セッションのパフォーマンスの問題を診断する

[ユーザーの詳細]ページの [セッションパフォーマンス] タブでは、HDXユーザーセッション内の問題の特定に役立つトラブルシューティングワークフローが強化されました。[セッションのトポロジ][パフォーマンスメトリック] パネルは、単一のビューでコンポーネントビューとセッションの複数のパフォーマンス指標を関連付けることに役立ち、セッションエクスペリエンスの問題の解決にかかる平均時間を短縮します。

セッションパフォーマンスビュー

セッションのトポロジ

セッションのトポロジは、接続されたHDXセッションのセッション内パスを視覚的に表現します。

接続されたセッションのセッショントポロジには、セッションパスに含まれるコンポーネントとそのメタデータ、コンポーネント間のリンク、およびVDAで公開されたアプリケーションが表示されます。 さらに、セッションに関する次のセッションパフォーマンスメトリックが表示されます:

  • ICA遅延 - ICA遅延は基本的にネットワーク遅延です。このパラメーターは、ネットワークの速度が遅いかどうかを示します。
  • ICA往復時間 - ICA往復時間は、ユーザーの操作と画面に表示されるグラフィックによる応答の間の時間間隔です。この測定には、ICA遅延、エンドポイント遅延、およびホスト遅延が含まれます。

このビューを使用すると、セッションデータのフローでコンポーネントを理解し、パフォーマンスの問題を引き起こしている可能性のある特定のホップを識別できます。

[セッションのトポロジ]ビューのパフォーマンスメトリックは、接続状態のHDXセッションでのみ使用できます。

セッショントポロジのシナリオ

サイトの展開シナリオに応じて、セッションに関係するコンポーネントは次のすべてまたはいずれかになります:

  • エンドポイント上のCitrix Workspaceアプリ
  • Gatewayサービス/オンプレミスGateway
  • Cloud Connector – ハイブリッド接続の場合、GatewayはCloud Connector経由でDaaSに接続されます。
  • VDA

したがって、想定されるネットワークトポロジは次のとおりです:

  • エンドポイント上のCitrix Workspaceアプリは、Citrix WorkspaceおよびGatewayサービスを介してオンプレミスのVDAに接続します。VDAへの接続にCloud Connectorは使用されません。

セッショントポロジビュー

  • エンドポイント上のCitrix Workspaceアプリは、Citrix WorkspaceおよびGatewayサービス経由で、Cloud Connectorを介したオンプレミスのVDAに接続します。

セッショントポロジビュー

  • エンドポイント上のCitrix Workspaceアプリは、StoreFrontおよびオンプレミスGatewayを介してオンプレミスのVDAに接続します。

セッショントポロジビュー

  • エンドポイント上のCitrix Workspaceアプリは、StoreFrontを介してオンプレミスのVDAに接続します。

セッショントポロジビュー

パフォーマンスメトリック

[パフォーマンスメトリック] パネルでは、ユーザーセッション内の問題を特定する際にリアルタイムの指標を関連付けることができます。セッションメトリックの傾向は、これらの指標が時間の経過とともにどのように実行されたかを示すのに役立ちます。グラフは60秒ごとに自動的に更新されます。

セッションのパフォーマンスメトリック

注:

グラフは、次の条件が満たされる場合にのみ使用できます:

  • セッションの種類がHDXである。
  • EUEMサービスが実行中である。
  • セッションが接続され、アクティブである。セッションが非アクティブである期間は、グラフ上でプロットが途切れて表示されます。

ICARTTとICA遅延のほかに、次のメトリックを使用できます:

  • フレーム数/秒 - フレーム数/秒は、セッションの応答性を示す重要な指標です。 利用可能な出力帯域幅 - 利用可能な出力帯域幅は、VDAからエンドポイントにデータを送信するために利用できる合計帯域幅の測定です。
  • 消費された出力帯域幅 - 消費された出力帯域幅は、ユーザーにセッションを表示するためにVDAからエンドポイントに送信された実際のデータ量を示します。

利用可能な出力帯域幅と消費された出力帯域幅を分析すると、セッションの処理に十分な帯域幅が利用可能かどうかを確認し、セッションエクスペリエンスが帯域幅不足の影響を受けているかどうかを検出するのに役立ちます。

セッションのパフォーマンスの問題を診断する