Workspace Environment Management

以前のリリースで発生した既知の問題

Workspace Environment Management サービス 2204.2.0.1

  • VUEMRSAV.exe を使用して、現在のユーザーのアクショングループを通じて適用されたアクションの結果を表示すると、[ 適用されたアクション ] タブにアクションの誤ったソースが表示されることがあります。例:2 つのアクショングループ (Group1Group 2) がユーザーに割り当てられ、Group1Application1が含まれています 。[ 適用されたアクション ] タブには、Group2Application1が含まれていなくてもGroup2からApplication1と表示される場合があります 。デフォルトでは、VUEMRSAV.exe はエージェントインストールフォルダ %ProgramFiles%\ Citrix\ Workspace Environment Management エージェント\ VUEMRSAV.exe にあります。)[WEM-20002]

  • Microsoft AppLocker コンソールからエクスポートされた AppLocker ルールを WEM にインポートする場合、ハッシュタイプのルールはインポートできません。[WEM-20436]

  • [ レガシーコンソール] > [割り当て] > [モデリングウィザード] を使用すると、ネストされたグループ内のユーザーに対して実行されたアクションを表示できない場合があります。この問題は、アクションまたはアクショングループが割り当てられている最上位グループにユーザーがいない場合に発生します。例:最上位のグループはGroupAGroupBはそのメンバーで、UserAGroupBに所属しています。アクションまたはアクショングループをGroupAに割り当てた場合、モデリングウィザードを使用してUserAの結果のアクションを表示することはできません。[WEM-20842、WEMHELP-225]

Workspace Environment Management サービス 2204.1.0.1

  • Microsoft AppLocker コンソールからエクスポートされた AppLocker ルールを WEM にインポートする場合、ハッシュタイプのルールはインポートできません。[WEM-20436]

  • 自己昇格または権限昇格が無効になっていると、WEM エージェントは、ユーザーの環境に問題がなくても Windows イベントログに次のエラーを書き込む可能性があります System.ArgumentException: Cannot delete a subkey tree because the subkey does not exist。[WEM-20441]

Workspace Environment Management サービス 2203.2.0.1

  • 自己昇格ルールを別の構成セットに復元しようとすると、失敗することがあります。[WEM-18602]

Workspace Environment Management サービス 2201.2.0.1

  • Windows 10 および Windows 11 マシンでは、管理コンソールで構成した環境設定などの特定の設定が機能しないことがあります。[WEM-14193]

  • 自己昇格ルールを別の構成セットに復元しようとすると、失敗することがあります。[WEM-18602]

Workspace Environment Management サービス 2201.1.0.1

  • Windows 10 および Windows 11 マシンでは、管理コンソールで構成した環境設定などの特定の設定が機能しないことがあります。[WEM-14193]

Workspace Environment Management サービス 2110.2.0.1

  • Windows 10 および Windows 11 マシンでは、管理コンソールで構成した環境設定などの特定の設定が機能しないことがあります。[WEM-14193]

  • [ 管理コンソール] > [ポリシーとプロファイル] > [Microsoft USV 設定] > [フォルダーリダイレクト] タブで、[AppData のリダイレクト (ローミング) ] と [ ローカルリダイレクトされたフォルダーの削除 ] の両方を有効にすると、WEM エージェントは次の設定を適用できません。

    • 連絡先のリダイレクト
    • ダウンロードのリダイレクト
    • リダイレクトリンク
    • リダイレクト検索 [WEM-15016、CVADHELP-18196]
  • 2103 以降にアップグレードすると、ユーザーの環境で問題が発生しない場合でも、WEM エージェントが 5 分おきに Windows イベントログにエラーを書き込むことがあります。[WEM-15466、CVADHELP-18352]

Workspace Environment Management サービス 2110.1.0.1

  • Windows 10 および Windows 11 マシンでは、管理コンソールで構成した環境設定などの特定の設定が機能しないことがあります。[WEM-14193]

  • Windows Update がエージェントホストに KB5005033 をインストールした後、割り当てられたプリンタは機能しません。この問題は、更新プログラムによって Windows プリントスプーラサービスの自動起動が妨げられるために発生します。回避策として、サービスを手動で開始します。[WEM-15028]

  • Windows Server 2022 にアップグレードした後、WEM インフラストラクチャサービスが応答しないことがあります。回避策として、インフラストラクチャサービスを再インストールし、WEM データベースに接続するように設定します。[WEM-15353]

  • 2103 以降にアップグレードすると、ユーザーの環境で問題が発生しない場合でも、WEM エージェントが 5 分おきに Windows イベントログにエラーを書き込むことがあります。[WEM-15466、CVADHELP-18352]

  • [ 適用 ] をクリックして環境設定を保存すると、管理コンソールが予期せず終了することがあります。この問題は、 [環境設定] > [スタート] メニュー > [壁紙の設定] の [ **スタイル ] 設定が空のままになっているために発生します** (以前に [ スタイル ] を [ 塗りつぶし ] または [ フィット] に設定していた場合は、管理コンソールをバージョン 2109 にアップグレードした後に設定が空になりました)。回避策:[ スタイル ] の設定を空白のままにしないでください。[WEM-16351、WEMHELP-159]

Workspace Environment Management サービス 2109.2.0.1

  • Windows 10 および Windows 11 マシンでは、管理コンソールで構成した環境設定などの特定の設定が機能しないことがあります。[WEM-14193]

  • Windows Update がエージェントホストに KB5005033 をインストールした後、割り当てられたプリンタは機能しません。この問題は、更新プログラムによって Windows プリントスプーラサービスの自動起動が妨げられるために発生します。回避策として、サービスを手動で開始します。[WEM-15028]

  • Windows Server 2022 にアップグレードした後、WEM インフラストラクチャサービスが応答しないことがあります。回避策として、インフラストラクチャサービスを再インストールし、WEM データベースに接続するように設定します。[WEM-15353]

  • [ 適用 ] をクリックして環境設定を保存すると、管理コンソールが予期せず終了することがあります。この問題は、 [環境設定] > [スタート] メニュー > [壁紙の設定] の [ **スタイル ] 設定が空のままになっているために発生します** (以前に [ スタイル ] を [ 塗りつぶし ] または [ フィット] に設定していた場合は、管理コンソールをバージョン 2109 にアップグレードした後に設定が空になりました)。回避策:[ スタイル ] の設定を空白のままにしないでください。[WEM-16351、WEMHELP-159]

Workspace Environment Management サービス 2107.2.0.1

  • 32 ビットの実行可能ファイルに特権の昇格を適用すると、64 ビットの Windows オペレーティングシステムを実行しているコンピュータで、実行可能ファイルの特権を正常に昇格させることができます。ただし、実行可能規則で [ 子プロセスに適用] 設定が選択されているかどうかにかかわらず、その子プロセスはその特権を自動的に継承します 。[WEM-13592]

  • Windows 10マシンでは、管理コンソールで構成した環境およびその他の特定の設定が機能しない場合があります。[WEM-14193]

Workspace Environment Management サービス 2107.1.0.1

  • [ADAttribute:objectSid]動的トークンを使用してobjectsid属性を抽出すると、WEM エージェントは対応する AD オブジェクトの属性を抽出できません。[WEM-13746]

  • Windows 10マシンでは、管理コンソールで構成した環境およびその他の特定の設定が機能しない場合があります。[WEM-14193]

Workspace Environment Management サービス 2106.2.0.1

  • Windows 10マシンでは、管理コンソールで構成した環境およびその他の特定の設定が機能しない場合があります。[WEM-14193]

Workspace Environment Management サービス 2105.1.0.1

  • フィルタに基づいてプリンタをユーザーに割り当てて、その割り当てがフィルタ条件を満たす場合、WEM エージェントはプリンタをユーザーに割り当てます。ただし、エージェントは、ユーザーの次回ログオン時に、その時点で割り当てがフィルター条件を満たしていない場合でも、プリンターをユーザーに割り当てます。[WEM-11680、CVADHELP-16818]

  • アクショングループを介してユーザーまたはユーザーグループにアクションを割り当てると、管理コンソールで [ 無効 ] に設定されていても、アクションは引き続き有効になります。[WEM-12757、CVADHELP-17406]

  • Windows 10マシンでは、管理コンソールで構成した環境およびその他の特定の設定が機能しない場合があります。[WEM-14193]

Workspace Environment Management サービス 2104.1.0.1

  • フィルタに基づいてプリンタをユーザーに割り当てて、その割り当てがフィルタ条件を満たす場合、WEM エージェントはプリンタをユーザーに割り当てます。ただし、エージェントは、ユーザーの次回ログオン時に、その時点で割り当てがフィルター条件を満たしていない場合でも、プリンターをユーザーに割り当てます。[WEM-11680、CVADHELP-16818]

  • ファイルシステム操作のアクションを割り当てて、後でそのアクションを更新すると、以前にユーザー環境にコピーされたファイルまたはフォルダーが削除される可能性があります。この問題は、WEM エージェントは、アクションを更新した後、以前に行われた割り当てを元に戻すために発生します。[WEM-11924、CVADHELP-16916]

  • [ 詳細設定] > [構成] > [メイン構成 ] タブで [ エージェントタイプ ] を [ CMD ] に設定すると、[ 監視] > [日次レポート] > [日次ログインレポート ] タブに、現在の構成に接続されているすべてのユーザーのログオン時間の概要が表示されないことがあります。セット。[WEM-12226]

  • Windows 10マシンでは、管理コンソールで構成した環境およびその他の特定の設定が機能しない場合があります。[WEM-14193]

Workspace Environment Management サービス 2103.2.0.1

  • 公開アプリケーションセッションを起動または切断するときに、ログオンが遅い、セッションの切断が遅いなどのパフォーマンスの問題が発生することがあります。この問題は、WEM エージェント 2005 以降で発生します。[WEM-11693]

  • Windows 10マシンでは、管理コンソールで構成した環境およびその他の特定の設定が機能しない場合があります。[WEM-14193]

Workspace Environment Management サービス 2101.2.0.1

  • ログレベルの変更をすぐに有効にするには、WEM エージェントが特定のレジストリキーに非常に頻繁にアクセスし、パフォーマンスが低下することがあります。[WEM-11217]

  • アクショングループが複数のユーザーまたはユーザーグループに割り当てられている場合、ユーザーまたはユーザーグループから割り当てを解除すると、その割り当てが期待どおりに機能しないことがあります。たとえば、アクショングループを 2 つのユーザーグループ (グループ A とグループB) に割り当てます。グループ A からアクショングループの割り当てを解除すると、アクショングループはグループ **AではなくグループB から割り当て解除されます。**[WEM-11459、WEMHELP-75]

  • Windows 10マシンでは、管理コンソールで構成した環境およびその他の特定の設定が機能しない場合があります。[WEM-14193]

Workspace Environment Management サービス 2101.1.0.1

  • アプリケーションセキュリティ機能を使用すると、 [ルールの編集] または [ **ルールの追加** ] ウィンドウの [割り当て] セクションの [ **割り当て済み** ] 列に、ユーザーまたはユーザーグループの横に緑のチェックマークが表示されます。緑色のチェックマークアイコンは、ルールがそのユーザーまたはユーザー・グループに割り当てられていることを示すとは限りません。ルールが割り当てられるのは、青色の背景を持つユーザーまたはユーザー・グループのみです。[WEM-10047]

  • 特権昇格機能が正常に動作しない可能性があります。この問題は、WEM エージェントのバージョン 2010.2.0.1、2011.1.0.1、および **2101.1.0.1**で発生します。この問題は、Citrix WEMソフトウェアの署名に使用された証明書の有効期限が切れているために発生します。この問題を回避するには、関連する WEM エージェントをアンインストールし、最新の WEM エージェントをインストールして、エージェントホストを再起動します。[WEM-11918]

  • Windows 10マシンでは、管理コンソールで構成した環境およびその他の特定の設定が機能しない場合があります。[WEM-14193]

Workspace Environment Management サービス 2011.1.0.1

  • アプリケーションセキュリティ機能を使用すると、 [ルールの編集] または [ **ルールの追加** ] ウィンドウの [割り当て] セクションの [ **割り当て済み** ] 列に、ユーザーまたはユーザーグループの横に緑のチェックマークが表示されます。緑色のチェックマークアイコンは、ルールがそのユーザーまたはユーザー・グループに割り当てられていることを示すとは限りません。ルールが割り当てられているのは、バックグラウンドで青色のハイライトがあるユーザーまたはユーザー・グループのみです。[WEM-10047]

  • 特権昇格機能が正常に動作しない可能性があります。この問題は、WEM エージェントのバージョン 2010.2.0.1 および2011.1.0.1**で発生します。この問題は、Citrix WEMソフトウェアの署名に使用された証明書の有効期限が切れているために発生します。この問題を回避するには、関連する WEM エージェントをアンインストールし、最新の WEM エージェントをインストールして、エージェントホストを再起動します。[WEM-11918]

  • Windows 10マシンでは、管理コンソールで構成した環境およびその他の特定の設定が機能しない場合があります。[WEM-14193]

Workspace Environment Management サービス 2010.2.0.1

  • WEM エージェントをバージョン 1912 にアップグレードした後、 Citrix WEM エージェントホストサービスのメモリ消費が 2G を超えることがあります。デバッグモードが有効な場合、 Citrix WEMエージェントホストサービスの Debug.log ファイルに次のメッセージが何度も表示されることがわかります。

    • DB ライターのキューに履歴エントリを追加する
    • プロセスのプロセス制限スレッドを初期化中 [WEM-9432、CVADHELP-15147]
  • WEMエージェントをバージョン2005にアップグレードすると、 Citrix WEMエージェントホストサービスがCPUリソース全体の 10% ~ 30% を消費し、ユーザーエクスペリエンスに影響を与えることがあります。[WEM-9902、WEMHELP-47]

  • アプリケーションセキュリティ機能を使用すると、 [ルールの編集] または [ **ルールの追加** ] ウィンドウの [割り当て] セクションの [ **割り当て済み** ] 列に、ユーザーまたはユーザーグループの横に緑のチェックマークが表示されます。緑色のチェックマークアイコンは、ルールがそのユーザーまたはユーザー・グループに割り当てられていることを示すとは限りません。ルールが割り当てられているのは、バックグラウンドで青色のハイライトがあるユーザーまたはユーザー・グループのみです。[WEM-10047]

  • [ レジストリファイルからインポート ] ウィンドウでレジストリファイルを選択すると、[ 管理 ] タブに黒い画面が表示されます。 Esc キーを押してウィンドウを終了し、[ はい] をクリックします。[WEM-10103]

  • 特権昇格機能が正常に動作しない可能性があります。この問題は、WEM エージェントバージョン 2010.2.0.1 で発生します。この問題は、Citrix WEMソフトウェアの署名に使用された証明書の有効期限が切れているために発生します。この問題を回避するには、関連する WEM エージェントをアンインストールし、最新の WEM エージェントをインストールして、エージェントホストを再起動します。[WEM-11918]

  • Windows 10マシンでは、管理コンソールで構成した環境およびその他の特定の設定が機能しない場合があります。[WEM-14193]

Workspace Environment Management サービス 2010.1.0.1

  • WEM エージェントをバージョン 1912 にアップグレードした後、 Citrix WEM エージェントホストサービスのメモリ消費が 2G を超えることがあります。デバッグモードが有効な場合、 Citrix WEMエージェントホストサービスの Debug.log ファイルに次のメッセージが何度も表示されることがわかります。

    • DB ライターのキューに履歴エントリを追加する
    • プロセスのプロセス制限スレッドを初期化中 [WEM-9432、CVADHELP-15147]
  • WEMエージェントをバージョン2005にアップグレードすると、 Citrix WEMエージェントホストサービスがCPUリソース全体の 10% ~ 30% を消費し、ユーザーエクスペリエンスに影響を与えることがあります。[WEM-9902、WEMHELP-47]

  • アプリケーションセキュリティ機能を使用すると、 [ルールの編集] または [ **ルールの追加** ] ウィンドウの [割り当て] セクションの [ **割り当て済み** ] 列に、ユーザーまたはユーザーグループの横に緑のチェックマークが表示されます。緑色のチェックマークアイコンは、ルールがそのユーザーまたはユーザー・グループに割り当てられていることを示すとは限りません。ルールが割り当てられているのは、バックグラウンドで青色のハイライトがあるユーザーまたはユーザー・グループのみです。[WEM-10047]

  • Windows 10マシンでは、管理コンソールで構成した環境およびその他の特定の設定が機能しない場合があります。[WEM-14193]

Workspace Environment Management サービス 2009.1.0.1

  • WEM エージェントをバージョン 1912 にアップグレードした後、 Citrix WEM エージェントホストサービスのメモリ消費が 2G を超えることがあります。デバッグモードが有効な場合、 Citrix WEMエージェントホストサービスの Debug.log ファイルに次のメッセージが何度も表示されることがわかります。

    • DB ライターのキューに履歴エントリを追加する
    • プロセスのプロセス制限スレッドを初期化中 [WEM-9432、CVADHELP-15147]
  • WEMエージェントをバージョン2005にアップグレードすると、 Citrix WEMエージェントホストサービスがCPUリソース全体の 10% ~ 30% を消費し、ユーザーエクスペリエンスに影響を与えることがあります。[WEM-9902、WEMHELP-47]

  • WEM 管理コンソールに、次回アプリケーションを編集するときに、インストールされたアプリケーションの作業ディレクトリに加えた変更が表示されないことがあります。[WEM-10007、CVADHELP-15695]

  • 非永続的な環境では、管理コンソールを使用して行った変更がエージェントホストで有効にならなくなることがあります。この問題は、ベースイメージ内のエージェントキャッシュファイルがキャッシュ同期の問題を引き起こす可能性があるために発生します。回避策として、ユーザーはまずエージェント・ホスト上のキャッシュを削除してから、キャッシュを手動で更新して、キャッシュをインフラストラクチャ・サービスと同期させる必要があります。

    推奨されるベストプラクティスは、エージェントキャッシュに永続的な場所を使用することです。エージェントキャッシュが非永続的な場所に存在する場合は、ベースイメージをシールする前に次の手順を実行します。

    1. Citrix WEM エージェントホストサービスを停止します
    2. エージェントローカルデータベースファイル ( LocalAgentCache.dbLocalAgentDatabase.db) を削除します。[WEM-10082]
  • 次のオプションは相互に排他的ではありません。ただし、管理コンソールでは、同時に設定することはできません。

    • エクスプローラで指定したドライブを非表示にし、エクスプローラから指定したドライブを制限する** ([ **ポリシーとプロファイル] > [環境設定] > [Windows エクスプローラ ] タブ) [WEM-10172、WEMHELP-52]
  • Windows 10マシンでは、管理コンソールで構成した環境およびその他の特定の設定が機能しない場合があります。[WEM-14193]

Workspace Environment Management サービス 2008.1.0.1

  • Windows 10マシンでは、管理コンソールで構成した環境およびその他の特定の設定が機能しない場合があります。[WEM-14193]

Workspace Environment Management サービス 2007.2.0.1

  • デフォルトのパッケージルールを編集する場合、「ルールを編集」( Edit Rule) ウィンドウの「 パブリッシャ 」(Publisher) タブで有効な値を入力するよう求められます。このとき、 「OK」 ボタンはグレー表示されます。ただし、後で [ パブリッシャー ] タブで有効な値を指定しても、[ OK ] ボタンはグレー表示されます。[WEM-9498]

  • Windows 10マシンでは、管理コンソールで構成した環境およびその他の特定の設定が機能しない場合があります。[WEM-14193]

Workspace Environment Management サービス 2007.1.0.1

  • グループポリシー設定を WEM にインポートすると、管理者だけが管理コンソールを使用している場合でも、次のメッセージが表示されることがあります。

    • 構成変更の更新:管理者が構成関連の変更を行いました。[OK] をクリックして、現在の管理コンソールでの変更を反映します。[WEM-9234]
  • Windows 10マシンでは、管理コンソールで構成した環境およびその他の特定の設定が機能しない場合があります。[WEM-14193]

Workspace Environment Management サービス 2006.2.0.1

  • Windows 10マシンでは、管理コンソールで構成した環境およびその他の特定の設定が機能しない場合があります。[WEM-14193]

Workspace Environment Management サービス 2006.1.0.1

  • Windows 10マシンでは、管理コンソールで構成した環境およびその他の特定の設定が機能しない場合があります。[WEM-14193]

Workspace Environment Management サービス 2005.1.0.1

  • トランスフォーマー(キオスク) モードで、 [ウィンドウモードを有効にする] が有効な場合、WEM エージェントが予期せず終了することがあります。[WEM-8119]

  • Windows 10マシンでは、管理コンソールで構成した環境およびその他の特定の設定が機能しない場合があります。[WEM-14193]

Workspace Environment Management サービス 2004.1.0.1

  • エージェント UI の [ マイアプリケーション ] アイコンリストからアプリケーションを起動しようとすると、失敗することがあります。この問題は、StoreFront のURLを使用して作成されたアプリケーションショートカットで発生します。[WEM-7578、CVADHELP-14171]

  • エージェントがCitrix CloudのWEMサービスとの同期に失敗することがあります。この問題は、エージェントとサービスとの通信方法を定義するために HTTPS プロキシを構成するときに発生します。[WEM-7579、CVADHELP-14168]

  • Windows 10マシンでは、管理コンソールで構成した環境およびその他の特定の設定が機能しない場合があります。[WEM-14193]

Workspace Environment Management サービス 2002.1.0.1

  • エージェントホストで、アプリケーションのショートカットとして公開アプリケーションを起動しようとすると失敗することがあります。この問題は、StoreFront のURLを使用して作成されたアプリケーションショートカットで発生します。[WEM-7348、CVADHELP-14061]

  • Windows 10マシンでは、管理コンソールで構成した環境およびその他の特定の設定が機能しない場合があります。[WEM-14193]

Workspace Environment Management サービス 2001.1.0.1

  • WEM サービス管理コンソールの [ Active Directory オブジェクト ] タブに表示されるエージェントホストマシン名は、マシン名の変更を反映して自動的に更新されません。[マシン]リストにマシンの新しい名前を表示するには、[マシン]リストからマシンを手動で削除してから、マシンを再度追加する必要があります。[WEM-1549]

  • レジストリエントリは、アクショングループを使用してユーザーまたはユーザーグループに割り当てると、有効にならないことがあります。ただし、直接割り当てると有効になります。この問題は、次のいずれかの場所で作成されるレジストリエントリを割り当てると発生します。
    • %ComputerName%\HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies
    • %ComputerName%\HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies [WEM-5253]
  • Workspace エージェントの更新は、完了までに時間がかかる場合があります。この問題は、現在のユーザーが多くのユーザーグループに属していて、エージェントが処理するアクショングループまたは多数のアクションがある場合に発生します。[WEM-6582]

  • Windows 10マシンでは、管理コンソールで構成した環境およびその他の特定の設定が機能しない場合があります。[WEM-14193]

Workspace Environment Management サービス 1911.1.0.1

  • WEM サービス管理コンソールの [ Active Directory オブジェクト ] タブに表示されるエージェントホストマシン名は、マシン名の変更を反映して自動的に更新されません。[マシン]リストにマシンの新しい名前を表示するには、[マシン]リストからマシンを手動で削除してから、マシンを再度追加する必要があります。[WEM-1549]

  • レジストリエントリは、アクショングループを使用してユーザーまたはユーザーグループに割り当てると、有効にならないことがあります。ただし、直接割り当てると有効になります。この問題は、次のいずれかの場所で作成されるレジストリエントリを割り当てると発生します。
    • %ComputerName%\HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies
    • %ComputerName%\HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies [WEM-5253]
  • Windows 10マシンでは、管理コンソールで構成した環境およびその他の特定の設定が機能しない場合があります。[WEM-14193]

Workspace Environment Management サービス 1910.1.0.1

  • WEM サービス管理コンソールの [ Active Directory オブジェクト ] タブに表示されるエージェントホストマシン名は、マシン名の変更を反映して自動的に更新されません。[マシン]リストにマシンの新しい名前を表示するには、[マシン]リストからマシンを手動で削除してから、マシンを再度追加する必要があります。[WEM-1549]

  • 復元する AD オブジェクトの種類として [ マシン ] を選択し、[ 次へ] をクリックした後、復元ウィザードの Active Directory (AD) オブジェクトの読み込みに時間がかかることがあります。この問題は、多くの OU (たとえば、4,000) がある場合に発生します。[WEM-5169]

  • レジストリエントリは、アクショングループを使用してユーザーまたはユーザーグループに割り当てると、有効にならないことがあります。ただし、直接割り当てると有効になります。この問題は、次のいずれかの場所で作成されるレジストリエントリを割り当てると発生します。
    • %ComputerName%\HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies
    • %ComputerName%\HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies [WEM-5253]
  • 管理コンソールの[詳細設定]>[構成]>[エージェントオプション]タブの[オンラインでもキャッシュを使用する]オプションが機能しない場合があります 。[WEM-6118]

  • Windows 10マシンでは、管理コンソールで構成した環境およびその他の特定の設定が機能しない場合があります。[WEM-14193]

Workspace Environment Management サービス 1908.2.0.1

  • WEM サービス管理コンソールの [ Active Directory オブジェクト ] タブに表示されるエージェントホストマシン名は、マシン名の変更を反映して自動的に更新されません。[マシン]リストにマシンの新しい名前を表示するには、[マシン]リストからマシンを手動で削除してから、マシンを再度追加する必要があります。[WEM-1549]

  • オンプレミスの WEM データベースを WEM サービスに移行した後、コンピューターに最新バージョンがインストールされている場合でも、WEM サービスエージェントを再インストールする必要があります。これは、WEM サービスエージェントを再インストールしない限り、エージェントキャッシュが WEM サービスデータベースと同期できないために必要です。[WEM-2396]

  • トランスフォーマー (キオスク) モードで、ログオフ画面リダイレクトが有効になっていると、ログオフ後にログオンページへのリダイレクトに失敗することがあります。[WEM-3133]

  • 復元する AD オブジェクトの種類として [ マシン ] を選択し、[ 次へ] をクリックした後、復元ウィザードの Active Directory (AD) オブジェクトの読み込みに時間がかかることがあります。この問題は、多くの OU (たとえば、4,000) がある場合に発生します。[WEM-5169]

  • レジストリエントリは、アクショングループを使用してユーザーまたはユーザーグループに割り当てると、有効にならないことがあります。ただし、直接割り当てると有効になります。この問題は、次のいずれかの場所で作成されるレジストリエントリを割り当てると発生します。
    • %ComputerName%\HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies
    • %ComputerName%\HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies [WEM-5253]
  • Windows 10マシンでは、管理コンソールで構成した環境およびその他の特定の設定が機能しない場合があります。[WEM-14193]

Workspace Environment Management サービス 1908.1.0.1

  • WEM サービス管理コンソールの [ Active Directory オブジェクト ] タブに表示されるエージェントホストマシン名は、マシン名の変更を反映して自動的に更新されません。[マシン]リストにマシンの新しい名前を表示するには、[マシン]リストからマシンを手動で削除してから、マシンを再度追加する必要があります。[WEM-1549]

  • 管理コンソールの [ Active Directory オブジェクト ] タブで、[ オブジェクトの追加 ] と [ 名前の確認 ] を使用してオブジェクトを検索および追加すると、一度に 1 つのオブジェクトのみを追加できます。別のオブジェクトを追加するには、[コンピューターまたはグループの選択] ダイアログボックスを閉じてから再度開く必要があります。(オンプレミスバージョンの [Workspace Environment Management] では、毎回ダイアログボックスを閉じることなく複数のオブジェクトを識別して追加できます)。[WEM-1620]

  • オンプレミスの WEM データベースを WEM サービスに移行した後、コンピューターに最新バージョンがインストールされている場合でも、WEM サービスエージェントを再インストールする必要があります。これは、WEM サービスエージェントを再インストールしない限り、エージェントキャッシュが WEM サービスデータベースと同期できないために必要です。[WEM-2396]

  • トランスフォーマー (キオスク) モードで、ログオフ画面リダイレクトが有効になっていると、ログオフ後にログオンページへのリダイレクトに失敗することがあります。[WEM-3133]

  • 復元する AD オブジェクトの種類として [ マシン ] を選択し、[ 次へ] をクリックした後、復元ウィザードの Active Directory (AD) オブジェクトの読み込みに時間がかかることがあります。この問題は、多くの OU (たとえば、4,000) がある場合に発生します。[WEM-5169]

  • レジストリエントリは、アクショングループを使用してユーザーまたはユーザーグループに割り当てると、有効にならないことがあります。ただし、直接割り当てると有効になります。この問題は、次のいずれかの場所で作成されるレジストリエントリを割り当てると発生します。
    • %ComputerName%\HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies
    • %ComputerName%\HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies [WEM-5253]
  • Windows 10マシンでは、管理コンソールで構成した環境およびその他の特定の設定が機能しない場合があります。[WEM-14193]

Workspace Environment Management サービス 1907.2.0.1

  • WEM サービス管理コンソールの [ Active Directory オブジェクト ] タブに表示されるエージェントホストマシン名は、マシン名の変更を反映して自動的に更新されません。[マシン]リストにマシンの新しい名前を表示するには、[マシン]リストからマシンを手動で削除してから、マシンを再度追加する必要があります。[WEM-1549]

  • 管理コンソールの [ Active Directory オブジェクト ] タブで、[ オブジェクトの追加 ] と [ 名前の確認 ] を使用してオブジェクトを検索および追加すると、一度に 1 つのオブジェクトのみを追加できます。別のオブジェクトを追加するには、[コンピューターまたはグループの選択] ダイアログボックスを閉じてから再度開く必要があります。(オンプレミスバージョンの [Workspace Environment Management] では、毎回ダイアログボックスを閉じることなく複数のオブジェクトを識別して追加できます)。[WEM-1620]

  • オンプレミスの WEM データベースを WEM サービスに移行した後、コンピューターに最新バージョンがインストールされている場合でも、WEM サービスエージェントを再インストールする必要があります。これは、WEM サービスエージェントを再インストールしない限り、エージェントキャッシュが WEM サービスデータベースと同期できないために必要です。[WEM-2396]

  • トランスフォーマー (キオスク) モードで、ログオフ画面リダイレクトが有効になっていると、ログオフ後にログオンページへのリダイレクトに失敗することがあります。[WEM-3133]

  • Windows 10マシンでは、管理コンソールで構成した環境およびその他の特定の設定が機能しない場合があります。[WEM-14193]

Workspace Environment Management サービス 1907.1.0.1

  • Windows Server 2012 R2 にインストールされた Adobe Reader のインスタンスは、Workspace Environment Management が PDF ファイルを他の PDF リーダーアプリケーションに関連付けることを防止します。ユーザーは、PDF を開くたびに PDF リーダーアプリケーションを選択するように強制されます。[WEM-33]

  • WEM サービス管理コンソールの [ Active Directory オブジェクト ] タブに表示されるエージェントホストマシン名は、マシン名の変更を反映して自動的に更新されません。[マシン]リストにマシンの新しい名前を表示するには、[マシン]リストからマシンを手動で削除してから、マシンを再度追加する必要があります。[WEM-1549]

  • 管理コンソールの [ Active Directory オブジェクト ] タブで、[ オブジェクトの追加 ] と [ 名前の確認 ] を使用してオブジェクトを検索および追加すると、一度に 1 つのオブジェクトのみを追加できます。別のオブジェクトを追加するには、[コンピューターまたはグループの選択] ダイアログボックスを閉じてから再度開く必要があります。(オンプレミスバージョンの [Workspace Environment Management] では、毎回ダイアログボックスを閉じることなく複数のオブジェクトを識別して追加できます)。[WEM-1620]

  • オンプレミスの WEM データベースを WEM サービスに移行した後、コンピューターに最新バージョンがインストールされている場合でも、WEM サービスエージェントを再インストールする必要があります。これは、WEM サービスエージェントを再インストールしない限り、エージェントキャッシュが WEM サービスデータベースと同期できないために必要です。[WEM-2396]

  • トランスフォーマー (キオスク) モードで、ログオフ画面リダイレクトが有効になっていると、ログオフ後にログオンページへのリダイレクトに失敗することがあります。[WEM-3133]

  • Windows 10マシンでは、管理コンソールで構成した環境およびその他の特定の設定が機能しない場合があります。[WEM-14193]

Workspace Environment Management サービス 1906

  • Windows Server 2012 R2 にインストールされた Adobe Reader のインスタンスは、Workspace Environment Management が PDF ファイルを他の PDF リーダーアプリケーションに関連付けることを防止します。ユーザーは、PDF を開くたびに PDF リーダーアプリケーションを選択するように強制されます。[WEM-33]

  • WEM サービス管理コンソールの [ Active Directory オブジェクト ] タブに表示されるエージェントホストマシン名は、マシン名の変更を反映して自動的に更新されません。[マシン]リストにマシンの新しい名前を表示するには、[マシン]リストからマシンを手動で削除してから、マシンを再度追加する必要があります。[WEM-1549]

  • 管理コンソールの [ Active Directory オブジェクト ] タブで、[ オブジェクトの追加 ] と [ 名前の確認 ] を使用してオブジェクトを検索および追加すると、一度に 1 つのオブジェクトのみを追加できます。別のオブジェクトを追加するには、[コンピューターまたはグループの選択] ダイアログボックスを閉じてから再度開く必要があります。(オンプレミスバージョンの [Workspace Environment Management] では、毎回ダイアログボックスを閉じることなく複数のオブジェクトを識別して追加できます)。[WEM-1620]

  • オンプレミスの WEM データベースを WEM サービスに移行した後、コンピューターに最新バージョンがインストールされている場合でも、WEM サービスエージェントを再インストールする必要があります。これは、WEM サービスエージェントを再インストールしない限り、エージェントキャッシュが WEM サービスデータベースと同期できないために必要です。[WEM-2396]

  • トランスフォーマー (キオスク) モードで、ログオフ画面リダイレクトが有効になっていると、ログオフ後にログオンページへのリダイレクトに失敗することがあります。[WEM-3133]

  • Windows 10マシンでは、管理コンソールで構成した環境およびその他の特定の設定が機能しない場合があります。[WEM-14193]

Workspace Environment Management サービス 1904

  • Windows Server 2012 R2 にインストールされた Adobe Reader のインスタンスは、Workspace Environment Management が PDF ファイルを他の PDF リーダーアプリケーションに関連付けることを防止します。ユーザーは、PDF を開くたびに PDF リーダーアプリケーションを選択するように強制されます。[WEM-33]

  • WEM サービス管理コンソールの [ Active Directory オブジェクト ] タブに表示されるエージェントホストマシン名は、マシン名の変更を反映して自動的に更新されません。[マシン]リストにマシンの新しい名前を表示するには、[マシン]リストからマシンを手動で削除してから、マシンを再度追加する必要があります。[WEM-1549]

  • 管理コンソールの [ Active Directory オブジェクト ] タブで、[ オブジェクトの追加 ] と [ 名前の確認 ] を使用してオブジェクトを検索および追加すると、一度に 1 つのオブジェクトのみを追加できます。別のオブジェクトを追加するには、[コンピューターまたはグループの選択] ダイアログボックスを閉じてから再度開く必要があります。(オンプレミスバージョンの [Workspace Environment Management] では、毎回ダイアログボックスを閉じることなく複数のオブジェクトを識別して追加できます)。[WEM-1620]

  • オンプレミスの WEM データベースを WEM サービスに移行した後、コンピューターに最新バージョンがインストールされている場合でも、WEM サービスエージェントを再インストールする必要があります。これは、WEM サービスエージェントを再インストールしない限り、エージェントキャッシュが WEM サービスデータベースと同期できないために必要です。[WEM-2396]

  • トランスフォーマー (キオスク) モードで、ログオフ画面リダイレクトが有効になっていると、ログオフ後にログオンページへのリダイレクトに失敗することがあります。[WEM-3133]

  • Windows 10マシンでは、管理コンソールで構成した環境およびその他の特定の設定が機能しない場合があります。[WEM-14193]

Workspace Environment Management サービス 1812.1.0.1

  • Windows Server 2012 R2 にインストールされた Adobe Reader のインスタンスは、Workspace Environment Management が PDF ファイルを他の PDF リーダーアプリケーションに関連付けることを防止します。ユーザーは、PDF を開くたびに PDF リーダーアプリケーションを選択するように強制されます。[WEM-33]

  • WEM サービス管理コンソールの [ Active Directory オブジェクト ] タブに表示されるエージェントホストマシン名は、マシン名の変更を反映して自動的に更新されません。[マシン]リストにマシンの新しい名前を表示するには、[マシン]リストからマシンを手動で削除してから、マシンを再度追加する必要があります。[WEM-1549]

  • 管理コンソールの [ Active Directory オブジェクト ] タブで、[ オブジェクトの追加 ] と [ 名前の確認 ] を使用してオブジェクトを検索および追加すると、一度に 1 つのオブジェクトのみを追加できます。別のオブジェクトを追加するには、[コンピューターまたはグループの選択] ダイアログボックスを閉じてから再度開く必要があります。(オンプレミスバージョンの [Workspace Environment Management] では、毎回ダイアログボックスを閉じることなく複数のオブジェクトを識別して追加できます)。[WEM-1620]

  • オンプレミスの WEM データベースを WEM サービスに移行した後、コンピューターに最新バージョンがインストールされている場合でも、WEM サービスエージェントを再インストールする必要があります。これは、WEM サービスエージェントを再インストールしない限り、エージェントキャッシュが WEM サービスデータベースと同期できないために必要です。[WEM-2396]

  • トランスフォーマー (キオスク) モードで、ログオフ画面リダイレクトが有効になっていると、ログオフ後にログオンページへのリダイレクトに失敗することがあります。[WEM-3133]

  • 管理コンソール > 監視 > ユーザートレンド > デバイスタイプ ] タブで [フィルタの適用] または [レポートの更新] をクリックすると、レポートを表示できない場合があります。代わりに、[ 管理コンソール] > [アクション] > [アプリケーション] > [アプリケーションリスト ] タブに戻ります。[WEM-3254]

  • Windows 10 バージョン 1809 および Windows Server 2019 では、Workspace Environment Management はアプリケーションをタスクバーに固定できません。[WEM-3257]

  • WEM を最新バージョンにアップグレードした後、以前のバージョンのエージェントをまだ使用している場合、エージェントはオフラインモードで正常に動作しません。この問題は、最新のリリースでエージェントローカルキャッシュファイルのスコープの変更のために発生します。回避策として、古いエージェントローカルキャッシュファイルを削除し、WEM エージェントホストサービス (Norskale エージェントホストサービス) を再起動します。[WEM-3281]

  • 管理コンソールの [セキュリティ] タブで、ファイルハッシュ条件を使用して、拡張子が.exe または .dll のファイルに対して AppLocker ルールを作成した場合、ルールは機能しません。この問題は WEM は、そのファイルのハッシュコードを正しく計算するために発生します。[WEM-3580]

  • 管理コンソールの [セキュリティ] タブで、発行者の条件を使用してファイルの AppLocker ルールを作成した場合、ルールは機能しません。この問題は WEM がファイル名を正しく解決するために発生します。[WEM-3582]

  • 管理コンソールで [ OU の追加 ] をクリックすると、WEM の [ 組織単位 ] ウィンドウに何も表示されないことがあります。この問題は、フォレスト (現在または信頼されている) に多数の OU が含まれている場合に発生します。回避策として、[ キャンセル ] をクリックし、[ OU の追加 ] を複数回クリックする必要がある場合があります。[WEM-3818、UCOHELP-1211]

  • 英語版以外の Windows オペレーティングシステムを使用する Windows サーバーでは、アプリケーションセキュリティ機能は機能しません。この問題は、WEM が英語以外の言語環境で Application Identity サービスを開始できないために発生します。[WEM-3957、LD1185]

  • Windows 10マシンでは、管理コンソールで構成した環境およびその他の特定の設定が機能しない場合があります。[WEM-14193]

Workspace Environment Management サービス 1812.0.0.1

  • Windows Server 2012 R2 にインストールされた Adobe Reader のインスタンスは、Workspace Environment Management が PDF ファイルを他の PDF リーダーアプリケーションに関連付けることを防止します。ユーザーは、PDF を開くたびに PDF リーダーアプリケーションを選択するように強制されます。[WEM-33]

  • WEM サービス管理コンソールの [ Active Directory オブジェクト ] タブに表示されるエージェントホストマシン名は、マシン名の変更を反映して自動的に更新されません。[マシン]リストにマシンの新しい名前を表示するには、[マシン]リストからマシンを手動で削除してから、マシンを再度追加する必要があります。[WEM-1549]

  • 管理コンソールの [ Active Directory オブジェクト ] タブで、[ オブジェクトの追加 ] と [ 名前の確認 ] を使用してオブジェクトを検索および追加すると、一度に 1 つのオブジェクトのみを追加できます。別のオブジェクトを追加するには、[コンピューターまたはグループの選択] ダイアログボックスを閉じてから再度開く必要があります。(オンプレミスバージョンの [Workspace Environment Management] では、毎回ダイアログボックスを閉じることなく複数のオブジェクトを識別して追加できます)。[WEM-1620]

  • オンプレミスの WEM データベースを WEM サービスに移行した後、コンピューターに最新バージョンがインストールされている場合でも、WEM サービスエージェントを再インストールする必要があります。これは、WEM サービスエージェントを再インストールしない限り、エージェントキャッシュが WEM サービスデータベースと同期できないために必要です。[WEM-2396]

  • トランスフォーマー (キオスク) モードで、ログオフ画面リダイレクトが有効になっていると、ログオフ後にログオンページへのリダイレクトに失敗することがあります。[WEM-3133]

  • 管理コンソール > 監視 > ユーザートレンド > デバイスタイプ ] タブで [フィルタの適用] または [レポートの更新] をクリックすると、レポートを表示できない場合があります。代わりに、[ 管理コンソール] > [アクション] > [アプリケーション] > [アプリケーションリスト ] タブに戻ります。[WEM-3254]

  • Windows 10 バージョン 1809 および Windows Server 2019 では、Workspace Environment Management はアプリケーションをタスクバーに固定できません。[WEM-3257]

  • WEM を最新バージョンにアップグレードした後、以前のバージョンのエージェントをまだ使用している場合、エージェントはオフラインモードで正常に動作しません。この問題は、最新のリリースでエージェントローカルキャッシュファイルのスコープの変更のために発生します。回避策として、古いエージェントローカルキャッシュファイルを削除し、WEM エージェントホストサービス (Norskale エージェントホストサービス) を再起動します。[WEM-3281]

  • 管理コンソールの [セキュリティ] タブで、ファイルハッシュ条件を使用して、拡張子が.exe または .dll のファイルに対して AppLocker ルールを作成した場合、ルールは機能しません。この問題は WEM は、そのファイルのハッシュコードを正しく計算するために発生します。[WEM-3580]

  • 管理コンソールの [セキュリティ] タブで、発行者の条件を使用してファイルの AppLocker ルールを作成した場合、ルールは機能しません。この問題は WEM がファイル名を正しく解決するために発生します。[WEM-3582]

  • [ フィルタとドライブ文字の割り当て] ウィンドウで、そのネットワークドライブのドライブ文字として # を選択すると、ネットワークドライブをユーザーにマッピングしようとすると失敗します 。この問題は、WEM が現在、「#」を使用してネットワークドライブへのランダムな文字の割り当てをサポートしていないために発生します。[WEM-3752, LD1014]

  • WEM データベースを WEM サービスに移行しようとすると失敗することがあります。この問題は、オンプレミスの WEM データベースの VuemTaskshiStory テーブルのエントリに特殊文字が含まれている場合に発生します。回避策として、オンプレミスの WEM データベースからこれらのエントリを削除し、移行プロセスを再起動します。[WEM-3817、UCOHELP-1567]

  • 管理コンソールで [ OU の追加 ] をクリックすると、WEM の [ 組織単位 ] ウィンドウに何も表示されないことがあります。この問題は、フォレスト (現在または信頼されている) に多数の OU が含まれている場合に発生します。回避策として、[ キャンセル ] をクリックし、[ OU の追加 ] を複数回クリックする必要がある場合があります。[WEM-3818、UCOHELP-1211]

  • 英語版以外の Windows オペレーティングシステムを使用する Windows サーバーでは、アプリケーションセキュリティ機能は機能しません。この問題は、WEM が英語以外の言語環境で Application Identity サービスを開始できないために発生します。[WEM-3957、LD1185]

  • Windows 10マシンでは、管理コンソールで構成した環境およびその他の特定の設定が機能しない場合があります。[WEM-14193]

Workspace Environment Management サービス 1811

Workspace Environment Management サービスには、次の問題があります。

  • Windows Server 2012 R2 にインストールされた Adobe Reader のインスタンスは、Workspace Environment Management が PDF ファイルを他の PDF リーダーアプリケーションに関連付けることを防止します。ユーザーは、PDF を開くたびに PDF リーダーアプリケーションを選択するように強制されます。[WEM-33]

  • Internet Explorer 11 (IE11) または Microsoft Edge を使用してWorkspace Environment Managementサービス管理コンソールを開き、[開発者ツール] ウィンドウ (F12) を開くと、[開発者ツール] ウィンドウをもう一度閉じても、管理コンソールはフルサイズに再描画されません。この場合は、ブラウザウィンドウを更新して、管理コンソールを正しく再描画します。[WEM-1377]

  • WEM サービス管理コンソールの [ Active Directory オブジェクト ] タブに表示されるエージェントホストマシン名は、マシン名の変更を反映して自動的に更新されません。[マシン]リストにマシンの新しい名前を表示するには、[マシン]リストからマシンを手動で削除してから、マシンを再度追加する必要があります。[WEM-1549]

  • 管理コンソールの [ Active Directory オブジェクト ] タブで、[ オブジェクトの追加 ] と [ 名前の確認 ] を使用してオブジェクトを検索および追加すると、一度に 1 つのオブジェクトのみを追加できます。別のオブジェクトを追加するには、[コンピューターまたはグループの選択] ダイアログボックスを閉じてから再度開く必要があります。(オンプレミスバージョンの [Workspace Environment Management] では、毎回ダイアログボックスを閉じることなく複数のオブジェクトを識別して追加できます)。[WEM-1620]

  • オンプレミスの WEM データベースを WEM サービスに移行した後、コンピューターに最新バージョンがインストールされている場合でも、WEM サービスエージェントを再インストールする必要があります。これは、WEM サービスエージェントを再インストールしない限り、エージェントキャッシュが WEM サービスデータベースと同期できないために必要です。[WEM-2396]

  • Workspace Environment Management サービスの [管理] タブから管理コンソールにアクセスしようとすると失敗します。 回避策として、ブラウザウィンドウを更新して、もう一度試してください。[WEM-2401]

  • Windows 7 サービスパック 1、Windows 2008 R2 サービスパック 1、または Windows Server 2008 サービスパック 2 で UpmConfigCheck スクリプトを実行しようとすると失敗します。これらのオペレーティングシステムでスクリプトを実行するには、Windows Management Framework 3.0 を手動でインストールする必要があります。Windows Management Framework 3.0 をインストールしても UPMConfigCheck が機能しない場合は、WEM エージェントホストサービス (Norskale エージェントホストサービス) を再起動します。[WEM-2717]

  • Windows 10マシンでは、管理コンソールで構成した環境およびその他の特定の設定が機能しない場合があります。[WEM-14193]

Workspace Environment Management サービス 1807

Workspace Environment Management サービスには、次の問題があります。

  • Windows Server 2012 R2 では、Adobe Acrobat Reader がインストールされている場合、Workspace Environment Management が PDF ファイルを他の PDF リーダーアプリケーションに関連付けることができなくなります。ユーザーは、PDF を開くたびに PDF リーダーアプリケーションを選択するように強制されます。[WEM-33]

  • [セキュリティ] タブで [ DLL ルールを処理] オプションをオフにすると、WEM データベースの実際の数に関係なく、「DLL Rules」コレクションの横に報告されるルールカウントがゼロに設定されます。[WEM-425]

  • WindowsサーバーOSマシンで複数のセッションサポートが有効になっている場合、以前にログオンしたユーザーのアプリケーション・セキュリティ・ルールは、最近ログオンしたユーザーのルールに置き換えられます。たとえば、ルールが user1 に割り当てられ、user2 に割り当てられていない場合、user2 がログオンすると、そのルールはローカルの AppLocker ルールから削除されます。したがって、user1 にもルールを適用することはできません。[WEM-1070]

  • Internet Explorer 11 (IE11) または Microsoft Edge を使用してWorkspace Environment Managementサービス管理コンソールを開き、[開発者ツール] ウィンドウ (F12) を開くと、[開発者ツール] ウィンドウをもう一度閉じても、管理コンソールはフルサイズに再描画されません。この場合は、ブラウザウィンドウを更新して、管理コンソールを正しく再描画します。[WEM-1377]

  • WEM サービス管理コンソールの [ Active Directory オブジェクト ] タブに表示されるエージェントホストマシン名は、マシン名の変更を反映して自動的に更新されません。[マシン]リストにマシンの新しい名前を表示するには、[マシン]リストからマシンを手動で削除してから、マシンを再度追加する必要があります。[WEM-1549]

  • Workspace Environment Management (WEM) のオンプレミス版では、Active Directory セキュリティグループを WEM エージェントのコンテナーとして使用できます。ただし、WEM サービスでは、Active Directory セキュリティグループをエージェントコンテナーとして使用することはできません。オンプレミスのインフラストラクチャサービスでは、直接および間接の OU をエージェントコンテナーとして使用することもできます。ただし、WEM サービスは間接的な OU をサポートしていません。たとえば、WEM エージェント AGENT1 が OU2 に属し、OU2 が OU1 (OU1>OU2>AGENT1) に属するとします。オンプレミスのインフラストラクチャサービスは、AGENT1 を OU1 と OU2 の両方のメンバーとして認識しますが、WEM サービスは AGENT1 を OU2 のメンバーとして認識します。[WEM-1619]

  • 管理コンソールの [Active Directory オブジェクト] タブで、[ オブジェクトの追加 ] と [ 名前の確認 ] を使用してオブジェクトを検索および追加すると、一度に 1 つのオブジェクトのみを追加できます。別のオブジェクトを追加するには、[コンピューターまたはグループの選択] ダイアログボックスを閉じてから再度開く必要があります。(オンプレミスバージョンの [Workspace Environment Management] では、毎回ダイアログボックスを閉じることなく複数のオブジェクトを識別して追加できます)。[WEM-1620]

  • Windows 10マシンでは、管理コンソールで構成した環境およびその他の特定の設定が機能しない場合があります。[WEM-14193]

以前のリリースで発生した既知の問題

この記事の概要