Workspace Environment Management

エージェントを登録する

Citrix Cloud Connectorを構成しなくても、Workspace Environment Management(WEM)エージェントを登録できます。その前に、次の点を考慮してください。

この機能を使用するには、 エージェントをインストールするときに構成をスキップ ]を選択し、[ CVADからCitrix Cloud Connectorを検出する]サービスポリシーを有効にしないことが必要です

エージェントを登録する

エージェントマシンを登録するには、次の手順を実行します。

  1. Citrix Cloud にサインインし、Citrix APIサービスへの認証用のベアラートークンまたはAPIセキュアクライアントを取得します。APIセキュアクライアントとベアラートークンを生成する方法については、「 Citrix Cloud APIの使用を開始する」を参照してください。

  2. エージェントがインストールされているマシンにログオンします。

  3. コマンドプロンプトウィンドウを開きます。

    • ベアラートークンを使用してエージェントを登録するには、次のコマンドを入力します。

      • Citrix.Wem.Agent.EnrollmentUtility.exe enroll --customer "customerid" --bearer "bearertoken" --url "api.wem.cloud.com"

      ヒント:

      ベアラートークンを使用する場合、ベース URL はリージョンごとに一意であることに注意してください。詳細については、「 ベース URL」を参照してください。指定しない場合、米国リージョン (api.wem.cloud.com) の URL が使用されます。

    • エージェントをAPIセキュアクライアントに登録するには、次のコマンドを入力します。

      • Citrix.Wem.Agent.EnrollmentUtility.exe enroll --customer "customerid" --clientid "clientid" --clientsecret "clientsecret" --authurl "api-us.cloud.com" --url "api.wem.cloud.com"

      ヒント:

      セキュアクライアントを使用する場合、認証 URL はリージョンごとに一意であることに注意してください。詳しくは、「Citrix Cloud APIの使用を開始する」を参照してください。指定しない場合、米国リージョン (api-us.cloud.com) の URL が使用されます。

または、ステップ 3 で JSON 形式の設定ファイルを作成し、以下のコマンドでそのファイルを使用します。

  • Citrix.Wem.Agent.EnrollmentUtility.exe enroll --config "configfilepath"

注:

構成ファイルには機密情報が含まれているため、登録後に構成ファイルを削除することをお勧めします。

設定ファイルの形式は次のとおりです。

ヒント:

ベアラートークンまたはセキュアクライアントを使用する場合は、対応するフィールドを空白のままにすることができます。

    {

    "CustomerId": The Citrix Cloud customer ID,

    "ClientId": The secure client ID of the Citrix Cloud API client,

    "ClientSecret": The secure client secret of the Citrix Cloud API client,

    "AuthUrl": The base URL of the Citrix Cloud API used to get the bearer
    token,

    "BearerToken": The Citrix Cloud bearer token,

    "BaseUrl": The base URL of the WEM RESTful APIs

    }

<!--NeedCopy-->

出力例:

出力例

登録したエージェントを管理する

エージェントを登録したら、管理コンソールを使用して、正確な管理のために必要な構成セットにバインドします。

注:

  • 登録済みのドメインに参加していないマシンを追加すると、エージェントはまず [ 既定のサイト] 構成セットまたは [ バインドされていないエージェント ] 構成セット (有効な場合) に登録されます。エージェントが登録されたら、そのマシンを他の構成セットに追加できます。
  • 現在、管理コンソールから管理タスク(キャッシュの更新、設定のリセット、エージェント情報の取得など)を実行する機能は、登録済みエージェントではサポートされていません。

キーの作成とローテーション

エージェントが WEM に正常に登録されると、サービスキーがクラウドに作成されます。次のルールを考慮してください。

  • キーは 90 日で期限切れになります。有効期限が切れたら、エージェントは WEM サービスに接続してキーをローテーションする必要があります。デフォルトでは、エージェントは有効期限の14日前に自動的に接続してキーをローテーションします。
  • 期限切れのキーは 180 日間保持されます。エージェントは 180 日以内にキーをローテーションする必要があります。その後、キーは削除されます。
  • キーが削除されると、そのキーを使用するエージェントは WEM サービスに接続できなくなります。エージェントは再登録する必要があります。

注:

ID を変更すると、サービスキーとエージェント ID が一致しないことがあります。ID の変更は、たとえば、エージェントマシンがドメインに参加したり、ドメインから離脱したりするときに発生します。その場合、エージェントがキーをローテーションできるように、キーがまだ有効なときにエージェントが WEM サービスに接続できるようにする必要があります。

登録ツール

エージェント登録ツールであるCitrix.WEM.Agent.EnrollmentUtility.exeは、WEMエージェントのインストールフォルダーにあります。デフォルトでは、エージェントは次のデフォルトフォルダにインストールされます。

  • C:\Program Files (x86)\Citrix\Workspace Environment Management Agent (64 ビット OS の場合)
  • C:\Program Files\Citrix\Workspace Environment Management Agent (32 ビット OS の場合)

登録ツールのコマンドラインオプション

このツールには次のオプションがあります。

パラメーター 説明
状態 エージェントマシンの現在の登録状態を表示します。
登録する エージェントマシンをCitrix Workspace Environment Management サービスに登録します。
助けて 特定のコマンドに関する詳細情報を表示します。
version ツールのバージョン情報を表示します。

たとえば、エージェントの登録ステータスを表示するには、次のコマンドを入力します。

  • Citrix.Wem.Agent.EnrollmentUtility.exe status

このツールは、次の登録オプションを提供します。

パラメーター 説明
—config 設定ファイルから設定を JSON 形式で読み取ります。
-c, –customer Citrix Cloud の顧客ID。
-b, –bearer Citrix Cloud ベアラートークン。
—clientid Citrix Cloud APIクライアントの安全なクライアントID。
—clientsecret Citrix Cloud APIクライアントの安全なクライアントシークレット。
—authurl ベアラートークンの取得に使用されるCitrix Cloud APIのベースURL。デフォルト:`api-us.cloud.com`。
-u、—url WEM RESTful API のベース URL。デフォルト:`api.wem.cloud.com `。
-f, –force 現在の登録ステータスに関係なく、エージェントマシンを登録します。デフォルト:false。
—help コマンドレットのヘルプを表示します。
—version ツールのバージョン情報を表示します。

リターンコード

このツールは、次のコードを返すことができます。

コード 説明
0 エラーなし
1 引数が無効です
2 権限が不十分
3 エージェントホストサービスの準備ができていません
4 リモート API の呼び出し中にエラーが発生しました
100 未処理の例外
1000 エージェントは登録されていません
1001 エージェントは現在登録されています。エージェントを登録する場合、`—force` オプションが指定されていない限り、操作はスキップされます。

エージェントの登録を解除する

エージェントを登録解除するには、エージェントをアンインストールするときに、次のコマンドを使用してエージェントインストーラを使用します。

  • citrix_wem_agent_bundle.exe /uninstall Disenroll=1

エージェントをアンインストールすると、次のレジストリキーが削除されます。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\WEM\Agent\EnrollmentData
エージェントを登録する