このリリースについて

Mac向けCitrix Workspaceアプリの新機能、機能強化、解決された問題、既知の問題について説明します。

Technical Previewの機能一覧は「Technical Previewの機能」セクションに記載されており、それらを1か所で確認することができます。Preview機能をご使用後、添付のPodioフォームリンクを使用してフィードバックを共有してください。

注:

自動更新サービスはバージョン2304以降でサポートされています。Mac向けCitrix Workspaceアプリのバージョン2301以前を使用している場合は、自動更新サービスで最新バージョンに更新することはできません。代わりに、「Downloads」ページで入手可能な.dmgファイルをダウンロードして、Mac向けCitrix Workspaceアプリのバージョン2304以降を手動でインストールする必要があります。詳細については、「手動インストール」を参照してください。

Appleシリコン(M1およびM2シリーズ)ユニバーサルアーキテクチャ搭載Macのネイティブサポート

ユニバーサルアーキテクチャビルドのリリースにより、Citrix Workspaceアプリは、Appleシリコン(M1およびM2シリーズ)を搭載したMacをネイティブサポートするようになりました。ユニバーサルアーキテクチャビルドは、プロセッサアーキテクチャに関係なく、どのMacデバイスでも実行できます。

Appleシリコンを搭載したMac向けCitrix WorkspaceアプリのIntelベースのx86_64アーキテクチャビルドを使用している場合は、アプリを実行するためにRosettaエミュレーションを使用する必要があります。

ユニバーサルアーキテクチャビルドの最新バージョンおよびIntelベースのx86_64アーキテクチャビルドは、Downloadsでダウンロードできます。

注:

Citrixは引き続きIntelベースのMacとAppleシリコン(M1およびM2シリーズ)を搭載したMacをサポートします。ただし、Citrixは間もなく、IntelベースのMacでIntelベースのx86_64アーキテクチャビルドを廃止する予定です。Citrixは引き続きIntelベースのMacとAppleシリコン(M1およびM2シリーズ)を搭載したMacでユニバーサルアーキテクチャビルドをサポートします。「廃止」セクション記載のお知らせに注意してください。

Appleシリコン(M1およびM2シリーズ)を実行しているMacでCitrix Workspaceアプリを使用している場合は、HDX RealTime Optimization Pack(RTOP)をアップグレードする必要があります。このアップグレードにより、Microsoft Skype for Businessのオーディオ/ビデオ会議やボイスオーバーIPの企業向け電話が最適化されます。Mac用HDX RealTime Media Engine 2.9.500は、Citrix Webサイトの「Downloads」からインストールできます。

所属組織でサードパーティのプラグインまたは仮想チャネルを使用している場合は、これらのプラグインがAppleシリコンを実行するMacと互換性があることを確認する必要があります。プラグインが社内で開発されたものである場合は、ユニバーサルアーキテクチャビルドをインストールする前に、これらのプラグインを再構築(リビルド)する必要があります。

ユニバーサルアーキテクチャビルドのアンインストールやカスタム仮想チャネルSDK(VCSDK)の使用などについて詳しくは、「Appleシリコンのネイティブサポート」セクションを参照してください。

2311の新機能

オンプレミスストアへの接続でFIDO2を使用した認証のサポート

以前は、FIDO2ベースのパスワードなしの認証がクラウドストアへの接続でサポートされていました。詳しくは、「クラウドストアへの接続時におけるFIDO2を使用した認証」を参照してください。

このバージョンでは、ユーザーはFIDO2認証を使用してオンプレミスストアに接続することもできます。FIDO2セキュリティキーは、企業の従業員がユーザー名やパスワードを入力せずにFIDO2をサポートするアプリやデスクトップに認証するためのシームレスな方法を提供します。この機能は現在、PINコードとtouchIDを使用するローミング認証(USBのみ)をサポートしています。この機能は、macOS 12以降のバージョンでサポートされています。詳しくは、「クラウドストアへの接続時におけるFIDO2を使用した認証」を参照してください。

仮想アプリとデスクトップセッション用のユニバーサルアーキテクチャビルドの機能強化

2311バージョン以降、ユニバーサルアーキテクチャビルドは、仮想セッションをネイティブのAppleシリコンモードで実行するかIntelモードで実行するかを、自動的に選択できるようになりました。Rosettaエミュレーションを使用して、Intelモードで仮想セッションを起動します。仮想チャネルSDKがネイティブのAppleシリコンアーキテクチャに基づいて構築されている場合、または仮想チャネルSDKがない場合、仮想セッションはネイティブのAppleシリコンモードで起動します。ただし、仮想チャネルSDKがx86_64 Intelベースのアーキテクチャで構築された場合、仮想セッションはRosettaエミュレーションを使用してIntelモードで起動します。

ユニバーサルアーキテクチャビルドに対するこの機能強化により、Appleシリコンチップセットを搭載したMacでの起動エクスペリエンスが向上します。Intelベースのチップセットを搭載したMacを使用しているユーザーの場合は変更はなく、ユニバーサルアーキテクチャビルドは引き続き仮想セッションをネイティブに実行します。

詳しくは、「仮想アプリとデスクトップセッション用のユニバーサルアーキテクチャビルドの機能強化」を参照してください。

強化されたWorkspaceでの仮想アプリとデスクトップの起動エクスペリエンス(クラウドユーザーのみ)

Citrixリソースの起動エクスペリエンスがより直感的で、役立つ情報を表示する、ユーザーフレンドリーなものへと強化されました。バージョン2311以降、この機能はカスタムWebストアとハイブリッド起動でサポートされています。

起動エクスペリエンス

起動の進行状況の通知が画面の右下隅に表示されるようになりました。起動中のリソースの進行状況が表示されます。通知を閉じると、通知を再表示することはできません。通知は、セッションが開始してから数秒間残ります。セッション開始に失敗した場合、通知に失敗した旨のメッセージが表示されます。詳しくは、「強化されたWorkspaceでの仮想アプリとデスクトップの起動エクスペリエンス(クラウドユーザーのみ)」を参照してください。

起動の失敗

注:

この機能は、Workspace(クラウド)とStoreFrontセッションの両方で使用できます。

先進的なMac向けCitrix Workspaceアプリ用Citrix仮想チャネルSDK

2311バージョン以降、Citrix仮想チャネルソフトウェア開発キット(VCSDK)は、ICAプロトコルを使用する追加の仮想チャネルのための、サーバー側アプリケーションやクライアント側ドライバーの作成をサポートします。サーバー側仮想チャネルアプリケーションは、Citrix Virtual Apps and Desktopsサーバー上にあります。このバージョンのSDKは、Mac向けCitrix Workspaceアプリ用の新しい仮想チャネルの作成と画面共有をサポートします。

詳しくは、開発者用ドキュメントで「Citrix Virtual Channel SDK for Citrix Workspace app for Mac」および「先進的なMac向けCitrix Workspaceアプリ用Citrix仮想チャネルSDK」を参照してください。

TLSプロトコルバージョン1.3のサポート

2311バージョン以降、Mac向けCitrix Workspaceアプリは最新のTLS(Transport Layer Security)バージョン1.3をサポートします。TLSバージョン1.3を有効にするには、[環境設定]> [セキュリティとプライバシー]>[TLS] に移動して、[TLSバージョン] ドロップダウンメニューから TLSv1.0、TLSv1.1、TLSv1.2、およびTLSv1.3 のオプションを選択します。

TLSバージョン

詳しくは、「TLS」を参照してください。

複数のオーディオデバイスのサポート

2311リリース以降のMac向けCitrix Workspaceアプリは、セッションで使用可能なすべてのローカルオーディオデバイスを名前付きで表示します。また、プラグアンドプレイにも対応しています。詳しくは、「複数のオーディオデバイスのサポート」を参照してください。

複数のモニターのフルスクリーンモードのサポートを最大5台に拡張

以前、Citrixは、プライマリモニターを含む最大3台のモニターのフルスクリーンモードをサポートしていました。

2311バージョン以降、プライマリモニターを含む最大5台のモニターで同時にフルスクリーンモードを使用できるようになりました。詳しくは、「複数のモニターの全画面モードのサポートを最大5台に拡張」を参照してください。

キーボード設定からのインターナショナルメニューの廃止

以前は、[デバイス]>[キーボード]>[インターナショナル] に移動して、Citrix Viewerで [クライアントIMEを使用]、[変換中マークを使用]、および[クライアントのキーボードレイアウトを使用する] 機能を有効または無効にすることができました。

バージョン2311以降、Citrix Viewerのキーボード設定のインターナショナルメニューは非推奨になりました。このバージョンから、クライアント側のIMEがデフォルトで有効になります。詳しくは、「キーボード設定からのインターナショナルメニューの廃止」を参照してください。

WebRTCによるSDP形式(Plan B)の廃止に関する情報

Citrixは、将来のリリースでWebRTCによる現在のSDP形式(Plan B)のサポートを廃止する予定です。特定の最適化されたMicrosoft Teams機能を引き続き使用するには、Unified PlanをサポートするバージョンのCitrix Workspaceアプリを使用する必要があります。詳しくは、「WebRTCによるSDP形式(Plan B)の廃止に関する情報」を参照してください。

Citrix Enterprise Browser

このリリースには、Chromiumバージョン119ベースのCitrix Enterprise Browserバージョン119.1.1.115が含まれています。詳しくは、Citrix Enterprise Browserのドキュメントを参照してください。

ユーザーエクスペリエンスの向上

以前は、セッションの有効期限が切れた後にアクションを実行しようとすると、Citrix Enterprise Browserに再接続モーダルが表示されました。Mac向けCitrix Workspaceアプリバージョン2311(Chromiumバージョン119.1.1.115に対応)以降、再接続モーダルはなくなりました。代わりに、セッションの有効期限が切れた後に何らかのアクションを実行しようとすると、ブラウザータブに読み込みアイコンが表示されるようになりました。

ウォーターマークデザインの向上

Citrix Enterprise Browserには、視認性を妨げないような、より優れたユーザーエクスペリエンスを提供する新しいウォーターマークデザインが採用されました。

カスタムブラウザー拡張機能のサポート

Citrix Enterprise Browserの拡張機能が拡張されました。以前は、Chromeウェブストアの拡張機能のみが許可されていました。Citrix Enterprise Browserでは、カスタム拡張機能を安全に追加できるようになりました。管理者は、必須リストの一部としてカスタム拡張機能を構成できます。エンドユーザーは、必要に応じて、これらの拡張機能をcitrixbrowser://extensions経由で、またはMoreボタンのExtensionsオプションをクリックして、アクセスして使用できます。カスタム拡張機能の構成方法について詳しくは、Citrix Enterprise Browserドキュメントの「必須のカスタム拡張機能」を参照してください。

Global App Configuration ServiceによってシンプルになったWebおよびSaaSアプリのSSO

注:

この機能は、StoreFrontの展開環境でのみ使用可能です。

以前は、PowerShellモジュールを使用してCitrix Enterprise BrowserのSSOが構成されていました。このバージョン以降、シンプルになったSSO機能により、Global App Configuration Service(GACS)に新しく導入された設定を使用して、Citrix Enterprise BrowserでSSOを構成できるようになります。管理者は、この新しい設定を使用して、Citrix Enterprise BrowserのすべてのWebアプリおよびSaaSアプリに対してSSOを有効にすることができます。この方法では、複雑なPowerShellモジュールが必要なくなります。GACSを使用してSSOを管理する方法について詳しくは、「Global App Configuration Serviceを使用したWebおよびSaaSアプリのシングルサインオンの管理」を参照してください。

エンドユーザーのアクティビティを監視する機能の強化

以前は、管理者は、アクセスされたアプリやトラフィックの種類などのエンドユーザーアクティビティを監視できませんでした。Windows向けCitrix Workspaceアプリ2311以降およびMac向けCitrix Workspaceアプリ2311以降(Chromiumバージョン119.1.1.115に対応)以降では、これらの詳細も監視できるようになりました。

  • アクセスされたアプリ:Enterprise Browserは、アプリがポリシードキュメントに記載されている場合、エンドユーザーがアクセスするすべてのアプリに関する情報を提供します。
  • トラフィックの種類:Enterprise Browserは、データが直接送信されるか、Secure Private Access認証を通じて送信されるかに関する情報を提供します。

Enterprise Browserからエンドユーザーのアクティビティを監視するには、Citrix CloudアカウントでCitrix Analyticsサービスを使用します。Citrix Cloudにサインインした後、[Analytics]>[セキュリティ]>[検索] に移動します。ここでは、[Self-Service Search] セクションの [Apps and Desktops] を参照できます。Citrix Analyticsについて詳しくは、「はじめに」を参照してください。

App Protection

オンプレミスストアの認証およびSelf-Service Plug-inでApp Protectionの構成をサポート

以前は、Mac向けCitrix Workspaceアプリは、クラウドストアのみで、Global App Configuration ServiceのUIを使用した認証およびSelf-service Plug-inでのApp Protectionの構成をサポートしていました。

2311リリース以降、クラウドとオンプレミスストアの両方で利用できるようになりました。詳しくは、App ProtectionのドキュメントでGlobal App Configuration ServiceのUIを使用した構成を参照してください。

Technical Preview

  • オーディオの損失耐性モード
  • 音量の同期のサポート
  • H.265ビデオデコーディングのサポート
  • HDX Reducerをバージョン4にアップグレード

Technical Preview機能の完全な一覧については、「Technical Previewの機能」ページを参照してください。

2311で解決された問題

  • 初めてユーザーがストアURLを追加するとき、FIDO2認証ブラウザーウィンドウが表示されない場合があります。[RFMAC-14518]
  • Mac向けCitrix Workspaceアプリを使用して仮想セッションにアクセスすると、仮想セッションでのマウスのスクロール速度が速すぎたり遅すぎたりする可能性があります。[CVADHELP-23514]
  • Mac向けCitrix Workspaceアプリを使用している場合、VDA 2212以降にアップグレードした後、Options + tabキーをクリックしても仮想アプリセッション内で最近のアプリを切り替えることができない場合があります。[CVADHELP-23464]
  • Mac向けCitrix Workspaceアプリから起動されたリモートデスクトッププロトコルのアプリセッションのWindowsタスクバーが、macOSのドックによってブロックされている場合があります。[CVADHELP-23681]
  • Mac向けCitrix Workspaceアプリを使用する場合、オンプレミスストアに持続セッションが使用されると認証で問題が発生する可能性があります。[CVADHELP-24062]

2311の既知の問題

  • HTML5ビデオリダイレクト機能は、バージョン2311以降のMac向けCitrix Workspaceアプリではデフォルトで無効になっています。[HDX-53015]

以前のリリース

このセクションでは、以前のリリースの機能と、解決された既知の問題を示します。リリースは、リリース日の18か月後に製品終了(EOL)になります。サポートされているバージョンのライフサイクル日程について詳しくは、「Citrix WorkspaceアプリおよびCitrix Receiverのライフサイクルマイルストーン」を参照してください。

2309

新機能

macOS 14 Sonomaのサポート

Mac向けCitrix Workspaceアプリは、macOS 14 Sonomaでサポートされています。

Citrix Enterprise Browser

このリリースには、Chromiumバージョン115ベースのCitrix Enterprise Browserバージョン115.1.1.103が含まれています。詳しくは、Citrix Enterprise Browserのドキュメントを参照してください。

Citrixは、Citrix Enterprise Browserについて個別のアップグレードをリリースすることになりました。Mac向けCitrix Workspaceアプリのバージョン2309より、自動更新機能でCitrix Enterprise Browserを互換性のあるバージョンに個別にアップグレードすることも、「Downloads」でアップグレードが利用可能になったときに手動でインストールすることもできます。Citrix Enterprise Browserの独立したアップグレードは、常に最新バージョンのMac向けCitrix Workspaceアプリでのみサポートされます。

Technical Preview

  • オンプレミスストアでのCitrix Secure Private Accessのサポート

Technical Preview機能の完全な一覧については、「Technical Previewの機能」ページを参照してください。

解決された問題

  • 最適化されたMicrosoft Teamsでは、着信音が鳴る前に通話に応答すると、着信音がランダムに鳴ることがあります。[HDX-55799]
  • [環境設定] ウィンドウの [デバイス] タブで利用できるデバイスを自動的に接続するための [USB] 設定は、Mac向けCitrix Workspaceアプリ2308では予想どおりに機能しない可能性があります。[RFMAC-14658]
  • macOS Sonomaデバイスでは、画像(.jpeg/.pngフォーマット)をMacから仮想セッションにコピーすると、仮想セッションにコピーされた画像が破損する可能性があります。[HDX-55307]

既知の問題

  • このリリースで確認されている新しい問題はありません。

2308

新機能

Mac向けCitrix WorkspaceアプリをmacOS Sonoma Betaで使用

Mac向けCitrix Workspaceアプリ2308は、macOS SonomaパブリックBeta 7バージョン23A5337aでテストされています。このセットアップをテスト環境で使用し、フィードバックを提供してください。

グラフィックパフォーマンスの向上

バージョン2308以降では、シームレスアプリセッションのグラフィックのパフォーマンスが向上しています。この機能により、CPU使用率への負荷も最適化されます。詳しくは、「グラフィックパフォーマンスの向上」を参照してください。

ネットワークの輻輳制御の向上

バージョン2308以降では、Enlightened Data Transport(EDT)と呼ばれるCitrix独自のトランスポートプロトコルの機能が強化され、ネットワークの輻輳を効率的に制御できるようになりました。この機能により、データのスループットが向上し遅延が短縮されます。詳しくは、「ネットワークの輻輳制御の向上」を参照してください。

サポートされる仮想チャネル数の増加

以前は、Mac向けCitrix Workspaceアプリは最大32の仮想チャネルをサポートしていました。バージョン2308以降では、セッションで最大64個の仮想チャネルを使用できます。詳しくは、「サポートされる仮想チャネル数の増加」を参照してください。

App Protection

ポリシー改ざん検出のサポート

ポリシー改ざん検出機能は、App Protectionの画面キャプチャ対策ポリシーとキーロガー対策ポリシーが改ざんされている場合に、ユーザーが仮想アプリまたはデスクトップセッションにアクセスできないようにします。ポリシーの改ざんが検出された場合、仮想アプリまたはデスクトップセッションは終了します。ポリシーの改ざんの検出機能について詳しくは、「ポリシーの改ざんの検出」を参照してください。

Citrix Enterprise Browser

このリリースには、Chromiumバージョン115ベースのCitrix Enterprise Browserバージョン115.1.1.103が含まれています。詳しくは、Citrix Enterprise Browserのドキュメントを参照してください。

Technical Preview

  • 強化された高DPIオプション
  • ファイルアクセスのストアごとの設定
  • クラウドストアでのアクティビティマネージャーのサポート
  • App Protectionが有効な場合の画面共有のサポート
  • オンプレミスストアへの接続でFIDO2を使用した認証のサポート

Technical Preview機能の完全な一覧については、「Technical Previewの機能」ページを参照してください。

解決された問題

  • Mac向けCitrix Workspaceアプリを使用して仮想デスクトップにアクセスすると、仮想デスクトップ内のマウスポインターのサイズが不規則に変動することがあります。[CVADHELP‑23158]
  • アクティビティマネージャーにアクティブなアプリのアイコンが表示されない場合があります。[WSUI‑8011]
  • Citrix Workspaceアプリを数分間使用することで、大量のアプリケーションメモリを消費することがあります。[CVADHELP‑23528]

既知の問題

  • Mac向けCitrix Workspaceアプリをバージョン2308にアップグレードした後、環境設定ウィンドウがユーザーの操作に対して応答しなくなる場合があります。この問題を回避するには、Citrix Workspaceアプリを強制終了して再起動します。Macでアプリを強制的に閉じる方法について詳しくは、Appleサポート記事の「Appを強制的に終了する」 を参照してください。[RFMAC‑14596]

2307

新機能

M2チップを搭載したMacのネイティブ サポート

バージョン2307以降、macOS向けCitrix Workspaceアプリは、AppleシリコンのM2シリーズ(これまでサポートされてきたM1シリーズと共に)をネイティブにサポートします。詳しくは、「Appleシリコンのネイティブサポート」を参照してください。

Mac向けCitrix WorkspaceアプリをmacOS Sonoma Betaで使用

Mac向けCitrix Workspaceアプリ2307は、macOS SonomaパブリックBeta 1バージョン23A5286iでテストされています。このセットアップをテスト環境で使用し、フィードバックを提供してください。

注意:

実稼働環境でmacOS Sonoma Beta版のMac向けCitrix Workspaceアプリを使用しないでください。

macOSバージョンCatalinaのサポートの廃止

バージョン2304で発表されたように、macOSバージョンCatalina(10.15)のサポートはリリース2307を持って廃止となり、今後のリリースでは打ち切られる予定です。詳しくは、「廃止」を参照してください。

クラウドストアへの接続でFIDO2を使用した認証のサポート

バージョン2307から、ユーザーはクラウドストアに接続するときに、FIDO2を使用したパスワードなしの認証を利用できるようになりました。FIDO2セキュリティキーは、企業の従業員がユーザー名やパスワードを入力せずにFIDO2をサポートするアプリやデスクトップに認証するためのシームレスな方法を提供します。この機能は現在、PINコードとtouchIDを使用するローミング認証(USBのみ)をサポートしています。この機能は、macOS 12以降のバージョンでサポートされています。詳しくは、「クラウドストアへの接続時におけるFIDO2を使用した認証」を参照してください。

HDXセッションにおけるFIDO2を使用した認証のサポート

バージョン2307から、ユーザーはHDXセッション内でFIDO2を使用したパスワードなしの認証を利用できるようになりました。FIDO2セキュリティキーは、企業の従業員がユーザー名やパスワードを入力せずにFIDO2をサポートするアプリやWebサイトに認証するためのシームレスな方法を提供します。この機能は現在、PINコードとtouchIDを使用するローミング認証(USBのみ)をサポートしています。この機能は、macOS 12以降のバージョンでサポートされています。詳しくは、「HDXセッションにおけるFIDO2を使用した認証」を参照してください。

注:

このリリースでは、FIDO2対応デバイスで1つのパスキーのみがサポートされます。FIDO2対応デバイスに複数のパスキーがある場合、最初のパスキーがHDXセッションの認証に使用されます。

バージョン自動更新の制御

管理者は、組織内デバイスのCitrix Workspaceアプリのバージョン自動更新を管理できるようになりました。 管理者は、Global App Configuration ServiceのmaximumAllowedVersionプロパティ、およびminimumAllowedVersionプロパティで範囲を設定することにより、バージョンを制御できます。

Global App Global App Configuration ServiceのJSONファイルの例:


{
  "serviceURL": {
    "url": "https://serviceURL:443"
  },
  "settings": {
    "name": "Version Control for Citrix Workspace",
    "description": "Provides admin ability to Version Control for Citrix Workspace",
    "useForAppConfig": true,
    "appSettings": {
      "macos": [
        {
          "category": "AutoUpdate",
          "userOverride": false,
          "assignedTo": [
            "AllUsersNoAuthentication"
          ],
          "settings": [
            {
              "name": "Auto update plugins settings",
              "value": [
                {
                  "pluginName": "Citrix Workspace",
                  "pluginId": "D99C3E77-FBF5-4B97-8EDA-4E381A1E0826",
                  "pluginSettings": {
                    "deploymentMode": "Update",
                    "upgradeToLatest": false,
                    "minimumAllowedVersion": "23.07.0.63",
                    "maximumAllowedVersion": "23.07.0.63",
                    "delayGroup": "Medium",
                    "detectRule": ""
                  }
                }
              ]
            }
          ]
        }
      ]
    }
  }
}

<!--NeedCopy-->

範囲が設定されていると、ユーザーのデバイスのCitrix Workspaceアプリは、その指定された範囲内で利用可能な最新バージョンに自動更新されます。

Citrix Workspaceアプリを特定のバージョンに自動更新する場合は、Global App Configuration ServiceのmaximumAllowedVersionプロパティ、およびminimumAllowedVersionプロパティに同じバージョンを入力します。詳しくは、「バージョン自動更新の制御」を参照してください。

注:

  • バージョン自動更新を制御するには、Global App Configuration ServiceのupgradeToLatest設定をfalseに設定します。upgradeToLatest設定がtrueの場合、maximumAllowedVersionとminimumAllowedVersionは無視されます。
  • pluginIdは変更しないでください。pluginIdはCitrix Workspaceアプリにマッピングされています。
  • 管理者がGlobal App Configuration Serviceでバージョンを構成していない場合、デフォルトでCitrix Workspaceアプリは利用可能な最新バージョンに更新されます。
  • Citrix Workspaceアプリを更新するために設定されているバージョン範囲のみを使用できますが、ダウングレードはサポートされていません。
  • この機能は、リリース2307以降でサポートされています。

StoreFrontのクイックアクセスメニュー

バージョン2307以降、オンプレミスストアのクイックアクセス機能を使用して、お気に入りのアプリやデスクトップにすばやく簡単に移動できるようになりました。クイックアクセスを有効にするには、ツールバーで [Citrix Workspace] を右クリックし、[環境設定] > [一般] に移動し、次いで [StoreFront環境へのクイックアクセスを表示する] を選択します。この機能を使用すると、Macのメニューバーからお気に入りのデータを直接表示できます。

On-prem quick access

このクイックアクセス機能を有効にするには、[環境設定] を使用します。

クイックアクセス

クイックアクセス機能を有効または無効にするには、管理者がモバイルデバイス管理(MDM:Mobile Device Management)またはGlobal App Configuration Service(GACS)のメソッドを使用します。詳しくは、「 Quick access menu for StoreFront」を参照してください。

MDMを使用してクイックアクセスを有効または無効にする

MDMを使用してクイックアクセスを有効にするには、管理者は次の設定を使用する必要があります。

<key>ShowQuickAccessForStoreFront</key> <false/>

GACSを使用してクイックアクセスを有効または無効にする

GACSを使用してクイックアクセスを有効にするには、管理者は次の設定を使用する必要があります:

enableQuickAccessForStoreFront

マイクとWebカメラのアクセスに関するストアごとの設定

バージョン2307以降、Client Selective Trust機能の一部として、ストアごとのマイクとWebカメラへのアクセスが含まれます。この機能強化により、ストアごとにマイクとWebカメラへのアクセスを提供できるようになります。

ストアのマイクとWebカメラへのアクセスを有効にするには、[環境設定] > [マイクとWebカメラ] を選択する必要があります。[マイクとWebカメラ] タブで、ストアとそのストアに必要なアクセスの種類を選択します。詳しくは、「マイクとWebカメラのアクセスに関するストアごとの設定」を参照してください。

Citrix Workspaceアプリに関するフィードバックを送信する

[フィードバックの送信]オプションを使用すると、Citrix Workspaceアプリの使用中に問題が発生した場合にCitrixに通知できます。Citrix Workspaceアプリのエクスペリエンスを改善するためのご提案を送信いただくこともできます。

[ヘルプ]>[フィードバックの送信] を選択して、問題の詳細を[フィードバックの送信]フォームに記入し、確認します。フォームに記載されている例のような詳細を追加できます。

[フィードバックの送信] 画面

既存のログファイルを添付することも、新しいログファイルを生成することもできます。ログファイルを生成するには、[Record my issue]>[Start Recording] をクリックし、問題を再現します。問題が再現されたら、[記録の停止]をクリックします。ログファイルは自動的に保存され、既存のログが、問題が再現されたログに置き換えられます。

注:

CitrixがログからPII(個人を特定できる情報)を収集することはありません。

問題を説明したスクリーンショットまたは画面録画を添付していただけると、Citrixが発生している問題を確認するうえで役立ちます。[ファイルの選択]をクリックし、スクリーンショットや画面録画などの添付ファイルを追加します。最大4つのファイルを添付できます。

必要な情報を入力後、[送信]をクリックすると、追加した情報を含む新しいメールがメールアプリで自動的に作成されます。次いで、[送信]ボタンをクリックすれば、フィードバックがCitrixに送信されます。詳しくは、「Citrix Workspaceアプリに関するフィードバックを送信する」を参照してください。

デフォルトのメールアプリを使用していない場合は、フィードバックをご使用のメールクライアントからcwa-mac-feedback@cloud.comに送信してください。問題の詳細、ログ ファイル、スクリーンショット、または画面録画をメールに手動で追加します。

Citrix Enterprise Browser

このリリースには、Chromiumバージョン113ベースのCitrix Enterprise Browserバージョン113.1.1.34が含まれています。Citrix Enterprise Browserについて詳しくは、「Citrix Enterprise Browser」のドキュメントを参照してください。

分割ビューのサポート

macOS版のCitrix Enterprise Browserは、マルチタスクを容易にする分割ビューをサポートしています。分割ビューを使用すると、Citrix Enterprise Browserと別のウィンドウを、どちらも手動で移動したりサイズ変更したりしなくても、隣接して使用できます。詳しくは、Appleのサポート記事を参照してください。

分割ビュー

Citrix Enterprise Browserのショートカット

Mac向けCitrix Workspaceアプリのバージョン2307から、管理者は起動パッド上でのCitrix Enterprise Browserのショートカットのプレゼンスを構成および制御できるようになりました。

注:

この機能はデフォルトでは構成されていません。

構成

IT管理者は、次のいずれかの方法でCitrix Enterprise Browserのショートカットのプレゼンスを構成できます:

  • モバイルデバイス管理(MDM)
  • Global Admin Configuration Service(GACS)
  • web.configファイル

注:

  • どの方法で構成しても、優先順位に変わりはありません。つまり、これらのいずれかを構成すれば、ショートカットが有効になります。
  • ショートカットを構成していない場合でも、1つ以上のワークスペースストアがあるときは、ショートカットが自動的に有効になります。
  • エンドユーザーの場合、Citrix Enterprise Browserをお気に入りのアプリにすると、そのショートカットが構成に関係なく表示されます。
  • Workspaceストアに対してこの機能を無効にするには、管理者が次の設定のいずれかを適用する必要があります:

    • MDMまたはweb.configファイルのCEBShortcutEnabled属性をfalseに設定する。
    • GACSで[Citrix Enterprise Browserのショートカットを有効にする]プロパティを無効にする。
モバイルデバイス管理(MDM)

管理者は、値を [true] にした設定 [CEBShortcutEnabled] をユーザーのデバイスにプッシュできます。

MDMの使用方法について詳しくは、「モバイルデバイス管理(MDM)」を参照してください。

注:

この構成方法は、WorkspaceとStoreFrontに適用できます。

Global Admin Configuration Service(GACS)

[ワークスペースの構成]> [アプリ構成]> [Citrix Enterprise Browser] に移動し、[Citrix Enterprise Browserのショートカットを有効にする] を有効にします。

Citrix Enterpriseブラウザーのショートカット - GACSを有効にする

GACSのUIの使用方法について詳しくは、Citrix Enterprise Browserドキュメントに記載されている「ユーザーインターフェイス」の記事を参照してください。

注:

この構成方法は、WorkspaceとStoreFrontに適用できます。

web.configファイル

[プロパティ]にある属性 [CEBShortcutEnabled]を有効にします。


                        <properties>
                            <property name="CEBShortcutEnabled" value="True" />
                        </properties>

<!--NeedCopy-->

注:

この構成方法はStoreFrontに適用できます。

web.configファイルの使用

Citrix Enterprise Browserのショートカットを有効にするには、次の手順を実行します。

  1. テキストエディターを使ってweb.configファイルを開きます。このファイルは通常、C:\inetpub\wwwroot\Citrix\Roaming directoryにあります。

  2. このファイルで、ユーザーアカウント要素の場所を見つけます(「Store」は使用環境のアカウント名です)。

    たとえば、次のようになります:<account id=... name="Store">

    • </account> タグの前にあるユーザーアカウントのプロパティに移動し、次の内容を追加します:
    
                        <properties>
                            <property name="CEBShortcutEnabled" value="True" />
                        </properties>
    
    <!--NeedCopy-->
    

次に示すのは、web.configファイルの例です。


<account>
    <clear />
    <account id="d1197d2c-ac82-4f13-9346-2ee14d4b0202" name="F84Store"
      description="" published="true" updaterType="Citrix" remoteAccessType="None">
      <annotatedServices>
        <clear />
        <annotatedServiceRecord serviceRef="1__Citrix_F84Store">
          <metadata>
            <plugins>
              <clear />
            </plugins>
            <trustSettings>
              <clear />
            </trustSettings>
            <properties>
                  <property name="CEBShortcutEnabled" value="True" />
            </properties>
          </metadata>
        </annotatedServiceRecord>
      </annotatedServices>
      <metadata>
        <plugins>
          <clear />
        </plugins>
        <trustSettings>
          <clear />
        </trustSettings>
        <properties>
          <clear />
        </properties>
      </metadata>
    </account>

<!--NeedCopy-->
web.configを使用した構成方法
  1. テキストエディターを使ってweb.configファイルを開きます。このファイルは通常、C:\inetpub\wwwroot\Citrix\Roamingディレクトリにあります。

  2. このファイルで、ユーザーアカウント要素の場所を見つけます(「Store」は使用環境のアカウント名です)。

    たとえば、次のようになります:<account id=... name="Store">

    • </account> タグの前にあるユーザーアカウントのプロパティに移動し、次の内容を追加します:
    
                        <properties>
                            <property name="CEBShortcutEnabled" value="True" />
                        </properties>
    
    <!--NeedCopy-->
    

Technical Preview

  • Virtual Desktop上のツールバーに関するキーボードアクセシビリティのサポート [Technical Preview]

Technical Preview機能の完全な一覧については、「Technical Previewの機能」ページを参照してください。

解決された問題

  • 公開されたアプリをブラウザーで起動すると、アプリは直接起動せず、ICAファイルをダウンロードします。アプリを起動するには、ダウンロードしたICAファイルを手動で開く必要があります。[CVADHELP-20835]

  • StoreFrontのキーワードが「KEYWORDS:LogoffOnClose=true PromptMessage=”Do you want to Log off?”」に設定されている場合、セッションを開始しようとすると失敗する可能性があります。[CVADHELP-23170]

  • Mac向けCitrix Workspaceアプリを使用する場合、提供されるオプションのリストから 必要なゲートウェイを選択できない場合があります。[CVADHELP-22777]

既知の問題

このリリースで確認されている新しい問題はありません。

2306

新機能

ログのトレーサビリティとユーザーアクティビティ

バージョン2306以降、ユーザーが問題を報告すると、管理者はログファイルを調べて、macOSのバージョン、Citrix Workspaceアプリのバージョン、以前のアップグレードの詳細、追加されたストアの数などの基本情報と、その他の詳細を確認できるようになりました。管理者は、Mac向けCitrix Workspaceアプリで次のアクティビティを表示できるようになりました:

  • 起動されたアプリとmacOSバージョン、ストア数、その他のメタデータ。
  • ストアの追加および削除操作、およびアカウントの追加に必要なメタデータ。
  • セッションの開始時刻と起動状態。
  • 自動更新のアクティブ化と状態。
  • アプリのバックグラウンドへの移動、スリープモード、終了などのシステムイベント。

Citrix Enterprise Browser

このリリースには、Chromiumバージョン112ベースのCitrix Enterprise Browserバージョン112.1.1.23が含まれています。Citrix Enterprise Browserについて詳しくは、「Citrix Enterprise Browser」のドキュメントを参照してください。

解決された問題

  • Mac向けCitrix Workspaceアプリをバージョン2305にアップグレードした後、ユーザー名とパスワードの入力が必要なポップアップダイアログを表示する特定のサードパーティ製仮想アプリが、応答しなくなる場合があります。[CVADHELP-23032]

既知の問題

このリリースで確認されている新しい問題はありません。

2305

新機能

横スクロールのサポート

以前は、Mac向けCitrix Workspaceアプリは、トラックパッドでの垂直スクロールのみをサポートしていました。バージョン2305以降は、横スクロールもサポートされています。詳しくは、「横スクロールのサポート」を参照してください。

オーディオエコーキャンセルのサポートの向上

Citrix Workspaceアプリは、アダプティブオーディオおよび従来のオーディオコーデックでエコーキャンセル機能をサポートするようになりました。この機能は、リアルタイムのオーディオユースケース向けに設計されており、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。アダプティブオーディオを使用することをお勧めします。詳しくは、「オーディオエコーキャンセルのサポートの向上」を参照してください。

グラフィックパフォーマンスの向上 [Technical Preview]

バージョン2305以降では、シームレスセッションのグラフィックのパフォーマンスが向上しています。この機能により、CPU使用率への負荷も軽減されます。

注:

Technical Previewは、お客様が非実稼働環境または制限のある稼働環境でテストし、フィードバックを共有するためのものです。機能プレビューのサポートは行っていませんが、改善に関するフィードバックをお待ちしております。重要度と重大度により、フィードバックに対応する場合としない場合があります。ベータ版のビルドは実稼働環境に展開しないことを強くお勧めします。

証明書ベースの認証のサポート

バージョン2305以降、Workspace管理者は、Citrix Workspaceアプリへの認証を行うユーザーに対してAzure Active Directoryの条件付きアクセスポリシーを構成および適用できます。

条件付きアクセスを使用して認証を有効にするには、次の方法を使用できます:

  • モバイルデバイス管理(MDM)
  • Global Admin Configuration Service(GACS)

Citrix Workspaceアプリによって読み取られるフラグ値は、次の順序で優先されます:

  • モバイルデバイス管理(MDM)
  • Global Admin Configuration Service(GACS)

詳しくは、「証明書ベースの認証のサポート」を参照してください。

Global App Configuration Serviceチャネルのサポート

Citrix Workspace向けのGlobal App Configuration Serviceを使用すると、Citrix管理者は、一元管理されたサービスによってWorkspaceサービスのURLとWorkspaceアプリの設定を配信できます。Global App Configuration Serviceでは、管理者が設定をすべてのユーザーにロールアウトする前にテストできるようになりました。この機能を使用すると、Global App Configurationをユーザーベース全体に適用する前に問題を解決できます。詳しくは、「Global App Configuration Serviceチャネルのサポート」を参照してください。

自動更新エクスペリエンスの向上

自動更新機能は、ユーザーの操作を必要とせずに、自動的にCitrix Workspaceアプリを最新バージョンに更新します。

Citrix Workspaceアプリは、アプリの利用可能な最新バージョンを定期的にチェックしてダウンロードします。Citrix Workspaceアプリは、ユーザーのアクティビティに基づいてインストールの最適なタイミングを決定し、中断を引き起こさないようにします。

詳しくは、「自動更新エクスペリエンスの向上」を参照してください。

開いているアプリをネイティブアプリのアイコンでドックに表示

以前は、Citrix Workspaceアプリで仮想アプリをクリックすると、これらのアプリを使用できるようになるCitrix Viewerがトリガーされました。多くのアプリを開くと、アプリまたはそのインスタンスがCitrix Viewerで開きます。Citrix Viewerアイコンを右クリックすると、開いているアプリを表示できます。

Viewerのグループ化

バージョン2305以降、仮想アプリを開くと、ドック(画面の右下隅)に簡単に見分けることができるそれぞれのアイコンで表示されるようになります。これによって、ドックから仮想アプリにアクセスできます。アプリの複数のインスタンスを開くと、これらのインスタンスはドックに複製されず、ドック内でグループ化されて1つのインスタンスとして表示されます。

ドックのグループ化

詳しくは、「開いているアプリをネイティブアプリのアイコンでドックに表示」を参照してください。

Mission ControlおよびアプリケーションExposeエクスペリエンスの向上

以前は、仮想アプリセッションでMission ControlまたはアプリケーションExpose機能を使用すると、開かれた多くのウィンドウが重なって表示されていました。

MissionCOntrol前

バージョン2305以降、仮想アプリセッションでMission ControlまたはアプリケーションExpose機能を使用して多くのウィンドウを開くと、ウィンドウが重複せず簡単に選択できます。

MissionControl後

詳しくは、「Mission ControlおよびアプリケーションExposeエクスペリエンスの向上」を参照してください

最適化されたMicrosoft Teams通話のスリープモードの機能強化

以前は、最適化されたMicrosoft Teams会議を使用しているときに、マウスまたはキーボードの操作がない場合、Citrix Workspaceアプリまたは最適化されたMicrosoft Teams画面がスリープモードになることがありました。

バージョン2305以降、最適化されたMicrosoft Teams会議中にマウスやキーボードの操作がない場合でも、Citrix Workspaceアプリまたは最適化されたMicrosoft Teamsの画面はスリープモードになりません。

詳しくは、「最適化されたMicrosoft Teams通話のスリープモードの機能強化」を参照してください

連係カメラのサポート

連係カメラを使用すると、iPhoneをWebカメラとして使用できるようになります。シームレスな接続を実現するには、iPhoneのカメラがMacデバイスで利用できるようにiPhoneをマウントします。外部カメラとしてMacデバイスで自動的に表示されるには、iPhoneで [Webカメラ]>[自動カメラ選択] を選択する必要があります。他のカメラには手動で切り替えることができます。たとえば [Webカメラ]>[FaceTime HDカメラ] のように選択します。連係カメラは有線またはワイヤレスで動作し、高品質の画像を提供します。詳しくは、「連係カメラのサポート」を参照してください。

サポートされる仮想チャネル数の増加 [Technical Preview]

以前のバージョンのクライアントでは、セッションは最大32個の仮想チャネルをサポートしていました。バージョン2305以降では、セッションで最大64個の仮想チャネルを使用できます。

注:

Technical Previewは、お客様が非実稼働環境または制限のある稼働環境でテストし、フィードバックを共有するためのものです。機能プレビューのサポートは行っていませんが、改善に関するフィードバックをお待ちしております。重要度と重大度により、フィードバックに対応する場合としない場合があります。ベータ版のビルドは実稼働環境に展開しないことを強くお勧めします。

マイクとWebカメラのアクセスレベルに関するストアごとの設定 [Technical Preview]

バージョン2305以降、Client Selective Trust機能の一部として、ストアごとのマイクとWebカメラへのアクセスが含まれます。この機能強化により、ストアごとに設定を変更できるようになります。ストアをクリックして、必要なマイクまたはカメラへのアクセスを有効にすることができます。選択したマイクアクセス設定またはカメラアクセス設定は、ストアごとに適用されます。

注:

Technical Previewは、お客様が非実稼働環境または制限のある稼働環境でテストし、フィードバックを共有するためのものです。機能プレビューのサポートは行っていませんが、改善に関するフィードバックをお待ちしております。重要度と重大度により、フィードバックに対応する場合としない場合があります。ベータ版のビルドは実稼働環境に展開しないことを強くお勧めします。

クラウドストアへの接続でFIDO2を使用した認証のサポート [Technical Preview]

バージョン2305以降、ユーザーはMac向けCitrix Workspaceアプリに接続する場合、FIDO2セキュリティキーを使用したパスワードレス認証を利用できるようになりました。ユーザーは、FIDO2セキュリティキーを使用してクラウドストアにサインインできます。このセキュリティキーは、セキュリティPIN、生体認証、カード読み取り、スマートカード、公開キー証明書など、さまざまな形式のセキュリティ入力をサポートします。この機能は、macOS 12以降のバージョンでサポートされています。FIDO2について詳しくは、「FIDO2認証」を参照してください。

Citrix Workspaceアプリは、FIDO2認証(Webauthn)にユーザーのデフォルトのブラウザーを使用します。管理者は、Citrix Workspaceアプリに認証するブラウザーの種類を構成できます。構成された設定は、モバイルデバイス管理(MDM)、Global App Configuration Service(GACS)、またはコマンド ラインインターフェイスを使用してプッシュできます。FIDO2機能は、オンプレミスストアではサポートされていません。ブラウザーの設定について詳しくは、Global App Configuration Serviceのドキュメントを参照してください。

次の設定により、Citrix Workspaceアプリへのエンドユーザーの認証に使用するブラウザーの種類を選択できます。

Embedded:Citrix Workspaceアプリ内で認証できるようにします。強化されたシングルサインオン機能が有効になっている場合、Citrix Workspaceアプリはシングルサインオン(SaaSアプリなど)のセッションデータまたはCookieを保存します。この認証方法は、FIDO2などのパスワードレス認証をサポートしていません。

EmbeddedWithPrivateSession:この設定は、Embedded設定と似ています。Citrix WorkspaceアプリにはセッションデータまたはCookieが存在しないため、シングルサインオンはサポートされていません。

System:認証にユーザーのデフォルトのブラウザー(SafariやChromeなど)を使用できるようにします。認証はCitrix Workspaceアプリの外部で行われます。パスワードレス認証をサポートするには、この設定を使用します。この設定は、ユーザーのブラウザーから既存のユーザーセッションを使用しようとします。

SystemWithPrivateSession:この設定はSystem設定と似ています。Citrix Workspaceアプリは、認証にブラウザーのプライベートセッションを使用します。ブラウザーは認証Cookieやデータを保存しません。このオプションでは、シングルサインオンはサポートされていません。

MDMを使用した認証の有効化

MDMで認証を有効にするには、管理者は次の設定を使用する必要があります。

<key>WebBrowserForAuthentication</key> <string>System</string>

GACSを使用した認証の有効化

GACSで認証を有効にするには、管理者は次の設定を使用する必要があります。


{
    "serviceURL": {
      "url": "https://serviceURL:443"
    },
    "settings": {
      "name": "Productivity Apps",
      "description": "Provides access to MS Office and other basic apps",
      "useForAppConfig": true,
      "appSettings": {
        "macos": [
          {
            "assignedTo": [
              "AllUsersNoAuthentication"
            ],
            "category": "authentication",
            "settings": [
              {
                "name": "web browser for authentication",
                "value": "SystemWithPrivateSession"
              }
            ],
            "userOverride": false
          }
        ]
      }
    }
  }

<!--NeedCopy-->
コマンドラインインターフェイスを使用した認証の有効化

コマンドラインインターフェイスを使用した認証を有効にするには、管理者は次のコマンドを実行する必要があります:

defaults write com.citrix.receiver.nomas WebBrowserForAuthentication System

これは、リクエストベースで提供されるプレビュー機能です。ご使用の環境でこの機能を有効にするには、Podioフォームに記入してください。

注:

Technical Previewは、お客様が非実稼働環境または制限のある稼働環境でテストし、フィードバックを共有するためのものです。機能プレビューのサポートは行っていませんが、改善に関するフィードバックをお待ちしております。重要度と重大度により、フィードバックに対応する場合としない場合があります。ベータ版のビルドは実稼働環境に展開しないことを強くお勧めします。

キーボード入力モードの機能強化

Mac向けCitrix Workspaceアプリは、キーボード入力モードを構成するためのUIを提供します。

GUIを使用してキーボード入力モードを構成するには、次の手順を実行します:

  1. メニューバーのCitrix Workspaceアプリアイコンで、右上隅にあるアカウントアイコンをクリックして、[環境設定]>[キーボード] に移動します。

    キーボード入力モード設定が表示されます

  2. 次のいずれかのオプションを選択します:

    • [スキャンコード] – クライアント側のキーボードからVDAにキー位置を送信し、VDAが対応する文字を生成します。サーバー側のキーボードレイアウトを適用します。
    • [Unicode] - クライアント側のキーボードからVDAにキーを送信し、VDAは同じ文字を生成します。クライアント側のキーボードレイアウトを適用します。

この拡張機能は、デフォルトで有効になっています。

スキャンコード(Unicode)

たとえば、USインターナショナルキーボードレイアウトを使用しているときに、VDAがロシア語のキーボードレイアウトを使用しているシナリオを想定してみます。[スキャンコード] を選択してCaps Lockの隣のキーを入力すると、スキャンコード「1E」がVDAに送信されます。次に、VDAは「1E」を使用して文字「ф」を表示します。[Unicode] を選択してCaps Lockの隣のキーを入力すると、文字「a」がVDAに送信されます。そのため、VDAがロシア語のキーボードレイアウトを使用している場合でも、文字「a」が画面に表示されます。

さまざまなキーボードレイアウト同期オプションについて、Citrixでは、次のキーボード入力モードをお勧めします。

  • [同期しない] オプションの場合、スキャンコードモード。

  • [動的な同期を許可する] および [セッション起動時に1回だけ同期する] の場合、Unicodeモード

注:

アプリケーションに再接続すると、キーボード構成の変更が有効になります。

Citrix WorkspaceアプリのUIでキーボード入力モードの構成を変更できます。ただし、最高のパフォーマンスを得るには、さまざまなシナリオ、物理キーボード、およびクライアントデバイスにCitrixの推奨モードを使用してください。

構成の詳細および制限事項について詳しくは、「キーボード入力モードの機能強化」を参照してください。

Citrix Enterprise Browser

このリリースには、Chromiumバージョン112ベースのCitrix Enterprise Browserバージョン112.1.1.23が含まれています。Citrix Enterprise Browserについて詳しくは、「Citrix Enterprise Browser」のドキュメントを参照してください。

内部WebアプリおよびSaaSアプリでのSPAポリシー実装の変更

この機能により、WebおよびSaaSアプリでのセキュリティポリシーの実装が強化されます。WebページのポリシーとWebページ内のIフレームのポリシーが異なる場合は、より厳密なポリシー実装を行うようになり、すべてのポリシーを結合してIフレームを含むWebページ全体で適用されることになります。ただし、ウォーターマークはWebページにのみ適用されます。

ブラウザー拡張機能のサポート

管理者から提供された拡張機能を、セキュアにCitrix Enterprise Browserに追加できます。管理者は拡張機能を展開、管理、および制御できます。エンドユーザーは、必要に応じてcitrixbrowser://extensionsにある拡張機能を表示して使用できます。設定について詳しくは、「Global App Configuration Service」を参照してください。

構成方法について詳しくは、ブラウザー拡張機能のサポートに関するドキュメントを参照してください。

GACSを使用したCitrix Enterprise Browserの管理

管理者は、Citrix Workspace用のGlobal App Configuration Serivce(GACS)を使用して、一元管理されたサービスによってCitrix Enterprise Browserの設定を配信できます。

GACSは、管理者が簡単にCitrix Workspaceを構成し、Citrix Workspaceアプリの設定を管理できるように設計されています。この機能により、管理者はGACSを使用して、特定のストアのCitrix Enterprise Browserにさまざまな設定またはシステムポリシーを適用できます。管理者は、GACS管理者UIを使用して、次のCitrix Enterprise Browser設定を構成および管理できるようになりました:

  • 「Enable CEB for all apps」- Citrix WorkspaceアプリからWebアプリおよびSaaSアプリを開くデフォルトのブラウザーとして、Citrix Enterprise Browserを使用します。
  • 「Enable save passwords」- エンドユーザーがパスワードを保存する機能を許可または拒否します。
  • 「Enable incognito mode」- シークレットモードを有効または無効にします。
  • 「Managed Bookmarks」- 管理者がブックマークをCitrix Enterprise Browserにプッシュできるようにします。
  • 「Enable developer tools」- Enterprise Browserで開発者ツールを有効または無効にします。
  • 「Delete browsing data on exit」- 管理者がCitrix Enterprise Browserの終了時に削除されるデータを構成できるようにします。
  • 「Extension Install Force list」- 管理者がCitrix Enterprise Browserで拡張機能をインストールできるようにします。
  • 「Extension Install Allow list」- ユーザーがCitrix Enterprise Browserに追加できる拡張機能の許可リストを管理者が構成できるようにします。この一覧はChrome Webストアを使用しています。

詳しくは、「Global App Configuration Serviceを使用したCitrix Enterprise Browserの管理」を参照してください。

注:

  • 名前と値のペアでは大文字と小文字が区別されます。
  • Global App Configuration Serviceのすべてのブラウザー設定は、次のカテゴリにあります。

{
    "category": "browser",
    "userOverride": false,
    "assignedTo": [
    "AllUsersNoAuthentication"
    ]
}

<!--NeedCopy-->
ユーザーインターフェイス

GACS管理UIでCitrix Enterprise Browserを構成するには、次の手順を実行します:

  1. 資格情報を使用してcitrix.cloud.comにサインインします。

    注:

  2. 認証後、左上隅のメニューボタンをクリックし、[ワークスペース構成]を選択します。

    メニュー

    [ワークスペース構成] 画面が開きます。

  3. [アプリ構成]>[Citrix Enterprise Browser]の順にクリックします。

    Breadcrumbs

    Citrix Enterprise Browserの機能設定を構成、変更、公開できるようになりました。

詳しくは、「Global App Configuration Serviceを使用したCitrix Enterprise Browserの管理」を参照してください。

Technical Preview

  • クライアントアプリ管理

Technical Preview機能の完全な一覧については、「Technical Previewの機能」ページを参照してください。

解決された問題

  • この機能強化により、位置情報データを収集してMicrosoft Teamsに送信し、動的緊急通報機能をサポートできるようになりました。[CVADHELP-21117]

  • Mac向けCitrix Workspaceアプリから開かれたユーザーセッションでタッチパッドを使用してMacBookでスクロールすると、スクロール操作がスムーズにならない場合があります。[CVADHELP-21427]

  • Mac向けCitrix Workspaceアプリを使用している場合、外部ユーザーがセッションから断続的に切断されることがあります。[CVADHELP-22191]

  • Mac向けCitrix Workspaceアプリでクエリパラメーターを含むストアURLを追加しようとすると、次のエラーメッセージが表示されて失敗する場合があります:

    このストアは存在しません。再試行するか、サポートに連絡してください。

    [CVADHELP-22445]

  • オンプレミスストアで、メニューバーからCitrix Workspaceアプリを開こうとすると、いつまでも待機状態のままになることがあります。[CVADHELP-22688]

2304

新機能

強化された自動起動エクスペリエンス

以前は、Mac向けCitrix Workspaceアプリは、コンピューターの電源を入れるたびに自動的に起動していました。バージョン2304以降、システムの起動時に [環境設定]>[一般]>[Start Workspace] に移動して、Mac向けCitrix Workspaceアプリの自動起動機能を無効または有効にできます。自動起動設定はデフォルトで有効になっています。

自動起動

詳しくは、「強化された自動起動エクスペリエンス」を参照してください。

最適化されたMicrosoft Teamsビデオ会議通話のエクスペリエンスの向上

バージョン2304以降、最適化されたMicrosoft Teamsビデオ会議通話に対して、デフォルトでサイマルキャストサポートが有効になっています。このサポートにより、さまざまなエンドポイントでのビデオ会議通話の品質とエクスペリエンスが向上します。適切な解像度に適応することによってすべての発信者に最適な通話エクスペリエンスを提供できます。

この向上したエクスペリエンスにより、各ユーザーは、エンドポイントの機能、ネットワークの状態などのいくつかの要因に応じて、複数のビデオ ストリームを異なる解像度(720p、360pなど)で配信できます。次に、受信側のエンドポイントは、可能な範囲で最高品質の解像度を要求します。これにより、すべてのユーザーに最適なビデオ体験を提供できます。

注:

この機能は、Microsoft Teamsからの更新のロールアウト後にのみ使用できます。ETAについては、https://www.microsoft.com/にアクセスして、Microsoft 365ロードマップを検索してください。Microsoftによって更新プログラムがロールアウトされたら、ドキュメントのアップデートおよび発表内容について、CTX253754を確認することができます。

詳しくは、「 最適化されたMicrosoft Teamsビデオ会議通話のエクスペリエンスの向上」を参照してください。

証明書ベースの認証のサポート [Technical Preview]

バージョン2304以降、Workspace管理者は、Citrix Workspaceアプリへの認証を行うユーザーに対してAzure Active Directoryの条件付きアクセスポリシーを構成および適用できます。

条件付きアクセスを使用して認証を有効にするには、次の方法を使用できます:

  • モバイルデバイス管理(MDM)
  • Global Admin Configuration Service(GACS)

Citrix Workspaceアプリによって読み取られるフラグ値は、次の順序で優先されます:

  • モバイルデバイス管理(MDM)
  • Global Admin Configuration Service(GACS)

詳しくは、「証明書ベースの認証のサポート」を参照してください。

注:

Technical Previewは、お客様が非実稼働環境または制限のある稼働環境でテストし、フィードバックを共有するためのものです。機能プレビューのサポートは行っていませんが、改善に関するフィードバックをお待ちしております。重要度と重大度により、フィードバックに対応する場合としない場合があります。ベータ版のビルドは実稼働環境に展開しないことを強くお勧めします。

フェデレーションIDプロバイダーのログインプロンプトの強制

Citrix Workspaceアプリで、フェデレーションIDプロバイダーセッションを設定できるようになりました。詳しくは、Citrix Knowledge CenterのCTX253779を参照してください。

ログインプロンプト強制のためにストア認証トークンポリシーを使用する必要がなくなりました。詳しくは、「フェデレーションIDプロバイダーのログインプロンプトの強制」を参照してください。

英語以外のIME(Input Method Editor)キーボードレイアウトのサポート

英語以外の言語のIMEキーボードレイアウトのサポートは、Carbon APIがCocoa APIで廃止された後も引き続き中断されることなく機能します。詳しくは、「英語以外のIME(Input Method Editor)キーボードレイアウトのサポート」を参照してください。

ログ収集

ログ収集では、Citrix Workspaceアプリのログを収集するプロセスが簡素化されました。ログは、Citrixでのトラブルシューティングに役立ち、問題が複雑な場合はサポートを容易にします。ユーザーは、[ヘルプ] メニューで提供される新しいオプションを使用してログをすばやく収集できるようになりました。[ヘルプ] に移動し、[ログ…] または [ログ ファイルをメールで送信] オプションを選択します。この機能により、ログ収集プロセス中のユーザーエクスペリエンスが向上します。

ドックの高速スキャン

  • ログ… - このオプションをクリックすると、[環境設定]>[詳細]>[ログ] に移動します。
  • ログファイルをメールで送信 - このオプションをクリックすると、最新のログを収集できます。

詳しくは、「ログ収集」を参照してください。

さまざまなキーボードレイアウトの同期をサポート

バージョン2304以降、Mac向けCitrix Workspaceアプリは、次のレイアウトまたはIME(Input Method Editor)のキーボードレイアウトの同期をサポートします。

  • 英語(ABC)
  • 英語(ABC)- インド
  • 中国語(繁体字、Zhuyin )- 繁体字
  • 中国語(繁体字、Sucheng)- 繁体字
  • 日本語(Google IME)
  • 中国語(Sogou IME)

詳しくは、「さまざまなキーボードレイアウトの同期をサポート」を参照してください。

Microsoft Teamsの機能強化

優先ネットワークインターフェイスの構成

メディアトラフィックの優先ネットワークインターフェイスを構成できるようになりました。ターミナルで次のコマンドを実行します。

defaults write com.citrix.HdxRtcEngine NetworkPreference -int <value>

必要に応じて、次のいずれかの値を選択します:

  • 1:イーサネット
  • 2:Wi-Fi
  • 3:携帯ネットワーク
  • 4:VPN
  • 5:ループバック
  • 6:任意

デフォルトかつ値が設定されていない場合、WebRTCメディアエンジンは利用可能な最適なルートを選択します。

詳しくは、「優先ネットワークインターフェイスの構成」を参照してください。

ビデオ解像度の制限

パフォーマンスの低いクライアントエンドポイントを使用しているユーザーがいる場合、管理者が受信または送信のビデオ解像度を制限して、これらのエンドポイントでのビデオのエンコードおよびデコードへの負担を軽減することができます。Mac向けCitrix Workspaceアプリ2304以降では、クライアント構成オプションを使用してこれらの解像度を制限できます。

詳しくは、「ビデオ解像度の制限」を参照してください。

横スクロールのサポート [Technical Preview]

以前は、Mac向けCitrix Workspaceアプリは、トラックパッドでの垂直スクロールのみをサポートしていました。バージョン2304以降では、横スクロールもサポートされています。

注:

Technical Previewは、お客様が非実稼働環境または制限のある稼働環境でテストし、フィードバックを共有するためのものです。機能プレビューのサポートは行っていませんが、改善に関するフィードバックをお待ちしております。重要度と重大度により、フィードバックに対応する場合としない場合があります。ベータ版のビルドは実稼働環境に展開しないことを強くお勧めします。

キーボード入力モードの機能強化

Mac向けCitrix Workspaceアプリは、キーボード入力モードを構成するためのUIを提供します。

GUIを使用してキーボード入力モードを構成するには、次の手順を実行します:

  1. メニューバーのCitrix Workspaceアプリアイコンで、右上隅にあるアカウントアイコンをクリックして、[環境設定]>[キーボード] に移動します。

    キーボード入力モード設定が表示されます

  2. 次のいずれかのオプションを選択します:

    • [スキャンコード] – クライアント側のキーボードからVDAにキー位置を送信し、VDAが対応する文字を生成します。サーバー側のキーボードレイアウトを適用します。
    • [Unicode] - クライアント側のキーボードからVDAにキーを送信し、VDAは同じ文字を生成します。クライアント側のキーボードレイアウトを適用します。

この拡張機能は、デフォルトで有効になっています。

スキャンコード(Unicode)

たとえば、USインターナショナルキーボードレイアウトを使用しているときに、VDAがロシア語のキーボードレイアウトを使用しているシナリオを想定してみます。[スキャンコード] を選択してCaps Lockの隣のキーを入力すると、スキャンコード「1E」がVDAに送信されます。次に、VDAは「1E」を使用して文字「ф」を表示します。[Unicode] を選択してCaps Lockの隣のキーを入力すると、文字「a」がVDAに送信されます。そのため、VDAがロシア語のキーボードレイアウトを使用している場合でも、文字「a」が画面に表示されます。

さまざまなキーボードレイアウト同期オプションについて、Citrixでは、次のキーボード入力モードをお勧めします。

  • [同期しない] オプションの場合、スキャンコードモード。

  • [動的な同期を許可する] および [セッション起動時に1回だけ同期する] の場合、Unicodeモード

注:

アプリケーションに再接続すると、キーボード構成の変更が有効になります。

Citrix WorkspaceアプリのUIでキーボード入力モードの構成を変更できます。ただし、最高のパフォーマンスを得るには、さまざまなシナリオ、物理キーボード、およびクライアントデバイスにCitrixの推奨モードを使用してください。

構成の詳細および制限事項について詳しくは、「キーボード入力モードの機能強化」を参照してください。

Citrix Enterprise Browser

このリリースには、Chromiumバージョン109ベースのCitrix Enterprise Browserバージョン109.1.1.31が含まれています。Citrix Enterprise Browserについて詳しくは、「Citrix Enterprise Browser」のドキュメントを参照してください。

Technical Preview

  • 高速スキャン
  • 仮想アプリとデスクトップの起動エクスペリエンスの向上
  • 複数のオーディオデバイスのサポート

Technical Preview機能の完全な一覧については、「Technical Previewの機能」ページを参照してください。

解決された問題

  • Macのローカルクライアントで2つのXMLファイルを作成すると、VDAが間違ったXMLファイルを開くことがあります。たとえば、VDAはSnapshotPopup.xmlファイルを開く代わりに、Snapshot.xmlファイルを開きます。[HDX-45326]

  • エンドポイントのサウンド設定でアクティブなオーディオデバイスを変更すると、Microsoft Teamsが変更に関する通知を受信しない場合があります。その結果、Microsoft Teamsは変更を選択できません。[HDX-47080]

  • VDAセッションを終了すると、Citrix Viewerが終了することがあります。[HDX-45668, HDX-47138]

  • Citrix ADCを使用して構成されたレスポンダーポリシーが、Mac向けCitrix Workspaceアプリで機能しない場合があります。この問題は、構成されたポリシーが、送信されたユーザーエージェントに一致しない部分文字列としてCWAWEBVIEWCitrix Receiver、またはCitrix Workspaceがあるかどうかをチェックするときに発生します。その結果、ユーザーは別のCitrix Gateway URLにリダイレクトされる可能性があります。[CVADHELP-20519]

  • Citrix Gateway Storeに接続してMac向けCitrix Workspaceアプリにサインインしようとすると、サインインが停止したり、読み込み中アイコンが表示され時間がかかることがあります。[CVADHELP-21323]

  • Citrix Studioの [アプリケーション設定] で、アプリにファイルタイプの関連付けが設定されている場合、Mac向けCitrix Workspaceアプリはセッションの開始に失敗することがあります。[CVADHELP-21371]

  • システムの電源を入れるか再起動すると、Mac向けCitrix Workspaceアプリでサインインウィンドウが自動的に表示されることがあります。[CVADHELP-21484]

  • VDI内のユニバーサルWindowsプラットフォーム(UWP)アプリがFIDO2認証を使用して認証を試みると、Mac向けCitrix Workspaceアプリが予期せず終了することがあります。[CVADHELP-21576]

  • Webリソースを開こうとすると、次のエラーメッセージが表示されて失敗する場合があります:

    必要な権限を持つ別のストアに切り替えます。問題が解決しない場合は、エラーの詳細を管理者に連絡してください。

    [CVADHELP-21787]

  • Mac向けCitrix Workspaceアプリは、部分文字列としてCitrix Workspaceではなく、間違ったユーザーエージェントCitrix Receiverを使用することがあります。その結果、承認ポリシーは適用されません。[CVADHELP-21969]

  • ノッチスクリーン機能を使用すると、テキストの一部が切れる場合があります。[CVADHELP-22134]

  • 新しいタブではなくドックからCitrix Enterprise Browserを開くと、ページが読み込み中と表示されます。この問題を回避するには、アドレスバーにURLを入力するか、別のタブを開いて閲覧を続けてください。[CTXBR-4706]

  • Citrix Secure Private Accessが有効なストアを使用している場合、公開されたコンテンツの起動時に読み込み中アイコンがいつまでも表示されたままのことがあります。この問題は、Citrix Enterprise Browserがユーザー デバイスで実行されていない場合に発生します。その結果、公開されたコンテンツを表示できません。[CTXBR-4813]

2301.1

新機能

この2301.1リリースでは問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

解決された問題

  • ストアを追加または認証するとき、またはネイティブのCitrix Workspaceアプリを使用してリソース(アプリまたはデスクトップ)を起動するときに、問題が発生することがあります。[CVADHELP-22372]

  • Microsoft Teamsの最適化されたビデオ通話中は、着信ビデオと画面共有が機能しない場合があります。[HDX-50059]

2301.1の既知の問題

  • 自動更新サービスを使用してMac向けCitrix Workspaceアプリのバージョン2301.1に更新することができません。回避策として、ダウンロードページで入手可能な.dmgファイルをダウンロードして、Mac向けCitrix Workspaceアプリのバージョン2301.1を手動でインストールする必要があります。

2301

新機能

Citrix Optimized Microsoft Teamsでの背景のぼかしと置き換え

Mac向けCitrix WorkspaceアプリのCitrix Optimized Microsoft Teamsで、背景のぼかしと背景の置き換えがサポートされるようになりました。この機能を使用するには、会議中またはP2P呼び出し中に [詳細]>[背景効果を適用する] を選択します。

バージョン自動更新の制御 [Technical Preview]

管理者は、組織内デバイスのCitrix Workspaceアプリのバージョン自動更新を管理できるようになりました。 管理者は、Global App Configuration ServiceのmaximumAllowedVersionプロパティ、およびminimumAllowedVersionプロパティで範囲を設定することにより、バージョンを制御できます。

Global App Global App Configuration ServiceのJSONファイルの例:


{
  "serviceURL": {
    "url": "https://serviceURL:443"
  },
  "settings": {
    "name": "Version Control for Citrix Workspace",
    "description": "Provides admin ability to Version Control for Citrix Workspace",
    "useForAppConfig": true,
    "appSettings": {
      "macos": [
        {
          "category": "AutoUpdate",
          "userOverride": false,
          "assignedTo": [
            "AllUsersNoAuthentication"
          ],
          "settings": [
            {
              "name": "Auto update plugins settings",
              "value": [
                {
                  "pluginName": "Citrix Workspace",
                  "pluginId": "D99C3E77-FBF5-4B97-8EDA-4E381A1E0826",
                  "pluginSettings": {
                    "deploymentMode": "Update",
                    "upgradeToLatest": false,
                    "minimumAllowedVersion": "23.04.0.36",
                    "maximumAllowedVersion": "23.04.0.36",
                    "delayGroup": "Medium",
                    "detectRule": ""
                  }
                }
              ]
            }
          ]
        }
      ]
    }
  }
}

<!--NeedCopy-->

範囲が設定されていると、ユーザーのデバイスのCitrix Workspaceアプリは、その指定された範囲内で利用可能な最新バージョンに自動更新されます。

Citrix Workspaceアプリを特定のバージョンに自動更新する場合は、maximumAllowedVersionプロパティ、およびminimumAllowedVersionプロパティに同じバージョンを入力します。

注:

  • バージョン自動更新を有効にするには、Global App Configuration ServiceのupgradeToLatest設定をfalseに設定する必要があります。upgradeToLatest設定がtrueの場合、maximumAllowedVersionminimumAllowedVersionは無視されます。
  • pluginIdは変更しないでください。pluginIdはCitrix Workspaceアプリにマッピングされています。
  • 管理者がGlobal App Configuration Serviceでバージョンを構成していない場合、デフォルトでCitrix Workspaceアプリは利用可能な最新バージョンに更新されます。
  • Citrix Workspaceアプリを更新するために設定されているバージョン範囲のみを使用できますが、ダウングレードはサポートされていません。
  • この機能は、リリース2301以降でサポートされています。

このTechnical Previewのフィードバックは、 Podioフォームからお送りいただけます。

注:

Technical Previewは、お客様が非実稼働環境または制限のある稼働環境でテストし、フィードバックを共有するためのものです。機能プレビューのサポートは行っていませんが、改善に関するフィードバックをお待ちしております。重要度と重大度により、フィードバックに対応する場合としない場合があります。ベータ版のビルドは実稼働環境に展開しないことを強くお勧めします。

自動更新エクスペリエンスの向上 [Technical Preview]

自動更新機能は、ユーザーの操作なしに、自動的にCitrix Workspaceアプリを最新バージョンに更新します。Citrix Workspaceアプリは定期的に最新のアップデートを確認し、利用可能な最新バージョンのアプリをダウンロードします。管理者が無効にしない限り、自動更新はデフォルトで有効になっています。

インストールは、Citrix Workspaceアプリまたはそのセッションがアイドル状態のときに開始されます。

注:

インストール中はCitrix Workspaceアプリにアクセスできません。

Citrix Workspaceアプリを起動すると、インストールの状態を示す通知が表示されます。

[環境設定]>[詳細]>[最新情報] に移動して、[Worksapceアプリを自動的に最新の状態に保つ] オプションをオフにすることで、自動更新機能を無効化できます。

このTechnical Previewのフィードバックは、 Podioフォームからお送りいただけます。

注:

Technical Previewは、お客様が非実稼働環境または制限のある稼働環境でテストし、フィードバックを共有するためのものです。機能プレビューのサポートは行っていませんが、改善に関するフィードバックをお待ちしております。重要度と重大度により、フィードバックに対応する場合としない場合があります。ベータ版のビルドは実稼働環境に展開しないことを強くお勧めします。

強化されたノッチスクリーンのサポート

バージョン2301以降のMac向けCitrix WorkspaceアプリはノッチディスプレイのMacをサポートしています。Macは、Retinaおよびマルチモニターディスプレイの全画面モードでノッチスクリーンをサポートしています。ノッチスクリーンのセッションの領域が大幅に拡大され、より広い画面スペースが提供されています。この機能強化では、高DPIスケールもサポートしています。マウスの位置も、接続されているすべての外付けモニターで正確に表示されます。詳しくは、「強化されたノッチスクリーンのサポート」を参照してください。

注:

Citrix Viewerで [Scale to fit below built-in camera] オプションをオンにしないでください。このオプションはデフォルトでは選択されておらず、ノッチディスプレイのMacでのみ使用できます。

App Protectionの機能強化

バージョン2301以降、Citrix Workspaceアプリを保護するためにApp Protection機能が強化されています。この機能強化により、認証画面と、Workspaceアプリへのサインイン後に表示される画面が保護されます。詳しくは、「App Protection」を参照してください。

Global App Configuration Serviceチャネルのサポート [Technical Preview]

Citrix Workspace向けのGlobal App Configuration Serviceを使用すると、Citrix管理者は、一元管理されたサービスによってWorkspaceサービスのURLとWorkspaceアプリの設定を配信できます。詳しくは、Global App Configuration Serviceのドキュメントを参照してください。

管理者は、Global App Configuration Serviceを使用して、特定のユーザーグループに適用可能な設定を定義できるようになりました。この機能により、特定のユーザーのみが必要に応じて一部の機能を使用できるようにし、他のユーザーは使用できないように設定できます。

このTechnical Previewのフィードバックは、 Podioフォームからお送りいただけます。

注:

Technical Previewは、お客様が非実稼働環境または制限のある稼働環境でテストし、フィードバックを共有するためのものです。機能プレビューのサポートは行っていませんが、改善に関するフィードバックをお待ちしております。重要度と重大度により、フィードバックに対応する場合としない場合があります。ベータ版のビルドは実稼働環境に展開しないことを強くお勧めします。

強化されたメニューバーのサポート

バージョン2301以降、CWAではMacOSの [Automatically hide and show the menu bar in full screen] オプションを完全にサポートしています。macOS 13より前のバージョンでは、[システム環境設定]>[Dockとメニューバー] に移動し、[Automatically hide and show the menu bar in full screen] オプションをオフにする必要があります。macOS 13以降のバージョンでは、[システム環境設定]>[デスクトップとDock] に移動し、[Automatically hide and show the menu bar in full screen] オプションをオフにする必要があります。このオプションはオンまたはオフにできます。この機能強化では、高DPIスケールもサポートしています。マウスの位置も、接続されているすべての外付けモニターで正確に表示されます。詳しくは、「強化されたメニューバーのサポート」を参照してください。

下の図は、メニューバーが非表示になっているウィンドウを示しています

メニューバーが非表示

下の図は、メニューバーが表示されるウィンドウを示しています。

メニューバーが表示

Citrix Enterprise Browser

このリリースには、Chromiumバージョン107ベースのCitrix Enterprise Browserバージョン107.1.1.13が含まれています。Citrix Enterprise Browserについて詳しくは、「Citrix Enterprise Browser」のドキュメントを参照してください。

Citrix Enterprise Browserを仕事用ブラウザーにする

Citrix Enterprise Browserを仕事用ブラウザーとして構成し、すべての仕事用リンクを開けるようになりました。代替ブラウザーを選択して、仕事用以外のリンクを開くことができます。

仕事用リンクは、管理者がエンドユーザー用に構成したWebアプリまたはSaaSアプリに関連付けられたリンクです。ユーザーがネイティブアプリケーション内のリンクをクリックすると、それが仕事用リンクであれば、Enterprise Browserで開きます。仕事用リンクでない場合は、エンドユーザーが選択した別のブラウザーで開きます。

詳しくは、「Citrix Enterprise Browserを仕事用ブラウザーにする」を参照してください。

解決された問題

  • High-Efficiency Advanced Audio Coding(AAC-HE)ストリームを使用したHTTP Live Streaming(HLS)プロトコルが、Citrix Enterprise Browserでオーディオを再生できない。[CTXBR-3899]

  • カスタムポータルでハイパーリンクをクリックすると、リンク先を開く前にエラーメッセージが表示される。その後、Citrix Enterprise BrowserではなくGoogle Chromeなどのシステムブラウザーでリンク先が開く。[CTXBR-4051]

  • Mac向けCitrix WorkspaceアプリでカスタムWebストアURLを使用すると、OSとCitrix Workspaceアプリのバージョンがユーザーエージェント文字列に表示されないことがある。[CVADHELP-21377]

  • 今回の修正で、EpicやKronosなどの特定のサードパーティ製アプリを起動してもフリーズしないことがある。[HDX-46140]

  • Mac向けCitrix Workspaceアプリ2301ベータ版ビルドのICAファイルを使用して初めてセッションを開始するとき、セッションが予期せず終了することがある。[HDX-47361]

  • カスタムポータルサイトをMac向けCitrix Workspaceアプリに追加すると、空白のページが表示されることがある。[RFMAC-12857]

2211.1

新機能

このリリースでは問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

解決された問題

  • ストアを追加または認証するとき、またはネイティブのCitrix Workspaceアプリを使用してリソース(アプリまたはデスクトップ)を起動するときに、問題が発生することがあります。[CVADHELP-22372]

  • Microsoft Teamsの最適化されたビデオ通話中は、着信ビデオと画面共有が機能しない場合があります。[HDX-50059]

2211

新機能

Workspaceアプリを開くとドックにネイティブアプリのアイコンで表示される [Technical Preview]

バージョン2211以降、この機能はデフォルトで無効になっています。

これは、リクエストベースで提供されるプレビュー機能です。ご使用の環境でこの機能を有効にするには、Podioフォームに記入してください。

Mission ControlおよびアプリケーションExposeエクスペリエンスの向上 [Technical Preview]

バージョン2211以降、この機能はデフォルトで無効になっています。

これは、リクエストベースで提供されるプレビュー機能です。ご使用の環境でこの機能を有効にするには、Podioフォームに記入してください。

Citrix Enterprise Browser

このリリースには、Chromiumバージョン105ベースのCitrix Enterprise Browserバージョン105.2.1.40が含まれています。Citrix Enterprise Browserについて詳しくは、「Citrix Enterprise Browser」のドキュメントを参照してください。

解決された問題

このリリースでは複数の問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

2210

新機能

macOS 13 Venturaのサポート

Mac向けCitrix Workspaceアプリは、macOS 13 Ventura(13.0)でサポートされています。

Appleシリコン(M1シリーズ)を搭載したMacでの自動更新エクスペリエンスの向上

このバージョンより、ユニバーサルアーキテクチャビルドをダウンロードするときにAppleシリコンビルドとIntelビルドの間で選択して、AppleシリコンベースとIntelベースのMacマシンの両方をサポートできます。

自動更新

Appleシリコンマシンでは、Appleシリコンビルドをダウンロードした後でも、Intelビルドを自動的に更新するオプションがあります。このオプションは [環境設定] タブに表示されます。

自動更新の詳細設定

Appleシリコン(M1シリーズ)搭載のMacでCitrix Workspaceの自動更新を構成するには、次の方法を使用します:

  • グラフィカルユーザーインターフェイス
  • Global Admin Configuration Service(GACS)
  • モバイルデバイス管理(MDM)
  • StoreFront

詳しくは、「自動更新の詳細設定」を参照してください。

Workspaceアプリを開くとドックにネイティブアプリのアイコンで表示される [Technical Preview]

以前は、Citrix Workspaceアプリで仮想アプリをクリックすると、これらのアプリを使用できるようになるCitrix Viewerがトリガーされました。多くのアプリを開くと、アプリまたはそのインスタンスがCitrix Viewerで開きます。Citrix Viewerアイコンを右クリックすると、開いているアプリを表示できます。

Viewerのグループ化

このバージョン以降、仮想アプリを開くとドックにそれぞれのアイコンで表示され、簡単に見分けることができるようになります。これによって、ドックから仮想アプリにアクセスできます。アプリの複数のインスタンスを開くと、これらのインスタンスはドックに複製されず、ドック内でグループ化されて1つのインスタンスとして表示されます。

ドックのグループ化

注:

Technical Previewは、お客様が非実稼働環境または制限のある稼働環境でテストし、フィードバックを共有するためのものです。機能プレビューのサポートは行っていませんが、改善に関するフィードバックをお待ちしております。重要度と重大度により、フィードバックに対応する場合としない場合があります。ベータ版のビルドは実稼働環境に展開しないことを強くお勧めします。

Mission ControlおよびアプリケーションExposeエクスペリエンスの向上 [Technical Preview]

以前は、仮想アプリセッションでMission ControlまたはアプリケーションExpose機能を使用すると、開かれた多くのウィンドウが重なって表示されていました。

MissionCOntrol前

このバージョン以降、仮想アプリセッションでMission ControlまたはアプリケーションExpose機能を使用して多くのウィンドウを開くと、ウィンドウが重複せず簡単に選択できます。

MissionControl後

注:

Technical Previewは、お客様が非実稼働環境または制限のある稼働環境でテストし、フィードバックを共有するためのものです。機能プレビューのサポートは行っていませんが、改善に関するフィードバックをお待ちしております。重要度と重大度により、フィードバックに対応する場合としない場合があります。ベータ版のビルドは実稼働環境に展開しないことを強くお勧めします。

グラフィックパフォーマンスの向上 [Technical Preview]

このバージョンでは、デスクトップセッションのグラフィックのパフォーマンスが向上しました。

注:

Technical Previewは、お客様が非実稼働環境または制限のある稼働環境でテストし、フィードバックを共有するためのものです。機能プレビューのサポートは行っていませんが、改善に関するフィードバックをお待ちしております。重要度と重大度により、フィードバックに対応する場合としない場合があります。ベータ版のビルドは実稼働環境に展開しないことを強くお勧めします。

高DPIのサポート

セッションツールバーを起動し、[環境設定]>[一般]>[高DPI] に移動して、クライアントのDPIスケール設定を有効にして一致させることができるようになりました。高DPIオプションはデフォルトで無効になっています。詳しくは、「高DPIのサポート」を参照してください。

高DPI

MDMツールを使用してユーザーデバイスの管理者構成をサポート

管理者は、Citrix Endpoint ManagementなどのMDM展開ツールを使用して、Citrix Workspaceアプリの展開時に次の設定を構成できるようになりました:

  • StoreURLs – ユーザーがCitrix Workspaceアプリを開いたときに自動的に追加されるようにストアの詳細を構成し、サインオン操作をシンプルにします。 ストアを追加するには、StoreURLs設定の詳細を指定します。例:<string>https://myorg.com/Org/storename</string>

  • BlockStoreAddition – ユーザーがストアを追加できないようにします。

    ユーザーによるストアの追加を禁止するには、BlockStoreAddition設定の値をTrueに設定します。

詳しくは、「モバイルデバイス管理」を参照してください

証明書ベースの認証のサポート [Technical Preview]

クライアント証明書を使用して、Citrix Workspaceアプリ(クラウドストア)に認証できるようになりました。

以前は、証明書ベースの認証はオンプレミスセットアップでサポートされており、クラウドセットアップのお客様はCitrix Workspaceアプリにサインインできませんでした。この機能はデフォルトで無効になっているため、管理者はCitrixヘルプデスクに連絡し、リクエストフォームに入力してこの機能を有効にする必要があります。

組織がAzure Active Directoryを使用して条件付きアクセスを構成している場合、サインイン時に認証用のクライアント証明書を選択するよう求められます。証明書ベースの認証により、デバイスが準拠していることを確認できる別のセキュリティが追加されます。

ストアを追加してそのストアの有効な資格情報を入力すると、Citrix Workspaceアプリはクライアント認証のキーチェーンで使用できる有効な証明書の一覧を表示します。キーチェーンに有効な証明書が1つだけある場合は、それがデフォルトで選択されます。

証明書の選択

証明書を選択すると、IDプロバイダーがそれを検証し、検証が成功するとWorkspaceアプリストアが表示されます。

注:

  • キーチェーンに有効な証明書がない場合、Citrix Workspaceアプリはサーバーからの証明書認証要求に対してデフォルトの処理を実行します。 これにより、ユーザーがログインできなくなる可能性があります。
  • 組織がAzure Active Directoryで条件付きアクセスを構成していて、有効な証明書がキーチェーンに見つからない場合、Citrix Workspaceアプリにログインできません。

以前に選択した証明書が無効になった場合は、有効な証明書を選択するか、または管理者に連絡するかを求めるエラーメッセージが表示されます。

無効な証明書

これは、リクエストベースで提供されるプレビュー機能です。ご使用の環境でこの機能を有効にするには、Podioフォームに記入してください。

注:

Technical Previewは、お客様が非実稼働環境または制限のある稼働環境でテストし、フィードバックを共有するためのものです。機能プレビューのサポートは行っていませんが、改善に関するフィードバックをお待ちしております。重要度と重大度により、フィードバックに対応する場合としない場合があります。ベータ版のビルドは実稼働環境に展開しないことを強くお勧めします。

Citrix Workspace Browserのリブランディング

Citrix Workspace Browserは、Citrix Enterprise Browserに名称変更されました。カスタムスキームがcitrixworkspace://からcitrixbrowser://に変更されました。

現在、製品と製品ドキュメントで移行作業が行われています。この移行の間はご迷惑をおかけしますが、何卒ご容赦願います。

  • 製品のUI、製品内のコンテンツ、および製品ドキュメント内の画像と手順は、数週間以内に更新されます。
  • 既存の顧客のスクリプトの破損を防ぐために、コマンドやMSIなどの一部のアイテムでは、以前の名前を引き続き保持できます。
  • 関連製品ドキュメント

Citrix Enterprise Browser

このリリースには、Chromiumバージョン105ベースのCitrix Enterprise Browserバージョン105.1.1.19が含まれています。Citrix Enterprise Browserについて詳しくは、Citrix Enterprise Browserのドキュメントを参照してください。この製品ドキュメントからリンクされているその他のリソース(ビデオやブログの投稿など)には、以前の名前が記載されている場合があります。

Citrix Enterprise Browserを仕事用ブラウザーにする [Technical Preview]

管理者がCitrix Workspaceアプリで構成したすべての仕事用リンクまたはエンタープライズリンクやアプリを開くようにCitrix Enterprise Browserを構成できるようになりました。この機能により、Citrix Enterprise Browserで仕事用リンクやWebおよびSaaSアプリのみを開く方法が提供されます。 代替ブラウザーを選択して、他の仕事用以外のリンクやアプリを開くことができます。

すべてのWebアプリおよびSaaSアプリをCitrix Enterprise Browserで開く

このバージョン以降、Citrix Workspaceアプリで使用できるすべての内部Webアプリと外部SaaSアプリはCitrix Enterprise Browserで開きます。

ブラウザー拡張機能のサポート [Technical Preview]

管理者から提供された拡張機能を、セキュアにCitrix Enterprise Browserに追加できます。管理者は拡張機能を展開、管理、および制御できます。エンドユーザーは、必要に応じてcitrixbrowser://extensionsにある拡張機能を表示して使用できます。設定について詳しくは、「Global App Configuration Service」を参照してください。

注:

これは、リクエストベースで提供されるプレビュー機能です。ご使用の環境でこの機能を有効にするには、Podioフォームに記入してください。

構成方法について詳しくは、Citrix Enterprise Browserのドキュメントを参照してください。

Global App Configuration Serivceを使用したCitrix Enterprise Browserの管理 [Technical Preview]

管理者は、Citrix Workspace用のGlobal App Configuration Serivceを使用して、一元管理されたサービスによってCitrix Enterprise Browserの設定を配信できます。

Global App Configuration Serivceは、管理者が簡単にCitrix Workspaceを構成し、Citrix Workspaceアプリの設定を管理できるように設計されています。この機能により、管理者はGlobal App Configuration Serviceを使用して、特定のストアのCitrix Enterprise Browserにさまざまな設定またはシステムポリシーを適用できます。管理者は、Global App Configurationサービスを使用して、次のCitrix Enterprise Browser設定を構成および管理できるようになりました:

  • 「Enable CEB for all apps」- Citrix WorkspaceアプリからWebアプリおよびSaaSアプリを開くデフォルトのブラウザーとして、Citrix Enterprise Browserを使用します。
  • 「Enable save passwords」- エンドユーザーがパスワードを保存する機能を許可または拒否します。
  • 「Enable incognito mode」- シークレットモードを有効または無効にします。
  • 「Managed Bookmarks」- 管理者がブックマークをCitrix Enterprise Browserにプッシュできるようにします。
  • 「Enable developer tools」- Enterprise Browserで開発者ツールを有効または無効にします。
  • 「Delete browsing data on exit」- 管理者がCitrix Enterprise Browserの終了時に削除されるデータを構成できるようにします。
  • 「Extension Install Force list」- 管理者がCitrix Enterprise Browserで拡張機能をインストールできるようにします。
  • 「Extension Install Allow list」- ユーザーがCitrix Enterprise Browserに追加できる拡張機能の許可リストを管理者が構成できるようにします。この一覧はChrome Webストアを使用しています。

注:

  • これは、リクエストベースで提供されるプレビュー機能です。ご使用の環境でこの機能を有効にするには、Podioフォームに記入してください。
  • Technical Previewは、お客様が非実稼働環境または制限のある稼働環境でテストし、フィードバックをご提供いただく機会を作るためのものです。機能プレビューのサポートは行っていませんが、改善に関するフィードバックをお待ちしております。重要度と重大度により、フィードバックに対応する場合としない場合があります。ベータ版のビルドは実稼働環境に展開しないことをお勧めします。
  • 名前と値のペアでは大文字と小文字が区別されます。
  • Global App Configuration Serviceのすべてのブラウザー設定は、次のカテゴリにあります。

{
    "category": "browser",
    "userOverride": false,
    "assignedTo": [
    "AllUsersNoAuthentication"
    ]
}

<!--NeedCopy-->

Technical Preview

  • 最適化されたMicrosoft Teams向けのWebRTCのアップグレードバージョン

Technical Preview機能の完全な一覧については、「Technical Previewの機能」ページを参照してください。

解決された問題

  • Citrix WorkspaceアプリがMacデバイスの再起動またはシャットダウン時の電源操作を中断することがあります。[RFMAC-12530]
  • Mac向けCitrix Workspaceアプリのバージョン2206では、Shiftキーが正常に機能しないことがあります。[CVADHELP-20674]

2209

新機能

Citrix Workspaceアプリを閉じるときにカスタムWebストアからサインアウトする

signoutCustomWebstoreOnExit設定がTrueに設定されている場合、Citrix Workspaceアプリウィンドウを閉じると、カスタムWebストアからサインアウトします。Citrix Workspaceアプリを再度開くと、WebストアのURLが再度読み込まれます。Global App Configuration ServiceでsignoutCustomWebstoreOnExit設定を構成できます。詳しくは、「Citrix Workspaceアプリを閉じるときにカスタムWebストアからサインアウトする」を参照してください

Citrix Enterprise Browser

このリリースには、Chromiumバージョン103ベースのCitrix Enterprise Browser(旧称Citrix Workspace Browser)バージョン103.2.1.10が含まれています。Citrix Enterprise Browserについて詳しくは、「Citrix Enterprise Browser」のドキュメントを参照してください。

解決された問題

  • Mac向けCitrix Workspaceアプリを再起動するか、Citrix Workspaceアプリをインストールすると、Mac向けCitrix Workspaceアプリが自動的に起動することがあります。[RFMAC-12392]

  • 特定のサードパーティ製アプリ向けに最適化されたMicrosoft Teamsの画面共有機能が、Mac向けCitrix Workspaceアプリで失敗することがあります。この問題は、Thinwireコーデックポリシーが [画面全体に使用] に設定されている場合に発生します。その結果、アプリ共有機能が無効になり、共有パネルでオプションが使用できなくなります。[CVADHELP-20853]

2208.1

新機能

メニューバーからクイックアクセスメニューでアプリ、デスクトップ、およびCitrix Enterprise Browserを表示

最近使用したアプリやお気に入りのアプリやデスクトップを表示したり、メニューバーのCitrix WorkspaceアイコンをクリックしてCitrix Enterprise Browserウィンドウを開いたりできるようになりました。この機能により、Citrix Workspaceアプリを開かなくても、一部のリソースに簡単にアクセスできます。

注:

この機能は、オンプレミスのセットアップでは使用できません。

最近のお気に入り

アカウントを構成していない場合は、サインインプロンプトが表示されます。

ログイン画面

最近使用したまたはお気に入りの、アプリまたはデスクトップ最大5つが、[最近] タブと [お気に入り] タブのオプションにそれぞれ表示されます。Citrix Workspaceアプリで他のアプリを表示するには、[すべてのアプリケーションを表示] をクリックします。Citrix Workspaceアプリで他のデスクトップを表示するには、[すべてのデスクトップを表示] をクリックします。

最近のお気に入り

Citrix Workspaceアプリのアイコンをクリックして、Citrix Workspace UIを開くことができます。

CWAアイコン

Citrix Enterprise Browserのアイコンをクリックすると、WebまたはSaaSアプリを開かずにCitrix Enterprise Browserを開くことができます。

ブラウザーのアイコン

注:

構成されたストアにWebまたはSaaSアプリがない場合、Citrix Enterprise Browserは使用できません。使用できるのは、管理者がCitrix Secure Private Accessを構成している場合のみです、

オプション

右上隅の [アカウント] アイコンをクリックすると、次のオプションが表示されます:

  • 環境設定
  • 更新の確認
  • バージョン情報
  • 終了

詳しくは、「メニューバーからクイックアクセスメニューでアプリ、デスクトップ、およびCitrix Enterprise Browserを表示」を参照してください。

FIDO2を使用した認証のサポート [Technical Preview]

このバージョンでは、ユーザーはパスワードなしのFIDO2セキュリティキーを使用してHDXセッション内で認証できます。FIDO2セキュリティキーは、企業の従業員がユーザー名やパスワードを入力せずにFIDO2をサポートするアプリやデスクトップに認証するためのシームレスな方法を提供します。FIDO2について詳しくは、「FIDO2認証」を参照してください。 この機能は現在、PINコードとタッチ機能を使用するローミング認証(USBのみ)をサポートしています。FIDO2セキュリティキーベースの認証を構成できます。前提条件とこの機能の使用については、「FIDO2を使用したローカル認証と仮想認証」を参照してください。 FIDO2をサポートするアプリまたはWebサイトにアクセスすると、プロンプトが表示され、セキュリティキーへのアクセスが要求されます。以前にセキュリティキーをPIN(最小4文字、最大64文字)で登録したことがある場合は、サインイン時にPINを入力する必要があります。 以前にPINなしでセキュリティキーを登録したことがある場合は、セキュリティキーをタッチするだけでサインインできます。

注:

Technical Previewは、お客様が非実稼働環境または制限のある稼働環境でテストし、フィードバックを共有するためのものです。機能プレビューのサポートは行っていませんが、改善に関するフィードバックをお待ちしております。重要度と重大度により、フィードバックに対応する場合としない場合があります。ベータ版のビルドは実稼働環境に展開しないことを強くお勧めします。

バッテリー状態インジケーター

デバイスのバッテリー状態が、Citrix Desktopセッションのシステムトレイに表示されるようになりました。デスクトップセッション内のバッテリー状態を表示するには、タスクバーの [隠れているインジケーターを表示します] の矢印をクリックします。

バッテリー状態インジケーター

注:

サーバーVDAの場合、バッテリー状態のインジケーターは表示されません。

詳しくは、「バッテリー状態インジケーター」を参照してください。

Citrix Enterprise Browser

このリリースには、Chromiumバージョン103ベースのCitrix Enterprise Browserバージョン103.1.1.14が含まれています。Citrix Enterprise Browserについて詳しくは、「Citrix Enterprise Browser」のドキュメントを参照してください。

Citrix Enterprise Browserプロファイル

プロファイルによって、履歴、ブックマーク、パスワードなどの個人情報、およびその他の設定をCitrix Workspaceアカウントごとに個別に保持できます。Workspaceストアに基づいてプロファイルが作成され、独自のパーソナライズされたブラウジング環境を利用できます。

注:

バージョン103.1.1.14にアップグレードして初めてデバイスにサインインすると、以前保存したパスワードのみが削除されます。初めて別のストアを使用してデバイスにサインインすると、以前保存したデータはすべて失われます。

すべてのWebアプリとSaaSアプリをCitrix Enterprise Browserから開く [Technical Preview]

このバージョン以降、Citrix Workspaceアプリで使用できるすべての内部Webアプリと外部SaaSアプリはCitrix Enterprise Browserで開きます。このPodioフォームを使用して、このTechnical Previewに登録できます。

注:

Technical Previewは、お客様が非実稼働環境または制限のある稼働環境でテストし、フィードバックをご提供いただく機会を作るためのものです。機能プレビューのサポートは行っていませんが、改善に関するフィードバックをお待ちしております。重要度と重大度により、フィードバックに対応する場合としない場合があります。ベータ版のビルドは実稼働環境に展開しないことをお勧めします。

解決された問題

  • Citrix Workspaceのログインプロンプトが表示されたときに、[キャンセル] ボタンをクリックしてもポップアップが閉じず、繰り返し表示されます。[CVADHELP-19919]

  • 直接ワークロード接続を使用してCitrix CloudでVDAに直接接続している場合、黒い画面が表示され、VDAから切断されます。この問題は、ネットワークの場所サービス(NLS)が有効になっている場合に発生します。[HDX-40588]

  • マルチタッチジェスチャを使用してフルスクリーン表示のアプリ間をスワイプすると、Citrix Workspaceのデスクトップセッションのウィンドウが一瞬黒くなります。この問題は、ノッチディスプレイを搭載したMacで発生します。[HDX-42314]

2206.1

新機能

Citrix Workspaceアプリのアイコンをごみ箱にドラッグしてアプリをアンインストール

Citrix Workspaceアプリのアイコンをごみ箱にドラッグまたは移動するだけで、アプリを完全にアンインストールできるようになりました。

これまでは、Workspaceアプリのアイコンをごみ箱にドラッグしても、アプリは削除されますが、いくつかのシステムファイルはMacに残ったままでした。このバージョンでは、アイコンをごみ箱にドラッグすると、Citrix Workspaceアプリとそれに関連するすべてのファイルがお使いのデバイスから削除されます。

Citrix Workspaceアプリをごみ箱にドラッグしてアンインストールするには、次の手順を実行します:

  1. Citrix Workspaceアプリが実行中の場合は閉じます。
  2. Citrix Workspaceアプリをごみ箱にドラッグします。 または、Citrix Workspaceアプリを右クリックして、[オプション]>[ごみ箱に移動] を選択します。
  3. プロンプトが表示されたら、お使いのシステムの資格情報を入力します。
  4. 実行中のすべてのアプリ(Citrix Workspace)を閉じ、[続行]をクリックして確認します。 Citrix Workspaceアプリとそのすべてのシステムファイルがお使いのデバイスから削除されます。

詳しくは、「アンインストール」を参照してください

Safariブラウザーでのサービス継続性のサポート

Citrix Workspaceサービスの継続性機能がSafariブラウザーでサポートされるようになりました。ユーザーは、Mac向けCitrix WorkspaceアプリとCitrix Workspace Web拡張機能をインストールする必要があります。サービス継続性により、接続プロセスに関与するコンポーネントの可用性に依存することがなくなります(あるいは最小限に抑えられます)。クラウドサービスの稼働状況に関係なく、仮想アプリやデスクトップに接続できます。サービス継続性機能について詳しくは、「サービス継続性」のセクションを参照してください。

オーディオエコーキャンセルのサポートの改善[Technical Preview]

Citrix Workspaceアプリは、アダプティブオーディオおよび従来のオーディオコーデックでエコーキャンセル機能をサポートするようになりました。この機能は、リアルタイムのオーディオユースケース向けに設計されており、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。 アダプティブオーディオを使用することをお勧めします。

注:

Technical Previewは、お客様が非実稼働環境または制限のある稼働環境でテストし、フィードバックを共有するためのものです。機能プレビューのサポートは行っていませんが、改善に関するフィードバックをお待ちしております。重要度と重大度により、フィードバックに対応する場合としない場合があります。ベータ版のビルドは実稼働環境に展開しないことを強くお勧めします。

最適化されたMicrosoft Teamsの機能強化

最適化されたMicrosoft Teamsで、複数の仮想デスクトップまたはアプリセッションが使用されているときにビデオ機能を使用できるようになりました。詳しくは、「最適化されたMicrosoft Teamsの機能強化」を参照してください

バッテリー状態インジケーター[Technical Preview]

デバイスのバッテリー状態が、Citrix Desktopセッションのシステムトレイに表示されるようになりました。

バッテリー状態インジケーター

注:

サーバーVDAの場合、バッテリー状態のインジケーターは表示されません。

Technical Previewは、お客様が非実稼働環境または制限のある稼働環境でテストし、フィードバックを共有するためのものです。機能プレビューのサポートは行っていませんが、改善に関するフィードバックをお待ちしております。重要度と重大度により、フィードバックに対応する場合としない場合があります。Betaビルドは実稼働環境に展開しないことをお勧めします。

Citrix Enterprise Browser

このリリースには、Chromiumバージョン101ベースのCitrix Enterprise Browserバージョン101.1.1.14が含まれています。Citrix Enterprise Browserについて詳しくは、「Citrix Enterprise Browser」のドキュメントを参照してください。

解決された問題

  • ノッチディスプレイを搭載したMacでは、マウスポインターの位置がずれます。[CVADHELP-19337]

  • 非アクティブタイムアウト値が経過しても、Workspaceアプリからサインアウトしない。この問題は断続的に発生します。[CVADHELP-19812]

  • Citrix Workspaceアプリをアンインストールしようとするとエラーが発生する場合がある。[CVADHELP-19121]

  • 最適化されたMicrosoft Teamsでは、別の仮想デスクトップまたはアプリのセッションを開始した場合、ビデオ機能が機能しない場合があります。[HDX-40451]

  • Microsoft Teamsの通話中に画面またはアプリを共有しているとき、他の参加者に視覚的なアーティファクトが表示される場合があります。この問題は、不適切なビデオ再生(フリーズまたは一時的な黒い枠)などの不安定なフレームレートが原因で発生します。このリリースには、視覚的なアーティファクトを減らすのに役立つ改善されたフレームレートまたはサンプリングレートが含まれています。[HDX-38032]

2204

新機能

allowedWebStoreURLsのGlobal App Configuration Serviceの設定

管理者は、Global App Configuration Serviceを使用して、カスタムWebストアの設定を構成できるようになりました。管理者は、allowedWebStoreURLsプロパティを使用してカスタムWebストアを構成できます。Global App Configuration Serviceについて詳しくは、「はじめに」を参照してください。

最大化モードでCitrix Workspaceアプリを開くためのサポート

管理者は、Global App Configuration Serviceのmaximise workspace windowプロパティを構成して、Citrix Workspaceアプリをデフォルトで最大化モードで開くようにできます。Global App Configuration Serviceについて詳しくは、「はじめに」を参照してください。

高DPIモニターのサポート[Technical Preview]

Mac向けCitrix Workspaceアプリは、4Kを超える解像度の高DPIモニターと互換性があります。デスクトップセッションでは、アプリ、テキスト、画像、およびその他のグラフィック要素が、これらの高解像度モニターで快適に表示できるサイズで表示されます。

この機能を有効にするには、macOSターミナルで次のコマンドを実行します:

defaults write com.citrix.receiver.nomas EnableHighDPI -bool YES

管理者は、ディスプレイの解像度に合わせて、デスクトップセッションの最大ビデオバッファサイズをキロバイト単位で指定する表示メモリの制限ポリシーを編集できます。表示メモリ制限ポリシーのデフォルト値は65536KBで、最大2x4Kモニター(2x32400KB)ではこれで十分です。管理者はこの機能を使用するために、[Citrix Studio] > [ポリシー] > [表示メモリの制限] に移動してこのデフォルト値を編集し、393216KBの値を使用する必要があります。

表示メモリ制限ポリシーについて詳しくは、「表示メモリの制限」を参照してください。

注:

この機能は、最大2台の接続されているモニターで機能します。

Technical Previewは、お客様が非実稼働環境または制限のある稼働環境でテストし、フィードバックをご提供いただく機会を作るためのものです。機能プレビューのサポートは行っていませんが、改善に関するフィードバックをお待ちしております。重要度と重大度により、フィードバックに対応する場合としない場合があります。ベータ版のビルドは実稼働環境に展開しないことをお勧めします。

リモートデスクトップセッションの永久クライアントアクセスライセンス(CAL)の強化

このバージョンでは、リモートデスクトップにアクセスするために環境でCALを実行している場合、クライアントIDが15文字を超えると、恒久ライセンスを使用してリモートデスクトップセッションを起動できます。

この機能を有効にするには、管理者が以下を実行してdefault.icaファイルを構成する必要があります:

  1. StoreFrontサーバーで、C:\inetpub\wwwroot\Citrix<StoreName>\App_Dataに移動し、任意のエディターでdefault.icaファイルを開きます。
  2. [WFClient]セクションに、次の行を追加します:

isRDSLicensingEnabled=On

デフォルトのキーボード設定の復元

Citrix Workspaceアプリのキーボード設定で設定を変更した場合、デフォルトのキーボード設定を復元できるようになりました。キーボード設定をデフォルト値に戻すには、Citrix Workspaceアプリを開いて [環境設定]>[キーボード] に移動し、[デフォルトに戻す] をクリックします。[はい]をクリックして確定します。

Microsoft TeamsのHDX最適化とApp Protectionとの互換性

このバージョンでは、デリバリーグループに対してApp Protectionが有効になっている場合、モニターやデスクトップの全面共有は無効になります。Microsoft Teamsで [コンテンツを共有] をクリックすると、画面選択メニューから [デスクトップ] オプションが削除されます。VDAが2109以降である場合、開いているアプリを共有するために選択できるオプションは [ウィンドウ] だけです。2019より古いVDAに接続している場合、コンテンツは選択できません。

Citrix Enterprise Browser

このリリースには、Chromiumバージョン99ベースのCitrix Enterprise Browserバージョン99.1.1.8が含まれています。Citrix Enterprise Browserについて詳しくは、「Citrix Enterprise Browser」のドキュメントを参照してください。

Citrix Enterprise Browserをデフォルトのブラウザーにする

Citrix Enterprise Browserをデフォルトのブラウザーに設定できるようになりました。Citrix Enterprise Browserをデフォルトのブラウザーにすると、すべてのリンクとWebおよびSaaSアプリがデフォルトでCitrix Enterprise Browserで開きます。 macOSでCitrix Enterprise Browserをデフォルトのブラウザーにするには、以下を実行します:

  1. Citrix Enterprise Browserを開き、省略記号アイコンをクリックして [設定] メニューを開きます。

  2. 左側のペインで、[デフォルトのブラウザー] オプションをクリックします。

  3. [デフォルトのブラウザー]ページで、[デフォルトにする] をクリックします。プロンプトが表示されたら、[Citrix Enterprise Browserを使用する] をクリックして選択内容を確認し、変更を適用します。

解決された問題

  • ノッチディスプレイを搭載したMacでは、マウスポインターの位置がずれます。[CVADHELP-19337]

  • 非アクティブタイムアウト値が経過しても、Workspaceアプリからサインアウトしない。この問題は断続的に発生します。[CVADHELP-19812]

  • Citrix Workspaceアプリをアンインストールしようとするとエラーが発生する場合がある。[CVADHELP-19121]

  • 最適化されたMicrosoft Teamsでは、別の仮想デスクトップまたはアプリのセッションを開始した場合、ビデオ機能が機能しない場合があります。[HDX-40451]

  • Microsoft Teamsの通話中に画面またはアプリを共有しているとき、他の参加者に視覚的なアーティファクトが表示される場合があります。この問題は、不適切なビデオ再生(フリーズまたは一時的な黒い枠)などの不安定なフレームレートが原因で発生します。このリリースには、視覚的なアーティファクトを減らすのに役立つ改善されたフレームレートまたはサンプリングレートが含まれています。[HDX-38032]

既知の問題

2308の既知の問題

  • Mac向けCitrix Workspaceアプリをバージョン2308にアップグレードした後、環境設定ウィンドウがユーザーの操作に対して応答しなくなる場合があります。この問題を回避するには、Citrix Workspaceアプリを強制終了して再起動します。Macでアプリを強制的に閉じる方法について詳しくは、Appleサポート記事の「Appを強制的に終了する」 を参照してください。[RFMAC-14596]

2307の既知の問題

このリリースで確認されている新しい問題はありません。

2306の既知の問題

このリリースで確認されている新しい問題はありません。

2305の既知の問題

  • Mac向けCitrix Workspaceアプリをバージョン2305にアップグレードした後、ユーザー名とパスワードの入力が必要なポップアップダイアログを表示する特定のサードパーティ製仮想アプリが、応答しなくなる場合があります。[CVADHELP-23032]

2304の既知の問題

  • 複数のアカウントを持つユーザーに、Citrix Workspaceアプリの読み込み画面が長時間表示されることがあります。この問題を回避するには、Citrix Workspaceアプリを終了して再起動する必要があります。[RFMAC-13432]

2301.1の既知の問題

  • 自動更新サービスを使用してMac向けCitrix Workspaceアプリのバージョン2301.1に更新することができません。回避策として、ダウンロードページで入手可能な.dmgファイルをダウンロードして、Mac向けCitrix Workspaceアプリのバージョン2301.1を手動でインストールする必要があります。

2301の既知の問題

  • macOS Venturaデバイスで、プログレッシブWebアプリ(PWA)を起動できない。次のエラーメッセージが表示されます:

    App Name is damaged and can’t be opened. You should move it to the Bin.(アプリ名が破損しており起動できません。Binに移動する必要があります)

    回避策として、そのアプリを右クリックして[開く]を選択します。キーボードを使用している場合は、Ctrlキーを押しながらアプリをクリックします。[開く]を選択します。[CTXBR-3885]

  • ユーザーがGlobal App Configuration Serviceに関連付けられたCitrix Workspaceにサインインするとき、読み込み中アイコンがいつまでも表示されたままになることがある。この問題は、StoreFrontおよびカスタムWebストアには影響しません。[RFMAC-13086]

2211.1の既知の問題

このリリースで確認されている新しい問題はありません。

2211の既知の問題

  • Mac向けCitrix Workspaceアプリ2209以降のバージョンを使用している場合、カスタムWebポータルの使用中にユーザーサインインページが表示されないことがあります。この問題を回避するには、メニューバーのCitrix Workspaceアイコンの [終了] オプションを使用して、Citrix Workspaceアプリを終了します。[CVADHELP-21377]

2210の既知の問題

  • macOS 13 Venturaでは、Stage Manager機能のStage Manager設定で [All at Once default] オプションを [One at a Time] オプションに変更すると、シームレスなアプリの相互作用で問題が発生することがあります。[HDX-44567]

  • デスクトップセッションをオフラインモードで開始しようとすると、失敗することがあります。この問題を解決するには、セッションウィンドウのサイズを変更します。[HDX-45081]

  • MacBookでセッションをフルスクリーンモードにサイズ変更すると、カーソルのフォーカルポイントが実際のカーソル位置のわずかに上に表示されることがあります。この問題を回避するには、[システム環境設定]>[Dockとメニューバー] に移動し、フルスクリーンで [メニューバーを自動的に表示/非表示] オプションを有効にします。[HDX-45585]

  • バージョン2210では、アプリセッションでMission Control機能またはアプリ公開機能を使用すると、Citrix Workspaceアプリが予期せず終了することがあります。[HDX-46130]

  • EpicやKronosなどの特定のサードパーティアプリを起動すると、アプリのサインインウィンドウが別のウィンドウで覆われることがあります。その結果、セッション全体がフリーズします。この問題を回避するには、次のいずれかの操作を実行します:

    • サインインウィンドウをブロックしているウィンドウを、サインインウィンドウの外へドラッグします。
    • Mission Control機能を使用してサインインウィンドウを見つけます。
    • キーボードショートカットのCommand+~を使用してウィンドウを切り替えます。

    [HDX-46140]

2209の既知の問題

このリリースで確認されている新しい問題はありません。

2208.1の既知の問題

このリリースで確認されている新しい問題はありません。

2206.1の既知の問題

このリリースで確認されている新しい問題はありません。

2204の既知の問題

  • トラフィックがNGSを介してトンネリングされると、Citrix Workspaceアプリによる64MBを超えるファイルのアップロードまたはダウンロードが失敗する場合がある。[CTXBR-3354]

2203.1の既知の問題

  • ブラウザーウィンドウが最小化されていない限り、Jiraアプリの [Create] ボタンをクリックすることはできません。[CTXBR-1976]

  • Webソケット接続は、Citrix Secure Private Access経由でトンネリングされません。[CTXBR-2439]

  • Citrix Workspaceアプリをバージョン2203にアップグレードすると、Citrix Enterprise Browserアイコンに疑問符アイコンが表示されます。この問題は、アップグレード前にCitrix Enterprise Browserがドックに固定されていた場合に発生します。[CTXBR-2864]

  • Citrix Enterprise Browserの [Advanced] セクションで [Reset settings] オプションをクリックしても、ログ設定はデフォルトにリセットされません。この問題を回避するには、[Logs] ページで [Reset to default log settings] オプションをクリックします。[CTXBR-2929]

  • Citrix Enterprise Browserバージョン2201からバージョン2203にアップグレードすると、新しいパスワードを保存できず、以前に保存したパスワードが失われます。[CTXBR-3063]

  • フルスクリーンモードは、ノッチのあるMacでは使用できません。[CVADHELP-19337]

  • ブラウザーを使用してデスクトップまたはアプリのセッションを起動すると、セッションウィンドウがブラウザーウィンドウの背後のバックグラウンドで起動します。[RFMAC-11362]

2201の既知の問題

  • オフライン(イントラネット)モードでCitrix Workspaceアプリを使用している場合、Citrix Broker ServiceおよびCitrix Directorではクライアント名がランダムな文字で表示されます。[RFMAC-10842]

2112の既知の問題

  • Citrix Workspaceアプリでは、Microsoft Teamsで通話を送受信するときに、断続的に障害が発生する場合があります。次のエラーメッセージが表示されます: 「通話を確立できませんでした。」[HDX-38819]

2111の既知の問題

このリリースで確認されている新しい問題はありません。

2109.1の既知の問題

このリリースで確認されている新しい問題はありません。

2109の既知の問題

  • .crファイルを使用してCitrix Workspaceアプリを構成し、資格情報を使用してサインインした場合、ホームページはしばらくしてから表示されます。[RFMAC-9990]

  • 保護されているProgressive Web Apps(PWA)がmacOSで開かれている場合、App Protectionポリシーが適用されていません。[RFMAC-10128]

  • Citrix Workspaceアプリでストアを追加した後、[Workspaceアプリの再認証期間][現在の再認証期間] を変更し、数分後にオンプレミスからクラウドストアに切り替えると、クラウドストアからサインアウトされ、認証プロンプトが表示されます。Citrix Workspaceアプリにサインインすると、スピナーがいつまでも表示され、サインインできなくなります。[RFMAC-10140]

2108.1の既知の問題

このリリースで確認されている新しい問題はありません。

2108の既知の問題

  • サーバーコンソールで認証ドメインを変更した後にサブスクライブ済みのSaaSアプリを起動すると、セッションが開始されず、次のエラーメッセージが表示されます:

    「認証ドメインが変更されました。しばらくしてから再度サインインしてください。」

    [RFMAC-9616]

2107の既知の問題

  • サーバーコンソールで認証ドメインを変更し、資格情報を使用してサインインした場合、次のエラーメッセージが表示されます:

    サーバーに接続できません

    [OK]をクリックすると、ストアにアクセスできます。

    [RFMAC-9494]

2106の既知の問題

  • 画面を共有すると、黒い画面が表示されます。[HDX-30083]

2104の既知の問題

このリリースで確認されている新しい問題はありません。

2102の既知の問題

このリリースで確認されている新しい問題はありません。

2101の既知の問題

  • Mac向けCitrix Workspaceアプリ内から[ネットワーク共有]のファイルにアクセスしようとすると、オプションが有効になっていても失敗する場合があります。[RFMAC-7272]
  • macOS Big Surでは、Mac向けCitrix Workspaceアプリでシングルサインオンで利用できるSAML Webアプリを起動しようとすると失敗し、次のエラーメッセージが表示される場合があります。

    Page could not load. Please try again later or contact your administrator for assistance. Incident ID:-202

    [RFMAC-7282]

2012の既知の問題

  • ビデオ通話を開始するときにMicrosoft Teamsが応答しなくなり、「Citrix HDX not connected」エラーが表示されることがあります。この問題を回避するには、Microsoft TeamsまたはVDAを再起動します。[RFMAC-6727]
  • Microsoft Skype for Businessのビデオ通話は、macOS Big Sur(11.0.1)ではサポートされていません。
  • macOS Big Sur(11.0.1)では、USBデバイスを接続しようとすると失敗し、セッションが予期せず終了する場合があります。この問題を回避するには、USBデバイスを再接続します。[RFMAC-7079]

廃止

廃止済みの項目については、「廃止済み」ページを参照してください。

古いドキュメント

保守終了(EOL)に達した製品リリースについては、古いドキュメントを参照してください。

サードパーティ製品についての通知

Citrix Workspaceアプリには、次のドキュメントで定義された条件の下でライセンスが有効になったサードパーティのソフトウェアが含まれている可能性があります。

Mac向けCitrix Workspaceアプリのサードパーティ製品についての通知