Citrix DaaS

新機能

Citrixは、Citrix DaaSをご使用のお客様に、新機能と製品の更新をいち早くお届けするよう取り組んでいます。新しいリリースでは、より便利な機能をご利用いただけます。今すぐ更新してください。Citrix DaaSのリリースのローリング更新は、約3週間間隔で提供されます。

このプロセスは、わかりやすいものになっています。最初の更新は、Citrix内部サイトのみに適用され、その後徐々に顧客環境に適用されます。段階的に更新することによって、製品の品質を確保しながら、最大限の可用性を実現しています。

クラウドの規模とサービスの可用性に関するサービスレベルアグリーメントについて詳しくは、「サービスレベルアグリーメント」を参照してください。サービスの中断および定期メンテナンスを監視するには、Service Health Dashboardを参照してください。

Virtual Delivery Agent(VDA)

Windowsマシン用のVDAは、一般に、Citrix Virtual Apps and Desktops製品と同時にリリースされます。

  • VDAおよびHDXの新機能については、最新のCitrix Virtual Apps and Desktopsリリースの「新機能」および「既知の問題」を参照してください。
  • サポートが廃止されたVDAプラットフォームおよび機能については、「廃止」を参照してください。この記事では、将来のリリースでサポートが終了する予定のプラットフォームや機能(VDAのインストールをサポートするオペレーティングシステムなど)についても説明しています。

重要:

Personal vDisk(PvD)コンポーネントをVDAにインストールしたことがある場合、そのVDAをバージョン1912 LTSR以降にアップグレードすることはできません。新しいVDAを使用するには、現在のVDAをアンインストールしてから新しくインストールする必要があります(この手順は、Personal vDiskをインストール済みで使用したことがない場合でも適用されます)。詳しくは「VDAにPersonal vDiskがインストールされている場合」を参照してください。

2023年11月

新機能と機能強化

メタデータと構成ログの関連付けのサポート。この拡張機能を使用すると、高レベルの操作でname-valueペアを関連付けることにより、構成ログにメタデータを添付できるようになりました。詳しくは、「メタデータを構成ログに関連付ける」を参照してください。

特定のタグを持つ孤立したリソースを無視します。Azure環境では、すべてのCitrixタグでタグ付けされた顧客が管理するリソースは、孤立したリソースとして検出されます。この機能では、値がtrueの別のタグCitrixDetectIgnoreをそのリソースに追加すると、孤立したリソースの検出中にリソースは無視されます。

SCCMのGUID重複問題の解決策。MCSを使用して複数のVMを作成した後、GUIDが重複しているため、System Center Configuration Manager(SCCM)のコンソールにはVMが1つしか表示されませんでした。この問題は、イメージの準備に手順を追加することで解決されました。この手順では、マスターイメージ内の既存の証明書とGUID情報が削除されます。この手順はデフォルトで有効になっています。

アクティブなコンピューターアカウントのID情報を修復します。この機能では、ID関連の問題があるアクティブなコンピューターアカウントのID情報をリセットできます。マシンのパスワードと信頼キーのみをリセットするか、IDディスクのすべての構成をリセットするかを選択できます。この実装は、永続および非永続の両方のマシンカタログに適用できます。現在、この機能はAWS、Azure、VMware仮想化環境でのみサポートされています。詳しくは、「アクティブなコンピューターアカウントのID情報を修復する」を参照してください。

マシンプロファイルに関連付けられたホスト情報の暗号化を取得します。Azure環境では、この機能により、PowerShellコマンドを使用してマシンプロファイル入力(VMまたはテンプレートスペック)に対してホストでの暗号化が有効になっているかどうかを確認できるようになりました。詳しくは、「マシンプロファイルからホストでの暗号化情報を取得する」を参照してください。

Hybrid Azure AD参加マシンIDのユーザー証明書を修復します。この機能により、Hybrid Azure AD参加マシンIDのユーザー証明書が破損したり期限切れになった場合に、Powershellコマンドを使用して修復できます。詳しくは、「Hybrid Azure Active Directory参加済みカタログの作成」を参照してください。

Get-ProvSchemeコマンドを実行すると、Hybrid Azure AD参加済みマシンカタログのユーザー証明書の有効期限に関する情報を取得できます。

Azure Confidential VMのサポート(Technical Preview)。Azure Confidential Computing VMに対するAzure Virtual Desktopのサポートにより、仮想デスクトップはメモリ内で暗号化され、使用中に保護されます。Azure Virtual Desktopを使用してConfidential VMを展開すると、セッションホスト上のMicrosoft 365やその他のアプリケーションにアクセスできるようになり、同時に他のVM、ハイパーバイザー、ホストOSから隔離されます。

この機能により、MCSを使用して、Azure Confidential VMを含むカタログを作成できるようになりました。このようなカタログを作成するには、マシンプロファイルワークフローを使用する必要があります。VMとARMテンプレートスペックの両方をマシンプロファイル入力として使用できます。詳しくは、「Azure Confidential VM(Technical Preview)」を参照してください。

AWS環境で、非マシンプロファイルベースのマシンカタログからマシンプロファイルベースのマシンカタログへの変換をサポート。AWS環境で、VMまたは起動テンプレートをマシンプロファイルの入力に使用して、非マシンプロファイルベースのマシンカタログをマシンプロファイルベースのマシンカタログに変換できるようになりました。既存のVMとカタログに追加された新しいVMは、明示的なカスタムプロパティによって上書きされない限り、マシンプロファイルからプロパティ値を取得します。詳しくは、「非マシンプロファイルベースのマシンカタログをマシンプロファイルベースのマシンカタログに変換する」を参照してください。

Citrixが管理するHPE Moonshotプラグインのサポート(Technical Preview)。以前は、HPE Moonshotシャーシで電源管理アクションを実行するために、Hewlett Packard Enterprise(HPE)によって管理される、HPE管理Moonshotプラグイン(HPE Moonshot Machine Manager)を使用していました。このプラグインは従来のAPIに基づいていたため、MCSインフラストラクチャプロジェクトが手間のかかるものになっていました。この機能により、Citrix管理のHPE Moonshotプラグイン(HPE Moonshot)が導入されます。このプラグインを使用すると、[完全な構成]インターフェイスと PowerShellコマンドを使用して、HPE Moonshotシャーシへの接続の作成、カタログの作成、カタログ内のマシンの電源管理が可能になります。詳しくは、次のトピックを参照してください:

メモリとディスクキャッシュのサイズを変更する機能。この機能により、新しいマシンカタログを作成せずに、PowerShellコマンドを使用してライトバックキャッシュのメモリおよびディスクキャッシュサイズを変更できるようになりました(MCSIOが有効な場合)。この実装は、ビジネスニーズに適した最適化されたキャッシュ構成を実現するのに役立ちます。この機能は以下に適用されます:

  • GCPおよびMicrosoft Azure環境、および
  • MCSIOが有効になっている非永続カタログ

詳しくは、「既存のマシンカタログのキャッシュ構成を変更する」を参照してください。

顧客管理の暗号化キー対応カタログの作成をサポート。Azure環境では、[完全な構成]インターフェイスとPowerShellコマンドを使用して、顧客管理の暗号化キー(CMEK)が有効になったCitrix Provisioningカタログを作成できるようになりました。詳しくは、「顧客管理の暗号化キー対応カタログを作成する」を参照してください。

個別のVMのプロパティを更新する。AWS環境で、PowerShellコマンドを使用して、永続的なMCSマシンカタログ内の個別のVMのプロパティを更新できるようになりました。この実装により、マシンカタログ全体を更新することなく、個別のVMを効率的に管理できます。以前は、この機能はAzure環境でのみ適用可能でした。詳しくは、「個別のVMのプロパティを更新する」を参照してください。

Azure内のすべてのリソースのタグをコピーする機能。この機能により、Azure環境で、マシンプロファイルで指定されたタグをマシンカタログ内の新しいVMまたは既存のVMの複数のNICやディスク(OSディスク、IDディスク、ライトバックキャッシュディスク)などのすべてのリソースにコピーできるようになりました。

マシンプロファイルのソースは、VMまたはARMテンプレートスペックにすることができます。詳しくは、「すべてのリソースのタグをコピーする」を参照してください。

マシンが一時停止した後、セッション状態が「切断済み」に更新されます。以前は、VMを一時停止した後も、セッションは依然として「アクティブ」として表示されていました。この機能強化により、VMを一時停止した後、関連付けられたセッションの状態が「切断済み」として表示されるようになりました。

休止状態をサポートするAWS VMの作成をサポート。AWS環境でVMの休止状態をサポートするマシンカタログを作成できるようになり、展開での全体的な費用対効果が向上します。関連するマシンプロファイルがこの機能をサポートしている場合は、カタログを編集して休止状態対応VMを含めることもできます。詳しくは、「AWS VMの電源管理」を参照してください。

デリバリーグループレベルでの負荷分散方法の構成のサポート。この機能を使用すると、デリバリーグループレベルで [垂直負荷分散] 方式を選択できます。この機能により、次のマシンの電源がオンになる前に、各マシンが最大負荷インデックスに合わせて調整されます。Autoscaleと垂直負荷分散により、次のマシンの電源がオンになるタイミングが決まります。この機能により、各マシンの使用率が最大化され、パブリッククラウドのコスト削減が実現します。この機能により、マシンの負荷分散戦略をより柔軟に管理できます。

サイトレベルの設定から負荷分散方式を継承するか、サイトレベルの負荷分散方式を上書きして代わりに垂直または水平負荷分散方式のいずれかを選択するようにデリバリーグループを構成できます。詳しくは、「手順2. 負荷分散」を参照してください。

Azureでの休止状態対応VMのサポート(Technical Preview)。Azure環境では、休止状態をサポートするMCSマシンカタログを作成できます。この機能を使用すると、VMを一時停止し、ユーザーが再度サインインしたときにVMの以前の状態に再接続できます。詳しくは、「休止状態対応VMの作成(Technical Preview)」を参照してください。

DaaS入門ガイド。新しい管理者と経験豊富な管理者の両方を対象に、DaaSの展開と構成を合理化および簡素化するための新しいガイドが導入されました。このガイドには、次のような主なメリットがあります:

  • 簡単に利用を開始できる。このガイドは、ステップごとに分けられた質問形式のアプローチを使用して、新しい管理者が展開を迅速にセットアップできるようにします。ガイド全体を通してヘルプ情報が提供されるため、重要な概念や用語の理解を助けます。
  • 複雑な構成がシンプルになる。このガイドでは、必要に応じて事前構成された設定が提供され、高度な構成のための[完全な構成]のUIを利用できます。経験豊富な管理者は、より複雑な構成の基盤としてこれを使用できます。

詳しくは、「DaaS入門ガイドの使用」を参照してください。

[完全な構成]を使用して、ライトバックキャッシュディスクにドライブ文字を割り当てます。以前は、PowerShellコマンドレットを使用することによってのみ、ライトバックキャッシュディスクに特定のドライブ文字を割り当てることができました。同じタスクが、[完全な構成]を使用して実行できるようになりました。詳しくは、「マシンカタログの作成」を参照してください。

[完全な構成]を使用したさまざまなAzureマシンプロパティの変更をサポートします。Machine Creation ServicesでプロビジョニングされたAzureマシンの場合、[完全な構成]を使用して次のプロパティ設定を変更できるようになりました:

  • ストレージの種類
  • 専用ホストグループ
  • Azure Compute Gallery設定

これらの設定のいずれかを変更すると、[完全な構成]は関連する設定を自動的に識別し、自動同期を提供したり、関連する設定の再選択を求めるプロンプトメッセージを表示したりします。この機能により、関連する設定全体で一貫した変更が保証され、構成エラーの可能性を防止できます。詳しくは、「カタログの編集」を参照してください。

既存のIDプールを使用して、MCSでプロビジョニングされたマシンのIDを作成します。AD参加済みのカタログを作成する場合、または[完全な構成]を使用してカタログにマシンを追加する場合、既存のIDプールを使用してマシンIDを割り当てることができるようになりました。この機能を使用すると、複数のカタログにわたって一貫したマシンアカウントの名前付けスキームを適用できます。詳しくは、「マシンID」を参照してください。

セッションのトポロジ。[セッションのトポロジ] ビューは、[監視]のトラブルシューティングワークフローを強化するための次の段階です。[セッションのトポロジ] パネルは、接続されたHDXセッションのセッション内パスを視覚的に表現します。[ユーザーの詳細]>[セッションパフォーマンス] でトポロジのビューにアクセスできます。

HDX接続されたセッションのセッショントポロジには、セッションパスに含まれるコンポーネントとそのメタデータ、コンポーネント間のリンク、およびVDAで公開されたアプリケーションが表示されます。さらに、接続状態にあるセッションのICA遅延およびICA RTT測定値が表示されます。

[セッションのトポロジ]ビューを使用すると、セッションデータのフローでコンポーネントを理解し、パフォーマンスの問題を引き起こしている可能性のある特定のホップを識別できます。詳しくは「セッションのトポロジ」を参照してください。

2023年10月

新機能と機能強化

使用履歴を使用してAutoscale設定を調整します。[Autoscaleの分析情報] という新しいAutoscale設定のタブには、前週のAutoscale設定とマシン使用状況データを視覚的に比較する包括的なグラフが表示されます。このグラフによって、Autoscale設定の有効性関する次のような分析情報を得ることができます:

  • 費用対効果が低い。容量の過剰なプロビジョニングにより、財務上の無駄が発生します。
  • ユーザーエクスペリエンスの質が低い。容量のプロビジョニング不足によりユーザーエクスペリエンスが悪影響を受けます。
  • ユーザーエクスペリエンスとコストのバランスが取れています。プロビジョニングされた容量は、過去の使用状況に合わせて調整されます。

詳しくは、「Autoscale設定の有効性の分析」を参照してください。

Azure VMに対する複数のNICのサポート。[完全な構成]では、複数のNICを構成したAzure仮想マシンを作成できるようになりました。仮想マシンの最大NIC数はマシンサイズ設定によって決まりますが、実際に許可されるNIC数はマシンプロファイル設定によって定義されます。詳しくは、「マシンカタログの作成」を参照してください。

PowerShellコマンドを使用して仮想マシンごとに複数のNICを構成したカタログを作成または更新する場合は、「VMごとに複数のNICを含むカタログを作成または更新する」を参照してください。

セッションパフォーマンスメトリックの傾向。[監視]では新しい [ユーザーの詳細]>[セッションパフォーマンス] タブが導入され、ユーザーセッション内の問題を特定する際にリアルタイムでメトリックを相関させる機能をはじめ、トラブルシューティングのワークフローが強化されています。セッションエクスペリエンスには、ICARTT、ICA遅延、フレーム数/秒、利用可能な出力帯域幅、消費された出力帯域幅などのセッションメトリックの傾向が含まれるようになりました。この機能は、単一のビューで複数のパフォーマンスメトリックを関連付けることができるため、解決までの平均時間を短縮するのに役立ちます。詳しくは、「ユーザーの問題」の記事を参照してください。

作成/編集ポリシーの設定ページでのVDAバージョンのサポート。ポリシーの作成の一環として、設定の構成時に、システムによって設定の種類を表示するオプションが提供されます。表示できる設定の種類は以下のとおりです:

  • すべての設定 - すべてのVDAバージョンのすべての設定を表示します
  • 現在の設定のみ - 現在のVDAバージョンのみの設定を表示します
  • 従来の設定のみ - 廃止されたVDAバージョンのみの設定を表示します

詳しくは、「ポリシーの作成」を参照してください

アプリケーションの可視性の制限は、Active Directoryアカウントでのみサポートされます。アプリケーションの可視性を制限する機能は、Active Directoryユーザーアカウントでのみ使用でき、Azure Active DirectoryおよびOktaアカウントでは使用できません。この機能を支援するために、アプリケーション設定ワークフローの [ユーザーまたはグループの選択] ページで、[ID の種類を選択] フィールドのAzure Active DirectoryおよびOktaオプションが無効になっていることに注意してください。

Citrixサイトデータベースから仮想マシンレコードのみを削除する新しいUIオプション。ハイパーバイザーへ到達できないためにカタログと仮想マシンの削除が失敗した場合、Citrixサイトデータベースから仮想マシンレコードのみを削除し、ホスト上の仮想マシンをそのまま残すことを選択できるようになりました。詳しくは、 [カタログの削除] を参照してください。

MCS以外でプロビジョニングされたマシンについて、空のマシンカタログの作成のサポート。空のマシンカタログの作成が、次のようなMCS以外でプロビジョニングされたマシンにも拡張されるようになりました。

  • Machine Creation Services以外のテクノロジーを使用してプロビジョニングされた仮想マシンまたはブレードマシン。
  • Citrix DaaSによって電源管理されない物理マシン
  • Remote PCアクセスマシン

この機能により、カタログ作成中にマシンを追加しなくても、マシンカタログを作成できるようになりました。

イメージの更新の機能強化。以前はイメージを更新する際に、イメージツリー内の特定のノードが選択されているかどうかに関係なく、ツリー内のすべてのイメージが更新されました。最新の機能強化により、ノードを選択した場合に、そのノード内のイメージのみが更新されます。このような機能強化を使用することで、よりターゲットを絞った更新プロセスが保証され、イメージの更新速度が大幅に向上します。さらに、CTRLキーを押しながらノードをクリックすることで、イメージツリーで選択したノードをクリアできるようになりました。詳しくは、「マスターイメージ」を参照してください。

ピーク時のAutoscaleが割り当てた電源オン。永続デスクトップが電源オンになっているのに未使用のままである場合、またはユーザーがログオンしていない場合、管理者は、何もしない、一時停止、またはシャットダウンなどのアクションを実行するまでの待機時間を定義できます。

割り当て済みのマシンについて、そのマシンの電源がオンになっていて、ピーク時間の開始後の設定時間内にセッションが接続されていない場合、マシンの電源をオフにするポリシーをデリバリーグループレベルで追加できます。

割り当て済みのマシンについて、そのマシンが再開状態にあるのに、ピーク時間の開始後の設定時間内にセッションが接続されていない場合、マシンを一時停止するポリシーをデリバリーグループレベルで追加できます。

この機能は、有給休暇を取っているエンドユーザーやログオンしていないエンドユーザーがいる場合、または会社に長い週末休暇がある場合に役立つものであり、Azureの消費コストを軽減するために待機時間とマシンの切断アクションを設定できます。詳しくは、「シングルセッションOSのランダムデリバリーグループ」および「シングルセッションOSの静的デリバリーグループ」を参照してください

複数のCitrix DaaSインスタンスの監視(Technical Preview)。Citrix Monitorを使用して、複数のCitrix DaaSインスタンスにわたる問題を監視およびトラブルシューティングできるようになりました。Citrix DaaSにより、顧客はハブアンドスポークモデルを使用して複数のサービスインスタンスを集約できます。この構成により、管理者は、単一のMonitorコンソールから、構成済みのすべてのDaaSインスタンスに対してヘルプデスク検索を実行できます。スポークサービスのインスタンスをハブに集約するために必要な構成の詳細については、「複数のCitrix Virtual Apps and Desktopsサービスインスタンスの集約」を参照してください。[監視]は、単一のテナント(ハブ)で最大4つのDaaSテナント(スポーク)のアグリゲーションをサポートします。 すべてのDaaSテナントにわたる統合監視を行うには、ハブアンドスポークインスタンスの双方向列挙を使用します。詳しくは、「複数のDaaSインスタンスにわたる集約検索(Technical Preview)」を参照してください。

vSAN 8.0のサポート。MCSを使用して、vSAN 8.0環境でVMをプロビジョニングできるようになりました。

プロビジョニングされたVMでNIC設定を保持。以前は、プロビジョニングされたVM内にマスターイメージのNIC設定が保持されませんでした。たとえば、マスターイメージでDNS設定を構成した場合、プロビジョニングされたVMはマスターイメージの構成されたDNS設定を保持しませんでした。この機能により、プロビジョニングされたVMはマスターイメージのNIC設定を保持できるようになりました。Windows Update後も設定は保持されます。フィルタードライバーは、MCSマスターイメージのインストールを通じてHyper-Vが展開されたマシンでVDAバージョン2308以降の新規インストールを行う場合に自動的にインストールされます。ただし、現在、古いバージョンのVDA(バージョン2308より前のバージョン)からアップグレードし、フィルタードライバーをインストールする場合は、VDAのアップグレード中に [追加コンポーネント] ページのチェックボックス [Citrix HyperVフィルタードライバー] を選択する必要があります。詳しくは、「追加コンポーネントのインストール」を参照してください。

この機能は以下に適用されます:

  • Hyper-V VM(AzureおよびSCVMMを含む)
  • 永続的および非永続的MCSマシンカタログ
  • MCSIOを使用した非永続的MCSマシンカタログ
  • 複数のNICがあるマスターイメージ

孤立したAzureリソースを検出する。この機能により、Azure展開内の孤立したリソースを検出できるようになり、効率的なリソース管理が可能になります。孤立したリソースが特定されたら、生産性の向上とコスト削減を実現するためのさらなるアクションを実行できます。詳しくは、「デプロイ内の孤立したAzureリソースを検出する」を参照してください。

新しいイメージ更新ステータス。[完全な構成]でカタログのイメージ更新ステータスを監視するときに、既存の完全に更新部分的に更新、および更新が保留中に加えて、 新しいステータスであるイメージの準備中を表示できるようになりました。詳しくは、「マスターイメージの変更」を参照してください。

自動タグを作成するためのPowerShellコマンド(Technical Preview)。この機能により、PowerShellコマンドを使用してタグを自動的に作成できるようになりました。詳しくは、「自動タグ」を参照してください。

通知サインがユーザーまたはデリバリーグループに対して表示されます。ポリシーを作成または変更して設定を構成するときに、すべてのデリバリーグループが無効になっている場合、システムは「このフィルター内のどの要素も有効ではありません」のような警告を表示します 。少なくとも1つのデリバリーグループが有効になっている場合、システムによる警告サインは表示されません。詳しくは、「ポリシー設定」を参照してください。

2023年9月

新機能と機能強化

ローカルホストキャッシュ(LHC)を管理するためのPowerShellコマンド。PowerShellコマンドを使用してCitrix Cloud Connector上でLHCを管理できるようになりました。詳しくは、「Local Host Cache PowerShell commands」を参照してください。

空のマシンカタログの作成のサポート。完全な構成では、仮想マシンをその場で作成せずにマシンカタログを作成できるようになりました。この機能により、バックエンドホストの準備が完了するまで、または仮想マシンのプロビジョニングが完了するまで仮想マシンの作成を延期できるため、より柔軟にカタログ作成を行えるようになります。現在、この機能はMachine Creation Servicesによってプロビジョニングされたカタログにのみ適用されます。詳しくは、「マシンカタログの作成」を参照してください。

ホームノードのデータキャッシュ。Citrix DaaS Homeノードのデータキャッシュを導入しました。この機能強化により、ホームノードに移動するときのページ読み込み時間が短縮され、ユーザーエクスペリエンスが向上します。

アプリケーションの検索機能の強化。 検索ノードに導入された新しい設計に合わせて、アプリケーションノードの検索機能を刷新しました。この新機能により、アプリケーションの検索エクスペリエンスが向上し、DaaS全体で一貫した検索エクスペリエンスが維持されます。フィルター式に含まれるキーワードApplication Nameは、元の意味を保持したまま Nameに変更されます。詳しくは、「[完全な構成]管理インターフェイスでの[検索]の使用」を参照してください。

拡張されたスコープ管理:フォルダービューでのオブジェクトの表示。スコープの作成および管理ページでは、マシンカタログ、デリバリーグループ、およびアプリケーショングループが、DaaSでの管理に合わせたフォルダー構造で表示されます。このフォルダービューにより、スコープの作成および管理のためにオブジェクトを選択するプロセスが簡素化され、より直観的かつ簡単に選択できるようになります。詳しくは、「スコープの作成と管理」を参照してください。

[ユーザー管理をCitrix Cloudに任せる]オプションを削除しました。[管理]>[完全な構成]のでデリバリーグループを作成するときに、[ユーザー]ページでこのオプションがサポートされなくなりました。ユーザー割り当てがCitrix Cloudを通じて処理されたデリバリーグループについては、引き続きCitrix Cloudライブラリ内でユーザー割り当てを管理します。

Azure Germanyオプションを削除しました。2021年10月29日のMicrosoft Cloud Deutschlandの閉鎖に伴い、ホスト接続作成ページからAzure Germanyオプションを削除しました。

[完全な構成]での予防的なサービスアラート。アラートには2つのレベルがあります。ホーム(フラグアイコン)に表示されるサイト全体のアラートと、各ゾーンの[トラブルシューティング]タブに表示されるゾーン関連のアラートです。現在、この機能は、ローカルホストキャッシュとゾーンが正しく構成されていることを確認するための予防的な警告とアラートを提供するため、停止が発生した場合でもローカルホストキャッシュが機能し、ユーザーに影響が及ばなくなります。詳しくは、「サービス正常性アラート」と「ゾーン」を参照してください。

2023年8月

新機能と機能強化

完全な構成:マシンプロファイルを使用したAWSおよびGCP VMのプロビジョニングのサポート。Machine Creation Services(MCS)を使用してAWSまたはGCP VMをプロビジョニングするときに、既存のVMをマシンプロファイルとして選択し、カタログ内のVMが選択したVMから設定を継承できるようになりました。

  • GCP VMの場合、継承される設定には、ディスク暗号化セットID、マシンのサイズ、ストレージの種類、ゾーンが含まれます。

  • AWS VMの場合、継承される設定はステージに応じて異なります:

    • カタログ作成時:マシンのサイズ、テナントの種類、セキュリティグループ、およびNICの数。
    • カタログ編集中:マシンのサイズとセキュリティグループ。

詳しくは、「マシンカタログの作成」を参照してください。

マシンカタログおよびデリバリーグループノードに検索機能が導入されました。 [マシンカタログ] および [デリバリーグループ] ノード内で、直接マシンカタログやデリバリーグループを検索して見つけることができるようになりました。これらのノードの検索機能は、[検索]ノードと同じインターフェイスを提供し、DaaS全体でシームレスな検索エクスペリエンスを実現します。詳しくは、「[完全な構成]管理インターフェイスでの[検索]の使用」を参照してください。

Device Postureを使用したセッション起動診断でエンドポイントデバイスの状態を表示します。[監視]のセッション起動診断機能は、セッション障害が発生した正確なコンポーネントと段階を絞り込むのに役立ちます。これは、セッションの起動エラーの正確な理由を特定し、推奨される操作を実行するのに役立ちます。

セッション起動シーケンスに関係するすべてのコンポーネントにわたって包括的にこのチェックを行うための次の手順として、エンドポイントデバイスのスキャン結果を表示できるようになりました。コンポーネントの一覧で [エンドポイントデバイス] をクリックして、Device Postureスキャンの状態を表示します。Device Postureサービスは、管理者が定義したポリシーに基づいて、エンドポイントデバイスのコンプライアンスをスキャンします。

Device Postureの記事で説明されているように、Device PostureサービスがDaaSで構成されていることを確認します。Device Postureによって記録されるエラーについては、「Device Postureのエラーログ」で説明されています。

詳しくは、「セッションの起動エラーを診断する手順」を参照してください。

Citrix Cloud Connector経由でAPI要求をAzureおよびGCPにルーティングする、完全な構成の新しいオプション。以前は、AzureおよびGCPへのAPI要求はパブリックエンドポイント経由でのみルーティングできました。[完全な構成]>[接続およびリソースの追加] の新しいオプションで、Citrix Cloud Connector経由でルーティングすることで、より安全なアプローチを選択できるようになりました。詳しくは、「完全な構成を使用したサービスプリンシパルと接続の作成」を参照してください。

検索とフィルターの機能が強化されました。検索エクスペリエンスを向上させるために、次の機能強化が行われました:

  • 簡易検索:フィルターを使用せずに検索を実行すると、検索の推奨事項が削除され、クリーンで簡単な検索エクスペリエンスが提供されるようになりました。
  • AND/OR演算子の更新:「すべて一致(AND演算子)」および「一部が一致(OR演算子)」オプションがフィルターパネルで使用できるようになり、フィルターアイコンを1回クリックするだけでアクセスできるようになりました。
  • 合理化されたフィルター構成:フィルターパネルを使用して、複数のフィルターをシームレスに指定して適用できるようになりました。
  • よりクリーンなインターフェイス:「フィルター固定」機能が削除され、UIの混雑が軽減され、検索エクスペリエンスがより直感的になりました。
  • クイックフィルターの追加:フィルターを適用した後、プラス記号を使用してフィルター1つをさらに追加できるようになりました。
  • 保存されたフィルターセットの削除[フィルターセットの管理] に移動しなくても、検索メニュー内で保存されたフィルターセットを簡単に削除できるようになりました。

詳しくは、「[完全な構成]管理インターフェイスでの[検索]の使用」を参照してください。

Azureクイック展開で作成されたマシンカタログのVDAアップグレードをサポート。完全な構成では、Azureクイック展開を通じて作成されたマシンカタログのVDAアップグレードを有効にし、それらに対してVDAのアップグレードを実行して即時アップグレードまたはスケジュールされたアップグレードを行うことができるようになりました。詳しくは、「[完全な構成]インターフェイスを使用したVDAのアップグレード」を参照してください。

SCVMMのMCSで作成されたマシンカタログ内における永続的なVMのOSディスクをリセットする機能。PowerShellコマンドReset-ProvVMDiskを使用して、MCSで作成されたマシンカタログ内の永続的なVMのOSディスクをリセットできるようになりました。この機能は、OSディスクをリセットするプロセスを自動化します。たとえば、MCSを使用して作成された永続的な開発デスクトップカタログの初期状態にVMをリセットするのに役立ちます。現在、この機能はAzure、Citrix Hypervisor、SCVMM、VMware仮想化環境に適用できます。PowerShellコマンドを使用してOSディスクをリセットする方法について詳しくは、「Reset OS disk」を参照してください。

個別のVMのプロパティを更新する。PowerShellコマンドを使用して、永続的なMCSマシンカタログ内の個別のVMのプロパティを更新できるようになりました。この実装により、マシンカタログ全体を更新することなく、個別のVMを効率的に管理できます。現在、この機能はAzure環境にのみ適用されます。詳しくは、「個別のVMのプロパティを更新する」を参照してください。

管理対象ディスクのアップロードとダウンロードの制限。Azureポリシーに従って、同じディスクアクセスオブジェクトで同時に5つを超えるディスクまたはスナップショットをアップロードまたはダウンロードすることはできません。この機能を使用すると、次の場合、5つの同時アップロードまたはダウンロードの制限は適用されません:

  • CustomPropertiesProxyHypervisorTrafficThroughConnectorを構成している。および
  • プライベートエンドポイントを使用する新しいディスクごとにディスクアクセスを自動的に作成するようにAzureポリシーを構成していない。

MCS I/Oライトバックキャッシュディスクへの特定のドライブ文字の割り当てをサポート。以前は、WindowsオペレーティングシステムがMCS I/Oライトバックキャッシュディスクにドライブ文字を自動的に割り当てていました。この機能で、MCS I/Oライトバックキャッシュディスクに特定のドライブ文字を割り当てることができるようになりました。この機能の導入は、使用するアプリケーションのドライブ文字とMCS I/Oライトバックキャッシュディスクのドライブ文字の間の競合を回避するのに役立ちます。この機能は、Windowsオペレーティングシステムのみに適用されます詳しくは、「MCS I/Oライトバックキャッシュディスクへの特定のドライブ文字の割り当て」を参照してください。

Citrix Hypervisorでのマシンプロファイルをサポート。Citrix Hypervisorで、マシンプロファイルを使用してMCSマシンカタログを作成できるようになりました。マシンプロファイルの入力のソースはVMです。マシンプロファイルは、VMテンプレートからハードウェアプロパティを取得し、カタログ内の新しくプロビジョニングされたVMに適用します。詳しくは、「マシンプロファイルを使用してマシンカタログを作成する」を参照してください。

Amazon Elastic Graphicsを有効にしたVMのカタログ作成をサポート。マシンプロファイルベースのワークフローを使用することで、Amazon Elastic Graphicsアクセラレータが有効になったVMのカタログを作成できるようになりました。VMまたは起動テンプレートをマシンプロファイルの入力として使用できます。詳しくは、「Elastic Graphicsアクセラレータを有効にしたVMのカタログを作成する」を参照してください。

失敗した後にカタログの作成を再試行します。カタログの作成が失敗した場合に、カタログの作成を再試行できるようになりました。正常に作成するには、まずトラブルシューティング情報を確認してから、問題を解決します。この情報は、見つかった問題について説明し、それらを解決するための推奨事項を提供します。失敗したカタログにはエラーアイコンが表示されます。詳細を確認するには、各カタログの [トラブルシューティング] タブに移動します。詳しくは、「マシンカタログの管理」を参照してください。

構成セットを管理するための権限。WEM構成セット管理をより正確に制御できるようにするために、[構成セットの管理] という新しい権限を [マシンカタログ] 権限セットに導入しました。この権限は、構成セットのバインドまたはバインド解除、カタログの別の構成セットへの切り替えなどのタスクを実行できるユーザーに排他的アクセス権を付与します。詳しくは、「カタログの構成セットの管理」を参照してください。

古いAzure AD参加デバイスのクリーンアップを有効にするオプションが[完全な構成]に新しく追加されました。Citrix DaaSでの古いAzure AD参加デバイスのクリーンアップを簡素化するオプションを[完全な構成]に導入しました。以前は、このタスクを実行するにはカスタムPowerShellスクリプトを実行する必要がありました。このオプションを有効にすると、古いAzure AD参加デバイスを自動的にクリーンアップするための権限が、ホスト接続に付与されます。詳しくは、 「Azure host connections」を参照してください。

[完全な構成]を使用して、カタログのイメージ更新状態を監視できるようになりました。新しい列 [イメージを更新] を使用して、非永続マシンカタログのイメージ更新状態を監視できるようになりました。この列は、カタログのイメージが 完全に更新されている(Fully updated)か、部分的に更新されている(Partially updated)か、更新が保留中である(Pending update)かを示します。

[マシンカタログ] テーブルに列を表示するには、次の手順に従います:

  1. [マシンカタログ] ノードで、操作バーの[表示する列]アイコンを選択します。
  2. [マシンカタログ]>[Image Status]を選択します。
  3. [保存]をクリックします。

[イメージを更新]列を表示すると、コンソールのパフォーマンスが低下する可能性があります。そのため、この列は必要な場合にのみ表示することをお勧めします。

GCP管理トラフィックのための安全な環境。この機能を使用することで、自身のGoogle Cloudプロジェクトには、プライベートGoogleアクセスのみを許可できるようになりました。この実装により、機密データを処理するためのセキュリティが強化されます。これを行うには、Citrix Cloud環境の場合はCustomPropertiesProxyHypervisorTrafficThroughConnectorを追加します。プライベートワーカープールを使用する場合は、CustomPropertiesUsePrivateWorkerPoolを追加します。詳しくは、「GCP管理トラフィックのための安全な環境の作成」を参照してください。

2023年7月

新機能と機能強化

Azure上の孤立したリソースのリストを取得できるようになりました。MCSで作成されたのに、MCSで使用されなくなった孤立したリソースのリストをAzure環境で取得できるようになりました。この機能は、余分なコストを回避するのに役立ちます。詳しくは、「孤立したリソースのリストの取得」を参照してください。

完全な構成を使用した永続的なマルチセッションマシンの作成をサポート。マルチセッションマシンのカタログ作成時に、それらを永続化するかどうかを指定できるようになりました。永続的なマルチセッションマシンの場合、ユーザーがデスクトップに加えた変更は保存され、すべての承認されたユーザーがアクセスできることに注意してください。詳しくは、「マシンカタログの作成」を参照してください。

AWS AMIインベントリをフィルタリングする完全な構成の新機能。AWSカタログの作成中にマシンテンプレートを選択する場合、次の検索基準を使用してターゲットテンプレートのAWS AMIインベントリをフィルタリングできるようになりました:

  • イメージ名
  • イメージID
  • イメージタグ

マシンテンプレート一覧は、一覧を下にスクロールすると動的に読み込まれます。最初に25個の項目が読み込まれ、スクロールするとさらに多くの項目が読み込まれます。

Azure ADデバイスの削除をサポート。この機能を使用すると、Cloud Device Administratorの役割をサービスプリンシパルに割り当て、ホスト接続のカスタムプロパティを変更することで、古いAzure ADデバイスを一貫して削除できます。Azureの古いADデバイスを削除しない場合、対応する非永続的な仮想マシンは、Azure ADポータルから手動で削除するまで初期化状態のままになります。詳しくは、「Azure Active Directory参加済みカタログの作成」を参照してください。

AWS環境でマシンプロファイルをサポート。Machine Creation Services(MCS)を使用してAWSでマシンをプロビジョニングするためのカタログを作成する場合、マシンプロファイルを使用して、仮想マシンからハードウェアプロパティをキャプチャし、カタログで新しくプロビジョニングされたVMに適用できるようになりました。ただし、New-ProvSchemeおよびSet-ProvSchemeコマンドにパラメーターを追加すると、コマンドで指定された値がマシンプロファイルの値を上書きします。VMおよび起動テンプレートをマシンプロファイルの入力として使用できます。マシンプロファイルカタログの入力を仮想マシンから起動テンプレートのバージョンに更新したり、起動テンプレートのバージョンから仮想マシンに更新したりできます。詳しくは、「マシンプロファイルを使用してカタログを作成する」を参照してください。

検索結果のエクスポート制限が10,000件から30,000件に拡張されました。検索結果のエクスポート制限を拡張しました。以前は10,000件に制限されていましたが、最大30,000件をCSVファイルにエクスポートできるようになりました。詳しくは、「検索結果をCSVファイルにエクスポートする」を参照してください。

イメージの更新オプション。マシンカタログのマスターイメージを選択するときに、右上の [更新] オプションを使用して最新のマスターイメージ一覧をすばやく取得できるようになりました。[更新] オプションはAWSカタログでは使用できないことに注意してください。さらに、Azureカタログのマシンプロファイルとホストグループに対して [更新] オプションを使用できます。

2023年6月

新機能と機能強化

GCPでマシンプロファイル入力からのカスタムプロパティの取得をサポート。以前のGCP環境では、マシンプロファイル入力を使用してMCSマシンカタログを作成するときに、カスタムプロパティを明示的に指定する必要がありました。このため、追加の作業が必要でした。この機能を使用すると、明示的に定義せずに次のカスタムプロパティを取得できるようになりました:

  • ServiceOffering
  • CryptoKeyId
  • CatalogZones
  • Storage

New-ProvSchemeおよびSet-ProvSchemeコマンドを実行し、カスタムプロパティを明示的に指定しない場合、プロパティの値はマシンプロファイル入力から取得されます。

たとえば、New-ProvSchemeコマンドでServiceOfferingを指定しない限り、New-ProvScheme -MachineProfileはマシンプロファイルのマシンの種類をプロビジョニングスキームのServiceOfferingプロパティに書き込みます。Set-ProvVMSchemeを2回実行すると、最新のコマンドが有効になります。

AWS環境のタグを削除。以前は、ForgetVMパラメーターを指定したRemove-ProvVMおよびRemove-ProvScheme PowerShellコマンドは、仮想マシンとマシンカタログをCitrixデータベースから削除していました。ただし、このコマンドはタグを削除しませんでした。すべてのリソースで完全に削除されていない仮想マシンとマシンカタログを、個別に管理する必要がありました。この機能では、以下を使用できます:

  • Remove-ProvVMForgetVMパラメーターとともに使用して、マシンカタログの単一の仮想マシンまたは仮想マシンの一覧から仮想マシンとタグを削除します。
  • Remove-ProvSchemeForgetVMパラメーターとともに使用して、Citrixデータベースからマシンカタログを削除し、マシンカタログからタグを削除します。

この実装は次の点で役立ちます:

  • 漏えいしたリソースを特定する
  • 不要なリソースの維持にかかる追加コストを削減する

この機能は、永続的な仮想マシンにのみ適用されます。詳しくは、「タグの削除」を参照してください。

MCSマシンカタログに関連するエラーと警告の履歴を取得する機能。以前は、マシンカタログに関連する最新の警告とエラーのみを取得できました。この機能を使用すると、MCSマシンカタログの警告とエラーの履歴の一覧を取得できるようになります。この一覧は、MCSマシンカタログの問題を把握して修正するために役立ちます。

詳しくは、「カタログに関連した警告とエラーの取得」を参照してください。

Google CloudにおけるCitrixのパフォーマンス向上と容量の拡大。Citrixは、単一のGoogle Cloudプロジェクトで最大3,000のVDAを含むカタログをサポートできるようになりました。この更新により、プロビジョニングと電源管理操作の両方のパフォーマンスが向上しました。

Google CloudおよびAWS環境で、MCSで作成されたマシンカタログ内の永続的なVMのOSディスクをリセットする機能。PowerShellコマンドReset-ProvVMDiskを使用して、MCSで作成されたマシンカタログ内の永続的なVMのOSディスクをリセットできるようになりました。この機能は、OSディスクをリセットするプロセスを自動化します。たとえば、MCSを使用して作成された永続的な開発デスクトップカタログの初期状態にVMをリセットするのに役立ちます。現在この機能は、AWS、Azure、Citrix Hypervisor、Google Cloud、VMware仮想化環境に適用できます。PowerShellコマンドを使用してOSディスクをリセットする方法について詳しくは、「Reset OS disk」を参照してください。

GCPの既存のカタログおよび既存のVMでディスク関連のカスタムプロパティの変更をサポート。以前は、GCP環境では、MCSマシンカタログの作成時にのみカスタムプロパティを追加できました。この機能を使用すると、既存のカタログおよびカタログの既存のVMで次のディスク関連のカスタムプロパティを変更できるようになります:

  • PersistOSDisk
  • PersistWBC
  • StorageType
  • IdentityDiskStorageType
  • WbcDiskStorageType

この実装により、カタログを作成した後でも、異なるディスクに対して異なるストレージの種類を選択できるため、さまざまなストレージの種類を使用することと価格のバランスを取ることができます。詳しくは、「既存のカタログのディスクに関連したカスタムプロパティを変更する」を参照してください。

動的セッションタイムアウトのサポートがVDAバージョン2203 LTSR CU3以降にまで拡張されました。シングルセッションOSデリバリーグループの場合、この機能はVDAのバージョン2206 CR以降、または2203 LTSR CU3以降に適用されるようになりました。詳しくは、「動的セッションタイムアウト」を参照してください。

[完全な構成]でのホスト接続の作成エクスペリエンスが向上しました。リソースの場所を選択すると、[接続の種類:] ボックスに、Citrixがサポートするすべてのハイパーバイザーとクラウドサービスが表示されます。これらのハイパーバイザーとクラウドサービスの可用性は以下によって異なります:

  • アクセス可能なCloud Connetorがリソースの場所にない場合は、コネクタを使用しない展開をサポートするハイパーバイザーとクラウドサービスだけが利用可能です。

  • アクセス可能なCloud Connetorがリソースの場所にある場合は、それらのConnetorにプラグインが正しくインストールされているハイパーバイザーとクラウドサービスだけが利用可能です。

詳しくは、「接続の作成と管理」を参照してください。

VDAアップグレードにより、追加コンポーネントが選択できるようになりました。VDAのアップグレード中に、アップグレードまたはインストールする追加コンポーネントを選択できるようになりました。詳しくは、「VDAの自動アップグレードの構成」を参照してください。

重要:

追加コンポーネント機能を使用するには、VDA Upgrade Agentがバージョン7.34以降であることを確認してください。このバージョンは、VDAインストーラーバージョン2206以降に含まれています。

[完全な構成]では、マシンプロファイルに基づいてAzureマシンの特定の設定が事前構成されるようになりました。Azure VMをプロビジョニングする場合、[完全な構成]では、選択したマシンプロファイルに基づいて次の設定が事前構成されるようになりました:

  • ホストグループ
  • ディスク暗号化セット
  • アベイラビリティゾーン
  • ライセンスの種類

AWSインスタンスの休止がサポートされるようになりました。これで、AWSインスタンスを起動し、希望どおりに設定して、休止することができます。休止プロセスは、インスタンスの状態がプライベートIPアドレスおよびElastic IPアドレスとともにメモリ内に保存されるので、中断したところから正確に再開できます。休止できるVMの作成について詳しくは、「インスタンスの休止」を参照してください。

AWSの調整の最適化がサポートされるようになりました。AWSを調整する必要もなく、AWSカタログで多数のマシンの電源をオンまたはオフにできるようになりました。調整の問題は、AWSに送信された要求の数が、サーバーが処理できる要求の数を超えると発生します。この機能は、マシンの電源を一括でオンまたはオフにするためのAWS呼び出しの数を減らすことで効率を高めます。また、永続カタログ内のマシンの電源のオン/オフにかかる時間も大幅に短縮されます。

Azure管理トラフィックのための安全な環境。以前は、パブリックインターネットを利用して、Azureエンドポイントが環境内のリソースとやり取りできるようにしていました。このため、パブリックインターネットにアクセスするので、セキュリティ上の懸念が生じていました。それに対し、この機能を使用すると、MCSにより、Citrix Cloud Connectorを介してネットワークトラフィックを環境内でルーティングできるようになります。これにより、Azureで管理されるすべてのトラフィックが独自の環境から発生するようになるので、環境が安全になります。これを行うには、CustomPropertiesProxyHypervisorTrafficThroughConnectorを追加します。詳しくは、「Azure管理トラフィックのための安全な環境の作成」を参照してください。

カスタムプロパティを設定した後、Azure Managed Disksへのプライベートディスクアクセスを許可するAzureポリシーを構成できます。

Azure Monitorエージェントを使用したカタログVMのプロビジョニングがサポートされるようになりました。Azure Monitorエージェント(AMA)は監視データを収集し、Azure Monitorに配信します。この機能を使用すると、MCSマシンカタログVM(永続的および非永続的)をプロビジョニングし、AMAを拡張機能としてインストールできます。この実装により、監視データ内のVMを一意に識別することで監視が可能になります。AMAについて詳しくは、「 Azure Monitorエージェントの概要」を参照してください。

現在、MCSはこの機能でマシンプロファイルワークフローのみをサポートします。AMAを有効にしてマシンカタログVMをプロビジョニングする方法について詳しくは、「 [Azure MonitorエージェントがインストールされたカタログVMをプロビジョニングする]」を参照してください。

MCSカタログの再起動スケジュールの有効化。以前は、次の再起動を待つか、すべてのVMの即時再起動をトリガーすることで、イメージの更新をスケジュール設定していました。今回の機能を使用すると、希望の日時にトリガーされる、カタログの1回限りの再起動スケジュールを作成することで、MCSイメージの更新を簡単にすることができます。再起動スケジュールを作成するには、BrokerCatalogRebootScheduleコマンドを使用します。詳しくは、「マスターイメージの変更」を参照してください。

期限切れのクライアントシークレットをAzureクイック展開で管理できます。Azureクイック展開では、クライアントシークレットの有効期限が切れたことを通知で知ることができるようになったので、シークレット を簡単に更新して、Azureリソースへの継続的なアクセスを実現できるようになりました。詳しくは、「有効期限が切れたクライアントのシークレットの更新」を参照してください。

2023年5月

新機能と機能強化

検索機能の強化。この機能により、フィルターのビジュアルと操作性が向上し、より優れた検索エクスペリエンスが実現します。詳しくは、「[完全な構成]管理インターフェイスでの[検索]の使用」を参照してください。

ユーザーレイヤーにリダイレクトされないディレクトリパスを定義できる新しいユーザー除外ポリシー。ユーザーの除外はユーザー個人設定レイヤー(UPL)に適用されますが、セッションホストには適用されません。Logoff.txtに、すべてのアクティブなユーザーの除外が含まれるようになりました。詳しくは、「ユーザー個人設定レイヤー」を参照してください。

MCSマシンカタログに追加された新しいVMのハードウェアバージョンの更新をサポート。VMware環境で、マシンプロファイルをソースとして使用して、既存のMCSマシンカタログに新しく追加されたVMのハードウェアバージョンを更新できるようになりました。カタログに追加されたVMのハードウェアバージョンを更新するために、新しいマシンカタログを作成する必要はありません。この機能を使用するには、マシンプロファイルワークフローを使用する必要があります。

AWS VMインスタンスのフィルタリングのサポート。以前は、AWS VMインスタンスをマシンプロファイルの入力に使用してMCSマシンカタログを作成すると、無効なマシンプロファイルの入力が原因でカタログが正しく作成されなかったり、正しく機能しなかったりすることがありました。この機能を使用することで、有効なマシンプロファイルVMとして使用できるAWS VMインスタンスを一覧表示できるようになりました。これを行うには、Get-HypInventoryItemコマンドを使用します。詳しくは、「VMインスタンスのフィルタリング」を参照してください。

Azure環境で、非マシンプロファイルベースのマシンカタログからマシンプロファイルベースのマシンカタログへの変換をサポート。Azure環境で、VMまたはテンプレートスペックをマシンプロファイルの入力に使用して、非マシンプロファイルベースのマシンカタログをマシンプロファイルベースのマシンカタログに変換できるようになりました。既存のVMとカタログに追加された新しいVMは、明示的なカスタムプロパティによって上書きされない限り、マシンプロファイルからプロパティ値を取得します。詳しくは、「非マシンプロファイルベースのマシンカタログをマシンプロファイルベースのマシンカタログに変換する」を参照してください。

Azure環境で管理対象ディスクの二重暗号化をサポート。Azure環境で、二重暗号化を使用してマシンカタログを作成できるようになりました。二重暗号化とは、プラットフォーム側の暗号化(デフォルト)と顧客管理の暗号化(CMEK)です。したがって、暗号化アルゴリズム、実装、またはキーの侵害に関するリスクを懸念している、セキュリティに非常に敏感なお客様は、この二重暗号化を選択できます。永続的OSディスクとデータディスク、スナップショット、イメージはすべて二重暗号化により保存時に暗号化されます。詳しくは、「管理対象ディスクの二重暗号化」を参照してください。

VMwareでマシンプロファイルをサポート。VMware環境で、マシンプロファイルを使用してMCSマシンカタログを作成できるようになりました。マシンプロファイルの入力のソースはVMwareテンプレートです。マシンプロファイルは、VMwareテンプレートからハードウェアプロパティを取得し、カタログ内の新しくプロビジョニングされたVMに適用します。詳しくは、「マシンプロファイルを使用してマシンカタログを作成する」を参照してください。

AzureおよびCitrix HypervisorのMCSで作成されたマシンカタログ内で、永続的なVMのOSディスクをリセットする機能。PowerShellコマンドReset-ProvVMDiskを使用して、MCSで作成されたマシンカタログ内の永続的なVMのOSディスクをリセットできるようになりました。この機能は、OSディスクをリセットするプロセスを自動化します。たとえば、MCSを使用して作成された永続的な開発デスクトップカタログの初期状態にVMをリセットするのに役立ちます。現在、この機能はAzure、Citrix Hypervisor、VMware仮想化環境に適用できます。PowerShellコマンドを使用してOSディスクをリセットする方法について詳しくは、「Reset OS disk」を参照してください。

ホスト接続の作成エクスペリエンスが向上。ホスト接続の作成中に次の情報を取得できるようになりました:

  • Citrixがサポートするすべてのハイパーバイザープラグインの一覧(サードパーティのプラグインを含む)
  • ハイパーバイザープラグインの可用性。可用性のステータスがfalseの場合は、Cloud Connectorがインストールされていない可能性があります。

この機能は、リソースの場所を正しく設定し、ホスト接続を作成するのに役立ちます。詳しくは、次を参照してください。「手順1:接続」。

ポリシーノードのユーザーエクスペリエンスが向上。ユーザーエクスペリエンスを向上させ、ポリシー管理をより効率的にするために、[完全な構成]>[ポリシー] ノードに対して次のような変更を加えました:

  • [ポリシーの作成] および [テンプレートの作成] の操作の新しいUIデザイン:

    • ポリシー設定の展開可能なフォルダービュー。[設定項目の選択] ページでは、展開可能なツリービューにすべての設定がカテゴリ別に表示され、設定を見つけやすくなります。
    • 設定を選択するには、[選択] ボタンを使用する代わりに、チェックボックスをクリックするだけです。
    • 従来の設定はデフォルトで非表示になっており、最も関連性の高い設定のみが表示されます。従来の設定が必要な場合は、[従来の設定を含める] を選択します。
    • ブール設定の横にアクションボタンが追加され、設定一覧で値を直接変更できるようになりました。

    ポリシーの作成の機能向上

  • [ポリシーの編集] 操作の新しいUIデザイン:

    • ナビゲーションメニューが番号なしの一覧に更新されました。一覧内の各項目のページに [保存] ボタンが追加されました。この新しいデザインでは、ナビゲーションメニュー内のすべての項目間を移動しなくても、項目に加えた変更を保存できます。これらの機能向上により、ポリシー管理がより効率的になり、合理化されます。
    • ナビゲーション項目の横に表示された赤い丸は、設定エラーがあることを示します。

    編集ポリシーの機能向上

  • ドラッグしてポリシーの優先順位を変更します。優先順位一覧で、ポリシーを目的の位置にドラッグすることで、ポリシーの優先順位を変更できるようになりました。

AutoScaleによるユーザーの強制ログオフを無効にするオプションが追加されました。新しいオプション [ユーザーを強制的にログオフしない(通知なし)] が、[Autoscaleの管理]>[ユーザーログオフ通知] ページで利用できるようになりました。このオプションを選択すると、Autoscaleはユーザーにドレイン状態のマシンからのログオフを強制したり、ログオフして別のマシンにログオンするようにユーザーに通知したりしません。詳しくは、「ユーザーログオフ通知」を参照してください。

Windows 365クラウドPCを再起動する機能。Citrix DaaSを使用して、Windows 365クラウドPCを再起動できるようになりました。

セッションの詳細への追加。[完全な構成]>[検索]>[セッション] でセッションを表示すると、セッションビュー(下ペイン)に表示されるセッションの詳細内容が追加され、クライアントの問題を特定してトラブルシューティングするために役立つようになりました:

  • 再接続時間。セッションが切断された後に再接続された時間。
  • クライアントプラットフォーム。セッションの起動に使用されるプラットフォーム。
  • クライアントバージョン。セッションの起動に使用されるクライアントプラットフォームのバージョン。
  • リモートホストIP。Citrix WorkspaceがホストされているリモートホストのIPアドレス。

VMのAzure ADセキュリティグループの名前変更をサポート。Citrix DaaSを通じてAzure ADセキュリティグループに追加されたVMの場合、[完全な構成]>[マシンカタログの編集] を使用してセキュリティグループの名前を変更できるようになりました。名前の変更は、変更を保存した後に行われます。

マシンアカウントのデフォルトのドメイン選択。カタログを作成すると、リソース(接続)が存在するドメインがデフォルトでマシンアカウントに選択されます。

仮想マシンが参加するAzure AD割り当て済みセキュリティグループを表示する機能。[完全な構成]では、Azure AD参加済み仮想マシンを作成するときに、[割り当て済みのセキュリティグループをメンバーとして参加させる] オプションが利用可能になりました。これによって、仮想マシンが存在するAzure ADセキュリティグループを割り当て済みセキュリティグループに追加できるようになりました。詳しくは、「Azure Resource Managerイメージを使用してマシンカタログを作成する」を参照してください。

接続用のネットワーク変更のサポート。[完全な構成]で、接続用のネットワークを変更できるようになりました。ネットワークが使用中の場合、接続からネットワークの関連付けを解除することはできません。詳しくは、「ネットワークの編集」を参照してください。

Azure環境でタグを削除する機能。以前は、ForgetVMパラメーターを指定したRemove-ProvVMおよびRemove-ProvScheme PowerShellコマンドは、仮想マシンとマシンカタログをCitrixデータベースから削除していました。ただし、このコマンドはリソースからタグを削除しませんでした。すべてのリソースで完全に削除されていない仮想マシンとマシンカタログを、個別に管理する必要がありました。この機能では、以下を使用できます:

  • Remove-ProvVMForgetVMパラメーターとともに使用して、リソースから作成された仮想マシンとタグをマシンカタログの単一の仮想マシンから、または仮想マシンの一覧から削除します。
  • Remove-ProvSchemeForgetVMパラメーターとともに使用して、Citrixデータベースから単一のマシンカタログを削除し、マシンカタログ全体からリソースで作成されたタグを削除します。

この実装は、MCSによって作成されたものの、MCSで使用されなくなった孤立したリソースを識別するのに役立ちます。

この機能は、永続的な仮想マシンにのみ適用されます。詳しくは、「タグの削除」を参照してください。

障害が発生したマシンアラート。Directorのプロアクティブな通知とアラート機能が強化され、デリバリーグループ内の障害が発生したマシンの割合に基づく新しいアラート機能である [障害が発生したマシン(%)] を使用できます。新しいアラート条件を使用すると、アラートのしきい値を、デリバリーグループ内の障害が発生したマシンの割合で構成できます。詳しくは、アラートについての記事の「障害が発生したマシン」セクションを参照してください。

2023年4月

新機能と機能強化

Image Portability ServiceのCitrix Provisioningを使用して、特定のクラウドプラットフォームで公開します。Image Portability Serviceを使用してAWS、Azure、Google Cloudで公開するための特定のワークフローが利用可能になりました。さらに、Azureとネットワークに必要な権限が更新されました。詳しくは、「ワークロードのパブリッククラウドへの移行」を参照してください。

マシンがメンテナンスモードになっている理由を特定するためのサポート。以前は、PowerShellはマシンがメンテナンスモードになった理由を特定するための唯一の選択肢でした。[完全な構成]でこれを実現できるようになりました:

  1. [検索] を使用してマシンを検索します。
  2. 下部ペインの [詳細] タブで [メンテナンスの理由] を確認します。または、[メンテナンスモード] 列にカーソルを合わせます。表示される情報には、次のようなものがあります:
  • 管理者による:管理者がメンテナンスモードにしました。
  • 登録失敗回数の上限:マシンが許可された登録試行回数の最大数を超えたため、メンテナンスモードに移行しました。

また、メンテナンスの理由フィルターが使用できるようになりました。これを使用して、ターゲットマシンを特定できます。

この機能は、メンテナンスモードでのマシンの問題のトラブルシューティングを管理者が行う場合に役立ちます。

変数を使用して、ログオフするまでの残り時間をユーザーに通知します。ユーザーのログオフを強制する場合、%s%または%m%を変数として使用して、通知メッセージで指定された時間を示すことができるようになりました。時間を秒単位で表すには、%s%を使用します。時間を分単位で表すには、%m%を使用します。詳しくは、「ユーザーログオフ通知」を参照してください。

ストレージの種類の変更に失敗したときの電源投入時動作のカスタマイズをサポート。電源をオンにした際に、Azureでの障害が原因で、管理対象ディスクのストレージの種類が目的の種類に変更されないことがあります。以前は、このような場合にVMはオフのままになり、エラーメッセージが送信されていました。この機能を使用すると、設定した種類にストレージを復元できない場合でも、VMの電源をオンにするか、VMの電源をオフのままにするかを選択できます。詳しくは、「ストレージの種類の変更に失敗したときの電源投入時の動作をカスタマイズする」を参照してください。

MAKライセンス認証のサポート。マルチライセンス認証キー(MAK)によってアクティブ化されたVMを使用して、永続的および非永続的なマシンカタログをプロビジョニングできるようになりました。この機能により、MCSはプロビジョニングされたVMとも通信できるようになりました。この実装は、アクティベーションカウントを消費せずにWindowsシステムをアクティブ化するのに役立ちます。詳しくは、「ボリュームライセンス認証」を参照してください。

ホストでのAzureディスク暗号化のサポート。この機能により、ホスト機能での暗号化を使用して、MCSマシンカタログを作成できるようになりました。現在、MCSはこの機能でマシンプロファイルワークフローのみをサポートします。VMまたはテンプレートスペックをマシンプロファイルの入力として使用できます。詳しくは、「ホストでのAzureディスク暗号化」を参照してください。

この種類の暗号化では、VMをホストするサーバーがデータを暗号化し、暗号化されたデータがAzure Storageサーバーを通過します。つまり、この暗号化方法はデータをエンドツーエンドで暗号化します。詳しくは、「ホストでの暗号化 - ご利用のVMデータのエンドツーエンド暗号化」を参照してください。

マシンプロファイルの入力用のGCPインスタンステンプレートのサポート。この機能により、GCPインスタンステンプレートをマシンプロファイルの入力として選択できるようになりました。インスタンステンプレートはGCPのライトウェイトリソースであるため、費用対効果が非常に高くなります。これを行うには、PowerShellコマンドを使用します。PowerShellコマンドを使用して、GCPインスタンステンプレートでマシンカタログを作成および更新する方法について詳しくは、「インスタンステンプレートとしてマシンプロファイルを使用してマシンカタログを作成する」を参照してください。

Azure AD動的セキュリティグループ名の変更のサポート。Azure PortalからAzure AD動的セキュリティグループ名を変更または削除できます。このアクションにより、Azure ADの動的セキュリティグループ名が、マシンカタログに関連付けられている動的セキュリティグループと同期しなくなる可能性があります。この機能では、マシンカタログに関連付けられているAzure AD動的セキュリティグループ名を変更できるようになりました。

これによって、Azure AD IDプールオブジェクトに格納されているAzure AD動的セキュリティグループ情報が、Azure Portalに格納されている情報と一致するようになります。詳しくは、「Azure AD動的セキュリティグループ名の変更」を参照してください。

GCPで必要な権限を追加。以下を実行するために必要な権限が追加されました:

  • ホスト接続の作成
  • VMの電源管理
  • カタログのプロビジョニング

詳しくは、「GCPの権限について」を参照してください。

資格情報の処理。セキュリティ強化のため、デフォルトでは、VDAと同じドメインに属していないユーザーの資格情報はクラウドに転送されません。次の条件がすべて満たされると、ログインの試みは失敗します:

  • ユーザーがVDAとは異なるドメインに存在する
  • ドメイン間に信頼関係が存在しない
  • StoreFrontがVDAと同じドメインにインストールされている

以前は、これらの条件下で、ユーザーはStoreFrontに認証できませんでした。そのため、Cloud Connectorはユーザー資格情報をクラウドに転送して、認証要求をそのユーザーの正しい宛先にルーティングしました。この動作は、必要に応じて構成できます。詳しくは、DaaS PowerShell SDKのSet-BrokersiteCredentialForwardingToCloudAllowedパラメーターを参照してください。

2023年3月

新機能と機能強化

管理者の役割とスコープの構成のサポート。Citrix Cloudは、管理者のアクセスを構成する場合に、高度な柔軟性とカスタマイズをサポートするようになりました。以前は、定義済みの役割とスコープのペアしか選択できませんでした。この機能強化により、役割を選択して、選択したスコープと組み合わせることができます。

詳しくは、「管理者のカスタムアクセス権の構成」を参照してください。

既存の割り当て済みセキュリティグループの下に動的セキュリティグループを作成するためのサポート。以前は、マシンカタログのAzure AD動的セキュリティグループを作成できました。この機能では、既存のAzure AD割り当て済みセキュリティグループの下にAzure AD動的セキュリティグループを追加することもできます。以下の操作を実行できます:

  • セキュリティグループ情報を取得します。
  • オンプレミスのADサーバーから同期されたすべての既存のAzure AD割り当て済みセキュリティグループ、またはAzure ADの役割を割り当てることができる割り当て済みセキュリティグループを取得します。
  • すべてのAzure AD動的セキュリティグループを取得します。
  • Azure AD動的セキュリティグループをAzure AD割り当て済みグループのメンバーとして追加します。
  • Azure AD動的セキュリティグループがマシンカタログとともに削除されるときに、Azure AD動的セキュリティグループとAzure AD割り当て済みセキュリティグループの間のメンバーシップを削除します。

詳しくは、「既存のAzure AD割り当て済みセキュリティグループの下にAzure AD動的セキュリティグループを作成する」を参照してください。

Azure AD参加済み仮想マシンのAzure AD動的セキュリティグループのサポート。Citrixは、MCSマシンカタログの作成中に、カタログの動的セキュリティグループをサポートするようになりました。動的セキュリティグループの規則では、マシンカタログの名前付けスキームに基づいて、カタログ内の仮想マシンを動的セキュリティグループに配置します。これは、Azure Active Directory(Azure AD)によって仮想マシンを管理する場合に役立ちます。これは、条件付きアクセスポリシーを適用したり、Azure AD動的セキュリティグループで仮想マシンをフィルター処理してIntuneからアプリを配布したりする場合にも役立ちます。カタログを削除すると、動的セキュリティグループも削除されます。詳しくは、「Azure Active Directory動的セキュリティグループ」を参照してください。

動的セキュリティグループを使用するためのライセンス要件について詳しくは、Microsoftドキュメント 「Azure Active Directoryで動的グループを作成または更新する」を参照してください。

[完全な構成]によるAzure ADセキュリティグループへの仮想マシンの追加のサポート。Azure AD参加済み仮想マシンを作成するときに、オプション [Azure ADセキュリティグループ] を使用できるようになりました。このオプションを使用すると、名前付けスキームに基づいて仮想マシンをAzure ADセキュリティグループに追加できます。詳しくは、「Microsoft Azureカタログの作成」を参照してください。

Azure環境での仮想マシンのシャットダウン時に、ストレージの種類のダウングレードをサポート。Azure環境で、VMのシャットダウン時に、既存のVMのストレージの種類を下位レベルに変更することでストレージコストを節約できるようになりました。これを行うには、カスタムプロパティのStorageTypeAtShutdownを使用します。詳しくは、「仮想マシンのシャットダウン時にストレージの種類をダウングレードする」を参照してください。

仮想マシン作成中のセキュリティ識別子追加のサポート。以前は、プロビジョニングスキームで指定した構成で新しい仮想マシンを作成するときに、セキュリティ識別子(ADAccountSid)をNewProvVMコマンドに追加できませんでした。今回の機能により、ADAccountSidパラメーターを追加して、新しい仮想マシンの作成時にマシンを一意に識別できるようになりました。詳しくは、「仮想マシン作成時のSIDの追加」を参照してください。

MCSカタログに関連する警告を取得する機能。以前は、マシンカタログに問題があることを示す情報は取得されませんでした。今回の機能により、MCSカタログの問題を把握し、それらの問題を修正するための警告を受け取ることができるようになりました。

警告は、エラーとは異なり、開始されたプロビジョニングタスクが失敗する原因にはなりません。

警告を取得するには、PowerShellコマンドを使用します。詳しくは、「カタログに関連した警告の取得」を参照してください。

接続用の共有テナント。接続のサブスクリプションとAzure Compute Galleryを共有しているテナントとサブスクリプションを追加できるようになりました。その結果、カタログを作成または更新するときに、それらのテナントおよびサブスクリプションから共有イメージを選択できます。詳しくは、「接続の設定の編集」を参照してください。

AzureカタログでOSの種類の変更に関するサポートの廃止。カタログイメージを変更すると、使用中のイメージと同じOSの種類のイメージのみが表示されます。この機能強化により、Citrix DaaSは、AzureカタログのOSの種類に関するカタログ作成後の変更(Windows OSからLinuxや、逆方向への変更など)をサポートしなくなりました。

2023年2月

新機能と機能強化

異なるAzureテナント間でのイメージ共有のサポート。以前は、Azure環境でAzure Compute Galleryを使用して、共有サブスクリプションでのみイメージを共有できました。この機能により、別のテナントの別の共有サブスクリプションに属するAzure Compute Galleryのイメージを選択して、MCSカタログを作成および更新できるようになりました。詳細については、「Azureテナント間でのイメージ共有」を参照してください。

ポリシーのモデル作成。ポリシーのモデル作成機能の一般提供が開始されました。計画およびテストのためにポリシーをシミュレーションできます。詳しくは、「ポリシーのモデル作成ウィザードの使用」を参照してください。

プレビュー機能をオンまたはオフにする機能。[完全な構成]>[ホーム]で、フルアクセス権を持つCitrix Cloud管理者は、Citrixに連絡することなくプレビュー機能をオンまたはオフにすることができます。詳しくは、「[完全な構成]インターフェイスのホームページ」を参照してください。

セッション診断をユーザー名で検索。この機能により、トランザクションIDがない場合に、ユーザー名から始まるセッション起動診断を使用できるようになります。この機能は、エンドユーザーがトランザクションIDをキャプチャしていない場合に、ヘルプデスク管理者が失敗したセッションをトリアージするのに特に役立ちます。 ユーザー名を検索し、ユーザーが過去48時間以内に起動を試みて失敗したセッションの一覧からトリアージするセッションを選択できます。セッション起動診断ページに、失敗したセッションの詳細が表示されます。障害が発生した正確なコンポーネントとステージが一覧表示されます。詳しくは、「セッション起動診断」を参照してください。

Secure Private Accessを使用したセキュアなWeb/SaaSアプリの展開[完全な構成]>[アプリケーション]>[アプリケーション] タブで、新しいオプションである [Web/SaaSアプリケーションの追加] が操作バーで利用できるようになりました。このオプションによって、Secure Private Accessを使用したセキュアなWeb/SaaSアプリを展開できます。Citrix Secure Private Accessは、リモートユーザーがゼロトラストアプローチを使用してWeb、SaaS、およびクライアントサーバーベースのアプリにアクセスするための簡単で柔軟な方法を提供します。これにより、WebおよびSaaSアプリへのシングルサインオンが可能になり、ウォーターマークやコピー/貼り付けの制御、その他のセキュリティ機能など、詳細にセキュリティを制御できます。Citrix Secure Private Accessを使用すると、すべての仮想化アプリと仮想化されていないアプリを1か所にまとめて、ユーザーのユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。「Citrix Secure Private Access」を参照してください。

特定の期間のログコンテンツのフィルター処理。新しいオプション [カスタム] が、[完全な構成]>[ログ]>[イベント] の期間一覧で使用できるようになりました。これを使用して、検索をフィルター処理するイベントの期間を指定します。詳しくは、「構成ログ」を参照してください。

Autoscaleの更新[Autoscaleがタグ付けされたマシンの電源投入を開始するタイミングを制御する] をわかりやすいように更新しました。このオプションをオンにすると、Autoscaleは、タグ付けされていないマシンに残った処理能力のパーセンテージに基づいて、タグ付けされたマシンの電源投入を開始するタイミングを制御できます。パーセンテージがしきい値を下回った場合(デフォルトは10%)、Autoscaleがタグ付けされたマシンの電源投入を開始します。パーセンテージがしきい値を超えると、Autoscaleは電源オフモードになります。詳しくは、「タグ付けされたマシンのAutoscale(クラウドバースト)」を参照してください。

App Protectionポリシー。デリバリーグループの作成または編集時にアプリ保護を有効にできるようになりました。この機能は、クライアントセッションのキーロガー対策機能と画面キャプチャ防止機能を提供します。詳しくは、「デリバリーグループの作成」と「デリバリーグループの管理」を参照してください。

AMD GPUで利用可能なリアルタイムGPU使用率。[監視]でAMD Radeon Instinct MI25 GPUおよびAMD EPYC 7V12(Rome)CPUのGPU使用率を確認できるようになりました。[監視]はすでにNVIDIA Tesla M60 GPUをサポートしています。[GPU使用率]ではGPU、GPUメモリ、およびエンコーダーとデコーダーの使用率がグラフにパーセント値で表示され、マルチセッションおよびシングルセッションOSのVDAでのGPU関連の問題を解決できます。AMD GPU使用率グラフは、64ビット版WindowsおよびCitrix Virtual Apps and Desktops 7 2212以降を実行しているVDAでのみ使用できます。詳しくは、「GPU使用率」を参照してください。

Azureでの構成の更新のスケジュール設定のサポート。Azure環境で、PowerShellコマンドSchedule-ProvVMUpdateを使用して、既存のMCSプロビジョニング済みマシンの構成の更新について、時間枠をスケジュール設定できるようになりました。スケジュールされた時間枠内で電源をオンまたは再起動すると、スケジュールされたプロビジョニングスキームの更新がマシンに適用されます。Cancel-ProvVMUpdateを使用して、スケジュールされた時刻の前に、構成の更新をキャンセルすることもできます。

スケジュール設定およびキャンセルできるのは、以下の構成の更新です:

  • 単一または複数のVM
  • カタログ全体

詳しくは、「構成の更新のスケジュール設定」を参照してください。

Google Cloud Marketplaceから直接Citrix Readyイメージを使用するためのサポート。Google Cloud MarketplaceでCitrix提供イメージを参照して選択することで、MCSカタログを作成できるようになりました。現在、MCSはこの機能でマシンプロファイルワークフローのみをサポートします。詳しくは、「Google Cloud Marketplace」を参照してください。

SCVMMホスト接続でのホストグループ範囲の制限。以前は、SCVMMにホスト接続するには、管理者が最上位のホストグループを1つ構成する必要がありました。これは、管理者が単一の最上位ホストグループにあるすべてのホストグループ、クラスター、またはホストを表示できることを意味します。単一のSCVMMが異なるデータセンターの複数のクラスターを管理する大規模な環境では、この機能を使用して、管理者のホストグループのスコープを制限できるようになりました。これを行うには、Microsoft System Center Virtual Machine Manager(VMM)コンソールで、Delegated Adminの役割を使用して、管理者がアクセスする必要があるホストグループを選択します。詳しくは、「ハイパーバイザーのインストールおよび構成」を参照してください。

Azureでのゾーン冗長ストレージのサポート。以前は、MCSはローカル冗長ストレージのみを提供していました。この機能により、ゾーン冗長ストレージがAzureのオプションになり、使用する冗長の種類に応じてストレージの種類を選択できるようになりました。ゾーン冗長ストレージは複数のアベイラビリティゾーンにわたってAzure Managed Disksを複製するため、別のゾーンの冗長を利用して、ゾーンでの障害から回復できます。詳しくは、「ゾーン冗長ストレージの有効化」を参照してください。

2023年1月

新機能と機能強化

仮想マシンのシャットダウン時にストレージディスクを標準HDDにダウングレードするオプション。Azureカタログを作成または更新するときに、[ストレージコストの削減を有効にする] という新しいオプションを [ディスク設定] ページで使用できるようになりました。このオプションによって、VMのシャットダウン時にストレージディスクとライトバックキャッシュディスクを標準HDDにダウングレードすることで、ストレージコストを削減できます。VMは、再起動時に元の設定に切り替わります。詳しくは、「Microsoft Azureカタログの作成」を参照してください。

[完全な構成]でのセッションローミングの構成をサポート。以前は、アプリケーションとデスクトップのセッションローミングを構成する場合、PowerShellが唯一の選択肢でした。これを [完全な構成] で実行できるようになりました。詳しくは、「デリバリーグループの管理」を参照してください。

いくつかのアクションの名前を、実際の機能に合わせてより適切に変更しました。完全な構成]>[マシンカタログ] および [完全な構成]>[デリバリーグループ] で次のアクションの名前を変更しました。これらのアクションを実行するためのワークフローは変更されていません。

  • [マシンの更新][マスターイメージの変更] に名前が変更されました
  • [マシン更新のロールバック][マスターイメージのロールバック] に名前が変更されました
  • [カタログのアップグレード][機能レベルの変更] に名前が変更されました
  • [デリバリーグループのアップグレード][機能レベルの変更] に名前が変更されました
  • [カタログのアップグレードを元に戻す][機能レベルの変更を元に戻す] に名前が変更されました
  • [デリバリーグループのアップグレードを元に戻す][機能レベルの変更を元に戻す] に名前が変更されました

フォルダーを使用したアプリケーショングループの整理をサポート。簡単にアクセスできるように、階層分けされたフォルダーを作成してアプリケーショングループを整理できるようになりました。詳しくは、「フォルダーを使用したアプリケーショングループの整理」を参照してください。

デリバリーグループの制限の強化。以前は、デリバリーグループでアプリまたはデスクトップの使用を制限する場合、デリバリーグループで使用を許可されたユーザーとユーザーグループのみを指定できましたが、ブロックしたいユーザーやユーザーグループを追加することもできるようになりました。この機能強化は、許可リストにユーザーのグループを追加すると同時に、許可リスト内の一部のユーザーをブロックする場合に便利です。詳しくは、「デリバリーグループの作成」を参照してください。

[監視]からCitrix Analytics for Performanceの[Session Details]ページへのアクセス。Citrix Analytics for Performanceの[Session Details]ページが[監視]に統合されました。[監視]の[セッション]ページで [セッションタイムラインの表示] をクリックすると、[監視]内でCitrix Analytics for Performanceの[Sessions Details]ページが表示されます。これを使用するには、有効なCitrix Analytics for Performanceの使用権が必要です。[Sessions Details]は、Citrix Analytics for Performanceの[Excellent]、[Fair]、または[Poor]に分類されたセッションで使用できます。

過去3日間のセッションのセッションエクスペリエンスの傾向と、エクスペリエンスの要因を確認できます。この情報は、ヘルプデスク管理者がセッションエクスペリエンス関連の問題のトラブルシューティング中に使用するライブデータ([監視]で利用可能)を補足します。

詳しくは、「サイト分析」の記事を参照してください。

非永続な仮想マシンまたはそれらのマシンカタログを[完全な構成]で削除すると、非永続な仮想マシンはハイパーバイザーまたはクラウドサービスから削除されます。仮想マシンをハイパーバイザーまたはクラウドサービスに保持するオプションは、永続的なVMのみが利用できるようになりました。詳しくは、「マシンカタログの管理」を参照してください。

2022年12月

新機能と機能強化

Azure AD参加済みカタログ、Hybrid Azure AD参加済みカタログ、およびAzure AD参加済みマスターVMを使用したMicrosoft Intune対応カタログの作成のサポート。Azure AD参加済みカタログ、Hybrid Azure AD参加済みカタログ、およびAzure AD参加済み、Hybrid Azure AD参加済み、およびドメイン非参加のマスターVMを使用したMicrosoft Intune対応カタログを作成できるようになりました。Microsoft IntuneでマスターVMを管理する場合は、VDAバージョン2212以降を使用し、マシンカタログの作成または更新中にイメージの準備をスキップしないでください。

マシンIDについて詳しくは、「Azure Active Directory参加済み」、「Microsoft Intune」、および「Hybrid Azure Active Directory参加済み」を参照してください。

ハイパーバイザーにアクセスせずにVMオブジェクトを削除するMCSのサポート。ハイパーバイザーにアクセスしなくても、MCSでVMオブジェクトを削除できるようになりました。VMまたはプロビジョニングスキームを削除する場合、リソースが追跡または識別されないように、MCSはタグを削除する必要があります。以前は、ハイパーバイザーにアクセスできない場合、タグの削除の失敗は無視されていました。この機能により、Remove-ProvVMコマンドの使用中にハイパーバイザーにアクセスできない場合、タグの削除は失敗しますが、PurgeDBOnlyオプションを使用することで、データベースからVMリソースオブジェクトを削除できます。詳しくは、「ハイパーバイザーにアクセスできないマシンの削除」を参照してください。

2022年11月

新機能と機能強化

MSIXおよびMSIXアプリのアタッチアプリ配信のサポート。[完全な構成]>[アプリパッケージ] で、MSIXおよびMSIXアプリのアタッチパッケージアプリをCitrix Cloudにアップロードし、ユーザーに配信できるようになりました。詳しくは、「アプリパッケージ」を参照してください。

サポートされていないVDAバージョンと機能レベルのメッセージ。[完全な構成]インターフェイスで、サポートされていないVDAバージョンと機能レベルについて通知するようになりました。潜在的な問題を回避するには:

  • サポートされていないバージョンのVDAを実行しているマシンでは、ユーザーはサポートされているバージョンにアップグレードするよう求められます。
  • カタログまたはデリバリーグループの機能レベルがサポートされていない場合は、それをより高いレベルに設定するように求められます。

ヒント:

VDAは、Citrix Virtual Apps and DesktopsのCR(最新リリース)ライフサイクル、およびLTSR(長期サービスリリース)ライフサイクル の対象となります。

カタログ作成時にマスターイメージに注釈を付ける機能拡張。[完全な構成] でMCSカタログを作成するとき、マスターイメージに注釈を付けられるようになりました。詳しくは、「マスターイメージ」を参照してください。

[完全な構成]を使用したデスクトップ割り当てデータのエクスポートをサポート。シングルセッションOSデリバリーグループのデスクトップ割り当てを表示する場合、監査のために割り当てデータをCSVファイルにエクスポートできるようになりました。これを行うには、[完全な構成]>[デリバリーグループ] でシングルセッションOSデリバリーグループを選択し、[デスクトップ] タブに移動して、タブの左上隅にある [エクスポート] をクリックします。

[すべてのアプリケーション]タブと[アプリケーションフォルダー]タブが1つに統合。 [完全な構成]>[アプリケーション] で、[すべてのアプリケーション] タブと [アプリケーションフォルダー] タブが [アプリケーション] タブに統合されました。この変更により、フォルダービュー管理のユーザーエクスペリエンスが[完全な構成]ノード全体で統一されます。

Azure環境での仮想マシンのシャットダウン時に、ストレージの種類のダウングレードをサポート。Azure環境では、仮想マシンのシャットダウン時に管理対象ディスクのストレージの種類をダウングレードすることで、ストレージコストを節約できるようになりました。これを行うには、カスタムプロパティStorageTypeAtShutdownを使用します。仮想マシンをシャットダウンすると、ディスクのストレージの種類が(カスタムプロパティStorageTypeAtShutdownで指定されたものに)ダウングレードされます。仮想マシンの電源をオンにすると、ストレージの種類が(カスタムプロパティStorageTypeまたはWBCDiskStorageTypeで指定された)元のストレージの種類に戻ります。詳しくは、「仮想マシンのシャットダウン時にストレージの種類をダウングレードする」を参照してください。

[フィルター]ビューを更新。[監視]の[フィルター]ページが更新され、[保存済み]フィルターと[デフォルト]フィルターの一覧が別々に表示され、フィルターにアクセスしやすくなりました。[マシン]、[セッション]、[接続]、または[アプリケーションインスタンス]からビューを選択できます。その後、[保存済み]フィルターまたは[デフォルト]フィルターの一覧からフィルターを選択すると、フィルタリングされたデータの一覧を表示できます。ドロップダウンリストを使用して、フィルター条件を絞り込むか、既存の条件を編集できます。[保存済み]フィルターの一覧では、フィルターを保存できます。詳しくは、「フィルター」の記事を参照してください。

MCSで作成されたマシンカタログ内の永続的なVMのOSディスクをリセットする機能。VMware仮想環境で、PowerShellコマンドReset-ProvVMDiskを使用して、MCSで作成されたマシンカタログ内の永続的なVMのOSディスクをリセットできるようになりました。この機能は、OSディスクをリセットするプロセスを自動化します。たとえば、MCSを使用して作成された永続的な開発デスクトップカタログの初期状態にVMをリセットするのに役立ちます。

PowerShellコマンドを使用してOSディスクをリセットする方法について詳しくは、「OSディスクのリセット」を参照してください。

Azure環境でMCSプロビジョニングされたマシンのマシンプロファイルおよび追加のカスタムプロパティの更新をサポート。以前は、Azure環境ではRequest-ProvVMUpdateを使用して、MCSでプロビジョニングされたマシンのカスタムプロパティServiceOfferingを更新していました。今回、マシンプロファイルと以下のカスタムプロパティを更新できるようになりました:

  • StorageType
  • WBCDiskStorageType
  • IdentityDiskStorageType
  • LicenseType
  • DedicatedHostGroupId
  • PersistWBC
  • PersistOsDisk
  • PersistVm

詳しくは、「プロビジョニングされたマシンを現在のプロビジョニングスキームの状態に更新する」を参照してください。

GCPでのマシンプロファイルをサポート。Google Cloud Platform(GCP)環境でMachine Creation Services(MCS)を使用してマシンをプロビジョニングするためのカタログを作成する場合、マシンプロファイルを使用して、仮想マシンからハードウェアプロパティをキャプチャし、カタログで新しくプロビジョニングされたVMに適用できるようになりました。MachineProfileパラメーターが使用されていない場合、ハードウェアプロパティはマスターイメージVMまたはスナップショットからキャプチャされます。

マシンプロファイルは、LinuxとWindowsの両方のオペレーティングシステムで機能します。

マシンプロファイルを使用してマシンカタログを作成する方法については、「マシンプロファイルを使用してマシンカタログを作成する」を参照してください。

GCP環境で、MCSでプロビジョニングされたマシンの更新をサポート。GCP環境で、Set-ProvSchemeはテンプレート(プロビジョニングスキーム)を変更します。既存のマシンには影響しません。PowerShellRequest-ProvVMUpdateコマンドを使用して、現在のプロビジョニングスキームを既存のマシン、あるいはマシンのセットに適用できるようになりました。現在GCPでは、マシンプロファイルがこの機能でサポートされているプロパティの更新です。詳しくは、「PowerShellを使用してプロビジョニングされたマシンを更新」を参照してください。

2022年10月

新機能と機能強化

マシンプロファイルとホストグループの同時使用をサポート。Azure Resource Managerマスターイメージを使用してカタログを作成する際、マシンプロファイルとホストグループを同時に使用できるようになりました。これは、トラステッド起動を使用してセキュリティを向上させ、同時に専用ホスト上でマシンを実行する場合に役立ちます。詳しくは、「Microsoft Azure Resource Manager仮想化環境」を参照してください。

フォルダーを使用したデリバリーグループの整理をサポート。フォルダーツリーを作成してデリバリーグループを整理し、簡単にアクセスできるようになりました。詳しくは、「フォルダーを使用したデリバリーグループの整理」を参照してください。

[完全な構成]を使用した1回限りのマシン再起動のスケジュール設定をサポート。新しいオプションである [一度だけ] が、デリバリーグループの再起動スケジュールを作成するときに使用できるようになりました。このオプションを使用すると、指定した日時にデリバリーグループ内のマシンを1回再起動するようにスケジュールできます。詳しくは、「再起動スケジュールの作成」を参照してください。

高度なプローブスケジュール設定。[監視]でのアプリケーションプローブとデスクトッププローブのスケジュール設定が改善されました。この機能を使用して、特定の曜日にプローブタスクを実行し、その日の間に指定された間隔で繰り返しプローブタスクを実行するようにCitrix Probe Agentを構成できます。これにより、1つのプローブタスクが特定の曜日の特定の時間に繰り返されるようにスケジュールできます。プローブが適切な時間に定期的に実行されるように設定することで、サイトの正常性を積極的にチェックできるようになりました。この機能により、[監視]でのプローブのセットアップと管理が簡素化されます。詳しくは、「アプリケーションプロービングおよびデスクトッププロービング」を参照してください。

2022年9月

新機能と機能強化

古いバージョンのRemote PowerShell SDKは廃止となりました。廃止バージョンを使用している場合、SDKが動作を停止し、現在のバージョンをダウンロードするように求めるエラーメッセージが表示されます。この問題が発生した場合は、Citrix Webサイトから最新のRemote PowerShell SDKをダウンロードします。

Azureでのトラステッド起動を使用したマシンカタログ。Azure環境では、トラステッド起動が有効になっているマシンカタログを作成し、VMインベントリのSupportsTrustedLaunchプロパティを使用して、トラステッド起動をサポートするVMサイズを決定できます。

トラステッド起動は、第2世代VMのセキュリティをシームレスに向上させる方法です。トラステッド起動は、高度かつ永続的な攻撃手法からの保護を提供します。詳しくは、「トラステッド起動を使用したマシンカタログ」を参照してください。

MCSによって作成されたMicrosoft System Center Virtual Machine Managerリソースの識別をサポート。タグを使用して、MCSによって作成されたMicrosoft System Center Virtual Machine Manager(SCVMM)リソースを識別できるようになりました。MCSがリソースに追加するタグについて詳しくは、「MCSによって作成されたリソースの特定」を参照してください。

MCSによって作成されたVMwareリソースの識別をサポート。タグを使用して、MCSによって作成されたVMwareリソースを識別できるようになりました。MCSがリソースに追加するタグについて詳しくは、「MCSによって作成されたリソースの特定」を参照してください。

AWSワークスペースの調整の最適化をサポート。調整の問題なく、AWSワークスペースで多数のマシンの電源をオンまたはオフにできるようになりました。調整の問題は、AWSワークスペースに送信された要求の数が、サーバーが処理できる要求の数を超えると発生します。そのため、Citrixは、AWSワークスペースSDKに送信する前に、複数の要求を1つの要求にグループ化するようにしました。

ホームでマシン数を表示する際、マシンの詳細を確認する機能。[ホーム] で可用性の状態別にマシン数を表示する場合、状態をクリックして、その状態のマシンの詳細を表示できるようになりました。詳しくは、「[完全な構成]インターフェイスのホームページ」を参照してください。

同じAzureテナント内の別のサブスクリプションからのイメージを使用したマシンカタログ作成をサポート。以前は、Azure環境では、サブスクリプション内のイメージを選択してマシンカタログを作成することしかできませんでした。この機能により、別の共有サブスクリプションに属するAzure Compute Gallery(旧称Shared Imaged Gallery)のイメージを選択し、MCSカタログを作成および更新できるようになりました。

カタログの作成について詳しくは、「Azure Resource Managerイメージを使用してマシンカタログを作成する」を参照してください。

同じテナント内の別のサービスプリンシパルとイメージを共有する方法については、「同じテナント内の別のサービスプリンシパルとのイメージ共有」を参照してください。

別のサブスクリプションからイメージを選択するPowerShellコマンドについて詳しくは、「PowerShellを使用した別のサブスクリプションからのイメージの選択」を参照してください。

Azure Compute Galleryについて詳しくは、「Azure Shared Image Gallery」を参照してください。

2022年8月

新機能と機能強化

MCSによって作成されたCitrix Hypervisorリソースの識別をサポート。タグを使用して、MCSによって作成されたCitrix Hypervisorリソースを識別できるようになりました。MCSがリソースに追加するタグについて詳しくは、「MCSによって作成されたリソースの特定」を参照してください。

ホストグループゾーンとAzure Availability Zonesの同時使用をサポート。Azure環境では、カスタムプロパティで指定されたAzureアベイラビリティゾーンとホストグループのゾーンに基づいて、マシンカタログの作成が成功するかどうかを事前チェックで評価できるようになりました。アベイラビリティゾーンのカスタムプロパティがホストグループのゾーンと一致しない場合、カタログの作成は失敗します。

ホストグループは、専用ホストのコレクションを表すリソースです。専用ホストは、1つまたは複数の仮想マシンをホストする物理サーバーを提供するサービスです。 Azure Availability Zonesは、各Azureリージョン内の物理的に離れた場所であり、ローカルの障害に対して耐性があります。

マシンカタログの作成が成功または失敗するアベイラビリティゾーンとホストグループゾーンのさまざまな組み合わせについて詳しくは、「ホストグループゾーンとAzure Availability Zonesの同時使用」を参照してください。

VMwareでマシンカタログのフォルダーIDの更新をサポート。VMwareの仮想化環境では、Set-ProvSchemeのカスタムプロパティFolderIDを使用して、MCSマシンカタログのフォルダーIDを更新できるようになりました。フォルダーIDの更新後に作成された仮想マシンは、この新しいフォルダーIDの下に作成されます。このプロパティがCustomPropertiesで指定されていない場合、仮想マシンはマスターイメージが配置されているフォルダーの下に作成されます。フォルダーIDの更新について詳しくは、「マシンカタログのフォルダーIDの更新」を参照してください。

タイムゾーンの設定[日付と時刻] 設定を使用して、環境設定に合わせてインターフェイスの日時形式を構成できるようになりました。詳しくは、「タイムゾーンの設定」を参照してください。

Image Portability Service(IPS)がAmazon Web Services(AWS)をサポートするようになりました。AWSに必要な権限とコンポーネントを設定することで、AWSアカウントでIPSワークフローを使用できます。詳しくは、「ワークロードのパブリッククラウドへの移行」を参照してください。

Azure環境でのイメージ準備中のページファイル設定。Azure環境で、ページファイルの場所との混同を避けられるようになりました。そのために、イメージの準備中、プロビジョニングスキームを作成する際に、MCSがページファイルの場所を決定するようになりました。この計算は特定のルールに基づいています。エフェメラルOSディスク(EOS)やMCS I/Oなどの機能には、それぞれ想定するページファイルの場所があり、相互に排他的です。プロビジョニングスキームの作成からイメージの準備を切り離した場合も、ページファイルの場所はMCSによって正しく決定されます。ページファイルの場所について詳しくは、「ページファイルの場所」を参照してください。

Azure環境でのページファイル設定の更新をサポート。Azure環境でカタログを作成するときに、PowerShellコマンドを使用して、場所やサイズなどのページファイル設定を指定できるようになりました。その場合、MCSによって決定されたページファイル設定は上書きされます。これは、New-ProvSchemeコマンドを実行し、次のカスタムプロパティを使って行うことができます:

  • PageFileDiskDriveLetterOverride:ページファイルの場所ディスクのドライブ文字
  • InitialPageFileSizeInMB:初期ページファイルサイズ(MB)
  • MaxPageFileSizeInMB:最大ページファイルサイズ(MB)

ページファイル設定の更新について詳しくは、「ページファイル設定の更新」を参照してください。

ホームページを更新。Get Started(開始)ウィジェットの外観が新しくなりました。ホームページのその他の更新内容は次のとおりです:

  • 右上隅に新しく追加された更新アイコンとヘルプアイコン。
  • リソースカウントをクリックして、関連するリソースページにすばやくアクセスできるように。
  • Dislike(低評価)アイコンの機能強化。推奨事項に対して低評価アイコンを選択した場合、その推奨事項は表示されなくなります。推奨ウィジェットに対して低評価アイコンを選択した場合、そのウィジェットは表示されなくなります。

詳しくは、ホームページを参照してください。

Azure VM拡張機能の有効化をサポート。ARMテンプレートスペックをマシンプロファイルとして使用してマシンカタログを作成する場合、Azure VM拡張機能をカタログ内のVMに追加し、サポートされている拡張機能の一覧を表示し、追加した拡張機能を削除できるようになりました。Azure VM拡張機能は、Azure VMで展開後の構成と自動化タスクを設定できる小さなアプリケーションです。たとえば、VMにソフトウェアのインストール、ウイルス対策保護、またはVM内でスクリプトを実行する機能が必要な場合は、VM拡張機能を使用できます。Azure VM拡張機能を有効にする方法について詳しくは、「PowerShellを使用してAzure VM拡張機能を有効にする」を参照してください。

エフェメラルOSディスクのトラステッド起動をサポート。トラステッド起動で、WindowsでエフェメラルOSディスクを使用して、プロビジョニングスキームを作成できるようになりました。トラステッド起動は、第2世代VMのセキュリティをシームレスに向上させる方法です。セキュアブートやトラステッドプラットフォームモジュール(vTPM)の仮想化バージョンなど、個別に有効にできるテクノロジを組み合わせることで、高度で永続的な攻撃手法から保護します。マシンカタログの作成について詳しくは、「Azure Resource Managerイメージを使用してマシンカタログを作成する」を参照してください。

2022年7月

新機能と機能強化

シングルセッションOSマシンの動的セッションタイムアウト。動的セッションタイムアウトで、シングルセッションOSマシンがサポートされるようになりました。バージョン2206以降のVDAが1つ以上あるデリバリーグループが必要です。これらのVDAがCitrix Cloudに最低1回は登録されていることを確認してください。詳しくは、「動的セッションタイムアウト」を参照してください。

Autoscaleでユーザーを強制的にログオフせずにログオフリマインダーを送信。Autoscaleのユーザーログオフ通知(旧称ユーザー強制ログオフ)で新機能を使用できるようになりました。この機能を使用すると、ユーザーにログオフを強制せずに、ログオフリマインダーをユーザーに送信できます。リマインダーにより、ユーザーにセッションからのログオフを強制することで生じるデータ損失の可能性を避けることができます。詳しくは、「ユーザーログオフ通知」を参照してください。

AzureでLinux仮想マシンカタログを作成するときにLinux OSのライセンスの種類を設定する機能。[完全な構成]インターフェイスを使用して、AzureでLinux VMカタログを作成するときにLinux OSライセンスの種類を選択できるようになりました。持ち込みのLinuxライセンスには、Red Hat Enterprise LinuxとSUSE Linux Enterprise Serverという2つの選択肢があります。詳しくは、「Azure Resource Managerイメージを使用してマシンカタログを作成する」を参照してください。

[完全な構成]での検索エクスペリエンスを向上。[検索]ノードでは、次の新機能と拡張機能を提供します:

  • 検索結果をエクスポートする機能。検索結果をエクスポートできるようになりました。エクスポートするには、右上隅にあるエクスポートアイコンをクリックします。
  • 新しいフィルターを使用できるようになりました。[保留中の電源操作]フィルターを使用できるようになりました。フィルターを使用して検索を絞り込みます。
  • 特定のアイテムの「次を含まない」検索のサポート。マシン名やタグなどのアイテムで、「次を含まない」という検索基準がサポートされるようになりました。
  • フィルターを追加するときのオブジェクトの検索サポート。以下のオブジェクトにフィルターを追加して検索できるようになりました:接続、マシンカタログ、デリバリーグループ、アプリケーショングループ、タグ。

詳しくは、「[完全な構成]管理インターフェイスでの[検索]の使用」を参照してください。

VMwareストレージプロファイルをサポート。vSANデータストアでマスターイメージを使用してマシンカタログを作成する場合、RAID-1またはRAID-5情報などのストレージポリシーを、作成されたターゲットデバイスにマスターイメージからコピーできるようになりました。既存のカタログの場合、カタログを更新してもストレージポリシーは変更されません。

RestrictedKrbHost SPN登録をサポート。Citrix MCSで作成したすべてのコンピューターアカウントがサービスプリンシパル名(SPN)の「RestrictedKrbHost」に登録されるようになりました。これにより、MCSがアカウントを作成した後、「setspn」コマンドを実行してコンピューターアカウントのSPNを登録する必要がなくなりました。

Microsoftパッケージアプリケーションを配信するための[完全な構成]のアプリパッケージ。[App-V]ノードの名前が[アプリパッケージ]に変更され、より多くの種類のMicrosoftパッケージアプリに対応できるように再設計されました。以前は、検出モジュールを使用して、配信用にApp-Vパッケージアプリを環境に追加する必要がありました。これで、[アプリパッケージ]ノードだけで、アプリを追加および配信できます。詳しくは、「アプリパッケージ」を参照してください。

マシンプロファイルとしてのARMテンプレートスペックの使用をサポート。以前は、マシンプロファイルとして使用できるのはVMだけでした。Azureマシンカタログを作成するときに、マシンプロファイルとしてARMテンプレートスペックも使用できるようになりました。この機能を使用すると、バージョン管理などのAzure ARMテンプレート機能を利用できます。選択したスペックが正しく構成され、必要な構成がなされたことを確認するためには、検証を実行します。検証が失敗した場合、別のマシンプロファイルを選択するように求められます。詳しくは、「Azure Resource Managerイメージを使用してマシンカタログを作成する」を参照してください。

ARMテンプレートスペックの検証サポート。ARMテンプレートスペックを検証して、マシンカタログを作成するためにマシンプロファイルとして使用できることを確認できるようになりました。ARMテンプレートスペックを検証する方法は2つあります:

  • [完全な構成]管理インターフェイスを使用する。
  • PowerShellコマンドを使用する。

ARMテンプレートスペックの検証について詳しくは、「Azure Resource Managerイメージを使用してマシンカタログを作成する」を参照してください。

2022年6月

新機能と機能強化

シングルセッションOSマシンの再起動スケジュールのサポート。以前は、再起動スケジュール機能はマルチセッションOSマシンでのみ使用可能でしたが、シングルセッションOSマシンでも利用できるようになりました。シングルセッションOSマシンを含むデリバリーグループの再起動スケジュールを作成できるようになりました。詳しくは、「デリバリーグループのマシンに対する複数の再起動スケジュールの作成」を参照してください。

ユーザー名の事前チェックを実行するオプション。ドメイン資格情報を入力した場合に、[名前の確認] オプションが使用できるようになりました。このオプションを使用すると、ユーザー名が有効か一意かを確認できます。このオプションは、次のような場合に役立ちます:

  • 同じユーザー名が複数のドメインに存在する。目的のユーザーを選択するように求められます。
  • ドメイン名を忘れた。ドメイン名を指定せずにユーザー名を入力できます。この確認が完了すると、ドメイン名が自動的に入力されます。

詳しくは、「ドメイン資格情報」を参照してください。

既存のプロビジョニングスキームのネットワーク設定を変更する機能。新しい仮想マシンが新しいサブネットワーク上に作成されるように、既存のプロビジョニングスキームのネットワーク設定を変更できるようになりました。Set-ProvSchemeコマンドのパラメーター-NetworkMappingを使用して、ネットワーク設定を変更します。スキームから新しくプロビジョニングされた仮想マシンにのみ、新しいサブネットワーク設定が指定されます。また、サブネットワークが同じホスティングユニットの下にあることを確認する必要があります。詳しくは、「既存のプロビジョニングスキームのネットワーク設定を変更」を参照してください。

Azure仮想マシン、管理対象ディスク、スナップショット、Azure VHD、およびARMテンプレートのリージョン名情報を取得できるようになりました。Azure仮想マシン、管理対象ディスク、スナップショット、Azure VHD、およびARMテンプレートのリージョン名情報を表示できるようになりました。この情報は、マシンカタログが割り当てられている場合に、マスターイメージ上のリソースに関して表示されます。詳しくは、「Azure仮想マシン、管理対象ディスク、スナップショット、Azure VHD、およびARMテンプレートのリージョン名情報を取得」を参照してください。

Azure環境でマシンプロファイルのプロパティ値を使用する機能。マシンプロファイルを使用してAzureカタログを作成すると、カスタムプロパティで値が明示的に定義されていない場合、マシンプロファイルとして使用されているARMテンプレートスペックまたは仮想マシンのいずれかからプロパティ値が設定されるようになりました。この機能の影響を受けるプロパティは次のとおりです:

  • アベイラビリティゾーン
  • 専用ホストグループID
  • ディスク暗号化セットID
  • OSの種類
  • ライセンスの種類
  • サービスオファリング
  • ストレージの種類

一部のプロパティがマシンプロファイルで欠落していて、カスタムプロパティで定義されていないとき、該当する場合はプロパティのデフォルト値が常に適用されます。詳しくは、「マシンプロファイルのプロパティ値を使用する」を参照してください。

VDAのアップグレードの拡張サポート。[完全な構成]インターフェイスを使用して、MCSでプロビジョニングされた永続マシンをアップグレードできるようになりました。カタログごとに、またはマシンごとにアップグレードできます。詳しくは、「[完全な構成]インターフェイスを使用したVDAのアップグレード」を参照してください。

Citrix Cloud JapanおよびCitrix Cloud GovernmentコントロールプレーンでのCitrix Probe Agent。Citrix Probe Agentは、Citrix Cloud JapanおよびCitrix Cloud Governmentコントロールプレーンでホストされるサイトをサポートするようになりました。これらのプレーンでプロービングエージェントを使用するには、パスのレジストリ値を「\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Citrix\ProbeAgent\AGENT\region」を、Japanリージョンの場合は2に、Governmentリージョンの場合は3に設定します。Citrix Probe Agentでは、サイトに公開されている仮想アプリおよび仮想デスクトップの状態チェックプロセスが自動化されます。詳しくは、「アプリケーションプロービングおよびデスクトッププロービング」を参照してください。

VDAとCloud Connector間の通信に使用するポートをカスタマイズ。特定のセキュリティ要件に基づいて、VDAがCloud Connectorとの通信に使用するポートをカスタマイズできるようになりました。この機能は、セキュリティチームがデフォルトポート(ポート80)を開くことを許可していない場合、またはデフォルトポートが既に使用されている場合に役立ちます。詳しくは、「 Cloud Connectorと通信するためのポートのカスタマイズ」を参照してください。

フォルダーを使用したマシンカタログの整理に対応。ネストされたフォルダーを作成してマシンカタログを整理し、簡単にアクセスできるようになりました。詳しくは、「フォルダーを使用したカタログの整理」を参照してください。

SCVMM 2022をサポート。Citrix DaaSは、MicrosoftのSystem Center Virtual Machine Manager(SCVMM)2022をサポートするようになりました。SCVMMは、仮想マシンの展開に必要なリソースの保守を含むさまざまなサービスを提供します。SCVMM 2022でサポートされる新機能について詳しくは、System Center Virtual Machine Managerの新機能を参照してください。

AWSでの最大同時プロビジョニング操作のパラメーター設定をサポート。Citrix DaaSは、AWS上のMCSの構成可能なカスタムプロパティとしてMaximumConcurrentProvisioningOperationsをサポートするようになりました。MaximumConcurrentProvisioningOperationsは、同時に作成または削除できる仮想マシンの数を決定するプロパティです。MCSはデフォルトで最大100の同時プロビジョニング操作をサポートしますが、PowerShellコマンドを入力してこの値をカスタマイズできるようになりました。1〜1000の範囲の値を入力できます。このプロパティを希望の値に設定すると、仮想マシンを作成または削除するときに実行できる並列タスクの数を制御できます。最大同時プロビジョニング操作の構成について詳しくは、「ホスト接続のデフォルト値」を参照してください。

2022年5月

新機能と機能強化

強化されたセッション起動診断。Citrix DaaSでは、セッションの詳細な起動エラー診断がサポートされるようになりました。これで、セッションの起動シーケンスに関連するコンポーネントを表示できます。最後に生成されたエラーコードで、失敗したコンポーネントが強調表示されます。これは、セッションの起動エラーの正確な理由を特定し、推奨される操作を実行するのに役立ちます。

[Transaction]ページには、エラーが発生したコンポーネントの一覧が表示される[Transaction Details]パネルが含まれるようになりました。コンポーネント名をクリックすると、コンポーネントの詳細と最後に確認された障害の詳細が表示されます。障害の理由とエラーコードが表示されます。[Learn more]リンクをクリックして、[Error codes] の特定のコードにアクセスし、詳細な説明と推奨される操作を表示します。詳しくは、「セッション診断」を参照してください。

Remote PowerShell SDKでのSet-ProvServiceConfigurationDataの使用のサポート。これで、Remote PowerShell SDKを使用して「Set-ProvServiceConfigurationData」を実行し、該当するすべてのパラメーターの設定を行うことができます。このコマンドを使用して、イメージの準備中にDHCPの有効化をスキップすることもできます。以下は、「Set-ProvServiceConfigurationData」でサポートされている設定の一覧です:

  • イメージ準備タイムアウトの変更:Set-ProvServiceConfigurationData -Name "ImageManagementPrep_PreparationTimeout" -value 60
  • DHCP有効化のスキップ:Set-ProvServiceConfigurationData -Name ImageManagementPrep_Excluded_Steps -Value EnableDHCP
  • Microsoft Windows KMSリセットのスキップ:Set-ProvServiceConfigurationData -Name ImageManagementPrep_Excluded_Steps -Value OsRearm
  • Microsoft Office KMSリセットのスキップ: Set-ProvServiceConfigurationData -Name ImageManagementPrep_Excluded_Steps -Value OfficeRearm
  • 準備VM自動シャットダウンの無効化: Set-ProvServiceConfigurationData –Name ImageManagementPrep_NoAutoShutdown –Value true
  • ドメインインジェクションの無効化: Set-ProvServiceConfigurationData –Name DisableDomainInjection –Value true

PowerShellコマンドを使用してLinuxマシンカタログを作成するときにLinuxライセンスの種類を設定する機能。PowerShellコマンドを使用して、Linuxマシンカタログ作成時にLinuxライセンスの種類を設定できます。Linuxライセンスの持ち込みには、次の2つの選択肢があります:RHEL_BYOSおよびSLES_BYOS。デフォルトの設定はAzure Linuxライセンスです。詳しくは、「Azure Resource Managerイメージを使用してマシンカタログを作成する」を参照してください。

MCSによって作成されたすべてのAzureリソースを識別するためのサポート。provschemeID」というタグを使用して、ProvSchemeに関連付けられているイメージ、IDディスク、OSディスク、NIC、VMなどのMCSによって作成されたすべてのAzureリソースを識別できるようになりました。MCSがリソースに追加するタグについて詳しくは、「MCSによって作成されたリソースの特定」を参照してください。

SCVMMを介したAzure Stack HCIプロビジョニングのサポート。MCSは、Microsoft System Center Virtual Machine Manager(SCVMM)を介したAzure Stack HCIプロビジョニングをサポートするようになりました。SCVMMなどの既存のツールを使用して、AzureスタックHCIクラスターを管理できます。詳しくは、「Microsoft System Center Virtual Machine Manager仮想化環境」を参照してください。

Active Directory以外のユーザーを手動で追加するためのサポート。[完全な構成]管理インターフェイスを使用して、カタログにActive Directory以外のユーザーを追加するときに、複数のユーザー名をセミコロン区切りで入力できるようになりました。異なるディレクトリに存在するユーザーを追加するときは、形式を考慮してください。たとえば、これらのユーザーがActive Directoryに存在する場合は、名前を直接入力します。そうでない場合は、次の形式で名前を入力します:<identity provider>:<user name>。例:AzureAD:username。詳しくは、「マシンカタログの作成」を参照してください。

2022年4月

新機能と機能強化

[完全な構成]インターフェイスのホームページ。[完全な構成]にホームページが追加されました。このページで、サブスクリプションを最大限に活用するために役立つ情報と、Citrix DaaS展開およびワークロードの概要を表示します。このページは次の内容で構成されています:

  • サービス概要。Citrix DaaS展開とワークロードの概要を表示します。
  • 推奨事項。サブスクリプションで使用できる機能のお勧めを表示し、フィードバックを収集します。
  • 新機能。最新の機能を表示します。
  • プレビュー機能。現在プレビュー段階の機能を表示します。
  • 開始。初期セットアップの手順を表示します。

詳しくは、ホームページを参照してください。

カタログの作成と更新の進行状況を表示します。[完全な構成]で、カタログの作成と更新に関する最新情報を入手できるようになりました。作成および更新プロセスの概要を取得し、実行した手順の履歴を表示し、現在の手順の進行状況と実行時間を監視できます。詳しくは、「カタログの作成を開始する」を参照してください。

選択したゾーンに基づいて、利用可能なハイパーバイザーとクラウドサービスを表示します。[完全な構成]では、ホスト接続を作成するときに、接続の種類を選択する前にゾーンを選択する必要があります。[接続の種類]ドロップダウンリストには、ゾーンで使用可能なハイパーバイザーとクラウドサービスが表示されます。以前は、必要なハイパーバイザーまたはクラウドサービスを[接続の種類]一覧に表示するには、すべてのゾーンにプラグインをインストールする必要がありました。今回、構成順序が新しくなったことで、必要なゾーンにプラグインをインストールするだけで済むようになりました。

また、PowerShellコマンドを使用して、選択したゾーンで使用できるハイパーバイザープラグインの一覧を取得することもできます。詳しくは、「接続とリソースの作成」を参照してください。

[完全な構成]でのオンプレミスではないAD参加済みユーザーのサポート。[完全な構成]インターフェイスで新しい [IDの種類の選択] フィールドを使用できるようになりました。このフィールドで、プロビジョニングされたデスクトップまたはアプリ、デリバリーグループ、あるいはアプリケーショングループに、ユーザーを割り当てます。このフィールドを使用すると、Citrix Cloudが接続されている次のIDプロバイダーのいずれかからユーザーアカウントを選択できるようになります:

  • Active Directory
  • Azure Active Directory
  • Okta

Google Cloud Platform(GCP)およびAzure環境で、無効なカスタムプロパティを拒否する機能。これにより、New-ProvSchemeSet-ProvSchemeに設定されたカスタムプロパティが有効にならない場合に混乱を避けられるようになりました。存在しないカスタムプロパティを指定した場合、次のエラーメッセージが表示されます。詳しくは、「カスタムプロパティの設定に関する重要な考慮事項」を参照してください。

Azure Active Directory参加済みマシンの作成のサポート[完全な構成] でカタログを作成するとき、[マシンID][Azure Active Directory参加済み] のIDの種類が使用できるようになりました。MCSでこの種類のIDを使用して、Azure Active Directory参加済みマシンを作成できます。また、追加オプションの [マシンをMicrosoft Intuneに登録する] により、管理のためにマシンをMicrosoft Intuneに登録できます。

Azure Active Directory参加済みカタログの作成については、「マシンカタログの作成」を参照してください。Azure Active Directory参加関連の要件および考慮事項については、「Azure Active Directory参加済み」を参照してください。

Hybrid Azure Active Directory参加済みマシンの作成のサポート[完全な構成] でカタログを作成するとき、[マシンID][Hybrid Azure Active Directory参加済み] のIDの種類が使用できるようになりました。MCSでこの種類のIDを使用して、Hybrid Azure Active Directory参加済みマシンを作成できます。これらは組織が所有しているマシンであり、その組織に属したActive Directory Domain Servicesアカウントでサインインします。

Hybrid Azure Active Directory参加済みカタログの作成については、「マシンカタログの作成」を参照してください。Hybrid Azure Active Directory参加関連の要件および考慮事項については、「Hybrid Azure Active Directory参加済み」を参照してください。

スナップショットのためのAzureの信頼できる起動のサポート。Azureのトラステッド起動がイメージだけでなくスナップショットでも利用できるようになりました。トラステッド起動が有効になっているスナップショットを選択する場合は、マシンプロファイルを使用する必要があります。また、トラステッド起動が有効になっているマシンプロファイルを選択する必要があります。詳しくは、「Microsoft Azure Resource Managerクラウド環境」を参照してください。

マシンのエクスポート。マシンカタログのセットアップ] ウィザードの [マシン] ページに表示されるマシンをCSVファイルにエクスポートして、マシンを一括でカタログに追加するときにテンプレートとして使用できるようになりました。詳しくは、「カタログからのマシンのエクスポート」を参照してください。

Workspace Environment Management Webコンソールにアクセスするためのオプション[管理] タブのメニューで、[Environment Management(Web)]オプションを使用できるようになりました。このオプションを選択すると、新しいWebベースのWorkspace Environment Managementコンソールに移動します。従来のコンソールにアクセスするには、Environment Managementを使用します。現在、全機能を従来のコンソールからWebコンソールに移行中です。Webコンソールは通常、従来のコンソールよりも速く応答します。詳しくは、「 Workspace Environment Managementサービス」を参照してください。

ProvSchemeパラメーターを管理する機能。MCSでカタログを作成するとき、サポートされていないハイパーバイザーでマシンカタログの作成中にNew-ProvSchemeパラメーターを設定するか、マシンカタログの作成後にSet-ProvSchemeパラメーターを更新すると、エラーが表示されるようになりました。詳しくは、「マシンカタログの作成」を参照してください。

増加されたリソースの場所の制限。シングルセッションVDAとマルチセッションVDAのリソースの場所の制限が、それぞれ10000と1000に引き上げられました。詳しくは、「制限」を参照してください。

すべてのセッションをドレインした後に電源管理されていないマシンを再起動するサポート。Citrix DaaSでは、すべてのセッションがマシンからドレインされた後、電源管理されていないマシンの再起動スケジュールを作成できるようになりました。[完全な構成]インターフェイスの [再起動の間隔][すべてのセッションのドレイン後にすべてのマシンを再起動する] を選択します。詳しくは、「再起動スケジュールの作成」を参照してください。

VDAマシンのアップグレードのサポート(Technical Preview)。[完全な構成]インターフェイスを使用して、Citrix DaaS展開用にVDAマシンをアップグレードできるようになりました。カタログごとに、またはマシンごとにアップグレードできます。この機能は、MCSで作成されていないマシン(物理マシンなど)に適用されます。詳しくは、「[完全な構成]インターフェイスを使用したVDAのアップグレード」を参照してください。

停止中にマシンがシャットダウンされることはありません。Citrix DaaSでは、マシンが存在するゾーンで停止が発生したときに、ブローカーによって仮想マシンがシャットダウンされることがなくなりました。停止が終了すると、マシンは自動的に接続できるようになります。停止後にマシンを使用可能にするために、操作を行う必要はありません。

セッション起動診断。Citrix DaaSでは、強化されたセッション起動エラー診断がサポートされるようになりました。Citrix Monitor(つまり、Citrix Directorサービス)内からCitrix Workspaceアプリで生成された32桁(8-4-4-4-12)のトランザクションIDを使用して、問題が発生した正確なコンポーネントとステージまで絞り込み、問題解決のために推奨される操作を実行します。詳しくは、「セッション起動診断」を参照してください。

Session Recordingサービスにアクセスするためのオプション[管理] タブのメニューで、[Session Recording]オプションを使用できるようになりました。Session Recordingサービスの導入により、ポリシー、再生、およびサーバー構成を一元管理できます。組織全体に分散されたオブジェクトを管理および監視するための統合されたエントリポイントを提供することにより、IT管理者の負担を軽減します。詳しくは、「Session Recordingサービス(Technical Preview)」を参照してください。

Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスの名称を変更Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスの名称がCitrix DaaSに変更されました。名称変更について詳しくは、当社ブログ上のお知らせを参照してください。

Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスの以下のオファリングの名称が変更されました。

  • Citrix Virtual AppsサービスAdvancedの名称がCitrix DaaS Advancedに変更されました。
  • Citrix Virtual AppsサービスPremiumの名称がCitrix DaaS Premiumに変更されました。
  • Citrix Virtual Desktopsサービスの名称がCitrix DaaS Advanced Plusに変更されました。
  • Citrix Virtual Apps and DesktopsサービスAdvancedの名称がCitrix DaaS Advanced Plusに変更されました。
  • Citrix Virtual Apps and DesktopsサービスPremiumCitrix DaaS PremiumおよびCitrix DaaS Premium Plusとして利用できるようになりました。
  • Citrix Virtual Apps and Desktops Standard for Azureの名称がCitrix DaaS Standard for Azureに変更されました。
  • Citrix Virtual Apps and Desktops Standard for Google Cloudの名称がCitrix DaaS Standard for Google Cloudに変更されました。
  • Citrix Virtual Apps and Desktops Premium for Google Cloudの名称がCitrix DaaS Premium for Google Cloudに変更されました。

現在、製品と製品ドキュメントで移行作業が行われています。この移行の間はご迷惑をおかけしますが、何卒ご容赦願います。

  • 製品のUI、製品内のコンテンツ、および製品ドキュメント内の画像と手順は、数週間以内に更新されます。
  • 既存の顧客のスクリプトの破損を防ぐために、コマンドやMSIなどの一部のアイテムでは、以前の名前を引き続き保持できます。
  • 関連する製品ドキュメントや、この製品のドキュメントからリンクされているその他のリソース(ビデオやブログの投稿など)には、以前の名前が含まれている場合があります。

注:

オンプレミスのCitrix Virtual Apps and Desktopsの製品名に変更はありません。

[完全な構成]でのテナントのサポート。単一のCitrix DaaSインスタンス内に構成パーティションを作成できるようになりました。構成パーティションは、[管理者]>[スコープ] でテナントスコープを作成し、マシンカタログやデリバリーグループなど、関連する構成オブジェクトをそれらのテナントと関連付けることで作成できます。これにより、テナントへのアクセス権を持つ管理者は、テナントに関連付けられているオブジェクトのみを管理できます。この機能は、たとえば、組織が以下のような場合に役立ちます:

  • さまざまなビジネスサイロ(独立した部門または個別のIT管理チーム)がある、または
  • 複数のオンプレミスサイトがあり、単一のCitrix DaaSインスタンスで同じセットアップを維持したいと考えている。

また、[完全な構成]インターフェイスでは、テナント顧客を名前でフィルタリングできます。デフォルトでは、このインターフェイスにはすべてのテナントに関する情報が表示されます。

この機能は、Citrix Service Provider(CSP)とCSP以外のどちらでも利用できます。CSP環境のインターフェイスは、テナントの作成に使用されるメソッドを除き、CSP以外の環境のインターフェイスと基本的に同じです。

  • CSPでは、テナント顧客をCitrix DaaSにオンボード(登録)し、Citrix DaaSへの管理者アクセスを構成します。詳しくは、「Citrix DaaS for Citrix Service Provider」を参照してください。
  • CSP以外では、最初にスコープを作成し、次にそれぞれの管理者のカスタムアクセスを構成することにより、テナント顧客を作成します。詳しくは、「スコープの作成と管理」を参照してください。

[完全な構成]でのテナントのサポート

Autoscaleの更新。Autoscaleを更新してブレードスタイルにし、ユーザーエクスペリエンスを向上させました。設定を構成するためのワークフローに変更はありません。Autoscaleのその他の更新には次のものがあります:

  • 理解しやすいよう、「Autoscaleの制限」を「タグ付けされたマシンのAutoscale」に名称を変更しました。
  • 新しく[Autoscaleがタグ付けされたマシンの電源投入を開始するタイミングを制御する] オプションを追加しました。このオプションをオンにすると、Autoscaleは、タグ付けされていないマシンの使用状況に基づいて、タグ付けされたマシンの電源投入を開始するタイミングを制御できます。

タグ付けされたマシンのAutoscaleについて詳しくは、「タグ付きマシンのAutoscale」を参照してください。

ライセンスの有効性チェック。[完全な構成]インターフェイスでは、ホスト接続で使用されているライセンスの有効性を自動的にチェックするようになりました。ライセンスが無効な場合、ホスト接続はメンテナンスモードになります。その結果、接続の編集やメンテナンスモードのオフなど、特定の操作を実行できなくなります。たとえば、次の場合、ライセンスは無効になります:

  • ライセンスの有効期限切れ。この場合、Citrixの営業担当者に連絡して、ライセンスを更新するか、新しいライセンスを購入してください。
  • ライセンスがライセンスサーバーから削除された。

マシンカタログおよびポリシーノードにブレードスタイルを適用。[完全な構成]のすべてのノードにブレードスタイルが適用されるようになりました。

Azure環境でMCSプロビジョニングされたマシンを更新するためのサポートSet-ProvSchemeはテンプレート(プロビジョニングスキーム)を変更して、既存のマシンには影響しません。Request-ProvVMUpdateコマンドを使用して、現在のプロビジョニングスキームを既存のマシン、あるいはマシンのセットに適用できるようになりました。現在、この機能でサポートされているプロパティ更新はServiceOfferingです。詳しくは、「プロビジョニングされたマシンを現在のプロビジョニングスキームの状態に更新する」を参照してください。

2022年3月

新機能と機能強化

Google Cloud Marketplaceで入手可能なGoogle Cloud向けCitrix Virtual Apps and Desktops。Google Cloud向けCitrix Virtual Apps and DesktopsがGoogle Cloud Marketplaceで購入可能になりました。Citrix Virtual Apps and Desktops Premium for Google Cloudは、Google Cloud上でCitrix Virtual Apps and Desktopsサービスのコントロールプレーンを実行します。

Azureのトラステッド起動のサポート。[完全な構成]管理インターフェイスで、Azureのトラステッド起動を使用できるようになりました。トラステッド起動が有効になっているイメージを選択する場合は、マシンプロファイルを使用する必要があります。また、トラステッド起動が有効になっているマシンプロファイルを選択する必要があります。詳しくは、「Microsoft Azure Resource Managerクラウド環境」を参照してください。

[完全な構成]の3つの追加ノードのウィザードにブレードスタイルを適用。ノードは、[検索][デリバリーグループ]、および [アプリケーション] です。

Image Portability Service(IPS)がGA(一般公開)リリースされました。IPSは、プラットフォーム間でのイメージの管理をシンプルにします。この機能は、オンプレミスのリソースの場所とパブリッククラウド内のリソースの場所との間でイメージを管理するのに役立ちます。Citrix Virtual Apps and DesktopsのREST APIを使用して、Citrix Virtual Apps and Desktopsサイト内のリソースの管理を自動化できます。詳しくは、「ワークロードのパブリッククラウドへの移行」を参照してください。

2022年2月

新機能と機能強化

Azureの権限。セキュリティ要件として必須の、リスクを最小限に抑える権限が2セットあります。

  • 最低限の権限:この権限セットにより、セキュリティ制御が向上します。ただし、最低限の権限であるため、追加の権限を必要とする新機能は失敗します。
  • 一般的な権限:この権限セットなら、新しい拡張機能のメリットを得ることができます。

詳しくは、「Azureの権限について」を参照してください。

VMの一時ディスクを使用した、Azure環境でのライトバックキャッシュディスクのホストをサポート[管理]>[完全な構成] インターフェイスの [マシンカタログのセットアップ]>[ディスク設定] に、[非永続的なライトバックキャッシュディスクを使用する] オプションを追加しました。プロビジョニングされたVMに対してライトバックキャッシュディスクを保持しない場合は、このオプションを選択します。このオプションをオンにした場合、VMの一時ディスクに十分なスペースがある場合は、その一時ディスクを使用してライトバックキャッシュディスクをホストします。これによりコストを削減できます。詳しくは、「Microsoft Azure Resource Managerクラウド環境」を参照してください。

AWSホスト接続のデフォルト設定を更新。AWSホスト接続のデフォルト設定値がより高い値に更新されており、ほとんどの場合、すべてのAWSクラウドプラットフォームのセットアップで同じ値になっています。これにより、個々のセットアップでデフォルト設定値を評価および構成することなく、AWSクラウド環境でホスト接続を作成できます。詳しくは、「ホスト接続のデフォルト値」を参照してください。

GCP環境のさまざまなストレージ階層のサポートを追加。GCP環境で以下のカスタムプロパティを使用できるようになりました。これにより、新しく作成されたVMに接続されているディスクのストレージの種類を設定できます:

  • StorageType
  • IdentityDiskStorageType
  • WBCDiskStorageType

詳しくは、「Citrix Virtual Apps and DesktopsサービスSDK」を参照してください。

Azure VMカタログ作成後に特定のVM設定を変更。[完全な構成]管理インターフェイスを使用して、カタログの作成後に以下の設定を変更できるようになりました:

  • マシンサイズ
  • アベイラビリティゾーン
  • マシンプロファイル
  • Windowsライセンス

変更するには、[マシンカタログ] ノードでカタログを選択してから、操作バーの [マシンカタログの編集] を選択します。詳しくは、「カタログの編集」を参照してください。

AzureエフェメラルOSディスクのキャッシュディスクまたは一時ディスクへの保存をサポート。Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスで、キャッシュディスクまたはAzure対応仮想マシンの一時ディスクにAzureエフェメラルOSディスクを保存できるようになりました。この機能は、標準のHDDディスクよりも高性能のSSDディスクを必要とするAzure環境で役立ちます。詳しくは、「Microsoft Azure Resource Managerクラウド環境」を参照してください。

Nutanix Clusters on AWSをサポート。Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスは、Nutanix Clusters on AWSをサポートします。Nutanix Clustersは、プライベートクラウドまたは複数のパブリッククラウドでのアプリケーションの実行をシンプルにします。詳しくは、「Nutanix clusters on AWS」を参照してください。

VMware Cloud on AWS(Amazon Web Services)をサポート。VMware Cloud on AWS(Amazon Web Services)を使用すると、VMwareベースのオンプレミスのCitrixワークロードをAWSクラウドに移行し、核となるCitrix Virtual Apps and Desktops環境をCitrix Virtual Apps and Desktopsサービスに移行できます。詳しくは、「VMware Cloud on AWS(Amazon Web Services)」を参照してください。

Google Cloud Platform(GCP)で実行されているマシンのライトバックキャッシュディスクの構成のサポート。[完全な構成]管理インターフェイスを使用して、GCPにマシンをプロビジョニングする際、次のライトバックキャッシュディスク設定を構成できるようになりました:

  • ディスクサイズ
  • キャッシュに割り当てられたメモリ
  • ディスクストレージの種類
  • ディスクの永続性

詳しくは、「Google Cloud Platform仮想化環境」の「マシンカタログの作成」を参照してください。

2022年1月

新機能と機能強化

Nutanix Clusters on AWSをサポート。Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスは、Nutanix Clusters on AWSをサポートするようになりました。このサポートは、Nutanixオンプレミスクラスターと同じ機能を提供します。単一のクラスターのみサポートされます(Prism Element)。詳しくは、「Nutanix仮想化環境」を参照してください。

Cloud Health Checkで使用可能な新機能。Cloud Health Checkは、次のような機能を備えた新しいバージョンに更新されました:

  • 自動修正。Cloud Health Checkで、実行中のマシンで識別された特定の問題の自動検出と修正がサポートされるようになりました。具体的にどのアクションが実行されたのかを示す結果レポートが生成されるようになります。詳しくは、「自動修正」を参照してください。

  • コマンドラインのサポート。Cloud Health Checkをコマンドラインから実行できるようになりました。詳しくは、「コマンドラインでCloud Health Checkを実行する」を参照してください。

  • Citrixユニバーサルインジェクションドライバーのステータス。Cloud Health Checkで、Citrix UVIドライバーのステータスを表示するとともに、Citrix UVIドライバーに関連するイベントログチェックを行うようになりました。

  • セッションの起動レジストリチェック。Cloud Health Checkで、セッションの起動レジストリ設定をチェックするようになりました。

  • チェックレポートに対する更新事項。複数のチェックポイントがあるチェック項目の場合、ヘルスチェック中に実行されたアクションを示すために、検証されたすべてのチェックが最終チェックレポートに一覧表示されるようになりました。

詳しくは、「Cloud Health Check」を参照してください。

[完全な構成]を使用したVDA登録とセッション起動の問題のトラブルシューティング。[完全な構成]管理インターフェイスを使用して、VDAの状態を測定するチェックを実行できるようになりました。VDAのヘルスチェックは、一般的なVDA登録およびセッションの起動の問題を引き起こす原因となるものを見つけ出します。ヘルスチェックは個別と一括で実行できます。詳しくは、「VDAのヘルスチェック」を参照してください。

既存の接続についてAzureシークレットの有効期限を指定する機能。[完全な構成]管理インターフェイスを使用して、アプリケーションシークレットの有効期限が切れる日付を指定できるようになりました。シークレットの有効期限を表示する方法については、「Microsoft Azure Resource Managerクラウド環境」を参照してください。この機能を使用するときは、次の違いを考慮してください:

  • Azureで手動で作成されたサービスプリンシパルの場合、有効期限は [接続の編集]>[接続のプロパティ] ページで直接編集できます。
  • ユーザーに代わって[完全な構成]を介して作成されたサービスプリンシパルの有効期限を初めて編集する場合は、[接続の編集]>[設定の編集]>[既存のものを使用] に移動します。以降の編集は、[接続の編集]>[接続のプロパティ] ページで行えます。

管理者を追加するためのボタン[完全な構成]>[管理者]>[管理者] タブに、[管理者の追加] のボタンが追加されました。このボタンを使用することで、[IDおよびアクセス管理]>[管理者] にすばやく移動でき、そこで管理者を追加(招待)できます。詳しくは、「管理者の追加」を参照してください。

[完全な構成]でのウィザードの外観が変更。ウィザードの次のノードについて、新しいスタイル(色、フォント、その他フォーマットの変更など)で更新し、ユーザーエクスペリエンスを向上させました:管理者ホスティングStoreFrontアプリパッケージゾーン設定。新しいウィザードは、より広いビューポートを備えたブレードビューで表示され、より多くのコンテンツを表示できるようになります。設定を構成するためのワークフローに変更はありません。

Google Cloud Platform(GCP)で実行されているマシンに対してMCS I/Oが有効になっている場合にシステムディスクを保持するサポート。[完全な構成]管理インターフェイスにて、GCPでマシンをプロビジョニングするときに、MCSストレージ最適化(MCS I/O)が有効な場合、電源サイクル中にシステムディスクを保持できるようになりました。詳しくは、「MCSストレージ最適化の更新を有効にする」を参照してください。

Amazon Web Services(AWS)上のEBSからの直接アップロードまたはダウンロードのサポート。AWSで、必要なコンテンツとともにEBSボリュームを直接作成できるAPIが提供されるようになりました。APIを使用して、カタログの作成とVMの追加に必要なボリュームワーカーを排除できるようになりました。この機能に必要なAWSの権限については、「Amazon Web Servicesクラウド環境」を参照してください。

MCSによって作成されたAmazon Web Services(AWS)リソースを識別する機能。MCSによって作成されたAWSリソースを識別するために、CitrixProvisioningSchemeIDという名前の新しいタグを追加しました。詳しくは、「MCSによって作成されたリソースの特定」を参照してください。

[管理]と[監視]へのアクセス権を構成する機能。[完全な構成]管理インターフェイスに、[管理][監視] へのアクセス権をもつカスタムの役割を付与するかどうかを制御するオプションが追加されました。詳しくは、「役割の作成と管理」を参照してください。

2021年12月

新機能と機能強化

Google Cloud VMware Engineのサポート。Google Cloud VMware Engineプラットフォームを使用すると、VMwareベースのオンプレミスCitrixワークロードをGoogle Cloudに移行し、核となるCitrix Virtual Apps and Desktops環境をCitrix Virtual Apps and Desktopsサービスに移行できます。詳しくは、「Google Cloud Platform(GCP)VMware Engineのサポート」を参照してください。

名前付けスキームを指定するときに、アカウント名の先頭を指定する機能。このリリースでは、[完全な構成]管理インターフェイスの [マシンカタログのセットアップ]>[マシンID] ページにオプションが追加されました。このオプションを使用すると、アカウント名の先頭にある数字または文字を指定して、カタログ作成時にマシンアカウントに名前付けする方法をより細かく制御できます。詳しくは、「マシンID」を参照してください。

Nutanix AHV XIおよびNutanix AHV Prism Central(PC)接続の作成のサポート。[完全な構成]管理インターフェイスで、Nutanix AHV XI接続およびNutanix AHV PC接続を作成できるようになりました。詳しくは、「Nutanix仮想化環境」を参照してください。

GCPでVMをプロビジョニングするときに、OSディスクのストレージの種類を選択できる機能のサポート。[完全な構成]管理インターフェイスで、GCPのVMをプロビジョニングするとき、OSディスク用のストレージの種類を選択できるようになりました。[マシンカタログのセットアップ]>[ストレージ] ページで使用できるストレージオプションには、[標準永続ディスク][バランス永続ディスク][SSD永続ディスク] があります。詳しくは、「マシンカタログの作成」を参照してください。

[完全な構成]管理インターフェイスで、Azureエフェメラルディスクがサポートされるようになりました。以前は、エフェメラルOSディスクを使用するマシンを作成できるのはPowerShellだけでした。新しく [マシンカタログのセットアップ]>[ストレージとライセンスの種類] ページに [AzureエフェメラルOSディスク] オプションが追加されました。VMのローカルディスクを使用してオペレーティングシステムディスクをホストする場合は、このオプションを選択します。詳しくは、「Azure Resource Managerイメージを使用してマシンカタログを作成する」を参照してください。

Machine Creation Services(MCS)が管理するリソースを誤って削除しないように保護する機能。VMに対して有効になっているGCPのdeletionProtectionフラグを適用することで、Google Cloud Platform(GCP)上のMCS管理対象リソースを保護できるようになりました。compute.instances.setDeletionProtection権限またはIAMのCompute Adminの役割を使用して、リソースの削除を許可するフラグをリセットできます。この機能は、永続カタログと非永続カタログの両方に適用できます。詳しくは、「意図しないマシンの削除からの保護」を参照してください。

2021年11月

新機能と機能強化

マシンを更新するときにイメージに注釈を付ける機能。[完全な構成]管理インターフェイスで、MCSで作成したカタログを更新するとき、イメージにメモを追加して注釈を付けることができるようになりました。カタログを更新するたびに、メモを追加するかどうかに関係なく、メモ関連のエントリが作成されます。メモを追加せずにカタログを更新すると、エントリはnull(-)として表示されます。イメージのメモ履歴を表示するには、カタログを選択し、下のペインで [テンプレートのプロパティ] をクリックしてから、[メモの履歴を表示] をクリックします。詳しくは、「カタログの更新」を参照してください。

マルチタイプのライセンスのサポート。[完全な構成]管理インターフェイスでマルチタイプのライセンスがサポートされるようになりました。これにより、サイト(Citrix Virtual Apps and Desktopsサービス製品の展開)またはデリバリーグループで使用するライセンス使用権を指定できます。

  • サイトレベルでは、ユーザーがデバイスでアプリまたはデスクトップを起動したときに、サイト全体で使用するライセンスを決定します。選択したライセンスは、別のライセンスで構成されているデリバリーグループを除き、すべてのデリバリーグループに適用されます。
  • デリバリーグループレベルでは、デリバリーグループに使用するライセンスを自分で決定し、マルチタイプのライセンスの柔軟性と利点を享受できます。

詳しくは、「マルチタイプのライセンス」を参照してください。

Azure Marketplace購入プラン情報の表示サポート。[完全な構成]管理インターフェイスでマシンカタログを作成する際、Azure Marketplaceイメージから作成されたマスターイメージの購入プラン情報を表示できるようになりました。

2021年10月

新機能と機能強化

永続的なMCSカタログを更新する機能。[完全な構成]管理インターフェイスの永続的なMCSカタログに [マシンの更新] オプションが導入されました。このオプションを使用すると、カタログが使用するイメージまたはテンプレートを管理できます。永続カタログを更新するときは、次の点を考慮してください:後でカタログに追加するマシンのみが新しいイメージまたはテンプレートを使用して作成されます。更新はカタログ内の既存のマシンにロールアウトされません。詳しくは、「カタログの更新」を参照してください。

Azure専用ホストでVMをプロビジョニングするオプション。[完全な構成]管理インターフェイスの [マシンカタログのセットアップ]>[マスターイメージ] ページにオプションとして [ホストグループを使用する] が追加されました。このオプションを使用すると、Azure環境でVMをプロビジョニングするときに使用するホストグループを指定できます。詳しくは、「Azure Resource Managerイメージを使用してマシンカタログを作成する」を参照してください。

電源を入れ直したときにプロビジョニングされたVMを保持することにより、パフォーマンスを向上。[完全な構成]管理インターフェイスの [マシンカタログのセットアップ] > [ディスク設定] に、[電源サイクルをまたいで仮想マシンを保持する]設定が追加されました。この設定により、Azure環境で電源を入れ直したときに、プロビジョニングされたVMを保持できます。詳しくは、「MCSストレージ最適化」を参照してください。または、PowerShellを使用して機能を構成することもできます。詳しくは、「電源を入れ直したときにプロビジョニングされた仮想マシンを保持する」を参照してください。

Workspace Environment Management構成セットへのマシンカタログのバインド。マシンカタログを作成するときに、それをWorkspace Environment Management構成セットにバインドできるようになりました。そうすることで、Workspace Environment Managementをサービスを使用して、可能な限り最良のワークスペース環境をユーザーに提供できます。カタログの作成後にカタログをバインドすることもできます。詳しくは、「マシンカタログの作成」 および 「マシンカタログの管理」を参照してください。

2021年9月

新機能と機能強化

イメージの更新に関する説明の追加。マシンカタログイメージの更新に関連した変更に関する説明を追加できるようになりました。この機能は、カタログで使用されるイメージを更新するときに、管理者が説明ラベル(Office 365インストール済みなど)を追加するのに役立ちます。PowerShellコマンドを使用すると、これらのメッセージを作成および表示できます。詳しくは、「イメージへの説明の追加」を参照してください。

Azure VMware Solution(AVS)の統合。Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスでは、AVS(Azure VMware Solution)がサポートされています。AVSでは、Azureによって作成されたvSphereクラスターを含むクラウドインフラストラクチャが提供されます。オンプレミス環境でvSphereを使用するのと同じ方法で、Citrix Virtual Apps and DesktopsサービスでAVSを使用してVDAワークロードをプロビジョニングします。詳しくは、「Azure VMware Solutionの統合」を参照してください。

複数のカタログ用に同じリソースグループ。同じリソースグループを使用して、Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスで複数のカタログを更新および作成できるようになりました。このプロセスは:

  • 1つまたは複数のマシンカタログを含むどのリソースグループにも適用されます。
  • Machine Creation Servicesによって作成されないリソースグループをサポートしています。
  • VMと関連リソースを作成します。
  • VMまたはカタログが削除されると、リソースグループ内のリソースを削除します。

詳しくは、「Azureリソースグループ」を参照してください。

Azure VM、スナップショット、OSディスク、およびギャラリーイメージ定義の情報の取得。Azure VM、OSディスク、スナップショット、およびギャラリーイメージ定義について情報を表示できます。この情報は、マシンカタログが割り当てられている場合にマスターイメージ上のリソースに関して表示されます。この機能を使用して、LinuxまたはWindowsイメージを表示および選択します。詳しくは、「Azure VM、スナップショット、OSディスク、およびギャラリーイメージ定義の情報の取得」を参照してください。

自動構成の更新。自動構成は、次のような機能を備えた新しいバージョンに更新されました:

自動構成のその他の更新には、次のものがあります:

  • エクスポート時にオンプレミスのゾーンの名前を、バックアップ時にクラウドのリソースの場所をZoneMapping.ymlファイルに事前入力することで、ゾーンのサポートを強化しました。
  • StoreFrontは、トップレベルの管理可能コンポーネントになりました。これ以前は、StoreFrontはデリバリーグループの一部として管理されていました。この分離により、サイトのマージがより容易になります。
  • 現在のマージオプションと新しいマージオプションのパターンに一致するようにAddMachinesOnlyMergeMachinesに変更しました。
  • サポートコマンドレットでCustomerInfo.ymlを作成および更新する場合にSecurityClient.csvファイルを使用してClientIdとSecretをインポートする方法を追加しました。
  • ユーザーゾーンの優先度の移行を追加しました。
  • 日本語のコントロールプレーンのサポートが修正されました。
  • その他の修正と改善。

Citrixのダウンロードページで自動構成をダウンロードします。自動構成について詳しくは、「構成のCitrix Cloudへの移行」を参照してください。

再起動スケジュールで利用可能なスケジュールオプションを追加。[完全な構成]管理インターフェイスに、再起動の実施がスケジュールされた場合のタイミングを制御するためのオプションが追加されました。毎日の定期的な再起動スケジュールに加えて、毎週および毎月の繰り返しパターンを設定できるようになりました。詳しくは、「再起動スケジュールの作成」を参照してください。

パフォーマンスを低下させるカスタム列を保持。以前は、[完全な構成]管理インターフェイスの検索ノードで、ブラウザーウィンドウを更新するか、コンソールからいったんサインアウトし、再びサインインすると、パフォーマンスを低下させるカスタム列が表示されなくなっていました。現在は、このようなカスタム列を保持するかどうかを制御できるようになっています。詳しくは、「[完全な構成]管理インターフェイスでの[検索]の使用」を参照してください。

自動構成ツールを使用したバックアップおよび復元。[完全な構成]管理インターフェイスにノード [バックアップと復元] を追加しました。このノードには、以下に関する情報を含む、自動構成ツールに関連するすべてのリソースが集約されます:

  • コマンド1つで行われるCitrix Virtual Apps and Desktops構成の自動バックアップのスケジューリング
  • 過去のバックアップからの復元(必要に応じて)
  • バックアップと復元のきめ細かな実行
  • サポートされているその他のユースケース

詳しくは、自動構成についてのドキュメントを参照してください。

ドメイン非参加カタログのサポート。[完全な構成]管理インターフェイスの [マシンカタログのセットアップ]>[マシンID] ページにIDの種類として [ドメイン非参加] が追加されました。MCSでこの種類のIDを使用して、どのドメインにも参加していないマシンを作成できます。詳しくは、「マシンカタログの作成」を参照してください。

マシンプロファイルの使用のサポート。[完全な構成]管理インターフェイスの [マシンカタログのセットアップ]>[マスターイメージ] ページにオプションとして [マシンプロファイルを使用する] が追加されました。このオプションを使用すると、Azure環境でVMを作成するときに、VMがどのマシンプロファイルから構成を継承するかを指定できます。その後、カタログ内のVMは、指定したマシンプロファイルから構成を継承できます。構成の例として、次のようなものがあります:

  • 高速ネットワーク
  • ブート診断
  • ホストのディスクキャッシュ(OSおよびMCSIOディスク関連)
  • マシンサイズ(別途指定されていない場合)
  • VMに適用されたタグ

詳しくは、「Azure Resource Managerイメージを使用してマシンカタログを作成する」を参照してください。

Windows Server 2022のサポート:最小でVDA 2106が必要です。

2021年8月

新機能と機能強化

並べ替え可能なアイテムの数を500から5,000に拡張します。[完全な構成]管理インターフェイスの [検索] ノードで、最大5,000個のアイテムを任意の列見出しで並べ替えることができるようになりました。アイテム数が5,000を超える場合は、フィルターを使用してアイテム数を5,000以下に減らし、並べ替えを有効にします。詳しくは、「[完全な構成]管理インターフェイスでの[検索]の使用」を参照してください。

追加のAzureストレージの種類のサポート。MCSを使用するAzure環境の仮想マシンにさまざまなストレージの種類を選択することができるようになりました。詳しくは、「ストレージの種類」を参照してください。

ライトバックキャッシュディスク用のストレージの種類の選択をサポート。[完全な構成]管理インターフェイスで、MCSカタログを作成するときに、ライトバックキャッシュディスク用のストレージの種類を選択できるようになりました。使用可能なストレージの種類には、プレミアムSSD、標準SSD、および標準HDDが含まれます。詳しくは、「マシンカタログの作成」を参照してください。

一時停止したマシンのシャットダウン[管理]>[完全な構成] インターフェイスの [負荷ベースの設定] ページにある、シングルセッションOSデリバリーグループの[Autoscaleユーザーインターフェイスの管理]に、[再接続がない場合(分)] オプションを追加しました。このオプションは、[一時停止] を選択すると使用可能になり、一時停止したマシンをいつシャットダウンするかを指定できます。一時停止したマシンは、切断されたユーザーが再接続すると引き続き使用できますが、新しいユーザーは使用できません。マシンをシャットダウンすると、マシンを再び使用可能にしてすべてのワークロードを処理できます。詳しくは、「Autoscale」を参照してください。

CSVファイルを使用してマシンをカタログに一括追加する拡張サポート[管理]>[完全な構成] インターフェイスで、CSVファイルを使用して、データセンターにある既存のマシンをそれらのマシンの電源を管理しているカタログに一括で追加できるようになりました。詳しくは、「マシンカタログの作成」 および 「マシンカタログの管理」を参照してください。

2021年7月

新機能と機能強化

構成ログ[管理]>[完全な構成][ログ] ユーザーインターフェイスが変更されました。このインターフェイスは次の3つのタブで構成されています:

  • イベント(以前の構成ログ)。このタブでは、構成の変更と管理アクティビティを追跡できます。
  • タスク。このタブでは、マシンカタログ操作に関連するタスクを表示できます。
  • API。このタブでは、特定の期間中に行われたREST API要求を表示できます。

詳しくは、「構成ログ」を参照してください。

Autoscaleで、動的セッションタイムアウトのオプションを使用できるようになりました。ピーク時とオフピーク時に切断されるセッションとアイドル状態になるセッションのタイムアウトを構成して、マシンのドレインを高速化し、コストを削減できます。詳しくは、「動的セッションタイムアウト」を参照してください。

Google Cloud Platform(GCP)の顧客管理暗号キー(CMEK)のサポート。これにより、MCSカタログでGoogleのCMEKを使用できます。CMEKにより、Google Cloudプロジェクト内のデータの暗号化に使用されるキーをより詳細に制御できます。詳しくは、「顧客管理暗号キー(CMEK)」を参照してください。この機能の構成については、「顧客管理暗号化キー(CMEK)の使用」を参照してください。この機能は、[管理]>[完全な構成][マシンカタログのセットアップ]>[ディスク設定] ページで使用できます。

注:

この機能はプレビューとして提供されています。

[管理]タブを更新[管理] タブのメニューのオプションを更新しました:

  • 完全な構成:以前はこのオプションを選択すると従来のコンソールに移動していましたが、現在は、新しいWebベースのコンソール(Web Studio)に移動します。このWebベースのコンソールは、従来のコンソールと完全に同等で、いくつかの拡張機能が追加されています。今すぐこの新しいコンソールの使用を開始することをお勧めします。
  • 従来の構成:このオプションを選択すると、従来のコンソール(2021年9月に廃止予定)に移動します。2021年9月以降は、[完全な構成] が、すべての構成および管理操作にアクセスできる唯一のインターフェイスになります。

Web Studioで、リモートPCアクセスカタログの電源管理接続を選択できるようになりました。以前は、Studioを使用すれば(接続の種類として [リモートPC Wake on LAN] を選択することで)リソースの場所へのWake on LANホスト接続を作成できましたが、その接続をリモートPCアクセスカタログに関連付けるには、PowerShellを使用する必要がありました。現在は、Studioでこれを実行できるようになりました。詳しくは、「完全な構成インターフェイスを使用してWake on LANを構成する」を参照してください。

2021年6月

新機能と機能強化

Azure Shared Image Galleryからのイメージへのアクセス。マシンカタログを作成するときに、マスターイメージ画面のAzure Shared Image Galleryからイメージにアクセスできるようになりました。詳しくは、「Azure Shared Image Galleryからイメージにアクセスする」を参照してください。

Google Cloud Platform(GCP)でシールドされた仮想マシンをサポート。シールドされた仮想マシンをGCPでプロビジョニングできます。シールドされた仮想マシンは、セキュアブート、仮想トラステッドプラットフォームモジュール、UEFIファームウェア、整合性監視などの高度なプラットフォームセキュリティ機能を使用して、Compute Engineインスタンスの検証可能な整合性を提供する一連のセキュリティ制御によって強化されます。詳しくは、「シールドVM」を参照してください。

HTTPSまたはHTTPのいずれかを適用。レジストリ設定を使用して、XMLサービス経由でHTTPSまたはHTTPトラフィックを適用します。

Azure環境でのコストを削減するために、IDディスクには常に標準のSSDを使用してください。マシンカタログは、IDディスクに標準のSSDストレージの種類を使用します。Azureの標準SSDは、低IOPSレベルで安定したパフォーマンスを必要とするワークロードに最適化された、コスト効率の高いストレージオプションです。ストレージの種類について詳しくは、「Azure Resource Managerマスターイメージ」を参照してください。

注:

Azure Managed Disksの価格について詳しくは、「Managed Disksの価格」を参照してください。

Web Studioで利用可能な新機能。Webベースのコンソールで、次の機能が使用できるようになりました:

  • Studioでは、Azureに認証してサービスプリンシパルを作成することができるようになりました。Azureに認証してサービスプリンシパルを作成することにより、Azureへのホスト接続を確立できます。このサポートにより、Studioで接続を作成する前に、Azureサブスクリプションでサービスプリンシパルを手動で作成する必要がなくなります。詳しくは、「Microsoft Azure Resource Manager仮想化環境」を参照してください。

  • Studioでは、既存のマシンカタログを複製できるようになりました。この機能を使用すると、既存のマシンカタログを複製して、新しいマシンカタログのテンプレートとして使用できるため、同様のカタログを最初から作成する必要がなくなります。カタログを複製する場合、オペレーティングシステムとマシンの管理に関連する設定を変更することはできません。複製されたカタログは、元のカタログからこれらの設定を継承します。詳しくは、「カタログの複製」を参照してください。

  • [設定]という新しいノードが、Studioのナビゲーションペインで使用できるようになりました[設定] ノードでは、サイト全体(Citrix Virtual Apps and Desktopsサービス製品の環境)に適用される設定を構成できます。次の設定を使用できます:

    • マルチセッションカタログの負荷分散。ニーズに合った負荷分散オプションを選択します。この設定は、すべてのカタログに適用されます。以前は、この機能を使用するために、コンソールの右上隅にある歯車アイコンをクリックする必要がありました。詳しくは、「マシンの負荷分散」を参照してください。
  • Studioの検索エクスペリエンスの向上。このリリースでは、Studioの検索エクスペリエンスが向上しています。フィルターを使用して高度な検索を実行すると、[フィルターの追加] ウィンドウが前面に表示され、後面のビューは変更されません。詳しくは、「[完全な構成]管理インターフェイスでの[検索]の使用」を参照してください。

  • MCSでGoogle Cloud VMを一時停止および再開する機能。他のVMと同じように、MCSでGoogle Cloud VMを一時停止および再開できるようになりました。詳しくは、「デリバリーグループの管理」を参照してください。この機能を有効にするには、Google Cloudサービスアカウントでcompute.instances.suspendcompute.instances.resumeの権限を設定します。コンピューティング管理者の役割には、これらの権限が付随しています。

    Citrix Virtual Apps and Desktopsでは、PowerShellコマンドのNew-BrokerHostingPowerActionを使用してVMを一時停止および再開することもできます。詳しくは、「New-Brokerhostingpoweraction」を参照してください。

    Google Cloudは、一時停止できるインスタンスの種類と構成にいくつかの制限を適用します。詳しくは、Google Cloudサイトの「インスタンスの一時停止と再開」を参照してください。

2021年5月

新機能と機能強化

メンテナンスモードでマシンから切断した後のセッションの再接続。以前は、プールされた(ランダムな)シングルセッションデスクトップ(VDI)ユーザーがメンテナンスモードでマシンから切断された場合、プール内のどのマシンへのセッションの再接続も許可されていませんでした。マルチセッションおよび静的シングルセッションマシンの場合は、その状況で常にセッションの再接続が許可されていました。

現在、PowerShellを使用して、メンテナンスモードのマシンで切断が発生した後にセッションの再接続を許可するかどうかをデリバリーグループレベルで制御できるようになりました。これは、グループ内のすべてのVDA(シングルセッションおよびマルチセッション)に適用されます。

詳しくは、「メンテナンスモードでマシンから切断されたときのセッションの再接続の制御」を参照してください。

Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスの全エディションにおけるアプリケーションプロービングとデスクトッププロービングのサポート。既存のPremium Editionのサポートに加えて、アプリケーションプロービングとデスクトッププロービングがCitrix Virtual Apps AdvancedサービスおよびCitrix Virtual Apps and Desktops Advancedサービスで利用できるようになりました。

Web Studioで利用可能な新機能。Webベースのコンソールで、次の機能が使用できるようになりました:

  • Studioで、Azure Availability Zonesの選択がサポートされるようになりました。以前は、Azure環境の特定のアベイラビリティゾーンにマシンをプロビジョニングするには、PowerShellしか使用できませんでした。Studioを使用してマシンカタログを作成するときに、マシンをプロビジョニングするアベイラビリティゾーンを1つ以上選択できるようになりました。ゾーンが指定されていない場合、Machine Creation Services(MCS)により、Azureはマシンをリージョン内に配置します。複数のゾーンが指定されている場合、MCSはマシンをそれらにランダムに分散します。詳しくは、「指定されたアベイラビリティゾーンへのマシンのプロビジョニング」を参照してください。

Azureエフェメラルディスク。Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスは、Azureエフェメラルディスクをサポートしています。エフェメラルディスクを使用すると、キャッシュディスクを再利用して、Azure対応の仮想マシンのOSディスクを保存できます。この機能は、標準のHDDディスクよりも高性能のSSDディスクを必要とするAzure環境で役立ちます。

注:

永続カタログでは、エフェメラルOSディスクはサポートされていません。また、この機能を使用する場合は、パフォーマンスの高いディスクに追加のコストがかかることを考慮してください。追加の管理対象ディスクにお金を払う代わりに、キャッシュディスクを再利用してOSディスクを保存すると便利です。

エフェメラルOSディスクでは、プロビジョニングスキームで管理対象ディスクとShared Image Galleryを使用する必要があります。詳しくは、「Azureエフェメラルディスク」を参照してください。

Azure上のMCSで管理されるVDAのパフォーマンスが向上しました。Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスによって、Azure上のMachine Creation Services(MCS)で管理されるVDAのパフォーマンスが向上します。この機能拡張により、ホスティング接続の絶対同時アクションのデフォルト値が500に変更され、ホスティング接続の1分あたりの最大新規アクションが2,000に変更されます。この拡張機能を利用するために、手動の構成タスクは必要ありません。詳しくは、「Azureの調整」を参照してください。

Cloud Health Checkで使用可能な新機能。Cloud Health Checkは、次のような機能を備えた新しいバージョンに更新されました:

  • VDAマシンの自動検出。Cloud Health Checkは、Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスの環境からVDAを自動的に検出して取得できるようになりました。詳しくは、「VDAマシンの取得」を参照してください。

  • ヘルスチェックのスケジュール設定。Cloud Health Checkで、定期的なヘルスチェックを実行するためのスケジュールを設定できるようになりました。詳しくは、「Cloud Health Checkスケジューラ」を参照してください。

  • Cloud Health Checkのバージョン情報。使用しているCloud Health Checkのバージョンを確認できるようになりました。バージョン情報を表示するには、Cloud Health Checkのメインウィンドウの右上隅にある歯車アイコンをクリックします。

  • 自動修正。Cloud Health Checkで、実行中のマシンで識別された特定の問題の自動検出と修正がサポートされるようになりました。詳しくは、「自動修正」を参照してください。

    注:

    自動修正はプレビューとして利用できます。

2021年4月

新機能と機能強化

AWS APIを使用して動的インスタンスを取得します。Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスは、インスタンスの種類を動的に取得するようAWSにクエリを実行するようになりました。この機能により、Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスで定義されているサイズを超えるマシンサイズを使用するお客様のために、カスタムのInstanceTypes.xmlファイルを作成する必要がなくなります。この情報は、以前はInstanceTypes.xmlファイルによって提供されていました。利用可能なAWSインスタンスの種類へのこの動的アクセスを容易にするには、ユーザーはサービスプリンシパルの権限を更新して、これにec2:DescribeInstanceTypes権限を含める必要があります。サービスプリンシパルの権限を更新しないことを選択した顧客の下位互換性をサポートするために、InstanceTypes.xmlにリストされているAWSインスタンスの種類が使用されます。このプロセスにより、MCS CDFログに警告メッセージが生成されます。

注:

Citrix Studioは、CDFログに含まれる警告メッセージを表示しません。

権限について詳しくは、「IAMアクセス許可の定義」および「AWS権限について」を参照してください。

Web Studioで利用可能な新機能。Webベースのコンソールで、次の機能が使用できるようになりました:

  • Studioでユーザーのタイムゾーンの日付と時刻を表示できるようになりました。以前は、Studioではシステムのクロックとタイムゾーンに基づく日付と時刻のみが表示されていました。現在は、イベントアイテムの上にマウスポインタを置くと、ローカルのタイムゾーンの日付と時刻を表示できます。時間はUTCで表されます。

一時ストレージのないAzure VMでMCS I/Oを利用できます。MCS I/Oが、一時ディスクまたは接続されたストレージがないVMのマシンカタログ作成をサポートするようになりました。このサポートにより:

  • スナップショット(管理対象ディスク)が、一時ストレージのないソースVMから取得されます。マシンカタログ内のVMに一時ストレージがありません。
  • スナップショット(管理対象ディスク)が、一時ストレージのあるソースVMから取得されます。マシンカタログ内のVMに一時ストレージがあります。

詳しくは、「Machine Creation Services(MCS)ストレージ最適化」を参照してください。

Web Studioで利用可能な新機能。Webベースのコンソールで、次の機能が使用できるようになりました:

  • 強制ログオフ。Autoscaleでは、設定された猶予期間に達したときに、マシンに存在するセッションを強制的にログオフできるようになり、そのマシンをシャットダウンの対象にします。これにより、Autoscaleがマシンの電源をより速くオフにできるため、コストを削減できます。ユーザーをログオフする前に、ユーザーに通知を送信できます。詳しくは、「Autoscale」を参照してください。

自動構成の更新。自動構成は、次のような機能を備えた新しいバージョンに更新されました:

  • 複数のサイトのマージ - プレフィックスとサフィックスを使用して名前の衝突を回避しながら、複数のサイトを1つのサイトにマージできます。詳しくは、「複数のサイトを1つのサイトにマージする」を参照してください。

  • サイトのアクティブ化 - オンプレミスまたはクラウドの環境で再起動スケジュールや電源スキームなどのリソースを制御するかどうかを選択できます。詳しくは、「サイトのアクティブ化」を参照してください。

自動構成のその他の更新には、次のものがあります:

  • 管理者の役割とスコープを移行する機能。

  • コンソールのログ記録を抑制するための選択コマンドレットのQuietパラメーター。

  • 認証を必要とする安全なネットワークファイル共有に、CvadAcSecurity.ymlファイルを配置できるようにするSecurityFileFolderパラメーター。

  • マシンカタログおよびデリバリーグループのマシン名でフィルタリングする機能。

  • スイッチパラメーター方式を使用するためのコンポーネント選択パラメーターの改善。コンポーネント名の後に$trueを追加する必要がなくなりました。

  • サポートを受けるためにCitrixに送信する、すべてのログファイルを圧縮する新しいコマンドレット(New-CvadAcZipInfoForSupport)。

Citrixのダウンロードページで自動構成をダウンロードします。自動構成について詳しくは、「クラウドへの移行」を参照してください。

電源サイクルをまたいでGCPインスタンスを保持します。非永続的なGoogle Cloud Platform(GCP)インスタンスは、電源をオフにしても削除されなくなりました。電源サイクルをまたいでインスタンスは保持されます。非永続インスタンスの電源がオフになると、OSディスクが接続解除されて削除されます。インスタンスの電源がオンになると、OSディスクが基本ディスクから再作成され、既存のインスタンスに接続されます。

Azure Gen2イメージをサポート。Gen2スナップショットまたはGen2管理対象ディスクのいずれかを使用してGen 2 VMカタログをプロビジョニングし、起動時のパフォーマンスを向上させることができるようになりました。詳しくは、「マシンカタログの作成」を参照してください。次のオペレーティングシステムは、Azure Gen2イメージでサポートされています:

  • Windows Server 2019、2016、2012、および2012 R2
  • Windows 10

注:

Gen1スナップショットまたは管理対象ディスクを使用したGen2マシンカタログの作成はサポートされていません。同様に、Gen2スナップショットまたは管理対象ディスクを使用したGen1マシンカタログの作成もサポートされていません。詳しくは、「Azureでの第2世代仮想マシンのサポート」を参照してください。

テーブルストレージアカウントの無効化。Machine Creation Services(MCS)は、AzureでVDAをプロビジョニングするときに管理対象ディスクを使用するカタログのテーブルストレージアカウントを作成しなくなりました。詳しくは、「Azureテーブルストレージ」を参照してください。

ストレージアカウントのロックを排除。管理対象ディスクを使用してAzureでカタログを作成すると、ストレージアカウントは作成されなくなります。既存のカタログ用に作成されたストレージアカウントは変更されません。この変更は、管理対象ディスクにのみ適用されます。非管理ディスクの場合は、既存の動作に変更はありません。Machine Creation Services(MCS)は、引き続きストレージアカウントとロックを作成します。

Web Studioで利用可能な新機能。Webベースのコンソールで、次の機能が使用できるようになりました:

  • 顧客が管理する暗号化キーを使用して、マシン上のデータを暗号化します。Studioは、顧客が管理する暗号化キーと呼ばれる設定を [マシンカタログのセットアップ]>[ディスク設定] ページに追加するようになりました。この設定では、カタログでプロビジョニングされるマシンのデータを暗号化するかどうかを選択できます。詳しくは、「顧客が管理する暗号化キー」を参照してください。

  • Studioは、Autoscaleをタグ付きマシンに制限することをサポートするようになりました。以前は、Autoscaleをデリバリーグループ内の特定のマシンに制限するためにPowerShellを使用する必要がありました。Studioも使用できるようになりました。詳しくは、「デリバリーグループの特定マシンに対するAutoscaleの制限」を参照してください。

2021年3月

新機能と機能強化

Azure専用ホスト。Azure専用ホストを使用すると、一人の顧客専用のハードウェア上に仮想マシンをプロビジョニングできます。専用ホストを使用している間、Azureは、仮想マシンがそのホストで実行されている唯一のマシンであることを保証します。このため、顧客により多くの制御と可視性が提供され、規制または内部のセキュリティ要件を確実に満たすことができます。HostGroupIdパラメーターを使用する場合は、ホスティングユニットの領域に事前構成されたAzureホストグループが必要です。また、Azureの自動配置が必要です。詳しくは、「Azure専用ホスト」を参照してください。

ヒント:

Azure専用ホストを使用する場合、Azureアベイラビリティゾーンを選択しても効果はありません。仮想マシンは、Azureの自動配置プロセスによって配置されます。

Azureサーバー側の暗号化をサポート。Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスは、Azure Managed Disksの顧客が管理する暗号化キーをサポートします。このサポートにより、独自の暗号化キーを使用してマシンカタログの管理対象ディスクを暗号化して、組織およびコンプライアンスの要件を管理できます。詳しくは、「Azureサーバー側暗号化」を参照してください。

Azureの指定されたアベイラビリティゾーンにマシンをプロビジョニング。Azure環境の特定のアベイラビリティゾーンにマシンをプロビジョニングできるようになりました。この機能を使用すると、次のような利点があります:

  • Azureで1つまたは複数のアベイラビリティゾーンを指定できます。複数のゾーンが提供されている場合、マシンは形式上、提供されているすべてのゾーンに均等に分散されます。
  • 仮想マシンと対応するディスクは、指定された1つまたは複数のゾーンに配置されます。
  • 特定のサービスオファリングまたはリージョンのアベイラビリティゾーンを参照できます。有効なアベイラビリティゾーンは、PowerShellコマンドを使用して表示します。Get-Itemを使用してサービスオファリングのインベントリアイテムを表示します。

詳しくは、「Azureの指定されたアベイラビリティゾーンにマシンをプロビジョニング」を参照してください。

Web Studioで利用可能な新機能。Webベースのコンソールで、次の機能が使用できるようになりました:

  • Studioで、アプリとカスタムアイコンを関連付けることができるようになりました。以前は、PowerShellを使用して、公開アプリケーションで使用するカスタムアイコンを追加する必要がありましたが、これを、Studioを使用して行うことができるようになりました。詳しくは、「アプリケーショングループの管理」を参照してください。

  • Studioで、マシンカタログにタグを適用できるようになりました。以前は、Studioでカタログに使用するタグを作成または削除できました。ただし、タグをカタログに適用するには、PowerShellを使用する必要がありました。それが、デリバリーグループの場合と同様に、Studioを使用してタグをカタログに適用したりカタログからタグを削除したりできるようになりました。詳しくは、「マシンカタログへのタグの適用」を参照してください。

  • Studioで、「水平負荷分散」モードと「垂直負荷分散」モードの切り替えができるようになりました。以前は、水平負荷分散モードと垂直負荷分散モードを切り替えるには、PowerShellを使用するしかありませんでした。Studioにより、マルチセッションOSマシンの負荷分散方法をより柔軟に制御できるようになりました。詳しくは、「マシンの負荷分散」を参照してください。

  • Studioで、再起動スケジュールにメンテナンスモードのマシンを含めることができるようになりました。以前は、メンテナンスモードのマシンを再起動するスケジュールはPowerShellでしか構成できませんでした。Studioを使用して、これらのマシンを再起動スケジュールに含めるかを制御できるようになりました。詳しくは、「再起動スケジュールの作成」を参照してください。

  • Studioで、リモートPCアクセス用のWake on LANを構成できるようになりました。以前は、PowerShellを使用してリモートPCアクセス用にWake on LANを構成する必要がありましたが、Studioを使用して機能を構成することもできるようになりました。詳しくは、「Wake on LANの構成」を参照してください。

  • Studioで、AWSインスタンスのプロパティの適用と運用リソースのタグ付けができるようになりました。MCSを使用してAWSでマシンをプロビジョニングするカタログを作成する場合、IAMの役割とタグのプロパティをそれらのマシンに適用するかを指定できます。マシンタグを運用リソースに適用するかを指定することもできます。次の2つのオプションが使用できます:

    • マシンテンプレートのプロパティを仮想マシンに適用する
    • 運用リソースにマシンタグを適用する

    詳しくは、「AWSインスタンスのプロパティの適用および運用リソースのタグ付け」を参照してください。

Azure Shared Image Gallery。Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスは、AzureでMCSプロビジョニングされたマシンの公開イメージリポジトリとしてAzure Shared Image Galleryをサポートしています。管理者は、イメージをギャラリーに保存して、OSディスクの作成とハイドレーションを高速化することができます。このプロセスにより、非永続仮想マシンの起動時間とアプリケーションの起動時間が改善されます。この機能について詳しくは、「Azure Shared Image Gallery」を参照してください。

注:

Shared Image Galleryの機能は、管理対象ディスクと互換性があります。従来のマシンカタログでは使用できません。

マシンカタログと同じGoogle Cloud Platformリージョンで作成されたストレージバケット。以前のリリースでは、MCSは、ディスクアップロードプロセスの一部としてプロビジョニング中に一時ストレージバケットを作成していました。これらのバケットは複数のリージョンにまたがっており、Googleはこれらを2つ以上の地理的場所を含む大きな地理的領域として定義しています。これらの一時バケットは、カタログがプロビジョニングされた場所に関係なく、米国の地理的な場所に存在していました。現在MCSは、カタログをプロビジョニングするのと同じリージョンにストレージバケットを作成するようになりました。ストレージバケットは一時的なものではなくなり、プロビジョニングプロセスを完了した後も、Google Cloud Platformプロジェクト内に残ることになります。今後のプロビジョニング操作では、既存のストレージバケットがそのリージョンに存在する場合は、そのストレージバケットを使用します。指定されたリージョンにストレージバケットが存在しない場合は、新しいストレージバケットが作成されます。

2021年2月

新機能と機能強化

Azure Gen2イメージをサポート。Azure環境でGen2 VMを使用して管理対象ディスクをプロビジョニングし、起動時のパフォーマンスを向上させることができるようになりました。次のオペレーティングシステムがサポートされています:

  • Windows Server 2019、2016、2012、および2012 R2
  • Windows 10

注:

このサポートでは、VMのサブセットのみがサポートされます。たとえば、一部のVMはGen1とGen2の両方の種類にすることができ、他のVMはGen1のみにすることができます。詳しくは、「Azureでの第2世代仮想マシンのサポート」を参照してください。

マシンの再起動スケジュール。Citrix Studioの [再起動の間隔] メニューに、[セッションのドレイン後にすべてのマシンを再起動する]というオプションが追加されました。このオプションを使用すると、すべてのセッションをドレインした後にすべてのマシンを再起動するかどうかを選択できます。再起動時間に達し、すべてのセッションがログオフされると、マシンはドレイン状態になり再起動されます。詳しくは、「再起動スケジュールの作成」を参照してください。

Web Studioで利用可能な新機能。Webベースのコンソールで、次の機能が使用できるようになりました:

  • Studioで、CSVファイルを使用してマシンをカタログに一括追加できるようになりました。この機能を使用すると、CSVファイルを使用して次のことを実行できます:

    • マシンがStudioで電源管理されていない場合のマルチセッションOSまたはシングルセッションOSカタログにマシンを一括追加する。
    • リモートPCアクセスカタログにマシンを一括追加する。以前は、リモートPCアクセスカタログにマシンを一括追加するためには、OUを選択する必要がありましたが、OU構造の制限があるシナリオでは、簡単な作業ではありませんでした。この機能により、マシンを一括追加する柔軟性が得られます。(ユーザーの自動割り当てで使用するため)マシンのみを追加することも、ユーザーの割り当てとともにマシンを追加することもできます。

    詳しくは、「マシンカタログの作成」 および 「マシンカタログの管理」を参照してください。

  • Citrix Managed Azureの拡張サポート。次のCitrix Virtual Apps and Desktopsサービスエディションで、Citrix Managed Azureが利用できるようになりました:Standard for Azure、Advanced、Premium、およびWorkspace Premium Plus。

  • Azure Shared Image Galleryへのマスターイメージの配置のサポート。Studioには、マスターイメージをAzure Shared Image Gallery(SIG)に配置するオプションが用意されています。SIGは、画像を管理および共有するためのリポジトリです。これにより、組織全体で画像を利用できるようになります。大規模な永続的でないマシンカタログを作成する場合は、よりすばやくVDA OSディスクをリセットできるため、マスターイメージをSIGに保存することをお勧めします。詳しくは、「Microsoft Azure Resource Manager仮想化環境」を参照してください。

  • MCSマシンカタログ用のシステムディスクをAzureに保持します。Studioでは、電源サイクル中にVDA用のシステムディスクを保持するかどうかを制御できるようになりました。通常、システムディスクはシャットダウン時に削除され、スタートアップ時に再作成されます。これにより、ディスクは常にクリーンな状態になりますが、VMの再起動時間が長くなります。システムからの書き込みがキャッシュにリダイレクトされ、キャッシュディスクに書き戻される場合、システムディスクは変更されません。不要なディスクが再作成されないようにするには、[マシンカタログのセットアップ]>[ディスク設定]ページにある [電源サイクル中にシステムディスクを保持する] オプションを使用します。このオプションを有効にすると、VMの再起動時間は短縮されますが、ストレージコストは増加します。このオプションは、再起動時間に注意が必要なワークロードが環境に含まれているシナリオで役立ちます。詳しくは、「MCSストレージ最適化」を参照してください。

  • Studioで、永続的なライトバックキャッシュディスクのMCSマシンカタログの作成がサポートされるようになりました。これまでは、永続的なライトバックキャッシュディスクのカタログを作成するには、PowerShellを使用するしかありませんでした。現在はStudioを使用して、カタログの作成時にAzureでプロビジョニングされたVMに対してライトバックキャッシュディスクを保持するかどうかを制御できるようになっています。無効にすると、ストレージコストを節約するために、各電源サイクル中にライトバックキャッシュディスクが削除され、ディスクにリダイレクトされたデータはすべて失われます。データを保持するには、[マシンカタログのセットアップ]>[ディスク設定]ページにある [永続的なライトバックキャッシュディスクを使用する] オプションを有効にします。詳しくは、「MCSストレージ最適化」を参照してください。

StoreFrontを使用したCitrix Virtual Apps and DesktopsサービスのApp Protectionのサポート。詳しくは、「App Protection」を参照してください。

2021年1月

Web Studioで利用可能な新機能。Webベースのコンソールで、次の機能が使用できるようになりました:

  • Studioで、アプリとカスタムアイコンを関連付けることができるようになりました。以前は、PowerShellを使用して、公開アプリケーションで使用するカスタムアイコンを追加する必要がありましたが、これを、Studioを使用して行うことができるようになりました。詳しくは、「アプリケーショングループの管理」を参照してください。

  • Studioで、マシンカタログにタグを適用できるようになりました。以前は、Studioでカタログに使用するタグを作成または削除できました。ただし、タグをカタログに適用するには、PowerShellを使用する必要がありました。それが、デリバリーグループの場合と同様に、Studioを使用してタグをカタログに適用したりカタログからタグを削除したりできるようになりました。詳しくは、「マシンカタログへのタグの適用」を参照してください。

  • Studioで、「水平負荷分散」モードと「垂直負荷分散」モードの切り替えができるようになりました。以前は、水平負荷分散モードと垂直負荷分散モードを切り替えるには、PowerShellを使用するしかありませんでした。Studioにより、マルチセッションOSマシンの負荷分散方法をより柔軟に制御できるようになりました。詳しくは、「マシンの負荷分散」を参照してください。

  • Studioで、再起動スケジュールにメンテナンスモードのマシンを含めることができるようになりました。以前は、メンテナンスモードのマシンを再起動するスケジュールはPowerShellでしか構成できませんでした。Studioを使用して、これらのマシンを再起動スケジュールに含めるかを制御できるようになりました。詳しくは、「再起動スケジュールの作成」を参照してください。

  • Studioで、リモートPCアクセス用のWake on LANを構成できるようになりました。以前は、PowerShellを使用してリモートPCアクセス用にWake on LANを構成する必要がありましたが、Studioを使用して機能を構成することもできるようになりました。詳しくは、「Wake on LANの構成」を参照してください。

  • Studioで、AWSインスタンスのプロパティの適用と運用リソースのタグ付けができるようになりました。MCSを使用してAWSでマシンをプロビジョニングするカタログを作成する場合、IAMの役割とタグのプロパティをそれらのマシンに適用するかを指定できます。マシンタグを運用リソースに適用するかを指定することもできます。次の2つのオプションが使用できます:

    • マシンテンプレートのプロパティを仮想マシンに適用する
    • 運用リソースにマシンタグを適用する

    詳しくは、「AWSインスタンスのプロパティの適用および運用リソースのタグ付け」を参照してください。

  • AWS専用ホスト。Citrix Studioの [マシンカタログのセットアップ]>[セキュリティ] ページに、[専用のホストを使用する] というオプションが追加されました。この設定は、ライセンス制限やセキュリティ要件により、専用ホストを使用する必要がある展開に適しています。専用のホストを使用すると、物理ホスト全体を所有することになり、時間単位で課金されます。ホストを所有すると、追加料金なしで、そのホストが許可する数のEC2インスタンスをスピンアップできます。詳しくは、「AWSテナント」を参照してください。

  • Studioで、再起動スケジュールをすぐに実行できるようになりました。Studioでは、再起動スケジュールをすぐに実行し、そのスケジュールで該当するすべてのマシンを再起動できるようになりました。詳しくは、「再起動スケジュールの即時実行」を参照してください。

  • Autoscale。Autoscaleは、次の新機能と拡張機能を提供します:

    • Studioで、ドレイン状態のマシンを表示できるようになりました。以前は、PowerShellでしかドレイン状態のマシンを特定できませんでした。Studioを使用して、ドレイン状態のマシンを特定できるようになりました。詳しくは、「ドレイン状態のマシンの表示」を参照してください。

    • Studioで、VDIデリバリーグループのピーク時間を30分の細かいレベルで定義できるようになりました。以前は、スケジュールに含まれる日のピーク時間を30分の細かいレベルで定義するには、PowerShellコマンドを使用する必要がありました。これを、Studioを使用して行うことができるようになりました。VDIデリバリーグループで実行する最小マシン数を、各日の30分ごとに個別に設定できます。

Azure Shared Image Gallery。Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスは、AzureでMCSプロビジョニングされたマシンの公開イメージリポジトリとしてAzure Shared Image Galleryをサポートしています。管理者は、イメージをギャラリーに保存して、マスターイメージからのOSディスクの作成とハイドレーションを高速化することができます。このプロセスにより、非永続仮想マシンの起動時間とアプリケーションの起動時間が改善されます。

ギャラリーには、次の3つの要素が含まれています:

  • ギャラリー。イメージはここに保存されます。MCSは、マシンカタログごとに1つのギャラリーを作成します。
  • ギャラリーイメージの定義。この定義には、マスターイメージに関する情報(オペレーティングシステムの種類と状態、Azureリージョン)が含まれます。MCSは、カタログ用に作成されたマスターイメージごとに1つのイメージ定義を作成します。
  • ギャラリーイメージバージョン。Shared Image Galleryの各イメージには複数のバージョンを含めることができ、各バージョンには異なるリージョンに複数のレプリカを含めることができます。各レプリカは、マスターイメージの完全なコピーです。Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスでは、カタログのリージョンにおいて適切なレプリカ数を持つ各イメージに対して、Standard_LRSイメージバージョン(バージョン1.0.0)が常に1つ作成されます。この構成は、カタログ内のマシンの数、構成されたレプリカの比率、および構成されたレプリカの最大数に基づいています。

注:

Shared Image Gallery機能は、管理対象ディスクでのみ機能します。従来のマシンカタログでは使用できません。

この機能について詳しくは、「Shared Image Galleryを構成する」を参照してください。

マシンカタログと同じGoogle Cloud Platformリージョンで作成されたストレージバケット。以前のリリースでは、MCSは、ディスクアップロードプロセスの一部としてプロビジョニング中に一時ストレージバケットを作成していました。これらのバケットは複数のリージョンにまたがっており、Googleはこれらを2つ以上の地理的場所を含む大きな地理的領域として定義しています。これらの一時バケットは、カタログがプロビジョニングされた場所に関係なく、米国の地理的な場所に存在していました。現在MCSは、カタログをプロビジョニングするのと同じリージョンにストレージバケットを作成するようになりました。ストレージバケットは一時的なものではなくなり、プロビジョニングプロセスを完了した後も、Google Cloud Platformプロジェクト内に残ることになります。今後のプロビジョニング操作では、既存のストレージバケットを使用します。既存のストレージバケットがそのリージョンに存在する場合はそれが使用され、指定されたリージョンにストレージバケットが存在しない場合は新しいストレージバケットが作成されます。

停止中にプールされたVDAを再利用するようにデフォルトを設定するPowerShellオプション。新しいPowerShellコマンドオプション(-DefaultReuseMachinesWithoutShutdownInOutage)を使用すると、停止中にシャットダウンされなかったプールデスクトップVDAを再利用するデフォルト設定になります。「アプリケーションとデスクトップのサポート」を参照してください。

Google Cloud Platformのオンデマンドプロビジョニング。Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスでは、Google Cloud Platform(GCP)がマシンカタログをプロビジョニングする方法が更新されます。マシンカタログを作成する場合、対応するマシンインスタンスはGCPで作成されず、電源状態はOFFに設定されます。マシンは、カタログの作成時にプロビジョニングされるのではなく、マシンの電源が最初にオンになったときにプロビジョニングされます。たとえば、カタログを作成すると、仮想マシンの電源状態が オフに設定されます:

Studioを使用したGCPのオンデマンドプロビジョニング

2020年12月

新機能と機能強化

Web Studioはプレビューとして利用できます。新しいWebベースのコンソールが利用可能になりました。現在、Studioの全機能を従来のコンソールから新しいWebベースのコンソールに移行中です。Webベースのコンソールは通常、従来のコンソールよりも速く応答します。デフォルトでは、Webベースのコンソールに自動的にログオンします。[管理] タブ内からWebベースのコンソールと従来のコンソールを簡単に切り替えて、構成タスクやサイト管理タスクを実行できます。[管理] の横にある下矢印をクリックして、以下のいずれかのオプションを選択します:

  • Web Studio(プレビュー):新しいWebベースのコンソールに移動します。
  • 完全な構成:従来のコンソールに移動します。

タブメニューの管理

次の機能は、Webベースのコンソールでのみ使用できます:

  • Azureの標準SSDタイプのディスクのサポート。Studioに、標準SSDタイプのディスクに対するサポートが追加されました。Azureの標準SSDは、低IOPSレベルで安定したパフォーマンスを必要とするワークロードに最適化された、コスト効率の高いストレージオプションです。詳しくは、「Azure Resource Managerマスターイメージを使用してマシンカタログを作成する」を参照してください。

  • Studioでは、静的なVDIデリバリーグループにおける電源オフの遅延の構成をサポートするようになりました。これまでは、静的なVDIデリバリーグループにおける電源オフの遅延の構成は、PowerShell SDKを介して実行していました。現在Studioでは、静的なVDIデリバリーグループの電源オフの遅延を、Autoscaleユーザーインターフェイスで構成できるようになりました。詳しくは、「Autoscale」を参照してください。

2020年10月

新機能と機能強化

複数のハイパーバイザー通知を破棄します。Citrix Monitorは、2日以上経過したハイパーバイザー通知の自動破棄をサポートするようになりました。詳しくは、「ハイパーバイザーアラートの監視」を参照してください。

外部IPアドレスを削除します。Google Cloud Platform(GCP)でプロビジョニングされたイメージを準備するためには一時的なVMの外部IPアドレスが必要であるという要件がなくなりました。この外部IPアドレスにより、一時的なVMはGoogleパブリックAPIにアクセスして、プロビジョニングプロセスを完了することができます。

VMがサブネットから直接GoogleパブリックAPIにアクセスできるようにするには、プライベートGoogleアクセスを有効にします。詳しくは、「Googleプライベートアクセスの有効化」を参照してください。

新しいモデルではマシンIDの管理方法を改善しています。マシンカタログで使用されるマシンIDは、Active Directoryを使用して管理および保守されてきました。今後、MCSによって作成されたすべてのマシンはActive Directoryに参加します。新しいCitrix Virtual Apps and Desktopsサービスモデルでは、マシンIDの管理方法を改善しています。このモデルでは、ワークグループまたはドメイン非参加マシンを使用して、マシンカタログを作成できます。

ヒント:

この機能は、ドメイン非参加マシン用にCitrix Cloudに追加された新しいIDサービスであるFMAトラストをサポートしています。

MCSは、ID管理のために新しいFMAトラストサービスと通信します。ID情報は、Active Directoryで使用されるドメインのSID(セキュリティ識別子)とマシンアカウントのパスワードのパラダイムではなく、GUIDと秘密キーのペアとして、IDディスクに保存されます。ドメイン非参加マシンを使用するVDAは、ブローカーの登録にこのGUIDと秘密キーの組み合わせを使用します。詳しくは、「ドメイン非参加カタログのサポートの構成」を参照してください。

Azure管理対象ディスクに直接アップロードを使用します。このリリースでは、Azure環境で管理対象ディスクを作成するときに直接アップロードを使用できます。この機能により、追加のストレージアカウントに関連するコストが削減されます。管理対象ディスクに変換する前に、VHDをストレージアカウントにステージングする必要がなくなりました。また、直接アップロードにより、空の管理対象ディスクを仮想マシンに接続する必要がなくなります。Azure管理対象ディスクに直接アップロードすると、オンプレミスのVHDを直接コピーして管理対象ディスクとして使用できるため、ワークフローが簡素化されます。サポートされている管理対象ディスクには、標準HDD、標準SSD、およびプレミアムSSDなどがあります。

この機能について詳しくは、Microsoft Azureのブログを参照してください。

Azure Managed Disksについて詳しくは、このドキュメントページを参照してください。

Azureの単一のリソースグループ。Citrix Virtual Apps and Desktopsでカタログを更新および作成するための単一のAzureリソースグループを作成して使用できるようになりました。この拡張機能は、フルスコープと狭いスコープの両方のサービスプリンシパルに適用されます。 以前の、Azureリソースグループごとに仮想マシンは240、管理対象ディスクは800という数の制限はなくなりました。AzureリソースグループごとのVM、管理対象ディスク、スナップショット、およびイメージの数の制限はなくなりました。

詳しくは、「Microsoft Azure Resource Manager仮想化環境」を参照してください。

2020年9月

新機能と機能強化

クイック展開。新しいクイック展開機能は、以前のAzureクイック展開に置き換わるものです。この新機能は、Microsoft Azureを使用してCitrix Virtual Apps and Desktopsサービスを開始するための迅速な方法を提供します。クイック展開を使用して、デスクトップとアプリを配信し、リモートPCアクセスを構成できます。

セッション管理者(組み込みの役割)。Citrix Studioには、新しい組み込みの役割としてセッション管理者が追加されました。この役割により、管理者は [監視] タブの [フィルター] ページでデリバリーグループを表示し、関連するセッションとマシンを管理できます。この機能を使用すると、既存の管理者または招待した管理者のアクセス権限を、組織での役割に合わせて構成できます。組み込みの役割について詳しくは、「組み込みの役割とスコープ」を参照してください。組み込みの役割を管理者に割り当てる方法については、「委任管理と監視」を参照してください。

セッションとマシンに関連する [フィルター] ページへのアクセスをさらに詳細に制御するには、カスタム役割を作成し、Directorオブジェクトについて次のいずれかを選択します:[フィルターページの表示 - マシンのみ][フィルターページの表示 - セッションのみ]。カスタム役割の作成について詳しくは、「役割の作成と管理」を参照してください。

新しいマシンの種類のサポート。このリリースでは、マシンカタログ用にプレミアムディスクを構成するときに使用できる、AMDマシンのNV v4およびDA v4シリーズがサポートされるようになりました。詳しくは、「デリバリーグループの作成」を参照してください。

2020年8月

新機能と機能強化

停止状態中にRemote PowerShell SDKへのアクセスを制限。以前は、停止状態中にPowerShellコマンドを使用できませんでした。現在、ローカルホストキャッシュにより、停止状態中にRemote PowerShell SDKへのアクセスを制限できます。「停止状態中にできなくなること」を参照してください。

2つの新しいCitrix Virtual Apps and Desktopsサービスエディションのサポート。Citrix Monitorは現在、2つの新しいCitrix Virtual Apps and Desktopsサービスエディション、すなわち、Citrix Virtual Apps AdvancedサービスCitrix Virtual Apps and Desktops Advancedサービスをサポートしています。詳しくは、Citrix Monitorの「機能の互換性マトリックス」を参照してください。

Google Cloud Platformでの共有仮想プライベートクラウド(VPC)のサポート。Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスは、Google Cloud Platform上の共有VPCをホストリソースとしてサポートするようになりました。マシン作成サービス(MCS)を使用して、共有VPC内のマシンをプロビジョニングし、Citrix Studioを使用して管理できます。共有VPCについて詳しくは、「共有仮想プライベートクラウド」を参照してください。

Google Cloud Platformのゾーン選択のサポート。Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスでは、Google Cloud Platformでのゾーン選択がサポートされています。この機能により、管理者はカタログ作成のために、リージョン内の1つまたは複数のゾーンを指定できます。

単一テナントタイプのVMの場合、ゾーン選択により、管理者は選択したゾーン間に単一のテナントノードを配置できます。単一ではないテナントタイプのVMの場合、ゾーンの選択により、選択したゾーン間にVMを確定的に配置できるため、環境を柔軟に設計できます。構成情報については、「ゾーン選択の有効化」を参照してください。

また、次の点についても考慮してください:

  • 単一テナントにより、単一テナントノードに排他的にアクセスできます。単一テナントノードは、プロジェクトのVMのみをホストする専用の物理的なCompute Engineサーバーです。これらのノードにより、同じハードウェア上でVMをグループ化したり、他のプロジェクトのVMから分離したりできます。

  • 単一テナントノードにより、ライセンス持ち込み(BYOL)シナリオ専用のハードウェア要件を満たすことができます。また、単一テナントノードにより、ネットワークアクセスコントロールポリシー、セキュリティ、およびHIPAAなどのプライバシー要件に準拠できます。

注:

単一テナントは、Google CloudでWindows 10 VDI環境を使用する唯一の方法です。サーバーVDIはこの方法もサポートしています。単一テナントの詳細は、Googleドキュメントサイトで説明しています。

Azureシステムディスクの起動パフォーマンスが向上しました。このリリースでは、MCSIOが有効な場合、Azureを使用したCitrix Cloud実装の起動パフォーマンスが向上しています。このサポートにより、システムディスクを保持できます。これには、次のような利点があります:

  • ゴールデンイメージの提供と同様のパフォーマンスで、仮想マシンとアプリケーションを起動できます。
  • VMの削除時に発生していた、APIクォータ消費、システムディスクの削除と作成、状態遷移の遅延が軽減されます。

たとえば、New-ProvSchemeコマンドでPowerShellカスタムプロパティPersistOSDiskを使用してこの機能を構成します。

-CustomProperties '<CustomProperties xmlns="http://schemas.citrix.com/2014/xd/machinecreation" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
<Property xsi:type="StringProperty" Name="UseManagedDisks" Value="true" />
<Property xsi:type="StringProperty" Name="StorageAccountType" Value="Premium_LRS" />
<Property xsi:type="StringProperty" Name="ResourceGroups" Value="benvaldev5RG3" />
<Property xsi:type="StringProperty" Name="PersistOsDisk" Value="true" />
</CustomProperties>'
<!--NeedCopy-->

構成について詳しくは、「起動パフォーマンスの向上」を参照してください。

2020年7月

新機能と機能強化

[フィルター]ページへの詳細な、役割ベースのアクセスをサポート。Citrix Studioでは、カスタム役割を作成する場合の [モニター]>[フィルター] ページへのアクセスをより詳細に制御できるようになりました。具体的には、任意の組み合わせでマシンセッション接続アプリケーションインスタンスを表示する権限を、カスタム役割に割り当てることができます。[役割の作成] ウィンドウの [Director] オブジェクトには、次の4つのオプションが追加されています:

  • フィルターページの表示 - アプリケーションインスタンスのみ
  • フィルターページの表示 - 接続のみ
  • フィルターページの表示 - マシンのみ
  • フィルターページの表示 - セッションのみ

役割の作成については、「役割の作成と管理」を参照してください。

割り当てられたVDIマシンで電源オフの遅延をサポート(PowerShellのみ)。以前のリリースでは、電源オフの遅延は、割り当てられていないマシンにのみ適用されていました。このリリース以降、電源オフの遅延は、マシンが割り当て済みかどうかにかかわらず適用されます。詳しくは、「Autoscaleによるマシンの電源管理方法」を参照してください。

Windowsクライアントライセンスをサポート。Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスで、Windowsクライアントライセンスを使用してAzureに仮想マシンをプロビジョニングできるようになりました。Windows 10のVMをAzureで実行するには、マイクロソフトとのボリュームライセンス契約がこの使用に適格であることを確認してください。詳しくは、「Azure Resource Managerマスターイメージを使用してマシンカタログを作成する」を参照してください。

2020年5月

新機能と機能強化

マシンの再起動スケジュール。再起動スケジュールがメンテナンスモードのマシンに影響するかどうかを指定できるようになりました。この機能は、PowerShellのみで利用可能です。詳しくは、「メンテナンスモードのマシンのスケジュールされた再起動」を参照してください。

リソースの可用性。すべてのゾーン(リソースの場所)でリソースを公開することなく、停止状態中にリソースの可用性を確保できるようになりました。詳しくは、「リソースの可用性」を参照してください。

2020年4月

新機能と機能強化

VDIデリバリーグループのスケジューリング精度が向上しました(PowerShellのみ)。Autoscaleでは、スケジュールに含まれる日のピーク時間を、30分の細かいレベルで定義できるようになりました。VDIデリバリーグループで実行する最小マシン数を、各日の30分ごとに個別に設定できます。また、Autoscaleでは、VDIデリバリーグループの電源がオンになっているマシンの数を、時間単位ではなく30分単位でスケールアップまたはダウンできるようになりました。詳しくは、「Broker PowerShell SDKコマンド」を参照してください。

MTU Discovery。CitrixのプロトコルEnlightened Data Transport(EDT)に、MTU Discovery機能が導入されました。MTU Discoveryを使用すると、EDTでセッションのペイロードサイズを自動的に判断して設定させることができます。この機能により、ICAセッションは、標準以外の最大伝送ユニット(MTU)または最大セグメントサイズ(MSS)要件を持つネットワークに調整できます。この調整機能によって、パフォーマンスの低下やICAセッションの確立失敗となる可能性のある、パケットのフラグメンテーションが防止されます。この更新には、Windows向けCitrix Workspaceアプリ1911以上が必要です。Citrix Gatewayを使用している場合、Citrix ADCファームウェアの最小バージョンは13.0.52.24または12.1.56.22です。詳しくは、「EDT MTU Discovery」を参照してください。

2020年3月

新機能と機能強化

PVSターゲットデバイスメトリック。Citrix Monitorは、[マシンの詳細]ページにPVSターゲットデバイスメトリックパネルを配置するようになりました。パネルを使用して、シングルセッションOSおよびマルチセッションOSマシンのProvisioningターゲットデバイスの状態を表示します。このパネルでは [ネットワーク]、[起動]、[キャッシュ] のさまざまなメトリックを表示できます。これらのメトリックは、PVSターゲットデバイスを監視およびトラブルシューティングして、PVSターゲットデバイスが稼働していることを確認するのに役立ちます。詳しくは、「PVSターゲットデバイスメトリック」を参照してください。

AWSインスタンスプロパティのキャプチャ。MCSはAMIが作成されたインスタンスからプロパティを読み取り、マシンのIAMの役割およびタグを目的のカタログにプロビジョニングされたマシンに適用します。このオプション機能を使用する場合、カタログ作成プロセスでは、選択したAMIソースインスタンスが検索され、限定されたプロパティセットが読み取られます。これらのプロパティは、そのカタログのマシンをプロビジョニングするために使用されるAWS起動テンプレートに保存されます。カタログ内のすべてのマシンがキャプチャされたインスタンスのプロパティを継承します。詳しくは、「AWSインスタンスプロパティのキャプチャ」を参照してください。

AWS運用リソースのタグ付け。このリリースでは、プロビジョニング中にCitrixコンポーネントで作成されたリソースにタグ付けするオプションを導入します。各タグは、顧客定義のキーおよびオプションの値で構成されたラベルで、より適切にリソースを管理、検索、フィルターするために役立ちます。詳しくは、「AWS運用リソースのタグ付け」を参照してください。

Azureストレージでの安全な転送。Machine Creation Services(MCS)では、Azure Resource Manager環境でMCSプロビジョニングカタログによって作成されたストレージアカウントの機能が拡張されました。この拡張機能は、[安全な転送が必須]プロパティを自動的に有効にします。このオプションは、セキュリティで保護された接続からのアカウントへの要求のみを許可にするため、ストレージアカウントのセキュリティが強化されます。詳しくは、Microsoft社のサイトで「セキュリティで保護された接続を確保するために安全な転送を要求する」を参照してください。

Azureのストレージアカウントを作成するときに [安全な転送が必須] プロパティを有効にします:

Azureストレージアカウントの作成

Azure SSD Managed Disksのサポート。Machine Creation Services(MCS)は、Azure仮想マシンでStandard SSD Managed Disksをサポートします。このディスクの種類は安定したパフォーマンスを提供し、HDDディスクよりも優れた可用性を提供します。詳しくは、「Standard SSD Disks for Azure Virtual machine workloads」を参照してください。

New-ProvSchemeコマンドまたはSet-ProvSchemeコマンドでPowerShell StorageAccountTypeカスタムプロパティを使用してこの機能を構成します:

<Property xsi:type=`"StringProperty`" Name=`"UseManagedDisks`" Value=`"true`" /><Property xsi:type=`"StringProperty`" Name=`"StorageAccountType`" Value=`"StandardSSD_LRS`" /><Property xsi:type=`"StringProperty`" Value=`"Windows_Server`" />
<!--NeedCopy-->

注:

この機能は、カスタムプロパティUseManagedDiskstrueに設定されているときのみ利用できます。非管理ディスクの場合、標準HDDやプレミアムSSDのみがサポートされています。

2020年1月

新機能と機能強化

Citrix Studioの言語バー。このリリース以降、Citrix Studioでは正しいキーボードマッピングを容易にする言語バーを使用できます。

  • Citrix Cloudの言語またはブラウザーの表示言語が英語または日本語に設定されている場合、言語バーが表示されないことがあります。
  • Citrix Cloudの言語またはブラウザーの表示言語がドイツ語スペイン語、またはフランス語に設定されている場合、言語バーはCitrix Studioへのログオン後に表示されます。言語バーの一覧には、2つの言語オプションがあります。ブラウザーの最上位の言語に一致するオプションを選択します。

    ヒント:

    -  Settings that you configure for the language bar might not take effect. In this case, log out and log back on.
    -  You might fail to input certain symbols and localized characters by using the language bar. To resolve the issue, you need to configure the language of Citrix Cloud, the display language of your browser, and the local keyboard layout. For more information, see Knowledge Center article [CTX310743](https://support.citrix.com/article/CTX310743).
    

再起動スケジュールの最大遅延タイマー(PowerShellのみ)。サイト構成データベースの停止が原因でデリバリーグループのマシンのスケジュールされた再起動が開始されない場合、スケジュールされた開始時間後の待機時間を指定できます。その時間内にデータベース接続が復元されると、再起動が開始されます。その時間内に接続が復元されない場合、再起動は開始されません。詳しくは、「データベースの停止によるスケジュールされた再起動の遅延」を参照してください。

垂直負荷分散(PowerShellのみ)。以前は、サービスではすべてのRDS起動に水平負荷分散が使用されており、受信の負荷を負荷が最小であるRDSマシンに割り当てていました。これは引き続きデフォルトの動作です。現在は、PowerShellを使用して、垂直負荷分散をサイト全体の設定として有効化できるようになりました。

垂直負荷分散が有効になっている場合、ブローカーは、負荷が最大であり、まだ最高ウォーターマークに達していないマシンに受信の負荷を割り当てます。これにより、既存のマシンが飽和状態になった後、新しいマシンに移ります。ユーザーが既存のマシンを切断して解放すると、それらのマシンに新しい負荷が割り当てられます。

デフォルトでは、水平負荷分散が有効になっています。垂直負荷分散を表示、有効化、または無効化する場合に、Get-BrokerSiteおよびSet-BrokerSiteコマンドレットがUseVerticalScalingForRdsLaunches設定をサポートするようになりました。詳しくは、「デリバリーグループのマシンの負荷管理」を参照してください。

2019年12月

新機能と機能強化

Citrix Service Providers(CSP)向けサービス。CSPでは、テナント顧客をVirtual Apps and Desktopsサービスにオンボードして、サービスへの顧客管理者アクセス権を構成し、フェデレーションドメインを使用して顧客のユーザーに共有または専用のワークスペースを提供できるようになりました。詳しくは、「Citrix Service Provider用のCitrix Virtual Apps and Desktopsサービス」を参照してください。

マシンがメンテナンスモードになっている原因の判別をサポート(PowerShellのみ)。PowerShellを使用して、マシンがメンテナンスモードになっている理由を特定できるようになりました。これを行うには、パラメーター-MaintenanceModeReasonを使用します。この機能は、メンテナンスモードでのマシンの問題のトラブルシューティングを管理者が行う場合に役立ちます。詳しくは、https://developer-docs.citrix.com/projects/citrix-virtual-apps-desktops-sdk/en/latest/Broker/Get-BrokerMachine/を参照してください。

Autoscale。Autoscaleに、マシンを動的に作成および削除する機能が備わりました。PowerShellスクリプトを使用して、この機能を利用できます。このスクリプトで、現在の負荷条件に基づいて、デリバリーグループ内のマシンの数を動的にスケールアップまたはスケールダウンできます。詳しくは、「Autoscaleによるマシンの動的プロビジョニング」を参照してください。

2019年11月

新機能と機能強化

GroomStartHour。[監視]でGroomStartHourをサポートするようになりました。管理者がグルーミングの実行を開始する時間を設定できる新しい構成です。詳しくは、Citrix Virtual Apps and Desktops SDKドキュメントを参照してください。

OData Pagination。[監視]でOData Paginationをサポートするようになりました。すべてのOData v4エンドポイントは、応答で1ページあたり最大100レコードと次の100レコードへのリンクを返します。詳しくは、「Accessing Monitor Service data using the OData v4 endpoint in Citrix Cloud」を参照してください。

2019年10月

新機能と機能強化

App-V。App-V機能がCitrix Cloudで利用可能になりました。シングル管理モードまたはデュアル管理モードで、App-VパッケージをCitrix Cloud構成のDelivery Controllerに追加できます。Virtual Apps and Desktops Service App-Vパッケージ検出モジュールCitrixのダウンロードページで入手して、App-Vパッケージをインポートし、Microsoft App-Vサーバーを登録できます。ユーザーはパッケージに含まれるアプリを使用できるようになります。このPowerShellモジュールを使用すると、DNS URLを使用してMicrosoft App-V管理サーバーと公開サーバーを登録できるため、負荷分散メカニズムのサーバーを実際のマシンURLを使用して登録する必要がなくなります。詳しくは、「App-Vパッケージおよびサーバー用のCitrix Virtual Apps and Desktopsサービス検出モジュール」を参照してください。

Google Cloud Platform。Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスは、Google Cloud Platform(GCP)でマシンをプロビジョニングするためにMachine Creation Services(MCS)を使用するためのサポートを追加しました。詳しくは、「Google Cloud Platform仮想化環境」を参照してください。

2019年9月

新機能と機能強化

Azure Virtual DesktopのVDAサポート。サポートされているオペレーティングシステムとVDAバージョンについては、「Azure Virtual Desktop環境のVDA」を参照してください。

拡張された電源ポリシー。以前のリリースでは、アクション(切断アクション=「一時停止」または「シャットダウン」)が必要となる時間帯に入ったVDIマシンの電源がオンのままになっていました。このシナリオは、操作(切断アクション =「何もしない」)が不要な期間(ピーク時またはオフピーク時)にマシンが切断された場合に発生しました。

このリリース以降では、指定した切断時間が経過すると、Autoscaleはマシンを一時停止または電源をオフにします。これは、その期間に対して構成された切断アクションによって異なります。詳しくは、「セッションが切断された状態で異なる期間に移行するVDIマシンの電源管理」を参照してください。

マシンカタログ:タグ。PowerShellを使用して、マシンカタログにタグを適用できるようになりました。詳しくは、「マシンカタログへのタグの適用」を参照してください。

セッションの開始時間。モニターはセッションの開始時間をWorkspaceアプリのセッションとVDAのセッションの開始時間に分けて表示するようになりました。このデータはセッションの開始時間が長い場合に問題を把握し、トラブルシューティングを行うのに役立ちます。また、セッションの開始プロセスを構成する各フェーズの実行時間の情報は、それぞれのフェーズに関連する問題のトラブルシューティングに有効です。たとえば、ドライブマッピング時間が長い場合は、有効なすべてのドライブがGPOやスクリプトで正しくマップされているかどうかを確認できます。この機能はVDAバージョン1903以降で使用できます。詳しくは、「セッション開始時の問題の診断」を参照してください。

2019年8月

新機能と機能強化

セッションの自動再接続[傾向]タブの[セッション]ページに、自動再接続数に関する情報が追加されました。自動再接続は、[セッション画面の保持]ポリシーまたは[クライアントの自動再接続]ポリシーが有効な場合に実行されます。自動再接続の情報は中断が発生したネットワーク接続の確認やトラブルシューティングに役立つだけでなく、シームレスなネットワークの分析にも活用できます。

ドリルダウンではセッション画面の保持やクライアントの自動再接続、タイムスタンプ、エンドポイントのIP、Workspaceアプリがインストールされているマシンのエンドポイント名などの詳しい情報を確認できます。この機能は、Windows向けCitrix Workspaceアプリ、Mac向けCitrix Workspaceアプリ、Citrix Receiver for Windows、およびCitrix Receiver for Macで使用できます。この機能を使用するには、VDA 1906以降が必要です。詳しくは、次のトピックを参照してください:

2019年7月

新機能と機能強化

構成ログ。Remote PowerShell SDKを使用して、構成ログデータベースのコンテンツを定期的に削除できるようになりました。詳しくは、「定期的なデータ削除のスケジュール」を参照してください。

Autoscale。Autoscaleには、デリバリーグループ内のマシンのサブセットのみを電源管理できる柔軟性があります。この機能はクラウドの処理が増大した場合に有用であり、クラウドベースのリソースで他の需要(バーストワークロード)が発生する前にオンプレミスのリソースを使用してワークロードを処理できます。詳しくは、「デリバリーグループの特定マシンに対するAutoscaleの制限」を参照してください。

ローカルアプリアクセスとURLリダイレクト。Citrix Studioでは、PowerShell SDKを使用して、サイトのStudioユーザーインターフェイスに[ローカルアプリアクセスアプリケーションの追加]オプションを追加できるようになりました。詳しくは、「公開アプリケーションへのアクセスのみを提供する」を参照してください。

オペレーティングシステム名の変更[マシンカタログの作成]>[マシンカタログのセットアップ]>[オペレーティングシステム] ページおよび [監視] ページのオペレーティングシステム名が変更されました:

  • マルチセッションOS(サーバーOSの新名称):マルチセッションOSのマシンカタログでは、ユーザーにサーバーの共有デスクトップを提供できます。標準化されたWindowsマルチセッションOSまたはLinux OSマシンの大規模展開に適しています。
  • シングルセッションOS(デスクトップOSの新名称):シングルセッションOSマシンカタログでは、ユーザーの種類に応じて最適なVDIデスクトップを提供できます。

Citrix Profile Managementのプロファイルのロード時間。[監視]では、ログオン期間グラフの[プロファイルのロード]バーにプロファイル処理時間が含まれるようになりました。これは、Citrix Profile Managementがユーザープロファイルの処理に要する時間です。プロファイルのロードに時間がかかる場合に、管理者が正確にトラブルシューティングのための情報を把握するのに役立ちます。この機能拡張は、VDA 1903以降で利用できます。詳しくは「プロファイルのロード」を参照してください。

デスクトッププロービング。デスクトッププロービングは、Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスの機能です。これにより、サイトに公開されている仮想デスクトップのヘルスチェックが自動化されて、ユーザーエクスペリエンスが向上します。デスクトッププロービングを開始するには、Citrix Probe Agentを1つまたは複数のエンドポイントにインストールして構成します。デスクトッププロービングは、Premiumライセンスを持つユーザーが使用できます。この機能には、Citrix Probe Agent 1903以降が必要です。詳しくは、「アプリケーションプロービングおよびデスクトッププロービング」を参照してください。

注:

Citrix Probe Agentでは、TLS 1.2がサポートされるようになりました。

2019年6月

新機能と機能強化

タグ制限。タグは、マシン、アプリケーション、デスクトップ、アプリケーショングループ、ポリシーなどのアイテムを識別する文字列です。タグを作成してアイテムに追加すると、以下のように、特定の操作を指定されたタグのあるアイテムのみに適用するように調整できます。詳しくは、「アプリケーショングループ」と「タグ」を参照してください。

メール通知。Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスは、警告とプローブに関するメール通知を直接送信します。このため、SMTPメールサーバーを構成する必要がありません。[通知設定] ボックスはデフォルトで有効になっており、Citrix Cloudは [通知設定] セクションに表示されたメールアドレスにアラート通知を送信します。メールアドレスdonotreplynotifications@citrix.comがメール設定で許可リストに登録されていることを確認してください。

2019年5月

新機能と機能強化

Autoscale。Autoscaleは、Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスの機能であり、プロアクティブにマシンの電源を管理するための、一貫した、高性能なソリューションを提供します。その目的は、コストとユーザーエクスペリエンスのバランスを取ることです。Autoscaleにより、Smart Scaleテクノロジ(廃止)がStudioの電源管理ソリューションに組み込まれます。詳しくは、「Autoscale」を参照してください。[監視] タブの[傾向]ページでAutoscale管理対象のマシンのメトリックを監視できます。詳しくは、「Autoscale管理対象マシンの監視」を参照してください。

2019年2月

新機能と機能強化

ハイパーバイザーアラートの監視。Citrix HypervisorおよびVMware vSphereからのアラートは [監視]>[アラート] タブに表示されるようになり、ハイパーバイザーの正常性で以下の状態やパラメーターを監視できます:

  • CPU使用率
  • メモリ使用率
  • ネットワーク使用状況
  • 使用不可のハイパーバイザー接続
  • ディスク使用率(vSphereのみ)
  • ホスト接続や電源の状態(vSphereのみ)

詳しくは、「アラートおよび通知」の「ハイパーバイザーアラートの監視」セクションを参照してください。

以前のバージョンのTLSを使用した通信。サービスのセキュリティを向上させるため、2019年3月15日以降、CitrixではTransport Layer Security(TLS)1.0および1.1を介した通信をブロックし、TLS 1.2による通信のみを許可することになりました。詳しくは、「TLSバージョン」を参照してください。総合的なガイダンスについては、CTX247067を参照してください。

アプリケーショングループ。アプリケーショングループを使用すると、アプリケーションのコレクションを管理できます。異なるデリバリーグループ間で共有されているアプリケーションや、デリバリーグループ内のユーザーのサブセットによって使用されるアプリケーションのアプリケーショングループを作成できます。詳しくは、「アプリケーショングループの作成」を参照してください。

ログオンパフォーマンス - プロファイルドリルダウン。監視][ユーザーの詳細] ページの [ログオン期間] パネルに、ログオンプロセスのプロファイルロードフェーズのドリルダウンに関する情報が表示されるようになりました。プロファイルドリルダウンは、現在のセッションのユーザープロファイルに関する有益な情報を提供します。この情報は、管理者がプロファイルのロードに関する重大な問題をトラブルシューティングする際に役立ちます。次のユーザープロファイル情報を含むツールヒントが表示されます:

  • ファイルの数
  • プロファイルのサイズ
  • 大きなファイルの数

詳細なドリルダウンに、個別のフォルダーとそのサイズ、およびファイル数に関する情報が表示されます。この機能はVDAバージョン1811以降で使用できます。詳しくは、「ユーザーログオンの問題の診断」を参照してください。

Microsoft RDSライセンスの正常性。サーバーOSマシンの[マシンの詳細]ページと[ユーザーの詳細]ページの [マシンの詳細] パネルで、Microsoft RDS(Remote Desktop Services)のライセンスの状態を監視します。ライセンスの状態を示す適切なメッセージが表示されます。詳細アイコン上にマウスポインターを置くと、詳細情報が表示されます。詳しくは、「マシンのトラブルシューティング」の「Microsoft RDSライセンスの正常性」セクションを参照してください。

アプリケーションプロービング。この機能によって、サイトに公開されたVirtual Appsの正常性の評価が自動化されます。

アプリケーションプロービングを開始するには:

  • 1つまたは複数のエンドポイントマシンに、Citrix Application Probe Agentをインストールします。
  • Citrix WorkspaceおよびCitrix Virtual Apps and Desktopsサービスの資格情報でCitrix Application Probe Agentを構成します。
  • Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスの [監視]>[構成] で、プローブするアプリケーション、プローブを実行するエンドポイントマシン、プローブ時間のスケジュールを構成します。

このエージェントは選択したアプリケーションの起動をCitrix Workspace経由でテストし、プローブの結果をCitrix Virtual Apps and Desktopsサービスの [監視] タブの以下のページで報告します:

  • [アプリケーションページ] – 過去24時間のデータおよび [傾向] > [アプリケーションプローブの結果] ページ
  • プローブの履歴データとプローブエラーが発生した段階 - Workspaceの到達可能性、Workspaceの認証、Workspaceの列挙、ICAのダウンロード、またはアプリケーションの起動

障害レポートは、設定されているアドレスにメールで送信されます。アプリケーションプローブは、複数の地域にわたってオフピーク時に実行するようにスケジュールできます。このプローブの結果は、アプリケーション、ホストマシン、または接続に関連する問題を、ユーザーが経験する前に予防的にトラブルシューティングするのに役立ちます。詳しくは、「アプリケーションプロービングおよびデスクトッププロービング」を参照してください。

2019年1月

新機能と機能強化

カスタムスコープによる委任管理。監視では、組み込みの委任管理者の役割でカスタムスコープがサポートされるようになりました。監視の組み込みの役割と役割を割り当てる方法について詳しくは、「委任管理者の役割」を参照してください。

2018年12月

新機能と機能強化

CitrixがTransport Layer Security(TLS)1.0および1.1上での通信をブロックする日付が2018年12月31日から2019年1月31日に変更されました。詳しくは、「TLSバージョンの廃止」を参照してください。

2018年11月

新機能と機能強化

OData APIを使用したマシン履歴データの取得: マシン分析を含む履歴データを、OData APIを介して利用できるようになりました。このデータは1時間ごとに収集され、その日にロールアップされます。

  • 電源が投入されたマシンの数(電源管理されているマシンの場合)
  • 登録されたマシンの数
  • メンテナンスモードのマシンの数
  • マシンの総数

監視サービスが実行されている期間、データが集約されます。OData APIの使用法と例について詳しくは、「Citrix Monitor Service 7 1808」を参照してください。データベーススキーマは、「モニターサービススキーマ」で使用できます。

ログオンパフォーマンス - 対話型セッションのドリルダウン: ユーザーやセッションの詳細ビューの [ログオン期間] パネルに、ログオン処理の対話型セッションのフェーズに関する情報が表示されます。3つのサブフェーズ(Pre-userinitUserinit、およびShell)のそれぞれに要した時間は、対話型セッションバーにツールヒントとして表示されます。これにより、ログオンのこのフェーズのより詳細なトラブルシューティングと修復が行われます。サブフェーズとドキュメンテーションへのリンクの間の累積的な時間遅延も提供されます。この機能は、Delivery Controllerバージョン7 1808以降で使用できます。[対話型セッション] ドリルダウンバーには、現在のセッションの持続時間のみが表示されます。詳しくは、「ユーザーログオンの問題の診断」を参照してください。

ログオンパフォーマンス - GPOドリルダウン: ユーザーおよびセッションの詳細ビューの [ログオン期間] パネルに、GPO(グループポリシーオブジェクト)の期間が表示されます。これは、ログオンプロセス中に仮想マシンにGPOを適用するのにかかる合計時間です。これで、GPOバーのツールヒントとしてCSE(クライアント側拡張機能)ごとに適用された各ポリシーのドリルダウンが表示されます。各ポリシー適用について、ドリルダウンはステータスと経過時間を表示します。この追加情報により、高いGPO期間に関連する問題のトラブルシューティングと修復が容易になります。ドリルダウンの期間はCSE処理時間のみを表し、合計GPO時間には加算されません。この機能は、Delivery Controllerバージョン7 1808以降で使用できます。詳しくは、「ユーザーログオンの問題の診断」を参照してください。

解決された問題

監視中に保存したカスタムレポートクエリは、Cloudをアップグレードすると使用できなくなります。[DNA-23420]

2018年10月

新機能と機能強化

アプリケーション:マシンごとの制限。マシンごとにアプリケーションインスタンスの数を制限できるようになりました。この制限は、サイト内のすべてのマシンに適用されます。この制限は、デリバリーグループ内のすべてのユーザーの既存のアプリケーション制限およびユーザーあたりの制限に追加されるものです。この機能はPowerShellを介してのみ使用でき、Studioでは使用できません。詳しくは「アプリケーション制限の設定」を参照してください。

Windows Server 2019。システム要件」に記載されているように、Windows Server 2019マシンにマルチセッションOSのVDA(以前のVDA for Server OS)をインストールできるようになりました。

2018年9月

新機能と機能強化

委任管理。委任管理により、組織内の役割に応じて管理者に必要となる、すべてのアクセス権限を構成できます。詳しくは、「委任管理」を参照してください。監視は、組み込みの役割の割り当てをサポートします。組み込みの役割は、フルスコープで使用できます。監視の組み込みの役割と役割を割り当てる方法について詳しくは、「委任管理者の役割」を参照してください。

構成ログ。構成ログにより、管理者は構成の変更や管理のアクティビティを追跡できます。詳しくは、「構成ログ」を参照してください。

以前は無効になっていたRemote PowerShell SDK内の次のPowerShellコマンドレットが有効になり、構成ログとともに使用できるようになりました:

  • Log:GetLowLevelOperation
  • Log:GetHighLevelOperation
  • Log:GetSummary
  • Log:GetDataStore
  • Log:ExportReport

ローカルホストキャッシュ。ローカルホストキャッシュを十分に利用できるようになりました。ローカルホストキャッシュ機能を使用すると、リソースの場所にあるCloud ConnectorがCitrix Cloudと通信できなくなった場合でも、接続仲介操作を続行できるようになります。詳しくは、「ローカルホストキャッシュ」を参照してください。

Citrix Provisioning。VDAのプロビジョニングに、Citrix Provisioningまたは既存のMachine Creation Servicesを使用できるようになりました。クラウド環境固有のCitrix Provisioning情報については、「Citrix Cloudで管理されるCitrix Provisioning」を参照してください。

解決された問題

以前のバージョンでは、Azureオンデマンドプロビジョニングの使用時は、電源を切るとすべての仮想マシンが削除されました。このバージョンでは、プールされた仮想マシンのみが削除されるようになりました。永続的(専用)のVMは、電源がオフのときに削除されません。

2018年8月

  • 新しい製品名

    一定期間Citrixの顧客かパートナーだった経験がある方は、製品やこの製品ドキュメントに新しい名前が使用されていることにお気付きになるかもしれません。このCitrix製品を初めてお使いになる場合、製品またはコンポーネントで異なる名前が表示されることがあります。

    新しい製品名とコンポーネント名は、Citrixの製品ラインとクラウド戦略の拡大によるものです。この製品ドキュメントでは、以下の名前を使用します。

    • Citrix Virtual Apps and Desktops: Citrix Virtual Apps and Desktopsは、クラウドサービスおよびオンプレミス製品として提供される仮想アプリとデスクトップソリューションを提供し、従業員があらゆるデバイス上のどこからでも作業できる自由を確保しつつITコストを削減できます。また、Windows、Linux、Web、およびSaaSの各アプリケーション、および完全な仮想デスクトップを任意のクラウドから配信できます。クラウドの種類は、パブリック、プライベート、ハイブリッドを問いません。Virtual Apps and Desktopsは、以前はXenAppおよびXenDesktopでした。
    • Citrix Workspaceアプリ: Citrix Workspaceアプリには、既存のCitrix Receiverテクノロジの他にCitrix Workspaceクライアントテクノロジが組み込まれています。エンドユーザーに最高の作業を実行するために必要なすべての作業アプリ、ファイル、およびデバイスと対話できる統合されたコンテキスト上のエクスペリエンスをエンドユーザーに提供するための追加機能を提供するように拡張されました。詳しくは、このブログ記事を参照してください。
    • Citrix SD-WAN: クラウドテクノロジを使用してブランチネットワークとWANを変革するお客様やパートナーにとって重要なテクノロジであるNetScaler SD-WANは、Citrix SD-WANになりました。
    • Citrix Secure Web Gateway: Citrix Networkingのポートフォリオが拡大してきたため、これまでNetScaler Secure Web Gatewayとして知られていた堅牢なCitrix Secure Web Gatewayサービスを自信をもってご提供します。
    • Citrix Gateway: アプリやデータへのセキュアなコンテキストアクセスを可能にする堅牢なNetScaler Unified Gatewayが、Citrix Gatewayになりました。
    • Citrix Content CollaborationおよびCitrix Files for Windows: ShareFileの高度なアクセス、コラボレーション、ワークフロー、権限管理、および統合機能を、セキュアなコンテキスト型統合Citrix WorkspaceのCitrix Content Collaborationコンポーネントで利用できるようになりました。Citrix Files for Windowsを使用すると、マップされたドライブを介してContent Collaborationファイルに直接アクセスし、ネイティブのWindowsエクスプローラエクスペリエンスを提供できます。
    • Citrix Hypervisor:XenProjectハイパーバイザーをベースとした仮想化インフラストラクチャ用のXenServerのテクノロジが、Citrix Hypervisorになりました。

    ここで簡単に要約します:

    Citrix Virtual Apps and Desktops XenAppおよびXenDesktop
    Citrix Workspaceアプリ Citrix Receiverと拡張機能を統合
    Citrix SD-WAN NetScaler SD-WAN
    Citrix Secure Web Gateway NetScaler Secure Web Gateway
    Citrix Gateway NetScaler Unified Gateway
    Citrix Content Collaboration ShareFile
    Citrix Files for Windows ShareFile Desktop App、ShareFile Sync、ShareFile Drive Mapper
    Citrix Hypervisor XenServer
    Citrix Provisioning Citrix Provisioning Services

    現在、製品と製品ドキュメントで移行作業が行われています。

    • 製品内のコンテンツには、以前の名前が含まれている場合があります。たとえば、コンソールのテキスト、メッセージ、ディレクトリ名またはファイル名に以前の名前が含まれている場合があります。
    • 既存の顧客のスクリプトの破損を防ぐために、コマンドやMSIなどの一部のアイテムでは、以前の名前を引き続き保持できます。
    • 関連する製品ドキュメントや、この製品のドキュメントからリンクされているその他のリソース(ビデオやブログの投稿など)には、以前の名前が含まれている場合があります。
    • Citrix Hypervisorの場合:新しい名前は、2018年9月からCitrixのWebサイトおよび情報提供用の製品資料で使用されています。Citrix Virtual Apps and Desktopsなど、一部のCitrix製品の管理者コンソールにも新しい名前が表示されます。XenServer製品のリリースおよび技術資料では、2019年の初めまでXenServer 7.xを引き続き使用します。

    この移行の間はご迷惑をおかけしますが、何卒ご容赦願います。

    新しい名前について詳しくは、https://www.citrix.com/about/citrix-product-guide/を参照してください。

  • 製品およびコンポーネントのバージョン番号の変更

    Citrix Virtual Apps and DesktopsのほとんどのコンポーネントはCitrixがインストールし管理するため、お客様はこれらのバージョン番号を気に掛ける必要はありません。ただし、Cloud Connectorをインストールするときや、リソースの場所でVDAをインストールまたはアップグレードするときには、バージョン番号が表示されます。

    Citrix Virtual Apps and Desktops製品およびコンポーネントのバージョン番号は、次の形式で表示されます:YYMM。c.m.b

    • YYMM = 製品またはコンポーネントがリリースされた年と月。たとえば、2018年9月のリリースは1809と表示されます。
    • c = その月のCitrix Cloudのリリース番号。
    • m = 保守バージョン(該当する場合)。
    • b = ビルド番号。このフィールドは、コンポーネントの[バージョン情報]ページと、プログラムの削除または変更のためのOS機能にのみ表示されます。

    たとえば、Citrix Virtual Apps and Desktops 1809.1.0は、そのコンポーネントが2018年9月にリリースされたことを示します。その月のCitrix Cloudリリース1に関連付けられており、メンテナンスバージョンではありません。一部の表記では、バージョンの年と月のみが表示されます:たとえば、Citrix Virtual Apps and Desktops 1809

    以前のリリース(7.18以前)では、バージョン番号は次の形式で表示されました:7.*<バージョン>*。ここで、バージョンはリリースごとに1増加します。たとえば、XenAppおよびXenDesktop 7.17に続くVDAリリースは7.18でした。以前のリリース(7.18以前)が新しい番号形式を使って更新されることはありません。バージョン>

  • TLSバージョンの廃止。Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスのセキュリティを向上させるため、2018年12月31日以降、Transport Layer Security(TLS)1.0および1.1を介した通信をブロックすることになりました。詳しくは、「TLSバージョンの廃止」を参照してください。

  • Google Cloud Platform仮想化環境。Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスでは、Google Cloud Platform(GCP)上のVirtual Apps and Desktops仮想マシンの電源を手動で切断しすぐに投入することができます。詳しくは、「Google Cloud Platform仮想化環境」を参照してください。

2018年7月

  • フィルターデータのエクスポート。[監視]>[フィルター] タブのリアルタイムモニタリングデータをCSV形式のファイルにエクスポートできるようになりました。エクスポート機能は、マシン、セッション、接続、およびアプリケーションインスタンスのフィルターページで利用できます。定義済みのカスタムフィルターを選択するか、適切なフィルター条件を選択し、テーブルで必要な列を選択して、データをエクスポートすることができます。最大100,000レコードのデータをエクスポートできます。エクスポートされたCSVファイルにより、リアルタイムデータの包括的なビューが提供されるため、大きなデータセットの分析が容易になります。

2018年6月

  • Azure Resource Manager接続:Studioの接続作成ウィザードの [接続] ページで選択できるAzure環境に、ユーザーのAzureサブスクリプションで有効なすべてのAzureクラウドが含まれるようになりました。Azure US Government CloudおよびAzure Germany Cloudの一般公開によって、以前のリリースでのこれらの2つの環境のプレビューバージョンが置き換えられています。

2018年5月

  • Azureクイック展開:リソースの場所でAzure Resource Managerマシンを使用してアプリケーションと公開デスクトップを配信する場合、次の展開方法を選択できるようになりました:

    • 完全な構成:これは既存の展開方法であり、Citrix Studioの管理コンソールを使用し、ガイドに従ってマシンカタログとデリバリーグループを順番に作成します。
    • Azureクイック展開:これは新しいオプションであり、簡略化されたインターフェイスによりアプリとデスクトップを短時間で展開できます。
  • Citrix Health Assistantリンク:監視コンソールの未登録マシンの [マシンの詳細] ページに、[Health Assistant]ボタンが追加されました。現在、このボタンは、「マシンのトラブルシューティング」およびKnowledge Centerの記事「Citrix Health Assistant - VDAの登録とセッション起動の問題のトラブルシューティング」にリンクされていて、そこからツールをダウンロードできます。Citrix Health Assistantは、未登録のVDAの構成に関する問題をトラブルシューティングするためのツールです。このツールは、さまざまなヘルスチェックを自動化して、VDA登録、セッションの起動、タイムゾーンリダイレクトの構成でのよくある問題の根本原因を特定します。

  • 対話型セッションのドリルダウン。管理コンソールで、[ユーザー詳細]ビューの[ログオン期間] パネルに、ログオン処理の対話セッションの段階に関する情報が表示されるようになりました。ログオンのこのフェーズのより詳細なトラブルシューティングと修復を行うために、対話型セッションには、Pre-userinitUserinitShellという3つのサブフェーズがあります。このリリースでは、対話型セッション上にマウスカーソルを置くと、サブフェーズと、ドキュメントへのリンクを示すヒントが表示されます。サブフェーズの説明および各フェーズのパフォーマンスを向上させる方法については、「ユーザーログオンの問題の診断」を参照してください。

2018年3月

  • アプリケーションインスタンス予測(プレビュー機能):これは、初めて追加された予測分析に基づく監視機能です。リソースを整理し、リソースごとに必要なライセンスの数を調整するには、リソースの使用パターンの予測が重要になります。アプリケーションインスタンス予測機能では、サイトまたはデリバリーグループごとに、ある期間に起動される可能性のあるホストされているアプリケーションインスタンスの数が示されます。この予測には、既存の履歴データで作成されたデータモデルに基づく機械学習アルゴリズムが使用されます。許容レベルにより、予測の質が示されます。

    詳しくは、Directorの「アプリケーションインスタンス予測」を参照してください。Citrix Cloudディスカッションフォーラムで、この機能の有用性やユーザービリティに関するフィードバックをお寄せください。

  • Delivery Groups API - プレビュー

    Delivery Groups APIのプレビューには、デリバリーグループの管理を自動化できるREST APIセットが用意されています。使用可能なすべてのAPIは、https://developer.cloud.com/のCitrix Cloud APIのドキュメントで確認し、試すことができます。

  • Web Studio認証

    Citrix Cloud上のサービス管理コンソールで、顧客の認証にベアラートークンが使用されるようになりました。このベアラートークンは、Delivery Groups REST APIへのアクセスするために必要です。

  • ODataバージョン4 APIを使用してモニターサービスのデータにアクセスする(プレビュー機能)

    OData V.4エンドポイントを使用して、モニターサービスのデータに基づいて監視ダッシュボードおよびレポートダッシュボードを作成し、カスタマイズできるようになりました。OData V.4は、ASP.NET Web APIに基づいており、アグリゲーションクエリをサポートしています。V4エンドポイントでデータにアクセスするには、Citrix Cloudユーザー名とベアラートークンを使用します。詳細と例については、「Access Monitor Service data using the OData v4 endpoint in Citrix Cloud」を参照してください。

    Citrix Cloudディスカッションフォーラムで、この機能の実用性に関するフィードバックをお寄せください。

解決された問題

  • アプリケーションフォルダーの名前変更、移動、および削除を行えるようになりました。[#STUD-2376]

2018年1月

  • RDSライセンスチェック:Windows Server OSマシンを含むマシンカタログの作成に、RDSライセンスの自動チェックが含まれるようになりました。見つかったRDSライセンスの問題が表示されるので、サービスのギャップを防ぐために適切な手順を実行できます。詳しくは、「マシンカタログの作成」を参照してください。
  • 監視機能からのマシンコンソールへのアクセス:監視機能の[マシンの詳細]パネルから、XenServerハイパーバイザーバージョン7.3でホストされているマシンのコンソールにアクセスできるようになりました。これにより、監視機能からVDAの問題を直接トラブルシューティングできるようになりました。詳しくは、「マシンのトラブルシューティング」の「マシンコンソールへのアクセス」を参照してください。

2017年12月

新機能と機能強化

  • Citrix Workspace:XenApp and XenDesktop Serviceの新規お客様は、Citrix Workspaceをご利用いただけるようになりました。詳しくは、「ワークスペース構成」を参照してください。

  • アプリケーションの分析。[監視]>[アプリケーション] タブに新しく追加された[アプリケーション分析]ページで、アプリケーションのパフォーマンスを効率的に分析およびモニターできるようになりました。このページには、サイトで公開されているすべてのアプリケーションの正常性と使用状況の統合ビューが表示されます。アプリケーションごとのインスタンス数、公開アプリケーションに関連する障害およびエラーなどのメトリックが表示されます。この機能を使用するには、VDAのバージョン7.15以降が必要です。

    詳しくは、「モニター」の「アプリケーションの分析」セクションを参照してください。

2017年11月

新機能と機能強化

  • ローカルホストキャッシュ。ローカルホストキャッシュ機能を使用すると、リソースの場所にあるCloud ConnectorがCitrix Cloudと通信できなくなった場合でも、接続仲介操作を続行できるようになります。詳しくは、「ローカルホストキャッシュ」を参照してください。
  • Azure Managed Disks:仮想マシンをAzure Resource Manager環境にMCSでプロビジョニングする場合、デフォルトでAzure Managed Disksが使用されるようになりました。オプションとして、従来のストレージアカウントも使用できます。詳しくは、「Microsoft Azure Resource Manager仮想化環境」を参照してください。
  • ヘルプデスク管理者:Citrix Cloudカスタマーアカウントでサービス管理者を管理する場合に、ヘルプデスク管理者という新しい選択肢が追加されました。ヘルプデスク管理者は、サービスの監視機能にアクセスできます。詳しくは、「管理」を参照してください。

解決された問題

  • サービス管理コンソールのウィザードを使用して、リモートPCアクセスマシンカタログを作成できるようになりました。これまでのリリースでは、CTX220737で説明するように、カタログを作成する場合はPowerShellコマンドレットを使用する必要がありました。その後、管理コンソールに戻ってデリバリーグループを作成する必要もありました。この修正により、管理コンソールでカタログとデリバリーグループを順番に作成するようになりました。
  • MCSで作成したカタログで、既存のActive Directoryマシンアカウントを使用できるようになりました。[#DNA-24566]
  • 展開を監視するときに [傾向]>[セッション] のテーブルの結果を並べ替えても、正確に表示されるようになりました。[DNA-51257]

追加情報