Workspace Environment Management

監視

これらのページには、詳細なユーザーログインレポートとマシン起動レポートが含まれます。


日次レポート

デイリーログインレポート。このサイトに接続しているすべてのユーザーのログイン時間の日次サマリー。カテゴリをダブルクリックすると、各デバイスの各ユーザーの個々のログオン時間を示す詳細ビューが表示されます。

デイリーブートレポート。このサイトに接続されているすべてのデバイスでの起動時間の毎日のサマリー。カテゴリをダブルクリックすると、各デバイスの個別の起動時間を示す詳細ビューが表示されます。


ユーザ動向

ログイントレンドレポート。このレポートには、選択した期間における各日の全体的なログイン傾向が表示されます。各日の各カテゴリをダブルクリックすると、詳細ビューが表示されます。

ブートトレンドレポート。このレポートには、選択した期間における各日の全体的なブート傾向が表示されます。各日の各カテゴリをダブルクリックすると、詳細ビューが表示されます。

デバイスタイプ。このレポートには、このサイトに接続している各オペレーティングシステムのデバイスの数が 1 日単位で表示されます。各デバイスタイプをダブルクリックすると、詳細が表示されます。


ユーザーおよびデバイスレポート

ユーザーレポート。このレポートでは、選択した期間における単一ユーザーのログイン傾向を表示できます。各データポイントをダブルクリックして、詳細ビューを表示できます。

デバイスレポート。このレポートでは、選択した期間における単一デバイスのブート傾向を表示できます。各データポイントをダブルクリックして、詳細ビューを表示できます。


プロファイルコンテナの洞察

この機能は、Profile ManagementおよびFsLogixのプロファイルコンテナを監視します。プロファイルコンテナの基本的な使用状況データ、プロファイルコンテナを使用するセッションのステータス、検出された問題などに関する洞察を提供します。この機能を使用して、プロファイルコンテナのスペース使用状況を把握し、プロファイルコンテナの動作を妨げる問題を特定します。

概要

次の 2 つの円グラフが含まれます。

  • 使用済み領域。左側の円グラフは、指定した期間におけるプロファイルコンテナのスペース使用量を示しています。

  • セッションステータス。右側の円グラフは、指定した期間に確立されたセッションのプロファイルコンテナをアタッチした結果を示しています。

期間(たとえば、過去 6 日間)を指定したら、[ Refresh ] をクリックして円グラフの更新をトリガーします。

使用領域が (GB) を超える場合は高。しきい値を超えると、プロファイルコンテナのスペース使用量を高い値として扱うことができます。正の整数を入力します。

使用領域が (GB) 未満の場合、低。しきい値を下回って、プロファイルコンテナのスペース使用量を低値として扱うことができます。正の整数を入力します。

注:

  • 上限しきい値は、下限しきい値よりも大きくする必要があります。
  • 上限しきい値および下限しきい値を指定したら、[ Refresh ] をクリックして、 使用済み領域の円グラフのリフレッシュをトリガーします
  • 上限しきい値および下限しきい値を指定した後、その間の領域使用量はデフォルトで [中( Medium)] になります。

プロファイルコンテナステータス

指定した期間におけるプロファイルコンテナのステータスレコードのリストを表示します。期間 (たとえば、過去 6 日間) を指定したら、[ 更新 ] ボタンをクリックしてレコードをフィルタします。

選択したレコードが関係するコンテナのデータの収集をトリガーできます。これにより、ユーザーのコンテナステータスが最新の状態になります。そのためには、ステータスレコードを右クリックし、[ Refresh] を選択します。更新操作により、一連のタスクが実行されます。まず、関連するエージェント・ホストにタスクがただちに送信されます。エージェントはタスクを受信し、コンテナがエージェント・ホストで使用中の場合、ステータス関連のデータを収集します。その後、収集されたデータで最新のアタッチレコードが更新されます。ステータスが更新されるまでしばらく時間がかかる場合があります。最新のレコードを表示するには、[ Refresh ] ボタンをクリックします。

[ Status ] 列には、ステータスコードとエラーコードに関する情報が表示されます。エラーコードの詳細については、の Microsoft のドキュメントを参照してください https://docs.microsoft.com/en-us/fslogix/fslogix-error-codes-reference


構成

レポートオプション

これらのオプションを使用すると、レポート期間と稼働日を制御できます。また、 **最小ブート時間とログイン時間** (秒)を指定することもできます。この値を下回るとレポートされません。

監視