StoreFrontの構成

Citrix StoreFrontは、Citrix Virtual Apps and Desktops、VDI-in-a-Boxへの接続を認証し、使用可能なデスクトップおよびアプリケーションをCitrix Workspaceアプリでアクセスできるストアに集約します。

ここで説明する構成手順に加えて、リモートユーザー(インターネットを介して接続するユーザーや遠隔地のユーザーなど)が内部ネットワークにアクセスできるようにCitrix Gatewayを構成する必要もあります。

メモ

すべてのストアを表示するオプションを選択すると、古いStoreFrontユーザーインターフェイスが表示されることがあります。

StoreFrontを構成するには

StoreFrontのドキュメントを参照して、StoreFrontをインストールして構成ます。Citrix Workspaceアプリを使用するには、HTTPS接続が必要です。StoreFrontサーバーでHTTPが構成されている場合は、ユーザーデバイス上のレジストリキーを設定する必要があります。詳しくは、「コマンドラインパラメーターを使用したWindows向けWorkspaceの構成とインストール」のALLOWADDSTOREプロパティに関する説明を参照してください。

メモ

独自のWindows向けCitrix Workspaceアプリダウンロードサイトを作成する管理者用に、テンプレートが提供されています。

ワークスペースコントロール再接続の管理

ワークスペースコントロール機能を有効にすると、ユーザーがセッションの途中でデバイスを切り替えても、新しいデバイス上でそのアプリケーションでの作業を継続できます。これにより、たとえば病院で臨床医がほかのワークステーションに移動しても、移動先のデバイスでアプリケーションを起動し直す必要がなくなります。Citrix Workspaceアプリの場合、クライアントデバイスのワークスペースコントロールの管理はレジストリを変更して行います。これはまた、グループポリシーを使用するドメイン参加クライアントデバイスに対しても実行できます。

注意

レジストリエディターの使用を誤ると、深刻な問題が発生する可能性があり、Windowsの再インストールが必要になる場合もあります。レジストリエディターの誤用による障害に対して、Citrixでは一切責任を負いません。レジストリエディターは、お客様の責任と判断の範囲でご使用ください。また、レジストリファイルのバックアップを作成してから、レジストリを編集してください。

WSCReconnectModeUserを作成し、既存のレジストリキーWSCReconnectModeをMaster Desktop ImageまたはCitrix Virtual Appsサーバーで変更します。公開デスクトップではCitrix Workspaceアプリの動作を変更できます。

Citrix WorkspaceアプリのWSCReconnectModeキー設定は次のとおりです:

  • 0 = いずれに既存のセッションにも再接続しない
  • 1 = アプリケーションの起動時に再接続する
  • 2 = アプリケーションの更新時に再接続する
  • 3 = アプリケーションの起動または更新時に再接続する
  • 4 = Citrix Workspaceインターフェイスを開いたときに再接続する
  • 8 = Windowsログオン時に再接続する
  • 11 = 3と8の組み合わせ

Citrix Workspaceアプリのワークスペースコントロールの無効化

ワークスペースコントロールを無効にするには、次のキーを作成します:

HKEY\_CURRENT\_USER\SOFTWARE\Wow6432Node\Citrix\Dazzle(64ビット版)

HKEY\_CURRENT\_USER\SOFTWARE\Citrix\\Dazzle(32ビット版)

名前:WSCReconnectModeUser

種類:REG_SZ

値のデータ:0

次のキーをデフォルト値の3から0に変更

HKEY\_CURRENT\_USER\SOFTWARE\Wow6432Node\Citrix\\Dazzle(64ビット版)

HKEY\_CURRENT\_USER\SOFTWARE\Citrix\\Dazzle(32ビット版)

名前:WSCReconnectMode

種類:REG_SZ

値のデータ:0

メモ

新しいキーを作成しない代わりに、REG_SZ値のWSCReconnectAllをfalseに設定することができます。

状態インジケータータイムアウトの変更

ユーザーがセッションを起動しているときに状態インジケーターが表示される時間を変更できます。タイムアウト期間を変更するには、REG_DWORD値のSI INACTIVE MSをHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\ICA CLIENT\Engine\で作成します。状態インジケーターをすぐに非表示したい場合は、REG_DWORD値を4に設定します。

CLIでのアプリケーションショートカットの場所のカスタマイズ

[スタート]メニュー統合およびデスクトップショートカットのみのモードにより、公開アプリケーションのショートカットをWindowsの[スタート]メニューやデスクトップ上に配置できます。ユーザーがCitrix Workspaceのユーザーインターフェイスからアプリケーションをサブスクライブする必要はありません。これらの機能により、ユーザーのグループにシームレスなデスクトップエクスペリエンスを提供して、ユーザーは頻繁に使用するアプリケーションに一貫した方法でアクセスできるようになります。

Citrix Workspaceアプリ管理者として、コマンドラインインストールフラグ、GPO、アカウントサービス、またはレジストリ設定を使って、通常の「セルフサービス」Citrix Workspaceアプリインターフェイスを無効にし、事前定義した[スタート]メニューと置き換えることができます。このフラグはSelfServiceModeと呼ばれ、デフォルトでtrueに設定されています。管理者がSelfServiceModeフラグをfalseに設定すると、ユーザーはセルフサービスのCitrix Workspaceアプリユーザーインターフェイスにアクセスできなくなります。その代わり、[スタート]メニューやデスクトップのショートカットを使って、サブスクライブ済みのアプリケーションにアクセスします。これをショートカットのみのモードと呼びます。

ユーザーおよび管理者は、いくつかのレジストリ設定を使用してアプリケーションのショートカットをカスタマイズできます。

ショートカットの操作

  • ユーザーはアプリケーションを削除できません。SelfServiceModeフラグをfalseに設定(ショートカットのみのモード)すると、すべてのアプリケーションが必須アプリケーションになります。ユーザーがデスクトップからショートカットアイコンを削除しても、システムトレイのCitrix Workspaceアプリアイコンで[更新]を選択するとこれらのアイコンが再表示されます。
  • ユーザーはストアを1つだけ構成できます。アカウントおよび基本設定オプションは使用できません。このため、ユーザーが追加のストアを構成できません。管理者はユーザーに特別な権限を付与し、これによりユーザーはグループポリシーオブジェクトテンプレートを使用して、またはクライアントマシンでレジストリキー(HideEditStoresDialog)を手動で追加して1つまたは複数のアカウントを追加できます。管理者がユーザーにこの権限を付与すると、ユーザーのシステムトレイのReceiverアイコンに[基本設定]オプションが表示され、アカウントを追加および削除できるようになります。
  • ユーザーはWindowsのコントロールパネルを介してアプリケーションを削除することはできません。
  • カスタマイズ可能なレジストリ設定を介してデスクトップショートカットを追加できます。デスクトップショートカットはデフォルトでは追加できません。レジストリ設定を変更したら、Citrix Workspaceアプリを再起動する必要があります。
  • ショートカットは、[スタート]メニューにデフォルトのカテゴリパスUseCategoryAsStartMenuPathで作成されます。

メモ

Windows 8/8.1およびWindows 10では、[スタート]メニュー内には階層分けされたフォルダーを作成できません。アプリケーションは個々に、またはCitrix Virtual Appsで定義されたカテゴリサブフォルダー内ではないルートフォルダーの下に表示されます。

  • インストール時にフラグ[/DESKTOPDIR=”Dir_name”]を指定すると、すべてのショートカットを単一のフォルダー内に配置できます。デスクトップショートカットのためCategoryPathがサポートされます。
  • 変更アプリケーションの自動再インストールは、レジストリキーAutoReInstallModifiedAppsを介して有効にできる機能です。AutoReInstallModifiedAppsが有効な場合、管理者がサーバー上の公開アプリケーションおよび公開デスクトップの属性を変更すると、その変更がすべてクライアントマシンに反映されます。AutoReInstallModifiedAppsが無効な場合、アプリケーションとデスクトップの属性は更新されず、クライアント上で削除されたショートカットも更新時に再格納されません。デフォルトでは、このAutoReInstallModifiedAppsは有効です。「アプリケーションショートカットをカスタマイズするためのレジストリキーの使用」を参照してください。

レジストリでのアプリケーションショートカットの場所のカスタマイズ

メモ

  • デフォルトでは、レジストリキーは文字列形式を使用します。
  • ストアを構成する前にレジストリキーに変更を加える必要があります。レジストリキーをカスタマイズする場合には管理者かユーザーかに関わらず、Citrix Workspaceアプリをリセットしてからレジストリキーを構成し、その後でストアを再構成する必要があります。

32ビットマシンのレジストリキー

alt_text

64ビットマシンのレジストリキー

alt_text

グラフィカルユーザーインターフェイスを使用してショートカットと再接続オプションを構成する

メモ

  • ショートカットを設定できるのは、サブスクライブ済みのアプリケーションとデスクトップに対してのみです。
  • システムトレイの[Citrix Workspaceアプリ]アイコンで[高度な設定]シートの一部または全部を非表示にすることができます。詳しくは、「高度な設定シートの非表示」を参照してください。
  1. Citrix Workspaceアプリにログオンします。
  2. システムトレイでCitrix Workspaceアプリアイコンを右クリックし、[高度な設定] をクリックします。 [高度な設定]ウィンドウが開きます。

    ローカライズされた画像

  3. [ショートカットと再接続] をクリックします。

    [アプリケーションの表示]タブが開き、[[スタート]メニューでアプリケーションを表示します] オプションは、デフォルトではオンになっています。

     alt_text

  4. フォルダー名を指定します。これにより、指定した[スタート]メニューのフォルダーに、すべてのサブスクライブ済みアプリケーションが移動されます。アプリケーションは、[スタート]メニューの新規フォルダーと既存フォルダーのどちらにも追加できます。この機能を有効にすると、既存のアプリケーションと新規追加されたアプリケーションの両方が指定したフォルダーに追加されます。
  5. [デスクトップオプション] ペインの [デスクトップにアプリケーションを表示します] チェックボックスをオンにします。
  6. フォルダー名を指定します。これにより、指定したローカルデスクトップのフォルダーに、すべてのサブスクライブ済みアプリケーションが移動されます。
  7. [カテゴリ] オプションの [[スタート]メニューとデスクトップのパスを有効にします] チェックボックスをオンにします。 これにより、アプリケーションプロパティサーバーで定義されたアプリケーションのショートカットおよびカテゴリフォルダーが作成されます。たとえば、ITアプリフォルダーや財務アプリフォルダーなどです。

    メモ

    [[スタート]メニューパスのカテゴリ] オプションは、デフォルトではオンになっています。

    • サブスクライブ済みのアプリケーションとカテゴリフォルダーをアプリケーションサーバーのプロパティで定義されたとおりにWindowsの[スタート]メニューに表示するには、[[スタート]メニューパスのカテゴリ] チェックボックスをオンにします。
    • サブスクライブ済みのアプリケーションとカテゴリフォルダーを、アプリケーションサーバーのプロパティで定義されたとおりにローカルデスクトップに表示するには、[デスクトップパスのカテゴリ] チェックボックスをオンにします。
  8. [OK]をクリックします。

グラフィカルユーザーインターフェイスを使用して再接続オプションを構成する

メモ

システムトレイの[Citrix Workspaceアプリ]アイコンで[高度な設定]シートの一部または全部を非表示にすることができます。詳しくは、「高度な設定シートの非表示」を参照してください。

サーバーにログオンしたユーザーは、すべての自分のデスクトップやアプリケーションに一度に再接続できます。デフォルトの再接続オプションでは、切断されているデスクトップやアプリケーションに加えて、ほかのクライアントデバイスで現在アクティブなデスクトップやアプリケーションが開かれます。管理者は、切断されているデスクトップやアプリケーションだけが再接続されるように再接続オプションを構成することもできます。

  1. Citrix Workspaceアプリにログオンします。
  2. システムトレイでCitrix Workspaceアプリアイコンを右クリックし、[高度な設定] をクリックします。 [高度な設定]ウィンドウが開きます。
  3. [ショートカットと再接続] をクリックします。
  4. [再接続オプション] をクリックします。

    ローカライズされた画像

  5. [ワークスペースコントロールのサポートを有効にします] チェックボックスをオンにして、ユーザーが一度にすべてのデスクトップやアプリケーションに再接続できるようにします。

    • ユーザーがアクティブなセッションと切断されたセッションの両方に接続できるようにするには、[すべてのアクティブおよび切断されたセッションに再接続します]をクリックします。

    • ユーザーが切断されたセッションのみに接続できるようにするには、[切断されたセッションのみに再接続します] をクリックします。

    注:

    [サポートされている再接続モード] の値はGPOで設定されたものになります。このオプションは、[管理用テンプレート]>[Citrixコンポーネント]>[Citrix Workspace]>[SelfService]>[Workspaceによる既存のセッションへの再接続を制御します] で変更できます。

  6. [OK] をクリックします。

レジストリエディターを使用して [再接続オプション] を変更する方法については、Knowledge CenterのCTX136339を参照してください。