVDA for Server OSに接続します。ファイアウォール内では、Session Recording Agent、Session Recordingポリシーコンソール、Session Recording Player、およびSession RecordingデータベースはすべてSession Recordingサーバーに接続します。

ローカライズされた画像

導入

In this article