Workspace Environment Management

スクリプト化されたタスク

はじめに

このページでは、独自の環境管理ニーズに合わせてカスタマイズしたスクリプト化されたタスクを追加できます。その後、Workspace Environment Management (WEM) で該当する構成セットで構成することで、これらのタスクを自動化できます。

現在、次の組み込みスクリプトタスクが用意されています。

  • クラウドヘルスチェック。仮想配信エージェント (VDA) の正常性を測定するチェックを実行できます。VDAのヘルスチェックは、一般的なVDA登録およびセッションの起動の問題を引き起こす原因となるものを見つけ出します。Cloud Health Check は、エージェントホストのローカルシステムアカウントで実行されます。

ヒント:

  • カスタムタスクと組み込みスクリプトタスクを区別できます。カスタムタスクには「CUSTOM」ラベル、組み込みタスクには「CITRIX」ラベルが付いています。
  • 組み込みのスクリプトタスクは、常にカスタムタスクの上に表示されます。カスタムスクリプトタスクは、最終更新日時に基づいて降順でソートされます。

この機能を使用すると、独自の管理ニーズに合わせて WEM の機能を拡張できます。たとえば、組み込みのスクリプトタスクCloud Health Checkを使用すると、VDAの正常性を測定できます。タスクはスクリプトベースです。独自のスクリプトファイルを記述できます。次に、WEM を使用してタスクを自動化できるように、スクリプトファイルをスクリプト化されたタスクとして WEM に追加します。

スクリプト化されたタスクが実行されるたびに、対応するレポートが生成されます。このレポートには、タスクの実行日時、タスクの実行結果などに関する情報が含まれるため、タスクに関連するアクティビティを監査できます。

スクリプト化されたタスクは、構成セットレベルで機能します。スクリプト化されたタスクを使用する一般的なワークフローは次のとおりです。

  1. [ スクリプト化されたタスク ] ページで、スクリプト化されたタスクを追加します。

  2. スクリプト化されたタスクを有効にする設定セットに移動します。

  3. その構成セットの [ スクリプト化されたタスクの設定] ページで、スクリプト化されたタスクを有効にします。「スクリプト化されたタスク設定」を参照してください。

  4. 必要に応じて、スクリプト化されたタスクに関連するレポートを表示します。そのためには次の 2 つの方法があります。

    • [ 監視] > [レポート ] に移動し、そこでレポートを表示します。
    • 設定セットの [ スクリプト化されたタスク ] または [ スクリプト化されたタスクの設定] ページに移動します。スクリプト化されたタスクを探し、省略記号を選択し、[ View reports] を選択します。[ モニタリング] > [レポート ] ページが表示され、関連するフィルタが自動的に適用されます。その後、関連レポートを表示できます。

スクリプト化されたタスクレポートについては、「 レポート」を参照してください。

スクリプト化されたタスクを追加する

スクリプト化されたタスクを追加するには、次の手順を実行します。

  1. [ スクリプト化されたタスク ] ページで、[ スクリプト化されたタスクの追加] をクリックします。

  2. [スクリプト化されたタスクを追加 ] ウィザードで、次の設定を構成し、[ 保存] をクリックします。

    • タスク名。タスクの名前を指定してください。

    • タグ。既存のタグから選択するか、カンマで区切ってタグを入力します。タグの長さは 20 文字以下でなければなりません。タグは、キーワードまたはラベルのようなものです。タグを使用すると、新しい方法でタスクを識別できます。また、これらはフィルターとして機能し、重要な条件に応じてスクリプトタスク内のタスクの表示を再配置できます。タグは好きなだけ使えます。

    • [説明]。必要に応じて、タスクの特定に役立つ追加情報を指定します。

    • ファイルタイプ。タスクのファイルタイプを選択します。次の 2 種類のファイルがサポートされています。

      • PowerShell。個々の PowerShell スクリプトファイル。
      • ZIP。複数のファイルが 1 つの zip ファイルにまとめられています。10 MB より大きい Zip ファイルはサポートされていません。ZIP ファイルをアップロードした後、スクリプトタスクの開始時に実行するファイルを示すエントリポイントを指定します。エントリポイントファイルは、フォルダー構造の深さが 3 レベル以下である必要があることに注意してください。
    • ファイルをアップロードします。[ 参照] をクリックし、ファイルに移動して選択し、[ 開く] をクリックします。 スクリプトタスクの追加ウィザードに戻ります

    • 権限を付与します。スクリプト化されたタスクに付与するアクセスレベルを指定します。各オプションに関連付けられている権限について理解していることを確認します。

      • フルアクセス。[フルアクセス] が割り当てられたスクリプトタスクには、広範なローカルアクセス権があります。選択すると、スクリプト化されたタスクは、ローカルシステムアカウントで実行されているかのようにパーミッションが付与されます。
      • 制限付きアクセス (ネットワークアクセスあり) 制限付きアクセス (ネットワークアクセスあり) が割り当てられたスクリプトタスクには、広範なローカルアクセスはできませんが、ネットワークリソースにはアクセスできます。選択すると、スクリプト化されたタスクは、Network Service アカウントで実行されているかのようにパーミッションが付与されます。
      • 制限付きアクセス (ネットワークアクセスなし) 制限付きアクセス (ネットワークアクセスなし) が割り当てられたスクリプトタスクには、ローカルアクセスが拡張されず、ネットワークリソースにアクセスできません。選択すると、スクリプト化されたタスクに、ローカルサービスアカウントで実行されているかのようにパーミッションが付与されます。

      For more information, see the Microsoft documentation https://docs.microsoft.com/en-us/windows/security/identity-protection/access-control/security-identifiers#well-known-sids.

  • 作業フォルダ。必要に応じて、エンドユーザーのオペレーティングシステム上のローカルフォルダの絶対パスを入力します。作業フォルダは、ファイルが起動されたときの現在のフォルダです。環境変数 (%ProgramFiles% など) を使用してパスを作成できます。指定しない場合、PSScriptRootが既定の作業フォルダとして使用されます。PSScriptRootの詳細については、Microsoft のドキュメントを参照してください。https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/microsoft.powershell.core/about/about_automatic_variables?view=powershell-7.1

  • このタスクは出力ファイルを生成しますか。追加したタスクが出力ファイルを生成するかどうかを選択します。

  • 出力パス。ファイルが置かれているフォルダからの相対パスを入力します。パスには、ファイル名とファイル名拡張子を含める必要があります。例:output\report.txt

スクリプト化されたタスクを編集する

スクリプト化されたタスクを編集するには、次の手順を実行します。

  1. [ スクリプト化されたタスク ] ページで、タスクを探します。必要に応じて、検索ボックスを使用してタスクをすばやく検索できます。

  2. タスクの省略記号をクリックし、[ タスクの編集] を選択します。 [スクリプトタスクの編集 ] ウィザードが表示されます。

  3. [ タスク情報 ] タブで、必要に応じて設定を構成します。

  4. [ スクリプトコンテンツ ] タブで、スクリプトコンテンツを表示します。

  5. [保存] をクリックします。

注:

組み込みのスクリプトタスクは編集できません。

スクリプト化されたタスクを削除する

スクリプト化されたタスクを削除するには、次の手順を実行します。

  1. [ スクリプト化されたタスク ] ページで、タスクを探します。必要に応じて、検索ボックスを使用してタスクをすばやく検索できます。

  2. タスクの省略記号をクリックし、[ タスクの削除] を選択します。

重要:

  • 組み込みのスクリプトタスクは削除できません。
  • 一部の構成セットで現在有効になっているスクリプト化されたタスクを削除するには、まずその構成セットでそのタスクを無効にします。

スクリプトタスクを複製する

スクリプトタスクを複製するには、次の手順を実行します。

  1. [ スクリプト化されたタスク ] ページで、タスクを探します。必要に応じて、検索ボックスまたはタグを使用してタスクをすばやく検索します。

  2. タスクの省略記号をクリックし、[ Clone task] を選択します。

注:

タスクを複製する場合、名前が重複しないように名前を変更するように求められます。

スクリプト化されたタスク