セッションが録画されない

アプリケーションセッションが正常に録画されない場合は、まずSession Recording AgentとSession Recordingサーバーが動作するVDA for Server OS上のイベントビューアーで、アプリケーションイベントログを確認します。このログには有益な診断情報が含まれています。

セッションが録画されていない場合、次の原因が考えられます。

  • コンポーネント間の接続と証明書。Session Recordingコンポーネントの間で通信ができない場合は、セッションの録画に失敗します。録画の問題のトラブルシューティングをするには、すべてのコンポーネントが適切に設定されていて正しいコンピューターを参照していることと、すべての証明書が有効で適切にインストールされていることを確かめます。
  • 非Active Directoryドメイン環境。Session RecordingはMicrosoft Active Directoryドメインの環境で動作するように設計されています。Active Directory環境で運用していない場合は、録画で問題が発生する可能性があります。Session Recordingのすべてのコンポーネントは、必ずActive Directoryドメインに参加しているコンピューターで実行します。
  • セッション共有がアクティブなポリシーと競合している。 Session Recordingでは、アクティブなポリシーとエンドユーザーが最初に開いた公開アプリケーションを照合します。同じセッション上で次のアプリケーションを開くと、最初のアプリケーションに対して有効なポリシーが、次のアプリケーションにも適用されます。セッション共有がアクティブなポリシーと競合することを防ぐには、競合するアプリケーションを別のVDAs for Server OSで公開します。
  • 録画が有効になっていない。 VDA for Server OSにSession Recording Agentをインストールすると、そのサーバーではデフォルトで録画が有効になります。録画を許可するアクティブな録画ポリシーを設定するまでは、録画はされません。
  • アクティブな録画ポリシーによって録画が許可されない。 アクティブな録画ポリシーのルールを満たしている場合にのみ、セッションが記録されます。
  • Session Recordingサービスが実行されていない。 セッションを録画するには、VDA for Server OSでSession Recording Agentサービスが実行されており、Session RecordingサーバーをホストするコンピューターでSession Recordingストレージマネージャーサービスが実行されている必要があります。
  • MSMQが設定されていない。 Session Recording Agentが動作するサーバーとSession RecordingサーバーをホストするコンピューターでMSMQが適切に設定されていない場合は、録画の問題が起きる可能性があります。

セッションが録画されない

In this article