Workspace Environment Management

識見

プロファイルコンテナとアプリケーションの動作に関するインサイトを得ることができます。


最適化に関する洞察

このページには 2 つの円グラフが含まれています。

  • CPU 最適化による上位 10 のアプリケーション指定した期間に CPU スパイク保護を最も頻繁にトリガーした上位 10 個のアプリケーションを表示します。
  • メモリ最適化による上位10のアプリケーション。指定した期間にメモリ使用量の最適化を最も頻繁にトリガーした上位 10 個のアプリケーションを表示します。

インサイトを表示するには、構成セットと日付範囲を選択し、[ 適用] をクリックします。その後、円グラフが更新され、関連するインサイトが表示されます。

重要:

  • チャートに構成セットのデータを表示するには、その構成セットのインサイトを有効にする必要があります。構成セットのインサイトを有効にするには、 [詳細設定] > [インサイト ] ページに移動します。チャートには、以前に収集されたデータに基づくインサイトが表示されます。
  • 最適化インサイトデータは、CPU またはメモリ管理を有効にするまで使用できません。

使用状況の洞察

このページには 4 つの円グラフが含まれています。

  • 使用時間 (時間) 別の上位 10 個のアプリケーション
  • ユーザー数別の上位 10 のアプリケーション
  • CPU 使用率 (%) 別の上位 10 個のアプリケーション。指定した期間に最も多くの CPU リソースを消費した上位 10 個のアプリケーションを表示します。
  • メモリ使用量 (MB) 別の上位 10 個のアプリケーション指定した期間に最も多くのメモリリソースを消費した上位 10 個のアプリケーションを表示します。

インサイトを表示するには、構成セットと日付範囲を選択し、[ 適用] をクリックします。その後、円グラフが更新され、関連するインサイトが表示されます。

重要:

チャートに構成セットのデータを表示するには、その構成セットのインサイトを有効にする必要があります。構成セットのインサイトを有効にするには、[詳細設定] > [インサイト ] ページに移動します。チャートには、以前に収集されたデータに基づくインサイトが表示されます。


プロファイルコンテナに関するインサイト

この機能は、Profile ManagementおよびFsLogixのプロファイルコンテナを監視します。プロファイルコンテナの基本的な使用状況データ、プロファイルコンテナを使用するセッションのステータス、検出された問題などに関する洞察を提供します。

この機能を使用して、プロファイルコンテナのスペース使用状況を把握し、プロファイルコンテナの動作を妨げる問題を特定します。

概要

このページには 2 つの円グラフが含まれています。グラフの各セグメントをクリックすると、ドリルダウンして詳細を表示できます。

  • スペース使用量。左側の円グラフは、指定した期間におけるプロファイルコンテナのスペース使用量を示しています。数値は、そのカテゴリのプロファイルコンテナの数を表します。
  • セッションステータス。右側の円グラフは、指定した期間に確立されたセッションのプロファイルコンテナをアタッチした結果を示しています。数値は、そのカテゴリのセッション数を表します。

インサイトを表示するには、構成セットと日付範囲を選択し、[ 適用] をクリックします。その後、円グラフが更新され、関連するインサイトが表示されます。

次の設定を構成できます。

  • 使用領域が (GB) を超えると、領域の使用率が高くなります。しきい値を超えると、プロファイルコンテナのスペース使用量を高い値として扱うことができます。正の整数を入力します。
  • 使用領域が (GB) 未満の場合、領域の使用率は低くなります。しきい値を下回って、プロファイルコンテナのスペース使用量を低値として扱うことができます。正の整数を入力します。

注:

  • 上限しきい値は、下限しきい値よりも大きくする必要があります。
  • 上限しきい値および下限しきい値を指定したら、[ Refresh ] をクリックして、 使用済み領域の円グラフのリフレッシュをトリガーします
  • 上限しきい値および下限しきい値を指定した後、その間の領域使用量はデフォルトで [中( Medium)] になります。

コンテナステータスのプロファイル

このページには、指定した期間におけるプロファイルコンテナのステータスレコードの一覧が表示されます。レコードをフィルタするには、構成セットと日付範囲を選択し、[ Apply] をクリックします。必要に応じて、フィルタを使用して結果をさらに絞り込むことができます。

次の操作を実行できます。

  • 表示する列。テーブルの表示をカスタマイズできます。列をカスタマイズする場合は、少なくとも 2 つの列を選択する必要があります。カスタマイズの完了後、テーブルが更新され、選択した列が表示されます。

  • 更新。ステータスレコードの一覧を更新します。

  • 最新のステータスを取得します。選択したレコードが属するコンテナのデータの収集をトリガします。このオプションを選択すると、ユーザーのコンテナステータスが最新の状態になります。

    注:

    コンテナが使用中の場合、エージェントは関連データの収集を試みます。成功すると、コンテナの最新レコードで最新のステータスが更新されます。更新が完了するまでに時間がかかる場合があります。最新のレコードを表示するには、[ Refresh ] をクリックします。

[ Attach status ] 列には、ステータスコードとエラーコードに関する情報が表示されます。エラーコードについては、Microsoft のドキュメントを参照してください。https://docs.microsoft.com/en-us/fslogix/fslogix-error-codes-reference

[ 大容量ファイルスキャン ] 列には、大容量ファイルスキャンの結果に関する情報が表示されます。構成セットに対して大容量ファイルのスキャンを有効にするには、 [詳細設定] > [Insights ] ページに移動します。レコードの大容量ファイルのスキャン結果の詳細を表示するには、該当する列フィールドの [ Results ] をクリックします。大容量ファイルスキャンウィザードが開き、プロファイルコンテナーで実行された大容量ファイルスキャンの結果が表示されます。100 MB 未満のファイルおよびフォルダは個別には表示されません。

識見