Workspace Environment Management

アップグレード

Citrixは、WEMサービスエージェントを除くすべてのWorkspace Environment Management(WEM)サービスコンポーネントを展開環境に維持します。

WEM サービスエージェントは、既存の構成を失うことなく、新しいバージョンにアップグレードできます。これはインプレースアップグレードと呼ばれます。

デフォルトでは、WEM サービスエージェントの新しいバージョンがリリースされると、電子メール通知が届きます。今後、このようなメールを受信したくない場合は、登録を解除することができます。これを行うには、WEM サービスの [ ユーティリティ ] タブに移動し、[ 新しいエージェントバージョンに関する通知 ] セクションの [ 登録解除 ] をクリックします。

重要:

  • WEM サービスエージェントをアップグレードする前に、ログオンしているユーザーがいないことを確認します。これにより、アップグレードプロセス中にエージェントマシン上のファイルを変更できるようになります。
  • 最新の機能を使用できるように、Agent を最新バージョンにアップグレードすることをお勧めします。

エージェントのアップグレード

  1. WEM サービスの [ ユーティリティ ] タブから最新の WEM サービスエージェントパッケージをダウンロードします。
  2. インストールと構成」の説明に従って、新しい WEM サービスエージェントを各ターゲットマシンに展開します。

エージェントの自動アップグレード

注:

Agent の自動アップグレード機能を使用して Agent アップグレードを非永続マシンにロールアウトすると、マシンの再起動後にアップグレードが元に戻ります。

エージェントの自動アップグレード機能を使用して、WEM エージェントの自動アップグレードをスケジュールできます。この機能により、エージェントのアップグレードを手動でロールアウトしなくても、エージェントの定期的なアップグレードが容易になります。この機能により、WEM エージェントを柔軟にアップグレードできます。

  • WEM が構成セット内のすべてのエージェントマシンに自動的にアップグレードをロールアウトする期間を指定できます。
  • または、ユーザーがエージェントを手動でアップグレードできるようにすることもできます。

詳細については、「 Agent のアップグレード」を参照してください。

エージェントをオンデマンドでアップグレードする

エージェントはコンソールからオンデマンドでアップグレードできます。このオプションは、レガシーコンソールと Web コンソールの両方で使用できます。この機能を使用するには、次の手順を実行します。

  • レガシーコンソールで、[ 管理] > [エージェント] に移動し、エージェントを右クリックして、[ エージェントを最新バージョンにアップグレード] を選択します。詳細については、「 管理」を参照してください。
  • Web コンソールで、[ モニタリング] > [管理] > [エージェント] に移動し、1 つ以上のエージェントを選択して [ 詳細] をクリックし、[ エージェントを最新バージョンにアップグレード] を選択します。詳細については、「 管理」を参照してください。
アップグレード