ユーザーエクスペリエンス

ユーザーエクスペリエンスとは何を表していますか

ユーザーエクスペリエンスは、アプリとデスクトップの使用中にユーザーが確立したセッションの品質を包括的に測定したものです。ユーザーエクスペリエンス (UX) スコアは、ユーザーエクスペリエンスの質を示します。UX スコアは、ユーザーセッションの品質を定義するパフォーマンス係数を使用して計算されます。ファクターメトリクスは、一定期間にわたって統計的手法を使用して分析および処理され、100 点満点のスコアに到達します。このスコアは、アプリとデスクトップの使用中にユーザーが実際に体験したことを定量的に反映したものです。

パフォーマンス係数メトリックは、セッションの起動からセッション終了までのライフサイクル全体にわたるセッションのエクスペリエンスを表します。

  • セッションログオン時間の係数は 、セッションの起動エクスペリエンスを表します。

  • セッション応答性係数は 、セッション中の応答性または低迷度を表します。

  • セッション可用性は 、ユーザーがセッション接続を確立しようとしたときの成功率を表します。

  • Session Resilience は、ユーザーが低速なネットワークで接続しているときの再接続率を測定します。

パフォーマンスファクターは、さらにサブファクター/タイプに分類されます。たとえば、[セッションログオン期間] は、GPO、対話型セッション、プロファイルの読み込みなど、ログオン中に発生する個々のフェーズを使用して計算されます。 ファクターとサブファクターのしきい値は、ユーザーとセッションを「優秀」、「公正」、または「不良」に分類するように調整されます。

UX スコアは、次のカテゴリにベンチマークされます。

  • 優秀:UXスコア71-100

  • 公正:41-70のUXスコア

  • 悪い:UXスコアが1~40

動的しきい値はどのように計算されますか

動的しきい値の概念は、セッションログオン期間、セッション応答性係数、およびそれらのサブファクターを顧客ごとに個別にベンチマークするために使用されます。統計的手法を使用して、ユーザを「優良」、「公正」、または「不良」に分類するしきい値を定期的に計算します。

  • ファクターとサブファクターのしきい値の計算は、顧客ごとに行われます。この計算方法により、各顧客の特定の構成と許容される動作範囲が確実に満たされます。

  • しきい値は、過去 30 日間に収集されたメトリクスに基づいて顧客ごとに計算されます。

  • マシンの再構成やネットワークのアップグレードなど、環境の変化を反映するために、しきい値は 7 日ごとに再調整されます。再較正されたしきい値は、因子測定の結果として生じる変化を表します。

UX スコア

この例では、チャートの凡例には、セッション応答性の動的しきい値が次のように示されています。

  • 優秀なセッション-0 ~ 100 ミリ秒
  • 公平なセッション-101〜300 ミリ秒
  • セッション不良-300 ミリ秒を超える

前回のしきい値更新のタイムスタンプは、グラフの凡例の下に表示されます。グラフは、最新のしきい値に基づいて再プロットされます。

動的しきい値により、セッションとユーザーの分類が、正確に分析されている環境を反映していることが保証されます。お客様の環境で経験が乏しいユーザは、さらなるトラブルシューティングのために正確に強調表示されます。

UXスコアはどのように計算されますか

ユーザーエクスペリエンススコアは、ボトムアップアプローチを使用して寄与要因スコアから計算されます。

UX スコア

  1. ベンチマーク要因:

    セッションごとに、セッションログオン期間とセッション応答性の係数、およびそれらのサブファクターが 7 日に 1 回動的に調整されます。これらのしきい値に基づいて、セッションは「優秀」、「公正」、または「不良」に分類されます。 測定値は、各セッションの因子スコア (100 点中) に到達するために使用されます。

  2. 因子の相対的な重み:

    これらの要因がユーザーエクスペリエンスに影響を与える重大度は異なる場合があります。たとえば、セッションの復元力がセッションエクスペリエンスに与える影響は、セッションログオン期間の影響よりも大きくなります。したがって、各因子には相対的な重みが適用されます。

  3. セッション体験スコア:

    セッションエクスペリエンススコアは、選択した期間に適用可能なさまざまなファクタースコアの加重平均として計算されます。

    次に、ユーザーに適用可能な個々のセッションのセッションエクスペリエンススコアが照合されます。

  4. 補正係数:

    セッションアベイラビリティ係数は、セッション接続が試行されたときの成功率を示します。この要因の影響はユーザーレベルであり、セッションレベルではありません。したがって、セッションアベイラビリティスコアは、個々のセッションスコアの合計に対する補正係数として適用され、ユーザーエクスペリエンス(UX)スコアに到達します。

UX スコアは、ユーザーエクスペリエンスに関する実用的なインサイトを提供します。ユーザーエクスペリエンススコアが低いユーザーのメトリクスをさらに掘り下げることで、エクスペリエンスの低下を引き起こしている特定の要因またはサブファクターを特定できます。

ユーザーエクスペリエンス