Technical Previewの機能

Technical Previewの機能は、非実稼働環境または制限のある稼働環境で使用でき、お客様がフィードバックを共有する機会を提供します。Technical Previewの機能のサポートは行っていませんが、改善に関するフィードバックをお待ちしております。重要度と重大度により、フィードバックに対応する場合があります。

Technical Previewの機能の一覧

次の表に、Technical Previewの機能を示します。これらの機能は、リクエストベースで提供されるPreview機能です。これらの機能についてフィードバックを提供する場合は、対応するフォームにご記入ください。

タイトル 利用できる最小バージョン 有効化フォーム(アイコンをクリック) フィードバックフォーム(アイコンをクリック)
Citrix Workspaceアプリを使用したCitrix Secure Accessへの自動でのシングルサインオンをサポート 2402 フィードバックフォーム フィードバックフォーム
Zoom VDIプラグインのクライアントアプリ管理 2402 フィードバックフォーム フィードバックフォーム
強化されたDesktop Viewerツールバー 2402 フィードバックフォーム フィードバックフォーム
Desktop Viewerツールバーのカスタマイズ 2402 フィードバックフォーム フィードバックフォーム
パケット損失補間を有効にしてオーディオパフォーマンスを向上 2402 フィードバックフォーム フィードバックフォーム
デスクトップセッションの外部モニターへの自動拡張をサポート 2402 フィードバックフォーム フィードバックフォーム
Citrix Workspaceアプリでのサステナビリティに関する取り組み 2402 フィードバックフォーム フィードバックフォーム
オンプレミス展開でのCitrix Secure Private Accessのサポート 2309 フィードバックフォーム フィードバックフォーム
強化された高DPIオプション 2308 フィードバックフォーム フィードバックフォーム
クラウドストアでのアクティビティマネージャーのサポート 2308 フィードバックフォーム フィードバックフォーム
ファイルアクセスのストアごとの設定 2308 フィードバックフォーム フィードバックフォーム
Virtual Desktop上のツールバーに関するキーボードアクセシビリティのサポート [Technical Preview] 2307 フィードバックフォーム フィードバックフォーム
クライアントアプリ管理 2305 フィードバックフォーム フィードバックフォーム
高速スキャン 2304 フィードバックフォーム フィードバックフォーム
最適化されたMicrosoft Teams向けのWebRTCのアップグレードバージョン 2210 フィードバックフォーム フィードバックフォーム
WebアプリおよびSaaSアプリ向けに強化されたシングルサインオン(SSO)エクスペリエンスのサポート 2203.1 フィードバックフォーム フィードバックフォーム

Citrix Workspaceアプリを使用したCitrix Secure Accessへの自動でのシングルサインオンをサポート

2402バージョンからのTechnical Preview 有効化フォーム フィードバックフォーム

Mac向けCitrix Workspaceアプリでは、Citrix Workspaceアプリにログインすると、Citrix Secure Accessへのシングルサインオン(SSO)が自動的にサポートされるようになりました。デバイスにCitrix Secure AccessエージェントとCitrix Workspaceアプリの両方がインストールされている場合は、この機能により、Citrix Workspaceアプリにログインすると、SSOを使用してCitrix Secure Accessに自動的にサインインできます。詳しくは、NetScalerドキュメントの 「Automatic single sign-on (SSO) to Citrix Secure Access through Citrix Workspace app - Preview」を参照してください。

MDMを使用してこの機能を有効にするには、管理者は次の設定を使用する必要があります:

<key>EnableSecureAccessAutoLogin</key><true/>

注:

  • この機能を有効にするには、Citrix Secure Accessバージョン24.03.1以降を使用する必要があります。
  • この機能はクラウドストアでのみサポートされ、オンプレミスストアではサポートされません。

Zoom VDIプラグインのクライアントアプリ管理

2402バージョンからのTechnical Preview 有効化フォーム フィードバックフォーム

バージョン2402以降では、クライアントアプリ管理機能を使用してZoom VDIプラグインを管理できるようになりました。この機能を使用すると、Citrix WorkspaceアプリからZoom VDIプラグインをダウンロード、インストール、自動更新できます。

強化されたDesktop Viewerツールバー

2402バージョンからのTechnical Preview 有効化フォーム フィードバックフォーム

2402バージョン以降では、仮想デスクトップビューアーツールバーが強化され、より直感的でモダンかつユーザーフレンドリーになりました。

Desktop Viewerツールバー

新しいツールバーには次のオプションがあります:

  • ツールバーの表示または非表示 - このボタンをクリックして、Desktop Viewerツールバーを表示または非表示にします。ツールバーが非表示になっている場合はノッチが表示されます。
  • ショートカット - このボタンをクリックして、ショートカットにアクセスします。
  • デバイス - このボタンをクリックして、[デバイス] セクションのオプションにアクセスします。
  • 環境設定 - このボタンをクリックして、[基本設定] セクションのオプションにアクセスします。
  • 最小化 - このボタンをクリックして、仮想セッションを最小化します。このオプションは全画面モードでは非表示になります。
  • 全画面 - このボタンをクリックして、全画面で仮想セッションにアクセスします。
  • 復元 - このボタンをクリックすると、仮想セッションが全画面モードから復元されます。
  • 切断 - このボタンをクリックして、サインアウトするか、仮想セッションを切断します。

ツールバーを仮想セッション内のすべての画面にドラッグできます。ツールバーをドラッグすると、画面上の配置に基づいて自動的に回転します。ドラッグを解除すると、画面上の最も近い端に配置されます。

Desktop Viewerツールバーのカスタマイズ

2402バージョンからのTechnical Preview 有効化フォーム フィードバックフォーム

以前は、Desktop Viewerツールバーを完全に無効にすることができました。ただし、ツールバーのいくつかのオプションを有効または無効にすることはできませんでした。このリリース以降、ツールバーのオプションを追加または削除することで、Mac向けCitrix Workspaceアプリのツールバーをカスタマイズできるようになりました。詳しくは、「仮想デスクトップセッションでデスクトップツールバーを表示または非表示にする」を参照してください。

ツールバーは、モバイルデバイス管理(MDM)設定を使用して構成できます。次の設定により、デバイス、環境設定、最小化、全画面ボタンを非表示にすることができます:


  <key>HiddenToolbarButtons</key>
  <array>
    <string>device</string>
    <string>preferences</string> 
    <string>minimize</string>
    <string>fullscreen</string>
  </array>

<!--NeedCopy-->

注:

ツールバーからピンボタンを非表示にすることはできません。

パケット損失補間を有効にしてオーディオパフォーマンスを向上

2402バージョンからのTechnical Preview 有効化フォーム フィードバックフォーム

2402バージョン以降では、ジッターバッファメカニズムが向上し、アダプティブオーディオコーデックにパケット損失補間(PLC)が追加されました。PLCは、失われたデータパケットの再構築に役立ちます。この機能強化により、パケット損失耐性とジッター耐性が向上し、損失耐性モード(EDT Lossy)でのオーディオパフォーマンスが向上します。

この機能を有効にするには、オーディオの損失耐性モード機能も有効にする必要があります。

デスクトップセッションの外部モニターへの自動拡張をサポート

2402バージョンからのTechnical Preview 有効化フォーム フィードバックフォーム

2402バージョン以降、Citrix Workspaceアプリはデスクトップセッションの外部モニターへの自動拡張をサポートします。エンドポイントでデスクトップセッションを起動すると、外部モニターが既にエンドポイントに接続されている場合、セッションは自動的に外部モニターに拡張されます。外部モニターを切断すると、セッションは接続されているモニターのみに拡張されるように自動的に調整されます。

この機能を有効にするには、Citrix Viewerメニューバーの [表示] メニューに移動し、[すべてのディスプレイをフルスクリーンで使用する] オプションを選択します。

すべてのディスプレイを使用する

Citrix Workspaceアプリでのサステナビリティに関する取り組み

2402バージョンからのTechnical Preview 有効化フォーム フィードバックフォーム

2402バージョン以降、Mac向けCitrix Workspaceアプリは、仮想デスクトップセッションのサインアウトオプションをサポートします。この機能によって、使用していないときに仮想マシンからサインアウトすると、省エネに貢献する可能性があります。

ユーザーが [切断] または [サインアウト] をクリックするか、仮想デスクトップを閉じると、次のプロンプトが表示され、省エネのために [サインアウト] オプションを使用するようにユーザーに推奨します。

省エネ操作

オンプレミス展開でのCitrix Secure Private Accessのサポート

2309バージョンからのTechnical Preview 有効化フォーム フィードバックフォーム

バージョン2309以降、Mac向けCitrix Workspaceアプリは、オンプレミス展開でCitrix Secure Private Accessをサポートします。詳しくは、「オンプレミスのSecure Private Access(Technical Preview)」を参照してください。

強化された高DPIオプション

2308バージョンからのTechnical Preview 有効化フォーム フィードバックフォーム

以前は、Citrix Workspaceアプリは仮想デスクトップセッションに対してのみ高DPIオプションをサポートしていました。

2308リリース以降、高DPIオプションを有効にすることで、シームレスなアプリセッションに対してもサポートできるようになりました。また、3つの4Kモニターで高DPIオプションを有効にできるようになりました。これらの機能はデフォルトでは無効になっています。

高DPIオプションを有効にするには、[環境設定]>[一般] を選択する必要があります。[一般] タブで、[クライアントのDPIスケール設定を有効にして一致させる] を選択します。変更を保存するには、アプリケーションを再起動します。

シームレスアプリのHDPI

クラウドストアでのアクティビティマネージャーのサポート

2308バージョンからのTechnical Preview 有効化フォーム フィードバックフォーム

Mac向けCitrix Workspaceアプリは、アクティビティマネージャー機能をサポートしています。この機能により、エンドユーザーはすべてのアクティブなアプリとデスクトップセッションを1か所で表示し、操作できるようになります。アクティブなセッションはアクティビティマネージャーから直接切断または終了できます。

アクティビティマネージャーでアクティブなセッションを表示するには、メニューバーからCitrix Workspaceアプリアイコンを選択し、[アクティビティマネージャー] をクリックします。アクティブなデスクトップセッションを切断するには、対応する省略記号 (…) メニューを選択し、[切断] をクリックします。「X」ボタンをクリックして、アクティブなアプリセッションを終了します。詳しくは、「アクティビティマネージャー」を参照してください。

アクティビティマネージャー

ファイルアクセスのストアごとの設定

2308バージョンからのTechnical Preview 有効化フォーム フィードバックフォーム

2308リリース以降、Client Selective Trust機能の一部として、ストアごとのファイルアクセスが含まれます。この機能強化により、ストアごとにファイルへのアクセスを提供できるようになります。

ストアのファイルアクセスを有効にするには、[環境設定]>[ファイルアクセス] を選択する必要があります。[ファイルアクセス] タブで、ストアとそのストアに必要なアクセスの種類を選択します。コンピューター上のファイルとドライブに対して、次のいずれかのアクセスの種類を選択できます:

  • 読み出し/書き込み: 選択したストアのファイルおよびドライブへの読み取りおよび書き込みアクセスを提供します。
  • 読み出し専用: 選択したストアのファイルとドライブへの読み取り専用アクセスを提供します。
  • アクセスしない: 選択したストアのファイルとドライブへのアクセスを制限します。
  • 毎回確認する: 選択したストアに対して読み取りまたは書き込みアクセスが必要になるたびに、ファイルとドライブへのアクセス許可を要求します。

ファイルアクセス

Virtual Desktop上のツールバーに関するキーボードアクセシビリティのサポート [Technical Preview]

2307バージョンからのTechnical Preview 有効化フォーム フィードバックフォーム

2307リリースでは、キーボードショートカットを使用してVDI(VDI)ツールバーにアクセスできます。キーボードショートカットを使用するには、Citrix Viewerから、メニューバーの [表示] に移動し、[ツールバーのショートカットの使用] を選択します。[ツールバーのショートカットを使用] オプションは、デフォルトで有効になっています。

ツールバーのショートカットを使用

次のキーボードショートカットを使用して、キーボードからVDIツールバーにアクセスできます。

  • Shift + Command + T:VDI ツールバーをアクティブ化します。
  • Tab:VDI ツールバー内を時計回りに移動します。
  • Shift + Tab:VDIツールバー内を反時計回りに移動します。
  • Space:VDI ツールバーのオプションを選択します。
  • Escape:フォーカスのあるモーダルを閉じます。

UI要素間を移動できるようにすると共にフォーカスしている要素を強調表示するキーボードによる操作が、ツールバーとCitrix Workspaceアプリの環境設定ウィンドウでサポートされるようになりました。

Keyboard navigation

クライアントアプリ管理

2305バージョンからのTechnical Preview 有効化フォーム フィードバックフォーム

Mac向けCitrix Workspaceアプリ2305でクライアントアプリ管理機能を使用できます。この管理機能により、Citrix Workspaceアプリをエンドポイントにインストールするだけで、エンドポイント解析(EPA)プラグインなどのエージェントをインストールおよび管理できるようになります。

この機能により、管理者は必要なエージェントを1つの管理コンソールから簡単に展開および管理できます。

注:

  • この機能は、Workspace(クラウド)セッションにのみ適用されます。
  • Global App Configuration Serviceは、この機能の前提条件です。

クライアントアプリ管理には次の手順が含まれます:

  • 管理者は、Global App Configuration Serviceでエンドユーザーのデバイスに必要なエージェントを指定する必要があります。このTechnical Previewでは、管理者はEPA(エンドポイント解析)エージェントを指定できます。
  • Citrix Workspaceアプリは、Global App Configuration Serviceからエージェントの一覧を取得します。
  • Global App Configuration Serviceから取得した一覧に基づいて、Citrix Workspaceアプリは自動更新サービスを介してエージェントパッケージをダウンロードします。エンドポイントにエージェントが以前にインストールされていない場合、Citrix Workspaceアプリによってエージェントのインストールがトリガーされます。エージェントが既にインストールされている場合は、Citrix Workspaceアプリはエージェントの更新をトリガーします(ダウンロードしたエージェントのバージョンがインストールされているバージョンよりも高い場合)。

これ以降更新プログラムが利用可能になったときに、Citrix Workspaceアプリがエージェントを自動的に更新します。

次の図は、このワークフローを示しています。

クライアントアプリ管理のEPA

Global App Global App Configuration ServiceのJSONファイルの例:


{
    "serviceURL": {
        "url": "https://serviceURL:443"
    },
    "settings": {
        "name": "Client App management",
        "description": "Client App management",
        "useForAppConfig": true,
        "appSettings": {
            "macos": [
                {
                    "category": "AutoUpdate",
                    "userOverride": false,
                    "assignedTo": [
                        "AllUsersNoAuthentication"
                    ],
                    "settings": [
                        {
                            "name": "Auto update plugins settings",
                            "value": [
                                {
                                    "pluginName": "Citrix Endpoint Analysis",
                                    "pluginId": "7303CB73-42EE-42BB-A908-9E6575912106",
                                    "pluginSettings": {
                                        "deploymentMode": "InstallAndUpdate",
                                        "upgradeToLatest": true,
                                        "minimumAllowedVersion": "1.0",
                                        "maximumAllowedVersion": "24.0",
                                        "delayGroup": "Medium",
                                        "stream": "",
                                        "isFTU": true,
                                        "isBlocking": true,
                                        "detectRule": ""
                                    }
                                }
                            ]
                        }
                    ]
                }
            ]
        }
    }
}

<!--NeedCopy-->

次の表に、クライアントアプリ管理設定のスキーマ、値、および説明を示します。

スキーマ設定 説明
isBlocking TrueまたはFalse isBlockingパラメーターがtrueに設定されている場合、プラグインは必須と見なされます。サインインページは、必要なプラグインがインストールされている場合にのみ表示されます。EPAを必須プラグインとして設定することをCitrixではお勧めします。
pluginName   プラグインのフレンドリ名。pluginNameは変更できます。
pluginId   プラグインのID。変更しないでください。
deploymentMode InstallAndUpdate/Update  
maximumAllowedVersion   プラグインの最大許容バージョン。
minimumAllowedVersion   プラグインの最小許容バージョン。
upgradeToLatest TrueまたはFalse  

2301リリース以降、管理者は、Citrix Workspaceアプリにサインイン済みの状態であれば、Citrix WorkspaceアプリとCitrix Secure Accessへのシングルサインオンを使用して、EPA Clients for macOSの自動更新を管理できます。

Endpoint Analysis(EPA)の自動更新

Citrix Workspaceアプリを使用して、EPA Clients for macOSの自動更新を管理できるようになりました。管理者は、Global App Configuration Serviceでエンドユーザーのデバイスに必要なエージェントを指定する必要があります。エージェントが既にインストールされていて、エージェントの新しいバージョンが利用可能な場合、Citrix Workspaceアプリはエージェントを次の上位バージョンに更新します。これ以降、新しい更新プログラムが利用可能になったときに、Citrix Workspaceアプリがエージェントを自動的に更新します。

Global App Global App Configuration ServiceのJSONファイルの例:


{
    "serviceURL": {
        "url": "https://serviceURL:443"
    },
    "settings": {
        "name": "Client App management",
        "description": "Client App management",
        "useForAppConfig": true,
        "appSettings": {
            "macos": [
                {
                    "category": "AutoUpdate",
                    "userOverride": false,
                    "assignedTo": [
                        "AllUsersNoAuthentication"
                    ],
                    "settings": [
                        {
                            "name": "Auto update plugins settings",
                            "value": [
                                {
                                    "pluginName": "Citrix Endpoint Analysis",
                                    "pluginId": "7303CB73-42EE-42BB-A908-9E6575912106",
                                    "pluginSettings": {
                                        "deploymentMode": "InstallAndUpdate",
                                        "upgradeToLatest": true,
                                        "minimumAllowedVersion": "1.0",
                                        "maximumAllowedVersion": "7.0",
                                        "delayGroup": "Medium",
                                        "stream": "",
                                        "isFTU": false,
                                        "isBlocking": false,
                                        "detectRule": ""
                                    }
                                }
                            ]
                        }
                    ]
                }
            ]
        }
    }
}

<!--NeedCopy-->

以下は、プロパティの意味と使用可能なdeploymentModeキーの値です:

  • 「InstallAndUpdate」:プラグインを新規インストール、および新しいバージョンで更新できます。
  • 「Update」:更新のみを許可、新規インストールなし。
  • 「None」:このプラグインには操作の必要なし。

Citrix Workspaceアプリを使用したCitrix Secure Accessへのシングルサインオン

Citrix Workspaceアプリにサインイン済みの状態であれば、Citrix Secure Accessにシングルサインオンできます。Citrix WorkspaceアプリにサインインしてCitrix Secure Accessを開くとき、資格情報の入力を求められることはありません。自動的に認証が進みます。この機能により、さまざまなCitrixアプリケーションへのシングルサインオンが可能になり、ユーザーにシームレスなエクスペリエンスが提供されます。この機能は、クラウドストアのお客様のみが使用できます。最新バージョンのCitrix Workspaceアプリとともに、互換性のあるバージョンのCitrix Secure Access(22.12.2以降のバージョン)が必要です。

高速スキャン

2304バージョンからのTechnical Preview 有効化フォーム フィードバックフォーム

複数のデバイスでCitrix Workspaceアプリにログインしている場合は、高速スキャン機能を使用してiOSデバイスの多数のドキュメントをスキャンし、スキャンしたドキュメントをMacデバイスに転送できます。

高速スキャン機能を使用してドキュメントをスキャンする方法については、次の手順に従ってください:

  1. Macデバイスで、デスクトップセッションのCitrix Workspaceアプリのアイコンを右クリックし、[高速スキャン] をクリックしてQRコードを表示します。

  2. iOSデバイスで、[設定]>[高速スキャン] をクリックします。

  3. Macデバイスに表示されたQRコードをスキャンして、MacとiOSデバイス間の接続を確立します。

  4. ドキュメントをスキャンして、Macデバイスに送信します。

  5. Macデバイスのデスクトップセッションでは、Finderでスキャンしたドキュメントを見つけることができます。

Citrix Workspaceの高速スキャン

ドックの高速スキャン

前提条件

  • ストアに対してクライアントドライブマッピング(CDM)を有効にする必要があります。

  • iOSデバイスとMacデバイスの両方で、Citrix Workspaceアプリの同じアカウントにサインインする必要があります。

  • 同じWi-Fiに接続している必要があります。

  • 必要なMac向けCitrix Workspaceアプリの最小バージョンは2304です。

  • この機能は、iOS向けCitrix Workspaceアプリのバージョン23.3.5以降でサポートされています。

  • 高速スキャンには、デバイスでの読み取りおよび書き込みアクセスが必要です。アクセスを有効にするには、次の手順に従います:

    1. プロファイルから、[アプリケーション設定]>[ストアの設定] をクリックします。

    2. 現在のストアをクリックします。

    3. [デバイスストレージ] をクリックし、[読み取り/書き込みアクセス] を選択します。

最適化されたMicrosoft Teams向けのWebRTCのアップグレードバージョン

2210バージョンからのTechnical Preview 有効化フォーム フィードバックフォーム

2210バージョン以降、最適化されたMicrosoft Teamsに使用されるWebRTCのバージョンは、バージョンM98にアップグレードされます。

WebアプリおよびSaaSアプリ向けに強化されたシングルサインオン(SSO)エクスペリエンスのサポート

2203.1バージョンからのTechnical Preview 有効化フォーム フィードバックフォーム

この機能により、サードパーティのIDプロバイダー(IdP)を使用しながら、内部WebアプリおよびSaaSアプリ向けのSSOの構成を簡素化できます。強化されたSSOエクスペリエンスにより、プロセス全体がいくつかのコマンドに集約されます。SSOをセットアップするためにIDプロバイダーチェーンでCitrix Secure Private Accessを構成するという、必須の前提条件がなくなります。また、Citrix Workspaceアプリと、Citrix Workspaceアプリから起動された特定のWebまたはSaaSアプリの認証に同じIDプロバイダーが使用される場合、ユーザーエクスペリエンスも向上します。

Technical Previewから一般提供(GA)

サービスまたは機能 一般提供バージョン
H.265ビデオデコーディングのサポート 2402
HDX Reducerをバージョン4にアップグレード 2402
オーディオの損失耐性モード 2402
音量の同期のサポート 2402
Webカメラの背景のぼかしをサポート 2402
App Protectionが有効な場合の画面共有のサポート 2402
オンプレミスストアへの接続でFIDO2を使用した認証のサポート 2311
強化されたWorkspaceでの仮想アプリとデスクトップの起動エクスペリエンス(クラウドユーザーのみ) 2311
グラフィックパフォーマンスの向上 2308
サポートされる仮想チャネル数の増加 2308