Workspace Environment Management

WEM ツールハブ

WEM Tool Hubは、Workspace Environment Management(WEM)管理者の構成エクスペリエンスを簡素化することを目的としたツールのコレクションです。ダウンロードするには、[ Citrix Cloud] > [WEM サービス] > [ユーティリティ]に移動します。

WEM ツールハブを実行するための前提条件は次のとおりです。

  • .NET フレームワーク 4.7.1 またはそれ以降
  • Microsoft Edge WebView2 ランタイムバージョン 98 以降
  • ローカル管理者権限

現在、以下のツールが利用可能です。

  • アプリケーションアシスタント
  • ファイルタイプ関連付けアシスタント
  • プリンタアシスタント
  • アプリアクセス制御用のルールジェネレーター

注記:

  • WEM ツールハブはデータを保存しません。ツールを終了すると、データは消去されます。データが失われる可能性を避けるため、必ず作業を保存してください。
  • WEM Tool HubからコピーしたデータをWebコンソールに貼り付けるには、ブラウザーがデータのコピーを許可していることを確認してください。例:Microsoft Edge の場合は、必ず [ サイト権限] > [クリップボード] > [クリップボードにコピーされたテキストと画像をサイトが表示するタイミングを確認する ] オプションが有効になっている必要があります。

アプリケーションアシスタント

このツールを使用して、管理コンソールにアプリケーションを追加するときに使用するアイコンやCitrix Workspaceリソースの構成情報を準備します。

ワークスペースリソース

注記:

このツールを使用するには、マシンにCitrix Workspaceアプリがインストールされている必要があります。

「Citrix Workspace リソース」タイプのアプリケーションをWebコンソールに追加する場合は、リソースを指定する必要があります。リソースの情報を取得するには、次の手順を実行します。

  1. ストア URL またはワークスペース URL を入力します。

  2. リソースを参照」をクリックしてリソースをブラウズします 。次に、リソースが列挙され、一覧表示されます。

  3. リストから、ターゲットアプリケーションを選択し、その情報をコピーします。

Web コンソールで、[ リソース情報を貼り付け] をクリックしてコピーした情報を貼り付けます。「 アプリケーションの追加」を参照してください。

アイコン

Web コンソールでアプリケーションのアイコンを設定するときに、新しいアイコンを追加できます。アイコンのデータを取得するには、次の手順を実行します。

  1. ブラウズ 」をクリックして、アイコンを含むファイルを参照します。その後、ファイル内のアイコンが読み込まれます。対応しているファイルタイプ: .exe.dll.ico

  2. アイコンを選択し、アイコンデータをコピーします。

Web コンソールで、[アイコンデータを貼り付け] をクリックしてコピーしたアイコンデータを貼り付けます。「 アプリケーションの追加」を参照してください。

ファイルタイプ関連付けアシスタント

このツールを使用して、FTA を設定するために必要な情報を取得し、管理コンソールに割り当て可能なアクションとして追加します。

ファイルタイプ関連付けアシスタントを選択すると 、WEM Tool Hub の「 ファイルタイプ関連付けアシスタント 」ページが表示されます。FTA を設定するには、次の手順を実行します。

  • ファイル拡張子を入力すると、入力内容で始まる対応するファイル拡張子オプションから選択できます。
  • 入力したファイル拡張子に関連する ProgID があるかどうか、および ProgIDにレジストリ内のアクションが関連付けられているかどうかを確認します
  • [ Browse ] をクリックすると、入力した ProgID が登録されているすべてのアプリケーションが一覧表示されます。
  • 関連付けたいアプリケーションを設定します。
  • カスタマイズ」アクションを選択して 、「 開く」、「 編集」、および「 印刷 」アクションを実行することもできます。
  • [コピー] ボタンをクリックすると、設定した FTA データをコピーできます

詳細については、「 ファイルタイプの関連付け」を参照してください。

プリンタアシスタント

このツールを使用して印刷サーバーからプリンターのリストを取得し、管理コンソールに割り当て可能なアクションとして追加できるようにします。

ネットワークプリントサーバーからプリンターを追加する場合、そのプリンターを追加するにはプリンター情報が必要です。プリンタ情報を取得するには、次の手順を実行します。

  1. プリントサーバーのフルネームを入力します。
  2. 特定の認証情報を使用してプリントサーバーに接続するかどうかを指定します。
  3. [ 接続 ] をクリックすると、プリンタリストが表示されます。
  4. リストから 1 つまたは複数のプリンタを選択し、プリンタ情報をコピーします。

Web コンソールで、[ プリンタ情報を貼り付け] をクリックしてコピーした情報を貼り付けますプリントサーバーからのプリンターの追加を参照してください

アプリアクセス制御用のルールジェネレーター

このツールを使用して、ファイル、フォルダー、レジストリなどのアイテムへのユーザーアクセスを制御するルールを作成します。ルールはCitrixProfile Management を通じて実装されます。一般的な使用例は、マシンにインストールされたアプリへのユーザーアクセスを制御するルールを適用することです。つまり、アプリを関連ユーザーに見えないようにするかどうかです。

次の操作を実行できます。

  • アプリルールを作成
  • アプリルールをファイルからインポートする
  • ルール用の未加工データを生成
  • アプリルールを編集
  • アプリルールを削除する

アプリルールを作成するには、次の手順を実行します。

  1. アクションバーの [ ルールを作成 ] をクリックします。
  2. ターゲットオブジェクトページで 、次の設定を行います。

    • アプリルール名。ルールを識別しやすい名前を指定してください。
    • ターゲットオブジェクト。ターゲットオブジェクトを追加します。ターゲットオブジェクトには、非表示にするアプリに関連するファイル、フォルダー、およびレジストリを指定できます。[ スキャン ] をクリックすると、現在のマシンにインストールされているアプリと各アプリに関連するオブジェクトのリストが表示されます。

      注記:

         -  スキャン後、ツールがフォルダーのパスを取得できない場合があります。パスフィールドには次の警告が表示されます: `No path found`. この問題は、たとえば、アプリのインストールフォルダーがユーザーのプロファイルフォルダーにある場合に発生します。その場合は、インストールフォルダを探し、パスを手動で入力する必要があります。
      
      • 特定のCitrixおよびWindowsサービスが依存するアイテムにはパスを追加できません。そうしないと、それらのサービスが正常に動作しなくなる可能性があります。これらのパスの一覧については、「 追加できないパス」を参照してください。
  3. 割り当て 」ページで、ルールを割り当てるユーザー、コンピューター (組織単位)、プロセスを追加します。AAD ユーザーまたはグループ、および NDJ マシンを取得する方法の詳細については、「 AAD/NDJオブジェクトセレクター」を参照してください。

    注記:

    • このルールを特定のユーザー、コンピューター、およびプロセスに割り当てると、ユーザーが関連するコンピューターでプロセスを実行しても、ターゲットオブジェクトは表示されません。
    • 割り当てが指定されていない場合、このルールは常にターゲットオブジェクトを非表示にします。
    • アサインメントには、ユーザー、コンピューター、プロセスの 3 つのカテゴリがあります。「OR」演算子はカテゴリ内の項目間で使用され、「AND」演算子はカテゴリ間で使用されます。
    • ドメインに参加していない、または Azure Active Directory に参加しているマシンでツールを実行する場合、ユーザーやコンピューターを追加することはできません。
    • プロセスを一括追加できます。プロセス名 (.exe 拡張子を含む) を改行で区切って入力します。
  4. 終了したら、[ 完了] をクリックします。

ルールの未加工データを生成するには、次の手順を実行します。

  1. 必要なルールを選択するか、[ すべて選択 ] をクリックしてすべてのルールを選択します。
  2. アクションバーの「 ローデータを生成 」をクリックします。次に、選択したルールの未加工データが生成されます。
  3. [ ローデータを生成 ] ウィンドウで、ローデータを後で復元できるようにファイルに保存するか、ローデータをクリップボードにコピーします。

    注記:

    • ルールをどのように展開したいかに応じて、WEM管理コンソールでルールを追加したり、Profile Managementポリシーの「アプリアクセス制御」を設定したりするときに、未加工データを使用します。
    • 未加工データをファイルに保存したら、ファイルからルールを復元できます。そのためには、アクションバーの「 インポート 」を使用してください。
  4. 終了したら、[ 完了] をクリックします。

パスの追加は許可されていません

特定のCitrixおよびWindowsサービスが依存するアイテムには、次のパスとその親パスを追加できません。 Profile Management 関連レジストリ:

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Citrix\UserProfileManager
  • HKLM:\SOFTWARE\Policies\Citrix\UserProfileManager
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\UserProfileManager
  • HKLM:\SOFTWARE\Citrix\UserProfileManager

WEM 関連レジストリ:

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Norskale
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\WEM
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Norskale
  • HKLM:\SOFTWARE\Policies\Norskale
  • HKLM:\SOFTWARE\Citrix\WEM
  • HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Norskale

Virtual Delivery Agent (VDA) 関連レジストリ:

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\VirtualDesktopAgent
  • HKLM:\SOFTWARE\Citrix\VirtualDesktopAgent
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\Citrix Virtual Desktop Agent
  • HKLM:\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\Citrix Virtual Desktop Agent

Windows関連のレジストリ:

  • HKCU:
  • HKEY_CURRENT_USER
  • HKU:
  • HKEY_USERS

Windows およびCitrix のサービス関連フォルダー:

  • c:\windows\system32
  • \Citrix\User Profile Manager\
  • \Citrix\Workspace Environment Management Agent\
  • \Citrix\XenDesktopVdaSetup\
  • \%windir\%\system32

AAD ユーザー/グループと NDJ マシンへのアプリアクセスルールの割り当て

アプリアクセスルールをAADユーザーまたはグループ、およびNDJマシンに割り当てるには、次の手順を実行します。

  1. Web コンソールから AAD/NDJ オブジェクトセレクターをクリックします

  2. AAD/NDJ オブジェクトセレクターを使用して 、必要な AAD ユーザーと NDJ マシンを追加します。

  3. ユーザーデータまたはマシンデータをコピーします。

  4. [ WEM Tool Hub] > [ アプリアクセス制御のルールジェネレーター] に移動し、新しいアプリルールを作成します。

  5. 課題ページに移動し 、データを貼り付けます。

  6. 完了 」をクリックして、アプリのアクセス制御ルールを作成します。

  7. アプリのアクセス制御ルールをコピーします。

  8. Web コンソール > 設定 > Profile Management 設定 > アプリアクセス制御に移動し 、そこにデータを貼り付けます。

すばやくアクセスできるようにローカルアプリケーションを追加

この機能により、ローカルアプリケーションを WEM Tool Hub に追加してすばやくアクセスできます。追加されたアプリケーションは、個人データの一部とみなされます。Profile Management 環境の使用中にマシンを切り替えてもデータは保持されます。

アプリケーションを追加するには、WEM Tool Hub の右上隅にあるプラス記号をクリックし、アプリケーションに移動します。複数のアプリケーションを一度に追加できます。

追加されたアプリケーションは WEM Tool Hub にタイルとして表示されます。タイルをクリックすると、アプリケーションをすばやく起動できます。

注記:

追加したアプリケーションを削除するには、ゴミ箱アイコンをクリックします。

WEM ツールハブ