キーボードレイアウトと言語バー

キーボードレイアウト

メモ

システムトレイの[Citrix Workspaceアプリ]アイコンで[高度な設定]シートの一部または全部を非表示にすることができます。詳しくは、「高度な設定シートの非表示」を参照してください。

キーボードレイアウトの同期によって、クライアントデバイスの優先キーボードレイアウトを切り替えることができます。この機能はデフォルトでは無効になっています。

キーボードレイアウトの同期を有効にするには

  1. システムトレイのCitrix Workspaceアプリアイコンで [高度な設定][キーボードと言語バー] の順に選択します。

    キーボードと言語バーのダイアログが開きます。

    ローカライズされた画像

  2. 次のいずれかのオプションを選択します:

    • はい - セッションでローカルのキーボードレイアウトが使用されます。
    • いいえ、サーバーのキーボードレイアウトを使用します - VDAで使用されているキーボードレイアウトがセッションに適用されます。このオプションでは、ローカルキーボードレイアウト機能は無効に設定されます。
  3. [保存] をクリックします。

Windowsインストールフォルダー(C:\Program files (x86)\Citrix\ICA Client)のCitrix Workspaceアプリからコマンドラインを使用してwfica32:exe /localime:onまたはwfica32:exe /localime:offを実行することで、キーボードレイアウトの同期を有効または無効にすることもできます。

ローカルキーボードレイアウトオプションで、クライアントIME(Input Method Editor)をアクティブにします。日本語、中国語、または韓国語を使用しているユーザーがサーバーIMEを使用する場合、[いいえ] を選択するか、wfica32:exe /localime:offを実行してローカルキーボードレイアウトオプションを無効にする必要があります。次のセッションに接続すると、セッションは、リモートサーバーで指定されたキーボードレイアウトに戻します。

クライアントのキーボードレイアウトの切り替えがアクティブなセッションで有効にならないことがあります。この問題を解決するには、いったんCitrix Workspaceアプリからログオフしてから、再度ログインしてください。

キーボードレイアウトの切り替え通知ダイアログを非表示にする

キーボードレイアウトの変更通知ダイアログでは、VDAセッションがキーボードレイアウトを切り替えるときに通知します。キーボードレイアウトの切り替えには、約2秒かかります。通知ダイアログを非表示にする場合、間違った文字入力を避けるために、しばらく待ってから入力を開始してください。

警告

レジストリエディターの編集を誤ると、深刻な問題が発生する可能性があり、Windowsの再インストールが必要になる場合もあります。レジストリエディターの誤用による障害に対して、Citrixでは一切責任を負いません。レジストリエディターは、お客様の責任と判断の範囲でご使用ください。また、レジストリファイルのバックアップを作成してから、レジストリを編集してください。

レジストリエディターを使用してキーボードレイアウトの切り替え通知ダイアログを非表示にするには:

  1. レジストリエディターを起動して、HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Citrix\IcaImeに移動します。
  2. HideNotificationWindowという名前で新しい文字列値キーを作成します。
  3. DWORD値を1に設定します。
  4. [OK] をクリックします。
  5. 変更を保存するには、セッションを再起動します。

制限事項:

  • 管理者権限で実行しているリモートアプリケーション(例:アプリケーションアイコンを右クリックして、[管理者として実行])は、クライアントのキーボードレイアウトと同期することはできません。この問題を解決するには、サーバー側(VDA)で手動でキーボードレイアウトを変更するか、UACを無効にします。
  • ユーザーがクライアントのキーボードレイアウトをサーバーでサポートされていないレイアウトに変更すると、キーボードレイアウトの同期機能は、セキュリティ上の理由で無効になります。認識されないキーボードレイアウトは、潜在的なセキュリティ上の脅威として扱われるためです。キーボードレイアウト同期機能を復元するには、ログオフしてセッションに再ログインします。
  • RDPセッションでは、Alt+Shiftのショートカットキーでキーボードレイアウトを変更することはできません。この問題を回避するには、RDPセッションの言語バーを使用してキーボードレイアウトを切り替えます。
  • この機能は、パフォーマンス上のリスクの可能性があるサードパーティ製品の問題によって、Windows Server 2016で無効になっています。これは、VDAのレジストリ設定で有効にできます:HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Citrix\ICA\IcaImeで、DisableKeyboardSyncという名称の新しいキーを追加し、値を0に設定します。

言語バー

言語バーには、セッションで優先される入力言語が表示されます。以前のリリースでは、VDAのレジストリキーを使用することによってのみ、この設定を変更できました。Citrix Receiver for Windowsバージョン4.11以降では、[高度な設定] ダイアログを使用して変更できます。言語バーは、デフォルトでセッションに表示されます。

メモ

この機能は、VDA 7.17以降で動作するセッションで使用できます。

リモート言語バーの表示または非表示を構成する

  1. システムトレイでCitrix Workspaceアプリアイコンを右クリックし、[高度な設定] をクリックします。
  2. [キーボードと言語バー] を選択します。
  3. [言語バー] タブを選択します。
  4. 次のいずれかのオプションを選択します:
    1. はい - セッションで言語バーが表示されます。
    2. いいえ。言語バーを非表示にします - セッションで言語バーが非表示になります。
  5. [保存]をクリックします。

    設定の変更は直ちに有効になります。

    ローカライズされた画像

メモ

  • アクティブなセッションの設定を変更できます。
  • 入力言語が1つだけの場合、リモート言語バーはセッションに表示されません。

高度な設定シートで言語バータブを非表示にする

レジストリを使用して、[高度な設定] シートから言語バータブを非表示にすることができます。

  1. レジストリエディターを起動します。
  2. HKEY\_LOCAL\_MACHINE\\SOFTWARE\\Citrix\\ICA Client\\Engine\\Configuration\\Advanced\\Modules\\LocalIMEにアクセスします。
  3. 新しいDWORD値キーToggleOffLanguageBarFeatureを作成し、1に設定すると、[高度な設定]シートで言語バーオプションが非表示になります。