汎用クライアント入力システム(IME)

コマンドラインインターフェイスを使用した汎用クライアントIMEの構成

  • 汎用クライアントIMEを有効にするには、Citrix Workspaceアプリインストールフォルダー(C:\Program Files (x86)\Citrix\ICA Client)からwfica32.exe /localime:onコマンドを実行します。

    ローカライズされた画像

  • 汎用クライアントIMEを無効にするには、Citrix Workspaceアプリインストールフォルダー(C:\Program Files (x86)\Citrix\ICA Client)からwfica32.exe /localime:offコマンドを実行します。

    ローカライズされた画像

メモ

コマンドラインスイッチwfica32.exe /localime:onを使用して、汎用クライアントIMEとキーボードレイアウトの同期の両方を有効にすることができます。

  • 汎用クライアントIMEを無効にするには、Citrix Workspaceアプリインストールフォルダー(C:\Program Files (x86)\Citrix\ICA Client)からwfica32.exe /localgenericime:offコマンドを実行します。このコマンドは、キーボードレイアウトの同期設定に影響を及ぼしません。

    ローカライズされた画像

コマンドラインインターフェイスを使用して汎用クライアントIMEを無効にした場合、wfica32.exe /localgenericime:onコマンドを実行することによって、再び機能を有効化できます。

ローカライズされた画像

トグル

Citrix Workspaceアプリは、この機能に対するトグルスイッチ機能をサポートしています。wfica32.exe /localgenericime:onコマンドを実行して、機能を有効/無効にできます。ただし、キーボードレイアウトの同期設定は、トグルスイッチより優先されます。キーボードレイアウトの同期がオフに設定されている場合、トグルしても汎用クライアントIMEは有効になりません。

グラフィカルユーザーインターフェイスを使用した汎用クライアントIMEの構成

汎用クライアントIMEにはVDA Version 7.13以降が必要です。

キーボードレイアウトの同期を有効化することにより、汎用クライアントIME機能を有効化できます。詳しくは、「キーボードレイアウトの同期」を参照してください。

Citrix Workspaceアプリを使用すると、汎用クライアントIMEを使用するためのさまざまなオプションを構成できます。要件および使用状況に基づいて、これらのオプションのいずれかから選択できます。

  1. アクティブなアプリケーションセッションで、システムトレイのCitrix Workspaceアプリアイコンを右クリックして、[コネクションセンター] を選択します。
  2. [基本設定][ローカルIME] を選択します。

    ローカライズされた画像

さまざまなIMEモードをサポートするために以下のオプションを利用できます。

  1. サーバーIMEを有効にする - ローカルIMEを無効にする場合にこのオプションを選択します。このオプションは、サーバー上で設定された言語のみ使用できることを意味します。
  2. ローカルIMEを高パフォーマンスモードに設定する - ローカルIMEを限られた帯域幅で使用する場合にこのオプションを選択します。このオプションは、候補ウィンドウの機能を制限します。
  3. ローカルIMEを最適なエクスペリエンスモードに設定する - ローカルIMEを最適なユーザーエクスペリエンスで使用する場合にこのオプションを選択します。このオプションは、高帯域を消費します。デフォルトで、汎用クライアントIMEが有効の場合、このオプションが選択されます。

設定変更は、現在のセッションにのみ適用されます。

レジストリエディターを使用したホットキー構成の有効化

汎用クライアントIMEが有効の場合、異なるIMEモードを選択するには、Shift+F4ホットキーを使用できます。IMEモードのさまざまなオプションがセッションの右上隅に表示されます。

デフォルトで、汎用クライアントIMEのホットキーは無効です。

レジストリエディターで、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Citrix\ICA Client\Engine\Lockdown Profiles\All Regions\Lockdown\Client Engine\Hot Keysに移動します。

AllowHotKeyを選択して、デフォルト値を1に変更します。

ローカライズされた画像

メモ

ホットキー機能は、デスクトップセッションとアプリケーションセッションの両方でサポートされます。

制限事項

  • 汎用クライアントIMEは、Search UIなどのUWP(ユニバーサルWindowsプラットフォーム)アプリケーションや、Windows 10オペレーティングシステムのEdgeブラウザーをサポートしません。回避策として、代わりにサーバーIMEを使用します。
  • 汎用クライアントIMEは、保護モードのInternet Explorerバージョン11ではサポートされません。回避策として、インターネットオプションを使用して保護モードを無効にできます。そうする場合は、[セキュリティ] をクリックして、[保護モードを有効にする] をオフにします。