Workspace Environment Management

ドメインに参加していないマシンを管理する

Workspace Environment Management(WEM)を使用して、 Citrix DaaS Standard for Azure (以前のCitrix Virtual Apps and Desktops Standard for Azure)展開で、ドメインに参加していないマシンを管理できます。

この機能を使用すると、ドメインに参加していないマシンの場合と同様に、ドメインに参加していないマシンにポリシーや設定を割り当てることができます。

ドメインに参加していないマシンの管理を始めるための一般的なワークフローは、次のとおりです。

  1. Azureで、Citrix VDAとWEMエージェントを含むマスターイメージを準備します。

  2. そのイメージを Azure からインポートして、カタログの作成に使用します。詳しくは、「 マスターイメージ」を参照してください。

    重要:

    • この機能を使用するには、WEM エージェントバージョン 2103.2.0.1 以降を使用する必要があります。WEM サービスの [ ユーティリティ ] タブから WEM エージェントをダウンロードします。
    • この機能を動作させるには、エージェントのインストール時に [ 設定をスキップ ] を選択する必要があります。
    • 設計上、イメージの作成に使用される仮想マシンで実行されているエージェントは WEM サービスに接続できません。
  3. Citrix DaaS Standard for Azureで、ドメインに参加していないカタログを作成します。詳しくは、「 カタログの作成」を参照してください。

  4. レガシーコンソールで、ドメインに参加していないマシンを WEM 構成セットに追加します。

    1. [ 管理コンソール] > [Active Directory オブジェクト] > [マシン ] タブに移動し、[ オブジェクトの追加] の横にある下矢印をクリックし、[ ドメインに参加していないコンピューターの追加] を選択します。

    2. [ ドメインに参加していないコンピューターの追加 ] ウィンドウで、構成セットに追加する 1 台以上のドメインに参加していないマシンを選択します。この一覧には、構成セットにまだ追加されていない、ドメインに参加していないマシンのみが表示されます。

    3. 追加 ]をクリックして選択したマシンを追加し、[ ドメインに参加していないコンピューターの追加 ]ウィンドウを終了します。

    注:

    現在、管理コンソールから管理タスク(キャッシュの更新、設定のリセット、エージェント情報の取得など)を実行する機能は、ドメインに参加していないエージェントではサポートされていません。

  5. 必要に応じて、これらのマシンが WEM サービスに登録されていることを確認します。そのためには、[ 管理コンソール] > [管理] > [エージェント] > [統計 ] タブに移動し、追加したマシンをダブルクリックして、[ エージェント情報] ウィンドウで登録情報を確認します

    重要:

    ドメインに参加していないエージェントマシンは WEM サービスに自動的に登録され、既定の構成セットに追加されます。

ドメインに参加していないマシンを WEM サービスに追加すると、ドメインに参加しているマシンの場合と同様に、それらのマシンにポリシーと設定を割り当てることができます。ただし、ドメインに参加していないマシンの場合にポリシーと設定を割り当てると、[ 全員 ] 割り当てオプションしか使用できません。

ドメインに参加していないマシンを管理する

この記事の概要