Workspace Environment Management

MSIXアプリ接続を設定する

Workspace Environment Management(WEM)を使用すると、Citrix DaaS(以前のCitrix Virtual Apps and Desktops サービス)およびCitrix Virtual Apps and Desktops環境、および物理ワークステーションで使用するMSIX アプリのアタッチを設定できます。ユーザーにシームレスなMSIX アプリのアタッチベースのアプリケーションエクスペリエンスを提供するために、MSIX アプリのアタッチデータをProfile Management でローミングできます。

セットアッププロセスには以下のステップが含まれます。

  • 外部タスクを作成する
  • Profile Managementの構成

前提条件

開始する前に、次の操作を行う必要があります。

外部タスクを作成する

次の情報は、 外部タスクのガイダンスを補足するものです

外部タスクを作成するには、MSIXアプリ接続シナリオに固有の詳細を念頭に置いて、その記事の一般的なガイダンスに従ってください。

レガシーコンソールの [ アクション] > [外部タスク ] で、次の 2 つのタスクを追加します。

  • MSIX VHDファイルをマウントし、MSIXアプリパッケージをステージングし、エンドユーザーがログオンしたときにアプリをデスクトップセッションに登録するタスク。

    MSIXをステージングして登録するタスク

  • エンドユーザーがログオフしたときに、MSIX VHDファイルをマウント解除し、MSIXアプリパッケージをデステージし、デスクトップセッションからアプリの登録を解除するタスク。

    MSIXをデステージして登録解除するタスク

その後、MSIXアプリアタッチを有効にするターゲットユーザーに2つのタスクを割り当てます。外部タスクの割り当てについては、「 割り当て」を参照してください。デスクトップマシンで実行されている WEM エージェントがタスクを実行し、デスクトップセッションで MSIX アプリにアクセスできるようにします。

外部タスクを割り当てる

Profile Managementの構成

MSIXアプリデータは、ユーザーセッションのユーザープロファイルに保存されます。MSIXアプリデータを非永続デスクトップに保持したり、デスクトップ間でデータをローミングしたりするには、ProProfile Management を使用できます。Profile Managementを使用してプロファイルの移動を構成する方法については、「 Citrix ProProfile Management の設定」を参照してください。

MSIXアプリ接続を設定する