新機能

シトリックスは、Citrix Workspaceをご使用のお客様に、新機能と更新をいち早くお届けするよう取り組んでいます。新しいリリースでは、より便利な機能をご利用いただけます。今すぐ更新してください。

このプロセスは、お客様にとってわかりやすいものになっています。最初の更新は、Citrix内部サイトのみに適用され、その後徐々にお客様の環境に適用されます。段階的に更新することによって、製品の品質を確保しながら、最大限の可用性を実現しています。

クラウドの規模とサービスの可用性に関するサービスレベルアグリーメントについて詳しくは、Citrix Cloudの「サービスレベルアグリーメント」を参照してください。サービスの中断および定期メンテナンスを監視するには、「Service Health Dashboard」を参照してください。

2020年3月

Citrix Assistant: Citrix Assistantは、Citrix Workspaceで使用可能になったバーチャルアシスタントです。従業員情報の表示、経費レポートの検索、チケットの検索などのタスクを実行するための簡単な媒体を提供します。Citrix Workspaceのバーチャルアシスタント機能は、関連コンテンツやビジネスデータに瞬時にアクセスできるようにして、従業員のエンゲージメントと生産性を向上させます。このバーチャルアシスタントは、接続されたアプリケーションからデータを取得するため、必要な情報をすぐに見つけることができます。インテリジェント機能、機械学習機能、および自然言語処理による自動化を利用して、アプリのコンテキスト、会話のコンテキスト、およびユーザーの意図を理解します。詳しくは、「Citrix Assistant」を参照してください。

2019年12月

ワークスペースのマイクロアプリ: マイクロアプリは、関連する実用的な通知をアプリケーションからユーザーのワークスペースに直接配信するために使用できるようになりました。マイクロアプリを使用すると、ユーザーがワークスペースを離れることなく重要なビジネスシステムを操作できるため、時間を節約し日常的な作業に集中できるようになります。詳しくは、「マイクロアプリ」を参照してください。

ネットワークの場所サービス(Technical Preview): 企業ネットワーク内のワークスペースからアプリやデスクトップを起動するユーザーは、VDAに直接ルーティングされるようになります。これによってゲートウェイを省略できるため、よりすばやくVirtual Apps and Desktopsセッションを起動できます。このサービスおよびセットアップ手順については、「ネットワークの場所サービスを使用したワークスペースへの接続の最適化」を参照してください。

最近使用した/お気に入りのアプリへのアクセスの向上: 最近使用したアプリやお気に入りのアプリはワークスペースに最初に読み込まれるため、ユーザーはよく使用するアプリやデスクトップをすぐに起動できます。

新機能