以前のリリースの既知の問題

Workspace Environment Management サービス 2002.1.0.1

  • エージェントホストで、アプリケーションのショートカットとして公開アプリケーションを起動しようとすると失敗することがあります。この問題は、StoreFront URLを使用して作成されたアプリケーションショートカットで発生します。 [WEM-7348, CVADHLEP-14061]

Workspace Environment Management サービス 2001.1.0.1

  • WEM サービス管理コンソールの [ Active Directory オブジェクト ] タブにリストされているエージェント ホストマシン名は、マシン名の変更を反映するように自動的に更新されません。[マシン]リストにマシンの新しい名前を表示するには、[マシン]リストからマシンを手動で削除してから、再度マシンを追加する必要があります。 [WEM-1549]

  • レジストリエントリは、アクショングループを介してユーザーまたはユーザーグループに割り当てた場合、有効にならない場合があります。ただし、直接割り当てると有効になります。この問題は、次の場所のいずれかで作成するレジストリエントリを割り当てる場合に発生します。
    • %ComputerName%\HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies
    • %ComputerName%\HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies [WEM-5253]
  • ワークスペースエージェントの更新が完了するまでに時間がかかる場合があります。この問題は、現在のユーザーが多くのユーザーグループに属し、アクショングループまたはエージェントが処理する多くのアクションがある場合に発生します。 [WEM-6582]

Workspace Environment Management サービス1911.1.0.1

  • WEM サービス管理コンソールの [Active Directory オブジェクト] タブにリストされているエージェントホストマシン名は、マシン名の変更を反映するように自動的に更新されません。[マシン]リストにマシンの新しい名前を表示するには、[マシン]リストからマシンを手動で削除してから、再度マシンを追加する必要があります。 [WEM-1549]

  • レジストリエントリは、アクショングループを介してユーザーまたはユーザーグループに割り当てた場合、有効にならない場合があります。ただし、直接割り当てると有効になります。この問題は、次の場所のいずれかで作成するレジストリエントリを割り当てる場合に発生します。

    • %ComputerName%\HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies
    • %ComputerName%\HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies [WEM-5253]

Workspace Environment Management サービス1910.1.0.1

  • WEM サービス管理コンソールの [ Active Directory オブジェクト ] タブにリストされているエージェントホストマシン名は、マシン名の変更を反映するように自動的に更新されません。[マシン]リストにマシンの新しい名前を表示するには、[マシン]リストからマシンを手動で削除してから、再度マシンを追加する必要があります。 [WEM-1549]

  • 復旧する AD オブジェクトの種類として [マシン] **を選択し、[次へ]** をクリックすると、復旧ウィザードで Active Directory (AD) オブジェクトの読み込みに時間がかかる場合があります。この問題は、多数の OU (たとえば、4000個) がある場合に発生します。 [WEM-5169]

  • レジストリエントリは、アクショングループを介してユーザーまたはユーザーグループに割り当てた場合、有効にならない場合があります。ただし、直接割り当てると有効になります。この問題は、次の場所のいずれかで作成するレジストリエントリを割り当てる場合に発生します。
    • %ComputerName%\HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies
    • %ComputerName%\HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies [WEM-5253]
  • **[管理コンソール] > [詳細設定] > [構成] > [エージェントオプション] ** タブの ** [オンラインでもキャッシュを使用] ** オプションが機能しない場合があります。 [WEM-6118]

Workspace Environment Management サービス 1908.2.0.1

  • WEM サービス管理コンソールの [Active Directory オブジェクト] タブにリストされているエージェントホストマシン名は、マシン名の変更を反映するように自動的に更新されません。[マシン]リストにマシンの新しい名前を表示するには、[マシン]リストからマシンを手動で削除してから、再度マシンを追加する必要があります。 [WEM-1549]

  • オンプレミスの WEM データベースを WEM サービスに移行した後、コンピューターに最新バージョンがインストールされている場合でも、WEM サービスエージェントを再インストールする必要があります。これは、WEM サービスエージェントを再インストールしない限り、エージェントキャッシュは WEM サービスデータベースと同期できないためです。 [WEM-2396]

  • トランスフォーマー (キオスク) モードで、ログオフ画面リダイレクトが有効になっていると、ログオフ後にログオンページへのリダイレクトに失敗することがあります。 [WEM-3133]

  • 復旧する AD オブジェクトの種類として [マシン] **を選択し、[次へ]** をクリックすると、復旧ウィザードで Active Directory (AD) オブジェクトの読み込みに時間がかかる場合があります。この問題は、多数の OU (たとえば、4000個) がある場合に発生します。 [WEM-5169]

  • レジストリエントリは、アクショングループを介してユーザーまたはユーザーグループに割り当てた場合、有効にならない場合があります。ただし、直接割り当てると有効になります。この問題は、次の場所のいずれかで作成するレジストリエントリを割り当てる場合に発生します。

    • %ComputerName%\HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies
    • %ComputerName%\HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies [WEM-5253]

Workspace Environment Management サービス 1908.1.0.1

  • WEM サービス管理コンソールの [Active Directory オブジェクト] タブにリストされているエージェントホストマシン名は、マシン名の変更を反映するように自動的に更新されません。[マシン]リストにマシンの新しい名前を表示するには、[マシン]リストからマシンを手動で削除してから、再度マシンを追加する必要があります。 [WEM-1549]

  • 管理コンソールの [Active Directoryオブジェクト] タブで、[オブジェクトの追加][名前の確認] を使用してオブジェクトを検索および追加すると、一度に 1 つのオブジェクトしか追加できません。別のオブジェクトを追加するには、[コンピューターまたはグループの選択] ダイアログボックスを閉じてから再度開く必要があります。(オンプレミスバージョンのWorkspace Environment Managementでは、ダイアログを毎回閉じることなく、複数のオブジェクトを識別して追加できます。) [WEM-1620]

  • オンプレミスの WEM データベースを WEM サービスに移行した後、コンピューターに最新バージョンがインストールされている場合でも、WEM サービスエージェントを再インストールする必要があります。これは、WEM サービスエージェントを再インストールしない限り、エージェントキャッシュは WEM サービスデータベースと同期できないためです。 [WEM-2396]

  • トランスフォーマー (キオスク) モードで、ログオフ画面リダイレクトが有効になっていると、ログオフ後にログオンページへのリダイレクトに失敗することがあります。 [WEM-3133]

  • 復旧する AD オブジェクトの種類として [マシン] **を選択し、[次へ]** をクリックすると、復旧ウィザードで Active Directory (AD) オブジェクトの読み込みに時間がかかる場合があります。この問題は、多数の OU (たとえば、4000個) がある場合に発生します。 [WEM-5169]

  • レジストリエントリは、アクショングループを介してユーザーまたはユーザーグループに割り当てた場合、有効にならない場合があります。ただし、直接割り当てると有効になります。この問題は、次の場所のいずれかで作成するレジストリエントリを割り当てる場合に発生します。

    • %ComputerName%\HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies
    • %ComputerName%\HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies [WEM-5253]

Workspace Environment Management サービス 1907.2.0.1

  • WEM サービス管理コンソールの [ Active Directory オブジェクト ] タブにリストされているエージェントホストマシン名は、マシン名の変更を反映するように自動的に更新されません。[マシン]リストにマシンの新しい名前を表示するには、[マシン]リストからマシンを手動で削除してから、再度マシンを追加する必要があります。 [WEM-1549]

  • 管理コンソールの [Active Directoryオブジェクト] タブで、[オブジェクトの追加][名前の確認] を使用してオブジェクトを検索および追加すると、一度に 1 つのオブジェクトしか追加できません。別のオブジェクトを追加するには、[コンピューターまたはグループの選択] ダイアログボックスを閉じてから再度開く必要があります。(オンプレミスバージョンのWorkspace Environment Managementでは、ダイアログを毎回閉じることなく、複数のオブジェクトを識別して追加できます。) [WEM-1620]

  • オンプレミスの WEM データベースを WEM サービスに移行した後、コンピューターに最新バージョンがインストールされている場合でも、WEM サービスエージェントを再インストールする必要があります。これは、WEM サービスエージェントを再インストールしない限り、エージェントキャッシュは WEM サービスデータベースと同期できないためです。 [WEM-2396]

  • トランスフォーマー (キオスク) モードで、ログオフ画面リダイレクトが有効になっていると、ログオフ後にログオンページへのリダイレクトに失敗することがあります。 [WEM-3133]

Workspace Environment Management サービス 1907.1.0.1

  • Windows Server 2012 R2 にインストールされている Adobe Reader のインスタンスにより、Workspace Environment Management が PDF ファイルを他の PDF リーダーアプリケーションに関連付けることはできません。ユーザーは、PDF を開くたびに PDF リーダーアプリケーションを選択する必要があります。 [WEM-33]

  • WEM サービス管理コンソールの [Active Directory オブジェクト] タブにリストされているエージェントホストマシン名は、マシン名の変更を反映するように自動的に更新されません。[マシン]リストにマシンの新しい名前を表示するには、[マシン]リストからマシンを手動で削除してから、再度マシンを追加する必要があります。 [WEM-1549]

  • 管理コンソールの [Active Directoryオブジェクト] タブで、[オブジェクトの追加][名前の確認] を使用してオブジェクトを検索および追加すると、一度に 1 つのオブジェクトしか追加できません。別のオブジェクトを追加するには、[コンピューターまたはグループの選択] ダイアログボックスを閉じてから再度開く必要があります。(オンプレミスバージョンのWorkspace Environment Managementでは、ダイアログを毎回閉じることなく、複数のオブジェクトを識別して追加できます。) [WEM-1620]

  • オンプレミスの WEM データベースを WEM サービスに移行した後、コンピューターに最新バージョンがインストールされている場合でも、WEM サービスエージェントを再インストールする必要があります。これは、WEM サービスエージェントを再インストールしない限り、エージェントキャッシュは WEM サービスデータベースと同期できないためです。 [WEM-2396]

  • トランスフォーマー (キオスク) モードで、ログオフ画面リダイレクトが有効になっていると、ログオフ後にログオンページへのリダイレクトに失敗することがあります。 [WEM-3133]

ワークスペース 環境管理サービス 1906

  • Windows Server 2012 R2 にインストールされている Adobe Reader のインスタンスにより、Workspace Environment Management が PDF ファイルを他の PDF リーダーアプリケーションに関連付けることはできません。ユーザーは、PDF を開くたびに PDF リーダーアプリケーションを選択する必要があります。 [WEM-33]

  • WEM サービス管理コンソールの [Active Directory オブジェクト] タブにリストされているエージェントホストマシン名は、マシン名の変更を反映するように自動的に更新されません。[マシン]リストにマシンの新しい名前を表示するには、[マシン]リストからマシンを手動で削除してから、再度マシンを追加する必要があります。 [WEM-1549]

  • 管理コンソールの [Active Directoryオブジェクト] タブで、[オブジェクトの追加][名前の確認] を使用してオブジェクトを検索および追加すると、一度に 1 つのオブジェクトしか追加できません。別のオブジェクトを追加するには、[コンピューターまたはグループの選択] ダイアログボックスを閉じてから再度開く必要があります。(オンプレミスバージョンのWorkspace Environment Managementでは、ダイアログを毎回閉じることなく、複数のオブジェクトを識別して追加できます。) [WEM-1620]

  • オンプレミスの WEM データベースを WEM サービスに移行した後、コンピューターに最新バージョンがインストールされている場合でも、WEM サービスエージェントを再インストールする必要があります。これは、WEM サービスエージェントを再インストールしない限り、エージェントキャッシュは WEM サービスデータベースと同期できないためです。 [WEM-2396]

  • トランスフォーマー (キオスク) モードで、ログオフ画面リダイレクトが有効になっていると、ログオフ後にログオンページへのリダイレクトに失敗することがあります。 [WEM-3133]

Workspace Environment Management サービス 1904

  • Windows Server 2012 R2 にインストールされている Adobe Reader のインスタンスにより、Workspace Environment Management が PDF ファイルを他の PDF リーダーアプリケーションに関連付けることはできません。ユーザーは、PDF を開くたびに PDF リーダーアプリケーションを選択する必要があります。 [WEM-33]

  • WEM サービス管理コンソールの [Active Directory オブジェクト] タブにリストされているエージェントホストマシン名は、マシン名の変更を反映するように自動的に更新されません。[マシン]リストにマシンの新しい名前を表示するには、[マシン]リストからマシンを手動で削除してから、再度マシンを追加する必要があります。 [WEM-1549]

  • 管理コンソールの [Active Directoryオブジェクト] タブで、[オブジェクトの追加][名前の確認] を使用してオブジェクトを検索および追加すると、一度に 1 つのオブジェクトしか追加できません。別のオブジェクトを追加するには、[コンピューターまたはグループの選択] ダイアログボックスを閉じてから再度開く必要があります。(オンプレミスバージョンのWorkspace Environment Managementでは、ダイアログを毎回閉じることなく、複数のオブジェクトを識別して追加できます。) [WEM-1620]

  • オンプレミスの WEM データベースを WEM サービスに移行した後、コンピューターに最新バージョンがインストールされている場合でも、WEM サービスエージェントを再インストールする必要があります。これは、WEM サービスエージェントを再インストールしない限り、エージェントキャッシュは WEM サービスデータベースと同期できないためです。 [WEM-2396]

  • トランスフォーマー (キオスク) モードで、ログオフ画面リダイレクトが有効になっていると、ログオフ後にログオンページへのリダイレクトに失敗することがあります。 [WEM-3133]

Workspace Environment Management サービス1812.1.0.1

  • Windows Server 2012 R2 にインストールされている Adobe Reader のインスタンスにより、Workspace Environment Management が PDF ファイルを他の PDF リーダーアプリケーションに関連付けることはできません。ユーザーは、PDF を開くたびに PDF リーダーアプリケーションを選択する必要があります。 [WEM-33]

  • WEM サービス管理コンソールの [Active Directory オブジェクト] タブにリストされているエージェントホストマシン名は、マシン名の変更を反映するように自動的に更新されません。[マシン]リストにマシンの新しい名前を表示するには、[マシン]リストからマシンを手動で削除してから、再度マシンを追加する必要があります。 [WEM-1549]

  • 管理コンソールの [Active Directoryオブジェクト] タブで、[オブジェクトの追加][名前の確認] を使用してオブジェクトを検索および追加すると、一度に 1 つのオブジェクトしか追加できません。別のオブジェクトを追加するには、[コンピューターまたはグループの選択] ダイアログボックスを閉じてから再度開く必要があります。(オンプレミスバージョンのWorkspace Environment Managementでは、ダイアログを毎回閉じることなく、複数のオブジェクトを識別して追加できます。) [WEM-1620]

  • オンプレミスの WEM データベースを WEM サービスに移行した後、コンピューターに最新バージョンがインストールされている場合でも、WEM サービスエージェントを再インストールする必要があります。これは、WEM サービスエージェントを再インストールしない限り、エージェントキャッシュは WEM サービスデータベースと同期できないためです。 [WEM-2396]

  • トランスフォーマー (キオスク) モードで、ログオフ画面リダイレクトが有効になっていると、ログオフ後にログオンページへのリダイレクトに失敗することがあります。 [WEM-3133]

  • [管理コンソール] > [監視] > [ユーザーの傾向] > [デバイスの種類] タブで [フィルタの適用] または [レポートの更新] をクリックすると、レポートが表示されないことがあります。代わりに、[管理コンソール] > [アクション] > [アプリケーション] > [アプリケーション一覧] タブに戻ります。 [WEM-3254]

  • Windows 10 バージョン 1809 および Windows Server 2019 では、Workspace Environment Management がタスクバーにアプリケーションを固定できません。 [WEM-3257]

  • WEM を最新バージョンにアップグレードした後も、以前のバージョンのエージェントを使用している場合、エージェントはオフラインモードで正常に動作しません。この問題は、最新のリリースでエージェントのローカルキャッシュファイルのスコープの変更のため発生します。回避策として、古いエージェントのローカルキャッシュファイルを削除し、WEM エージェントホストサービス (Norskale エージェントホストサービス) を再起動します。 [WEM-3281]

  • 管理コンソールの [セキュリティ] タブで、ファイルハッシュ条件を使用して、.exe または .dll 拡張子を持つファイルの AppLocker ルールを作成した場合、ルールは機能しません。この問題は、WEM が正しくそのファイルのハッシュコードを計算するために発生します。 [WEM-3580]

  • 管理コンソールの [セキュリティ] タブで、発行者の条件を使用してファイルの AppLocker ルールを作成した場合、そのルールは機能しません。この問題は、WEM がファイル名を正しく解決するために発生します。 [WEM-3582]

  • 管理コンソールで [OUの追加] をクリックすると、[組織単位] ウィンドウに何も表示されないことがあります。この問題は、フォレスト (現在または信頼されている) に多数の OU が含まれている場合に発生します。回避策として、[キャンセル] をクリックし、[OU の追加] を複数回クリックする必要がある場合があります。 [WEM-3818、UCOHELP-1211]

  • アプリケーションセキュリティ機能は、英語版以外の Windows オペレーティングシステムを使用する Windows サーバーでは機能しません。この問題は、WEM が英語以外の言語環境でアプリケーションIDサービスを開始できないために発生します。 [WEM-3957、LD1185]

Workspace Environment Management サービス1812.0.0.1

  • Windows Server 2012 R2 にインストールされている Adobe Reader のインスタンスにより、Workspace Environment Management が PDF ファイルを他の PDF リーダーアプリケーションに関連付けることはできません。ユーザーは、PDF を開くたびに PDF リーダーアプリケーションを選択する必要があります。 [WEM-33]

  • WEM サービス管理コンソールの [Active Directory オブジェクト] タブにリストされているエージェントホストマシン名は、マシン名の変更を反映するように自動的に更新されません。[マシン]リストにマシンの新しい名前を表示するには、[マシン]リストからマシンを手動で削除してから、再度マシンを追加する必要があります。 [WEM-1549]

  • 管理コンソールの [Active Directoryオブジェクト] タブで、[オブジェクトの追加][名前の確認] を使用してオブジェクトを検索および追加すると、一度に 1 つのオブジェクトしか追加できません。別のオブジェクトを追加するには、[コンピューターまたはグループの選択] ダイアログボックスを閉じてから再度開く必要があります。(オンプレミスバージョンのWorkspace Environment Managementでは、ダイアログを毎回閉じることなく、複数のオブジェクトを識別して追加できます。) [WEM-1620]

  • オンプレミスの WEM データベースを WEM サービスに移行した後、コンピューターに最新バージョンがインストールされている場合でも、WEM サービスエージェントを再インストールする必要があります。これは、WEM サービスエージェントを再インストールしない限り、エージェントキャッシュは WEM サービスデータベースと同期できないためです。 [WEM-2396]

  • トランスフォーマー (キオスク) モードで、ログオフ画面リダイレクトが有効になっていると、ログオフ後にログオンページへのリダイレクトに失敗することがあります。 [WEM-3133]

  • [管理コンソール] > [監視] > [ユーザーの傾向] > [デバイスの種類] タブで [フィルタの適用] または [レポートの更新] をクリックすると、レポートが表示されないことがあります。代わりに、[管理コンソール] > [アクション] > [アプリケーション] > [アプリケーション一覧] タブに戻ります。 [WEM-3254]

  • Windows 10 バージョン 1809 および Windows Server 2019 では、Workspace Environment Management がタスクバーにアプリケーションを固定できません。 [WEM-3257]

  • WEM を最新バージョンにアップグレードした後も、以前のバージョンのエージェントを使用している場合、エージェントはオフラインモードで正常に動作しません。この問題は、最新のリリースでエージェントのローカルキャッシュファイルのスコープの変更のため発生します。回避策として、古いエージェントのローカルキャッシュファイルを削除し、WEM エージェントホストサービス (Norskale エージェントホストサービス) を再起動します。 [WEM-3281]

  • 管理コンソールの [セキュリティ] タブで、ファイルハッシュ条件を使用して、.exe または .dll 拡張子を持つファイルの AppLocker ルールを作成した場合、ルールは機能しません。この問題は、WEM が正しくそのファイルのハッシュコードを計算するために発生します。 [WEM-3580]

  • 管理コンソールの [セキュリティ] タブで、発行者の条件を使用してファイルの AppLocker ルールを作成した場合、そのルールは機能しません。この問題は、WEM がファイル名を正しく解決するために発生します。 [WEM-3582]

  • [ フィルタとドライブ文字の割り当て ] ウィンドウで、そのネットワークドライブのドライブ文字として # を選択すると、ネットワークドライブをユーザーにマップしようとすると失敗します。この問題は、WEM は現在、「#」を使用してネットワークドライブにランダムな文字を割り当てることをサポートしていないために発生します。 [WEM-3752, LD1014]

  • WEM データベースを WEM サービスに移行しようとすると、失敗することがあります。この問題は、オンプレミスの WEM データベースの VUEMTasksHistory テーブルのエントリに特殊文字が含まれている場合に発生します。回避策として、オンプレミスの WEM データベースからこれらのエントリを削除し、移行プロセスを再起動します。 [WEM-3817、UCOHELP-1567]

  • 管理コンソールで [OUの追加] をクリックすると、[組織単位] ウィンドウに何も表示されないことがあります。この問題は、フォレスト (現在または信頼されている) に多数の OU が含まれている場合に発生します。回避策として、[キャンセル] をクリックし、[OU の追加] を複数回クリックする必要がある場合があります。 [WEM-3818、UCOHELP-1211]

  • アプリケーションセキュリティ機能は、英語版以外の Windows オペレーティングシステムを使用する Windows サーバーでは機能しません。この問題は、WEM が英語以外の言語環境でアプリケーションIDサービスを開始できないために発生します。 [WEM-3957、LD1185]

Workspace Environment Management サービス1811

Workspace Environment Management サービスには、次の問題が含まれています。

  • Windows Server 2012 R2 にインストールされている Adobe Reader のインスタンスにより、Workspace Environment Management が PDF ファイルを他の PDF リーダーアプリケーションに関連付けることはできません。ユーザーは、PDF を開くたびに PDF リーダーアプリケーションを選択する必要があります。 [WEM-33]

  • Internet Explorer 11 (IE11) または Microsoft Edge を使用して、Workspace Environment Management サービス管理コンソールを開き、開発者ツールウィンドウ (F12) を開くと、[開発者ツール] ウィンドウを再度閉じると、管理コンソールは完全なサイズに再描画されません。このような場合は、ブラウザーウィンドウを更新して、管理コンソールを正しく再描画します。 [WEM-1377]

  • WEM サービス管理コンソールの [Active Directory オブジェクト] タブにリストされているエージェントホストマシン名は、マシン名の変更を反映するように自動的に更新されません。[マシン]リストにマシンの新しい名前を表示するには、[マシン]リストからマシンを手動で削除してから、再度マシンを追加する必要があります。 [WEM-1549]

  • 管理コンソールの [Active Directoryオブジェクト] タブで、[オブジェクトの追加][名前の確認] を使用してオブジェクトを検索および追加すると、一度に 1 つのオブジェクトしか追加できません。別のオブジェクトを追加するには、[コンピューターまたはグループの選択] ダイアログボックスを閉じてから再度開く必要があります。(オンプレミスバージョンのWorkspace Environment Managementでは、ダイアログを毎回閉じることなく、複数のオブジェクトを識別して追加できます。) [WEM-1620]

  • オンプレミスの WEM データベースを WEM サービスに移行した後、コンピューターに最新バージョンがインストールされている場合でも、WEM サービスエージェントを再インストールする必要があります。これは、WEM サービスエージェントを再インストールしない限り、エージェントキャッシュは WEM サービスデータベースと同期できないためです。 [WEM-2396]

  • Workspace Environment Managementサービスの [管理] タブから管理コンソールにアクセスしようとすると、失敗します。この問題を回避するには、ブラウザーウィンドウを更新して、もう一度お試しください。 [WEM-2401]

  • Windows 7 のサービスパック 1、Windows 2008 R2 のサービスパック 1、または Windows サーバー 2008 のサービスパック 2 でアップム構成チェックスクリプトを実行しようとすると失敗します。これらのオペレーティングシステムでスクリプトを実行するには、Windows Management Framework 3.0 を手動でインストールする必要があります。Windows Management Framework 3.0 をインストールした後も UpmConfigCheck が動作しない場合は、WEM エージェントホストサービス (Norskale エージェントホストサービス) を再起動します。 [WEM-2717]

Workspace Environment Management サービス 1807

Workspace Environment Management サービスには、次の問題が含まれています。

  • Windows Server 2012 R2 では、Adobe Acrobat Reader がインストールされている場合、Workspace Environment Management によって PDF ファイルが他の PDF リーダーアプリケーションに関連付けられなくなります。ユーザーは、PDF を開くたびに PDF リーダーアプリケーションを選択する必要があります。 [WEM-33]

  • [セキュリティ] タブで、[ DLL のルールを処理] オプションをオフにすると、WEM データベースの実際の数に関係なく、「DLL ルール」コレクションの横に報告されるルール数が 0 に設定されます。 [WEM-425]

  • WindowsサーバーOSマシンで複数のセッションのサポートが有効になっている場合、以前にログオンしたユーザーのアプリケーションセキュリティルールは、最近ログオンしたユーザーのルールに置き換えられます。たとえば、ルールが user1 に割り当てられていても user2 には割り当てられていない場合、そのルールの user2 ログがローカルの AppLocker ルールから削除されます。したがって、user1 に対してもルールを適用することはできません。 [WEM-1070]

  • Internet Explorer 11 (IE11) または Microsoft Edge を使用して、Workspace Environment Management サービス管理コンソールを開き、開発者ツールウィンドウ (F12) を開くと、[開発者ツール] ウィンドウを再度閉じると、管理コンソールは完全なサイズに再描画されません。このような場合は、ブラウザーウィンドウを更新して、管理コンソールを正しく再描画します。 [WEM-1377]

  • WEM サービス管理コンソールの [Active Directory オブジェクト] タブにリストされているエージェントホストマシン名は、マシン名の変更を反映するように自動的に更新されません。[マシン]リストにマシンの新しい名前を表示するには、[マシン]リストからマシンを手動で削除してから、再度マシンを追加する必要があります。 [WEM-1549]

  • Workspace Environment Management (WEM) のオンプレミス版では、Active Directory セキュリティグループを WEM エージェントのコンテナーとして使用できます。ただし、WEM サービスは、Active Directory セキュリティグループをエージェントコンテナーとして使用することはサポートしていません。オンプレミスのインフラストラクチャサービスは、直接および間接の OU をエージェントコンテナーとして使用することもできます。ただし、WEM サービスは間接的な OU をサポートしていません。たとえば、WEM エージェントエージェントエージェント 1 が OU2 に属し、OU2 が OU1 (OU1>OU2>エージェント 1) に属するとします。オンプレミスのインフラストラクチャサービスは AGENT1 を OU1 と OU2 の両方のメンバーとして認識しますが、WEM サービスは AGENT1 を OU2 のメンバーとして認識するだけです。 [WEM-1619]

  • 管理コンソールの [Active Directory オブジェクト] タブで、[オブジェクトの 追加 ] と [ 名前の確認 ] を使用してオブジェクトを検索および追加すると、一度に 1 つのオブジェクトしか追加できません。別のオブジェクトを追加するには、[コンピューターまたはグループの選択] ダイアログボックスを閉じてから再度開く必要があります。(オンプレミスバージョンのWorkspace Environment Managementでは、ダイアログを毎回閉じることなく、複数のオブジェクトを識別して追加できます。) [WEM-1620]