Workspace Environment Management

スクリプト化されたタスクを使用してログオン時間を分析する

ログオン時間が長くなると、ユーザーの生産性が低下し、ユーザーエクスペリエンスが低下します。管理者は、ログオン時間の詳細な概要を把握して、ログオンの速度が遅くなるプロセスを特定し、それに応じて是正措置を講じることができる場合があります。

この目標を達成するために、スクリプトAnalyze_Logon_Duration.ps1を使用できます。これは PowerShell スクリプトで、ログオンプロセスに関連するすべての主要なイベントをイベントログに照会します。このスクリプトには、次のような利点があります。

  • これにより、ユーザーの最新のログオンのログオン期間の内訳が表示されます。
  • ログオンプロセスの主要な順次フェーズがすべて表示され、どのフェーズでログオンが遅くなっているかが簡単にわかります。
  • これにより、あるフェーズの終了と次のフェーズの開始の間に遅延があるかどうかを確認できます。

その他の特典を確認するには、「https://www.controlup.com/script-library-posts/analyze-logon-duration/」を参照してください。

Workspace Environment Management (WEM) は、スクリプトの実行を自動化するスクリプト化されたタスク機能を提供します。必要なのは、スクリプト化されたタスクを設定することだけです。一般的なワークフローは次のとおりです。

  1. 関連するスクリプトを準備する
  2. スクリプト化されたタスクを追加する
  3. スクリプト化されたタスクを設定する
  4. タスク実行レポートを表示する

関連するスクリプトを準備する

次の 2 つのスクリプトを含む ZIP ファイルを準備します。

スクリプトを含む Zip ファイル

  • Analyze_Logon_Duration-0531.ps1. このスクリプトはhttps://www.controlup.com/script-library-posts/analyze-logon-duration/から入手できます。
  • Run_Analyze_Logon_Duration.ps1. このスクリプトAnalyze_Logon_Duration-0531.ps1はエントリポイントとして使用され、 関連するパラメータをスクリプトに渡します。このスクリプトは必要に応じてカスタマイズできます。

この例では、スクリプトRun_Analyze_Logon_Duration.ps1には次の内容が含まれています。

注:

以下の内容は参考用です。「domainUser」が正しく解決されていることを確認します。そうしないと、スクリプトは期待どおりに動作しません。

$SessionID = (Get-Process -PID $pid).SessionID
$DomainUser =(Get-WMIObject -ClassName Win32_ComputerSystem).Username
& ((Split-Path $MyInvocation.InvocationName) + "\Analyze_Logon_Duration-0531.ps1") -DomainUser $DomainUser -SessionID $SessionID
<!--NeedCopy-->

スクリプト化されたタスクを追加する

次の情報は、「 スクリプト化されたタスクを追加する」のガイダンスを補足するものです。ログオン時間を分析するタスクを作成するには、その記事の一般的なガイダンスに従い、以下の詳細を念頭に置いてください。

[Web コンソール] > [スクリプト化されたタスク] で、次のようにタスクを追加します。

スクリプト化されたタスクを追加する

  • [ ファイルタイプ] で [ ZIP] を選択します。
  • zip ファイルを参照してアップロードし、スクリプトRun_ Analyze_Logon_Duration.ps1をエントリポイントとして設定します。
  • [ 権限の付与 ] オプションは、セキュリティ上のリスクをもたらす可能性がある、信頼できないスクリプトから発生する攻撃から保護するために、セキュリティレイヤーを追加するように設計されています。Analyze_Logon_Duration タスクは、フルアクセスで実行する必要があります。

スクリプト化されたタスクを設定する

次の情報は、「 スクリプト化されたタスクを構成する」のガイダンスを補足するものです。Analyze_Logon_Duration タスクを構成するには、以下の詳細を念頭に置いて、その記事の一般的なガイダンスに従ってください。

  1. 関連する構成セットに移動し、[ スクリプトタスク設定] に移動し、[一般 ] で Analyze_Logon_Duration タスクを次のように設定します。

    • WEM では、タスクを実行する前に署名を検証するかどうかを決定できます。スクリプト化されたタスクにフルアクセス権が付与されている場合、署名の検証は必須です。これにより、スクリプトが危険にさらされるのを防ぎ、セキュリティを確保します。 **フィルターとタスクのタイムアウト設定はオプションです** 。

    [全般] でスクリプト化されたタスクを構成する

  2. トリガー」で、タスクのトリガーを設定します。

    Trigger でスクリプトタスクを設定します

    • トリガーを使用して、タスクを実行するタイミングを制御します。マシンの起動後にタスクが実行されることを確認してください。たとえば、「スケジュールされた」トリガーを作成してタスクの実行をスケジュールし、そのトリガーをタスクに関連づけることができます。

      「スケジュールされた」トリガーの追加

      「スケジュールされた」トリガーをタスクに関連付ける

  3. パラメータ」で、タスクにパラメータを渡すかどうかを選択します。この例では、このステップをスキップできます。

  4. 出力」で、次のように設定を構成します。

    Output でスクリプト化されたタスクを設定する

タスク実行レポートを表示する

タスクが正常に実行されたら、レポートを確認して結果を表示できます。詳細については、「 レポート」を参照してください。この例では、次のレポートが表示されます。

レポート例

フィルターを使用して、関連するレポートにビューを絞り込み、エクスポートできます。レポートのエクスポートについては、「 レポートのエクスポート」を参照してください。エクスポートされたデータに基づいて、さらに分析を行うことができます。

以下は、Power BI で関心のあるデータを視覚化する例です。ユーザーのログオン期間の内訳が表示されます。

データ視覚化の例

ヒント:

ログオンパフォーマンスの最適化は、Workspace Environment Management サービスのハイライトの 1 つです。この機能により、ログオンプロセス全体を変更して、ログオン時間を大幅に短縮できます。 ログオンの最適化を参照してください

スクリプト化されたタスクを使用してログオン時間を分析する