Workspace Environment Management

アプリパッケージ配信

この機能により、WEM エージェントインストーラーとカスタム.exeインストーラーをサポートするエージェントマシンのアプリインストール/アンインストールタスクを構成できるため、アプリ配信機能が提供されます。SMB 共有に保存されているインストーラーを含むアプリパッケージを追加し、パッケージのコマンド、実行基準、および関連設定を指定できます。次に、実行を処理するスケジュールとルールを使用して、アプリケーションをユーザー環境にデプロイするための配信タスクを構成できます。アプリパッケージはすべての構成セットで共有されます。各構成セットのアプリパッケージを使用して配信タスクを構成できます。マシン全体のインストーラーのみがサポートされます。

クラウド環境では、ビルトイン WEM エージェントパッケージは 1 つしか使用できません。WEM エージェントパッケージに関連付けられた省略記号を使用して、配信タスクの作成、パッケージの編集、およびパッケージの削除を行うことができます。使用中のパッケージはすべて削除できません。アプリパッケージと配信タスクをアルファベット順または作成日に基づいて並べ替えることもできます。

保管場所の設定

現在の構成セットの保存場所を構成するには、次の手順を実行します。

  • SMB 共有と、その共有にアクセスする権限を持つ管理者の認証情報を [ ストレージロケーション] ページに入力して新しいストレージロケーションを追加し 、[ 完了] をクリックします。
  • 指定した保存場所は、現在の構成セットにのみ適用されます。
  • SMB共有(Storage location)\Citrix\WEM\AppPackagesの次のパスにインストーラーを保存し、[保存] をクリックします。

アプリパッケージを追加

アプリパッケージを追加するには、次の手順を完了します。

  • [ アプリパッケージを追加] > [EXE ] をクリックして、[ アプリパッケージの追加 ] ページにアクセスします。このページには、 基本情報実行条件および設定がツリー構造で一覧表示されます
    • 実行基準。アプリパッケージをいつ実行するかを決定する基準を指定する必要があります。実行条件は、 ファイルまたはフォルダの有無ファイルの作成日ファイルの変更日ファイルのバージョン、ファイルサイズ**、 **レジストリキーの有無、 **レジストリ値の有無、 **およびレジストリ値に分類されます。パッケージの繰り返し実行によるエラーを防ぐため、必ず基準を設定してください。
      • 64 ビットバージョンの Windows では、Program Filesディレクトリ内でファイルまたはフォルダーのパスが設定されている場合、Criterion タイプ[ファイルまたはフォルダーの存在] として選択した場合、WEM エージェントは 32 ビットProgram Files (x86)フォルダーと 64 ビットProgram Filesフォルダーの両方を自動的に確認します。たとえば、設定されたパスがC:\Program Files\Testの場合 、WEM エージェントは次の 2 つのパス、つまりC:\Program Files (x86)\TestC:\Program Files\Testの存在を確認します。同様に、設定されたパスがC:\Program Files (x86)\Testの場合 、WEM エージェントはC:\Program Files (x86)\TestC:\Program Files\Testの両方を確認します。これにより、32 ビットと 64 ビットの両方のアプリケーション間で互換性とアクセシビリティが確保されます。
      • 基準タイプを [ ファイルサイズ] として選択した場合、WEM エージェントは整数部分を考慮し、10 進値を無視してファイルサイズをキロバイト (KB) 単位で計算します。たとえば、ファイルのサイズが 46,913,080 バイトの場合、WEM エージェントはそのサイズを KB 単位で 45,813 KB と計算します (46,913,080 を 1024 で割ると 45,813.554 になり、小数点部分の「.554」は無視されます)。
      • 基準タイプとして [ レジストリキーの存在] を選択した場合:64 ビットバージョンの Windows では、レジストリは 32 ビットキーと 64 ビットキーに分けられます。レジストリキーを 64 ビットバージョンとして構成すると、WEM エージェントは 32 ビットバージョンと 64 ビットバージョンの両方でレジストリキーの存在を確認しようとします。ただし、レジストリキーを 32 ビットバージョンとして構成した場合、WEM エージェントは 32 ビットバージョンでのみその存在を確認します。たとえば、設定したレジストリキーがHKEY_LOCAL_MACHINE\Software\testの場合 、HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\testまたはHKEY_LOCAL_MACHINE\Software\WOW6432Node\testのいずれかのレジストリキーが存在すれば基準が満たされます。設定したレジストリキーがHKEY_LOCAL_MACHINE\Software\WOW6432Node\testの場合 、 HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\WOW6432Node\testが存在すれば基準が満たされます。
  • 各オプションの下に表示されているフィールドを更新します。
  • 一部のパッケージをインストールまたはアンインストールした後、必要に応じて [ 設定 ] の [ 実行後にマシンを再起動する] チェックボックスを選択できます。
    • インストール中にアプリケーションパッケージがマシンの再起動をトリガーした場合、正確な結果を取得できないため、ステータスは「 予期しない再起動 」として記録されます。再起動を防ぐためにインストールコマンドにパラメータを組み込んでください。また、この問題に対処するには、[ 実行後にマシンを再起動する ] チェックボックスを選択してください。
    • アプリケーションパッケージが再起動後も継続的な操作を必要とする場合、パッケージの結果が完全に正確ではない場合があります。これは、WEM が WEM によって開始されていないパッケージの結果を取得できないためです。
  • 成功ステータスを示すリターンコードを必ず指定してください。パッケージのリターンコードは [ 設定]で定義できます。

WEM エージェントアップグレードタスクを作成する

WEM エージェントアップグレードタスクを作成するには、次の手順を実行します。

  • 配信タスクの作成 > WEM エージェントアップグレードタスクタイプを選択して配信タスクの作成ページにアクセスします 。このページには、 **基本情報とスケジュールとルールがツリー構造で一覧表示されます** 。
  • 各オプションの下に表示されているフィールドを更新します。
  • デフォルトでは、「 アップグレード先 」で「 最新バージョン」が選択されます。
  • UI モードで実行されているエージェントでは、[ ユーザによるエージェントの手動アップグレードを許可] を有効にすると、エージェントユーザインターフェイスで [ アップグレード ] オプションが使用できるようになります。このオプションを使用して、ドロップダウンメニューで指定されたバージョン (最後の 3 つのバージョン) にエージェントをアップグレードできます。この設定は、WEM エージェントアップグレード配信タスクのサブセットです。つまり、手動アップグレードタスクは、設定されたルールに従って WEM エージェントアップグレード配信タスクで指定されたバージョンにアップグレードされます。
  • 配信タスクはスケジュールを設定しないと手動で実行されないため 、配信タスクを実行する必要がある時間帯と日を指定してスケジュールを設定してください。開始時刻と終了時刻は、少なくとも 2 時間間隔を空けて同じ日に設定する必要があります。
  • ルールを設定して 、どのエージェントがタスクを実行する必要があるかを決定することもできます。[ マシンカタログ名]、[デリバリーグループ名]、[デバイス名**]、[ **IPアドレス]、[ OSプラットフォームタイプ]、[ **OSバージョン]、[ **固定マシンルール]から[ すべて一致]または[任意に一致 ]を選択できます。

注:

以前のバージョンとの非互換性の問題を回避するために、以下のように WEM エージェントのアップグレード設定を確認してください。

  • 曜日はスケジュール設定で設定します
  • ルールは固定マシン以外のルールで設定されます
  • 「ルール」で「どれでも一致 」が選択されています。
  • ルールはスケジュールなしで設定されます。

カスタムタスクを作成する

カスタムタスクを作成するには、次の手順を完了します。

  • 配信タスクの作成 > カスタムタスクタイプを選択して配信タスクの作成ページにアクセスします 。このページには、 **基本情報とスケジュールとルールがツリー構造で一覧表示されます** 。
  • 各オプションの下に表示されているフィールドを更新します。
  • 必要なアプリパッケージを選択し、実行したい順序に並べることができます。
  • スケジュールされた他のタスクがブロックされないようにするには、選択したパッケージ機能(インストール/アンインストール) のいずれかが失敗しても 、他のアプリパッケージのシームレスな処理を続行するには、[ タスクコンテンツ ] で [失敗した場合は続行] を選択してください。
  • 再起動が終了するまで待つ] チェックボックスを選択した場合、個々のアプリパッケージの再起動設定は無視され、タスクのリスト全体の実行が終了するとマシンが再起動します。
  • 1 回実行 」チェックボックスを選択すると、スケジュールされたタスクを 1 回だけ実行できます。
  • 配信タスクはスケジュールが設定されていないと手動で実行されないため、配信タスクを実行する必要がある時間帯と日を指定してスケジュールを設定してください。
  • 各パッケージの最大実行時間は 60 分です。そうしないと、パッケージはタイムアウトして終了します。

詳細については、「 レポートエージェントおよび詳細設定」を参照してください。

アプリパッケージ配信