Workspace Environment Management

Windowsイベントをトリガーとして使用して、VDA登録の問題を検出する

管理者として、VDA登録の問題が発生した場合、各VDAにログオンしてCitrix Health Assistantを実行し、VDA登録の問題をトラブルシューティングする必要がある場合があります。

Workspace Environment Management(WEM)では、Windowsイベントをトリガーとして使用して、VDA登録の問題を検出できます。次に、トリガーをスクリプト化されたタスクである Cloud Health Checkに関連付けます。次に、タスクが実行され、考えられる原因が特定されます。最後に、タスクレポートを使用して、それに応じて問題を解決できます。これにより、VDA登録の問題を常に把握し、より多くのユーザーが影響を受ける前に時間内に解決できます。

目標を達成するための一般的なワークフローは次のとおりです。

  1. VDA登録の問題に関するWindowsイベントログを取得します。

  2. VDA登録の問題を検出するWindowsイベントトリガーを作成します。

  3. Windows イベントトリガーをタスクの Cloud Health Check に関連付けます。

  4. タスク実行レポートを表示します。

Windows イベントログを取得する

未登録のVDAから発生したWindowsイベントログを収集する必要があります。この情報は、VDAが登録解除される理由を理解する手がかりとなります。

以下は、未登録のVDAに関するWindowsイベントログのメッセージの例です。

Windows イベントログ-メッセージの例

Windows イベントトリガを作成する

以下の情報は、「 トリガーの作成」のガイダンスを補足するものです。Windows イベントトリガーを追加するには、以下の詳細を念頭に置いて、その記事の一般的なガイダンスに従ってください。

  • 関連する構成セットに移動し、[ Triggers] に移動して、UnregisteredEventLogTriggerという名前のトリガーを作成します。

    トリガーの作成-Windows イベント

    この例では、次のように設定を構成します。

    • [ トリガータイプ] で、[ Windows イベント] を選択します。

    • トリガー条件の場合:

      • イベントタイプ:警告
      • イベント ID: 1017
      • メッセージ: The Citrix Desktop Service failed to register with any Delivery Controller

Windows イベントトリガーをクラウドヘルスチェックタスクに関連付ける

次の情報は、「 スクリプト化されたタスクを構成する」のガイダンスを補足するものです。クラウドヘルスチェックタスクを設定するには、以下の詳細を念頭に置いて、その記事の一般的なガイダンスに従ってください。

  • 関連する設定セットに移動し、[ スクリプトタスク設定]に移動して、クラウドヘルスチェックタスクを設定します。

    スクリプト化されたタスクの作成-トリガー

    この例では、次のように設定を構成します。

    • [ トリガー] で、クラウドヘルスチェックタスクに関連付けるUnregisteredEventLogTriggerトリガーを選択します。

タスク実行レポートを表示する

VDAが未登録状態の場合、WEMエージェントは対応するWindowsイベントログを検出します。クラウドヘルスチェックタスクは自動的に実行されます。レポートを確認すると結果が表示されます。詳細については、「 レポート」を参照してください。この例では、次のレポートが表示されます。

タスク実行レポート-Windows イベントトリガー

レポートに基づいて、問題を分析し、それに応じて解決できます。

Windowsイベントをトリガーとして使用して、VDA登録の問題を検出する