Workspace Environment Management

システム最適化

Workspace Environment Management (WEM) システムの最適化は、次の設定で構成されます。

これらの設定は、エージェントマシンでのリソース使用量を抑えるように設計されています。これらは、解放されたリソースを他のアプリケーションで使用できるようにするのに役立ちます。これにより、サーバあたりのユーザー数が増え、ユーザー密度が高まります。

システム最適化の設定はマシンベースですべてのユーザーセッションに適用されますが、プロセス最適化はユーザー中心です。つまり、プロセスがユーザー A のセッションで CPU スパイク保護をトリガーすると、そのイベントはユーザー A に対してのみ記録されます。ユーザー B が同じプロセスを開始すると、プロセスの最適化動作は、ユーザー B のセッション内のプロセストリガーによってのみ決定されます。


CPU 管理

これらの設定により、CPU 使用率を最適化できます。

プロセスはすべてのコアで実行でき、CPU を必要なだけ使い果たすことができます。WEM では、CPU 管理機能を使用して、個々のプロセスが使用できる CPU キャパシティを制限できます。CPU スパイク保護は、全体的な CPU 使用量を減らすようには設計されていません。CPU 使用率を過度に消費するプロセスによるユーザーエクスペリエンスへの影響を軽減するように設計されています。

CPU スパイク保護を有効にすると、プロセスが指定したしきい値に達すると、WEM はプロセスの優先度を一定時間自動的に下げます。その後、新しいアプリケーションが起動されると、優先順位の低いプロセスよりも優先順位が高く、システムはスムーズに動作し続けます。

CPU スパイク保護は、クイック「スナップショット」で各プロセスを検証します。プロセスの平均負荷が、指定したサンプル時間に対して指定された使用制限を超えると、その優先度はすぐに低下します。指定した時間が経過すると、プロセスの CPU 優先度は前の値に戻ります。プロセスは「スロットル」されません。 CPU クランプと同様に、優先度のみが低下します。

CPU スパイク保護は、個々のプロセスの少なくとも 1 つのインスタンスがしきい値を超えるまでトリガーされません。つまり、CPU の合計消費量が指定されたしきい値を超えた場合でも、少なくとも 1 つのプロセスインスタンスがしきい値を超えない限り、CPU スパイク保護はトリガーされません。ただし、そのプロセスインスタンスが CPU スパイク保護をトリガーすると、[ インテリジェント CPU 最適化を有効にする] オプションを有効にすると、同じプロセスの新しいインスタンスが (CPU) 最適化されます

特定のプロセスが CPU スパイク保護をトリガーするたびに、イベントはエージェントのローカルデータベースに記録されます。エージェントは、各ユーザーのトリガーイベントを個別に記録します。つまり、user1 の特定のプロセスの CPU 最適化は、user2 の同じプロセスの動作には影響しません。

たとえば、Internet ExplorerがCPUの50~ 60% を消費することがある場合には、CPUスパイク保護を使用して、VDAのパフォーマンスを脅かすようなiexplore.exe インスタンスのみをターゲットにすることができます。(これに対して、CPU クランプはすべてのプロセスに適用されます)。

サンプル時間を試して、同じVDAにログオンしている他のユーザーに影響を与えない環境に最適な値を決定することをお勧めします。

CPU スパイク保護

注:

  • 以下の設定の「CPU使用率」は、物理マシンまたは仮想マシンの「論理プロセッサ」数に基づきます。CPU の各コアは、Windows と同じ方法で、論理プロセッサと見なされます。たとえば、6 コア CPU が 1 つ搭載された物理マシンは、12 個の論理プロセッサを搭載していると見なされます (ハイパースレッディングテクノロジーとは、コアが 2 倍になることを意味します)。8 x CPU を持つ物理マシンで、それぞれ 12 個のコアを持つ 96 個の論理プロセッサがあります。2 つの 4 コア CPU で構成された VM には、8 個の論理プロセッサがあります。
  • 同じことが仮想マシンにも当てはまります。たとえば、8個のCPUを持つ物理マシンがあり、それぞれに12個のコア(96個の論理プロセッサ)があり、4つのマルチセッションOS VDA仮想マシンをサポートしているとします。各 VM は、2 つの 4 コア CPU (8 つの論理プロセッサ) で構成されます。仮想マシンで CPU スパイク保護をトリガーするプロセスを制限し、そのコアの半分を使用するには、 CPU コアの使用制限を 48 (物理マシンの論理プロセッサの半分) ではなく 4 (仮想マシンの論理プロセッサの半分) に設定します。

有効にすると、一定時間 ([ Sample time limit ] フィールドで指定) の CPU 使用率を指定したパーセンテージを超えた場合に、プロセスの CPU 優先度を一定時間 ([ Idle priority time] フィールドで指定) 低くします。

CPU スパイクを自動的に防止します。CPU を過負荷にするプロセスの CPU 優先度を自動的に下げるには、このオプションを使用します。このオプションは、論理プロセッサ (CPU コア) の数に基づいて CPU スパイク保護をトリガーするしきい値を自動的に計算します。たとえば、4 つのコアがあるとします。このオプションを有効にすると、全体の CPU 使用率が 23% を超えると、CPU リソース全体の 15% 以上を消費するプロセスの CPU 優先順位が自動的に低下します。同様に、8コアの場合、全体のCPU使用率が 11% を超えると、CPUリソースの 8% 以上を消費するプロセスのCPU優先順位が自動的に低下します。

CPU スパイク保護をカスタマイズします。CPU スパイク保護の設定をカスタマイズできます。

  • CPU 使用率の上限。CPU スパイク保護をトリガーするためにプロセスインスタンスが到達する必要がある CPU 使用率の割合。この制限は、サーバ内のすべての論理プロセッサでグローバルであり、インスタンスごとに決定されます。同じプロセスの複数のインスタンスでは、CPU スパイク保護トリガーを決定するときに、CPU 使用率の割合は加算されません。プロセスインスタンスがこの制限に達しない場合、CPU スパイク保護はトリガーされません。たとえば、サーバーVDAで複数の同時セッションで、多数の iexplore.exe インスタンスが存在するとします。各インスタンスは、一定期間中約 35% の CPU 使用率でピークに達しているため、累積的に、iexplore.exe は CPU 使用率の一貫して高い割合を消費しています。ただし、CPU 使用率の制限を 35% 以下に設定しない限り、CPU スパイク保護はトリガーされません。
  • サンプル時間制限。プロセスが CPU プライオリティを下げる前に CPU 使用率の制限を超える必要がある時間。
  • アイドル優先時間。プロセスの CPU プライオリティが低下する時間の長さ。この時間が経過すると、優先順位は次のいずれかに戻ります。
    • [CPU 優先度] タイルでプロセスの優先順位が指定されておらず、 [インテリジェント CPU 最適化を有効にする] オプションが選択されていない場合の既定のレベル (Normal )。
    • [ インテリジェント CPU 最適化を有効にする ] オプションが選択されているかどうかに関係なく、[CPU 優先度] タイルでプロセス優先度が指定されている場合に指定されるレベル。
    • プロセスの動作に応じてランダムなレベル。この状況は、[CPU 優先度] タイルでプロセスの優先順位が指定されておらず、 [インテリジェント CPU 最適化を有効にする ] オプションが選択されている場合に発生します。プロセスが CPU スパイク保護をトリガーする頻度が高いほど、CPU の優先度は低くなります。

CPU コアの使用制限を有効にします。CPU スパイク保護をトリガーするプロセスを、マシン上の指定された数の論理プロセッサに制限します。1 ~ X の範囲の整数を入力します。X はコアの総数です。X より大きい整数を入力すると、WEM は分離されたプロセスの最大消費量を既定で X に制限します。

  • CPU コアの使用制限です。CPU スパイク保護をトリガーするプロセスが制限される論理プロセッサの数を指定します。VM の場合、入力する値によって、基盤となる物理ハードウェアではなく、VM 内の論理プロセッサの数にプロセスが制限されます。

インテリジェントな CPU 最適化を有効にします。有効にすると、エージェントは CPU スパイク保護をトリガーするプロセスの CPU 優先度をインテリジェントに最適化します。CPU スパイク保護を繰り返しトリガーするプロセスには、正しく動作するプロセスよりも起動時の CPU 優先度が徐々に低くなります。WEM は、次のシステムプロセスに対して CPU 最適化を実行しません。

  • Taskmgr
  • System Idle Process
  • システム
  • Svchost
  • LSASS
  • Wininit
  • services
  • csrss
  • audiodg
  • MsMpEng
  • NisSrv
  • mscorsvw
  • VMWareResolutionset

インテリジェントな I/O 最適化を有効にします。有効にすると、エージェントは CPU スパイク保護をトリガーするプロセスのプロセス I/O 優先度をインテリジェントに最適化します。CPU スパイク保護を繰り返しトリガーするプロセスには、正しく動作するプロセスよりも起動時の I/O 優先度が徐々に低くなります。

プロセスを除外する。デフォルトでは、WEM CPU管理は、最も一般的なCitrixおよびWindowsコアサービスプロセスのすべてを除外します。ただし、このオプションを使用して、CPU **スパイク保護の実行名による除外リストからプロセスを追加または削除できます** (例:notepad.exe)。通常、ウイルス対策プロセスは除外されます。

ヒント:

  • セッションでディスク I/O を引き継ぐアンチウイルススキャンを停止するには、アンチウイルスプロセスの静的な I/O 優先度を [低] に設定することもできます。 I/O 管理を参照してください
  • プロセスが CPU スパイク保護をトリガーし、プロセスの CPU 優先度が下がると、WEM はプロセスの CPU 優先度が下がるたびに警告を記録します。Norskale Agent Service の [アプリケーションログとサービスログ] の [イベントログ] で、[ プロセスのプロセス制限スレッドの初期化中] を探します。

子プロセスが CPU 優先度を継承しないようにします。子プロセスが CPU 優先度を継承しないプロセスを指定します。

CPU プライオリティ

有効にすると、プロセスの CPU 優先度を手動で設定できます。

これらの設定は、プロセスがリソースと競合している場合に有効になります。これにより、特定のプロセスの CPU 優先度レベルを最適化できるため、CPU プロセッサ時間に対して競合しているプロセスがパフォーマンスのボトルネックを引き起こさないようになります。プロセスが互いに競合する場合、優先順位の低いプロセスは、優先順位の高い他のプロセスの後に処理されます。したがって、CPU 全体の消費量の大きなシェアを消費する可能性は低くなります。

ここで設定するプロセスの優先順位は、プロセス内のすべてのスレッドの「基本優先順位」を確立します。スレッドの実際の「現在の」優先順位は高くなる可能性があります(ただし、ベースよりも低いことはありません)。1 台のコンピュータで複数のプロセスが実行されている場合、CPU 優先度レベルに基づいてプロセッサ時間が共有されます。プロセスの CPU 優先度レベルが高いほど、プロセッサ時間が割り当てられます。

注:

特定のプロセスで CPU の優先度を低く設定した場合、全体の CPU 消費量は必ずしも減少しません。CPU 使用率の割合に影響する他のプロセス(CPU プライオリティが高い)がある可能性があります。

プロセスを追加するには、[ Add process] をクリックします。次の情報を指定し、[ プロセスの保存] をクリックします。

  • プロセス名。拡張子のないプロセスの実行可能ファイル名です。たとえば、Windows エクスプローラー (explorer.exe) の場合は、「エクスプローラー」と入力します。
  • Priority:プロセス内のすべてのスレッドの「ベース」優先度。プロセスの優先度レベルが高いほど、プロセッサ時間が長くなります。 アイデル標準以下、標準、 **標準より上、 **高リアルタイムから選択します

ヒント:

ここで設定したプロセス CPU の優先順位は、エージェントが新しい設定を受け取り、プロセスが再起動されたときに有効になります。

プロセスを削除するには、プロセスの横にある省略記号をクリックし、[ Delete] を選択します。

プロセスを編集するには、プロセスの横にある省略記号をクリックし、[ Edit] を選択します。

CPU アフィニティ

有効にすると、プロセスで使用する「論理プロセッサ」の数を定義できます。たとえば、VDAで起動されるメモ帳のすべてのインスタンスを、定義されたコア数に制限できます。

プロセスを追加するには、[ Add process] をクリックします。次の情報を指定し、[ プロセスの保存] をクリックします。

  • プロセス名。プロセスの実行可能ファイル名 (notepad.exe など)。
  • アフィニティ。正の整数を入力します。

プロセスを削除するには、プロセスの横にある省略記号をクリックし、[ Delete] を選択します。

プロセスを編集するには、プロセスの横にある省略記号をクリックし、[ Edit] を選択します。

CPU クランプ

有効にすると、プロセスが CPU の処理能力の指定した割合を超えて消費されるのを防ぐことができます。CPU クランプにより、CPU の処理能力の、指定した割合を超えるプロセスが使用されるのを防ぐことができます。WEM は、設定した指定された CPU パーセンテージに達したときに、そのプロセスを「スロットル」(または「クランプ」)します。これにより、プロセスが大量の CPU を消費するのを防ぐことができます。

注:

  • CPUクランプは、演算費用のかかるブルートフォースアプローチです。面倒なプロセスの CPU 使用率を人為的に低く抑えるには、静的 CPU 優先順位と CPU アフィニティをそのようなプロセスに割り当てると同時に、CPU スパイク保護を使用する方がよいでしょう。CPUクランプは、リソース管理では悪く悪名高いが、優先順位を落とすことができないプロセスを制御するために最もよく予約されています。
  • CPU の処理能力のパーセンテージをプロセスに適用し、後で同じプロセスに対して異なるパーセンテージを構成したら、[ エージェントホスト設定の更新 ] を選択して変更を有効にします。

設定したクランピングパーセンテージは、サーバ内の個々の CPU の総電力に適用されます。サーバに含まれる個々のコアには適用されません。(つまり、クアッドコアCPUの 10% は、1つのコアの 10% ではなく、CPU全体の 10% です)。

プロセスを追加するには、[ Add process] をクリックします。次の情報を指定し、[ プロセスの保存] をクリックします。

  • プロセス名。プロセスの実行可能ファイル名 (notepad.exe など)。
  • パーセンテージ。正の整数を入力します。

ヒント:

  • WEM がプロセスをクランプしているとき、WEM クライアントが初期化するウォッチリストにそのプロセスを追加します。これを表示すると、プロセスがクランプされていることを確認できます。
  • また、CPU クランプが機能していることを確認するには、プロセスモニターを見て、CPU 消費量がクランプ率を上回らないことを確認します。

プロセスを削除するには、プロセスの横にある省略記号をクリックし、[ Delete] を選択します。

プロセスを編集するには、プロセスの横にある省略記号をクリックし、[ Edit] を選択します。


メモリ管理

これらの設定により、WEM を通じてアプリケーションのメモリ使用量を最適化できます。

これらの設定が有効になっている場合、WEM は、安定性を失うことなく、プロセスが使用しているメモリ量とプロセスが必要とする最小メモリ量を計算します。WEM は、その差を過剰なメモリと見なします。プロセスがアイドル状態になると、WEM はプロセスが消費する余分なメモリをページファイルに解放し、その後の起動のためにプロセスを最適化します。通常、アプリケーションはタスクバーに最小化されるとアイドル状態になります。

タスクバーからアプリケーションを復元すると、最初は最適化された状態で実行されますが、必要に応じて追加のメモリを消費し続けることができます。

同様に、WEM はユーザーがデスクトップセッション中に使用するすべてのアプリケーションを最適化します。複数のユーザーセッションに複数のプロセスがある場合、解放されたすべてのメモリは他のプロセスで使用できます。この動作により、同じサーバー上でより多くのユーザーをサポートできるようになり、ユーザー密度が高まります。

アイドル状態のプロセスのメモリ使用量を最適化する

有効にすると、指定した時間アイドル状態が続いたプロセスが、アイドル状態がなくなるまで余分なメモリを強制的に解放します。

アイドルサンプル時間。プロセスがアイドル状態とみなされ、その後に余分なメモリを強制的に解放するまでの時間を指定できます。この間、WEM は、安定性を失うことなく、プロセスが使用しているメモリ量と、プロセスが必要とする最小メモリ量を計算します。デフォルト値は 120 分です。

アイドル状態の制限。CPU 使用率のパーセンテージを指定して、この値を下回るとプロセスがアイドル状態とみなされます。デフォルトは 1% です。5% を超える値は使用しないことをお勧めします。そうしないと、アクティブに使用されているプロセスがアイドルと誤解され、そのメモリが解放される可能性があります。

最適化を制限します。WEM がアイドル状態のアプリケーションのメモリ使用量を最適化するしきい値制限を指定できます。

メモリ使用量の最適化からプロセスを除外します。メモリ使用量の最適化からプロセスを除外できます。プロセス名 (notepad.exe など) を指定します。

WEM は、次のシステムプロセスのアプリケーションメモリ使用量を最適化しません。

  • rdpshell
  • wfshell
  • rdpclip
  • wmiprvse
  • dllhost
  • audiodg
  • msdtc
  • mscorsvw
  • spoolsv
  • smss
  • winlogon
  • svchost
  • taskmgr
  • System Idle Process
  • System
  • LSASS
  • wininit
  • msiexec
  • services
  • csrss
  • MsMpEng
  • NisSrv
  • Memory Compression

特定のプロセスに対するメモリ使用量の上限

有効にすると、プロセスが消費できるメモリの上限を設定して、プロセスのメモリ使用量を制限できます。

警告:

特定のプロセスにメモリ使用量の制限を適用すると、システムの応答が遅くなるなど、意図しない影響が生じることがあります。

プロセスを追加するには、[ Add process] をクリックします。次の情報を指定し、[ プロセスの保存] をクリックします。

  • プロセス名。追加するプロセスの名前 (notepad.exe など) を入力します。
  • メモリ制限。メモリ使用量の上限を入力します。
  • 制限タイプ。リストから制限モードを選択します。

    • ダイナミックリミット。指定したプロセスに動的制限を適用できます。この設定は、指定したプロセスに割り当てられるメモリ量を動的に制限します。適用すると、使用可能なメモリに応じてメモリ使用量の制限が適用されます。そのため、指定したプロセスが消費するメモリが、指定した量を超える可能性があります。
    • 静的制限。指定したプロセスに静的制限を適用できます。この設定では、指定したプロセスに割り当てられるメモリ量が常に制限されます。適用すると、使用可能なメモリ量に関係なく、プロセスが指定したメモリ量を超えるメモリを消費しないように制限します。その結果、指定されたプロセスが消費するメモリは、指定された量に制限されます。

プロセスを削除するには、プロセスの横にある省略記号をクリックし、[ Delete] を選択します。

プロセスを編集するには、プロセスの横にある省略記号をクリックし、[ Edit] を選択します。


入出力管理

これらの設定により、特定のプロセスの I/O 優先度を最適化して、ディスクやネットワーク I/O アクセスで競合しているプロセスがパフォーマンスのボトルネックを引き起こさないようにすることができます。たとえば、I/O 管理設定を使用して、ディスク帯域幅が消費されるアプリケーションを抑制できます。

ここで設定するプロセスの優先順位は、プロセス内のすべてのスレッドの「基本優先順位」を確立します。スレッドの実際の「現在の」優先順位は高くなる可能性があります(ただし、ベースよりも低いことはありません)。一般に、Windows では、優先順位の低いスレッドよりも先に優先順位の高いスレッドにアクセスできます。

プロセス I/O 優先度

有効にすると、特定のプロセスの I/O 優先度を最適化して、ディスクやネットワーク I/O アクセスで競合しているプロセスがパフォーマンスのボトルネックを引き起こさないようにできます。

プロセスを追加するには、[ Add process] をクリックします。次の情報を指定し、[ プロセスの保存] をクリックします。

  • プロセス名。拡張子を除いたプロセス実行可能ファイル名を入力します。たとえば、Windows エクスプローラー (explorer.exe) の場合は、「エクスプローラー」と入力します。
  • I/O プライオリティ。プロセス内のすべてのスレッドの「基本」優先度を入力します。プロセスの I/O 優先順位が高いほど、スレッドの I/O アクセスが早くなります。 標準低、非常に低いから選択します**

ヒント:

ここで設定したプロセスI/Oの優先順位は、エージェントが新しい設定を受け取り、プロセスが次に再起動されたときに有効になります。

プロセスを削除するには、プロセスの横にある省略記号をクリックし、[ Delete] を選択します。

プロセスを編集するには、プロセスの横にある省略記号をクリックし、[ Edit] を選択します。


高速ログオフ

これらの設定により、リモートセッションへのHDX接続をただちに終了できます。これにより、ユーザーはセッションがすぐに終了したという印象をユーザーに与えます。ただし、セッション自体は、VDAのバックグラウンドでセッションログオフフェーズまで継続されます。

注:

高速ログオフは、Citrix 仮想アプリケーションと RDS リソースのみをサポートします。

有効にすると、この構成セットのすべてのユーザーに対して高速ログオフが有効になります。ユーザーはすぐにログアウトされますが、セッションのログオフタスクはバックグラウンドで続行されます。

特定のグループを除外するには、次の手順を実行します。

  1. [ 指定したグループを除外 ] を選択し、[ グループの追加] をクリックします。[ 除外するグループを追加 ] ウィザードが表示されます。

  2. ID タイプを選択します。

  3. 追加するグループが存在するドメインを選択します。

  4. [検索] ボックスに、追加するグループの名前を入力します。グループのフルネームを入力します。(検索では大文字と小文字は区別されません)。

  5. プラスアイコンをクリックしてグループを追加します。

  6. 終了したら、[ 保存 ] をクリックしてグループを追加し、[ 除外するグループを追加 ] ウィザードを終了します。


Citrix Optimizer

これらの設定により、ユーザー環境を最適化してパフォーマンスを向上させることができます。Citrix Optimizer はユーザー環境のクイックスキャンを実行し、テンプレートベースの最適化の推奨事項を適用します。

ユーザー環境を最適化するには、次の 2 つの方法があります。

  • 組み込みのテンプレートを使用して最適化を実行します。そのためには、オペレーティングシステムに適用可能なテンプレートを選択します。
  • または、特定の最適化を使用してカスタマイズした独自のテンプレートを作成し、Workspace Environment Management (WEM) にテンプレートを追加します。

カスタマイズ可能なテンプレートを取得するには、次のいずれかの方法を使用します。

  • スタンドアロンのCitrix Optimizerが提供するテンプレートビルダー機能を使用します。スタンドアロンのCitrix Optimizerをhttps://support.citrix.com/article/CTX224676でダウンロードします。テンプレートビルダー機能を使用すると、独自のカスタムテンプレートを作成して WEM にアップロードできます。
  • エージェントホスト(WEM エージェントがインストールされているマシン)で、 <C:\Program Files (x86)>\Citrix\Workspace Environment Management Agent\Citrix Optimizer\Templatesフォルダに移動し、デフォルトのテンプレートファイルを選択して、便利なフォルダにコピーします。仕様を反映するようにテンプレートファイルをカスタマイズし、カスタムテンプレートを WEM にアップロードします。

有効にすると、次の設定を構成できます。

毎週実行してください。選択すると、WEM は毎週最適化を実行します。[ 毎週実行 ] が選択されていない場合、WEM は次のように動作します。

  • テンプレートを WEM に初めて追加すると、WEM は対応する最適化を実行します。後でそのテンプレートを変更しない限り、WEM は最適化を 1 回だけ実行します。変更には、OS への異なるテンプレートの適用、テンプレートの有効化または無効化が含まれます。
  • テンプレートに変更を加えるたびに、WEM は最適化を 1 回実行します。

カスタム・テンプレートを追加するには、次の手順に従います。

  1. [ カスタムテンプレートを追加] をクリックします。

  2. [カスタムテンプレートの追加 ] ウィザードで、次の手順を完了します。

    1. [ テンプレート名] で [ 参照 ] をクリックし、追加するテンプレートを選択します。
    2. [ 適用可能なオペレーティングシステム] で、テンプレートを適用する 1 つまたは複数のオペレーティングシステムをリストから選択します。

      ヒント:

      一覧にはないが、テンプレートが適用される Windows 10 オペレーティングシステムを追加できます。ビルド番号を入力して、これらの OS を追加します。OSはセミコロン(;)で区切ってください。たとえば、2001; 2004。

    3. [保存] をクリックします。

重要:

Citrix Optimizerでは、カスタムテンプレートのエクスポートはサポートされていません。カスタムテンプレートの追加後は、ローカルコピーを保持します。

[State] 列のトグルを使用して、 テンプレートの有効状態と無効状態を切り替えることができます 。無効にすると、エージェントはテンプレートを処理せず、WEM はテンプレートに関連付けられた最適化を実行しません。

テンプレートを削除するには、該当するテンプレートの省略記号を選択し、[ Delete] を選択します。注:組み込みテンプレートは削除できません。

テンプレートを編集するには、該当するテンプレートの省略記号を選択し、[ Edit] を選択します。

テンプレートの詳細を表示するには、該当するテンプレートの省略記号を選択し、[ Preview] を選択します。

注:

非永続的な VDI 環境では、WEM は同じ動作に従います。マシンを再起動すると、環境に対するすべての変更が失われます。Citrix Optimizerの場合、WEMはマシンが再起動するたびに最適化を実行します。

使用するテンプレートを自動的に選択します。使用するテンプレートが不明な場合は、このオプションを使用して、各 OS に対して最も一致するテンプレートを WEM で選択します。カスタムテンプレートを優先テンプレートとして使用する場合は、プレフィックスのカンマ区切りリストを入力します。カスタムテンプレートは次の名前形式に従います: - prefix_<os version>_<os build> - prefix_Server_<os version>_<os build>

レガシーコンソールの[ 詳細設定]>[構成]>[サービスオプション]タブの[SQL設定の更新遅延]オプションで指定した値によっては、Citrix Optimizerの設定に対する変更が有効になるまでに時間がかかります

変更をすぐに有効にするには、[ 監視]>[管理]>[エージェント]に移動してエージェントを探し、[ 詳細 ]メニューから[ Citrix Optimizer の処理 ]を選択します。

ヒント:

新しい変更がすぐに有効にならなくなる可能性があります。[ Citrix Optimizer の処理 ]を選択する前に[ エージェントホスト設定の更新]を選択することをお勧めします。


マルチセッション最適化

これらの設定により、切断されたセッションを持つマルチセッションOSマシンを最適化し、接続セッションでのユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

マルチセッションOSマシンは、1台のマシンから複数のセッションを実行し、アプリケーションとデスクトップをユーザーに配信します。切断されたセッションはアクティブなままになり、そのアプリケーションは引き続き実行されます。切断されたセッションは、同じマシン上で動作する接続されたデスクトップおよびアプリケーションに必要なリソースを消費する可能性があります。これらの設定により、切断されたセッションを持つマルチセッションOSマシンを最適化し、接続セッションでのユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

有効にすると、切断されたセッションが存在するマルチセッションOSマシンが最適化されます。デフォルトでは、マルチセッション最適化は無効になっています。この機能は、切断されたセッションが消費できるリソースの数を制限することで、接続セッションのユーザーエクスペリエンスを向上させます。セッションが 1 分間切断されたままになった後、WEM エージェントは CPU と、セッションに関連付けられたプロセスまたはアプリケーションの I/O 優先順位を下げます。エージェントは、セッションが消費できるメモリ・リソースの量に制限を課します。ユーザーがセッションに再接続すると、WEM は優先順位を復元し、制限を解除します。

グループを除外する

マルチセッション最適化の対象から特定のグループを除外するには、次の手順を実行します。

  1. [ 指定したグループを除外 ] を選択し、[ グループの追加] をクリックします。[ 除外するグループを追加 ] ウィザードが表示されます。

  2. ID タイプを選択します。

  3. 追加するグループが存在するドメインを選択します。

  4. [検索] ボックスに、追加するグループの名前を入力します。グループのフルネームを入力します。(検索では大文字と小文字は区別されません)。

  5. プラスアイコンをクリックしてグループを追加します。

  6. 終了したら、[ 保存 ] をクリックしてグループを追加し、[ 除外するグループを追加 ] ウィザードを終了します。

プロセスの除外

特定のプロセスをマルチセッション最適化の対象から除外するには、[ Add process] をクリックし、追加するプロセスを参照して [ Save process] をクリックします。

プロセスを削除するには、プロセスの横にある省略記号をクリックし、[ Delete] を選択します。

プロセスを編集するには、プロセスの横にある省略記号をクリックし、[ Edit] を選択します。